沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

【ジャック】

小野@馬耳です。

一週間、宜しくお願い致します。
お待たせしました! どうでもいい写真 第三弾。
身近であったり、近所にある、私が不思議に思ったり
おかしいと思った写真をお届けします!!
ブログの内容より、写真をお楽しみ下さい。

せっかく吟選したのに… 
2016082622520000.jpg

まぐろ入れちゃうんだ。

【ジャック】
皆さんのお宅では、ペットを飼われてますか?
うちは、娘が不登校になり、ちょうどレイノルズ先生にお会いした時、
娘の話をしたところ、「娘さんより弱いもの… ペットなんかが
近くにいると良いかも」とアドバイスを頂き、
早速、新聞の“ペット譲ります!”のコーナーで出会った、
ビーグル犬、「ジャック」がうちにやってきました。
今から、13年前のことです。
広~い庭(笑)に、素敵な犬小屋を建ててあげて、これで娘も良い方向にと
思っていたのですが…

そのジャックは来た当日から昼夜関係なく、庭先から見える、通るもの
すべてに向けて大きな声で吠え続け、静かな住宅街では「遠吠えジャック」
として恐れられ、ついには、近所の方から、匿名の苦情のお手紙を
頂くまでになり、仕方なく、自宅内で飼育するとこになったのです。

家の中では、応接セットはぶっ壊し、ゴミをあさり、散らかし、
カーテンをぶち破り、まぁ~ 「切り裂きジャック」ですよ!
しかし、自宅の中にずっと置いておくわけにもいきませんから、
ちょっとでも庭に出せば、すぐ大きな声で吠え、散歩に連れていけば
すごい勢いで引っ張り、そしてそこでも吠え。
あぁ、こんな犬、飼うんじゃなかったと、思ってしまう事しばしば。

それでも、可愛いところもあり、ちゃんと家族のことは理解をし、
待て!お手!ヨシ!ボールもってこい!などの芸もやってのけ、
家族の一員として、13年間過ごしてきました。

そんなジャックが、春ごろから、自慢の勢いよく吠える声が
かすれた弱々しい声に変わり、足取りもヨタヨタで、
庭からデッキに上がるのも困難になり、病院では悪いところは
見つからず、年齢のせいかな?と心配していたところ、
先日、家族全員がお休みの日を選んで? 家族みんなに看取られて
静かに旅立っていきました。

実際、ジャックがいなくなってからも、今までいた場所を
見てしまいますし、まだ、自宅にジャックがいるように感じる
事もあります。
かなり手をやいた犬でしたが、やっぱり寂しいですし、
大切な家族の一員だったことに今、気づきました。

ジャック! 素敵な時間をありがとう!!

あっ、ジャックのお葬式が済んだ帰り、妻がコンビニで買ったものは
ホットドックでした。流石です!
スポンサーサイト

FC2Ad