沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

デギュスタシオン!

平成25年11月13日(水)輿水酒店 輿水誠司

日本ソムリエ協会ワインアドバイザーの話を先日させていただきましたが、資格の宣伝に限らず、他にも大きなメリットがありました。
一つは知識量が増えたことです。
今までも一般のワイン雑誌などは購読しているので、知識の積み重ねはあるのですが、今回の試験範囲は日本ソムリエ協会の教本が試験範囲になります。
基礎から応用詳細まで分厚い教本を元に勉強したことは、全部を理解できないまでも、一定のレベルまで引き上げて貰いました。
おおざっぱにしか理解していなかったことを、原因や分析、理由づけを通して説明できるようになったことは私にとって大きな自信になりました。
また、間違って憶えていたことや、以前の情報が変更になったことなども見つかり、訂正するとともに正確な知識を得ることもできました。
もう一つ大きなメリットは、デギュスタシオン能力の向上です。
フランス語で、デギュスタシオン、英語ではティスティング、日本語では利き酒になるかと思います。
ソムリエ協会の2次試験ではこのデギュスタシオンの試験と口頭試問がありました。
デギュスタシオンでは、5種類の飲み物が出まして、3種類のワインとカルバドス(ブランデーの種類)とフォーティーファイドワインという飲料が出ました。
ワインについては「ブドウの品種と国名、味の表現」をしなくてはならなかったため、国別品種を利き酒する訓練を春より行ってきました。
しかし、当初全く上達しませんでした。
簡単そうに思われるかもしれませんが、ブドウの品種や国名を当てることは、いくら練習しても私には容易なことではありませんでした。
目の視力や耳の聴力が練習しても、なかなか効果が出ないと同じように、鼻の嗅ぎ分け力や、舌の味見分け能力も、中々上達しませんでした。
一緒に利き酒の勉強を始めた友人Aがいるのですが、圧倒的にAのほうが鼻も舌も能力が上位です。
過去ワインを飲んでる量は私の方が圧倒的に多いにも関わらずです。
ようやく利き酒が徐々に当たり始めたのは、基礎的なコツみたいなものが少し分かり始めたからでした。
と言いましても、まだまだ相当に未熟なレベルですし、訓練や勉強を相当に重ねていかなければなりません。
ただこうして試験のためとはいえ、受験勉強したことで、知識や技術の向上につながったことを実感しています。仕事にも大いに役立ってますし、大きな自信になりました。
まだまだ先は長いですが、次への一歩を目指したいと思います。
スポンサーサイト

コメント

美幌町教育委員会が『のんべぇ講座』と題し、帯広(松山千春の実家の
近くにあるマチ)のホテルでソムリエをしてる方を招いたことがありました。
湯豆腐には→白ワイン。マグロには→赤ワイン。ワインはコンビニで充分。
これを【マリアージュ】と言うのでしょうか?
そんなお話を聞き、【ワイン】が身近な存在に思えてきました。
輿水さんオススメの【マリアージュ】あれば、試してみたいですね。

  • 2013/11/13(水) 05:52:33 |
  • URL |
  • 安藤守 #-
  • [ 編集]

輿水さん、ブログありがとうございます。
品種ならまだ分かりそうですが、国名も当てなければならないのですか!
その努力で自信がついて良かったですね。
更なる上を目指してください!

  • 2013/11/13(水) 07:41:00 |
  • URL |
  • 海野貴 #-
  • [ 編集]

おはようございます。細谷です。
輿水さんブログありがとうございます。

デギュスタシオン・・・難しいですね。日本酒の利き酒の方がなじみはありますが、ワインはやったことがないので、機会があればやってみたいなと思っています。

専門知識の向上はプロとして恥ずかしくないように日々勉強しなければなりませんが、伝える時はいかに専門用語を使わずに周知させるかは腕の見せ所ですね。

イメージ的にソムリエの詩的な感覚の味の表現方法はこちらが思わず笑ってしまうようなコメントもあります。日本人向けの趣のある表現方法があれば聞いてみたいと思いました。

今度経営塾で試飲の勝負をしましょうか?そこで格付けしてみますか?

  • 2013/11/13(水) 08:52:10 |
  • URL |
  • STK細谷 #-
  • [ 編集]

こんにちは!
小野@馬耳です。

輿水さん!
「デキュスタシオン」ありがとうございます。
練習のお手伝い、しましょうか?
細谷さんの格付けチェック、いいですねぇ。
みんなでワインを購入して、やりましょうか?
挑戦してみたいです。

  • 2013/11/13(水) 12:29:31 |
  • URL |
  • 小野@馬耳 #-
  • [ 編集]

「利き酒」もフランス語になると、カッコいいですね!
しかし、輿水さんの努力は本当に素晴らしいと思います。
とても微妙な味の違いを見分けるためには、繊細さが必要でしょう。
舌の感覚も繰り返しのトレーニングで鍛えられると知り、とても励まされます。

  • 2013/11/13(水) 16:10:58 |
  • URL |
  • 杉井 #-
  • [ 編集]

輿水さん。 どうもありがとうございます。

 味覚、嗅覚を高めていくようなことは、とても大変なこと、と思います。

 当初、困難さに直面しても、あきらめずに、計画を立て、勉強と訓練を続けられ、向上していく輿水さんは、すごいです。

 私も、輿水さんを見習って、目標を持って、その達成に向けてがんばらねば、と思います。

  • 2013/11/13(水) 17:28:18 |
  • URL |
  • 鳥居 #-
  • [ 編集]

輿水さん、ありがとうございます。
本当に難しい資格なんですね。
友人と一緒にするのも、良いと思いました。

  • 2013/11/13(水) 20:35:13 |
  • URL |
  • 古橋 力 #-
  • [ 編集]

ブログありがとうございます。

上達が、目に見えて分かると嬉しいですね。
当てられるとかっこいいです。

  • 2013/11/13(水) 22:19:56 |
  • URL |
  • 古橋幹大 #-
  • [ 編集]

輿水さん ブログありがとうございます。
資格を取ることによって知識や技術の向上につながってよかった
ですね。
僕も輿水さんを見習って今の自分に満足しないで
常に上を目指していきたいです!!
【プロと呼ばれるために☆☆☆】

  • 2013/11/13(水) 22:37:55 |
  • URL |
  • 蕪木 宏晃 #-
  • [ 編集]

輿水さん、ありがとうございます。

やってやれないことは無い。
努力すれば出来るようになる。
そんな勇気を頂くブログでした。
ありがとうございます。
タイトルは新しい戦闘ロボットの名前かと思いました。
(ヱヴァンゲリヲンの後継機)

  • 2013/11/14(木) 05:27:26 |
  • URL |
  • 藤田教芳 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad