FC2ブログ

沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

和韻(からくち)

’21年 2月23日   鳥居直樹

おはようございます。。
 おかしい私ですが、皆さんのコメントを読んで、(杉井さんが伝えてくれたことは、そういうことだったのか!)と、理解が深まったりします。
 どうもありがとうございます。

三日目、よろしくお願いします。

「和韻(辛口)」
 それは、二〇二〇年、秋、沼津経営塾が終わってから、駐車場へ向かって歩いている時のことです。
 私のすぐ横には、小野さんが歩いていました。小野さんが、私に向かって、
「鳥居さん。あの歌のこと、覚えてます? 和韻(わいん)のこと。」
 無かったものを突然に目の前に出現させた手品のように、小野さんから言われて、(わいん? それって何だろう?)と、少しまごついていた私を横目に見た小野さんは、
「ほらー。やっぱり・・・。忘れてるでしょう?! 」
小野さんの語調からは、(かつて、オレが苦心して協力したことも忘れてしまう人なんだよね?! 鳥居さんは。・・・がっかり。)という、辛口の響きを聞いてとることができたのです。
 私は、すぐに思い出しました。それは、数年前に、小野さんと私で共同して作った歌“和韻”のことでした。
 そもそもの事のなりゆきは、輿水さんが、プライベートブランド商品の日本酒を作られるということで、そのネーミングを、小野さんがされたのです。その名も和韻(わいん)。日本酒なのに(日本酒だから?)「わいん。」・・・(笑)
 このラベルを、一目見ただけで、小野さんの味が出ていて、今さらながらに、(う~ん・・・。やっぱり、小野さんはすごい。)と思うのです。
 数日後、私は、あの晩の小野さんとの短い会話の事が気になっていて、押し入れのダンボール箱の中から、昔作ったCDをみつけて、数年ぶりに聞いてみました。
 自分が作ったものを、自分で評価するのは難しいですが・・・。

   和 韻
                作詞:小野 博文
                作曲:鳥居 直樹

かなしく
つらいときは
泣き言 言ってしまう
悔し涙
流すときだって あるのさ

そんなとき ただ
愚痴を聞いてくれる
グラスを はさんで
二人
笑顔になる

人生
雨の日や
風の日もあるけど
ああ
友と飲む 日本酒は
和韻

うれしい できごと
一緒によろこぶ
しあわせ 分かち合うこと
ひとりじゃない

いつでも 励まし
元気になれる
ああ
笑顔で飲む 日本酒は
和韻

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 なにか、その情景がありありと目の前に浮かんで来るような、小野さんが作ってくれた詩は、すごく良いんです。
 しかし、音のほうが、その詩にマッチしていないのです。それと、とても歌いにくいと感じました。私の曲作りのために、たいていの人が一回聞いても、(また聞きたい。)とは、思えない音作りでした。
 それで、私は、小野さんが作ってくれたいい詩だけを取り出して、もう一度、曲を作り直しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 小野さんの詩について、少し解説させていただきますと・・・(高校の古典の授業みたいだな(笑)
 この歌詞は、数年前に、小野さんが書いてくれました。
詩の中に、小野さんの人生観(生き方)が表れていると思います。
      ~
   嬉しい できごとを
   一緒に 喜び
   しあわせ 分け合い
   いつでも
   元気になれる

 今年(‘21年)になってから、杉井さんが、お話しして下さいました。
~ 以前、静岡経営塾のメンバーだった〇さんが、年初に挨拶に来て「お陰様で、昨年は、過去最高の利益を出すことができました。」と言って、静岡県の銘酒をくださった。それを聞いて、僕もとても嬉しかった。
 その喜びをみんなで分け合おうと思って、僕はそのお酒をすぐに飲んでしまわずに、静岡経営塾に持って行き、夜、みんなにふるまったよ。〇さんのいい話と美味しいお酒を飲むことで、経営塾のメンバーも、(オレも〇さんのように、仲間に対して良い報告ができるようになろう。)と、今まで以上に前向きに取り組んでくれるだろ・・・。~

 ここに、人生の師として、時には仲間として、希望に向かって私たちにエールを送り続けてくれている杉井さんの価値観も、小野さんの詩の中にみつけることができるのは、私だけではないような気がしています。
 小野さん、すごい。
 ですので、鳥居は、小野さんのいい詩がみなさんの胸まで届くように、“和韻(からくち)”の音作りをしています。
 仕上がったら、ぜひ聞いてください。
どうもありがとうございます。
スポンサーサイト



コメント

本当に言い詩だと思います。
ぜひいい曲をつけて下さい。
多くの人がやさしくなると思います。

  • 2021/02/23(火) 03:22:52 |
  • URL |
  • 杉井 #-
  • [ 編集]

おはようございます。
鳥居さんブログ3日目ありがとうございます。
鳥居さんと小野さんの思いを感じます。
和韻のお酒、蔵元さんの都合で休売になってしまっていますが、
折り合える点を模索して蔵元さんと交渉し、何とか復活させたいと思います。
多くの人に聴いてもらいたいです。

  • 2021/02/23(火) 04:43:08 |
  • URL |
  • 輿水誠司 #-
  • [ 編集]

鳥居さん、ブログありがとうございます。
和韻はこのような詞だったのですね。
本当にいい詞だと思います。
このような詞を書ける小野さんも凄いですが
曲を作れる鳥居さんも凄いです。
新しい曲を楽しみにしています。

  • 2021/02/23(火) 06:16:23 |
  • URL |
  • 海野貴 #-
  • [ 編集]

鳥居さんブログありがとうございます!

和韻 素敵なネーミングですね。作詞、作曲者両名の素晴らしいセンスを感じます。
私も出来上がりましたら是非聞いてみたいと思います。

  • 2021/02/23(火) 07:16:45 |
  • URL |
  • 小田切洋司 #-
  • [ 編集]

鳥居さんブログありがとうございます。
日本酒ですが和韻なのですね。皆が笑顔になるような素敵な名前ですね。
目からも耳からも舌からも人の温かみを感じることができるものですね。
是非とも輿水さんの日本酒を飲みながら聴いてみたいです。

  • 2021/02/23(火) 07:34:40 |
  • URL |
  • 関内慎介 #-
  • [ 編集]

鳥居さんブログありがとうございます。
小野さんの考えた詩と杉井先生がお酒を持ってきてくれた事が符合したのですね!
あの日のお酒はとても美味しかったです。
嬉しい出来事を一緒に喜ぶ、経営塾に入って本当に良かったと思います。

  • 2021/02/23(火) 08:06:12 |
  • URL |
  • 轟象平 #-
  • [ 編集]

鳥居さん、ブログをありがとうございます。
同じ方向を向いて歩まれている仲間の存在は素晴らしいと思いました。
私も聴いてみたいです。

  • 2021/02/23(火) 08:15:12 |
  • URL |
  • 古橋力 #-
  • [ 編集]

鳥居さん、ブログをありがとうございます。
和韻(わいん)思い出しました。
私は詩も曲も全くセンスがありませんので小野さんも鳥居さんも尊敬いたします。
是非、新曲を聞かせてほしいです。
鳥居さん、ありがとうございました。

  • 2021/02/23(火) 08:25:56 |
  • URL |
  • 室伏 剛 #-
  • [ 編集]

鳥居さんブログありがとうございます。
輿水さんが新たに挑戦したことを応援しようと二人で歌を作るなんて
素敵ですね。いい曲になることを祈っています。

  • 2021/02/23(火) 08:37:53 |
  • URL |
  • 辻敏充 #-
  • [ 編集]

ブログをありがとうございます。
とても素敵な歌詞ですね。温かさを感じます。
ぜひ、曲を聴いてみたいです。お酒の方も気になります(^^
皆さんと分かち合えることの喜びはとても大きなものです。

  • 2021/02/23(火) 11:56:33 |
  • URL |
  • 関内恵 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。

素敵な歌になると良いなと思いました。
私も、是非聞いてみたいです!
日本酒なのにわいんの名前もいいですね。
ありがとうございました。

  • 2021/02/23(火) 12:51:15 |
  • URL |
  • 古橋幹大 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございました。
ネーミングのセンスがいいですね。
こういいセンス、憧れます。
和韻、ぜひ聴いてみたいです。

  • 2021/02/23(火) 13:12:05 |
  • URL |
  • 鈴木 久弥 #-
  • [ 編集]

鳥居さん、こんばんは。
和韻の成り行きも素敵だと思いましたし、詩が優しく、お酒が呑みたくなる素敵な詩ですね。
こんな時代だからこそ心に響く歌が合うと思いました。
いつかその歌が聴ける日を楽しみにしています。
ありがとうございました。

  • 2021/02/23(火) 17:25:51 |
  • URL |
  • 宮本俊博 #-
  • [ 編集]

こんばんは!
小野です。

鳥居さん!
「和韻」ありがとうございます。
いやぁ、恥ずかしいです。
恥ずかしすぎます。
夜中に書いたラブレターのようです。
無かったことにしてほしいです。(笑)

  • 2021/02/23(火) 18:31:27 |
  • URL |
  • 小野 #-
  • [ 編集]

鳥居さんブログありがとうございます。
小野さん凄いですね。
またそれを思い出し、再度チャレンジする鳥居さんもすごいですね。
和韻
いい詩ですね。
二人でデュエットデビューですね。

  • 2021/02/23(火) 20:07:53 |
  • URL |
  • 佐野真史 #-
  • [ 編集]

こんばんは。細谷です。
鳥居さんブログありがとうございます。

いい詩ですね。依頼されている詩ですが、まだできていません。曲のイメージが先行しているので、歌詞が上手く出てきません。2月中は他の勉強でいっぱいいっぱいですが、3月には着手するつもりです。一度会って雰囲気をつかみたいところですが・・・。

  • 2021/02/23(火) 22:33:36 |
  • URL |
  • STK細谷 #-
  • [ 編集]

鳥居さんブログありがとうございます。
まだまだ和韻の詩を味わえる程の、人生経験はありませんが、深みのある詩なのだなと
感じました。そうした詩や曲を生み出せる感性はすごいなと思いました。

  • 2021/02/24(水) 06:34:21 |
  • URL |
  • 希代和也 #-
  • [ 編集]

鳥居さんブログありがとうございます。
和韻、素敵な名前ですね!また詞も
雰囲気がありますね。
これを鳥居さんが歌われるとまた
一段と味のある歌になりそうですね。
出来上がりが楽しみです!

  • 2021/02/24(水) 06:43:20 |
  • URL |
  • 藤城直樹 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://numazukeieijuku.blog22.fc2.com/tb.php/5891-e2672c44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)