沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

セミナーに参加して

8月8日  うみの塗装   海野貴

7月31日、8月1日、2日の三日間で「自閉症スペクトラムの理解と支援」というセミナーに行ってきました。
自閉症スペクトラムとは、以前は発達障害と呼ばれていたアスペルガー症候群・高機能自閉症・自閉症などが診断基準の変更で、自閉症スペクトラムという括りになりました。
セミナーの内容は、今週の静岡経営塾ブログに湯本さんが解かりやすく書いてくれていますので、そちらを読んでみてください。

私がこのセミナーに参加した目的は、以前から発達障害のことは少し聞いていましたが、その特性を聞くと、自分にも当てはまることが多くありましたし、そのような人はどこにでもいると感じていましたので、発達障害の診断を受けていてもいなくても、特性を理解し、対応を学ぶことは、いろいろな場面で役に立つかもしれないと思ったからです。

三日間という長い時間で大変でしたが、講義を聞いていて思ったことは、私自身が自閉症スペクトラムの可能性がかなり高いということです。
今までは「自分も当てはまることがあるな」と漠然と思っていただけでしたが、講義の中の事例や、特性を聞いていると、「この事例は、あの時の自分と同じだ」と過去の記憶が映像となってフラッシュバックしてくることが何度もありました。
その一つに、特性の中で、相手の意図や気持ちをくみ取ることが苦手ということがありますが、私が若い頃、友達たちと一緒に話をしている時に、私は何とも思わず発した言葉が、「お前、なんてこと言うんだ」と周りが思うようなことを言って、相手を傷つけてしまったことがありました。
後から周りの人の反応を見て、「やばいことを言ってしまった」と思いましたが、言った時には、相手が傷つくということなど何も考えていませんでした。
それ以外にも、私が発した言葉で相手を怒らせてしまったり、関係が悪くなったことが何度もあったことを思い出しました。
それ以外にも、私は普通の考えだと思っていることも、他の人からすると普通ではないと思うことも多くあります。
2,3年前に、高校の同級生と飲んでいる時に、「若い頃の海野は、こだわりが強く、ちょっと偏った考え方で心配なところがあった」と言われたこともありました。
私が自閉症スペクトラムなのかどうかは解かりませんが、実際に周りの人からそのように見られていたという事実があるので、そのようなことがあるのだと認識していかなくてはいけないと思いました。

私は昔から吃音がありましたから、そのことで辛い思いをすることがたくさんありましたので、どうしても自分の感情ばかりに意識がいき、他人のことを考えることをしてこなかったと思っていましたが、今回、いろいろなことを思い返してみると、そればかりではなく、自分の特性として、相手をおもんばかる力が欠如しているのだと思いました。
このままですと、一緒に働く人の気持ちや思い、意図などを理解せず、傷つけてしまうと思います。
現に、今までもそうやってたくさんの人を傷つけてきてしまったと思います。
自分では気付くことが難しいと思いますので、アドバイスをもらったり、内観や建設的な対応を身に付けるトレーニングをしていきたいと思います。

講義の中で、ある女性の事例をビデオで見ました。
その女性は本当に真面目で誠実な方なのですが、大人になるまで診断をされず本当に苦しい思いをしてきたと涙ながらに言っていました。
そして、トレーナーに付いてもらい、正しく支援してもらえたことで、本当に生きやすくなり、人生に希望が持てるようになったと言っていました。
私はその映像を見て、私も辛い思いをしてきたので、その女性の辛い気持ちが本当によく伝わってきました。
そして、ものごとがうまくいかなくて悩んでいる人や困っている人も、このように苦しんでいるのではないかと思い、自分の経験と重ねて、相手の気持ちを考えていこうと思いました。
自閉症スペクトラムの方の支援方法は、CLと重なる部分が多いですから、CLをもう一度しっかり学んでいきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
海野さんブログ当番ありがとうございます。
事例のように、トレーナーの支援で改善出来る話を聞くと、救われた気がしました。
また、自閉症スペクトラムが特別な症状ではなく、多くの人に、当てはまることがある、ということでしょうか?
もしそうだとしたら、特別視扱いすることでは無いと言う意味あいにおいて、その症状名に関する先入観が私の中でも大きく変わります。
またくわしいお話を聞かせていただけたらと思います。
昨日課題4:00社 外掃除40分中掃除20分ワイン1h葉書1枚S○

  • 2015/08/08(土) 04:23:14 |
  • URL |
  • 輿水誠司 #-
  • [ 編集]

昨日は富山県の教職員研修でした。
そこでもお話ししましたが、この30年間、発達障害の社会的な理解が遅々として進みません。
それは多くの人が「他人事」ととらえているからだと思います。
私は色々な子供とかかわってくる中で、自分が発達障害だと気づいて本当に良かったと思っています。
もっと多くの人に知ってもらいたいです。

  • 2015/08/08(土) 07:33:52 |
  • URL |
  • 杉井 #-
  • [ 編集]

海野さん。 どうもありがとうございます。

海野さんのコミュニケーション力が、
CLとそのセミナーの勉強の両輪で
より深いものになっていくと良いですね。

がんばってください。
応援しています。

  • 2015/08/08(土) 15:15:07 |
  • URL |
  • 鳥居 #-
  • [ 編集]

こんにちは。細谷です。
海野さんブログありがとうございます。

発達障害の概念はわかりずらいですね。グレーゾーンが多く、診断も難しいです。障害と位置付けるか特性とするかは、今の段階では社会的に認知を進めるのは厳しいような気がします。

というのもそれを理由に差別されたり、犯罪か何かの理由にされるとどうしようもないですね。自分で認めたくない、他人に知らせたくないという壁もあるのかもしれません。

ただ、明らかにそういう傾向の人が増えてきていることや、地域にもよりますが、支援級なども増えているので、少しずつですが、自分の周りでは認知度は上がってきています。

理解してくれる人を地道に増やしていければ、自分の子どもも生きやすくなるのかなと感じました。

  • 2015/08/08(土) 16:54:49 |
  • URL |
  • STK細谷 #-
  • [ 編集]

こんばんは!
小野@馬耳です。

海野さん!
「3日研修」ありがとうございます。
私自身も発達障害は、間違いないと思ってます。
でも実際そう診断されるのは、怖いです。
しっかり学び、理解すれば、少しは生きやすくなるかもしれませんねっ!

  • 2015/08/08(土) 21:07:40 |
  • URL |
  • 小野@馬耳 #-
  • [ 編集]

海野さん
ブログ1週間よろしくおねがいします。
自閉症スペクトラムの研修、お疲れさまでした。
大人になるまで診断をされず、
苦しんでいる方がいらっしゃるんですね。
私と同じ病気の方も長い間診断をされずに
苦しんでいた方が多くいます。
病気でも支えてくれる方がいると
本当に心強いです。
ハガキ○

  • 2015/08/08(土) 21:47:39 |
  • URL |
  • 斎藤裕樹 #-
  • [ 編集]

海野さん、一週間よろしくお願いします。
ようやく私は、自分がまともではないことに気が付きました。
自分のことはさておいて、チェックして相手の気分を害していました。
自分のことはよくわからないですね。
私もトレーニングしていきたいと思います。

  • 2015/08/08(土) 23:01:48 |
  • URL |
  • 辻敏充 #-
  • [ 編集]

海野さん、ブログありがとうございます。

自分の知らないことを意識して、やっていきたいと思いました。
こちらが、正しい関わりかた学んでやっていきたいです。

  • 2015/08/08(土) 23:33:00 |
  • URL |
  • 古橋幹大 #-
  • [ 編集]

海野さん、ブログ1週間よろしくお願いします。
僕は何度か周りの人から「それ言っちゃう?」と指摘を受けたことがあります。自分ではひどいことということに気づかずに言っていたと思います。相手の立場に立って物事を考えられる人になりたいです。

  • 2015/08/08(土) 23:56:05 |
  • URL |
  • 蕪木宏晃 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。
僕はきっと自分では普通だと思っていることが他の方から見ると間違っていたり、
おかしな言動をしていると思います。
自分のことをまともだと思うことに
気をつけていきたいです。

  • 2015/08/09(日) 00:29:44 |
  • URL |
  • 希代和也 #-
  • [ 編集]

海野さん、ブログをありがとうございます。
今の海野さんからは、想像できませんが、その
ような時もあったのですね。
私にも、当てはまる事は多くありました。
感情に流されることなく、人の気持ちを考える
様にしたいと思いました。
1週間、よろしくお願いします。

  • 2015/08/09(日) 06:00:32 |
  • URL |
  • 古橋力 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://numazukeieijuku.blog22.fc2.com/tb.php/3773-8f650fd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad