沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

自分の正しさを疑う

小野園三島店 室伏剛

よく杉井先生のブログの中にも「自分の正しさを疑う」という話が出てきますが最近になってようやく自分が間違っていたという事に気付き始めてきました。

私は臆病で人に自分のことを否定されるのが人一倍怖いのかもしれません。
なので誰かと会話をしていても常に自分の幾つものフィルターを通していて、相手の話が終わってもいないのに相手の言わんとすることを決めつけたり、家族などには途中で話を遮ってしまうことも何度もありました。

アスペルガーの傾向の強い私は臨機応変に対応することが苦手らしく普通の会話だとまだよいのですが、何か頼まれごとをされたりして自分のペースを乱されることに抵抗があるようです。新しい提案をされたりすると即座に受け入れることがしにくく壁を作ってしまうようです。

また外ズラの良い私は普段はそれなりにコミュニケーションをとっているつもりでいるのですが・・・(そう思っているのも自分だけかもしれません 汗)家族など親しい人になればなるほどその壁が顕著に現れているように思います。
自分で壁を作って自分は正しいを主張して人間関係をギクシャクさせています。
そんな壁など取っ払ってもっと心の触れ合える時間を大切にしないと、とてももったいないと思います。自分で作った壁なのだから自分で取り外すしかありません。

今でも無意識に自分は正しいをやってしまっていますが、それでも最近は相手の言葉に反応しそうになったとき立ち止まって本当に自分は正しいのかを自問自答することが出来るようになってきました。
また自分の事ではなく相手の話の意図は何なのかをしっかり理解することに努めるようになってきました。

自問自答するようになって気付いたのですが、私の場合自分の正しさを疑うどころか、殆んどの場合自分が間違っているのではないかと思いました。
自分の考えというよりも相手の言葉に反応して相手の意見を否定する事が目的になっていたと思います。

今日も自分のとっても情けないところ、恥ずかしい部分をさらけ出してしまいましたが、これからも一つ一つ自分のフィルターを剥がしていきたいと思います。
スポンサーサイト

FC2Ad