沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

ビス穴一つ

10月1日  うみの塗装   海野貴

8月の終わりから始まった大きな工場の現場がもう少しで終了します。
DSCF3614.jpg

今年の4月に、この工場の専務さんが「雨漏りで困っている」とのことで相談を受け、工事をさせていただくことになりました。
DSCF3580.jpg
DSCF3595.jpg

雨漏りの修理では当然「雨漏りを止めること」が目的になるので、まずは雨漏りの原因を見つけるために現場調査に入りました。
やってみて「雨漏りが止まらなかった」ではいけませんので、「大雨の時にどこに雨漏りが起こるか」「小降りの時にはどこに雨漏りが起こるか」など、あらゆる可能性を考え、何度も現場に足を運びました。
大きな工事ですから、見積もりを間違えると大変なことになるので、慎重に施工方法を考え提案しました。
DSCF3552.jpg

外壁からの雨漏りの可能性も少しあり、本来は屋根全体の塗装もやるのがベストでしたが、会社側の予算の関係もあり、今回は「屋根からの雨漏りを防ぐ」という工事のみを施工させていただくことになりました。
将来的には、工場全体のメンテナンスも頼みたいと言ってもらいましたので、今回の工事では、「確実に雨漏りを止める」という使命を持って工事にあたりました。

今回の工事のプランは
・軒先の腐食している部分を新しい屋根材でカバーをする。
・新しくカバーした屋根材とのつなぎ目の防水処理
・ボルト部分の塗装・防水処理  などでした。
DSCF6123.jpg

とにかく作業量が多いのですが、作業自体は正確にやっていけばそれほど難しいものではなかったので、この現場は希代君がリーダーで工事を進めてもらいました。
大きな現場でしたので希代君もプレッシャーはあったと思いますが、自分なりに考え、準備をして本当によくやってくれました。
DSCF5696.jpg

工事が進み、「ここまでやれば雨漏りは止まるだろう」というところまできた時に、数か所から雨漏りが起こりました。
私は「なぜだ!」「私の考えた施工方法が間違っていたのか?」と不安になり、雨の日に再度現場調査をしました。

私は屋根の上や天井など、いろいろなところを見て回り原因を突き止めました。
原因は、ほんの小さなビスの穴でした。
DSCF6107.jpg

本来ビスがしっかり止まっていれば雨漏りはしないのですが、一か所だけビスが無いところがありました。
そこから雨が入り、工場内がびしょ濡れになっていたのです。
見積もりの段階ではそれに気付きませんでしたし、本来は雨漏りをしないところでもこのようなことも起こることを知り、屋根の全部のビスも防水処理をすることにしました。

また外注業者に頼んだ新しくカバーをした部分のボルトの施工ミスでも雨漏りがしていました。念には念を入れ、新しく施工した部分にも全て防水処理をしました。
DSCF6128.jpg

DSCF6129.jpg

今回、このような大きな工事で、数千個あるうちの一つでも見落としがあると大事にいたってしまうことを経験しました。

希代君や他のメンバーにも見てもらい、ビス穴一つで雨漏りが起ることがあるということを知ってもらいました。

私自身も勉強になりましたし、メンバーにもこのような経験をすることで、ものの見方が変わると思いますのでいい勉強になったと思います。

どんなに大きな現場でも、一つ一つを確実にやっていくことの大切さを知ることが出来て本当に良かったと思います。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
小野@馬耳です。

海野さん!
「ビス穴ひとつ」ありがとうございます。
小さなことが、大きな問題になるんですね。
小さなことを大切にしていきたいと思います。

  • 2015/10/01(木) 02:20:31 |
  • URL |
  • 小野@馬耳 #-
  • [ 編集]

おはようございます。
海野さん6日目ありがとうございます。
たったビス穴ひとつでも、その重要さをしみじみと痛感させられますね。
本当に大変な作業だと思いますが、そうしたビス穴ひとつも見逃さない、うみの塗装さんの姿勢が、きっと評価されることと思います。
わたしも、見習って丁寧に仕事をしていきたいと思います。
昨日課題4:30社 外掃除40分中掃除20分ワイン×葉書×S×

  • 2015/10/01(木) 04:34:24 |
  • URL |
  • 輿水誠司 #-
  • [ 編集]

海野さん、よくこの大きな屋根から、ビス抜けを見つけられましたね。
海野さんの品質に対する姿勢を見せてもらいました。
たった一つの傷やミスでも大きな問題になるということですね。
皆さんいい勉強をされましたね。これはいくら話で聞いても身に付かないことで
経験をしないと身に付きませんね。

  • 2015/10/01(木) 10:23:46 |
  • URL |
  • 辻敏充 #-
  • [ 編集]

海野さん。どうもありがとうございます。

何千個もあるビス穴のうちの、1つのビス穴を
つきとめたのは、本当によく観察しなければ
分からないでしょうし、根気のいる作業だ、
と思います。

今回のことで、目的に対して やり切る という
海野さんの姿勢が、社員さんたちに伝わった、
と思います。

私も、良い刺激を頂きました。

  • 2015/10/01(木) 11:52:31 |
  • URL |
  • 鳥居 #-
  • [ 編集]

こんにちは。細谷です。
海野さんブログありがとうございます。

ビス穴ひとつ大事ですね。金属加工もその辺は似ています。0.01ミリの誤差で使えないものもたくさんあります。材料特性、気圧、温度変化によっても変わってくるので、ビスの膨張率なども考えてみてもいいですね。夏冬の違い、ビスの材質の違いで経年劣化の具合を観察してみるといいと思いました。

ところで、STK製作所の工場の塗り替え下見にはいつ来てくれるのでしょうか(笑)

  • 2015/10/01(木) 12:02:12 |
  • URL |
  • STK細谷 #-
  • [ 編集]

海野さん、ブログありがとうございます。

工場の現場も、無事に終わる予定でほっとしています。
和也さんが現場の下準備から施工の時までしっかりとやっていたからだと感じました。
私も、次の大きい現場があるので頑張っていけるように下準備をしっかりとしたいと思いました。

  • 2015/10/01(木) 12:41:13 |
  • URL |
  • 古橋幹大 #-
  • [ 編集]

海野さん
ブログありがとうございます。
こんなに広い屋根の中から
小さなビス穴1箇所、見つけられてすごいです。
現場では想定外の出来事も起こりますね。
今日も雨、安全と風邪にお気をつけください。
ハガキ○

  • 2015/10/01(木) 13:40:37 |
  • URL |
  • 斎藤裕樹 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。
今日は無事にこの現場が終了して本当に
安心しました。
今日は現場に入るときと同じぐらい不安でしたが、どちらも事前の準備の大切さを
学ばせて頂きました。
今回学んだ多くのことを次回に活かしていきたいです。

  • 2015/10/01(木) 18:09:52 |
  • URL |
  • 希代和也 #-
  • [ 編集]

細谷さん、すみません!
11周年が終わったら伺います。

  • 2015/10/01(木) 20:14:06 |
  • URL |
  • 海野貴 #-
  • [ 編集]

海野さん、ブログをありがとうございます。
本当に丁寧な仕事をされていると思います。
しかし、広い屋根から、よくビスの穴を見つけましたね。
ビス穴一つで、大変な事になるという事を、自分の
仕事や生活に置き換えて考えてみます。
和也さん、頑張りましたね、おつかれ様でした。

  • 2015/10/02(金) 04:51:32 |
  • URL |
  • 古橋力 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://numazukeieijuku.blog22.fc2.com/tb.php/3828-4fd5d53d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad