沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

ペンキ塗り

6月9日  うみの塗装   海野貴

先日、近くの小学校でPTAの奉仕作業がありました。
私はその学校の学校支援地域委員になっていますので、その会合があった時に、校長先生から廊下のラインをペンキで塗って欲しいとの要望がありました。
PTAの奉仕作業では、ここ数年ペンキ塗りがメニューに入っていて、私が取り仕切ってやるようになっています。
以前はPTAとは関係なく、有志を集めてペンキ塗りをやっていましたが、今は学校の行事としてやるようになっています。
私は、学校支援地域委員でもあり、小学校に通う息子がいますから協力するのは当たり前のことですが、私は経営者でもありますから、どうせやるなら何かしらの効果を持たせたいと思っています。
私の経営者としての役割として、「認知を広める」ということがありますから、ペンキ塗りをやることで「うみの塗装はしっかりとした仕事をする」「任せて安心」という印象を持たせたいという狙いがあります。
PTAの主催ですから、本来、準備などはPTAのほうでやることなのですが、先生方やPTAの方たちは、ペンキ塗りに関しては素人ですので、やり方、やる範囲、人員の配置、道具の準備といった計画の全てを最初から取り仕切ってやることにしました。
先生方も「わからないことばかりなので、そうしてもらえるとありがたい」と言っていました。
事前に試し塗りをして、作業に掛かる時間や、乾燥時間などを計測し、やり方や時間内で出来る範囲、必要人員などを資料にまとめ、学校側に提出しました。
行き当たりばったりでやっても良かったのですが、ペンキに関して私たちはプロですから、このようなことでも仕事に対しての姿勢を見せることで、「うみの塗装はしっかりしているな」という印象を持ってもらいたいと思いました。
当日は10数人でやったのですが、トイレ掃除の研修の要領で、最初に皆を集めて、やる場所、やり方、道具の使い方などを説明してから作業にかかりました。
作業中は参加者を褒めたり、明るく声かけをしたりして楽しい雰囲気でやってもらうことを意識しました。
毎回そうなのですが、ペンキ塗りをやると皆夢中になってやってくれますが、上手な人、そうでない人いろいろなので、途中でプロの塗り方を教えるようにしています。
一見簡単そうに見えるペンキ塗りですが、プロは、「塗料の配り」「塗料を均等に均す」「刷毛目を通す」という作業を同時にしているという専門的なことを説明しながら綺麗に塗って見せると、「やっぱりプロは違う」と素人との違いを実感するようです。
普段の私たちの仕事を人に見てもらうことはできませんが、このような機会に私たちがやっていること、持っている技術を見せることで、会社のイメージの認知だけではなく、実質的なものの認知を広げることができると思います。
先日、学区のかたから仕事の契約をいただきましたが、最初はHPからの見積もり依頼でしたので「今回どうしてうちに依頼をいただけたのですか?」と聞くと、「どうしてっていうか、普段からうみのさんは学校のことをいろいろやってくれているので、何かの時は頼もうと思っていました」と言っていました。
ペンキ塗りが受注の直接の要因ではないと思いますが、その一つではあると思います。
やはり一つ一つのことに「どんな印象を持たせるか」という戦略を持ってやることで効果に違いがでると思います。
どれだけ認知が広がっているかはわかりませんが、今回のお客様のように「何かの時は頼もう」と思ってくれている人はいるかもしれないと思いました。
私が学校の行事や地域の役割をやっている時間に、社員さんたちは現場で頑張ってくれています。
社員さんたちに恥じないよう、そういった時間にも経営者としての役割を果たしていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
海野さん6日目ありがとうございます。
奉仕作業も、ただ普通に行うのではなく、
目的や効果を考えて行動しているところが素晴らしいです。
参加の皆様からの信頼も素晴らしいです。

  • 2016/06/09(木) 04:58:00 |
  • URL |
  • 輿水誠司 #-
  • [ 編集]

素晴らしい営業活動だと思います。
ぜひ地域の役に立つことで、うみの塗装の良さを伝えていってください!
応援されると思います。

  • 2016/06/09(木) 10:34:07 |
  • URL |
  • 杉井 #-
  • [ 編集]

海野さん、ブログをありがとうございます。
『認知を広める』事と『任せて安心』と思ってもらえる戦略と、そして事前準備に始まり場の雰囲気作りから、更にはプロの塗り方を教える等の戦術が、一本の道の様で、なるほどなっと関心しました。
〔戦略と戦術の捉え方、合ってますか?(笑)〕
他業種だとすんなりと理解出来るのに、自社の事となると、直ぐ躊躇してしまう自分がいます。私も戦略と戦術を明確にして実践していきたいと思います。

  • 2016/06/09(木) 11:41:51 |
  • URL |
  • 室伏 剛 #-
  • [ 編集]

海野さん、ブログありがとうございます。

自分達でペンキ塗りをやるよりも、学校の方と一緒にやることで、認知に繋がって行くのだと思いました。
私は、現場を任せていただける分、お客様の満足度やまた、頼みたいと思ってもらう仕事を目指していきます。

  • 2016/06/09(木) 12:46:12 |
  • URL |
  • 古橋幹大 #-
  • [ 編集]

海野さん。どうもありがとうございます。

何か人とちがった活動、又は、ボランティア活動
をやるだけで、、満足してしまいがちです。

海野さんは、そこに効果を持たせる=狙いを持って
やっているので すごいです。

私の活動を見直します。

  • 2016/06/09(木) 15:24:54 |
  • URL |
  • 鳥居 #-
  • [ 編集]

こんにちは!
小野@馬耳です。

海野さん!
「ペンキ塗り」ありがとうございます。
経営者としての役割として、「認知を広める」。
私の一番足りないところです。
認知を広める部分ではなく、経営者の役割、
狙いの部分です。

常に狙いをもって、行動していきたいと
思います。
手品、ボランティアも活かしていかなくては…(汗)

  • 2016/06/09(木) 16:04:38 |
  • URL |
  • 小野@馬耳 #-
  • [ 編集]

海野さんブログありがとうございます。
「良い認知」を広めることは、押しつけ営業をしなくても
買ってもらえるんですね。
頭を下げるだけ、値段が下がる活動を一生懸命しています。
努力の方向が間違えていますね。

  • 2016/06/09(木) 19:00:56 |
  • URL |
  • 辻敏充 #-
  • [ 編集]

こんばんは。細谷です。
海野さんブログありがとうございます。
先ほどベトナムから帰ってきました。

海野さんのロックオン営業は素晴らしいですね。認知度はある地点を境に何倍にもなる気配を感じますね。きっと数年後のその学校からうみの塗装に就職する子も出来そうですね。楽しみですね。

  • 2016/06/09(木) 20:31:52 |
  • URL |
  • STK細谷 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。
僕はまだ経験が浅いので、
日々の現場での働く姿が営業力になるような
働き方をして、お客様から
指名されるようなプロを目指したいです。

  • 2016/06/09(木) 23:25:59 |
  • URL |
  • 希代和也 #-
  • [ 編集]

海野さん、ブログをありがとうございます。
学校側から任されるのは、すごい事だと思います。
「どんな印象をもたせるか」という戦略、素晴らしい
と思います。私も、こだわりたいと思いました。

  • 2016/06/10(金) 05:09:08 |
  • URL |
  • 古橋力 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://numazukeieijuku.blog22.fc2.com/tb.php/4089-accfca05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad