沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

一発勝負

一発勝負
2016.6.27(月)                    うみの塗装 希代和也

先月の5月から6月までの間に、お仕事で、建物の扉の塗装を二度
させていただく機会がありました。
 扉は鉄製の扉で、一か所は工場の倉庫の高さ3メートルほどの扉で、
もう一か所はビルの裏玄関の入り口の扉です。
扉の塗装は建物の中で、最も多くの人が目にする機会がある箇所なので、
塗った扉に、塗り残しが出たり、ごみがついていたりすることは許されない仕事です。
 普段僕たちが一般の住宅の塗り替え塗装工事をやらせていただく際には、
全体の塗装作業が終わった後に、最後に全体を見返して塗り残しや、補修が必要な箇所を
直す作業があります。
ですが、扉の塗装の際は、仕上がった扉を一か所でも、たった1c㎡でもハケで
補修を施すと、そこが後から見たときに補修あとが残って、汚く見えてしまうので
補修作業というものは、基本的にすることはしません。
 ですので、扉の塗装の際には実際に塗装に入る前の下準備から入念に行います。
扉自体についているゴミを事前に落とすのはもちろん、扉周辺のゴミや埃なども、
ある程度は事前にそうじをして、万が一風が吹いても、塗装した扉に砂ぼこりが
ついてしまわないようにします。
 また、準備が終わり実際に扉の塗装に入る際も、一度扉を塗り始めたら、
途中で手を止めると、その時塗ったところと、次に塗ったところのペンキの乾き具合が
変わって塗りむらが出てしまうので、途中で作業を止めることは避けなければいけません。
なので、扉に付属しているドアノブや鍵穴などがある場合は、事前に一番塗りむらが
出ない塗り方の手順を事前に考えておく必要があります。
 そして塗っている最中にも、ハケとローラーを使い分けるので、ハケで塗るところは
塗っている最中にハケの毛が抜けていないか、塗りながら見て確認したり、
ローラーで塗るところはローラーのが均等になっているかなどを塗りながら気を付けなければいけません。
 このようなことがあるので、扉の塗装はやり直しの利かない一発勝負の作業です。
塗る範囲こそ通常の外壁塗装の際と比べて、少ないですが、気を付けなければいけいこと、
神経を集中させなければいけないことは、もしかしたら扉塗装のほうが大変なことかも
知れないと思いました。
扉の仕上げなどはこのような一発勝負で失敗が許されないことですが、ですが
それは本来はどのような作業にも言えることだと改めて思いました。
たとえ、作業の重要度が扉塗装と比べて低いことでも、自分のする行動や自分が仕上げたものには、その人自身が表れているものだと思いました。
僕は丁寧さや細やかさや、確実さが自分のテーマだと思うので、
自分が仕上げたところは、ほかの人が見てもよく丁寧にやってある、要領をみたしてある
という作業をしていきたいと思いました。
 そのためにも、その作業の目的や観察、一番大事なことは、自分が仕上げるものへの
きれいに仕上げるということにこだわりをもってお仕事をしていきたいと思います。
 また、どんなことでも、次はないんだと思い、その一回で自分の
全力を注ぐ取り組みをしてきたいと思いました。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
希代さん3日目ありがとうございます。
集中力、注意力を要するお仕事でとても労力をかかり大変です。
またそれを乗り越えることで筋肉がついていくのですかね。
良い体験積みにしていきたいです。

  • 2016/06/27(月) 04:22:10 |
  • URL |
  • 輿水誠司 #-
  • [ 編集]

希代君、ブログありがとうございます。
今は塗り替えの現場がほとんどで新築の現場をほとんどやっていませんが、
新築の現場の作業は、ほとんどの作業が一発勝負で失敗が許されません。
そのような仕事を常に経験することで、一つ一つの作業を確実にやることが身に付きますが、塗り替えだとなかなかそのような意識を持ちにくいかもしれませんね。
以前うちに来ていたKくんも、長く職人をやっていましたが、そのような基本的なことは身に付いていませんでした。
塗り替えの仕事ばかりだと、塗装の技術全体から考えると3分の1くらいの作業しか経験できないので、職人としてのレベルは上がりにくいです。
もっといろいろな作業を経験できるように受注の幅を広げていく必要もあると思いました。

  • 2016/06/27(月) 06:11:14 |
  • URL |
  • 海野貴 #-
  • [ 編集]

希代さん、ブログをありがとうございます。
難しい扉の塗装を二度も任されるなんて海野さんからの信頼が厚い証拠ですね。
お客様と海野さんの期待に応えられるよう、しっかりと仕事をしたいですね。

私もこだわりを持って仕事をしていきたいと思います。

  • 2016/06/27(月) 09:12:17 |
  • URL |
  • 室伏 剛 #-
  • [ 編集]

希代さんブログありがとうございます。
一発勝負の仕事は、緊張感がある分、成長させてくれる仕事では
ないかと思いました。
ぜひ、こういう仕事を通じて、丁寧さ、細かさを身に着けてくださいね。
私は、雑なところが多いので、刺激になりました。
普段から丁寧にやっていきたいと思います。

  • 2016/06/27(月) 11:56:53 |
  • URL |
  • 辻敏充 #-
  • [ 編集]

希代さん、ブログありがとうございます。

塗装の仕事で仕上げを気にしてやることで見えていないポイントが見えてきます。
自分のやり方だけでなく、やり方を盗んでいきたいです。

  • 2016/06/27(月) 12:41:48 |
  • URL |
  • 古橋幹大 #-
  • [ 編集]

こんにちは。細谷です。
希代さんブログありがとうございます。

一発勝負ですか!スリルがありますね。仕上がりのイメージを大切にしてやりたいところですね。加工も失敗の許されないことが多々あります。

ただ、あまり緊張しすぎても、手元が狂うと思うので、緊張感を持ちながらも楽しく仕事ができるといいですね。80%の力の入れ具合が一番パフォーマンスがいいような気もしますが、若い時は120%の力で頑張ることも大切だと思いました。

  • 2016/06/27(月) 13:34:36 |
  • URL |
  • STK細谷 #-
  • [ 編集]

和也さん。どうもありがとうございます。

本当に神経の集中が必要で、また、時間との勝負
で、緊張する場合もあって、大変なお仕事ですね。

そのプレッシャーを受けながらも、より良い仕上がり
にしようとがんばっている和也さんは、すごいです。

私は、和也さんに負けないように、
仕事に対するプロ意識を持つべきだと思いました。

  • 2016/06/27(月) 14:06:12 |
  • URL |
  • 鳥居 #-
  • [ 編集]

こんにちは!
小野@馬耳です。

稀代さん!
「一発勝負」ありがとうござます。
本当にいい仕事をしようとして、塗っている
緊張感、伝わってきます。
こういうこだわりは、“うみの塗装ならでは” かも
しれませんね。
「いい仕事、してますねぇ~」

  • 2016/06/27(月) 14:32:52 |
  • URL |
  • 小野@馬耳 #-
  • [ 編集]

トルコに着きました!
私の家も扉を塗ってもらいましたが、とてもきれいに仕上がっています。
でも、こうした気遣いがあったのですね!
本当にいい勉強をさせてもらっていると思います。

  • 2016/06/27(月) 15:55:01 |
  • URL |
  • 杉井 #-
  • [ 編集]

希代さんブログありがとうございます。
塗装のことは全く無知なので読ませていただいて勉強になりました。
扉塗装は建物よりも気を遣われるのですね。
私も細やかさ、注意力が足りていない人間です。
そんな自分をいかにコントロールし、最高の仕事をするかが課題だと
思っています。あいつの仕事は一味違うと言っていただけるような
取り組みを目指していきたいと思います。

  • 2016/06/28(火) 04:27:43 |
  • URL |
  • 藤城直樹 #-
  • [ 編集]

希代さん、ブログをありがとうございます。
「次はないんだ」、この姿勢はとても大切だと
思いました。仕事の大きさに関係なく、真剣
勝負をされていて、立派だと思います。
私も、こだわっていきます。
ありがとうございます。

  • 2016/06/28(火) 05:16:14 |
  • URL |
  • 古橋力 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://numazukeieijuku.blog22.fc2.com/tb.php/4108-fea70d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad