沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

在宅業務

三島市  小島 章子  5月21日(日)  沼津経営塾ブログ 2日目
よろしくお願いします。

先週はじめから、私は在宅業務に関わらせて頂くことになりました。
在宅業務といっても、今回私の関わる業務は施設に入っていらっしゃる患者さんのお薬を管理する仕事です。

業務としては、お医者さんと看護師さんとの往診に同行させて頂きます。
同行の時間前に、患者さんの服用の有無・頓服薬の使用頻度などを確認させて頂きます。
その後、処方をお医者さんが決定するにあたり、薬剤師から服用量・お薬の変更などにあたってのアドバイスをさせて頂きます。
処方箋を発行して頂き、店舗に戻り お薬作り。
お薬が全部仕上がった段階で、お薬の配置に施設に伺います。
その後、薬歴・お医者さん、施設に対しての報告書・来月の計画書の作成。
大まかには、このような流れになっています。

先週、はじめて同行させて頂き、お医者さんの処方の意図・看護師さんたちの詳しい患者さんの情報、などを直に見せて頂くことができました。
また、この間に状態の変化にあわせてお医者さんとのやり取りの中で、処方変更に対応していくことも必要です。
患者さんにあわせて、粉でしか服用できない方であれば、錠剤を粉砕したり、また目の不自由な方で錠剤の数を確認してから服用する方、様々な方にあわせてお薬を作ります。
施設にはたくさんの、状態のそれぞれ違う患者さんがいらっしゃいますから、施設の看護師さんが分かりやすい様に、お薬を配置することも大切なことです。

まだまだ、関わりはじめたばかりで 患者さんのお名前とお顔も一致してしませんし、状態の把握もまだです。
これからの時代、薬剤師が店舗の中にいるだけでなく、施設・又はお宅に伺ってお薬の服薬指導をしていくことは必須となっていくと思われます。
しっかり、勉強し 少しでも患者さん・そのご家族・お医者さん・看護師さんのお力になっていける薬剤師になろうと思います。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
小島さん2日目ありがとうございます。
人の健康や命に関するお仕事に従事することは、神経も遣うでしょうし、本当に大変なご苦労があるかと思います。
でも、小島さんのように患者さんのことを想って従事してくれる方がいるからこそ、私たちは安心してお薬を服用できますね。
本当に心遣い、ありがとうございます。

  • 2017/05/21(日) 04:31:25 |
  • URL |
  • 輿水誠司 #-
  • [ 編集]

小島さん、ブログありがとうございます。
薬剤師さんは、そのような業務もするのですね。
高齢化が進んでいきますので、ますます小島さんたちの仕事が重要になると思います。
頑張ってください。

  • 2017/05/21(日) 07:26:23 |
  • URL |
  • 海野貴 #-
  • [ 編集]

小島さんブログありがとうございます。
薬剤師の方でも在宅勤務をする事があるのですね。
お医者さんと同行して薬を決める時に立ち会うなど、お店にいるだけでは
体験できない事だと思います。
これからも在宅介護は増えると思いますので
こうした取り組みは今後役に立つのではないかと思います。
ありがとうございました。

  • 2017/05/21(日) 08:22:22 |
  • URL |
  • 轟 象平 #-
  • [ 編集]

おはようございます。細谷です。
小島さんブログありがとうございます。

薬剤師の活躍の場が広がっていますね。自分の実家ですが近くに病院がありません。過疎化の町ほど在宅の需要は多くなってくるような気がしました。

そのうち、宅急便で薬が送られてくる時代になってくるのでしょうか?

  • 2017/05/21(日) 08:59:17 |
  • URL |
  • STK細谷 #-
  • [ 編集]

小島さん、ブログありがとうございます。
薬剤師の仕事の色々とあるのですね。
これからは、施設に入られる方が増えて来るので、需要が増えて来ますね。
時代の変化に対応していきたいと思います。

  • 2017/05/21(日) 09:33:08 |
  • URL |
  • 辻敏充 #-
  • [ 編集]

こんにちは!
小野@馬耳です。

小島さん!
「在宅業務」ありがとうございます。
本当に神経を使うお仕事ですよね。
新たな仕事の展開も、簡単ではないでしょうね。
それでも挑戦する小島さんを応援しています!

  • 2017/05/21(日) 10:13:55 |
  • URL |
  • 小野@馬耳 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。患者さんのお困りごとに配慮した対応はとてもありがたく感じると思いました。大きな成果より、小さな心遣いの積み重ねが長く支持されるコツでしょうか。

  • 2017/05/21(日) 12:54:34 |
  • URL |
  • 柴崎おさむ #-
  • [ 編集]

小島さん。

 新しい形態のお仕事、お疲れ様です。

 高齢化社会になっていることも、在宅業務が必要とされる一因なのかな、と思いました。

 一人ひとりの患者さんに合わせて、薬を粉砕されたり、梱包を工夫して頂けるのは、服薬している側にしてみれば、とても助かります。
 どうもありがとうございます。

 今までと違って、患者さんの生活場面でのお仕事で、戸惑いもあるかも知れませんが、今まで同様に、いきいきと小島さんらしく お仕事なさってください。
 
 応援しています。

  • 2017/05/21(日) 13:44:40 |
  • URL |
  • 鳥居 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。

在宅でも、色々な事を行うのだと思いました。
私も、色々な事に挑戦して、いきたいと思います。
ありがとうございました。

  • 2017/05/21(日) 17:34:36 |
  • URL |
  • 古橋幹大 #-
  • [ 編集]

小島さん、こんばんは。
新しい取り組みには戸惑いや新たな発見があるものですね。
始めたばかりは大変かと思いますが、
仕事のシステムの事だけでなく、
様々な患者さんの事を考えられているのが伝わってきます。
頑張ってくださいね。
ありがとうございました。

  • 2017/05/21(日) 18:48:23 |
  • URL |
  • 宮本俊博 #-
  • [ 編集]

小島さん、ブログをありがとうございます。
在宅業務というものまで、されるのですね。
お薬の間違いはあってはならないと思いますので、とても神経を使う事と思います。
素晴らしい薬剤師さんになって下さい。

  • 2017/05/21(日) 19:15:53 |
  • URL |
  • 室伏 剛 #-
  • [ 編集]

小島さんブログありがとうございます。
薬剤師の在宅業務もあるのですね!
お医者さんと患者さんの大事な架け橋
になる素敵なお仕事ですね。
これから高齢化が進んでいていくと
そうした仕組みがあたりまえになって
いくのかなと思いました。
時代に沿った仕事や生き方をしていきたい
です。

  • 2017/05/21(日) 19:22:26 |
  • URL |
  • 藤城直樹 #-
  • [ 編集]

小島さん、ブログありがとうございます。
在宅業務、素晴らしい取り組みですね。
少子高齢化のこれからには必要な業務だと思います。
始めたばかりの業務ですと、スタンダードになるまで時間は掛かるかもしれませんが
是非頑張って下さい。

  • 2017/05/21(日) 19:31:24 |
  • URL |
  • 高橋典雅 #-
  • [ 編集]

小島さん、ブログありがとうございます。
現場のお医者さんにとっても、小島さんのように
管理される立場の方が直接目をかけてくださることは、
気が引き締まるとともに、大切に扱われていると感じると
思いました。いつ自分や家族がお世話になるかわからないので
自分ごとのように考えていきたいです。

  • 2017/05/21(日) 22:15:05 |
  • URL |
  • 希代和也 #-
  • [ 編集]

こんばんは。
お医者さんの処方に対してアドバイスもされるのですね。
お医者さんや看護師さん、店舗のスタッフの方々、患者さんとその家族・・・と関わる方が多いですが、どう情報共有されているのかなと思いました。患者さんに合わせてのお薬の管理も大変そうだなという印象です。だからこそ小島さんのような重要な役割が求められるのでしょうね。
自分の仕事ができる場所が限られる人もいます。店舗の中以外でもできることを強みにがんばってください!

  • 2017/05/21(日) 23:38:48 |
  • URL |
  • 原田典子 #-
  • [ 編集]

小島さん、ブログをありがとうございます。
この様な、薬剤師のお仕事もあるのですね。
私の母も、施設に通っていますから、こんな
処方の仕方があればとても良いなと思いました。

  • 2017/05/22(月) 00:09:19 |
  • URL |
  • 古橋力 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://numazukeieijuku.blog22.fc2.com/tb.php/4453-bd982804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad