沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

数字を読む

3月24日  うみの塗装   海野貴

先日確定申告が終わり昨年の決算が出ました。
そしてMGのストラック表に当てはめて数字を分析してみました。
私は、お恥ずかしい話ですが期中に数字を見ることをほとんどしていません。
売上高と現金残高だけは常に確認をしていて、今までの経験で売上高を見ていれば大体わかりますし、現金が増えていればそれほど心配することは無いと思っていました。
昨年は売上高も上がりましたから「そこそこだろうな」と思っていましたが、決算がでると前年に比べ利益がマイナスになっていました。
自分の予想と違っていたことで、「これは今までの自分の勘でやっていったら大変なことになる」と危機感を感じ、数字をしっかり把握しなければいけないと思い、分析をすることにしました。
数字を細かく分析するといろいろなことが解ってきました。
支出の中で外注工賃がかなり増えていましたので、応援の塗装職人さんへの支払いが増えたのかと思っていましたが、それは前年とほぼ横這いでした。
また売上が上がった割に製造原価(材料代)はほとんど変わっていないことから、塗装自体の仕事量は前年と変わっておらず、塗装以外の仕事が増えたことが伺えます。
昨年は塗装に付随して屋根の葺き替え工事や板金工事、大工工事などを多く受注していて、それらの工事は工事金額は伸しますが、外注業者さんに依頼しますので利幅はかなり低く、売上高があまり利益につながっていないことが解りました。
そして社員が増えたことで給与賃金が増え、それに伴いその他の経費もかなり上がっていました。
総括すると、利幅の薄い工事が増え、売上は伸びましたが、利幅の多い塗装工事は前年と変わらず、固定費が増えてマイナスになった年と言えます。
MGでは経験していましたが、今回身をもって固定費の怖さを知りました。
今まで私は、会社盤を作るというイメージ的なことしか考えていませんでしたが、数字を見ることでその中身を考えてやっていかなくてはいけないと思いました。
固定費は増えたからと言って、ただ減らせばいいのではなく、固定費を活かすということをしていかなければ会社を伸ばすことはできないと思います。
固定費の中でも、贅肉である一般経費や利息は減らし、筋肉となる戦略費には今まで以上に使って会社を強くしていきたいと思います。
そして一番大きなウエイトを占める人件費を活かすことですが、塗装という仕事は技術を身に付けるまでに時間がかかる仕事ですから、人が増えてもすぐには利益につながりません。ですから塗装の技術を身に付けていない人でも利益を出せる仕事をかませていくことができれば人件費を活かすことができます。
それにうってつけの仕事がしろあり防除施工です。
杉井さんが、しろありの仕事を強く薦めるのを、今回数字を見たことでも理解できました。
メーカーの下請けの仕事も月末から始まりますが、そちらの仕事は極力少なくして、「元請けの塗装」「しろあり」の2本の柱を確立するように集中していきたいと思います。
先日参加したセミナーで、私の持っている資格(建築士・既存住宅現況検査員・建設業許可)を活かすことで、塗装やしろありにつなげることができそうな仕組みがあることを知りました。
アフター点検と伴に、そちらの仕組みも進めていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
海野さん4日目ありがとうございます。
会社の分析にMGが活きていますね。
読んでいて説明が分かり易いです。
修正点や推進策がみえてきて、
うみの塗装さんのますますの発展を予感させますね。
昨日課題4:30社 外掃除10分中掃除20分ワイン×葉書×S○

  • 2015/03/24(火) 04:16:33 |
  • URL |
  • 輿水誠司 #-
  • [ 編集]

海野さん、いいところに気が付きましたね!
色々なことができるようになると、売上は伸びますが、儲けは下がります。
小さな会社がいろいろなことをするのは、力の分散が起こり、リスクなのです!
利益率の高いところで勝負し、それ以外の売上はキッカケ程度に考えておいた方がいいと思います。

  • 2015/03/24(火) 06:39:49 |
  • URL |
  • 杉井 #-
  • [ 編集]

海野さんは、学んだことを、自分の会社に当てはめて、実践されていますね。
杉井さんのおっしゃるそれ以外は、本当に売りたいモノへのキッカケというのは、
戦略的だなと思いました。
私は、いろいろ手を出して、売りやすいものを売っていました。

  • 2015/03/24(火) 07:26:15 |
  • URL |
  • 辻敏充 #-
  • [ 編集]

おはようございます。細谷です。
海野さんブログありがとうございます。

数字を読めると色々な事に気づきますね。粗利の取れるところに力を集中することはとてもいいと思いました。

弊社は固定費型なので損益分岐点の死守と資金繰りが今のところ優先課題です。自己資本率、経常利益率、回転率など細かく分析すると、自社の強み、弱みもはっきりわかってくると思いました。

15年前に決算書を見たときに、粗利も良かったですが、みんなの給料も高く、営業利益がマイナスでした。それでも営業外収益で経常利益を出していて、現金もあったので母や妻はあまり危機感を持っていませんでしたが、自分は冷汗が止まりませんでした。(借入金もかなりあったので)

会社自体の体力、高齢化、設備の老朽化など考えると、10年後やばいと思い、変動費、固定費の削減、経営計画書を作成して、金利の引き下げ交渉および融資に対する銀行の信用を得ること、人材の採用と育成の順番で手を打っていきました。

技術ははじめからあったので、認知度を上げるためにHPや展示会などの販路開拓もしていきました。色々とありましたが、数字は良くも悪くもはっきりわかるので、神経質にならない程度にチェックしていきたいと思います。

  • 2015/03/24(火) 09:26:00 |
  • URL |
  • STK細谷 #-
  • [ 編集]

海野さん。 どうもありがとうございます。

①「昨年と比して材料費が変わってない」→「塗装以外の仕事が増えている」など、数字から実情を把握できる(分析している)のが、すごいと思いました。

②「しろあり防除施工」「そのセミナー参加で知ったしくみ」など、今の問題に対する具体的な解決策が目の前にある、というのは、海野さんの日頃の下ごしらえが できているからだと思います。

 私は、日頃の下ごしらえをきちんとやっている、海野さんの生き方を学びます。

再び、鳥居です。
 海野さんの次のブログ当番ですが、もし、予定している方がいなければ、私がやります。

  • 2015/03/24(火) 14:57:43 |
  • URL |
  • 鳥居 #-
  • [ 編集]

海野さん、
ブログありがとうございます。
二本の柱でいくと宣言されたことで
社員さんもやりやすくなったのではないでしょうか?
ハガキ○

  • 2015/03/24(火) 22:10:54 |
  • URL |
  • 齊藤裕樹 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。

MGをやらせてもらって、経営という感覚が大切なことだと思いました。
数字を見ていると、いろいろなことに気がついて、今年仕事をしていくうえでも、意識していきたいと思いました。
経営を普段の生活に当てはめて、考えていきたいと思います。

  • 2015/03/24(火) 22:36:20 |
  • URL |
  • 古橋幹大 #-
  • [ 編集]

こんばんは!
小野@馬耳です。

海野さん!
「数字を読む」ありがとうござます。
人件費が上がるのが怖く、増員を足踏みしています。
でも、それじゃあ会社の成長はありませんね。
もっともっと前向きな経を営していきたいです。

  • 2015/03/24(火) 22:41:12 |
  • URL |
  • 小野@馬耳 #-
  • [ 編集]

海野さん、ブログありがとうございます。
こうやって数字を見ることで色々なことが
わかるんですね。数字を見るだけじゃなく
次にどう生かすか?それができるようになるため
にもまずは数字をみれるようなならないと
いけないと思いました。

  • 2015/03/25(水) 00:11:21 |
  • URL |
  • 蕪木 宏晃 #-
  • [ 編集]

海野さん、ブログをありがとうございます。
MGが、活かされているのですね。
下請けを減らして、元請とシロアリの2本柱
で行くという事、力強いと感じました。

  • 2015/03/25(水) 03:25:43 |
  • URL |
  • 古橋力 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。
ぼくは数字は苦手ですが、事実を受け入れるという意味ではとても数字は役にたつものなんだと思いました。

  • 2015/03/25(水) 05:41:32 |
  • URL |
  • 希代和也 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://numazukeieijuku.blog22.fc2.com/tb.php/3632-ec0e2e0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad