沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

正確な確認

「 正確な確認 」

H30年6月18日(月)     タクシー会社勤務
                 古橋 力

ブログ3日目です。よろしくお願いします。

先日、運転免許証の更新のお知らせハガキが届きました。私は、翌日が
休日でしたので、早くした方が良いと思い行ってきました。
受付の人に免許証とハガキを渡し、申請手続き書類を受け取ります。そ
の書類を書き込んでから同じ受付に提出しました。

書類を確認して、次は視力と深視力の検査をしました。どちらも大丈夫
でしたので次は写真撮影です。「これはスムーズに進んでいる。早く来て
良かったな」と思いました。
順番がきて入室したら、「有効期限が1年間、少なくなりますが良いです
か?海外へ行かれるのですか?」と問われました。

「いったい何を言っているのだろうか・・・」本来ならば、5年間の有
効期限が、なぜ4年間に減るのかすぐには理解できませんでした。
「すみませんが、どういう事でしょうか?」
「更新期間になっていないのです。ですから4年間になります」

やっと気が付きました。更新期間は誕生日の1ヵ月前からなのです。
1日でも早いと受付しません。3日早く行ってしまったのです。
私は早く済ませよう、すぐに行くべきだと期日の確認をしなかった
のです。

「すみませんでした。何も確認しないで来てしまいました」
「2日後以降にまた来てください。視力検査もまたしますから」
「えっ・・、また検査をするのか・・(当たり前です)、受付の人が気が
付けば、こんな事にならなかったのに・・」と自分勝手な思いが湧いて
いました。

私は普段は、ドライバーさんに免許更新を促すために声を掛ける仕事を
しています。急に、自分が恥ずかしくなりました。

後日に行くと、受付の方が私を覚えていて「先日はごめんなさいね」と
言っていただきました。「こちらこそ、すみませんでした」お互いに笑
顔になりました。
実はまだ続きがありまして、新しい免許証をいただき家に着く、と警察
署から電話がありました。「免許条件に不備があったので、今から新しい
免許証をお届けします」との事。 私は、今回に訂正した「𣘺」の字の
確認はしたのですが、条件までは目を通しただけで確認したとは言えない
と思いました。前回と同様に、恥ずかしくなりました。
届けてくれた警察の方には、丁重にお礼を言いました。

・書類の確認は、早さよりも正確にすることが大事です。
・場所、状況が変わっても正確な仕事をすること。
・市民数十万人分の仕事をされる役所に感謝すること。

今回のことを肝に命じて、社員さんが気持ちよく仕事に出かけられる様
に、業務に臨もうと思います。

衛生管理者

「 衛生管理者 」

H30年6月17日(日)
タクシー会社勤務
古橋 力

ブログ2日目です。よろしくお願いします。

先月に、「第一種衛生管理者」の資格試験の合格通知が届きました。
休日は試験勉強に費やしてきましたので嬉しいと共に、ほっとしました。
私の様に、休日を自分の時間に充てることが可能な人ばかりではないの
で家族に感謝したいと思います。

この資格は、職場環境の安全と衛生の管理、改善を積極的に先導する為
に設けられています。
私の職場は、社員数が195人前後で推移しており、これ以上増加する
と法律上、衛生管理者が2人要る必要があります。
(200以上では2人が必要です、今までは1人でした)。

実は今回は2回目の挑戦でした。1回目は2月でした。その時は、試験
日の10日前にインフルエンザB型に掛かってしまいました。手洗いや
マスクの装着をして予防をしていたのですが、社内ではA、B型の発症者
が増えていました。私は、久しぶりに感染してしまい、症状も意外と重
くて頭痛と関節痛がひどかったです。試験勉強も思う様に進みませんで
した。そんな経験をしたので、今回は体調管理には気を付けました。

この資格修得は上司からの指示でしたので、とにかく早く取得しようと
考えていました。2月は、体調管理不足のために平成29年度内の
取得には間に合いませんでしたので、年度が変わってすぐに受験したの
でした。今回の合格を、所長は喜んでくれましたので良かったです。
今後も、上司や先輩の指示、意見になるべく早く応えたいと思いました。

今までも、会社のトイレやキッチンの清掃をしてきましたが(自称トイ
レ美化主任)さらに職場全体の美化、社員さんが働きやすいように率先
して動いていこうと決意を新たにしました。

招待

「招待」
H30年6月16日(土)
古橋 力   タクシー会社勤務


私の息子、妻が大変お世話になっています。杉井さん、西村さん、沼津
経営塾の皆様、湯本社長、さかえやの皆様、声を掛けてくださる多く
の仲間の皆さん、ありがとうございます。

