沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

「日本語教師養成講座」

「日本語教師養成講座」
2017年3月20日(月)春分の日
おはようございます。細谷です。3日目よろしくお願いします。

細谷家の日常~揚げ足取り~
息子:「水を出しっぱなしでママに怒られた」(しょんぼりしてます)
自分:「誰でも失敗はあるよ。ママだって火をかけっぱなしですき焼きのなべを黒こげにしたことがあるよ」
息子:「本当に!(嬉しそうに)ママに言ってくる!」
自分:「おいおい、ママに言わなくても・・・多分それとこれとは話は別だというはずだから気をつけろ!」とアドバイスをしてみました。
それをそのままアドバイスも含め妻に言ったらしく、あとで自分が大変な目に…揚げ足は取らないように教育したいと思います。

さて、本題です。昨日の話で日本語を教えるというのは本当に大変だということに気が付きました。それと、日本人にも正しい日本語で伝えないと伝わらないことも分かりました。というのも曖昧な言葉がたくさんあって、無意識に使っているからです。

あれ取ってとか、あれしといてなど何となくニュアンスで伝わっていることも多く、日本語がわからない人にとっては何のことだかさっぱりです。同じ意味でも言葉が違うと何も伝わりません。

例えば、「段取り」という言葉も支度とか準備とか言い換えることができる言葉があります。そして、「て、に、を、は」みたいな助詞は外国人には混乱するようで、つけずに単語で会話した方が伝わりやすかったりします。

朝学習の限界も感じていて、どうしようかとネットで日本語の勉強で探していると
、日本語教師養成(ヒューマンアカデミー)というのがあり、話を聞きに静岡まで行ってきました。そのつてで日本語の家庭教師を紹介してもらったり、同じベトナム人採用をしている会社の人を紹介してもらったりして、情報交換などもさせてもらいました。

CLもそうですが言葉の使い方は大事です。技術の専門用語を教えられる日本語教師はいないということで、それなら自分が日本語教師になればいいかなと思い、養成講座を受けることにしました。約1年で420時間の勉強をするということで、ちょっと大変ですが、ベトナム人の日本語の早期習得と継続的に教えられるように仕組みを整えれば、次の外国人エンジニアの受入もスムーズになったり、技術をレベルも向上させやすくなるはずだと感じています。

簡単な言葉で意味を伝える良い練習だと思い、これから勉強したいと思います。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
細谷さん3日目ありがとうございます。
私が中学校から通算して何百時間も英語を勉強したのに、今の程度を思うと、恥ずかしいですね。
お二人が日本の人や生活や文化に触れることで、日本に慣れ親しんでくれてら嬉しいです。

  • 2017/03/20(月) 05:29:28 |
  • URL |
  • 輿水誠司 #-
  • [ 編集]

細谷さん、ブログありがとうございます。
日本語は難しいのですね。
自分で教えられるようになるために、
日本語教師になろうという細谷さんは凄いと思いました。

  • 2017/03/20(月) 06:28:35 |
  • URL |
  • 海野貴 #-
  • [ 編集]

細谷さんブログありがとうございます。
揚げ足取りは自分の身を滅ぼしますね。(笑)

社員さんの為に日本語教師になろうと勉強する姿や色んな情報を仕入れるために
静岡まで行ったりと尊敬します。
ベトナム人のお二人にも細谷さんの心遣いがきっと届くと思います。
私も社員さんに対してここまでの心遣いが出来るように
なりたいと思います。
ありがとうございました。

  • 2017/03/20(月) 10:12:07 |
  • URL |
  • 轟 象平 #-
  • [ 編集]

とても面白い取り組みだと思います。
それが出来れば、いろいろな企業に外人を紹介できますね。
でも、自分の子供や日本人の社員さんへのかかわりを身に着けようとしない人が多いのは不思議に思います。

  • 2017/03/20(月) 10:46:45 |
  • URL |
  • 杉井 #-
  • [ 編集]

細谷さんブログありがとうございます。
ベトナム研修生のために、自ら日本語を教える勉強をされることに
頭が下がる思いです。働く人を大切にするとはこういうことですね。

  • 2017/03/20(月) 12:09:23 |
  • URL |
  • 辻敏充 #-
  • [ 編集]

細谷さん。どうもありがとうございます。

「今後、外国人エンジニアを雇う時に
より早く技術をマスターしてもらう。」
という目的を持って、日本語教師の
勉強をしている細谷さんは、すごいです。

私は、音楽を続けていますが、
人を相手にライブ演奏をして、音楽を
実際に使って 活かしながら成長して
いきます。

  • 2017/03/20(月) 12:18:48 |
  • URL |
  • 鳥居 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。

伝え方を勉強して、役立てていきたいですね。
自分の弱いところとして、人の部分が弱いなと思ってます。
相手の事を喜んで貰えるように努めていきます。

  • 2017/03/20(月) 13:16:13 |
  • URL |
  • 古橋幹大 #-
  • [ 編集]

細谷さん、ブログをありがとうございます。
私は伝える力が弱いと感じています。
その為に相手にしっかりと伝わらない事がよくあります。
今までは相手が悪いと思っていましたが、どうやら伝える側の自分に問題があったようです。
細谷さんは日本語教師まで目指すのですね。
ブログ等で日々忙しそうだなぁと感じていますが、勉強する時間まで明確にして、細谷さんの事なので上手に取り組まれる事と思います。
私も相手の立場に立って伝え方を意識していきたいと思います。
今日も良い刺激をありがとうございます。

  • 2017/03/20(月) 15:04:09 |
  • URL |
  • 室伏 剛 #-
  • [ 編集]

細谷さんブログありがとうございます。
従業員の為に420時間もかけて
勉強していくのはすごいと思いました。
なんとしても伝えたいという想いが
伝わってきました。またこれから
人手不足が深刻化していくなかで
外国のかたを受け入れられることは
差別化になると思いました。
私も今以上のユニバーサル農園を目指したいです。

  • 2017/03/20(月) 19:15:02 |
  • URL |
  • 藤城直樹 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。
言葉がけは、僕は得意ではないです。
言葉の観察をしたり、建設的な対応を
身に着けていきたいです。

  • 2017/03/20(月) 21:15:49 |
  • URL |
  • 希代和也 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。目的達成を確実にするために自分で切り開いていくところは細谷さんらしさを感じました。その行動力を見習っていきたいです。

  • 2017/03/20(月) 21:48:10 |
  • URL |
  • 柴崎おさむ #-
  • [ 編集]

細谷さん、ブログありがとうございます。
他の方に何かを教えることは難しいことですね。それを努力されていく、細谷さんは素晴らしいと思います。

  • 2017/03/20(月) 22:09:26 |
  • URL |
  • 小島 章子 #-
  • [ 編集]

こんばんは。
外国の人には正しい日本語や意味を知ってもらいたいと思うのに、自分の日本語はめちゃくちゃだし意味もわからないことだらけです。我ながら自分勝手だなと、ブログを読ませていただき改めて気づきました。お勉強がんばってください!

  • 2017/03/20(月) 22:09:34 |
  • URL |
  • 原田典子 #-
  • [ 編集]

細谷さん、ブログをありがとうございます。
とても忙しいと思いますが、その中で日本語の
勉強をされる細谷さん、本当に凄いと思います。
「細谷家の日常」、教訓にします!

  • 2017/03/20(月) 22:50:54 |
  • URL |
  • 古橋力 #-
  • [ 編集]

こんばんは!
小野@馬耳です。

細谷さん!
「日本語講師養成講座」ありがとうございます。
語学の勉強が、次のチャンスに
広がるといいですね!
海外の社員さんも、喜んで下さると思います。

  • 2017/03/20(月) 23:37:12 |
  • URL |
  • 小野@馬耳 #-
  • [ 編集]

細谷さん、おはようございます。
社員さんの為にと、次のステップUPを目標にされている事、またその行動力と早さに、すごいなぁと思います。
外国人にとって、助詞はかえって混乱させるのですね。私の使っている助詞もあやしい所があるのだと思います。
言葉のチョイスもまた、気を付けていくように、声かけしていきたいと思いました。
ありがとうございました。

  • 2017/03/21(火) 07:18:40 |
  • URL |
  • 宮本俊博 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://numazukeieijuku.blog22.fc2.com/tb.php/4388-74315e88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad