沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

暑中お見舞い

暑中見舞い
2016.8.10(水)                      うみの塗装 希代和也

 8月に入り、暑さが益々厳しくなってきましたが、皆さんは
いかがお過ごしでしょうか。
特に7月などは、毎日がジメジメするような暑さで大変だと思いますが、
この期間は暑中お見舞いの時期になります。
暑中見舞いは、お客様へハガキを書くことのできる数少ないチャンスなので
この時期はお客様やこれまでご縁を頂いたかたへハガキを出すことにしました。
 僕がお客様へハガキを出させていただく機会はお仕事をさせていただいたときに、
工事が終了した後お礼のハガキを書くときがほとんどです。
その他は完了したあとのお礼のお葉書や、そこから半年・一年・年越し前のお礼の葉書きなどになります。
 工事が終了した後のお礼のはがきでは、お仕事を頂いたこと、
工事中にお客様が、飲み物やお菓子をだしてくれたことや、声をかけてくれたことなど、
書く内容もイメージが湧きやすく、ありきたりな内容ではなく、お客様自身のことに
スポットライトを向けることを書きます。
それとは違い、暑中見舞いのハガキは、1,2年前にお仕事をさせていただいたお客様や工事が終了して以来、一度もお会いしていないお客様にも書くので、
どんな内容の事を書いたほうがいいのかに悩むことがありました。
 ただお礼を伝えるだけでは、どんなことを書くかは別として、
ただ自分が伝いたいことを伝えているだけという感じがするので、もっと違う内容に
したいと思いました。
暑中見舞いを書くことでお客様に自分の事を知っていただきたいという目的も
ありますが、一番はやっぱりお客様がもらって喜ぶことを書きたいと思いました。
 もらって読む人が喜んでいただくためには、自分がお礼を伝えるという自分の
目線ではなく、読む方が嬉しいと感じてくれることは、どんなことなのかといった
相手目線での内容を書かなければいけないと思いました。
 例えばご高齢のお客様へは、できるだけ文章も固くなりすぎずその方の暮らしの
様子を気にかけるような内容を書いたり、お子様がいるお客様へはお子様の様子を気にかける内容を書いたり、そのお客様にとって大切なこと・大事なものを気にかけるような
内容を中心に書くことにしました。
 実際にお客様に喜んでいただけたかどうかはわかりませんが、
ハガキ一つでもどんな効果をねらうのか、そのためにはどんな内容を書くのかなど
工夫をすることが大切なんだと思いました。

スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
希代さん5日目ありがとうございます。
はがき、よく出されていて、素晴らしいです。
また、出すだけでなく、内容もしている姿勢、
私も見習っていこうと思います。
それと一般的には立秋すぎると「残暑お見舞い」になるようです。

  • 2016/08/10(水) 04:34:58 |
  • URL |
  • 輿水誠司 #-
  • [ 編集]

希代さん、ありがとうございます。
希代さんのようによく熟慮されたハガキを頂いたら、もらった方も嬉しいですよね。
私も相手が勇気の出る、ハガキを書いていきたいです。

  • 2016/08/10(水) 05:44:37 |
  • URL |
  • 小島 章子 #-
  • [ 編集]

希代さん、ブログありがとうございます。

お客様を大切にしたいと思っているのだと思いました。
葉書を頂くと嬉しいと思います。
相手の事を考えて、書いていきます。

ありがとうございました。

  • 2016/08/10(水) 06:11:59 |
  • URL |
  • 古橋幹大 #-
  • [ 編集]

希代くん、ブログありがとうございます。
希代くんは、本当によくお客さまにハガキを書いてを書いてくれますね。
お客さまにお会いすると「希代くんは元気?」と言われることもあります。
ファンを作ってますね。
お客さまの喜ぶハガキを書いて行きましょう。

  • 2016/08/10(水) 06:14:42 |
  • URL |
  • 海野貴 #-
  • [ 編集]

今からそうしたことを考えていたら、スゴイ人になると思います。
この習慣をぜひ大切にしていってください。
素晴らしいことです。

  • 2016/08/10(水) 06:26:55 |
  • URL |
  • 杉井 #-
  • [ 編集]

希代さん、ブログをありがとうございます。
凄まじい猛暑ですね。昨晩、海野さんとお話をさせて頂きましたが、お仕事中に屋根(?)の温度を海野さんが測ったら60度もあったと言っていました。
私もお茶畑の管理のため外仕事をする事も多々ありますが、呉々も熱中症などにならない様にお互いに気を付けましょうね。
「暑中見舞のハガキ」相手目線での内容を書くには相手に関心を持つ事から始めなければなりませんね。
希代さんのハガキはきっと相手の方の心に届いていると思いますよ。
私は自分目線なりがちなので相手目線を心掛けていきたいと思います。

  • 2016/08/10(水) 08:53:37 |
  • URL |
  • 室伏 剛 #-
  • [ 編集]

希代さんブログありがとうございます。
今年も暑いですね。
こちら長野でも暑いのに、そちらはもっと暑い上に
外仕事をやられているうみの塗装さんは大変だと思います。
私も最初は自分の事ばかり書いていました。
ですが、希代さんのおっしゃる通り相手の方がもらって
嬉しくなるように相手目線で考えないといけないと思います。
(なおかつ字が汚いのをなんとかしたいです)

  • 2016/08/10(水) 09:02:38 |
  • URL |
  • 轟 象平 #-
  • [ 編集]

おはようございます。細谷です。
希代さんブログありがとうございます。

暑中お見舞い申し上げます。
本当にここ2,3日は熱いですね。熱中症に気をつけてください。

自分は基本的に名刺交換した人にはがきを出して、覚えてもらうという感じですが、あまり会話もなく名刺交換だけの人には書くことに困ります。

その人の職業や趣味に関して書くことは多いですが、いつも使っているありがとうはがきは意外と飾ってくれたりして、次の会話につながったりしています。

そのうち、馬の耳みたいに希代新聞が刊行されるのかな?

  • 2016/08/10(水) 09:35:25 |
  • URL |
  • STK細谷 #-
  • [ 編集]

希代さん、ブログありがとうございます。
ハガキを出すタイミング、内容とも効果を狙っていますね。
狙わないと、こなしになるという意味がよくわかりました。
私も相手のことを考えてハガキを書きたいと思います。

  • 2016/08/10(水) 09:55:35 |
  • URL |
  • 辻敏充 #-
  • [ 編集]

こんにちは!
小野@馬耳です。

稀代さん!
「暑中お見舞い」ありがとうございます。
年輩の方なんか、稀代さんから葉書を頂いたら
そりゃぁ~嬉しいでしょうね!
葉書を手に取り、笑顔でいるお客様の顔が
浮かんできます。
そういう気遣い、本当に大切だと思いますし、
すごいことだと思います。

  • 2016/08/10(水) 11:22:51 |
  • URL |
  • 小野@馬耳 #-
  • [ 編集]

希代さん。どうもありがとうございます。

 私は、この歳になっても、自分中心のコミュニケーションをしがちです。

「相手の大切にしていることを気にかける」 -とても参考になります。

 これから、私も、そういうことを意識して、はがき書きなど しようと思います。

  • 2016/08/10(水) 15:39:20 |
  • URL |
  • 鳥居 #-
  • [ 編集]

希代さんブログありがとうございます。
本当に暑い日がつづきますね!
なんとか倒れないようにします!葉書も相手がもらって
どうかということをもっと意識していきたいと思います。
希代さんの取り組みを少しでも見習いたいです。

  • 2016/08/11(木) 05:47:22 |
  • URL |
  • 藤城直樹 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://numazukeieijuku.blog22.fc2.com/tb.php/4153-27246e61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad