沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

管理の仕事

6月7日  うみの塗装   海野貴

昨日のブログで現場で起こった事故のことを書きましたが、最初に事故の連絡を受けたのが夕方の6時過ぎで、現場へは片道1時間かかるので、場合によっては帰りが遅くなってしまう可能性があると思いましたから、最初は私一人で行こうかと思いました。

しかし、このような対処を社員さんにも経験してもらえば彼らの経験値も上がると思いましたので、仕事が終わって大変だとは思いましたが一緒に行ってもらうことにしました。
本来は希代君、幹大君の両方に行ってもらいたいと思いましたが、最悪帰りが夜中になる可能性もあったので、希代君はブログ当番があったので、幹大君と一緒に行くことにしました。

今回のケースは初めてのことでしたので、私自身も対処法が解からなかったのですが、今まで経営塾や杉井さんからのアドバイスで「クレームがあったらとにかく早く行け!」と聞いていましたので、懐中電灯や道具を持って、とにかく現場に向かいました。

移動中に友人の電気屋とやり取りをしながら、対処法を考えていきましたが、最悪直らなかったら、一軒一軒土下座でもして謝るしかないと思っていました。
現場に着いて修復するまでは生きた心地がしませんでしたが、「現場を管理する」「責任を背負う」ということは、このような覚悟を持ってやるということを肌で感じてもらいたいと思いました。
このようなことは、言葉で説明しても伝わりませんから、実際にその場を経験するしかありませんね。

1件目は無事に修復しましたが、2件目の高圧洗浄の時はいろいろ不安要素がありましたので、1件目で事故処理を経験している幹大君を現場に置いておきたいと思いました。
現場の流れで幹大君は別のところを作業することになり、幹大君の目の届かないところで2件目の事故が起こってしまいました。

事故の報告を受けた私は、幹大君から状況を聞き対策を取りました。
幹大君は1件目で経験をしているので、漏電ブレーカーの位置もすぐに見つけ、対処もすぐにやることが出来ました。
しかし今回のケースは1件目とは違い、すぐには直らず焦りました。
しかし、幹大君がその場にいてくれたことが大きな救いになりました。

現場の状況写真をラインで送ってもらって、電気屋と共有して対策を講じたのですが、機械類に強い幹大君は、私からの指示を素早く理解し忠実にやってくれました。
そのおかげで、原因追求が早くでき、対応をすることができました。

また、私は工事前の挨拶回りをした時に、そのアパートの入居者で、気になる人が一人いたのですが、やはりその人がいろいろ言ってきているとのことでしたので、現場を請けてもらっている業者の職人を帰すように指示をしました。
夕方にTVが映らない状況で、直るか直らないかもわからない状態では、入居者の人の心情を考えると、こちらの対処の仕方によっては大事になってしまうこともあると思いました。
こちらの態度や姿勢、言葉遣いなどで入居者が怒ってしまうこともあると思いましたので、対応は全て幹大くんがするように伝え、職人さんには入居者に一切関わらないようにしてもらいました。

うちの社員さんたちは、一緒に経営塾に参加をして、いろいろなことを学んでいますし、普段からお客様と接して対応などもしているので、相手を不快にさせることはしないだろうと思いましたが、他社の職人だと「わざとやったわけではない」「なってしまったものは仕方がない」などというような態度をお客様の前でしてしまう危険性もあると思いました。
そういった面では、長く職人をやっている人と比べても、20歳前後のうちの社員さんたちのほうが断然信頼におけます。
修理の業者さんが来てくれる間も、入居者のかたへ状況説明などもしっかりやってくれて無事に修復もできました。

本来、このような事故を起こしてはいけないのですが、このような事故の処理を実際に経験したことは、とても良い経験になったと思います。
作業だけでなく、現場管理、クレーム処理といったことを経験していくことで、現場を仕切れる力を身に付けていって欲しいと思います。

スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
海野さん4日目ありがとうございます。
クレーム対応、素晴らしいと思います。
「クレームあったらすぐ行け!」私も見習っていきます。
それにしても幹大君や希代君、とても頼もしいですね。
経営塾や研修で学んで成長しているので、
海野さんの信頼も厚く素晴らしいです。

  • 2016/06/07(火) 04:32:52 |
  • URL |
  • 輿水誠司 #-
  • [ 編集]

経験が浅いので塗装の技術は劣るかもしれませんが、こうしたことへの対応(人間力)はうみの塗装の社員さんの方が信頼がおけると思います。
これだけでも素晴らしい会社です!
こうした社員をぜひ増やしていってください。
いい教育をしています。

  • 2016/06/07(火) 04:38:11 |
  • URL |
  • 杉井 #-
  • [ 編集]

海野さん、ブログありがとうございます。

経営塾で、対応のことや人間力を学んでいることでこうした時に大切な物になるんだなと思いました。
今、担当しているお客様にも喜んで頂ける仕事を目指していきたいです。

  • 2016/06/07(火) 06:05:39 |
  • URL |
  • 古橋幹大 #-
  • [ 編集]

海野さん、ブログをありがとうございます。
『クレームがあったらとにかく早く行け!』
クレームと聞くとつい、苦手意識が湧いてくる自分ですが後回しにして良い事は何も無いですね。

『土下座でもして謝るしかない』海野さんの心中が伝わってきました。

海野さんのとった行動を知る事も社員さんの勉強になると思いますが、その場に一緒にいた幹大君はそれ以上に肌で感じるものがあったのではと思います。

私は立場を与えられる事で、意識と責任感が変わった経験が多々あります。

幹大君、とても貴重な経験をさせてもらいましたね。

  • 2016/06/07(火) 08:38:27 |
  • URL |
  • 室伏 剛 #-
  • [ 編集]

海野さん。どうもありがとうございます。

 私に ありがちなのですが、きれいな仕事なら人と一緒にやるけれど、混乱している局面は自分一人で対応しようとしてしまいがちです。
 今回 海野さんのように、事故対応を幹大君と一緒に乗り切ったことは、幹大君にとって、とても良い経験になったと思います。

 日頃、幹大君や希代君が、子育てセミナーやCLで学んでいることは、彼らにとって大きなプラスになっていることと思います。

 振返れば、父の経営する会社で仕事させてもらっていた時、私の父は 混乱している現場へも、私を同行させてくれました。
 それが、今の私の土台になっています。
今考えると、ありがたいことです。

  • 2016/06/07(火) 12:08:03 |
  • URL |
  • 鳥居 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。
他の応援の職人さんとお仕事をさせて頂くと、技術的な気づき以外にも気づかせて頂くことが
あります。
実際に外の人と比べて見ることで、自分の実力や基準をしれてよかったです。

  • 2016/06/07(火) 12:32:45 |
  • URL |
  • 希代和也 #-
  • [ 編集]

こんばんは!
小野@馬耳です。

海野さん!
「管理の仕事」ありがとうございます。
昨日もそうでしたが、今日もブログを
読んでいるだけでも、ヒヤヒヤしてしまいます。
きっと、幹大さんはドキドキが止まらなかったのでは
ないでしょうか?
それでも、このクレーム?を乗り越えたという力は
これから活きてくると思います。
本当に現場から学んでいますね!
すごいです。

  • 2016/06/07(火) 18:30:25 |
  • URL |
  • 小野@馬耳 #-
  • [ 編集]

海野さん、ブログ4日目ありがとうございます。
社員さんを信頼していることが、よく分かりました。
経営塾での学びは、すごいと思います。

  • 2016/06/08(水) 04:11:08 |
  • URL |
  • 古橋力 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://numazukeieijuku.blog22.fc2.com/tb.php/4087-4e8045f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad