沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

超高齢化社会

三島市  小島 章子
2月21日(火)  沼津経営塾ブログ 4日目 よろしくお願いします。

先日、テレビで2025年には65歳以上の認知症患者さんが700万人を超えて、5人に1人になるとのデーターを話していました。徘徊老人も増えて1年間に150人の徘徊者が行方不明になるとのこと。独居老人の方々はいなくなってしまったことを、届けてくれる方もいないので探しようがないとのことなどを討論していました。
2025年って、あと8年です。
超高齢化社会になっているとはいえ、8年後 5人に1人が65歳以上の認知症の方なんて、想像ができないです。でも、確実に時代は超高齢化にうつっているのですね。

埼玉県入間市では認知症患者さんの爪にQRコードが記載されたシールをはることで、徘徊によって行方不明になった場合の対応をするという取り組みをしているようです。
もちろん、反対のご意見もまだまだ多いそうです。
反対のご意見もあるでしょうが、時代がかわってきているので、今までにはない取り組みをしていかなければなかなか対応が難しいだろうなぁと思いました。

私も有難いことに父母が札幌で健在なのですが、もう父も77歳・母も75歳の中で両親をどうみていくか?という問題に直面しています。
妹も東京にいますし、最近は冬の雪かきなども辛くなってきているようで、こちらで生活することもすすめたりしていますが、なかなか生まれ育った土地を離れがたいようです。
両親には両親の生活もありますし、両親の考えている老後もあると思います。
検討してもらっている最中です。

また、私自身が他人事と思っていた老眼にしっかりなって、自分も年を重ねていることを年々、自覚しないわけにはいかなくなってきています。自分の50代・60代・・・少しずつ視野にいれていかなければと思います。
きっとどんどん出来ない事も多くなるかもしれません。迷惑をかけないように、と思っていても周囲に迷惑をかけてしまう回数も増えていくことでしょう。
体が老いてしまって、顔もシワシワでも、可愛げのあるおばあさんでいたいなぁ。(笑)

薬局におみえになる方々は、愚痴や相談、様々なお話をしていかれます。
長年生きてこられた方々がゆっくり、安心して迎えられる老後は現実的になかなか難しいこともあるようです。
様々のご事情を抱える患者さんのために、自分たちに何が出来るかを考え実践していこうと思います。
スポンサーサイト

コメント

私は、酔った時のためにQRコードを付けておきたいです!
誰だって好きでボケるわけではないので、ボケ始めたらそれとなくわかる印をつけて、皆で支えていける社会が、良い社会のような気がしています。
きれいごとだけでは解決できない問題だけに、大事な問題提起ありがとうございます。

  • 2017/02/21(火) 01:45:21 |
  • URL |
  • 杉井 #-
  • [ 編集]

おはよございます。
小島さん4日目ありがとうございます。
昨日、輿水酒店前の通りで通行人のご老人が転倒されケガをしました。
風が非常に強かったので、とりあえずお店の中に入ってもらい救急車を待ってもらいました。
周りは(あの強風の中、ご老人が危ない…)と思うわけですが、ご本人は(自分に限って…)とあまり意識していないようでした。
私も、ケガする前に、現実を見ていきたいと思います。

  • 2017/02/21(火) 05:58:49 |
  • URL |
  • 輿水誠司 #-
  • [ 編集]

小島さんブログありがとうござます。
私も他人事思っていた老眼がやってきました。
記憶力も落ちてきて、「老いる」が実感してきました。
そうならないと分からないのは、想像力が欠落していますが、
ようやく、年を重ねることのさみしさを感じました。
私自身が、できなくなることが増えてきてるので、
他人には優しくしていきたいと思いました。

  • 2017/02/21(火) 06:24:25 |
  • URL |
  • 辻敏充 #-
  • [ 編集]

小島さん、ブログありがとうございます。
8年後には、日本はそのようになるのですね。
考えられませんが、それが現実なのですね。
8年後には私も50代ですから初老と言われる年齢です。
自分も他人事ではないので、今後のことを考えていきたいと思います。

  • 2017/02/21(火) 06:28:53 |
  • URL |
  • 海野貴 #-
  • [ 編集]

小島さんブログありがとうございます。
超高齢化社会はすぐそこまで来ているのですね。
QRコードの取り組みなど新しい取り組みが必要になってきますね。
私が60代になるころにはどんな社会になっているか想像がつきませんが将来に備えて出来る事をやっていきたいと思います。
ありがとうございました。

  • 2017/02/21(火) 08:39:10 |
  • URL |
  • 轟 象平 #-
  • [ 編集]

小島さん。どうもありがとうございます。

乗務をしていると、老若男女 色々なお客さんと
出会います。

以前、ご高齢の女性の方で、非常に 感じの良い
方に、乗って頂きました。
「(体が弱って来て)どうしても、おたく(タクシー)
のお世話にならなければ いけなくってね。
ありがとうね。」と、その方は仰いました。
私は、本当に その方は、素晴らしい方だなぁ、
と思いました。

ブログなどで、杉井さんが教えてくれるように、
年取ったら、若い人たちに助けてもらう部分も
あるのだから、周りの人が進んで手を貸して
くれるような生き方をしなさい・・・・。

私は、そんな年老いかたをしたいです。

  • 2017/02/21(火) 09:10:33 |
  • URL |
  • 鳥居 #-
  • [ 編集]

私はすぐに65歳になります。
本当にあっと言う間でした。
生きるということはとても素晴らしいものですが、それと同時にとてもはかなく、悲しいものだと感じています。
それだけに、もっともっと生きている時間を大切にしてほしいと思います。

  • 2017/02/21(火) 10:55:42 |
  • URL |
  • 杉井 #-
  • [ 編集]

小島さん、ブログありがとうございます。

年をとっていくのが、それだけ人生を大切にしていきたいと思いました。
1日1日を大切にしていきたいです。

  • 2017/02/21(火) 12:29:15 |
  • URL |
  • 古橋幹大 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。
自分の家族や自分自身が動けなく
なってしまった時がいつか来るのだと
思いました。
将来に備えて今を大切にしたいです。

  • 2017/02/21(火) 12:36:21 |
  • URL |
  • 希代和也 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。自分も体のあちこちががたつくのを実感しています。老いは避けられない道です。悔いのないように貴重な時間を使っていきたいと思います。

  • 2017/02/21(火) 12:57:24 |
  • URL |
  • 柴崎おさむ #-
  • [ 編集]

こんにちは。細谷です。
小島さんブログありがとうございます。

三島市の人口は10年前と比べて微増ですが、65歳以上の方が1万人増えたそうです。
QRコードみたいなものは、希望者で付けてもいいと思いました。

弊社も採用をコンスタントにしていき、世代間の谷間を無くしていきたいと思っています。実は図面管理システムのドルフィンも60歳以上の人にも使えるようにというコンセプトがあり、字も大きく使いやすくなっています。

8年後のビジョンを描いて楽しく生きていきたいですね。

  • 2017/02/21(火) 13:31:10 |
  • URL |
  • STK細谷 #-
  • [ 編集]

小島さん、ブログありがとうございます。
しばらくぶりにコメントさせていただきます。
超高齢化社会にもう既になっているように感じます。
仕事柄、「家族が徘徊してしまうから玄関の内側に鍵を・・・」
と言うような依頼を受けることがあります。
気持ち的には「閉じ込める」様にも感じますが、家族にすれば
徘徊で怪我や事故に巻き込まれないようにと思われての事だと思います。
1日ずっと付きっきりとはいきませんからね、仕方ないと思います。
明日は我が身・・・うちも両親が今は健在ですが、何時かは。
そのときに備えて色々と情報を集めて置こうと思います。

  • 2017/02/21(火) 15:00:27 |
  • URL |
  • 高橋典雅 #-
  • [ 編集]

小島さん、こんばんは。
8年後には、そんな状態になっている事に驚きました。
今はまだ自分が高齢者になった時の事を考えにくいですが、今の内から準備を視野にいれていきたいです。
その為には、目の前の事ばかりを見るのでなく、遠きを図っていかなければなりません。
高齢化がついそこまで自分の身に近づいている事、ブログを読ませていただかなかったら、考えなかったと思います。
ありがとうございました。

  • 2017/02/21(火) 19:05:25 |
  • URL |
  • 宮本俊博 #-
  • [ 編集]

こんばんは!
小野@馬耳です。

小島さん!
「超高齢化社会」ありがとうございます。
間違いなく突っ込んでいく超高齢化社会。
私も8年後には60代になってしまいます。
まぁ、そこまで生きていられるか?も
問題ですが、少しでも健康でいられるよう
注意をしていきたいと思います。

  • 2017/02/21(火) 20:06:49 |
  • URL |
  • 小野@馬耳 #-
  • [ 編集]

小島さんブログありがとうございます。
介護という言葉は自分には関係ないと
思っていましたが、今になっては
いつそのような状況になってもおかしくないです。母と二人ですので今の時間を
本当に大切にしたいです。
ありがとうございました。

  • 2017/02/21(火) 20:59:47 |
  • URL |
  • 藤城直樹 #-
  • [ 編集]

小島さん、ブログをありがとうございます。
8年後に5人に1人が認知症患者さんなんて信じられない思いです。
自分のことをさておき日本が成り立つのか心配してしまいます。
札幌にいらっしゃる小島さんのご両親、70歳過ぎての雪かきはとてもキツそうですね。
私はつくづく恵まれた環境にいるなぁと感じますが、他人事ではないですね。
私も小島さんのように、自分たちに何が出来るかを考え実践していこうと思います。
高橋さ〜ん、お久しぶりです。待ってました。

  • 2017/02/21(火) 22:11:04 |
  • URL |
  • 室伏 剛 #-
  • [ 編集]

こんばんは。
すごいデータですね。2025年はあっという間にくるのでしょうね。
私も親のことを考えると不安になりますが、自分も同じように年を重ねているのですから、変化を受け入れなればならないと思いました。
考え出すといろんな心配はありますが、未来は今では想像もできないことが出来るようになっているかもしれませんね。

  • 2017/02/21(火) 23:46:08 |
  • URL |
  • 原田典子 #-
  • [ 編集]

小島さん、ブログをありがとうございます。
私は、両親と同していますので身近で感じてはいますが、
その数字には驚きました。仕事でも高齢の方は毎年増えて
いると感じます。50代になり、若い頃とのギャップに戸違う
事があります。高齢者への気配りと理解を深めたいと思い
ます。

  • 2017/02/22(水) 04:26:06 |
  • URL |
  • 古橋力 #-
  • [ 編集]

歳をとってから環境を変えることは難しいと思います。
私の義父母もそうでした。
不便でも知った人の中で暮らす方が幸せなのだと思います。

  • 2017/02/28(火) 12:41:07 |
  • URL |
  • 杉井 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://numazukeieijuku.blog22.fc2.com/tb.php/4361-a79fe5f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad