沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

指導と支援

8月9日  うみの塗装   海野貴

自閉症スペクトラムの理解と支援のセミナーの時に、受講者からの質問の時間がありました。
このセミナーの受講者の多くは、保護者や教員、施設の職員の方々でした。
質問をしたのは教員の方で、「受け持っているクラスの子供にどのように指導したら良いか?」という質問でした。
その質問に対して講師の方は「私たちが支援する場合は・・・」と、質問者は「指導」という言葉を使ったのに対し、講師の方は「支援」という言葉に言い換えていました。
それを聞いて私は「おや?」と思いました。
私はこのセミナーに参加して、うまく指導ができるようになればという思いがありましたが、講師の方があえて「支援」と言ったことに対して、指導と支援では大きな違いがあるのではないかと思いました。
普段から私は、「指導」ということを考えることはありましたが、「支援」ということはあまり意識をしたことがありませんでした。
そこで、「指導」と「支援」はどのように違うのかと自分なりに考えたところ、
「指導」は、その人に何かを教えたりトレーニングをさせて、その人が上達して、その人ができるようにすること。
「支援」は、その人に上達させるのではなく、そのままの状態でできるように、こちらがサポートすること。と思いました。

自閉症スペクトラムの基本的な考え方は、
・風邪などの病気ではなく、脳タイプの違い(考え方の違い)なので治療する必要が無い。
・周囲の人の態度を変えること。
・その人個人に敬意を持つこと。
ということで、基本方針は「環境設定」が全てで、一見問題行動を思えることも「行動特性」と捉え、その人の特性から考えて、うまくできるようにこちらが環境を整えてあげることが重要とのことでした。

私たちは、自閉症スペクトラムの人に限らず、その人の行動を見て、その人の問題行動を直すように指導したり、問題行動をしないように指導をしてしまいますが、講師の方が言うには、その人が問題行動を起こしてしまったのは、「こちらが環境を整えてあげてなかったのだな」「こちらの支援が足りていなかったのだな」と考えるべきだと言っていました。
それを聞いて、「指導=相手を変えること」「支援=自分を変えること」と思いました。
「指導をする」と考えると、相手を変えることですからコントロールできないものですが、「支援をする」と考えると、自分を変えることですからコントロールできることになります。
この考え方はとても大事だと思いました。
相手がうまくできないこと、問題行動を起こすことを、相手の問題と捉えると手の打ちようがありませんが、それを支援すると考えると全て自分のコントロールできることになります。
私は相手の行動を見て、「なぜこれができないんだ」「なぜこうしてしまうんだ」と思うことがありますが、この話を聞いて、それは全て私の支援が足りていないということなのだと思いました。
今後は、相手の特性をよく考え、相手がうまくできるように、こちらの行動を変えて支援をしていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
海野さん2日目ありがとうございます。
指導ではなく支援、と言う考え方、CLの考え方に似ていますね。
相手が上手くできるようになるまでにどこまでの支援が求められるのか、
また、支援する側の力量も、そうした研修が求められるのでしょうか。
こうしたことを学ぶみのさん、とても立派だと思います。
昨日課題4:00社 外掃除40分中掃除20分ワイン×葉書1枚S○

  • 2015/08/09(日) 04:31:11 |
  • URL |
  • 輿水誠司 #-
  • [ 編集]

「指導」と「支援」、まったく違いますよね!
上手な支援ができるようになりたいものです。
一緒に学んでいきましょう!

  • 2015/08/09(日) 08:55:57 |
  • URL |
  • 杉井 #-
  • [ 編集]

おはようございます。細谷です。
海野さんブログありがとうございます。

指導と支援の違い分かりやすいですね。自分の常識でつい指導してしまうことはありますが、自分の子どもも社会に出て自立できるように、支援できればいいなと思います。

  • 2015/08/09(日) 09:24:40 |
  • URL |
  • STK細谷 #-
  • [ 編集]

海野さん。 どうもありがとうございます。

コントロールできることと、コントロールできない
ことに分け、相手に対して 自分が環境を整えて
支援していくこと。

そうしてみると、そのセミナーの内容は、
CLと同じに思えます。

セミナーの内容を そこまで 深く理解している
海野さんを尊敬します。

「環境を整える」は、どういうことなのか?
私は、物理的な環境でしか、理解していません。

  • 2015/08/09(日) 10:49:16 |
  • URL |
  • 鳥居 #-
  • [ 編集]

海野さんブログありがとうございます。
従業員さんを指導することで、相手が変わると思っています。
こちらの支援が不足しているだけなんですね。
つい支援を過保護だから、と自分のいいように考えているので、
事実を見つめるようにします。

  • 2015/08/09(日) 13:24:39 |
  • URL |
  • 辻敏充 #-
  • [ 編集]

海野さん
ブログありがとうございます。
私は子供に指導ばかりしてしまっています。
だから言うことを聞いてくれないのかも。
支援する方向で工夫してみます。
ハガキ○

  • 2015/08/09(日) 21:32:38 |
  • URL |
  • 斎藤裕樹 #-
  • [ 編集]

海野さん、ブログありがとうございます。

指導と支援の違いは、とても大切だと思いました。
現場で、やっていても相手が出来るように技術が分かるようにしていきたいと思いました。
自分の価値観ではなく、相手が出来るようにしていきたいです。

  • 2015/08/09(日) 22:59:04 |
  • URL |
  • 古橋幹大 #-
  • [ 編集]

海野さん、ブログありがとうございます。
現場でも自分にコントロールできる、伝え方だったり
作業に取り組む姿勢を見直していきたいと思います。
今日1日の反省点を振り返ったり、作業計画も皆で
話し合ったりして情報を共有していくことも大事だと思いました。

  • 2015/08/10(月) 03:56:41 |
  • URL |
  • 蕪木 宏晃 #-
  • [ 編集]

海野さん、ブログをありがとうございます。
指導と支援は、違うという事を教えていただきました。
支援は、自分の対応の仕方が大事になるのですね。
コントロールできそうです。
ありがとうございます。

  • 2015/08/10(月) 04:03:30 |
  • URL |
  • 古橋力 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。
コメント遅くなってしまいすいません。
まずは自分が自分の特性をしっかりわかっていることが大事になってくると
思いました。

  • 2015/08/10(月) 06:34:58 |
  • URL |
  • 希代和也 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://numazukeieijuku.blog22.fc2.com/tb.php/3774-f71c9638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad