沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

アスペルガー


小野園三島店 室伏剛

今年の4月に行われた沼津経営塾で私はアスペルガーの可能性が高いことが分かったのですが、その次の日だったと思います。職場の近くのコンビニに寄りました。
私はたまにそのコンビニに寄ると雑誌コーナーと隣接している単行本コーナーでビジネス本などをチラ見したりすることがあるのですが、その日も歩きながら横目で眺めていると「アスペルガー症候群との上手なつきあい方入門」と書かれた本が並んでいるではありませんか! ちょっと目を疑いました。
私自身アスペルガーという言葉も今回初めて知りましたし、杉井先生からアスペルガーは100人に1人と聞いていましたから、まさかそんなマニアックな本にしかもこのタイミングで出会うとは・・・思わず買ってしまいました。

本は薄目で1ページに1項目書かれていてスラスラと読めてしまうものです。
購入して直ぐにサッと読んだのですが、正直あまり自分には当てはまらないかなっと感じていました。

今回ブログを担当させて頂くにあたり改めて本を読み返してみたのですが・・・いくつも思い当たるものがありました。
その中でも特に自分が感じたものが、アスペルガーの人は「ほかの人から見ると不必要な荷物をたくさん持ち歩く」傾向にあるようです。これは大切なものが揃っていることに安心感を覚えるからだそうですが・・・私、毎日会社に出勤するときに、どっさりファイルが何冊も入った手提げを両手で持っていきます。仕事以外でも空手や町内会のファイルなど仕事中は使う事がないのに、連絡がかかってくるかもしれない、仕事帰りにファミレスで先日の会議の資料のまとめをやろうかな、などの理由で取り敢えず持って車に乗り込んでいます。そして結局、帰宅するまでその資料を開くことは殆んどありません。
これからは毎日15分、整理整頓の時間を設けてその日、本当に必要なものだけを最小限持ち歩くよう心掛けます。

まだまだあります。アスペルガーの人は「優先順位の付け方が苦手」だそうです。
これは自分でも分かっていたので以前から毎日やるべきことを書き出して優先順位を付けて取り組んでいます。でもやり切らないで翌日に持ち越してしまう事も多いい為、一つ一つ完結させることを心掛けていきます。

「複数のことを同時に出来なかったり、今ある計画をどういったプロセスで進めていけば良いかを考える事が難しい」といった特徴もあるようです。
確かに私は具体的に行動計画などを立てること自体が苦手です。
これも同じく一度書き出してから段取りまでを具体的に明文化して取り組む事で改善していきたいと思います。

この他にもまだまだ書ききれない程当てはまるものがありました。
どうやら私はアスペルガーのようです。
アスペルガーは場の空気が読めなかったり、こだわりが強すぎたり、臨機応変な対応が苦手だったり、普通の人が当たり前にできることが出来ないことが幾つもあるようですが、その様な自分であることを認め受け入れて、一つ一つ改善策を具体的にして取り組んでいきたいと思います。

アスペルガー症候群が遺伝する確率はかなり高いそうです。私の子供がどうなのか分かりませんが、もしそうであったとしてもアスペルガーでも幸せに生きられるという事を私自身が身をもって示していきたいと思います。
スポンサーサイト

FC2Ad