沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

祖父を祝う会

祖父を祝う会
2015.4.13(月)                     うみの塗装 希代和也

今年の年始のお正月休みは僕は数か月振りに山梨の実家に帰省していました。
 そのお正月の1月3日に、親戚一同が集まり祖父の傘寿のお祝いがありました。
祖父は今年で83歳になりますが、これまでそれぞれの家が忙しく今年のお正月に
皆顔を合わせるという事で地元の割烹料理屋の一室を借りてお祝いを上げさせていただきました。
 僕にとって記憶に残っている祖父との一番古い思い出は、3歳の頃に夕食後、祖父の背中におんぶをしてもらい夜道を散歩したことです。
 また、実家には小さな物置小屋があるのですが、祖父が笑いながら
「悪いことしたら、ここに入ることになるからな」と言っていたことがありました。
そして僕が父親の仕事の都合で次に祖父に再開するのは小学生になってからでした。
 小学生の頃は、温泉好きな祖父に温泉に連れて行っていただいたり、
田んぼの稲刈りや、畑作業に連れて行っていただいたことがありました。
僕にとって祖父は口数は多くはありませんが優しさと厳しさの両方を持つ人でした。
 ですがそんな祖父とは僕が不登校になったのをきっかけに関係が悪くなっていきました。
当時祖父はあまり僕に対して何かをいう事はありませんでしたが、ある日の夕食に
祖父と喧嘩をしました。その日1階の居間で夕食を食べている時に喧嘩をして僕は
夕食中に2階へ行きましたが、祖父は2階まできて僕にこれまで抱いていたことをその時
言いました。それが嫌で逃げるように僕は家出をしました。
その時僕は祖父から言われたことに対して「そんなこと関係ないじゃん」と言いました。
そして僕がその時に家出をしてからは祖父との関わりは同じ家にいても口をきくことは
一切ありませんでした。

それから祖父との関係が良くなるこれという大きなきっかけがあったわけでは
ありませんが、高校二年生の時にまだ就労体験という形で海野さんの元で
お世話になっていた時期に祖父に葉書を書いたことがありました。
そして就労体験から家に戻った時に祖父が微笑みながら「むこうは寒くないか」
と話し掛けてくれたことがあります。
 それ以降徐々にですが祖父との関係も良くなっていったように感じています。
今思い返してみると、僕が想っているよりも祖父は僕の一言で悲しい想いをしたかもしれません。僕が家出をしたことで父や母から祖父はもしかしたら良くない目で見られ続けたかもしれないと思うと申し訳ないです。
 今は前のように祖父と関わる時間は多くはありませんが、実家に帰る時に会う祖父は
以前に比べて体も見ていて大変そうに感じます。
そんな中今回傘寿のお祝いをさせていただいたことがとても嬉しかったです。
また、今回のお祝いを親戚の方が準備をしてくれお祝いの品として皆の似顔絵が
のっている色紙を用意してくださいました。
 これまで疎遠になっていた方々とも過ごすことができ一緒にお祝いすることができて
本当によかったです。
 今度は僕がお返しとして祖父を温泉に連れて行っていけるように
もっと頑張りたいです。


スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
希代君3日目ありがとうございます。
身内に対する感情は近い分、特別なものがあると思います。
時がたつこと、距離が遠くなること、角度を変えてみることなどで変化がある場合も多々あると思います。
希代君のように葉書を書いたり、相手を思い遣ったりを自主的にすることはとても素敵だと思います。
昨日課題4:3社 外掃除40分中掃除20分ワイン1h葉書1枚s○

  • 2015/04/13(月) 04:32:06 |
  • URL |
  • 輿水誠司 #-
  • [ 編集]

希代くん、ブログありがとうございます。
お祝いができて良かったですね。
そして一時は関係が悪くなっていたのが良くなったのも良かったですね。
身内は距離が近い分、コミュニケーションが雑になりやすく、
関係が悪くなることがあると思います。
相手を思っていて関係が悪くなるのは辛いですね。
是非温泉に連れていってあげてください。

  • 2015/04/13(月) 06:29:01 |
  • URL |
  • 海野貴 #-
  • [ 編集]

希代さん、お爺さんと良い関係になって良かったですね。
こんなことを言っていいかわかりませんが、お爺さんも身体が痛くなり、この先そんなに長いことはないと思います。
そのお爺さんにとっては、自分のことよりも希代さんたちのことが、希代さんたちが思う以上に愛おしいものだと思うのです。
残された時間、ぜひお爺さんを大切にしてあげてください。

  • 2015/04/13(月) 07:14:00 |
  • URL |
  • 杉井 #-
  • [ 編集]

おじいさんのお祝いは良かったですね。
おじいさんとの関係性が変わったのは、希代さんが変わったからでしょね。
おじいさんへのお返しもいいですね。
ぜひ、それに向けて実践続けてください。

  • 2015/04/13(月) 07:40:41 |
  • URL |
  • 辻敏充 #-
  • [ 編集]

こんにちは。細谷です。
希代さんブログありがとうございます。

いい時も悪い時も、おじいさんとの思い出は大切な時間だったんだなと思いました。お祝いも出来て良かったですね。

自分も父親と喧嘩して家出したことがあります。(4~5歳ぐらいの時ですが・・・反抗期が早すぎ?)約2時間ぐらいだったような気がしますが、勢いよく家を飛び出して、数時間後に暗くなりおなかが減ってあえなく帰宅したのを覚えています。ただ、本当に鍵を閉められていて、玄関で途方に暮れていたところをおばあちゃんに助けられました。

なぜ喧嘩したのか覚えていませんが、ブログを読んでいてふと思い出しました。今はもう亡くなっているので、一緒にご飯を食べたりはできませんが、同じ時間、同じ空間で一緒に過ごしたことは、一生忘れないと思います。

  • 2015/04/13(月) 15:45:21 |
  • URL |
  • STK細谷 #-
  • [ 編集]

希代さん、
ブログありがとうございます。
私は親になってから自分が親や祖父母から
こんなにも愛されていたのかと気付きました。
父が言うには「子供もかわいかったけど
孫はもっとかわいい」そうです。
孫の希代さんにも祝ってもらって
お爺様はきっと嬉しかったと思いますよ。
ハガキ○

  • 2015/04/13(月) 19:43:56 |
  • URL |
  • 齊藤裕樹 #-
  • [ 編集]

こんばんは!
小野@馬耳です。

稀代さん!
「祖父を祝う会」ありがとうござます。
おじいさんは稀代さんの思っていたような
応援ではなかったかもしれませんが、
稀代さんの幸せを応援したかったんだと思います。
心配していたんでしょうね。
大切にしてあげて下さい!

  • 2015/04/13(月) 20:44:39 |
  • URL |
  • 小野@馬耳 #-
  • [ 編集]

和也さん。どうもありがとうございます。

親戚の方々と、平和で心安らぐ お正月を
過ごせて、良かったですね。
身うちでも、一度 冷たい関係になると、
自分から声をかけるのは、勇気のいる
ことだと思います。
でも、葉書で、おじいさんに気遣いを
している和也さんは、立派です。
和也さんが そのように接してくれるので
さぞかし、おじいさんは嬉しいこと
と思います。

  • 2015/04/14(火) 00:22:56 |
  • URL |
  • 鳥居 #-
  • [ 編集]

和也君、ブログありがとうございます。
和也君が今三島で頑張っていることはお爺さんに
とっても嬉しいことだと思います。僕もじいちゃん、ばあちゃんに
葉書を出したときはとても喜んでくれました。
後何年一緒にいられるかはわかりませんが、一緒に過ごす時間
を大切にしていきたいと思います。

  • 2015/04/14(火) 00:45:39 |
  • URL |
  • 蕪木 宏晃 #-
  • [ 編集]

和也さん、ブログをありがとうございます。
お爺さんのお祝いができて、良かったですね。
似顔絵を用意されるとは、素敵な家族だと
思います。ハガキの力は凄いですね。

  • 2015/04/14(火) 02:38:14 |
  • URL |
  • 古橋力 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://numazukeieijuku.blog22.fc2.com/tb.php/3652-d0a1a2a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad