沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

「こんぺいとうキッズ」

「こんぺいとうキッズ」
2013年7月20日(土)
おはようございます。細谷です。1週間よろしくお願いします。

今年度から静岡県自閉症協会というに入会しました。発達障害の子どもを持つ親御さんが中心ですが、ソーシャルスキルを学んだり、各家庭が持つ問題課題などの色々な解決方法のヒントをもらえたりします。妻がそこであるブログを紹介されたので見てほしいということで見てみました。ちょっと長くなりますがぜひ読んでもらいたいので、以下全文紹介します。

発達障害のあるひいちゃんが小学校6年生の時に書いた作文をご紹介します。
この作文は、平成21年度人権作品コンクールで小学校作文の部最優秀賞を受賞しています。

「ぼくの人生こんぺいとう」

僕には、「発達障害」というものがあります。障害ではあって病気ではありません。
これは生まれた時からある物なのです。

ちなみにぼくの障害名は、「ADHD(注意欠陥多動性障害)」と、「高機能自閉症」です。

他にも発達障害の内には「LD(学習障害)」や、「アスペルガー症候群(略してアスペ)」、
さらに「自閉症」などあります。

僕に障害があるとわかったのは、2歳9ヶ月の頃です。しゃべり始めが遅く、不思議なことばを言っていたらしいし、走り出したら止まらないので、障害にくわしいお医者さんにみてもらったようです。

そのとき「ADHD」としんだんされたようです。不思議な言葉のことは、「あ、宇宙語ですね」と言われたそうです。一年生の時、「高機能自閉症」としんだんされました。

小学校に入ってからいじめが多くなりました。からかわれている事もありました。しかし幼いころは遊んでくれているんだと思っていました。

でもそのうちいやがらせだと分かりました。「ガイジ」とも呼ばれました。悲しかったです。泣いて帰ることもありました。

そんな時お父さんは、「発達障害を持っていることは悪いことではない。悪いのはいじめることだ」と言ってくれました。確かにそれが分かった気がします。

発達障害にもいい所があると分かりました。興味あることに集中やひらめいたり、熱中しています。
パズルやマンガ作り、テレビ「IQサプリ」は大得意でした。なんでも夢中になると、周りの様子が分からなくなることが欠点ですが、これは作用の中に入れておきます。

僕がまだ小さい頃、何かに夢中で、線路に座り込んでいたらしいです。でも、ご近所の人がぼくを家まで送ってくれたらしいです。

3年生になった時、初めてぼくの障害名を聞きました。テレビを見て、(発達障害の)「ぼくはどれ?」
とお父さんに聞いたらしいです。

聞いた時は大したリアクションではありませんでした。しかし聞かれたお父さんは、なんと言おうかとドキドキしていたらしいです。

友達と遊びたいけど、どんなふうに話しかければいいか、どう反応すればいいか分からないから、友だちとケンカになったり、友だちを泣かせてしまったり、そういうことをしたことがあったけど、僕は友達がたくさんほしいです。

4年生の時、仲の良いクラスの友達と、どうすれば友だちが増えるのか相談しました。そして、みんなに手紙を書こうと決まりました。夜まで書きました。数日後、みんなに手紙をわたしました。

内容は、「ぼくは、『ADHD』と、『高機能自閉症』という発達障害を持っています。・・・・」

みんなの反応はというと、内容を分かってくれて、友だちになってくれた人もいたけど、逆に、手紙を返したり、破っていたり、いじめがエキスパートしたり、いろいろでした。

これを聞いたお父さんは、「お前は勇気がある」と言ってくれました。

お父さんは、発達障害のある子どものことを「こんぺいとうキッズ」と呼んだりしています。色も形も色々で、いい所苦手なところのでこぼこがいっぱいあるけど、そこがまたみりょく的だからこんぺいとうなのです。

ぼくは聞いただけで何をするかは苦手ですが、目で見て何かをするのと、パズルや迷路は大得意です。

忘れっぽいですが、思い立ったらすぐに始める行動力があります。

運動は苦手ですが、ちょうせんする心はあります。

発達障害のない人たちへ、
発達障害の人に「かわいそう」や「かわっている」など言わないで下さい。その人が悲しんでしまいます。

発達障害がある人たちへ、
あなたのところでいじめはありますか?いじめは自分のせいと思っていませんか?決してそうではありません。からかう方が悪いのです。

まだみんなに発達障害だと伝えていないのなら、朝か帰りにみんなに告白しよう!きっと友だちが増えるかもしれないよ。

自殺なんかするよりも、今、自分のいいことを探してみよう。
時間という物は味方、そして、発達障害は天からのプレゼントだ!
プレゼントだからいい物に決まっているじゃないか!

平成21年度 人権作品コンクール 小学校作文の部 最優秀賞
○○小学校6年 ○○ ○(ひいちゃん)

ひいちゃんのご家族より、
多くの方に発達障害について知って欲しいとの願いから掲載の許可を頂きました

これを読んで皆さんがどういう感想を持つかわかりませんが、発達障害を持つ子どもの気持ちが少し理解できたような気がします。勇気をもってこれだけのことを書いたひいちゃんに心から敬意を表します。
スポンサーサイト

コメント

素晴らしい作文を紹介していただき、ありがとうございます。
私も発達障害の子供たちをたくさんお付き合いをしていますが、周りの理解が足りないために二次障害に苦しんでいる子が多くいます。
この子が言うように、まず発達障害というものを理解してもらうことを進めていきたいと思っています。

  • 2013/07/20(土) 07:28:21 |
  • URL |
  • 杉井 #-
  • [ 編集]

細谷さん、一週間よろしくお願いします。
事実をとてもよく認めていると思いました。
自分と周りの理解が大切だと思いました。

  • 2013/07/20(土) 12:30:48 |
  • URL |
  • 海野貴 #-
  • [ 編集]

ひいちゃんの作文のおかげで、発達障害はどういうものなのかを知ることができました。
親御さんが、発達障害に理解を示して、その子の良い所を発見し、褒めてあげていることは、素晴らしいと思います。
私共は、細谷さんと奥様の姿勢を学びたいと思います。
一週間、よろしくお願いします。

  • 2013/07/20(土) 16:14:23 |
  • URL |
  • 鳥居携帯 #-
  • [ 編集]

こんばんは!
小野@馬耳です。

細谷さん!
「こんぺいとうキッズ」ありがとうございます。
ひいちゃん、凄いなぁ~
これは、発達障害の方にも、そうでない方にも
勇気を与えてくれますね。
素敵な作文をありがとうございました。

一週間、よろしくお願い致します。

  • 2013/07/20(土) 21:15:20 |
  • URL |
  • 小野@馬耳 #-
  • [ 編集]

おはようございます。
細谷さんブログ当番ありがとうございます。
私も発達障害について、ちゃんと理解していない一人です。
障害者の方に接しているときも、
もしかしたら理解が足らずに、大変失礼をしてしまったかもしれません。
発達障害についてもっと知りたいです、また、詳しく教えてください。
昨日課題5:00社 外掃除40分中掃除10分ワイン×葉書×A×

  • 2013/07/21(日) 05:08:44 |
  • URL |
  • 輿水誠司 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://numazukeieijuku.blog22.fc2.com/tb.php/2995-b8851993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad