沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

保護司の役割

5月29日   うみの塗装 海野貴

初日のブログでも書きましたが、5月25日に保護司の支部会に行ってきました。
前半は地区支部の定例会で、連絡事項や行事への参加確認などをやり、後半は歓迎会を開いてくれました。
支部会の人数は私も含め9名ですが、一人を除いては皆会ったことのある方々でした。
支部長は、以前うちにいた社員の保護司で沼津経営塾の周年事業にも来てくれる石井さんですし、雇用主会で一緒の方、ゴルフコンペでご一緒させてもらった方、同級生のお母さんで仕事もさせてもらったことのある方など、顔見知りの方ばかりで安心しました。
そして、私がボランティアをしている小学校の教頭先生をされていた方も保護司になられていて、偶然の再会に驚きました。
そしてこの支部会では、持ち回りで「心に残る保護観察」を発表することになっているようで、今回は同級生のお母さん(Sさん)の発表でした。
私はそのお話を聞いてとても衝撃を覚えました。
話しの内容は、殺人で実刑18年の対象者を持った時のことでした。
保護司の役割の中に「環境調整」というものがありますが、環境調整とは対象者が出所する際の帰住先のとなる身元引受人の意志や保護力を見極めるものです。家族構成や部屋の間取り、年収なども調査するそうです。
Sさんは身元引受人であるご両親に連絡を取り、面会を希望したそうですが、対象者の母親は、自分の息子がこのような事件を起こしてしまい誰とも会える状態ではないと断られたそうです。
Sさんも悩んだそうですが、自分も子を持つ親ですし、保護司だからと言ってズケズケ入り込んでいくことは出来ないと思い「いつまででも待ちますので、面会できる状態になった時にお願いします」と伝えたそうです。
私は保護司というものを、つい最近知りましたが、保護司の方は皆、更正のために一生懸命やっている方ばかりで、本当に良い人なんだな~と思っていました。
しかしこのお話しを聞いて、普段私たちは、殺人事件などが起こってもニュースでみるだけですから所詮他人事としてしか見ていないと思いますが、保護司の方々は、当事者である犯人やその家族に実際に携わり、家族の悲惨さ、悲しみ、辛さなどを身をもって知っていらっしゃる方々なのだと思いました。
そのような事実を知っているからこそ、何とか更正を手助けしたいという思いで尽力されているのだと思いました。
以前、公の立場の人が「犯罪を犯した人を雇用すると会社のイメージが悪くなるのではないか?」という発言をしたという話になった時、雇用主会で保護司もされている方が、「そんなの偏見だ!」と怒りをあらわにしていたことがありました。
なぜその時、あんなにも怒りをあらわにしたのかということが、何となくわかりました。
私は、保護司の方々の思いや努力に胸がグッとしましたが、これからこのようなことを私がやっていけるのだろうか?と不安にもなりました。
しかし、保護司の方々を見ていると、自分の内面ばかり見ていることが恥ずかしくなります。
保護司の皆さんも、迷いながら悩みながらやっているとのことでしたので、私も覚悟を決めてやっていきたいと思います。
もちろん杉井さんのお力は借りなければなりませんが、CLを本当に理解し、活かしていかなくてはならないと思いました。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
海野さん6日目ありがとうございます。
本当に衝撃的な話です。
保護司の役割の重みが伝わってきました。
大変なお仕事ですね。
でも、海野さんならそれを担えるだけの人物だと思います。
保護司会の方々からもその信頼があったから声がかかったのだと思います。
経営塾やCLが活きるといいですね。
昨日課題4:30社 外掃除40分中掃除×ワイン1h葉書1枚S○

  • 2014/05/29(木) 04:26:06 |
  • URL |
  • 輿水誠司 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。
そういった方々のを受け入れるためにも
現場レベルで僕ができることはけっして
多くはないと思いますが、一人一人の
協力していく体制が大切だと思うので
その時は自分ができることをうやっていきます。

  • 2014/05/29(木) 06:04:38 |
  • URL |
  • 希代和也 #-
  • [ 編集]

おはようございます。細谷です。
海野さんブログありがとうございます。

保護司となると色々なパターンの人と向き合わなければならないので、大変だなと感じます。総代さんが保護司で話を聞いたことがありますが、事件を起こした人もその背景が複雑でやむを得ず事件に発展したケースもあるそうです。

刑務所から出てきた人の再犯率が高いという傾向もあるようですが、きちんとしたサポート体制があれば、環境で人は変わっていくと思うので、保護司の役割はとても大きなものになってくると思いました。

自分はそこまでの覚悟はありませんが、自分のできることで、周りの若い人たちを応援したと思います。

  • 2014/05/29(木) 09:00:04 |
  • URL |
  • STK細谷 #-
  • [ 編集]

おはようございます!
小野@馬耳です。

海野さん!
「保護司の役割」ありがとうございます。
海野さんから保護司の話を聞くまでは
そういう方々がいらっしゃることを知りませんでした。
本当に素敵な方たちだと思います。
簡単なお仕事ではないと思いますが、
是非、海野さんも先輩方のような
最高の保護司を目指して下さい。
応援しています。

  • 2014/05/29(木) 09:35:13 |
  • URL |
  • 小野@馬耳 #-
  • [ 編集]

カナダに着きました。
いや~、やっぱり遠いですね。
疲れました。
海野さんなら立派な保護司になると思います。
大丈夫ですよ!

  • 2014/05/29(木) 13:47:36 |
  • URL |
  • 杉井 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。

更正させるのに、CLはとてもいいと思いました。
僕は、内観をすることで自分を見つめ 、対人関係が良くなってきました。
CLを学んでよかったと、ホントに思っています。全然わからないことだらけ
ですが(笑
やりがいがある保護司!頑張ってください。

  • 2014/05/29(木) 20:32:25 |
  • URL |
  • 渡辺啓太 #-
  • [ 編集]

海野さん、ブログありがとうございます。
僕は自分の内面ばかりに目がいきがちです。
周りをよく見て何をしていかなければいけないかを
しっかり考えていきたいと思います。

  • 2014/05/29(木) 22:02:05 |
  • URL |
  • 蕪木 宏晃 #-
  • [ 編集]

海野さん、ブログをありがとうございます。
保護司は、大変な役割なんですね、知りません
でした。自分の事で目いっぱいです。
私は、偏見を持たないで暮らしていく事で
微力ながら応援したいと思いました。

  • 2014/05/30(金) 00:09:28 |
  • URL |
  • 古橋 力 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。

保護司は、責任があるんだなと思いました。
誰かの為にそこまでやるというのは、自分に必要な事だと思いました。

  • 2014/05/30(金) 06:02:39 |
  • URL |
  • 古橋幹大 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://numazukeieijuku.blog22.fc2.com/tb.php/3319-2cef662a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad