沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

泥臭く

8月25日(火)     蕪木 宏晃

ブログ4日目よろしくおねがいします。

僕は戦国武将の1人を選んで感想文を書くという経営塾の課題で
「山中鹿介」という本を読みました。

この方は、「尼子家再興」のためにと尼子氏の子孫である勝久に付き添い
織田信長の傘下に入って毛利軍との戦いに参加しました。
「天下統一の事業の一端を担がさせていただきます。かわりに毛利氏に
ほろぼされた尼子家を再興させていただきたい」と織田信長に頼み
上月城に入ります。

しかし、上月城は毛利軍に取り囲まれてしまい、織田信長は、「上月城は
見捨てる」と決意し最後は見捨てられてしまいます。

それでも山中鹿介は「我、主家を必ずや守らん。我に七難八苦を与えたまえ」
月に誓い、織田信長に見捨てられても最後まで戦うと決意しました。
しかし、毛利軍に攻め込まれ、尼子家は敗北し、勝久は切腹、山中鹿介は
補慮となり、最後は殺されてしまいます。

僕はこの本を読んで、山中鹿介から、こうと決めたらこれでいくんだ。と
いう何か泥臭さみたいなものを感じました。結局主家の再興は果たせず
苦難ばかりの人生だったのかもしれませんが、最後まであきらめない
と戦い抜く姿はとてもカッコいいと思いました。
そして、自分自身はそういう泥臭さみたいなものがないと感じました。
今、目の前のことに一生懸命に真剣に、もっと泥臭くいきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

蕪木さん、ブログありがとうございます。
私は、汗をかいたり、泥がつくことが嫌いです。
そうやって逃げた人生を作ってきたような気がします。
正面から向かい合って、挑戦することで変わっていく気がします。
一緒にがんばりましょうよ。

  • 2015/08/25(火) 07:48:24 |
  • URL |
  • 辻敏充 #-
  • [ 編集]

蕪木さん。どうもありがとうございます。

「男に二言は、ない」というような
山中鹿介氏のように、一度決めたら
最後までやり通す ーそれが、私には欠けています。

今の蕪木さんには、それがあります。

周りのみんなから、心配りや手配りして頂き
助けて頂いているのだから、
私は、必ず、変えます。

  • 2015/08/25(火) 09:48:16 |
  • URL |
  • 鳥居 #-
  • [ 編集]

日本には、もう「我に七難八苦を与えたまえ」なんて言う人はいないかもしれませんね。
それだけの願いを持つ人生ってどんなものなのでしょう?
私には「昔の人はスゴイなぁ」と思うことしかできないです。

  • 2015/08/25(火) 09:56:32 |
  • URL |
  • 杉井 #-
  • [ 編集]

こんにちは。細谷です。
蕪木さんブログありがとうございます。

豊臣秀吉、黒田官兵衛が何とか助けようとしていたのを、大河ドラマで見ました。武家社会の良い意味での忠誠心なのかわかりませんが、主君のために戦う部下はすごいなと思います。

自分は今、真田幸村の十勇士の一人、霧隠才蔵が主人公の本を読んでいますが、大阪夏の陣から400年が経つということで、出張も兼ねていますが、9月末ごろに大阪城に行ってみようかと思っています。

自分のために命を懸けてくれる部下、自分の命も惜しくないと思う主君になれるように、日々精進ですね。

  • 2015/08/25(火) 12:02:21 |
  • URL |
  • STK細谷 #-
  • [ 編集]

蕪木さん、ブログありがとうございます。

経営塾で、歴史の人物から生き方や男気を読むようになってから、すごいと感じるようになりました。
そういった事を、大切にする人になりたいです。

  • 2015/08/25(火) 12:43:27 |
  • URL |
  • 古橋幹大 #-
  • [ 編集]

こんばんは!
小野@馬耳です。

蕪木さん!
「泥臭く」ありがとうございます。
苦難ばかりの人生…
私の人生?(汗)

諦めず、戦うことはカッコイイですか?
私も泥臭く、頑張りますよ!!

  • 2015/08/25(火) 17:42:51 |
  • URL |
  • 小野@馬耳 #-
  • [ 編集]

蕪木さん
ブログありがとうございます。
山中鹿介、初めて聞きました。
教科書には載ってないすごい生き方の武将がいたんですね。
私もカッコいいと思いますが、七難八苦は勘弁してもらいたいです。
ハガキ○

  • 2015/08/25(火) 22:13:46 |
  • URL |
  • 斎藤裕樹 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。
戦国時代などは本当に
命がけで毎日を生きていたんだと思うとに凄いです。
本当に命を懸けることはしませんが、それくらいの
覚悟が人生には必要なんだなと思いました。

  • 2015/08/26(水) 00:35:10 |
  • URL |
  • 希代和也 #-
  • [ 編集]

蕪木さん、ブログをありがとうございます。
「主家を必ず守る、七難八苦を与えたまえ」凄い心構え
です。私は、中途半端に生きてきましたから、今の現状
なのでしょう。泥臭く、家族を守っていきたいと思います。
蕪木さん、カッコイイです。

  • 2015/08/26(水) 02:40:06 |
  • URL |
  • 古橋力 #-
  • [ 編集]

蕪木さん、ありがとうございます。
我に七難八苦を与えたまえ、
重みのある言葉ですね。
以前NHKの大河「軍師官兵衛」でこの時期のをやっていて、
この山中鹿之介の一連の流れも出ていましたね!

  • 2015/08/27(木) 04:19:56 |
  • URL |
  • 輿水誠司 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://numazukeieijuku.blog22.fc2.com/tb.php/3790-2cd611bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad