沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

「STK製作所10年中期計画」

「STK製作所10年中期計画」
2018年7月13日(金)
おはようございます。細谷です。最終日よろしくお願いします。

細谷家の日常〜プチ冒険〜
昨日、息子のフリースクールから電話があり、まだ来ていないと連絡がありました。高校野球の応援で朝早く待ち合わせ場所の大磯駅に行ったら、まだ誰もいなくて、教室まで確認しに行っている間に置いて行かれたようで・・・。そこからかすかに覚えていた他の待ち合わせ場所を探し、横浜駅に行って駅員さんに聞き、保土ヶ谷駅で偶然に同じ学校の高校生の待ち合わせ場所に合流できたみたいで、無事応援に行けたそうです。

連絡がつかなくても、考えて人に聞き、目的地まで偶然でも行けたのは立派だと思いました。スマホを買うべきか時期を見ていますが、おもしろいのでもう少し冒険をさせようかと思います(笑)…本人は半べそかいていたそうですが・・・。

さて、今年8月2日でで45歳を迎えます。10年後どうなっていたいか、日々考えていますが、10年後、自分は55歳、妻54歳、息子23歳、娘18歳、母85歳、社員さん(顧問82歳、杉本45歳、アィン38歳、キエン39歳、ズン(これから入社)33歳とざっくりと年齢を見ると10年で結構高齢化が進みます。

10年後の会社盤のイメージとして大型機械の入替2台、増員3名(現場作業者7名体制)で機械稼働率80%以上にして年間売上1億円(経常利益500万円)をコンスタントに出せる企業体にしていければと思っています。

ベトナムでの工場立ち上げも視野に入れ、帰国するベトナム人エンジニアの受入会社を作り、協力会社の一つとして機能させたり、また、出張ビザなどで半年間日本で働いてもらったり、固定費の変動費化を狙って不況にも強くなるようにしていきたいと思っています。
(日本語教育も含め、OJTで製造関係の言葉や作業を教えます)現在の工場もかなり狭くなってきていますが、今は回転率重視で経営をするつもりです。

今後外国人採用がかなり増えてくると思いますが、1階に工場、2階にエンジニアのアパート、3階に自宅といった構想の工場建設が出来れば、家賃収入+外国人来日時の不安解消(特に災害時の安否確認)+作業効率化がセットで出来るので、いいなとイメージだけ先行しています。

通常の金属加工部門、現物再生部門、職人養成部門と3本柱で行きたいところです。上手に現場を離れ、この3つをコントロールしていきたいと考えていますが、現物再生に欠かせない図面化を早く出来る機械と人材、技術継承で鋳物関係の作業が出来る人材育成、マシニングセンターや研磨機の導入による効率化などウィークポイントの強化をしていかなければなりません。

お金もものすごくかかってくると思いますが、10年後のビジョンや計画をしっかり立てて、ここ数年で実績を積み上げていけば、銀行との交渉もしやすいと思っています。

会社の経営計画もありますが、その中に社員さんの家族計画や社員旅行計画、婚活計画などなど、楽しい計画も盛り込んで、みんなで10年後笑っていられるようにしていきたいなと思っているところです。

自分は10年一区切りで考えることが多いですが、皆さんは10年後どうなっていたいですか?1週間ありがとうございました。

「金属加工の助っ人〜その後〜」

「金属加工の助っ人〜その後〜」
2018年7月12日(木)
おはようございます。細谷です。6日目よろしくお願いします。

細谷家の日常〜ヨネスケ?〜
ある日、妻が「(パン、パン、パン)」と洗濯物をのばしている音を聞いて、
息子:「びっくりした〜。ヨネスケが来たのかと思ったよ」(突撃お宅の晩御飯?)
…(あなたの歳はいくつなの?ユーチューブ見すぎです…)

さて、昨年から金属加工の助っ人としてHPや販促グッズを使い、認知度を上げてきましたが、定期的にHPから個人のお客様はじめ企業の方からの問合せも増えてきました。

人工関節の部品からフェア〇ディZの部品、電子たばこの部品まで、昔の部品の現物再生やどこに頼んでいいかわからない部品加工など、幅広い分野からの問合せで知識経験とも増加中です。

直接顧客からの問合せで一番聞かれる質問はやはり価格帯です。ざっくり価格でと聞かれるのですが、図面や材料代、処理等々ですぐに見積を出すことが難しいです。なので時間的なもの説明をすることにしました。

1時間で終わるものなら5000円、1日かかるものなら30000円、それ以上になりそうなら都度見積しますということで、目安として提示することにしました。

納期は別途相談ですが、お客様もちょっと安心するのでしょうか?確かにメニュー表のないお寿司屋さんなどはちょっと怖い感じはします。

そう考えるとお客様が安心して選んでくれるネタを増やしていけば、商談も決まりやすいという結論に達しますが、最初の電話対応、メール対応がひとつのポイントかなと自分は思っています。

やっと探して弊社を見つけくれたお客さんに対して、しっかり聞き取る能力とアドバイスも含めた営業で新規顧客に対して、安心感や期待感を持たせることが出来たら、ほぼ受注成功ですね。

通常の仕事以外の新規開拓はこれから先IAが進化してくると自動化してくることは間違いないと思うので、お客様の声をいつでもキャッチできる仕組みを作って、金属加工の助っ人業をひとつの柱に持っていけるようにしたいと思います。

「ルーブル美術館からシャンゼリゼ通りまで」

「ルーブル美術館からシャンゼリゼ通りまで」
2018年7月11日(水)
おはようございます。細谷です。5日目よろしくお願いします。

今日はパリでの武勇伝?少し書いていきます。パリのホテルについてすぐに、ホテルの前で黒人の年配男性にいきなり道を聞かれました。笑顔で最後までわからない英語?フランス語?を聞いて、わかりませんと日本語で答えて別れましたが(笑)、なぜかどこに行っても、道を聞かれるので方向音痴の自分としては困ってしまいます。
ホテル2階
パリ風景①

さて、今回の目的の一つに家族写真をたくさん撮ることがありました。特に銅像の前で同じポーズをする子どもたちを撮ろうと思い、公園やルーブル美術館などで撮りました。おもしろかったです。エッフェル塔で家族でジャンプを連写で撮ったりして楽しかったです。
エッフェル塔ジャンプ
銅像ポーズ③
銅像ポーズ②
銅像ポーズ①
モナリザ前

一番の武勇伝は、ルーブル美術館の帰りの地下鉄で、スリに遭ったことです。荷物と子どもに気を取られ、周りを数名に囲まれていたらしく、前に鞄を持っていましたが、一人は混んでいる風を装って、カバンのチャックを自分の視線から見えないように隠し、いつの間にか後ろにいた人に盗られていました。

一駅間ぐらいでドアが閉まる寸前にダッシュで逃げて追いかけられないようにしたみたいですが、けがはなく、財布も分けていたので、ガソリンのカード1枚と現金1万円くらい入った財布と小銭入れぐらいの被害でした。近くにいたフランス人が交番まで連れて行ってくれて、手続などをしましたが、英語ぐらいは話せないと伝わらないことも多く、ちょっと大変でした。

ガソリンのカードは現地ですぐに止めることが出来、もし使われても保証してくれる内容のカードだったので良かったです(使われていませんでしたが)

その後セーヌ川をディナークルーズでしたが、少しショックを引きずっていると、雷つきの雨が…。どしゃぶりの中のクルーズでしたが、厄落としの雨だと思うことしました…。(ポジティブ過ぎ?)そうしたらクルーズ終盤に雨が上がり、素晴らしい夜景を見ることが出来ました。
夜景クルーズ
セーヌ川と青以

最終日は凱旋門とシャンゼリゼ通りで買い物など楽しみました。観光客がいっぱいでここでも一緒に行っていたおばさんがスリに遭いそうになりましたが、無事でした。(経験が活きました)怪しい人が目につくようになりました。
凱旋門ジャンプ
シャンゼリゼ通り

異文化に触れると、考え方の視野が広がったり、アイデアも色々と出てきて良かったです。また、行きたいねとみんな言っていましたが、2週間くらい休みをきちんととれるような体制を整えて、ゆっくりと観光をしてみたいです。(見るところがありすぎて…)

「パリ個展」

「パリ個展」
2018年7月10日(火)
おはようございます。細谷です。4日目よろしくお願いします。

5月23日〜27日に会長(母)の個展を開催するということで、家族知人含め13名でフランスのパリに行ってきました。片道移動距離1万キロ、飛行時間11時間と長旅ではありましたが、無事着きました飛行機では最新の映画を見ることが出来、意外と時間を持て余すこともなく満喫できました。
会場入り口

フランスについてすぐに母だけ会場に向かいました。フランスの日本大使が見に来るということで急きょでしたが、大使の方に作品の寄贈と大使のツイッターにも載せてくれました。
家族写真会場

時差の関係で23日が2回あるような感じでした。自分たちはホテルに直行しましたが、夜の8時でもまだまだ明るかったので、数名でワインを飲みに出かけました。5月23日は20回目の結婚記念日でしたが、良い記念になりました。20年前はハワイ島で結婚式を挙げたのでちょっと感慨深いですね。(20年後も海外かな?)

さて、翌日の夕方から個展のレセプションパーティということで、みんなで会場に行きましたが、ギャラリー通りの1棟貸切で、多分100名以上は来ていたと思います。60名前後は招待客と言っていましたが、通りがかりのフランス人もどんどん入ってきて、会場もいっぱいになっていました。
会場写真新聞

24日は母の誕生日でもあり、主催者の方とサプライズをしようと企画し、バースデーケーキや花束、孫からの手紙と準備をしました。パーティ直前で娘が寝てしまい、起きるかどうか心配しましたが、何とか起きてくれてサプライズが成功しました(よかった〜)
会場雰囲気

こういう機会がないとフランスに行くこともなかったと思います。仕事の都合で行けるかどうか2か月前ぐらいまで悩んでいましたが、家族と一緒に海外旅行はなかなかできないので、思い切って行って良かったです。
青以プレゼント

今度は社員旅行でみんなを連れてきたいな思いました。そのためにも業績を良くして、楽しみな目標をみんなで共有したいと思います。

「後継者」

「後継者」
2018年7月9日(月)
おはようございます。細谷です。3日目よろしくお願いします。

細谷家の日常〜母の日〜
5月の母の日に息子の泰誠が小遣いで花を買ってプレゼントしていました。ただ、メッセージが感謝の言葉ではなく、自分の希望が…もう少し教育が必要です…。

<メッセージカード>
1530143863860.jpg

さて、毎年恒例の夏祭り「天王祭」が先日、近所の右内神社でありました。三島でも人口の多い梅名地域ですが、そこの宮守としてお手伝いしています。8年に1回の当番町制度というのがあり、各町内会で持ち回りでお祭りの準備などをします。(宮守は毎年です)

神社関係を取り仕切る総代さんは3年任期で、自治会長及び副会長経験者で5〜6名体制になっていますが、宮守の任期はなく、後継者が決まるまでみたいな暗黙の了解があるので20〜30年は覚悟してやりきらないといけません。

ここで、会社の後継者選びとちょっと似ているなという部分を感じますが、やりたい人がなるというものでもなく、選ばれるという感じはあります。

先日、同じ歳の友人が現社長の父親(60歳後半?)に、社長交代を提案したところ、「まだまだお前が社長になるのは認められない。取引先に恥ずかしい。それどころかお前が社長業をやれるのかどうかも正直難しい」と一蹴されたそうです。そして相談もなく登記の更新もしていたようで、ショックを受けていました。

数年前から何度か相談を受けていて、父親から早く社長になってもらいたいようなことを聞いていたので、とりあえず宣言して社長になる準備をどんどん進めたらとアドバイスしていましたが、大どんでん返しの回答で、こちらもびっくりしました。

父親の方とは直接話していないので、何か意図があったのかもしれませんが、友人自体の決断力や専務としての実力等々を考えたのかもしれません。営業力があるのと社長力とは少し違うのかもしれませんね。

経営者になるために必要なスキルで最も大事なものは何か?自分は先代が亡くなってからの代表交代だったので、実力は何もなく覚悟だけでやってきたような気がします。毎年必要なスキルを選んで勉強してきました。その友人の覚悟がどれくらいあるかわかりませんが、父親に認められるためのポイントになるスキルが何かアドバイスできればと思いますが、皆さんはどう思いますか?
前のページ 次のページ

FC2Ad