沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

【魅力】

おはようございます!
小野@馬耳です。

今日は沼津経営塾です、お気をつけてお越し下さい。
会場がころころ変わりますが、今回はいつもの
沼津市民文化センターの第五会議室です。
では六日目、宜しくお願い致します。

【魅力】
今週のブログに、電話工事の高齢化の話を書き、
「電話の仕事に魅力がないから人が集まらない」
というようなことをかいた時、海野さんが
短いコメントでしたが、「会社に魅力を付ける、
それが経営者の仕事でしょ!」というような事を
書いてくれました。
全くその通りだと思いますが、自社に当てはめた時、
私にはそこまで考えられませんでした。
やっぱり海野さんは、凄い経営者だなぁ~と
思いました。

こんな書き方をしてしまうと怒られてしまう
かもしれませんが、ゴミを回収して下さっている
会社も、とても魅力的で、人が集まる会社って
いっぱいありますもんね。
ゴミの回収に、魅力がありカッコイイか?と聞かれると
なかなかそうは思えないと思います。

ところで、社員さんをひきつける魅力、
お客様を引き付ける魅力、
どんな事に気を付けていますか?

短いブログですみません。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。細谷です。
小野さんブログありがとうございます。

魅力になるかどうかはわかりませんが、働いていて何となく楽しいと思う雰囲気や何かあった時に頼みやすい会社というのは魅力があるのではないかと感じます。

自分の子どもの例ではないですが、表現の仕方が不器用な子は、感情や行動をきちんと認めてあげる必要があります。そして多少時間がかかっても見守って自分で問題を解決するように見守ることが大事だそうです。

会社では失敗しても、また腕が上がったねとマイナスをプラスの言葉で褒めてあげたり、発言に対してもあまり否定的ならないように認めてあげるところから入っていくといいのかなと感じています。

会社の魅力としてはSTKの社名通り、スピード、確かな技術、親切さは自分が逆の立場でも魅力的です。

他人のことはどんなにがんばっても理解しきれるものではありませんが、自分が外に出て客観的に見て、魅力ある人(会社)だなと思ったところの真似をとりあえずしてみたらいいのかなと思いました。

  • 2013/07/04(木) 06:54:19 |
  • URL |
  • STK細谷 #-
  • [ 編集]

小野さん、ブログありがとうございます。
人は自分にとってプラスがあるところに集まるのかなと思います。
「居心地がいい」「楽しい」「儲かる」人によっていろいろだと思います。
会社(社長)は気付かないうちにそういった何かを発信していて、それに合う人が残るのだと思います。
多くの人から支持される魅力を付けていきたいと思います。

  • 2013/07/04(木) 07:07:52 |
  • URL |
  • 海野貴 #-
  • [ 編集]

おはようございます。
小野さん6日目ありがとうございます。
私も人を惹き付ける魅力が欲しいですが、
現状からみて、どうも持ち合わせていないようです!(笑)
魅力を持てるように意識しているのは、
誠実にやること、励ますこと、上を向いて歩くことを
自分に言い聞かせています。
魅力というと良くも悪くも幅広いですが、
小野さんの「強み」、沼津電話工事の「強み」と考えると、
周りからみていて、我々はいくつも沢山、挙げることができます。
小野さんにとっては当たり前すぎて「気が付かない」又は、
「強みと思っていない」又は「だからそれがナニ?」
と思っている節があると思います。
海野さんのやり方は海野さんだからこそ、はまったと感じています。
小野さんは小野さんに合ったやり方でないと続かないと思います。
具体的にそのやり方は何?
と私には確たる答えがありません。(すみません!)
小野さんの強みをどう活かすかが、問題ですね。
でも、(これぞ、The 小野さん!)と近々に思ったのは、
おのちゃんまんプロデュースの被災地手品です。
他の人には無い飛び抜けた魅力だと思いました。
(魅力を仕事に無理やり当て嵌めるより、魅力の活かる所にポジション移動する手もあるのかな、と思います。)
以前、講義で同じボタンを押し続けても違う答えは出ない、
とありましたが、もう違うボタンを試す時期でなのかもしれませんね。
昨日課題5:00社 外掃除40分中掃除×ワイン×葉書×A×

  • 2013/07/04(木) 07:39:29 |
  • URL |
  • 輿水誠司 #-
  • [ 編集]

小野さん。ブログ、どうもありがとうございます。
 以前、タクシーの仕事で、ご年輩の女性の方が乗車されたときのことです。その方は、ご家族のその方に対する接し方に不満を感じていて、乗っているあいだずっと、不満を述べて、意気消沈されていました。
 私の方が年齢が下で、私の人生経験からは、その方に、どういう言葉をかけたら良いのか分かりませんでした。でも、何とか、その方を元気にしてあげたいと思いました。
 どうしても言葉は思いつきませんでしたが、その方が降車されるときに、笑顔を作って、「子供だましみたいだけど・・・これでも食べて、元気を出して。」と、塩あめを二つくらい、渡しました。
そしたら、「・・・塩あめ?! 私、これ大好き。・・・。」と言って、喜んでもらえました。
その方が、明るい表情になって良かったです。
 
 自分の持っているものすべてを出して、全力で対応する、ということでしょうか。

  • 2013/07/04(木) 14:57:43 |
  • URL |
  • 鳥居 #-
  • [ 編集]

小野さん。
 次のブログ当番、私でよければ、やらさせていただきます。

  • 2013/07/04(木) 16:37:47 |
  • URL |
  • 鳥居 #-
  • [ 編集]

鳥居さん!
是非、お願いします!!
楽しみにしています。

  • 2013/07/04(木) 22:46:26 |
  • URL |
  • 小野@馬耳 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://numazukeieijuku.blog22.fc2.com/tb.php/2979-79b6b10d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad