沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

「なぜ、子育てインストラクターを目指すのか?」

「なぜ、子育てインストラクターを目指すのか?」
2015年9月21日(月)敬老の日
おはようございます。細谷です。3日目よろしくお願いします。

19日~21日の3日間子育てセミナーのフォローアップ研修をしています。建設的な対応や不適切な行動への対応の事例をたくさんやって、気づくことが多いのですが、そもそもなぜ子育てセミナーを受けたかというと、社員さんの遅刻への対応をどうするか、また、日々成長する子どもたちに対してどう接していいかわからなかったからです。

また、今後採用活動などやっていく上で、甥っ子や自分の子どもと同じくらいの人と接する機会も多くなり、今までの対応の仕方では限界があると思ったからです。

この2日間で以前の復習と周りの人の事例や杉井さん、西村さんの解説で前よりも建設的な対応のポイントはわかってきたような気がします。

この研修のために課題もやりましたが、自分の想像したものと違う対応が返ってきて面白いです。昨日も家に戻ってから早速、子どもたちに試してみました。

息子は、今日は町内の運動会だったにもかかわらず、ずっと家にいたので、夜に一緒に花火でもしようかと誘ってみました。ずっと家に閉じこもるのは不適切な行動と思ったので、「ずっと家にいると最後はどうなってしまうかな?」と聞いたら、息子は「死ぬかもしれない」と言って、外に一緒に行くことになりました。(極端ですが・・・)

最悪どんなことが起こるかなの質問は、自閉症の子にとっては死に関連してしまうものなのか、恐怖を感じすぎるのも危ないような気もしないわけではないが、問題行動に対しての4つパターンからの対応は無関心にならずにしていきたいと思いました。

研修で今回出された課題でも、同じ文章なのに書き方が人それぞれ違い過ぎるているのもびっくりしました。これも考えさせられたことですが、子どもたちとの花火の最中に、娘が花火を振り回し、火傷しそうになって、「花火を振り回すと火傷しそうになるよね。どうしたらいいと思う?」と聞くと、娘は「花火は止める」といいましたが、息子は「防火服を着て花火をやる」と言っていました。

同じ質問や対応でも本当に反応がバラバラで、子育てセミナーで習ったどのポイントになるのか、全然はまっていないのか、自分の対応が良かったか悪かったかなど、意識しないとほとんどスルーしてしまいます。場数をこなしていかなければと思いました。

褒めると建設的な対応の違いを意識することで、褒めるの弊害をなくしていくことや、本人も気づかない所に光を当てる観察眼を身につけることは、子どもたちや社員さんとのコミュニケーションを取るうえで欠かせないスキルになるような気がしました。

最後にもう1例紹介します。
娘が夜遅くまで起きていて、寝る時間になっても居間でパパの隣で一緒にテレビを見ています。
パパ「早く寝ないとどんなことが起こるかな?」
娘「うーん・・・私が早く寝るとパパがさみしくなるんじゃない。」
パパ「・・・・・」(その通り・・・)
娘の方が上手でした・・・。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
細谷さん3日目ありがとうございます。
本当に人生やっていくうえで一番重要なのはコミュニケーション!じゃないかな、ッと思うぐらい、真剣に一喜一憂してしまいます。
私も機会を設けて学んでいきたいと思います。
昨日課題4:30社 外掃除1h中掃除10分ワイン×葉書3枚S○

  • 2015/09/21(月) 04:46:37 |
  • URL |
  • 輿水誠司 #-
  • [ 編集]

細谷さん、ブログありがとうございます。
子育てセミナーを学ぶことはとても大事ですね。
1人ひとり違いますからよく観察して対応する必要がありますね。
私も建設的な対応を意識していますが、なかなか難しいです。
相手がよくなるように対応していきたいと思います。

  • 2015/09/21(月) 06:31:53 |
  • URL |
  • 海野貴 #-
  • [ 編集]

細谷さん、ブログありがとうございます。

私は、自分の癖として冷たくなったり相手といい関係になることが難しく感じました。
私と関わった人がいい人生になってくれるように、自分の関わり方を勉強していきたいと思います。

  • 2015/09/21(月) 07:16:44 |
  • URL |
  • 古橋幹大 #-
  • [ 編集]

子供が「防火服を着てやる」と言った時に、細谷さんが何と言ったのかに興味があります。
発達障害のある子には、そこからが教育だと思うのです。
この文章だけの印象ですが、「それを続けると最悪どんなことが起こるかな?」という質問を乱用するのは気を付けたほうがいいかもしれません。
テキストにも書いたように、「こんなことにはならないかな?」などと、一緒に考えてあげる必要があると思いました。

  • 2015/09/21(月) 08:46:33 |
  • URL |
  • 杉井 #-
  • [ 編集]

こんにちは!
小野@馬耳です。

細谷さん!
「なぜ?子育てインストラクター」ありがとうございます。
子供さんや社員さん達と一緒に成長していきたいですね。
一人ひとり、その時々で反応も対応も違いますし、
今まで経験もしていない事が多いですから
常に学んでいないと、いけませんね。

それにしても、細谷家の日常、面白い!

  • 2015/09/21(月) 12:59:05 |
  • URL |
  • 小野@馬耳 #-
  • [ 編集]

細谷さん。どうもありがとうございます。

しっかり 課題の実践を続けていらっしゃる
細谷さんは、さすがです。

現在、私は、子育てインストラクターの
勉強を放っています。
自慢してる場合じゃありませんね(汗)

  • 2015/09/21(月) 15:33:59 |
  • URL |
  • 鳥居 #-
  • [ 編集]

細谷さん
ブログありがとうございます。
私が早く寝るとパパがさみしくなるんじゃないって
言われてみたいです。
ハガキ○

  • 2015/09/21(月) 20:47:36 |
  • URL |
  • 斎藤裕樹 #-
  • [ 編集]

細谷さん、ブログありがとうございます。
娘さんの最後の返答がほほえましいですね。
娘さんのほうがよく観察されてますね(笑)。

  • 2015/09/21(月) 23:08:28 |
  • URL |
  • 辻敏充 #-
  • [ 編集]

細谷さん、ブログをありがとうございます。
娘さんの「パパが寂しくなるんじゃない」・・・、
とても嬉しい答えだと思いました(泣けますね!)。
細谷さんは、本当に勉強熱心だと思います。

  • 2015/09/22(火) 05:09:07 |
  • URL |
  • 古橋力 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。
細谷さんから、お子さんに良い人生を
これから送っていって欲しいという想いが
フォローアップでご一緒させていただき、
感じました。
実践なされていることを、自分も見習います。

  • 2015/09/22(火) 05:45:58 |
  • URL |
  • 希代和也 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://numazukeieijuku.blog22.fc2.com/tb.php/3817-f25b7b18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad