沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

50kmウォーキング

8月5日  うみの塗装   海野貴

今日は静岡経営塾の研修で山中湖50kmウォーキングに参加します。
以前50kmウォーキングをやってから、もう10年近く経つので完歩できるか心配です。
私が初めて50kmウォーキングに参加した時には、一週間前に運動会のリレーで足が肉離れをしてしまい、最後は足を引きずりながら歩いて、とても辛かったことを憶えています。

その後はマラソンなどをやっていましたから、それほど苦にならなかったので、今回50kmウォーキングをやると聞いた時には「まあ完歩はできるだろう」と軽い気持ちでいました。

しかし、いざ練習を始めてみると少し歩いただけで足のあちらこちらに痛みを感じ、この10年でかなり身体が衰えていることを感じました。
ですから、また初めての時のようにボロボロの状態になるのではないかと不安で一杯です。

以前50kmウォーキングをしていた頃は社員さんもいなかったので、私一人での参加でしたから「とにかく気合いで歩き切るぞ!」という思いで参加していました。
しかし今回は社員さんたちも一緒に参加するので、以前のように自分だけやればいいのではなく、これを通して皆が良くなることを考えなければならないと思いました。
50kmを歩くのですから、大変であることは当然なので、「大変だったけどやって良かった」というようにしなければならないと思いました。
一番良いのは、これを通して会社の仲間がまとまることだと思いました。
ですから「完歩」という目標に向かって、事前の練習を皆で一緒にやって本番当日だけでなく、皆で声を掛け合い、協力しながらやっていきたいと思いました。
今回は、柴﨑さんは山登りなどの経験があり、先日も沼津アルプスを制覇して、歩くことでは私たちの中で一番実力があるので、このウォーキングのリーダーをやってもらうことにしました。
メンバーを率いて目標を達成するということは、仕事にも通じることですから、リーダーシップを発揮して皆を引っ張って行ってもらいたいと思いました。

限られた練習時間のなかで柴﨑さんは、歩くコースを考えてくれたり、途中でストレッチを取り入れたりといろいろな工夫をしてくれました。
練習期間があまりに少なかったので、十分な準備はできませんでしたが、身体を慣らすことはできましたので、あとは本番で皆で声を掛け合いながら完歩を目指したいと思います。
結果はどうなるかわかりませんが、ゴールまでの過程を皆で楽しんで、いい思い出が作れたら嬉しいです。
スポンサーサイト

FC2Ad