沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

「イメージの大切さ」

「イメージの大切さ」
2017年5月31日(水)
おはようございます。細谷です。5日目よろしくお願いします。

細谷家の日常~白目~
ある朝、息子を車で学校まで送っていきました。
息子:「パパ、授業中寝てても怒られない方法を見つけたんだけど」
自分:「へ〜どんな方法?」
息子:「目を開けながら寝ればいいんだよ!今から練習する!」
    ・・・目を見開いて全身に力をいれて・・・
自分:「白目になってるけど・・・」あるある探検隊?なつかしい・・・

今月はゴールデンウィークもあり、毎年売上が落ちる月ですが、今年は少し違って単月だと昨対200%になり、ちょっとびっくりしています。でも、今年の経営計画で立てた目標値とほぼ近似値で、イメージ通りの展開になっています。

以前、マネジメントゲームをやった時にイメージがしっかりできている期は、本当に運も味方に付くかぐらいの勢いで結果が出たことを思い出しました。

ゴルファーの宮里藍さんの引退会見でモチベーションの維持が出来なくなったと言っていましたが、勝つイメージが出来ないと脳も体も委縮する感じになるのでしょうか?

1日をイメージするというかシミュレーションするというか、手帳には書きませんが、目をつぶってその日行動するイメージを朝風呂に入りながらすると、1日の始まりがとてもスムーズになることがあります。

経営も人間関係も良いイメージをして、それに近づけるようにしていきたいと思いました。
皆さん13周年のイメージ何かしていますが?今年はアィンとキエンを従えて、ブルゾンつよしを・・・・忘れてください・・・。
スポンサーサイト

「適材適所」

「適材適所」
2017年5月30日(火)
おはようございます。細谷です。4日目よろしくお願いします。

細谷家の日常~実況中継~
最近野球にはまりだした息子は、プロ野球の実況中継のような独り言をつぶやくようになりました。学校のドッチボールの授業での実況中継の様子です。

息子「誰かが誰かを当てました!おーっと誰かが逃げています。」
・・・確かに間違ってはいませんが、聞いている人の想像力が試されますね(笑)

さて、先月からビジネスモデル構築(ZK法の勉強のです)の研修に行っていますが、毎回課題が出ます。その中で自分の強みを3つ考えてくる課題が出ました。自分が思う強みと他人が思う強みは違うと思いますが、細谷の強み良かったら皆さん教えてください。

自分だけでなく社員さんたちの強みや弱みをきちんと観察しているか、自問自答してみました。きちんと把握して適材適所の仕事をさせているかと言われると疑問です。自分が正しいと思っている時点で、何かを見落としているような感じがします。

戦国武将の黒田官兵衛の言葉ですが、以下抜粋します
部下へ向かって叱っています。
「適材適所、あるいはその人間が持っている能力をうまく使っていないということだ。
夏の火鉢が役に立つか。あるいは日が照っている時の雨傘が役に立つか。
おまえは、部下の能力を見抜けず、また適性がどこにあるかもよく考えない。
そのために、部下に随分と無駄な労力を費やせることが多い。
それを私は夏の火鉢やひでりの雨傘だといったのだ。心得よ」

少し心が痛む言葉ですが、自分も含め適材適所を見極めて行動することは、強みはより強く、弱みは補える組織を作る基本なのかなと思います

アィンとキエンの日本語能力の差が大きくはなっていますが、二人の特性をよく見て、能力を最大限に発揮できる適材適所の組織にしていきたいと思いました。

「2つの饅頭」

「2つの饅頭」
2017年5月29日(月)
おはようございます。細谷です。3日目よろしくお願いします。

細谷家の日常~募金~
先週、ガールスカウトに入団した娘が街頭募金をしました。妻と息子も応援?にいったのですが、息子が100円を握りしめ、募金箱の前で何やら踊っているようです。
息子:「この100円を募金するべきか?ゲームに使うべきか?」
    (100円を握りしめた手をあげて震えています・・・)
妻:「いいから早く募金しなさい!(息子の頭を小突く)」
息子:「あ~~~」といいながら募金してました
子どもでも大人でも二者択一難しいですね(笑)

さて、今年の大河ドラマの「女城主直虎」ですが、皆さん見ていますか?自分は先に本を読んでしまい、大体の内容は知っていますが、ドラマだとまた違う描き方がされているので見ています。

最初の方のエピソードで2つの饅頭の話がありました。直虎はその頃は次郎法師と言われ、師匠の南渓和尚と話をしています。以下略会話

南渓:「昔、超という国の道威という王に、中と伯という二人の大臣が仕えていた。しかし争いが勃発し、道威はどちらか一人を追い出さなくてはいけなくなった

そこで、道威は中と伯に二つずつ饅頭を渡したのだが、二人ともひとつはその場で食べた。残りの一つを、中はすぐにおなかをすかせた子どもに与えた。しかし、伯は残りの一つをずっと大切に持ち歩き、それをかびさせてしまった。さて、道威はその後、どちらに大臣を続けさせたと思うか?」

次郎は自信ありげに即答した。「中だと思います。食べられなっくなってしまっては、意味がない」南渓は、にやにやと笑っている。次郎「えっ・・・違うのですか?」

南渓「道威が選んだのは、饅頭をかびさせてしまった伯の方だった。さて、それは何故だと思う?」そういって南渓は饅頭を二つ、次郎の前に差し出した。

という話です。前後の話は長くなるので省略しますが、二者択一を迫られた時の判断基準をどうするか考えさせられました。自分はどちらの回答もありだなと思いますが、道威が選んだ判断基準が何年後の未来を考えて行動できるかどうかという基準ではないかなと感じました。

もちろん目の前のことは大事です。でも、今のこの行動が10年後、100年後の未来を作るかもしれないと思って行動している人はあまりいないと思います。何を大切にするか、何を大切にしている人と付き合うかは未来の自分への大きな課題かなと思いました。皆さんは中と伯どちらのタイプですか?

「富士山観光」

「富士山観光」
2017年5月28日(日)
おはようございます。細谷です。2日目よろしくお願いします。

細谷家の日常~もう1本~
細谷家では車の中でよくゲームをします。長男に車のナンバーを使った計算問題を出しました。指で一生懸命数えています。

息子:「パパ!指の数が足りなくて計算できない!」
自分:「そうか、じゃ足の指も使ったら」
息子:「そうだね。でも20しか数えられないよ…あ!真ん中にもう1本あった!」
自分:「・・・・・」
下ネタも言える年ごろになりました・・・。(朝からすいません)

さて、ゴールデンウィークにベトナム人のアィンとキエンを連れて、富士山に行ってきました。細谷家4人とアィンとキエンの6人で朝早く三島を出発し、河口湖の方から5合目まで車で登りました。仕事や日本語の勉強も忙しく、来日してから遠くに一緒に連れていくのは初めてです。
天狗アィン


残雪の残る富士山をバックに写真を撮り、雪も初めて触ったようでした。外国人観光客が多く、数年ぶりでしたがプチ旅行を楽しめました。インド人が多かったような・・・。

富士山記念
富士さんブログ


富士山をあとにして次に行ったのは忍野八海です。ここも数年ぶりに行きましたが、大分変っていてちょっとびっくりしました。アィンとキエンはあまり食べないので、屋台には興味がないようでしたが、猿回しには食いつくように見ていました。

忍野八海


そこでお昼を食べて2時くらいでしたが、アィンにどこか行きたいところがあるか聞いたところ、富士桜が見たいということで、閉園までに着くかどうかわかりませんでしたが、行ってみることにしました。
富士桜


案の定、渋滞に巻き込まれ着いたのが閉園30分前です。何とか見ることができて良かったです。自分も初めて行きましたが、思いのほか広く写真も撮ることができました。ただ、夕方でちょっと寒くなってきて、キエンの顔色が少し悪くなっていました(笑)
富士桜青以


彼らは毎週水曜日と金曜日に仕事が終わってから、日本語の家庭教師をつけて勉強をさせています。そして毎週日曜日は三島市のボランティアの人のところに行き、日常会話の練習もしています。自分も毎週木曜の夜と土曜日1日かけて、日本語を教える勉強をしていて、なかなか遊びに行くことも出来ず、半年近く経ってしまいました。

今回、こういう機会を持てたことで、親近感も増したように感じます。昨日のブログではないですが、辞める人もいれば入ってくる人もいます。定期的にみんなとコミュニケーションをとる機会を作っていきたいと思いました。とりあえず6月に毎年恒例のボーリング大会があるので、そこでみんなとゆっくり話したいと思います。
【“「富士山観光」”の続きを読む】

「H君の退職」

「H君の退職」
2017年5月27日(土)
おはようございます。細谷です。1日目よろしくお願いします。

細谷家の日常~看板読み~
御殿場までお墓参りに行く車の中で、娘がしりとりしようと言い始めました。家族内でも少し飽きてきた車内しりとりを打開すべく、車から見える看板の字をどれだけ読めるかというゲームに変えました。

娘:「あれは、はま寿司、セブンイレブン、あとあれは・・・100万円ショップ!」
自分:「おしい!でも、あったら魅力的な店だね」
小学校に入学したばかりの娘との会話でした。

では、本題です。昨年3名の採用をしましたが、昨年11月にNさんが退職し、今月、H君が退職しました。そして来年は義兄の部長も退職します。入社する人もいれば退職する人もいるのが会社ですが、自分が退職する人たちに対してどれくらいのことをしていたのか?こちらの思いとやめる人の思いは結構違うことにもあらためて思いました。

Nさんは母親の看護や病気をしたりして、業務的にきつくなりはじめ、事務以外の仕事が難しくなり、やめた経緯があります。事務効率を良くしたので、他の仕事を頼もうとしましたが、体がついていかず自分から退職願を申し出てきました。

H君は病欠や遅刻などが多く、一度やめる予定でしたが、結婚し子どもが生まれ、がんばりたいということで、正社員としていましたが、体の事や子どものことも含め、会社に来れない日が多々あり、思い切って1年間の育休を取らせることにしました。

1年間子どもの事や自分の体を治すことに専念してもらって、3月末に復帰しましたが、復帰前の面接で他の時給のいい仕事をしながら、その合間でSTKで働きたいと働き方の提案?をしてきて、つい「はあ~」と怒りが込み上げ、復帰する前にその言い分はないだろと思い、言葉は選んだつもりですが「逆の立場だったらその話は面白くないよね」と詰め寄ってしまいました。

結果、他の件の話もありましたが、やめる理由に限度はないので、ペンディングになっている仕事を5月中に仕上げて終わりにしようと話がまとまり、退職願を書いてもらいました。

NさんやHくんに対応するために、子育てセミナーなども受けましたが、修行が足らず残念な結果になってしまいました。人材の採用と育成は経営者の永遠のテーマですね。良い経験させて頂いた事実を認めて、愚痴を言わないようにしたいと思います。

できているつもり!

三島市  小島 章子  5月26日(金)
沼津経営塾 ブログ最終日  よろしくお願いします。

4月12日に浜松で子育てセミナーのインストラクター講座を受講させて頂きました。
子育てセミナーを受講させて頂いたのも、もう数年前のことになります。普段、繰り返し勉強をしていなかったために、よい機会だと思いました。受講に際しては一応一通り復讐してのぞみました。

西村さんに教えて頂きながら講座がすすめられました。
説明をしていただき、テキストを読み、メモをとり・・・。
自分自身は、とてもよくわかっています(いるつもりです)。しかし、ロールプレイをしてみてください、と課題を頂くと、なかなかできないです。 頭ではとてもわかっているつもり、できているつもり、ですがなかなか出てこないのです。
一日の研修を通して、本当に頭ではわかっているつもり、できているつもりが私はいかに多いのかなと思いました。
その後の、模擬試験でも、できているつもりの現実を目の当たりにしました。

私は実際の生活の中で、人並みになんとかこなせてきました。(きたつもりです)
杉井先生、CLなどと出会わせて頂き、でも、それはできているつもりだったのだと、最近よく分かりました。頭の中でできているつもりなだけで、実際はできていないということが分かってきました。
また、それと反対に頭の中で起こってしまっていることがあります。何も起きていないのに怖かったり、何も起きていないのに悩んだり・・。
私はなんて頭の中で生きているのだろう。
事実を見て生きているようで、何も事実を受け止めていないなあと思います。
杉井先生、CLと出会わせて頂かなければ、一生 自分がつもりで生きていることもわからなかったと思います。

まだまだ勉強不足ですが、これからもCLを勉強していくつもり、ではなく勉強していきたいと思います。
今週一週間、色々なことでいっぱいいっぱいの拙い文章を読んで頂きありがとうございました。
来週は、細谷さんが担当して下さいます。
よろしくお願いします。

支えて頂いているということ

三島市  小島 章子  5月25日(木)
沼津経営塾ブログ  6日目  よろしくお願いします。
毎日、コメント頂き、ありがとうございます。
皆さんに、励まして頂きながらの6日目、よろしくお願いします。

最近、新しい仕事を請け負って 今までそれほど関わってこなかった店舗に密着しています。
その店舗は色々な面で、少し難しい店舗で、私自身が関わることで皆さんを励ましていけたら、ということもあり、その店舗に関わることにしました。
私自身、基本的に仕事でどんなに困っても、できれば笑顔でいたい!私が困ったり、不安な顔をしていたら 皆さんはもっと不安になってしまうだろうと思って毎日仕事にのぞんできました。

実は、今日、仕事上で色々なことがありました。
店舗の皆さんには、今日少し落ち込んでみえたのかもしれません。疲れてみえたのかもしれません。事情をなんとなくわかっていたのかもしれません。
社員さんの一人の方が、私が先に帰るのを追ってきてくれて
「また、この店舗にきてくれますよね?」
「来てくれると、みんなが明るくなります!」
と、お伝え頂きました。
「もちろん、老体にむちうって明日もきます(笑)!」
とお伝えしました。

私が、支えているつもりの社員さんが、私のことを励ましてくれているのだ、ということに本当に感謝でいっぱいになりました。その店舗で私を支えて頂いている社員さんの顔が浮かんできました。
自分が支えさせて頂いているつもりの皆さんが、実は自分を支えて頂いているということ。
私は、結局社員の皆さんに支えて頂いているのだと、痛感しました。
毎日の生活の中で、させて頂いていることだけが、して頂いたことやご迷惑をおかけしたことより、大きくなってしまっていることに注意していかなければいけないと思いました。

毎日を大切に生きる

三島市  小島 章子  5月24日(水)
沼津経営塾ブログ 5日目  よろしくお願いします。

5月22日の夜にイギリスのマンチェスターのイベント会場で、22人の犠牲者・59人の負傷者が爆発により出ました。
急になんの前触れもなく命が奪われてしなうことが、あるのですね。
何も悪いことをしたわけでなく、病気になっていたわけでもない、でも不本意に命を奪われてしまう。3・11 東日本大震災や、熊本地震などの災害で犠牲になった方々も同じです。
世の中、いつ何時何が起こるか、本当に分からないです。
でも、ついつい私は、当たり前に明日がやってくると思ってしまいます。
大切な人と、また明日も会えると思ってしまいます。明日も五体満足でいられると思ってしまいます。
本当は、この今の時間も当たり前ではない、大切な時間なんですよね。

以前、CLを受けさせて頂いたときに 死ぬときに誰に何を言いたいか?との課題に涙が溢れてしまいました。
周りの方々に対しての感謝でいっぱいで、ご迷惑をおかけしたことが申し訳なくて。
もっと周りの方々に感謝して生きて行かなくちゃ!と心から思いましたが、毎日の生活が続くと その感謝が薄らいでしまっている自分があります。

人生はあっという間!、と先日杉井先生のブログにありましたが、短く限りある人生です。
ご縁のあった方々を大切に、周囲の方々に感謝して、生きていかなければいけないと改めて思いました。また、毎日を大切にし、自分の人生を良くしていく努力をしていかなければいけないと思います。


イギリスで犠牲になった方々のご冥福をお祈りいたします。

食糧廃棄

三島市  小島 章子  5月23日(火)
沼津経営塾 ブログ 4日目 よろしくお願いします。

先日、目にした記事で、「日本が食糧廃棄率において世界一だ!」
「日本が捨てる食料は年間で途上国の5000万人分に匹敵する」とのこと。
詳しくみると「日本は年間5800万トンの食糧を輸入しながら、その1/3の1940万トンを捨てている」
スーパーに夕方行くと、お惣菜が少し安くなって売っていることありますよね。私は、ラッキーだな!と思い購入することがありますが、それでも残ってしまう食材も多いだろうなあと思うことはあります。しかし実際に、そんなに日本で廃棄されているとは知りませんでした。
色々調べてみると、日本の食材の半分以上は世界から輸入したものです。また、日本の食糧廃棄の半分以上は、家庭から捨てられているとのこと。
スーパーやコンビニの廃棄より、家庭の方が多いのですね。
確かに、私もこころあたりが、、、。
食べようと思っていて、ついつい傷んでしまって廃棄したこと、消費期限がきれてしまって廃棄したこと。
ところで、「賞味期限」と「消費期限」違うのはご存知ですか?
「賞味期限」美味しく食べることができる期限です。
期限を過ぎてもすぐに食べられなくなるわけではありません。
「消費期限」期限を過ぎたら食べないほうがいいんです。
安全に食べられる期限のこと。いたみやすい食品に表示されています。
私も今回、色々調べていてはっきりとわかりました。普段なかなか区別しにくいですね。

今現在も世界中、そして日本にも食べられない人々が大勢います。
安全な物を食べられることへの感謝が私自身足りていなかったと思います。

・買いすぎず、使いきる。
・外食の際、注文は少なめに、また余ったものは持ち帰りを聞く。
・賞味期限と消費期限の違いをしっかり把握する。
などなど、自分にできることから取り組んでいこうと思います。

町内清掃

三島市  小島 章子  5月22日(月)
沼津経営塾 ブログ 3日目 よろしくお願いします。

昨日もお天気のよい一日でしたね。
皆さんはどのように過ごされたでしょうか?
私は、朝から引越し後はじめての町内清掃でした。今までマンションだったために、町内清掃などの行事はなかったです。

朝9時からです。
せっかくのお休み・・・と思う気持ちも多少ありながら、朝6時半 少し外が慌ただしいために 外をみてみるともう準備開始されているようです。
テントをはったり、椅子を出して座っている方もいます。
時間を間違えているのかな?と思うほど早めの準備にビックリです。
食事も終わりそろそろ洗濯物でも干そうかと思っていると、町内放送がなりだして お天気がよく消毒薬もまく予定であるために、洗濯物はそとに干さないように!とのこと。
そんなこともするのだなあ、はじめてのことにかってがよくわかりません。
皆さんが集まっているので私も早めに参加しました。
キョロキョロして同じ班の方をみつけ、今回は花壇の植え替え・清掃だと教えて頂きました。
皆さんの仕事を見て習わせて頂きながらの清掃です。
普段、ほとんどご近所のかたと顔を合わせることがないために、引越し後に挨拶に伺った時ぶりです。皆さんとお話をさせて頂きながら、植え替え・清掃と仕事をすすめていきます。花壇が新しいお花の苗でいっぱいになりました。
時間があまってしまったので、分担ではない部分の雑草を抜くお手伝いもさせて頂きました。
ご近所の方々とお話する機会も普段ほとんどないのですが、今回 偶然にもこのような機会を頂きとてもよかったと思いました。
また、公園や花壇がきれいになって 清々しかったです。花壇の花が咲くのが今から楽しみです。
お休みの朝に、このような時間を頂き よかったと思います。少し億劫に思ってしまったことは反省です。

ご近所付き合いは、今は面倒なものとされていますが、やはりご近所になったのも何かのご縁、節度ある、良好なお付き合いができればいいなと思います。
何かご近所付き合いでアドバイスなどあれば教えてください。

在宅業務

三島市  小島 章子  5月21日(日)  沼津経営塾ブログ 2日目
よろしくお願いします。

先週はじめから、私は在宅業務に関わらせて頂くことになりました。
在宅業務といっても、今回私の関わる業務は施設に入っていらっしゃる患者さんのお薬を管理する仕事です。

業務としては、お医者さんと看護師さんとの往診に同行させて頂きます。
同行の時間前に、患者さんの服用の有無・頓服薬の使用頻度などを確認させて頂きます。
その後、処方をお医者さんが決定するにあたり、薬剤師から服用量・お薬の変更などにあたってのアドバイスをさせて頂きます。
処方箋を発行して頂き、店舗に戻り お薬作り。
お薬が全部仕上がった段階で、お薬の配置に施設に伺います。
その後、薬歴・お医者さん、施設に対しての報告書・来月の計画書の作成。
大まかには、このような流れになっています。

先週、はじめて同行させて頂き、お医者さんの処方の意図・看護師さんたちの詳しい患者さんの情報、などを直に見せて頂くことができました。
また、この間に状態の変化にあわせてお医者さんとのやり取りの中で、処方変更に対応していくことも必要です。
患者さんにあわせて、粉でしか服用できない方であれば、錠剤を粉砕したり、また目の不自由な方で錠剤の数を確認してから服用する方、様々な方にあわせてお薬を作ります。
施設にはたくさんの、状態のそれぞれ違う患者さんがいらっしゃいますから、施設の看護師さんが分かりやすい様に、お薬を配置することも大切なことです。

まだまだ、関わりはじめたばかりで 患者さんのお名前とお顔も一致してしませんし、状態の把握もまだです。
これからの時代、薬剤師が店舗の中にいるだけでなく、施設・又はお宅に伺ってお薬の服薬指導をしていくことは必須となっていくと思われます。
しっかり、勉強し 少しでも患者さん・そのご家族・お医者さん・看護師さんのお力になっていける薬剤師になろうと思います。

第五回 信州はがき人の集いに参加させて頂いて

三島市  小島 章子
5月20日(土) 沼津経営塾ブログ 1日目
ブログのアップが遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。
よろしくお願いします。

先週、5月13日、14日にさかえやさんで「第五回 信州はがき人の集い」に参加させて頂きました。私は、昨年はじめて参加させて頂き とても素敵な会だったために今年も参加させて頂くことにしました。

参加、と決めたのはいいのですが、参加前日から当日まで 私はいつも少し憂鬱になってしまいます。
最近まで20年あまり 宿泊で1人で出たことがないために宿泊つきで外出することに自分の中に抵抗があり、不安感というようなものが出てきます。家族は誰も咎めませんし、行ってきていいというのですが、自分が家を離れることが不安なのです。
以前、杉井先生にお話したら少し引きこもりの傾向があるかもとのこと、私もそうだなと納得です。だから余計に頑張って行ってみることが必要だと思いました。

信州はがき人の集いでは、鈴木厚志さん、さかえやさんの両角さん・北村さん・中森さんが体験談をお話してくれました。
私も実ははがきがここのところストップしていましたので、皆さんの体験談をお聞きして勇気と続けることの意義を教えて頂きました。
その後、アキラ先生による毛筆の書き方講座。
旅館甲子園での梅澤さんのスピーチ・太鼓の演奏。
感動による涙がとまりませんでした。

夜の懇親会では、たってっちさんの落語に始まり、鳥居さんのギター演奏、おのちゃんマンの手品、さかえやさんの方々とたてっちさんによる大喜利など盛りだくさんのイベントに加えて、さかえやさんの美味しい料理が次々に運ばれてきて素晴らしい懇親会でした。

昨年はじめてお会いした方が、私のことを覚えていてくださって声をかけて頂いたり 近況を報告させて頂いたり。1年ぶりにお会いできたことが懐かしくてありがたくて。
また、ブログのコメントでお名前だけは存じあげているのですが、今回はじめてご挨拶させて頂いた方も。
希代くん、幹太くんのお母様・ご家族様にもお会いでき、お世話になりました。

次の日の戸隠ツアーにも参加させて頂き、さかえやさんの小田さんの丁寧なガイドのおかげで色々なことを教えて頂き楽しかったです。水芭蕉など景色がとても綺麗でした。

今年もまた、さかえやさんのおもてなしのおかげで心から楽しむことができました。
また、お会いできた方々のおかげであたたかい気持ちで帰ってくることができました。
快く出してくれた家族にも有難いと思いました。
自分の中で作った不安に自分で負けてしまわないようにしていきたいです。

来年も参加して皆さんとお会いしたいと思います。

失敗

平成29年5月19日(木曜日)
有限会社高橋キーコーナー 高橋典雅
ブログ7日目、最終日です。
明日からは「大島さん」・・・いや「小島さん」が担当していただけます。
よろしくお願いします。
皆様1週間、拙い私のブログにコメントありがとうございました。
70周年事業・・・考えていませんでしたが、ここまで長きに亘りご愛顧いただいたお客様に
何かお返しできる事を今から考えます。
アドヴァイスありがとうございました。

今日は「失敗」です
昨日の横浜出張の時に講演会が有りました。
バルセロナオリンピックのマラソンで8位入賞された谷口浩美さんの講演でした。
若い方は知らないと思いますが、オリンピックのマラソンで20キロ過ぎの給水地点で
足を踏まれ転倒、靴も脱げてしまったアクシデントにあいながら、悪びれず誰のせいにもしなかった
優しい人柄が当時の日本国民を感動させたのを思い出します。「コケちゃいました」の一言は
谷口さんは言い訳のつもりだったそうですが、聴衆は谷口さんの人の良さそうな風貌と素直な発言に感動したのです。

谷口さんが仰るには、あの時もしコケていなかったら・・・入賞はしていたかもしれませんが
25年もたってこういった講演に呼んでもらえる事はなかったかも・・・と言われていました。
よく「転んでもただでは起きない」と言いますが、本当だなと思いました。
他にも「規則正しい日常生活の中でこそ長く現役を勤めることが出来るんんだよ」とも言われていました。
自分も早寝早起きを見習いたいと思います。
マラソンの走っているなかでも、「戦略があり、ただ走っているのではない」とも
ペース配分、勝負の賭け所、給水所での駆け引き等、冗談を交えて楽しくエピソードを色々聞いていて為になりました。
谷口さんは実業団でコーチをして現在も走り続けています。

「転んでもただでは起きない」これはこれからの生活や仕事にいかせると思います。
普通失敗してしまうと、萎縮したり落ち込んでしまったりするのが普通ですが、
失敗してもそこで学び、次回に活かせれば失敗が失敗にならなくなりますよね。
ネバーギブアップ!! 皆さん頑張りましょう!

1週間ありがとうございました。

生き残る

平成29年5月18日(木)
有限会社高橋キーコーナー 高橋典雅
ブログ6日目です、よろしくお願いします。
話題のない時の「体力話し」に温かいコメントありがとうございます。
今日も筋肉痛の身体でブログかいてます(笑)

本日は「生き残る」です。
水曜日に横浜に出張に行って来ました。
所属しているミワロックのサービス代行店の総会に参加するためです。
正直、平日に仕事を休んでいくのは気が引けるのですが1年に1度なので
女房に店を任せて、勉強をかねて去年から参加しています。
まだ2年目の新規加盟店ですから、古参の先輩方の話を色々聞きお勉強です。
従業員を抱えている会社は大きな仕事を受注されています。
仕入れ金額だけで、弊社の1年間の売り上げの何倍も部品の仕入れをしているようです(汗)
トップの何社かは、表彰され褒賞金をもらってました。
自分の会社は実質私1人ですので、規模の大きな仕事は受注出来ませんし依頼も来ません。
工事に専業になれば、ある程度は会社も稼げるようになると思いますが・・・
一般のお客様やお得意様の仕事に支障が出たりするのは間違いありません。
本当は、祖父や父が守ってきたこの会社をもっと稼げる会社にしたいです。
悩ましい所ですが、今はこの店を頼りにしていただいているお客様に不自由掛けないよう
地道に仕事をしていきます。

会社の存続率の話を皆さんも聞いたことがあるかと思います。
5年存続率14.8% 10年は6.3% 20年は0.4% 30年はなんと0.021%です。
弊社はニッチな隙間商売ですから、生き長らえて来たのだと思います。
これからも自分が元気でいるうちは頑張ります。
今年で創業66年、高橋キーコーナーをよろしくお願いします。

智力・体力

平成29年5月17日(水)
有限会社高橋キーコーナー 高橋典雅
ブログ5日目、もう書くネタ切れです(泣)
皆様コメントありがとうございます。

今日は「智力・体力」です。
はっきり言って智力に関しては、縁がない人間ですのでこちらに関しては
現在勉強中・・・と言うことにして、今年の目標の「毎日読書30分」とした訳です。
今読んでいるのは本と言うより雑誌・・・人間学を学ぶ月刊誌「致知」と言う雑誌です。
年間購読の月刊誌で、2月から読み始め・・・ようとしましたが、中々読むことができず
雑誌が溜まっていくのを眺めていて、「これではいけない(汗)」このタイミングで「相互支援報告」の
話が有ったので、丁度良かったのです。一応このブログを書いているうちは毎日読んでいます。
人生の先輩方の含蓄のある文章・・・自分には難しいのですが、理解しようと頑張ってます。
読書の成果は・・・いつか出てくると思います(汗)
皆様期待せずに待っていてください。

体力に関しては現在、ベンチプレスと言うベンチに寝てバーベルを持ち上げるのを140kg目指しています。
4年前の自分は、100kgを連続3回ぐらい何とか挙げることが出来ました。
現在は100kgは12回挙げることができます。4年掛かりましたが40歳代の自分より進化出来ています。
年齢と共に回復力は下がって来ているのは実感していますが、微増ですが筋力は上がっていると思います。
自分の限界を超えての重量を扱う為、怪我も多いです。筋トレをやっている人は誰もが同じですが、痛いところがあっても
筋トレは止めません。痛みの周りに筋肉を付けてカバーしようとします(笑)冗談のようですが本当ですよ。
月曜日も体育館に行って来ましたが、そんなゴリゴリの筋トレ野郎ばかりですが楽しいです(笑)
すみません、参考にならない筋肉バカ話で、しかし50歳を過ぎても筋肉は付きます。
海外の話ですが、両手両足が欠損しているトレーニーがバーベルを持ち上げているのをYouTubeで見ました。
人間は自分が諦めなければ何でも出来るんだと感じました。本当に胸が熱くなる映像でした。

希代さんも体力をつけるためジムに通っていると聞きました。もし筋トレに目覚めたら・・・
5年後あたり、真っ黒に日焼けしたマッチョな希代さんに会えるかもしれませんね。
沼津経営塾筋トレ部の室伏さん、希代さんも一緒に合同練習やりましょう(笑)ご連絡お待ちしています。

盗難

平成29年5月16日(火)
有限会社高橋キーコーナー 高橋典雅
ブログ4日目です、よろしくお願いします。
皆様のコメントありがとうございます、在庫管理の件参考にさせていただきます。
細谷さんの言われる「他人に見られる」のは非常に良い考えだと思いますが・・・
もう少し猶予をお願いしたいです(汗)
本当に車庫と物置の一角なので、生活感満載なのでちょっと恥ずかしいです。
仕訳が完了した暁には・・・限定何名とかでお願いします。

今日は「盗難」お話です。
皆さんもニュースなどでご存じの方もいらっしゃるかもしれません、最近高級車が盗まれる事案が増えているそうです。
レ○サスやト○タの高級車のSUVが盗まれる事件が有り、犯人は捕まったそうですが暴力団の1員だそうです。
その手口もTVで見たのですが、かなりその特定の車種を調べ上げてセキュリティの抜け穴を狙っているようです。
車の窃盗の手口も昔はイグニッションシリンダーを破壊して持っていくのが大半でしたが、現在は自動車メーカーも
セキュリティの電子化が進み、自動車は動くコンピューターです。ほとんどハッキングといってもいいのではないでしょうか。
キーレスは当たり前でキーフリー、鍵を持っているだけでドアもエンジンも開いたり始動できたりですから、使うのは便利ですが
技術と専用工具を持った人間からすると・・・そこらじゅうに獲物が置いてある・・・状態なのではないでしょうか。
YouTubeなどでもその手口の一端を垂れ流ししている所もあるので、いたちごっこなのでしょうが、警察に頑張ってもらうしか
ないか、自衛でメーカーとは別にセキュリティを強化するしかない状態です。
電子化も良いのですが、やはりメカニカルな物も残した方がいいと思うのですが・・・
人間は1度便利な事を経験すると、不便には戻れませんからね。
皆さんも車だけでなく住宅も「鍵かけ」をお忘れなく!!
自分の大切なものは自分で守りましょう。

ちなみにうちのクルマ・・・キーレスだけついてます。ボッコですから、泥棒もスルーしそうな車です(笑)

片付け

平成29年5月15日(月)
有限会社高橋キーコーナー 高橋典雅
ブログ3日目です、よろしくお願いします。
皆様の温かいコメントありがとうございます。
自分はこのブログのコメントをよく忘れてしまう事が多く
本当に申し訳がありません。以後気を付けます。
これも今年の目標の1つとして追加したいと思います。
今日は読書30分何とかクリアしました。
これからも頑張ります。

今日は「片付け」です。
日曜日は定休日なのでのんびりと過ごすつもりでしたが、以前から
気になっていた店の在庫棚の片付けをすることにしました。
店の裏の車庫に棚を設けて在庫の部品や部材を置いています。
在庫と言っても小さい会社なのでそんなに無い・・・と思っていましたが
結構有りました。ほとんどデッドストックです。
カギの業界も日進月歩で、新品でも世代が違うともう使い物にならない場合が多いです。
かといって古い部品も無いと困る・・・と言ったジレンマに陥る事が有るのです。
部品の仕入れは無くなったら補給する様にしていますが・・・
恥ずかしながら、在庫であるのを忘れて注文してしまったりすることが重なった結果でしょう。
最近は物忘れも多くなってきたので尚更です(汗)

今日は最後まで出来ませんでしたが、5~6月中に完了させるつもりです。
小さい会社だからこそ、余計な在庫は足枷にしかなりませんから。
気を引き締めていきたいです。
皆さんの会社では在庫管理をどうされてますか?
コメントで教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

今年の目標

平成28年5月14日(日)
有限会社高橋キーコーナー 高橋典雅
ブログ2日目よろしくお願いします。
皆様からのコメントありがとうございます。
もし自分が「陰口・悪口」を言っているところを見たら「ウソつき‼」と言って
石投げて下さい(笑)改めて気を付けます。

今日のタイトル「今年の目標」です。
自分は中小企業家同友会の会員になって5年目になりました。
同友会の中の委員会と言うのがありまして、今季から企画委員会に所属しました。
この委員会は、各委員会が担当する例会発表を支援するのが役目の委員会です。
まだなりたてで、よく分からない事が多いですがしっかりと努めたいと思います。

その委員会活動の中で、各自の今年の目標を発表して皆でチェックし、応援し合う
「相互支援報告」と言う事をやることになりました。
目標と言っても、仕事上の事だけでなくプライベートでの目標もありです。
毎日表に、目標に対しての努力の進捗状況をチェックします。
そこで自分の今年の目標ですが、全く仕事関係無しで(笑)
「10キロマラソンで1時間を切る」と「ベンチプレス140kgを挙げる」と「毎日読書30分」の3つに決めました。
一応12日をスタートにしましたが、まだベンチプレスへのチェックしか○がありません。

10キロマラソンは以前に沼津市のマラソン大会で走りましたが、1時間を切れませんでした。
以後足を痛めて走るのを止めてしまいましたが・・・やはり心残りでまた再挑戦します。
ベンチプレスは昨年135キロまで挙げましたが、やはり肩を痛めてしまい現在は120キロがやっとの状態です。
今年中に140kg挙がるように肩周りを鍛え直して挑戦します。
最後に「毎日読書30分」です。以前は良く書物を読んでいたのですが、最近は全然読めていません。
読もうとするとすぐに眠くなってしまいます。これもなんとか改善していきたいと思います。
ここで発表してしまいましたので、皆様からのチェックも入るという事で逃げ道を少なくして
目標達成に近付きたいです。
皆様からの「温かいチェック」よろしくお願いします。

後悔

平成28年5月13日(土)
有限会社高橋キーコーナー 高橋典雅
本日より1週間ブログ担当になりました。
よろしくお願い致します。
「後悔」と言うお話をさせていただきます。
これは自分の過去にしでかした事の話です。
平たく言ってしまうと、悪口や陰口を言ってしまった事なのです。

まだ自分が10台後半から20歳の頃の話ですが、未だに後悔をしている話です。
自分が勤めていた会社の営業所の上司の方に対して、そんなに悪い印象はなかったのですが
営業所の若い従業員同士の話のなかで、皆で上司の方の悪口を言っていた時に
自分の父親が以前に自分の勤めていた会社の所長をしていた為、その上司の営業マン時代の
成績を聞いたことがあり、それを調子にのって話してしまったのです。
その時、話した直後から「あ~話さなきゃよかった」と思い始めましたが・・・
口から出た言葉は戻りません。その事が未だに心にクサビのように刺さっています。
その上司の方は、もうこの世にいません。 突然の病気でお亡くなりになっています。
だから尚更心残りになっています。
それ以降、人の悪口や陰口は辞めようと思いまして現在に至ります。
やっぱり良くないですよね、「陰口・悪口」は言っても良いこと1つも有りませんね。

ブログ初日から暗い話ですみません、明日は明るい話題にしたいと思います。
よろしくお願いします。

夏詣!

平成29年5月12日(金)三島市輿水酒店輿水誠司

 最終日、宜しくお願いします。
明日からは、沼津の鍵屋さん、高橋さんがブログを担当して下さいます。

最終日の今日は、宣伝も兼ねました新企画のチャレンジを発表させて下さい。
新しいことを始めるのはエネルギーがいりますが、チャレンジすることで仕事を活性化させたり、自分自身を奮い立たせる効果をねらっていきたいと思います。

皆さん、「夏詣(なつもうで)」って、ご存知ですか?
お正月にお参りする「初詣」は耳にすると思いますが、その夏バージョンみたいな感じです。
くわしく話しますと、神社では大晦日に「大祓い(おおはらい)」といって、身をはらい清め1年を感謝する儀式があります。
そして元旦には新年に願いをこめて「初詣」を行うのが日本の風習です。
同じく6月30日には、「夏越し祓」といって、上半期の穢れ(けがれ)を晦日(みそか)に祓い、残り半年の幸運と繁栄を願います。
ただ、お正月三が日に神社仏閣に「初詣」される方11億人(警視庁発表)に対して、「夏詣」する方は少ないです。
実は近年、「ニッポンの新しい習慣づくり」ということで、「夏詣(なつもうで)」のイベントが浅草の神社などで力を入れているそうです。
前置きが長くなりましたが、「夏越しの大祓」の儀式をうけた「夏詣酒」を新しく企画して販売することになりました。
実際に6月30日に「夏詣酒」を神社に奉納し、正式にお祓いをうけます。
上半期に感謝し、残り下半期の平穏を祈願したお酒になります。
また、縁起が良いだけでなく、実際のお酒もちょうど美味しく仕上がる予定です。
実は昨年に品質の同じお酒を1月に仕込み、6月末に飲んだところ、口当たり良く美味しい酒に仕上がっていました。(立春朝搾りに近い酒質です。)
今回は全く初めての企画で、日本名門酒会の静岡県の一部の有志の酒屋のみで行います。
企画がうまくいけば、来年以降、他県の日本名門酒会の酒屋さんにも火がつく可能性もありますが、数年やってみて盛り上がらなければ、無くなることでしょう。
新しいことを始めるのは手間ひまかかりますし、不安もあります。
だからといって(打席に立たなければ塁にも出られない)という思いもあります。
正直どうなるのか、やってみないと分かりませんが、ヒットでもデットボールでも、とにかく塁に出て一つ進塁したいと思います。
もう2ヶ月もありませんが、店頭で声かけたり、チラシ配ったり、「こしみず通信」にも案内して、目標クリア目指して頑張りたいと思います。
だいぶ、宣伝PRになってしまい失礼しました。

つたないブログに一週間お付き合い下さり、ありがとうございました。

寄り!


平成29年5月11日(木)三島市輿水酒店輿水誠司

 その事件は、サッカーのJリーグの試合中に、起こったのでした。
プレーが一時中断し、抗議を言っている選手と揉め事を止めようといる選手が入り乱れています。
そのうち一人の興奮気味のM選手が揉めている輪の中に入ってきました。
事件はその時、起きたのでした。
M選手は相手外国人選手に「○×※☆▽@…」と、何か言ったようにみえました。
(あくまでも、そう見えただけで、実際の真実はわかりません。)
その言葉を聞いた相手チームのO選手が激怒し、揉め事が一段と激しくなりました。
両チーム選手が止めに入り、乱闘にはなりませんでしたが、試合後、言葉の発言が問題になりました。
M選手が外国人選手に対しての差別的発言の有無が問題となったのです。
日本ではさほど厳しさはありませんが、世界のサッカー界全体で、差別問題があると、非常に大きく取り上げられます。
その後、JリーグではM選手を2試合の出場停止としました。
不適切な発言はあったが、人種差別的発言の有無は確認できなかったということで、裁定は厳罰に至りませんでした。
この裁定の前に、O選手とM選手に事情聴取を行っているのですが、2人の言い分が食い違っています。
どちらが正しいのか、真相は当事者にしかわかりません。
ただ、多くのサポーターやJリーグ関係者は、薄々と、察していることがあると思います。
それはO選手とM選手の「普段の行動」によるところです。
O選手は温厚でラフプレーも無く、チーム内外からの信頼も厚いです。
M選手は幾度となく挑発プレーをおこし、チーム内からも苦言を呈されています。
ですから、事件の真相は全くわかりませんが、大方の人達がO選手寄りなのではないかと思います。
普段、信頼ある行動しているかどうかが、こういう問題が挙がったときに、大いに問われるだと思いました。
私達も仕事やプライベートで、トラブルに遭遇することが必ずやあることでしょう。
そんな時に「普段の行動」がどうだったか?周りの人が自分をどう見ていたか?試されることなります。
人間ですから、興奮すると(やっちまった…)こともあるかと、思います。
その信頼を取り戻すには容易ではないでしょうが、事前も事後も誠実でありたい、と思いました。

更新!


平成29年5月10日(水)三島市輿水酒店輿水誠司

 輿水酒店では試飲会イベントなどをやった際にお客様にアンケートを書いていただき、それをもとに、人気ランキングの順位をボードに書いて目につくようにPOPとして飾っています。
そうすると、お客様も参考になるようで、じっくり見てくれる方も多いですし、実際にその1位になっているお酒が売れることも多いです。
また、お客さんから「オススメのお酒は?」と直接聞かれたときにも、まず私のオススメを挙げ、プラス、そのボードを見せて「試飲会ではコレも人気ありましたよ!」などと説明したりしています。
こうして重宝していたボードですが、問題点も出てきました。
いつものように、「試飲会では…」と説明と始めたところ、お客様から「そのお酒、この前買いました、先月から変わってませんよね…」と言われてしまったこともあります。
試飲会は日本酒もワインも2ヶ月おきぐらいのペースですので、確かに情報が古くなってしまう時期があります。
こうやって何度も輿水酒店に足を運んでくれて、POPも参考にしてくれることは本当に嬉しいです。
その分、お客様にも楽しんでもらえるモノを出来る範囲で提供していきたいと思います。
情報の更新の工夫をもっと加えていかなければと思いました。
たとえば、新着の季節限定モノのオススメを大きく表示したり、昨日書いた「招き猫ラベル」の由来のエピソードなど、ワインのネタもドンドン更新していけるようにしたいと思います。
また、三月に以前話しました「共同チラシ」を出したところ、「チラシを見ました…」という新規のお客様も多くなり、ラッピング機会も以前より増えています。
ホームページのアクセス数も一時的に増えたり、それなりの宣伝効果を感じています。
お客様から関心をよせてもらえることは、本当に嬉しい事です。
しかし逆に、ダメなところや怠けている部分もきっと見透かされてしまっていることと思います。
悪宣伝にならないように、お店も自分自身も進化していきたいと思います。



贈りびと!

平成29年5月9日(火)三島市輿水酒店輿水誠司

 先日の日曜日、悲しいけども喜ばしい事がありました。
同じ商店街でお店をやっていた方が、お引っ越しのため、日曜日が最終営業日だったのです。
一緒の街で長年お店を開いていた方が、いなくなるかと思うとさみしい気持ちにもなります。
十数年前に広小路にやってきて、若くしてご夫婦でお店を開き、人気店になり、実績を挙げてこられた方です。
そしてその功績をもとに、このたび三島の別の地に、新規に土地を購入し、店舗兼住宅を新築なさった、言わば敏腕であり、且つ、努力家の方なのです。
広小路からこうした方が出るのは大変喜ばしい事ですが、寂しい気持ちもやっぱりあります。
営業最終日の夜、閉店後に新築お祝いをもって挨拶に行ってきました。
お祝いの品は輿水オリジナルのメッセージ木箱とフランス・スパークリングワインです。
チョイスしましたワインは(千客万来になりますように!)と、フランス版オシャレ招き猫ラベルのワインです。
これはフランス人が日本の風習が気に入ってアレンジした縁起の良いマネキネコ・デザインです。
先方も大変喜んでくれたので、私もホッとしました。
また、逆にお祝いのお返しの品を私の方もいただき、用意がいいなと感心しました。
単純かもしれませんが、こういうプレゼントのやりとりって、気持ちがいいもんだなぁと思いました。
それはモノに限らず、手紙だったり、言葉であったりすることもあると思います。
「おめでとう!」と笑顔で祝える自分でありたいですし、「ありがとう!」と笑顔で応える自分でもありたいです。
人への優しいこころ遣い、一日にひとつでも多く出来たら、幸せだなぁ。

お客になる!

平成29年5月8日(月)三島市輿水酒店輿水誠司

以前、ワインの仕入れのため、東京の展示会に行ったときのことです。
会場で知り合いの酒屋さんと業者さんにあって、一緒に食事に行くことになりました。
和食のお店に入って、注文をした後、お酒関連の話をしながら、まったりとしていました。
なかなか食事がでてこず、(ちょっと遅いなぁ)と思っていました。
お店は若い男の方二人で切り盛りしていて、一人が厨房に、もう一人が厨房も手伝いながらウエイターをやっています。
それほど広い店ではないのですが、混雑時はもう1~2人雇わないと厳しいのでは…、という感じでした。
すると店員さんがお膳を持って、奥のお客さんのテーブルにいったところ、「これ、注文と違います…」といわれたのです。
店員さんは「すみません。」と謝りながらお膳を下げて、厨房に報告しているようです。
すると先ほどのお客さんが「時間無いから、それでいいです。」と言ってくれたのですが、明らかにムッとしていました。
店員さんが「本当にすみません」といいながら再びお膳を持ってきました。
すると、今度は違うテーブルから「こっちも注文したものが、まだ来てないんだけど!」と声が上がったのです。
店員さんはまた謝りながら急いで厨房に入っていきました。
ひとごとながらハラハラするおもいで、私達はやりとりを見ていました。
すると、店員さんが今度は私達のテーブルにやってきて「すみませんが、ご注文の確認させてください。」といってきました。
注文を確認した後、「私達、特に急いで無いので、他のお客さんを優先してください。」とやんわり明るく言いました。
店員さんの表情がパッと変わり「ありがとうございます、本当にすみません。」といって、また直ぐに厨房に戻って行きました。
私達は顔を見合わせながら「まだ、時間かかりそうだね。」と苦笑いするしかありませんでした。
また、食事を済ませたお客様のテーブルのお膳も置きっ放しだったので、目立たないように洗い場の前に運んだり、テーブルも拭いたりしてあげました。
その後、無事食事も済ませ、お会計で店員さんが「お詫びに値引きさせてください」というので、「気にしないでください」とお断りしたのですが、何度も何度も言うので、結局お値引きのご厚意を受けました。
後でその仲間とも話したのですが、自分たちも商売やっていると、似たようなケースがあるのですよね。
お店の力の足りなさが原因とはいえ、店員さんの困っている気持ちがわかるので、気の毒に思っていました。
立場は変われど、態度や行動、言動など気をつけなければ、と思いました。
いままでも、経営塾の仲間で何度か居酒屋さんに足を運んだことがありますが、その時の小野さんの店員さんに対する声かけには、本当に感心します。
店員さんのネームプレートを見て「○○さん!」と名前を呼んで、更にユーモアを交えて話すので、店員さんはホッとしていることと思います。
立場は変われども、自分も「良いお客さん」になることは、大事なのだと思いました。

ゆずる!