6月に入ったなと思っていましたが、あっという間に半月が経ってしま
いました。そして、ブログ当番も直ぐに回ってくるなあ、と感じますが
書き始めるとすぐに7日間が終わっています。
今日からブログを担当させていただきます。一週間、よろしくお願いし
ます。

現在、私の長男は信州渋温泉、「春蘭の宿・さかえや」さんに勤めさせて
いただいています。売り手市場といわれる就職状況ではありますが、無職
の若者もたくさんいます。そんな中、「さかえや」さんという素晴らしい
社員さんがいる会社に就職させていただいて大変にありがたいです。
湯本社長をはじめ、社員さんから多くを吸収して皆さんの役に立てるよう
がんばってもらいたいと思います。

7月7・8日には、「信州はがき人の集いinさかえや」が開催されます。
私と妻は、妻の両親を誘いました。私達を食時によく誘ってくれるのです
が、私達が誘うことは少なかったです。今回、誘ってみましたがとても喜
んでくれました。私達と行く以上に、孫である私の長男に会えることをと
ても楽しみにしている様子でした。
私の両親も同じく、孫に会えることをとても楽しみにしています。

私は、当日の朝まで勤務がありますので運転は妻にもしてもらう事になり
そうです。体調を整えて臨みたいと思います。
母は思う様に体が動かせませんので、乗降し易い10人乗りのワゴン車を
借りました。私の会社の福利厚生で安価に借りられました。ありがたい事
です。車体はかなり大きいので安全第一で行こうと思います。

皆さんに会えることを楽しみにしています。
そして、両方の両親への親孝行の場とさせて頂こうと思っています。
                                                                   

「ディズニーランド」

7日目
皆さんブログのコメントありがとうございます。
いよいよ最終日を迎えました。
もう一日お付き合いください。

 富丘佐野農園  佐野真史
「ディズニーランド」

私は、ディズニーランドが大好きです。
大好き過ぎて、いつでもディズニーの雰囲気を感じたいと思いお店のBGMもディズニーの音楽にしてしまいました。
毎年、苺の収穫が終わると、ディズニーに行く事を決めています。現実から解き放たれ、夢の国の非日常を味わうのが楽しみで、今まで頑張ってきた自分のご褒美にしています。

今回は先月の5月28日(月)に小学校の運動会の振り替え休日を利用して、桃佳(長女)・覚斗(長男)には申し訳なかったですが、私と茜と伶音奈(次女)の三人で出かけました。

その日は平日の月曜日なので、空いているのを期待して出かけましたが、やはり平日でも混んでいました。いくら夢の国とはいえ相当の混み具合だったので、キャストの方に聞いたところ、最近ではこの時期に運動会を行う学校が増えてきて、この時期の月曜日は混むとのことでした。
「平日だから空いている。」この考えは見事に外れました。

ウキウキして歩いて行くと、いつも買い物をするワールドバザールの真ん中に光り輝くミッキーとミニーを付けたタワーがありました。
ディズニーは、至る所で、お客様をワクワクさせ、感動を与えていて、いつ来ても新鮮な気持ちで楽しめます。
その細かな演出や、お客さんを楽しませる仕組みがしっかりしているから人が集まる場所になっているのだと思います。
 
混んでいる事もあり、何で人が集まるのかなーと考えながらいつもとは違う楽しみ方をしました。
自分なりに気になった点を書きます。

1・みんな笑顔  笑顔がたくさん (掃除の方・踊っている方・お客さんを誘導するキャストさん・バスの運転手・お客さん)
2・綺麗になっている(トイレ・アトラクション・食事処)
3・変化がある 常に進化している(オブジェ・パレード・アトラクション・駐車場)
4・飲食物にはずれが無い (食べるものが美味しい)
5・雰囲気作りが徹底している
などでした。

ディズニーランドには、人を喜ばせる仕組みがたくさんあります。全然規模は違いますけど、れっどぱーるにも応用できる事があると思います。
どうしたらお客さんに来て頂けるか?
笑顔になって頂けるか?
幸せを感じて頂けるか?
何回も来て頂けるか?
その答えは、自分がお客さん目線で考え、変化させていく事だと思いました。お客さんが納得するものを提供しないとお客さんは来てくれないと思います。
入場料や食事が高くてもディズニーには沢山の人が来ます。
きっと沢山の人が求めるものがそこにあるからだと思います。
以前杉井さんから、満足してしまったらその時点で発展はないと教えて頂きました。
常にお客さんの事を思い、お客様の笑顔を求め,小さな事でも変化を起こし、自分たちなりに考え、工夫して楽しい直売所にしていきたいと思います。
夢は大きく、苺のれっどぱーるらんどです。
そしてお客さんの笑顔や、喜んでいる姿を見て、れっどぱーるの関係者が皆ウキウキ・笑顔になるように、その時を夢見て頑張ろうと思いました。

今シーズンを振り返って   「苺の栽培 2」

6日目
皆さんコメントありがとうございます。
苺ネタばかりですみません。

富丘佐野農園  佐野真史
今シーズンを振り返って
「苺の栽培 2」

3月になり段々と日差しが強くなり、ハウスの中は気温も上がり苺にとっては冬を越えて、春に近い気候になります。

いつもの年でしたら、春に向けて大きい葉を出し始めて、量産体制を迎える所なのですが、今年は何かが変でした。。
葉が大きくならないし、苺の果実のもととなる花も出てこないし、全体的に元気がありませんでした。

このままでは
(春休みの苺摘みに影響が出るかもしれない。)
と思いつつもここまで来ると何をやったからと言ってすぐに回復するほど簡単ではなく、ただただ天気を祈り苺に回復して頂くしかありませんでした。

少しでも原因を探さなければと思い苺の株を何本か抜いてみたのですが、やはり根の量が少なく、元気な白根の発生が少なかったです。

心配していた事が的中しました。自分の考えですが、今年の10月は天気が悪く、日照不足で沢山根を張らなければならない時に
天候不順が影響して、根の量がいつもの年よりも少ない状態だったと思います。
その根の少ない状態で、12月・1月・2月は厳冬になり、苺にとってはかなり過酷な状態から苺を収穫した為に、根っこに負担をかけ過ぎて、3月の立ち上がりに影響が出てしまったと思いました。

夜の温度を去年より3度ほど上げたり、根っこの事を考えて培地が暖かくなってから給水を始めたり、昼間の温度調節も見直したりしたのですが、思う様にはいきませんでした。。
毎年思う事ですが、農業の難しさを感じました。

このような状態でしたので、人の一番動く春休みに、苺の生産量が減ってしまい、思ったように苺摘みのお客様を受け入れる事が出来ませんでした。
その後も、4月になったら復活するだろうと思っていたのですが、4月に入っても納得のいく感じではなく、収量は増えてきません。ここで心配になってきたのが、夏の営業用の冷凍苺のストックです。
いつもなら、、春休みが終わるこの頃から苺が溢れてしまい、
販売調整のため、必要以外の苺は冷凍にしていたのですが、今年はそんなに溢れるほど苺が実らなく、果たして去年並みの冷凍苺を貯める事が出来るかどうか心配になっていました。。

(もしたまらなかったらどうしよう。夏のお店の営業も出来ないし、販売車も動けない。社員さんの仕事も無くなり、唯一の収入源もなくなる。)
考えれば考えるほど恐ろしかったです。今まで、この時期になると嫌とゆうほど苺がなり
「もう少し待ってくれ」
と思うほど苺が赤くなるのですが、今考えると贅沢な悩みでした。
何とかなる何とかなると自分に言い聞かせて、毎日過ごしていましたが、うどん粉も止まらず不安を抱えていました。

この頃杉井さんに悩みを打ち明け、頂いた言葉が、
・あるがままをうけいれること。
(事実を良く見て受け入れるしかないこと。)
 ・コントロール出来る事  コントロールできない事
をはっきりさせる。
 (苺や天気はコントロールできない。)
でした。
このアドバイスを頂き、くよくよ考えていてもしょうがない事や、コントロールできない事を一生懸命コントロールしようと思っても出来ない事を気づかせて頂きました。自分も視点を変える事を意識するようになりましたし、救われました。

その後ゴールデンウィークも縮小気味で乗り越え、まさかここまで
影響が出るとは思いませんでしたが、何とか目標分の冷凍苺を貯めて今シーズンが終わりました。

毎年農業は難しいな。と思いつつも、課題を見つけて改善して、やってきたのですが、今年は、今までになく難しいと感じました。
別に手を抜いたわけではなかったのですが、観察が足りなかったと思います。
苺も天候もコントロールできませんが、自分の行動だけはコントロール出来ます。
苺を観察して、美味しい苺を作るために今作を見直し、改良点や気を付けるポイントなどを記録しておこうと思います。
前のページ 次のページ

FC2Ad