沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

古風なお母さん

おはようございます。 鳥居です。
 二日目、よろしくお願いします。


「古風なお母さん。  ―ある日の乗務から 」

 先日、こんなことがありました。平日の夕方のできごとです。

 はじめに、お母さんが乗車されます。そして、近くの小学校へ行きます。小学校で、日課を終えて 放課後を過ごしているお子さんを一人 乗せます。
 次に、タクシーは、少し街中を走って、保育園へ行きます。そこで、お母さんは、下のお子さんをお迎えに行きます。
 3人を乗せた私の車は、最後に、ご自宅へ行きます。

 そこで、お母さんが料金を支払ってくださり、先に降ります。続いて一人のお子さんが降りました。最後に残ったお子さんは、好奇心が強いのか、何か考える所があったのか、まだ、タクシーの中に居ました。いよいよ、その子が降りようとした その時、お母さんがその子に「ちゃんと『ありがとう。』って言いなさい。」と言ったのです。
 ぎこちなかったかも知れないけど、そのお子さんは、私のほうを向いて「ありがとう。」と言ってくれ、車から降りました。
 お母さんのその行為とお子さんの「ありがとう。」の一言で、私は 心が安らぎました。何か そこまでの労働が報われた という気になりました。
 私は、待機所に向けて、からになったタクシーを走らせながら(いまどき珍しい古風なお母さんだな。)と思いました。

 ごく希にですが、目的地へ お客様が着いて 降車される時に、私が「どうもありがとうございました。」と言っても、無言で去っていくお客様がいらっしゃいます。
 その理由は、2つ考えられます。
A、その時の 私の仕事のしかたに何か至らない点があり、お客様は不満に思っている
B、特に至らない点は無かったが、そのお客様の考え方として
「何かサービスを享受した時は、料金を支払えば それで十分。 感じるものが無いのに『ありがとう』を言う必要はない。」という考えを持たれている

 Aの場合は、私が改善しなければいけませんが、もし、お客様がBの考え方をしていると・・・、人々の心が殺伐として来てしまうと思うのですが。
 ドライバーが人を目的地まで安全にお送りして、そこで無言で金銭の授受をするのだったら、そのドライバーは機械と同じです。

 そのお母さんの行動から、しつけ というものについて考えてみました。

 まずは、親がお手本を態度で表していることです。自分がお客の立場で、サービスを受けたことへの対価である料金を支払って、さらに「ありがとう。」と言う。そういう親を見て育った子どもは、その子の記憶に 親のその行動が残る、と思います。

 そのお母さんの場合は、自分が態度で表して、さらに、黙って降りかけた自分の子に対して「『ありがとう。』って言いなさい。」と、うながした。
 幼い時に、親からそのようにしつけられれば、おそらく、その子は、将来、同じような場面で、それほど抵抗なく「ありがとう。」を言えるのではないか、と思います。
 その子が「ありがとう。」と言えることは、杉井さんがおっしゃる所の、幸せになりやすい生き方だ、と思います。
 誰でも、人から「ありがとう。」と言われれば 嬉しいもので、そう言われれば、言ってくれた相手と良い関係を保ちたい、と思います。言ってくれたのが、目下の者であれば、(面倒を見てあげたい)という気になります。

 そのしつけによって、その子が今後 幸せになりやすい生き方を身につけさせてくれているのだから、そのお母さんは良いお母さんだ、と私は思います。

 何を一番言いたいのか、と言いますと・・・。
私が仕事をしている時の、降車された時の そのお母さんの行動、そして、その子が、たとえ形だけだとしても「ありがとう。」と言ってくれたことによって、私は安堵感を覚えた、という事実。
 そこから、“人に何かをしてもらったら「ありがとう」と言う” -そういう枠組みは、やはり良いものだ、とみつめ直すことができた、ということです。

 しつけについて、我家では、一番下の子も、現在、16歳なので、そのお母さんのようなストレートな伝え方は、適切でない、と思います。
 しかし、自分の子どもが、今後 幸せになりやすい生き方を身につけるように、まず、親である私が、わたしの価値観での しあわせを行動します。

 どうもありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
鳥居さん2日目ありがとうございます。
この話をきかせていただき、
(さて、私自身、タクシー降車時に「ありがとう」と言っている記憶が無いことに、恥ずかしい気持ちです。)
鳥居さんの言いますように「ありがとう」の一言が幸せな生き方ですよね。
私のお店のお客様でも、私が「ありがとうございます。」と言うと、逆に「ありがとう。」と言ってくれるお客様がいます。
私も立場が逆になっても今日から「ありがとう」と言ってみます。
昨日課題4:30社 外掃除40分中掃除20分ワイン1h葉書1枚S○

