沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

I先輩。どうもありがとうございました。

おはようございます。鳥居です。

 古橋 幹大さんから、ブログのタスキをたしかに受け取りました。

ここから一週間、私のブログにおつき合い よろしくお願いいたします。

 一日目、よろしくお願いします。

「I先輩。どうもありがとうございました。」

 私が、ドライバーとして、Fタクシーに入社して、今は、4年めになりました。
その間、多くの先輩にお世話になって来ました。
 その中でも、これからご紹介する 稲木さんには、本当にお世話になりました。(今でもお世話になっています)

 簡単に、稲木さん(以下、Iさんと省略)の経歴を、お話しさせて頂きます。
Iさんも、私と同様で、Fタクシーに入社する前は、小売業を経営していました。バブル崩壊と同時に、会社の解散を余儀なくされました。そして、三島周辺の地理に詳しかったので、ドライバーとして、Fタクシーに入社しました。十何年か ドライバーを務めた後、操車係りになりました。
 
 私が入社した頃は、稲木さんは、ベテランの操車係りでした。
 ここ1-2年、Fタクシーでは、次々と新人ドライバーが入って来ますが、約4年前に私が入社した頃は、せいぜい、半年に3人くらいでしたので、先輩方も、気を遣って、新人ドライバーに、よく、声をかけて下さいました。

 新人ドライバーが入社すると、まず、10日間の教育実習があります。実習期間は、先輩ドライバーが横に乗っている中で、実際の乗務をしながら、先輩に いろいろと教えてもらいます。それを終えると、一人で乗務をしていくことになります。
 
 一人になって初めのうちは、まさに緊張の連続です。
操車係りから、タクシー運転席のナビ画面に、ファンファーレとともに、迎えに行くべきお客様の地図が送信されて来るのですが、(果たして、お客様の家まで たどり着けるだろうか?)と、不安が頭の中を よぎります。

 私が一人立ちをして、最初の1本目の仕事の時。(もちろん、操車係りも、考えて、初心者向けの仕事を、あてがってくれます)
 Iさんが無線で「T君。その“トリカツ”というお店、分かる?」
私「う~ん・・・、ちょっと よく分かりません。」
 すると、何と、Iさんが、2階の操車室から、下の駐車場まで降りて、私の所まで来て、これから お迎えに行くべきお客様の場所を懇切丁寧に教えて下さいました。
 新人ドライバーが少なかった頃に入社した私は、その意味でも、運が良かったです。

 さいわい、それまで 私は、配達の仕事で、三島-沼津周辺を走っていたので、タクシーで一人立ちしてから、1-2ヶ月ほどの間、地理的な意味で、それほど苦労することなく、乗務することができていました。

 ある日のこと。その日は、祝日で、午後2-3時頃だったと思います。その時も、Iさんが、2階の操車室で、操車をしてくれていました。
 その時、私の車のナビ画面に送信された地図を見ると、お客様のお宅は 会社の近くで、さらに、お迎え時刻が、メッセージを受けた時刻から20分後の時刻が記入されていました。
 私は(そのお宅なら、ここから5分で行けるだろう。早く着きすぎて時間をもてあますのも嫌だから、お迎え時刻の10分前に、会社を出ることにしよう)と、高を括っていました。しかし、この時、自分が大きな見落としをしていることに気づいていませんでした。

 しばらく、駐車場でのんびりしていると、2階から、Iさんが、慌しく、外階段を駆け降りて、私の所へ来ました。
Iさん「あんた、まだここに居るの? 会社の横の道、今、渋滞しているのが、見えないのかね? もう出なきゃダメだよ!」
  私「はいっ!」
と返事して、すぐさま発車しましたが、会社に最も近い交差点が、祝日の伊豆方面からの帰りの車で渋滞していた為に、お客様の所に着いたのは、予約時刻 ぎりぎりでした。

 その仕事を終えて本社に戻って来ると、再び、Iさんが、2階から降りて来ました。
そして、ほかにも2-3人の乗務員が居る前で、
「T君、136号線が渋滞しているのを見てなかったでしょ。 オレは、上からしっかり見てたよ。それを考えて、20分前に配車メッセージを送ったのに、あんたは、スタートしなかったね。 時間受け(時間予約)の仕事は、余裕を持って、メッセージを送ってるんだから・・・。 お客様の所に、5分前くらいに着いて、待っているくらいで調度良いんだよ!」
「はいっ。どうもすみませんでした。」
「今のは、何とか間に合って良かったけど、これが、“駅乗り”のお客さんで、もしも電車に間に合わなかったりしたら、お得意さんを失っちゃうよ!!!」
「はいっ。おっしゃる通りです。今後、気をつけます。」
 それまで、優しい、というイメージだったIさんから、私の仕事ぶりが不適切であったことについて、徹底的に、しかも、ほかの乗務員の面前で、指導して頂きました。
 この時、Iさんから このように指導して頂いたことで、それ以降、私は、配車メッセージを受信・了解したら、即、スタートするようにしました。

 その時は、内心(人前で、強い口調でやられて、Iさんは体育会系だなぁ。)と、プレッシャーを感じたのですが。
 よく思い出してみると、その時、I先輩は(T君が今後 順調に、Fタクシーで働いていければ良いなぁ。T君の耳には痛いかも知れないけれど、T君の将来のために、今、ビシッと言ってあげよう。彼なら きっと分かってくれるだろう。)と、私のためを思って言ってくださったのです。私は、入社二ヶ月めくらいに、Iさんから この激励を頂いていたからこそ、その後、今までにいたる3年半の間、乗務員の仕事の中で 大きく道をはずすことなくやって来られたのだ、と。 今は、Iさんに感謝したい気持ちでいっぱいです。

 Iさんのような良き先輩から受け継いだFタクシーの良き文化を、今後は、私が、後輩たちに伝えていくべきだ、と思っています。
 I先輩。
どうも、ありがとうございます。

 この記事を書くことで、私は、支えて下さった方のいるおかげで、今の自分があることに気づかせていただきました。
 どうもありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
鳥居さブログ当番をありがとうございます。
I先輩の愛のムチ、助かりますね。
取り返しのつかない大きなミスになる前に、フォローしてくれたファインプレーだと思いました。
こうやって教えていただいたことを体験として自分のために次に活かし、また、後輩のためにも伝えていくのが、今度は鳥居さんの役割になりますね。
1週間、宜しくお願いします。

  • 2015/04/04(土) 05:39:12 |
  • URL |
  • 輿水誠司 #-
  • [ 編集]

ありがたいI先輩ですね。また、忠告に反発せずに、
素直に行動された鳥居さんも立派ですね。
こういう風に支えていただいていることをつい私は忘れがちになります。
新人さんを育てる文化は大切にしてくださいね。

  • 2015/04/04(土) 06:35:48 |
  • URL |
  • 辻敏充 #-
  • [ 編集]

鳥居さん、ブログ当番引き受けてくださりありがとうございます。
Iさんのように、言うべきことをしっかり指導することがとても大事だと思いました。
そしてキツク言われても関係が悪くならなかったのは、
それまでにIさんがいろいろ面倒をみていたからだと思いました。
指導されたことを真摯に受け止め、次に伝えていこうとする鳥居さんも素晴らしいと思いました。

  • 2015/04/04(土) 06:45:07 |
  • URL |
  • 海野貴 #-
  • [ 編集]

鳥居さん、一週間よろしくお願いします。
Iさんが、どんなに良かれと思っていっても、受け取る人が受け取る気がなければ意味はありません。
助言というものは、そういうものではないでしょうか?
いい助言をもらったと思える人は、そもそも成長する人だと思います。

  • 2015/04/04(土) 09:31:33 |
  • URL |
  • 杉井 #-
  • [ 編集]

ブログ一週間よろしくお願いします。

私は、仕事の事や生き方の事で、教えて頂いています。
自分の為に言って頂いてることに対して、頑張っていきたいです。

  • 2015/04/04(土) 17:53:41 |
  • URL |
  • 古橋幹大 #-
  • [ 編集]

鳥居さん、
ブログ1週間よろしくおねがいします。
先輩のお言葉、ありがたいですね。
私のI先輩もありがとうございます。
ハガキ○

  • 2015/04/04(土) 21:04:59 |
  • URL |
  • 齊藤裕樹 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。
相手の立場になってものを見るということが僕は苦手です。
自己中な傲慢な人間に時々なる僕には
教訓のようなお話です。
内観をもっと大切にしていきます。
一週間よろしくお願いします❗

  • 2015/04/04(土) 21:55:24 |
  • URL |
  • 希代和也 #-
  • [ 編集]

鳥居さん、ブログ1週間よろしくお願いします。僕が鳥居さんの立場だったら、鳥居さんのように素直にIさんの話を聴いていなかったかもしれません。そこが自分の弱い部分だと思いました。

  • 2015/04/05(日) 02:09:43 |
  • URL |
  • 蕪木宏晃 #-
  • [ 編集]

鳥居さん、ブログをありがとうございます。
1週間、よろしくお願いします。
I先輩のアドバイスは、とてもありがたいと
思います。それを、素直に受け取った鳥居さん、
立派だなと思いました。
時間予約配車は、つい油断してしまいます。
早く到着する様にしたいと思います。
私も、初勤務時の先輩方の言葉を思いだして
みます。

  • 2015/04/05(日) 06:16:02 |
  • URL |
  • 古橋力 #-
  • [ 編集]

おはようございます。細谷です。
鳥居さんブログありがとうございます。

週末になると体調を崩してしまい、コメントできずすいません。
I先輩のような人は少なくなってきているのかなと感じました。アドバイスする方も素直に聞いてくる人しかしアドバイスをしないような気もしますが、鳥居さんの素直な態度が良かったのかもしれませんね。

  • 2015/04/06(月) 09:09:59 |
  • URL |
  • STK細谷 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://numazukeieijuku.blog22.fc2.com/tb.php/3643-36f5e8fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad