沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

夏詣!

平成29年5月12日(金)三島市輿水酒店輿水誠司

 最終日、宜しくお願いします。
明日からは、沼津の鍵屋さん、高橋さんがブログを担当して下さいます。

最終日の今日は、宣伝も兼ねました新企画のチャレンジを発表させて下さい。
新しいことを始めるのはエネルギーがいりますが、チャレンジすることで仕事を活性化させたり、自分自身を奮い立たせる効果をねらっていきたいと思います。

皆さん、「夏詣(なつもうで)」って、ご存知ですか?
お正月にお参りする「初詣」は耳にすると思いますが、その夏バージョンみたいな感じです。
くわしく話しますと、神社では大晦日に「大祓い(おおはらい)」といって、身をはらい清め1年を感謝する儀式があります。
そして元旦には新年に願いをこめて「初詣」を行うのが日本の風習です。
同じく6月30日には、「夏越し祓」といって、上半期の穢れ(けがれ)を晦日(みそか)に祓い、残り半年の幸運と繁栄を願います。
ただ、お正月三が日に神社仏閣に「初詣」される方11億人(警視庁発表)に対して、「夏詣」する方は少ないです。
実は近年、「ニッポンの新しい習慣づくり」ということで、「夏詣(なつもうで)」のイベントが浅草の神社などで力を入れているそうです。
前置きが長くなりましたが、「夏越しの大祓」の儀式をうけた「夏詣酒」を新しく企画して販売することになりました。
実際に6月30日に「夏詣酒」を神社に奉納し、正式にお祓いをうけます。
上半期に感謝し、残り下半期の平穏を祈願したお酒になります。
また、縁起が良いだけでなく、実際のお酒もちょうど美味しく仕上がる予定です。
実は昨年に品質の同じお酒を1月に仕込み、6月末に飲んだところ、口当たり良く美味しい酒に仕上がっていました。(立春朝搾りに近い酒質です。)
今回は全く初めての企画で、日本名門酒会の静岡県の一部の有志の酒屋のみで行います。
企画がうまくいけば、来年以降、他県の日本名門酒会の酒屋さんにも火がつく可能性もありますが、数年やってみて盛り上がらなければ、無くなることでしょう。
新しいことを始めるのは手間ひまかかりますし、不安もあります。
だからといって(打席に立たなければ塁にも出られない)という思いもあります。
正直どうなるのか、やってみないと分かりませんが、ヒットでもデットボールでも、とにかく塁に出て一つ進塁したいと思います。
もう2ヶ月もありませんが、店頭で声かけたり、チラシ配ったり、「こしみず通信」にも案内して、目標クリア目指して頑張りたいと思います。
だいぶ、宣伝PRになってしまい失礼しました。

つたないブログに一週間お付き合い下さり、ありがとうございました。
スポンサーサイト

FC2Ad