沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

奉仕作業

3月8日  うみの塗装   海野貴

今年も、毎日通学路を掃除していることに対して、生徒から感謝を伝えたいとのことで「感謝の会」に招待され、社員全員で参加してきました。
全校生徒の前で、感謝のメッセージと花束をもらった後で、教頭先生から「今年の卒業生の奉仕作業で、運動会の入退場門を作り替えたいので相談にのってもらいたい」と依頼がありました。
DSCF8346a.jpg

今までの門は、プラスチックの薄い板に、毎年、紙を貼り付け、絵を書いていたそうですが、今回しっかりとしたもので作り、そこに絵を書いてそのままずっと使えるものにしたいとのことでした。
現物を見て、「べニア板を貼れば強くなるので、そのべニアを白く塗ってそこにペンキで絵を書けば良いと思います」と伝えると、教頭先生が「べニア板はあるので、やっておきます」と言いました。
DSCF8349a.jpg

奉仕作業の時間を聞くと、その時間でそれを全てやるのは厳しいと思いましたので、「事前に私が白く塗るところまでやって絵を書くだけの状態にまでしておきます」と伝えました。
そして、べニアを貼るにしても先生方では道具も無いし、無理だと思いましたので、べニアを貼る作業からこちらでやることを伝えました。
教頭先生は、そこまでやってもらったら申し訳ないと言っていましたが、うちには電動丸ノコや定規、インパクトドライバーと言った大工道具も全て揃っていますので、うちがやれば簡単にできることを伝えると、「私も手伝いますのでお願いします」とのことでした。
やはり、どうせやるのなら期待以上のことをやることが大事ですね。
DSCF8350a.jpg

後日、事前の作業を教頭先生と一緒にやっていると、一年生の先生と生徒さんが近づいてきて先生に「すみません、もしかしてうみの塗装さんですか?」と声を掛けられました。
「そうですよ」と答えると「生徒たちが、オレンジの服の人だからきっとうみの塗装さんだよというので」と言うと「やっぱりそうだ!いつもありがとうございます!」と生徒さんたちが言ってくれました。
その後も、通る生徒さんが何人も「あっ!うみの塗装さんだ!ありがとうございます」と言ってくれました。
「この車見たことある」「俺は看板も見たことあるよ」などと言ってくれる生徒さんもいて、たくさんの生徒さんがうちのことを知ってくれているのだと改めて思いました。
6年前から始めた通学路の掃除が、学校や地域の方々から認められ、生徒さんたちにもうみの塗装の存在が浸透していることが嬉しく思いました。
DSCF8419a.jpg

今回の奉仕作業は授業の一環としてやるのですが、その時も「海野さんの指導のもとやってもらいたい」とのことでしたので喜んで引き受けました。
11年前から卒業式前のペンキ塗りはボランティアでやっていましたが、始めた当初は、私の幼なじみや友人とやっていて、学校側からは「学校やPTAとは関係のないこととしてやって欲しい」と言われたこともありました。
以前杉井さんから「ペンキ塗りが授業としてやれるようになったらいいね」と言ってもらったことがありましたが、それが現実のものとなったことが嬉しく思いました。
私は以前は単なるボランティアでしたが、学校支援地域本部の実行委員や保護司など、公の立場で教育に携わる役割につき、学校側との関係も親密になりましたので、このような形で呼んでもらえるようになったのだと思います。
夏のPTAの奉仕作業でもペンキ塗りのメニューが入るようになり、保護者たちとも一緒にペンキ塗りをやるようになりました。
DSCF8661a.jpg

奉仕作業当日は、在校生のためになること、自分たちが作ったものが長年使われるということを頭に置いて、皆で力を合わせていいものを作ろう!と伝えました。
塗り方は私が指導をしましたが、一人にリーダーをやってもらい、時間内で終わるように全体を見て指示をしてもらうようにしました。
時々私からリーダーに「時間は大丈夫ですか?」と聞くと、周りを見回して「ここの人、もう少し速くやろう」などと声を掛け、皆もそれに従って頑張ってくれました。
皆夢中になってやってくれ、何とか時間内で終わることができました。
生徒さんたちも達成感があったようで「今年の運動会の時に見に来よう」と言う生徒さんもいました。
自分たちが頑張って作ったものが、今後も残るということは、生徒さんにとってもいい思い出になったと思います。
私たちの仕事を通して、生徒たちの役に立てることは、とても意義のあることだと思います。
今後も続けていけたらと思います。
DSCF8664a.jpg
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
海野さん4日目ありがとうございます。
感謝の会、嬉しいですね。
生徒さんたちにも、うみの塗装の認知度素晴らしいです。
一つ一つ積み上げてきたことが大きな信頼になっていると思いました。
生徒さんの達の思い出に残るなんてすごいです。
昨日課題430社 外掃除10分中掃除20分ワイン×葉書×S○

  • 2016/03/08(火) 04:58:10 |
  • URL |
  • 輿水誠司 #-
  • [ 編集]

海野さん、ブログありがとうございます。

校門の掃除をやらせて頂いて、生徒さんからおはようございますと言っていただくと、嬉しくなります。
これからも、掃除を続けて喜ばれるような仕事を目指していきたいです。

  • 2016/03/08(火) 05:50:25 |
  • URL |
  • 古橋幹大 #-
  • [ 編集]

いよいよ「うみの塗装」さんが、地域に溶け込んできましたね!
こうなると強いと思います!!
将来、うみの塗装を希望する子がいたらいいですね。

  • 2016/03/08(火) 06:30:55 |
  • URL |
  • 杉井 #-
  • [ 編集]

通学路の掃除を6年間も毎日続ける事は並大抵の努力では出来ないですよね。
それを毎日コツコツと積み上げる事でしか得られない物があるのだと教えられた気がします。
「毎日コツコツ」とても尊い事ですね。

  • 2016/03/08(火) 08:59:57 |
  • URL |
  • 室伏 剛 #-
  • [ 編集]

おはようございます。細谷です。
海野さんブログありがとうございます。

10年後の採用活動につながってますね。地域に愛される1流企業の土台作りを着々と作っていく海野さんを尊敬します。

昨日、ブログでも書いてくれた東京の丸ビルのレストランの系列店にランチで行ってきました。東京駅の構内にあるリーズナブルでおいしいイタリア料理店でしたが、駅の端っこで目立たない感じなのに満席状態でした。客層も落ち着いた感じの方が多く、外国の方もいたり、8割女性のお客さんでしたが、騒がしい東京駅では珍しく、静かで落ち着いた雰囲気で食事が出来て良かったです。

時間がなくゆっくりはできませんでしたが、雰囲気は味わってきました。今度は丸ビルの方に行ってみたいなと思います。

  • 2016/03/08(火) 10:49:06 |
  • URL |
  • STK細谷 #-
  • [ 編集]

海野さん。どうもありがとうございます。

「授業の一環として ペンキ塗りをやりたい」
という以前の希望を具体化している
海野さんは、すごいです。
そこに到るのには、毎日の努力の積み重ねがあったのですね。

  • 2016/03/08(火) 11:50:42 |
  • URL |
  • 鳥居 #-
  • [ 編集]

海野さん、ブログありがとうございます。
地域密着を狙ってコツコツと毎日掃除されたり、毎月ペンキを塗ったりと実行される姿に、尊敬します。
土作りとは、この事ですね。

  • 2016/03/08(火) 16:09:48 |
  • URL |
  • 辻敏充 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。
感謝の会などにお誘いを頂くと
掃除がただの掃除ではなくとても意味あるものに感じます。
そういうことを意識して掃除をしたいと
思います。

  • 2016/03/08(火) 21:16:33 |
  • URL |
  • 希代和也 #-
  • [ 編集]

海野さん、「奉仕作業」ありがとうございます。
11年前は、学校とは別で、と言われていたペンキ塗装
作業が、今では、生徒さんから名前を呼んでくれるまで
になったのですね、素晴らしいです。毎日をコツコツと
続ける事が、夢の実現につながるという事を教えてい
ただきました。並大抵ではないと思います。きっと素敵
な卒業式が行われたのでしょうね。
ありがとうございました。

  • 2016/03/08(火) 22:38:05 |
  • URL |
  • 古橋力 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://numazukeieijuku.blog22.fc2.com/tb.php/3992-8bb48d6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad