沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

【そして奇跡は起こった】

おはようございます。
小野@馬耳です。

最終日、宜しくお願い致します。

【そして奇跡は起こった】
「そして奇跡は起こった」は、静岡経営塾の
課題本のタイトルです。
20世紀の初め、アムンゼンやスコットに南極点到達の先を
越されてしまったイギリスの探検家シャクルトンが、
南極大陸横断という前人未到の冒険にチャレンジするのですが、
南極大陸に到達する前に氷塊に閉じ込められ、身動きがとれなくなって
しまいます。
世界で最も過酷な場所と言われる南極で遭難した隊員28名が、
氷の世界で1年半もの間、これ以上ないほどの絶望と格闘し続け、
奇跡的に一人も欠くことなく生還をはたすという、
ドキュメンタリー本です。

ノンフィクションだからか、文章自体は、淡々と書かれて
いるのですが、マイナス40度、秒速何十メートルもの暴風、
食料もなく、近代設備も無く…
本当に壮絶でこれが実際会った話で、本当に全員が無事生還
出来たのは、奇跡と思うしかありません。
ただ、いたるところで感じるのは、シャクルトンの
天才的なリーダーシップと、人を見る目と人を管理する能力、
そして楽天主義と行動力があったからこそ、
この奇跡は起こったと言えると思います。

私がもしシャクルトンだったら、少し安全な場所を見つけたら
そこにとどまってしまうと思います。そして不安を口にしたり
誰かのせいにしていたかもしれません。
それは、ただ死を待つだけ、死を早める行動ですよね。



目標設定
シャクルトンは常に冷静で、常に目的が明確なんです。
南極大陸横断を断念せざるを得なかったら、全員生還へ
目的をすぐに変えました。
安全な場所に移動しても、そこに留まらず、
さらに次の目標をもうけ、全員生還のために
次の行動を冷静に判断し、実行していきました。

ユーモア
シャクルトンのユーモア、楽天主義は、状況から目を背け、
都合のいいものしか見ないことではありませんね。
きっとシャクルトンの楽観主義がみんなに浸透していて
いたるところで、死ぬか生きるかの状況でも
面白いユーモアがでてくるんです。
みんなびしょ濡れなのに、「足が濡れないように」と注意したり、
凍り付く船で舵を交代する時、「素晴らしい天気だね!」と
前向きな声をかけたり・・・

信頼関係
「隊長、あなたなら、必ず戻ってきてくれると
信じていました!!」この言葉を聞けば、
どれだけ信頼関係が出来ていたかが分かりますね!
(読んでいない人には伝わらないと思いますが 汗)

正直、仕事で“行き詰まり感”を感じていましたが、
この本から、勇気とそしてこんな時こそ
明るく、私が行動をしっかり起こしていかなくては!
と再度気づかせて頂きました。

明日から、また新たな挑戦です。
一週間、ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

小野さん、一週間ありがとうございました。
後半は大分ネタに苦しんだ気がしますが、それでも先に進むことがリーダーの役割だと思います。
一週間、本当にありがとうございました!

  • 2016/05/27(金) 03:43:41 |
  • URL |
  • 杉井 #-
  • [ 編集]

おはようございます。
小野さん7日目ありがとうございます。
重い責任を背負いながらも、それを乗り越えてみせる、
本当に素敵なリーダーですね、
そんなリーダーシップに一歩でも近づきたいです。
1週間ありがとうございました。

  • 2016/05/27(金) 04:35:07 |
  • URL |
  • 輿水誠司 #-
  • [ 編集]

小野さんブログありがとうございます。
シャクルトンのリーダーシップは、尊敬しますね。生きるか死ぬかの状況で
人を楽しくさせたり、笑わせるのは、天才的ですね。
また隊員のことを気にかけているのもよくわかります。
私は、自分のことで手一杯なのが恥ずかしいです。

  • 2016/05/27(金) 05:46:04 |
  • URL |
  • 辻敏充 #-
  • [ 編集]

小野さん、一週間ありがとうございます。
シャクルトンのリーダーシップの裏には、
人というものをよく知っていることと、
人に対する人情があるように思いました。
人をよく見て、人の気持ちがわかるようなリーダーになりたいと思います。

  • 2016/05/27(金) 06:29:49 |
  • URL |
  • 海野貴 #-
  • [ 編集]

おはようございます。細谷です。
小野さんブログありがとうございます。

シャクルトンの本はまだ読んだことはありませんが、ブログでもよく出てくるので記憶しています。リーダーシップのあり方は色々ありますが、誰もしていないことに挑戦したり、経験したことのない状況でどう行動するかなど、その場その場で判断力が試されるとワクワクしますね。

目標を持って、死ぬまで楽しんで生きたいと思います。

  • 2016/05/27(金) 08:20:43 |
  • URL |
  • STK細谷 #-
  • [ 編集]

小野さん、ブログをありがとうございます。
【そして奇跡は起こった】以前、杉井先生のCDでこの本の事を知りましたが、少し読んで途中で断念しておりました。本棚に眠っていますので読んでみたいと思います。

私事ですが、一昨日久し振りに後輩とお酒を飲みました。
とても前向きに仕事に取り組んで、成果もしっかり出していました。
とても良い刺激を頂き、私も挑戦していこうと勇気をもらったところです。

  • 2016/05/27(金) 09:41:00 |
  • URL |
  • 室伏 剛 #-
  • [ 編集]

鳥居です。

 どんなに過酷な状況の中でも、ユーモアを忘れなかったり、新しい目標に向けて隊員をリードして行ったシャクルトン隊長は、本当にすごいですね。

小野さん。
 仕事の行き詰まりがあったり、ネタも無い中、ブログ、一週間、どうもありがとうございました。

 ブログにおいても、私は、沼津経営塾の皆さんにおんぶにだっこの分、お返ししていかなけらばいけませんね。

  • 2016/05/27(金) 09:59:51 |
  • URL |
  • 鳥居 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。
逆境や苦しいときにその人の真価が試されるのだと思いました。
大変なときにこそ、笑顔で一生懸命さを
忘れないようにしたいと思いました。
一週間ありがとうございました。

  • 2016/05/27(金) 12:29:47 |
  • URL |
  • 希代和也 #-
  • [ 編集]

小野さん、ブログありがとうございます。

シャクルトンから学ぶことを大切にしていきたいと思いました。
極寒の中、助かったことシャクルトンの人情を自分との生き方に当てはめて行動していきたいです。

1週間ありがとうございました。

  • 2016/05/27(金) 12:34:36 |
  • URL |
  • 古橋幹大 #-
  • [ 編集]

小野さん、ブログ7日目ありがとうございます。
シャクルトン隊の本、読んでみようと思います。
小野さん、1週間ありがとうございました。

  • 2016/05/28(土) 05:16:35 |
  • URL |
  • 古橋力 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://numazukeieijuku.blog22.fc2.com/tb.php/4076-922bbffd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad