沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

「模擬授業」

「模擬授業」
2017年8月2日(水)
おはようございます。細谷です。5日目よろしくお願いします。
今日は何の日か知っていますか?そうです。44回目の細谷の誕生日です。ということでプレゼント受付中です(笑)

細谷家の日常~買い間違い~
先日、妻と長男が横浜の学校に面談に行った時の会話です。時間が迫っていて急いでいたらしいのですが…
妻:「泰誠!早く切符買って!大人2枚!早く早く!」
長男:「うん!わかった…でも」
妻:「早くって言ってるでしょ!」
…そして、改札を通り少し落ち着いたところで、
長男:「さっきママが怖くて言えなかったけど、僕って大人なの?」
妻:「…あ!そうだ。子どもの値段で切符買えたのに!はははは(笑)」
子どもに厳しく自分に優しい、笑ってごまかす妻でした…。

さて、3月からヒューマンアカデミーで外国人に日本語を教える勉強していますが、日本語学校で初級者を教えるための教授法というのがあり、模擬授業をやりました。毎週15分間の模擬授業を生徒全員がやるのですが、その準備が結構大変で、毎回6時間くらいかけて準備の教案を作成していました。

3日くらい構想を練って、何となく感じをつかんでからの6時間くらいで仕上げていきましたが、1週間あっという間でした。そこで色々な気づきがありましたが、まだ習っていない単語や文法を使ってはいけないという制約の中で、授業を進めるのはかなり難しいです。

シミュレーションを何度も頭の中で繰り返していると、想像の中ですが、色々なパターンが出てきて面白かったです。何かに似ているなと思ったら、経営計画を立てるのと一緒だなと思いました。授業という1時間程度の計画の実践か、1年~3年かけてやる計画の実践か、時間軸の違いはあるにせよ、MGみたいな感じかなとも思いました。

戦略を練るという観点から見ると、将棋や囲碁のように何十手先を読んで、今の自分の駒の動きを決めますが、人の感情やその場の状況など一瞬一瞬動きを変えなければならないことも出てきます。

MGのような模擬経営は最終的なゴールを意識しながら、普段からしていきたいなと思いました。補助金申請などの経営計画や毎年の経営発表もその一つですが、頭の中のゴールが具体的になればなるほど成功率は高くなるので、来期の計画も頑張って描きたいと思いました。

スポンサーサイト

FC2Ad