  • 2015/06/14(日) 04:32:00 |
  • URL |
  • 輿水誠司 #-
  • [ 編集]

親子のコミュニケーションは、ストレートでいいと思いますよ!
強くならないように、アッサリと伝えていけばいいと思います。

  • 2015/06/14(日) 05:26:44 |
  • URL |
  • 杉井 #-
  • [ 編集]

鳥居さん、ブログありがとうございます。
ありがとうと言われると嬉しくなりますね。
私も幸せになる生き方を教えてあげられるようになりたいです。

  • 2015/06/14(日) 06:10:00 |
  • URL |
  • 海野貴 #-
  • [ 編集]

鳥居さんブログありがとうございます。
私は完全無欠のBタイプです。
つい、お金でチャラになるじゃんと思ってしまいます。
チャラ理論は、チャライですね。自分自身の薄さを感じました(笑)。
支えあって生きていることに、気づき、お礼を返していきたいと思います。

  • 2015/06/14(日) 07:10:18 |
  • URL |
  • 辻敏充 #-
  • [ 編集]

おはようございます!
小野@馬耳です。

鳥居さん!
「古風なお母さん」ありがとうございます。
法事で田舎に向かっていると、
神社の前を三姉妹らしき子供たちが通り過ぎる時、
お姉ちゃんが神社に向かって “ペコリ” と一礼をすると
続いて順番に “ペコリ” して通り過ぎていきました。
ほほえましい風景で、笑顔になってしまいました。

そしてお寺での説法?で、
「ありがとう」を言うと笑顔になり、
「ありがとう」を言ってもらうと
笑顔になる。
「ありがとう」は魔法の言葉だというお話がありました。
「ありがとう」を伝えていきたいと思います。

  • 2015/06/14(日) 10:16:28 |
  • URL |
  • 小野@馬耳 #-
  • [ 編集]

日本に行った経験を持っている外国人のかなりは日本人の親切さに驚きます。
幼い時から人に迷惑をかけてはいけないとか何かをしてもらったら挨拶をするするといった教育をしてきたことではないかと私個人的には思っています。
本音であれ、建前であれ良い環境作りに貢献(?)しているのは確かでしょう。
これからもこういう習慣はなくなってほしくないものです。

韓国の友達が

  • 2015/06/14(日) 11:41:23 |
  • URL |
  • 崔 吉寿 #-
  • [ 編集]

鳥居さん
ブログありがとうございます。
私はタクシーで目的地について
「ありがとうございました」は
必ずいいます。
ドライバーさんの気分がよくなってくれたら
うれしいので。
これからも続けていきたいと思います。
ハガキ○

  • 2015/06/14(日) 19:45:16 |
  • URL |
  • 齊藤裕樹 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。
損得だけでなくそれを越えた美しい生き方に憧れます。
現実の自分は全然立派な人間ではありませんがそれも受け入れてありがとうなど
自分ができることをしていきたいです。

  • 2015/06/14(日) 19:55:22 |
  • URL |
  • 希代和也 #-
  • [ 編集]

鳥居さん、ブログありがとうございます。

私も、ありがとうと言われると嬉しくなります。
自分の人生を豊かにするためにも、自分の行動を考えていきたいと思います。

  • 2015/06/14(日) 22:47:41 |
  • URL |
  • 古橋幹大 #-
  • [ 編集]

鳥居さん、ブログをありがとうございます。
この素敵なお母さんに育ててもらう、お子さんは
「ありがとう」を自然に、ちゅうちょしないで言える
様になりますね。このお母さんを見習いたいです。
「ありがとう」と言われると、本当に嬉しいです。
降車時に言われると、良い仕事ができたかな、
と嬉しくなります。

  • 2015/06/15(月) 05:13:33 |
  • URL |
  • 古橋力 #-
  • [ 編集]

鳥居さん、ブログありがとうございます。
僕は家族に対して「ありがとう」の言葉が少ないと
思います。色々してもらうのは当たり前だと思っている
のだと思います。身近な人にこそありがとうを伝えて
いきたいと思います。

  • 2015/06/15(月) 05:21:58 |
  • URL |
  • 蕪木 宏晃 #-
  • [ 編集]

おはようございます。細谷です。
鳥居さんブログありがとうございます。

ありがとうという当たり前の言葉も教えてもらわなければ使えませんね。また、周りの大人が使ってこそ、子どもも真似をするような気がします。して頂いたことをきちんと認識できるように子どもにも教えていきたいと思いました。

  • 2015/06/15(月) 09:54:29 |
  • URL |
  • STK細谷 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://numazukeieijuku.blog22.fc2.com/tb.php/3716-493956bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad