沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

どういったイメージを与えるか

どういったイメージを与えるか
2017/4/9(日)                   うみの塗装 希代和也
僕たちは、基本的に一般の住宅のお客様のお家の塗装をやらせていただいているため、
毎朝決まった時間にお家に伺い、挨拶をします。
 挨拶時には、今日行う予定の作業内容を簡潔に説明させていただきます。
実際にお客様と顔を合わせてお話しする機会は、この挨拶時がほとんどです。
そんな挨拶の時にお客様とお話しさせていただく際に気づいたことがありました。
それは、お客様が誰に目線を向けながら話をしているかという事です。
 例えば、応援に来ていただく職人さんと、僕が2人で挨拶を行う際には、
僕が挨拶をさせていただくのですが、その際にお客さまが何か質問や話しかける際には
応援の職人さんの方へ目線を向け話しかけています。
また、それ以外でも基本的にその現場の担当になる人が挨拶をする際にも、お客様は
僕たちではなく、直接柴崎さんのように年上の方に話しかけるときがあります。
 それはきっと、お客様にとって20代の若い人よりも30代・40代と年上の方のほうが
経験年数が多い思い、若い人より安心感を覚えるからだと思います。。
実際にお客様から見て、誰が何年経験があり、どんな仕事を実際にしているかということは分からないと思います。
ですので、その人なりの見た目や立ち振る舞いや雰囲気といったイメージ・印象から
感じるのだと思いました。
 実際に僕たちはまだまだ技術も経験値も少ないので、10年以上経験を積んでいる
ベテランの先輩職人さんに比べて、お客様からみてまだ、僕たちに安心感という印象を
感じることはもしかしたら、あまりないのかもしれないと思いました。
実際にお客様からかけていただく言葉は「皆さん一生懸命に頑張ってやってくれて
助かりました。」と言っていただくことが多いです。
 若いということは、一見すると未熟さにも感じられてしまうかもしれませんが、
その分若いなら若いなりの一生懸命さや元気よさ・明るさといった、
今の自分でもできることで僕たちの魅力をお客様に感じていただかないといけないのだと
思いました。
 その人がどんな人かといった中身は大切ですが、その中身をどう見せるか、どう知ってもらうか、どう印象を持ってもらうかといった、自分側の目線ではなく、
お客様から見た視点を意識していきたいと思いました。
スポンサーサイト

コメント

希代さんブログありがとうございます。
希代さんの言うとおりお客様は初めての人を見る時は年長者の方にお願いすると思います。
そのイメージを変えてしまうだけの行動を希代さんはしていると思います。
私もこんなに若いのにしっかりしてる!と思ってもらえるよう頑張りたいと思います。
ありがとうございました。

  • 2017/04/09(日) 06:10:04 |
  • URL |
  • 轟 象平 #-
  • [ 編集]

希代さん、ブログありがとうございます。
私も若い頃そのような経験をしました。
若いので経験が少ないと見られてしまうのは仕方がないので、若いなりの魅力を伝えていきたいですね。
皆は一生懸命やってくれるのでお客様は本当に喜んでくれています。

  • 2017/04/09(日) 06:23:05 |
  • URL |
  • 海野貴 #-
  • [ 編集]

おはようございます。
希代さん2日目ありがとうございます。
なるほど、お客様の視線の先ですかぁ~。
私からすると、こうしたお題に気づく希代さんの観察に感心してしまいました。
お客様の対応は、普通だと思いますので、
むしろ、後々に、(若いのに、この子はやるぞ!)と思ってもらう(チャンス!)です。
ですから、(後々のごほうび!)の言葉を考えると、楽しみです。

  • 2017/04/09(日) 06:43:31 |
  • URL |
  • 輿水誠司 #-
  • [ 編集]

希代さんブログありがとうございます。
自分の特性が相手かどう見えるのかを確認されて、
その特性から相手に良い印象を与えるように工夫されていること
立派ですね。
良い印象を与えるとは、具体的にどういう行動なのか
私も考えて実践します。

  • 2017/04/09(日) 08:14:21 |
  • URL |
  • 辻敏充 #-
  • [ 編集]

希代さん、ブログありがとうございます。
私がお手伝いに入った店舗で、患者さんが私と話しをしながらいつもいる薬剤師さんの方に目線がいくことが、あります。
普段そこで働いてくれている方の方がその患者さんにとって近い存在でいてくれているのだと有難く思います。
体や心が弱くなって来られる方が多いので、相手に安心を与えられるように意識していきたいと思います。

  • 2017/04/09(日) 08:45:27 |
  • URL |
  • 小島 章子 #-
  • [ 編集]

希代さん、ブログをありがとうございます。
年輩の方のほうが経験がありそうだと見えがちだと思いますが、お客様としても年輩の方に話しかけないと何か失礼な気がしてしまうのかもしれませんね。
希代さんの一生懸命さや、元気よさ、明るさ、きっとお客様に伝わっていると思います。
私もお客様からの視点を意識していきたいと思います。

  • 2017/04/09(日) 09:00:57 |
  • URL |
  • 室伏 剛 #-
  • [ 編集]

おはようございます。細谷です。
希代さんブログありがとうございます。

ちょっと厳しいかもしれませんが、まだまだ守られているという雰囲気があるのかもしれませんね。営業や現場担当者ということで、これから成長するという期待も込めてのお客様の対応かもしれません。

自分は新入社員で箱根の売店のヘルプに行った時に(同じ新入社員数名と行きました)売店のおばさんにベテランと話しているかのように話しかけられました。質問に対しても分からないと言わず、困っていることを認めることから始めて、一緒にどうするか感が手話していたような気がします。

安心感、責任感というが他の人よりも出ていたかもしれませんが(老け顔なので)、多分一番の違いは一歩会社出たら自分が社長だと思い、全責任を持ってお客様と対応するという気構えがあるかどうかかもしれません。

何としてもという思いのある人とない人とでは、姿勢や顔つきはかなり違います。(自分が思っているだけかもしれませんが)年齢はそれほど関係ないような気がします。誰が一番リーダーシップを取ってやっているかは、お客さんも分かっていると思うので、胸を張って堂々と仕事をすれば大丈夫なような気がしました。

  • 2017/04/09(日) 11:20:53 |
  • URL |
  • STK細谷 #-
  • [ 編集]

和也さん。どうもありがとうございます。

若い人は、明るくて快活なのが いいです。

お客様にしてみれば、たいてい、
年上の人がリーダーだ、と思う
と思います。

塗装職人としての経歴が たとえ
年上の人より長くても、慢心しないで
お客様に明るい態度で接し、きびきびと
作業している和也さんを
私は、尊敬しています。

  • 2017/04/09(日) 13:22:12 |
  • URL |
  • 鳥居 #-
  • [ 編集]

希代さん、ブログありがとうございます。

お客様へのイメージは、とても大切だと思いました。
挨拶の時は、しっかりとした印象を持ってもらうようにハキハキと言うようにしてます!
一緒に頑張っていきましょう!

  • 2017/04/09(日) 20:19:54 |
  • URL |
  • 古橋幹大 #-
  • [ 編集]

希代さんブログありがとうございます。
自分自身の姿は唯一見ることが
難しいので特に意識しないといけませんね。まずは自分がどうみられたいのかを
明確にしておきたいと思います。
経営塾お疲れ様でした!

  • 2017/04/09(日) 21:04:41 |
  • URL |
  • 藤城直樹 #-
  • [ 編集]

こんばんは。
確かに視線は気になりますね。
自分に視線がこないと、何でだろう?と思うことありますが、お客様は見ていないようで見ているかなと。真剣に話を聞いているかは、雰囲気でわかるし絶対に伝わります。そして最終的にはきちんと向き合ってくれる人と話すと思います。がんばってください!

  • 2017/04/09(日) 21:05:55 |
  • URL |
  • 原田典子 #-
  • [ 編集]

希代さん、静岡経営塾ご苦労様でした!
相手に良い印象を与えることは、大切なことですね。
今日の勉強を、ぜひ活用していってください!

  • 2017/04/09(日) 22:05:41 |
  • URL |
  • 杉井 #-
  • [ 編集]

希代さん、こんばんは。
希代さんのお客様に対する観察が素晴らしいですね。
そして、お客様のそうした部分を感じておりながら、無理に主張したりしない所が希代さんらしくて格好いいですね。
若い人には、私達に出せないものをたくさん持っています。
ぜひ希代さんの魅力を構築していってくださいね。
ありがとうございました。

  • 2017/04/09(日) 22:06:00 |
  • URL |
  • 宮本俊博 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。お客様は無意識に職人の中で年上に見える人間に話しかけることが多いと思います。しかし、リーダーではないからといって別の人に振るのでなく、そのようなときでも会社の顔として恥ずかしくない話し方や振る舞いをしたいと思います。

  • 2017/04/09(日) 23:25:01 |
  • URL |
  • 柴崎おさむ #-
  • [ 編集]

こんばんは!
小野@馬耳です。

稀代さん!
「どういったイメージ」ありがとうございます。
あわてることもないと思いますよ。
これからしっかり出来上がっていくと思います。
それよりも、どうしたらお客様が喜んでくださるか?を
考え、行動していくと、きっとお客様が
認めて下さると思います。

  • 2017/04/10(月) 00:14:10 |
  • URL |
  • 小野@馬耳 #-
  • [ 編集]

希代さん、ブログをありがとうございます。
お客様の目線を意識されている事が、すでに
仕事への高い意識がある、という事だと思います。
お客様のために、良い仕事をしていきましょう。

  • 2017/04/10(月) 01:31:09 |
  • URL |
  • 古橋力 #-
  • [ 編集]

希代さん、ブログありがとうございます。
お客様の視線・・・やはり気になりますよね。
見た目ではやはりベテランに見える年長者が主な人だと思ってしまいますね。
でも、現場で指示を出す姿や、作業の工程を見ればすぐにわかりますね。
希代さんも背中でお客様に見せ付けてやってください。

  • 2017/04/11(火) 11:42:43 |
  • URL |
  • 高橋典雅 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://numazukeieijuku.blog22.fc2.com/tb.php/4409-298c9a9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad