沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

新茶 繁忙期

小野園三島店 室伏剛

私の職業はお茶屋です。実家の「小野園三島店」の代表でもありながら普段は「小野園製茶工場」にてお茶作りに励む毎日です。

お茶屋は4月の中旬から5月末にかけて一番美味しい旬の新茶の収穫、そして製造の時期を向かえ、この時だけはとても忙しくなります。

普段は2~3名で仕事をしている小さな工場ですが繁忙期だけは10名程のアルバイトさんに来て頂きます。
アルバイトさんと言っても多くの方は昼間はそれぞれに仕事をしていますので、夕方から来て頂く方が殆んどで、後は三交代勤務の方や今年から日中はシルバー人材センターの方にも来て頂きました。

経験がないと出来ない仕事も多くある為やって頂けることは限られているのですが、今年改めてつくづく感じたことは、皆さんお茶に関しては本業ではないので知らないのは当然ですが、それ以外のことに於いて私より遥かに色々な事を知っていて経験も豊富で優秀だという事です。
そして何より皆さん本当に気持ちよく、ある意味仕事を楽しんでやって頂いていることに感謝しております。

本業の仕事が終わって夕方から来てくれるアルバイトさんも僕たちを助けようと少しでも早く来れるよう努力してくれています。
工場の仕事が溜まっていると、次の日も本業が朝からあるのに快く残ってくれます。
シルバーさんも当初の予定時刻を過ぎても「自分が受けた仕事が終わるまではやりきる!」と言って何日も残業してくれました。

シルバーさんを含め年配の方も何人かいらっしゃるのですが、みんな額に汗して声を掛け合いながら仕事をしています。

繁忙期を終え今振り返ってみると、いい仲間とある意味とても楽しい時間を過ごさせて頂いたように思います。
先日も新茶の「ご苦労さん会」を会社で企画して頂きました。皆さんに感謝の気持ちを伝えることが出来たとても楽しい会となりました。
私は幸せ者だと思います。
スポンサーサイト

FC2Ad