平成29年5月7日(日)三島市輿水酒店輿水誠司

 2日目宜しく願いします。
最近、人に言われて気をつけているのが車の運転です。
テレビなどで、悲惨な交通事故のニュースをきくたびに、(安全運転しよう!)と自分にいいきかせています。
実際のところ、長らく無事故無違反ですし、ゴールド免許も維持しています。
また、以前、交差点で車同士の事故に遭った経験から、車載カメラをマイカーと会社の軽トラックにも装着しました。
万一の事故等の映像保存になると共に、安全運転にも意識が向きます。
ただ、このように事故や交通違反には気をつけていますが、「運転マナーは?」と問われると、正直、「微妙…」、かもしれません!
信号が変わりそうになると、スピード上げたりすること、(ある、ある…)。
割って入ってくる車に譲らなかったこと(ウーン、あるなぁ…)。
軽トラックには会社名が入っているわけですから、恥をまき散らしたりすることにも、なりかねません。
最近になってからですが、信号が変わりそうになったらスピードをゆるめ、車線に入ろうとしている車があったら、「はい、どうぞ」と譲ることを心がけています。
自分の行動チェック欄にも「今日は運転マナー良かったですか?」を加えました。
そうは思っていても、つい忘れてまたまたスピード出してしまうこともあります。
後になってから(しまった!)と気づくのですが、心に余裕が無いのかもしれません。
本当は、軽トラックだろうが、中古車だろうが、余裕もって、優雅な運転を心がけていかなければなりません。
また、こういうマナーは、車の運転に限ったことでないのだとも思いました。
人にいじわるしたり、いばったりする人は、いくらお金があっても、本当にもったいない行動だと思います。
豊かになるためには、(豊かな人はこのとき、どうするだろう?)と考えたり、それにふさわしい行動や言葉、表情をしていきたいと思います。

ホコテン!

平成29年5月6日(土)三島市輿水酒店輿水誠司

1週間ブログ当番担当させていただきます。
どうぞ宜しくお願いします。

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか。
「こどもの日」は毎年恒例で三島の大通りがホコテンになります。
昨日、そのホコテンに輿水酒店も恒例で出店してきました。
テーブルにワインや地酒、三島ブランド焼酎を置き、尚且つ、ワインを中心に試飲販売を試みました。
お天気が良く、人通りも多く、家族連れが中心です。
昼間ということで、お酒のコーナーがなじまないのか、素通りしていく人が多いです。
(う~ん、いまいち…)
そのうちに、お子さん連れの若いご夫婦が興味をもった感じで立ち止まり、そして一本のワインを手に取りラベルを眺めています。
(待ってましたぁ!)
と、思いつつも、警戒させてはいけないので、さしでがましくない、つもりで、
私「イタリアのシチリア産のワインです。温暖でブドウの育ちもよく、果実味ジューシーです。」お客様「へぇ~」
更に興味をもった感じで、他のワインも手にとって見てくれます。
私「チリのシャルドネ(ブドウ品種)です、東京の展示会で仕入れてきたのですけど、木樽の風味が効いて、値段の割に、なかなかイケました!」
お客様(夫婦そろって)「へぇ~!!」
私(試飲カップに注ぎながら)「よろしかったらひと口、どうぞ!」
お客様(ひと口飲んで)「あっ、コレ好きなタイプかも!」
私(やった~!)と心の中で叫びながらも
私「先ほどのシチリアワインもどうぞ!これもオススメです!」
もう警戒感もなく、お客様も笑顔で話しながら試飲してくれます。
すると、不思議なもので、素通りしていた方々が、興味をもって寄ってきてくれます。
お客様「試飲できます?」 
私「ハイ、どうぞ!」
たちまちテーブルの周りに10人ぐらい方が集まりました。
「コレ、美味しい!」「ワタシ、こっちの方が好き!」と賑やかです。
それを見ている周りの方が(何だろう?)と、また近くに寄ってきました。
私も試飲のお酌に大忙しです。
そのうちの何人かの方々が、ワインと日本酒を購入してくださいました。
購入された方々が去ってしまい、テーブル周りに人がいなくなると、またさっきと同じ状態で遠目から見て、通り過ぎていってしまいます。
そのうちに、また一人立ち寄ってくれて試飲していると、それ見てまた何人か集まってくる!というようなパターンが何度なく繰り返しでした。
群集心理みたいのがあるのでしょうかね!
こういうホコテンでの販売は、普段輿水酒店で販売している時と、環境や条件が違うので、売り方が勉強になります。
昨日は、常連のお客様や知り合いも、寄ってくださり、お酒をご購入いただきましたが、その何十倍もの人々が通行していました。
逆に、テーブル周りに人がいない時こそ、自身を問われ、大事なのかもしれません。
暇そうにスマホいじってもいけないですし、態度や表情、格好がその場の雰囲気をきっと醸し出しだしていることと思います。
こういう不慣れな場でも販売することで、良い体験をさせていただきました。

【美女と野獣】

おはようございます!
小野@馬耳です。

最終日、宜しくお願い致します。

「別にえ~ねんけど」
閉所恐怖症の人が…「俺、ゼッタイ宇宙飛行士は無理だ!」
うん、その前にゼッタイ無理だと思う!

【美女と野獣】
3日、ディズニー映画の実写版「美女と野獣」を観てきました。
ゴールデンウイーク真っ只中ということもあり、映画館は
人でごった返していました。
確か、「ゴールデンウイーク」は、映画業界がつけた名前じゃ
ありませんでしたっけ? 映画ブーム再来かなぁ。

ところで、「美女と野獣」のあらすじは皆さん、ご存知ですよね?
カッコは良いが、わがままな王子が魔法で野獣に姿を変えられ、
魔法の薔薇の花びらがすべて落ちる前に真実の愛を見つけないと
一生、孤独な野獣のまま生きることになる…
ところから始まるストーリーです。
この映画を観て、いくつかの教えがあるなぁと気づきました。
(ディズニー映画はそのあたりをわかりやすく描いてくれているので
ありがたいです。)

まず、わがまま放題、横柄だった王子が魔女の怒りをかい、
野獣にされたのは、「自分のことだけでなく、人を思いやる気持ち
が大切。」だと思います。

とても美しい少女“ベル”は、村では変わり者だと言われ、
浮いた存在として扱われます。「それは素晴らしい個性であり、
人と違うことを恐れることはない、そして、人と違っているという
理由でその人を嫌うことはない。」でしょうか。

また、その美しい少女“ベル”が野獣に恋をしたのは、
「人を見た目で判断してはいけない」ってことかな?
野獣の知性、ユーモア、優しさ、勇気を知って、
ベルは惹かれていったので。

あと、上から目線で、横柄な態度をとる野獣の王子が、
ポット夫人のアドバイスを受け入れ、少しずつ行動を替え
“ベル”に接していく姿を見て、「“耳の痛い話”言ってくれる人は
少ないし、もし言ってくれる人がいるなら、それは本当にラッキーな
ことだ。」だと思います。
実際に自分も日頃から感じていることなので、万国共通なんだなぁと
思いました。

実は、ブログネタを探すために、映画館に行きましたので、
こんな観方になってしまいました。(汗)

映画のクライマックスでは、純粋に人を愛すことを知り、
その愛の力で元のカッコイイ姿の王子に戻るのですが… 
(完全ネタバレですね。汗)

「元の姿に戻った王子が、もし変な顔だったらどうする?」
と妻に聞いてみると、
「せっかくの感動が台無し!」とご立腹…(汗)

とにかく、本当に綺麗ですし、音楽も素晴らしい映画です。
“頭の栄養”にはならないかもしれませんが、“心の栄養”は
その辺のサプリメント以上です!
お時間があったら是非、ご覧になって下さい。
お勧めです!!

一週間、ありがとうございました。

【ネタに困れば電車の話】

おはようございます!
小野@馬耳です。

六日目 宜しくお願い致します。

「別にえ~ねんけど」
夫は、普通の会社員です。
普通じゃない会社員って?

【ネタに困れば電車の話】
日本に、豪華クルーズトレインの第二弾? 
「四季島」が走り出しましたね!
列車全体の定員は34名だそうです。それを聞いただけでも
贅沢ですよね!
各個室には、シャワー、トイレ付、中には檜風呂付のお部屋もあり、
一番高額なお部屋で、一部屋二名使用時、一人当たりの費用が
三泊四日で95万円ですって! その予約倍率が76倍…
はぁ~? 

貧乏人のヒガミかもしれませんが、狭い日本を3日4日かけて
半分ぐるっと電車でまわって95万円て?
う~ん?
美味しいもの食べて、お酒呑んだら寝ちゃう私には、その電車の意味、
良さがわかりませんよ!
しかも、電車で檜風呂に入ります?(涙)

だったら新幹線で移動しながら、チーかまつまみに、缶ビール呑んで、
駅弁食って… でも、ホテルはビジネスクラスですよ! 
あっ、ただのビジネスホテルです。(笑)

あ~ぁ、そういうところが儲からない社長の考え方なんだろうなぁ~
チーカマ片手に缶ビール呑んで、ニコニコしてる社長に
いい仕事なんて出来そうにないし、良い感性も何もないよなぁ~
儲かる社長は、どう見るんでしょうね。

杉井先生も、“一流のものに触れろ”っておっしゃいますよね。
一流と呼ばれるホテルのサービス、ホスピタリティ。
高級食材を使った素敵なレストランでの食事。
一生のうち、何回も見ることの出来ない景色や自然、などなど。

正直、贅沢をしようとはあまり思いませんが、
自分から感性を磨いたり、刺激を受けることをしていかないと、
小さくなっちゃうように思います。

この連休、ちょっと贅沢にイタリアンでも食べに、
行ってみようかな? 

サイゼリアですがね…(汗)

【当たり前?】

おはようございます!
小野@馬耳です。

次週のブログは、輿水さんが担当して下さいます!
輿水さんの「別にえ~ねんけど」お楽しみに!!(笑)

五日目 宜しくお願い致します。

「別にえ~ねんけど」
うちのワンちゃん、チワワとダックスの「ミックス」なの。
それ、雑種だと思う。

【当たり前?】
5月1日は、各地ですごいカミナリがあったようで、
私の住んでいる静岡県東部でも、落雷による停電が長時間に
渡ったところもあったようです。
カミナリの直撃を受けた場合、電子部品を積んだ機器が
被害を受ける可能性はかなり高く、もちろん電話機も、
独自のソフトで動いている電子機器ですので、
壊れる可能性が高いです。

それと同時に、電源の変動でも、壊れてしまうこともあります。
機器に、常に同じように電気が流れていればいいのですが、
急に変動するのは、人間が激しい運動をするのと同じことなのです。
若ければ(新しい機器なら)それなりに対応できるのですが、
ある程度年数の経った機器の場合は、
年輩にダッシュをさせるようなもんですから、
そりゃ、痛みも出る訳です。
その日も、年輩機器のダッシュで、何件も修理依頼が入り、
てんてこ舞いでした。(例えが悪くてすみません。汗)

あるお客様は、2時間近く停電をしていたようで、
「早速来て下さって、ありがとうございます。PCは使えないし、
電話も使えない、ポンプ式の水道だから水も止まっちゃたんですよ。」
と半泣き状態で、私を迎えて下さいました。

今の世の中、誰もが便利さに慣れ過ぎていますよね。
“当たり前”の多いこと、多いこと。
電気は点いて当たり前、電話は繋がって当たり前、
水は出て当たり前。

私が生まれた昭和30年代は、高度成長期真っ只中で、
ライフラインが徐々に整えられ、急速に発展をしていた時代。
不便から便利な時代へと変化していきました。
お風呂は、水を溜め、薪ではありませんでしたが、ガスで沸し、
水で温度を調整しながら入りました。
それが今では、直接お湯が出てきたり、追い炊きの機能があったり
わき上がり時間、温度調節まで自動にしてくれます。

トイレだって汲み取りで、チリ紙でお尻を拭いていましたよ。
それが、便器がお尻を洗ってくれるようになりました。

変化したその当時、便利だなぁ~ ありがたいなぁ~って
思っていましたが、当たり前になった今、“ありがとう”の
一言も浮かんできません。

社員さんだってそうですよね。あっ、親や家族もそうかもしれません。
社員さんは仕事をして当たり前、親だから、家族だから、そんなこと
やってくれて当たり前と思っていたら、ありがとうのひとことが
出てくる訳ありませんよね。

当たり前だと思って見過ごしていることを
当たり前と思わずに、さらに気持ちを伝えていくことで、
より良い職場、人生を作っていきたいと思います。

【言葉の影響力?】

おはようございます!
小野@馬耳です。

四日目 宜しくお願い致します。

「別にえ~ねんけど」
箸でハエを捕まえたという逸話のある“宮本武蔵”
剣の達人よりも、箸の達人だと思う

【言葉の影響力?】
先日“家計を直撃です!”と題し、ニュースが流れていました。
内容は、原料となる生乳の価格が4月に引き上げられたため、
バターが値上がりするというものだったのですが、
いくら値段が上がるのか? というと、ひと箱5円というのです。
まぁ、確かに5円分、直撃ですが、うちの場合だけかもしれませんが
ひと箱あると、数か月はもつんですよね。
“直撃です!”って言われると、色々な意味で、振り回されちゃう
人とか、いらっしゃるんじゃないでしょうかねぇ。

言葉って、力がありますよね! 相手に与える影響も大きいです。

同じことを伝えるにも、言葉一つで相手が受け入れやすくなったり
逆に反応させたりしてしまいますね。
それを今、社員さんとの関係の中で、すごく感じています。

例えば以前、社員さんからミスの報告があった時、「あぁあぁ、
前も同じことやったよね。 俺、気を付けろって言ってたよねぇ。
俺があとでやりに行くから、そのままにしておいて!」と、
こんな感じでした。
これで、社員さんがやる気を出したり、積極的になるように
なるなんて、ありえないですよね。

最近では、「ケガはしなかった? よかったぁ~ 
どう? 一人で直す事が出来そう? 後で一緒に直そうか?」
と言うような感じです。

これが正しいかどうかは、分かりませんが、こんな対応を
するようになってから、社員さんとの関係が以前とは全く違う
ようになってきています。
関係が良くなってきているので、ミスをした場合に
「あれあれ、またやっちゃったのねぇ~」なんて言っても、
社員さんは、笑いながら「そう、やっちゃんですよ!」なんて答えも
返ってきます。

静岡経営塾では、今、「建設的な対応」を学んでいます。
ここでは、テクニックじゃなく、大切にしているものは
何か? ということに気づかせて頂きました。
私は社員さんのとこが大事だと言いながら、自分の気持ちを
大切にしていたようです。
その学び、気づきを活かし、社員さんとのコミュニケーションを
もっともっとよくしていきたいと思います。

あっ、“直撃”の話は、全く関係ありませんでしたね。(汗)
それにしても、5円の直撃、どう思いますぅ?
次のページ

FC2Ad