沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

「罰とご褒美と忠誠心」

「罰とご褒美と忠誠心」
2014年3月19日(水)
おはようございます。細谷です。5日目よろしくお願いします。

2月に初めての息子と一緒に伊豆マラソンに参加しました。前日の受付の時にすでに自分のご褒美設定を完了している息子がいました。(完走後、飛行機図鑑を買うことに・・・)

先日の子育てセミナーで、罰とご褒美の弊害について勉強しましたが、我が家ではそんなことは気にせず、堂々と罰とご褒美で生活が成り立っていました。

妻が息子の宿題をやらせるために、1問解いたらテレビを5分見ていいという約束をしたり、息子に留守番をしている間に妻が帰ってくるまでに宿題を終わらせないと「ぶっ飛ばす」(ちょっと冗談気味ですが)と言っていたりしました。怒られるのが極端に嫌いな息子は少しビビッていました・・・。

恐怖やご褒美で何かをやらせることは、動物がもっている本能なのかもしれません。ボス猿が力で群れを統率したり、イルカのショーなど訓練にエサなどを有効に使ったりするようなことも、人間が人間を統率したり、パフォーマンスをあげたりするのには手っ取り早い方法なのかもしれません。

ただ、それでは長続きしないし、本当の意味でリーダーシップを発揮したりすることではありません。黒田官兵衛とその部下たちのように、信頼し合える仲間や忠誠心といった人を好きになったり、なんというか愛のある上下関係が必要になってくると思いました。

どんな言葉かけや行動をすれば、そういう関係が築けるか、永遠のテーマのような気もします。その人の価値を認めてお互いに尊敬しあえる関係を築くことが、良いコミュニケーションをとるための近道なのかなと感じました。

子どもに宿題をやらせるためには、罰かご褒美かそれとも違う方法か?皆さんはどの方法を使いますか?
スポンサーサイト

コメント

私もうえの子供のときは、脅しや罰を使っていました。
今思うと、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
でもその頃は、それしか知らなかったし、それが問題だとも思っていませんでした。
そういう親御さんがたくさんいると思います。
その人たちが他の育て方を学んだら、子供の人生もずいぶん違ってくると思います。
私は、そうしたことに残った人生を使いたいと思っています。

  • 2014/03/19(水) 03:10:35 |
  • URL |
  • 杉井 #-
  • [ 編集]

おはようございます。
細谷さん5日目ありがとうございます。
目的は子供のためを思ってのことですね。
手段は沢山あり、どの場面でどのケースを選ぶのか、
選択は本当に難しいことだと思います。
昨日課題4:30社 外掃除30分中掃除10分ワイン×葉書×S○

  • 2014/03/19(水) 04:40:48 |
  • URL |
  • 輿水誠司 #-
  • [ 編集]

細谷さん、ブログありがとうございます。
私は子育てセミナーを受講して、
自分のやり方が目的本位でなかったと痛感しました。
一生懸命やっていても、やり方が間違っていたらうまくいきませんね。
誰の課題かをしっかり分離して、お互いを尊重してしていきたいと思います。

  • 2014/03/19(水) 06:20:11 |
  • URL |
  • 海野貴 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。

子育てセミナーの課題をやっていて、観察が重要だと思いました。
会話しているときに、そこを意識していないと忘れてしまいます。意識していきたいと思います。

  • 2014/03/19(水) 12:27:40 |
  • URL |
  • 古橋幹大 #-
  • [ 編集]

細谷さんブログありがとうございます。
普段の生活でも感情的になることがありますが学んだ適切な行動がCLとも同じような
感じがしました。
変だと思いますが感情的になりそうなとき最近はよく永遠の0の宮部を思い出します。

  • 2014/03/19(水) 17:11:55 |
  • URL |
  • 希代和也 #-
  • [ 編集]

細谷さん。どうもありがとうございます。
我が家では、子供が仕事(課題)をやり終えたらご褒美(おやつなど)を与えています。それが良いことだとは、思っていません。
妻は生徒に対して、生徒が課題をやったら小さなシ-ルを与えています。そのことは、生徒にウケているそうです。
子供の成長のため、という目的をおさえて、接し方をあらためていきます。

  • 2014/03/19(水) 17:12:45 |
  • URL |
  • 鳥居携帯 #-
  • [ 編集]

細谷さん、ブログありがとうございます。
「相手の価値を認めて、お互い尊敬しあえる
関係を築く」。まずは、相手を認めること
を心掛けます。

  • 2014/03/19(水) 18:49:18 |
  • URL |
  • 古橋 力 #-
  • [ 編集]

こんばんは!
小野@馬耳です。

細谷さん!
「罰と褒美と忠誠心」ありがとうございます。
息子さん、飛行機図鑑、買えたのでしょうか?
その図鑑、どんなことがのっているんだろう?
それにしても、飛行機って本当にすごいですよね。
あの巨大なものが空を飛び、他の場所、他の国、
他の大陸に行けるのですから…
息子さんはその凄さに気づいているのだと思います。
それもすごいことです!

  • 2014/03/19(水) 23:07:48 |
  • URL |
  • 小野@馬耳 #-
  • [ 編集]

細谷さん、ブログありがとうございます。
僕も小学生の時は宿題をやり終えたらテレビを観ていいなどと決められていました。
その宿題の時間が苦痛でしょうがなかったのを今でも覚えています。
自分の行動(話し方、接し方)をまずは変えていきたいです。

  • 2014/03/20(木) 05:59:11 |
  • URL |
  • 蕪木宏晃 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://numazukeieijuku.blog22.fc2.com/tb.php/3247-e816c8ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad