沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

手揉み保存会

山平園の平栁彰彦です。

皆さんコメントありがとうございます。
私もブログに書いたからにはしっかりと
自分の課題と相手の課題を区別できるようにして、
よりよい関係を作っていきます!
そして、次のブログ担当ですが小島さんお願いしてもよろしいでしょうか?
私も来週まではネタがありません!(笑)

では、9月8日(木)ブログ6日目よろしくお願いします。

昨日、今日と2日間、私は静岡県手揉み保存会の合宿を行ってきました。
この合宿は9月19日に保存会の資格認定試験があるのですが、その受験生
のために設けられた合宿で、私も初級の教師補という資格を取るため参加しました。
2日間身体を酷使したので車を運転しているだけでも腰がとても痛いです!

保存会で行っている古くから伝わる手揉みの手法では約500gのお茶を作るのに
2人掛かりで6~7時間ほど時間がかかりますが、明治以降に急速に発展した
機械化の流れでつくられてきた現代のお茶工場なら、その何百倍以上のお茶を
同じ時間で1人の人がチェックをしているだけで作れます。

6~7時間多大な労力もかけて数百グラムの物と、6~7時間1人が機械をチェックして
いるだけで何百キロの物ではかなりの差だと思いませんか?
image2.jpg

image1.jpg

これが手揉みをしている様子と、手揉みで作ったお茶ですが、
普段皆さんが見ているお茶とは形状がかなり違うのではないかと思います。

今回紹介したのはお茶の加工技術の過去と現在の話しでしたが、
これと同じような波がお茶栽培の現場にも来ています。茶園の乗用型化です。
よく見ないと分からないかもしれませんが、イメージにある丸い
かまぼこの様な茶園が今、乗用型用の平らな茶園へと変わっていっているのです。
静岡経営塾のブログでも山平園ではこの丸い茶園を残していくという方針を
話させて頂きましたが、やはりこういった本当の技術や物・形が知らず知らずのうちに
消えていってしまうのはさみしいことですね。

お茶工場の機械技術も手揉みから来ているのですが、これはもう一部の人にしか
分からないものになっています。お茶に限った話ではないかもしれませんが、
今回の合宿で何事も温故知新という言葉があるように、新しいことをするのにも過去
や基本・基礎を理解しそれまでの築き上げて来てくれた方々に
敬意を持ちながら取り組みたいと思いました。
スポンサーサイト

コメント

平柳さん。どうもありがとうございます。

先達が切り拓いてくれた文化や技術の上に、
新しいものが積み上げていかれるので、
私も 伝統を学ぶことは とても大切だと
思います。

杉井さんが時々お話してくれる
「守・破・離」の守にあたると思います。

そのように手間をかけて作られた
手揉みのお茶は尊いものですね。

  • 2016/09/08(木) 01:27:10 |
  • URL |
  • 鳥居 #-
  • [ 編集]

おはようございます。
平栁さん6日目ありがとうございます。
お酒も昔は手作りですが今は技術革新で進化しています。
ただ、やはり伝統的なアナログを大事にしている部分もあります。
お茶も色々な資格があるのですね。
テレビなどでソムリエならぬ茶ムリエの方とか見かけます。

  • 2016/09/08(木) 06:11:22 |
  • URL |
  • 輿水誠司 #-
  • [ 編集]

平栁さん、ブログありがとうございます。
6~7時間で500gしか作れないのですね。
昔の人の苦労は相当なものがあったと思います。
いろいろなところで機械化が進んでいますが、
元々のものがあったからこそなのだと改めて思いました。

  • 2016/09/08(木) 06:42:06 |
  • URL |
  • 海野貴 #-
  • [ 編集]

平柳さんブログありがとうございます。
お茶の手もみ、お茶の収穫を手でやることの良さが、
お客様に伝わると良いですね。
手間をかけていることですので、何かが違うと思います。

  • 2016/09/08(木) 06:51:29 |
  • URL |
  • 辻敏充 #-
  • [ 編集]

おはようございます。細谷です。
平栁さんブログありがとうございます。

手もみのお茶美味しそうですね。昔、熱海でホテルでお菓子の朝市をしていた時に、お茶屋さんと仲良くなり、色々と話を聞きました。その時はぐり茶を売っていましたが、なんでその名前か聞いたら、手でぐりぐりして作るからと本当かウソかわからないことを言っていました。実際にそれらを見せて、販売に繋げられるといいですね。

  • 2016/09/08(木) 08:05:05 |
  • URL |
  • STK細谷 #-
  • [ 編集]

平柳さん、ブログをありがとうございます。
私もお茶屋を営んでいますが1度だけ手揉みの勉強をさせて頂いた事があります。
手揉みの技術と意味合いを知ることは美味しいお茶を作る上で欠かせない事だと感じました。

「基本・基礎を理解しそれまで築き上げて来てくれた方々に敬意を持つ」私も忘れずにしたいと思います。
過去があって今があるのですものね。

  • 2016/09/08(木) 09:09:16 |
  • URL |
  • 室伏 剛 #-
  • [ 編集]

平栁さんブログありがとうございます。
手揉みと機械化で作る量にそれだけの差が出来てしまうのですね。
私の仕事は人が行う作業をどれだけ自動で出来るかを考える仕事ですので
相反するところがありますが、手揉みには手揉みの良さが、機械化には機械化の良さが
あると思います。
人の手で手間暇かけて作るお茶は生産者の想いがあると思います。
昔の人達はこうしてお茶を作っていたと感じられていい勉強になると思います。

  • 2016/09/08(木) 09:29:44 |
  • URL |
  • 轟 象平 #-
  • [ 編集]

出来上がったお茶を飲んで、どれだけの違いがあるのかがポイントだと思います。
それがなければ、文化としてはこだわるべきかもしれませんが、商売としてはこだわるげきものではないかもしれません。
その違いを一度体験させてください!
それによって戦略が変わると思います。
もし可能なら10月の戦略会議に参加するといいです!

  • 2016/09/08(木) 10:53:22 |
  • URL |
  • 杉井 #-
  • [ 編集]

平柳さん、ブログありがとうございます。

私も、仕事の目的を考えていきたいと思いました。
お客様に喜んでもらうことを大切にしていきたいと思います。

  • 2016/09/08(木) 22:02:56 |
  • URL |
  • 古橋幹大 #-
  • [ 編集]

平柳さん、ありがとうございました。
笑顔の素敵な好青年!だと思ってたのに(笑)
基本や基礎は大事ですね。
基本があるから応用ができますよね。
どちらも大切にしていきたいです。

  • 2016/09/08(木) 22:30:06 |
  • URL |
  • 小島 章子 #-
  • [ 編集]

平柳さん、ブログありがとうございます。
手もみのお茶をのんだことがないので
ペットボトルのお茶とどのくらい味が違うのか体験してみたいです。
また今度教えてください!

  • 2016/09/08(木) 22:40:23 |
  • URL |
  • 希代和也 #-
  • [ 編集]

平柳さん、ブログをありがとうございます。
手もみの茶は、そんなにも少量生産なのですか、
驚きました。そして、体力も必要なのですね。
私の職業である、タクシー乗務員で当てはめると、
ナビゲーションのない頃と、今現在との違いなの
かなと思います。手もみをされる事は、とても重要
な事だと、思います。消費者に、もっとアピールを
するとイイと思いました。

  • 2016/09/09(金) 03:34:55 |
  • URL |
  • 古橋力 #-
  • [ 編集]

平柳さんブログありがとうございます。
手揉み保存会は初めて聞きました。どのような業種であっても
機械化や省力化が進んでいるのですね。
私の会社も機械化は進んでいて、人が管理するだけになりつつ
あります。ただ人でなければできない事がまだまだたくさんあります。
そうしたことを大事にしていきたいと思います。

  • 2016/09/09(金) 04:37:49 |
  • URL |
  • 藤城直樹 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://numazukeieijuku.blog22.fc2.com/tb.php/4185-041d4a7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad