沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

ご近所のおばあちゃん!


平成28年9月30日(金)三島市輿水酒店輿水誠司

 昨日はご近所で親しくさせてもらっているおばあちゃんに葉書を書きました。
おばあちゃんは先日、三島市の敬老大会で広小路町推薦で表彰されたのでした。
おばあちゃんは町内の自治会の花壇を自主的に面倒見てくれて、いつもキレイにしてくださっています。
御年は90歳をゆうに越えています。
昨日は(表彰を推薦してもらったお礼を言いに、町内会長に手土産を持っていきたい)、ということで輿水酒店に寄ってくれたのでした。(気遣いも人一倍です。)
実は私はおばあちゃんにとっても感謝しているのです。
以前にも少し書きましたが、私が近所のお掃除をしていると、丁度おばあちゃんが早朝散歩から帰ってきて会うことが月に何回かあります。
するとおばあちゃんは「お掃除ありがとう、朝早くから頑張ってるねぇ~。」と、よく私を励ましてくれるのです。
この言葉が本当に嬉しいですし、私の元気の源にもなっています。
またおばあちゃんは「脚が弱っちゃうと動けなくなるから散歩で鍛えているの」よく言っています。
この言葉にもジ~ンとくるのですよね。
90歳を越えたおばあちゃんが、こんなにも頑張っているのだから、私はもっともっと頑張らねば!と思うのですよね。
そんな感謝の念と、これからも元気でいてください! という言葉で、私の気持ちを一枚の葉書に託しました!
これからもおばあちゃんと共に街で生きていきたいです。

ブログ当番、1週間、ありがとうございました。

海野さん、辻さん、室伏さん、轟さん、杉井さん、平柳さん、細谷さん、希代さん、幹大さん、高橋さん、宮本さん、鳥居さん、小島さん、原田さん、藤城さん、古橋力さん、小野さん、

皆さん、あたたかいコメントを、本当にありがとうございました。

1週間、とてもありがたい時間を過ごさせていただきました。
スポンサーサイト

色の効果!


平成28年9月29日(木)三島市輿水酒店輿水誠司

 ラッピングの際のリボンや布の色の組み合わせなど「色」について調べたりしていると、色の違いにより心理面にも影響がある、と書かれていて、とても興味がわいてきました。
「色」は見た目だけでなく、心理的にも身体的にも影響し、販売時における人の感情も大きく左右されるということが書かれていました。
色は行動、自信、機嫌、集中力、欲求、スポーツ記録、体力などに数字によるデータとして結果がでています。
事例が色々載っていたのですが、結構驚きのもがありました。
例えば、ある実験で、3つのグループに分けテストで同じ問題をそれぞれ解いてもらったそうです。
時間や場所などを同じにして、受験番号の色だけ黒、赤、緑、に分けました。
その結果、赤のグループの平均点が何度やっても際立って低い結果になるそうです。
赤色だとストレスを感じて実力が発揮できなくなるそうです。
赤色は強い色で、注意喚起で人の目をひくのですが、恐怖や不安を与えることもあるそうです。
よくテストの採点で赤を使われますが、萎縮させる可能性があるので、学校の先生は青や緑で採点したほうがイイ、と複数の専門家が指摘しているそうです。
こうしてみると、赤は怖くて使わないほうがいい?と思いきや、そんなことはありません。
レストランでは赤い内装にすると注文しやすくなるという実験結果があるそうで、かつ赤と白が結びつくと食欲が旺盛になるそうです。
会社の受付でも赤が強調されていると、エネルギッシュな会社に見えます。
繰り返し作業が多い工場も、赤い壁が効果的で、反復作業による集中力が高まるそうです。
また映画館や劇場の座席部分、よく考えてみると赤色多いですよね。
赤い椅子で見た方が、青い椅子で見るより感動する!というデータが出ているからだそうです。
赤色に近いピンクの特色も面白いです。
学習などで重要箇所をマーカーで覆う場合、ピンクが一番記憶力を高めるというデータが出ているそうです。
先ほど、赤色は学習に向かない傾向を書きましたが、似ている同系色のピンクも同じかとと思いきや、大きな違いがありました。
ピンクは幸福や希望の象徴だそうです。
刑務所の壁の色をピンクにしたところ囚人が明るくなったそうです。
病院の壁も回復を願う人の気持ちのためにピンクがイイといわれています。
託児所や金融機関の入口などもピンクを起用している例がありました。

だいぶラッピングからはズレてしまいましたが、こうした色の特徴、特性を知るのも大いに勉強になります。
ラッピング時には、どうしてもお客様の待ち時間が発生するので、ラッピングしながら、こうした「色」の特性を(小ネタとして話すのもいいかもしれない!)と思いました。
「色」についてチョッとかじっただけですが、まだまだ奥が深いのでこれからも研究の対象にしていきたいと思います。

余り資材の活用!


平成28年9月28日(水)三島市輿水酒店輿水誠司

 輿水酒店ではギフトの際のラッピングサービスを行っています。
需要も増えてきて、より喜んでもらえるよう徐々にではありますが、工夫を加えていっています。
先日のブログでも書きましたが、バリエーションを増やして、それを写真に撮ってメニューのようになるように現在作成しています。
リボンや造花、ワンポイントシールなども徐々にではありますが、楽しいバリエーションになるよう工夫していきたいと思います。
また写真だけでなく、実際にラッピングしてあるボトルを売り場にも置いてアピールするようにしました。
またラッピングに使用する資材なのですが、無駄を少しでも抑えるよう、切れ端をリボンにしたり、ハート型に切って貼り物にしたりなどしています。
こういう廃材というか、余り資材の活用をドンドン工夫して使っていこうと思います。
また、実用的では無くても、廃材を使ったアート的に飾りのラッピングも陳列してみたいと思っています。
よく小中学校で、段ボールや空き缶、ペットボトルなどでオブジェを作った記事をみかけることがありますが、同じようなことをラッピングにも活かせるのでないか、と思います。
今、思いついているのは、着れなくなったチェック柄や花柄のシャツを使っての柄シャツラッピング。
同じくはけなくなったジーパンを使ってのデニムラッピング!
布キレラッピングは十分に可能だと思いますので、工場などに問い合わせてみたいと思っています。
もし、そのような縫製工場等の情報、私は無知ですので、皆さんご存知でしたら是非教えてください。
実用的なラッピングとアート的な飾りのラッピングと上手く組み合わせて、お客様に楽しんでもらえるような工夫をしていきたいと思います。
ラッピングは多種多彩で、自由度も高いので、皆さんのラッピングのアイデア、是非私にアドバイスしてください。

日本名門酒会 全国大会!


平成28年9月27日(火)三島市輿水酒店輿水誠司

 先々週、日本名門酒会の全国大会というのに参加してきました。
日本名門酒会といいますのは、お酒の問屋さんが母体となりまして、「良い酒を佳い人に」のスローガンのもと、賛同する全国の蔵元、酒販店が加わり、協力して「酒文化を広めていこう」という会です。
全国大会は年に一度、全国120社の蔵元、1700店の加盟酒販店が一堂に会し、試飲会、研究会等で情報交換し、それぞれのお店の発展向上につなげていこうという一大イベントです。
今回も半日かけて蔵元さんのブースを50店以上廻らせていただきました。
既に懇意にさせてもらっている蔵元さんとはより交流を深め、また新たな蔵元さんとの面識ができまして、取引範囲を広げることも出来ました。
輿水酒店も会に加盟してから15年になり、この全国大会にも毎年参加させてもらっているのですが、賑やかなお祭りのような雰囲気もあり、私自身も毎回ウキウキした気分で参加しています。
また、名門酒会には、そもそも、今日の輿水酒店を形成する上で、多大な良い影響を受けてきたと思っています。
15年前の私は、サラリーマンから両親の経営する酒屋に転身したばかりでした。
お酒のことも、経営のことも、よくわからないという状態で、今後に向けて悩んでいた時期です。
他の酒屋さんを見学したりするうちに知ったのが日本名門酒会の存在でした。
加盟には条件も幾つかあったのですが、ご好意によりレベルすれすれで、入会させていただく運びになりました。
研修会等で、お酒の基本的な知識のことを学んだり、販売提案例や販売事例が提示されていたので、それを真似して、輿水酒店に幾つも取り入れて試していきました。
現在、輿水酒店で行っています、日本酒試飲会もその事例を元にして始めたことです。
今回も、試飲会用にと日本酒も何本かさんぷるとして提供して頂いたりと、本当にありがたい支援です。
またその逆に、輿水酒店からは試飲会の報告レポート等で、人気のあったお酒や販売事例を提出しました。
お互いにメリットがあり、良い協力体制の関係になっています。
また良い絆だなぁ~と思ったのは今年被災した熊本や以前被災した東日本の地域の蔵元や酒屋に積極的に義捐金を集めて送っていることです。
今回、全国大会で熊本の蔵元さんが壇上に上がり、支援に対するお礼の挨拶を述べていましたが、絆を感じる感動のシーンでした。
また全国だけでなく、地元の県東部の加盟酒店同士の横のつながりもあり、年に数回、一緒に飲みにいったりもしています。
これからも良い関係を保ちながら、酒屋仲間でお互いに切磋琢磨して酒文化を伝えていきたいです。
私もその一員として恥ずかしくない様に努力していきたいと思います。

ブルーリボン賞は誰?!


平成28年9月26日(月)三島市輿水酒店輿水誠司

 ブルーリボン賞をご存知でしょうか?
日本映画において毎年その年の最優秀作品や最優秀主演男優賞、最優秀主演女優賞などを表彰します日本映画界の最高に栄誉な賞のことをいいます。
昨年は主演男優賞が大泉洋さん主演女優賞は有村架純さんでした。
当たり前のことかもしれませんが、ブルーリボン賞はヒーロー役でも悪役でも、役柄に関係なく、最高に素晴らしくエンターテイメントを演じた者に贈られる賞のことをいいます。
実際に、2010年度のブルーリボン賞主演男優賞は「悪人」という映画の、殺人犯役である妻夫木聡さんが受賞しました。
もう一度言います、
「ブルーリボン賞はヒーロー役、悪役に関係なく、素晴らしい演出を魅せた最高のエンタテイナーに贈られる賞なのです。」
さて…っと、前置きが長くなってしまいましたが、何が言いたいのかと申しますと、実は9月沼津経営塾で行いました「人狼ゲーム」について、「真実」を語らなければならない宿命が私にはあります。
事件はその人狼ゲームの2戦目に起きたのでした。
え…っと、その前に、人狼を知らない方に、人狼ゲームの説明をさせていただきます。
人間チームと狼チームの二手に分かれて戦い、相手を倒し勝利を競うテーブルゲームです。
そこには、お互いが言葉巧みに、そして態度巧妙に、戦略戦術を弄して戦う心理戦が繰り広げられています。
1戦目は人狼チームが勝利し、ゲームは2戦目に突入しました。
私が2戦目に与えられた役柄は人狼でした。
この時の情勢は、確か市民7人に対して、我々狼はわずか3匹…
7対3…、圧倒多数の人間達の「狼狩り」の魔の手が、まさに私達に迫ってきます。
私達は姿カタチを狼から人間に変え、人間達の間に身をひそめ、何とかこの「狼狩り」から逃げようと必死でした。
しかし杉井刑事(デカ)長の、容赦のない厳しい追及の手が、繰り返し繰り返し、追ってきました。
さすがにこれには、(殺られるかも…)という恐怖心が、私達人狼に…、そして仲間のハズの人間達にも降っていたようです。
その後も杉井刑事(デカ)長と、それに呼応した小野塾(ジュク)長の厳しい「狼狩り」の攻撃が続きましたが、どうにかこうにか…それをシノギきり、結果、何とか我ら人狼チームが勝利を手にして終焉を迎えることができました。
問題はそのゲームの後です。
なぜか、皆が私を白い目で見るのです。
「騙しやがったなぁ」とか「嘘をつくのが上手い!」とか、とんでもないヒドイ言葉をこの(本当は)善良なイチ市民に向かって浴びせるのです。(笑)
私は自分を守るため、仲間を守るため、人狼役に徹し、演じ切っただけなのです。
勝負を分けた、あのタイミングの、あのセリフ、あの場面がクライマックスだったと思います。
(再現VTRを見てもらいたいくらいです。笑)
皆さん、とにかく私を白い目で見るのは止めてください!
あれは役柄であって、あくまで私は善良で誠実な市民です!(誰も言ってくれないので自分で言う…)
私たちは自分を守るため、仲間を守るため、会社を守るため、今後心理戦を繰り広げる場面がやってくるかもしれません。
その時も、必ずや勝利を得たいものです。
エンターティナーに幸あれ!

診られる!


平成28年9月25日(日)三島市輿水酒店輿水誠司

 商工会さんの「まちなか活性化委員会」の企画に参加させていただいています。
コンサルティングの方が個店の魅力向上のために巡回してアドバイスをしてくれる企画です。
1ヶ月に1回約2時間を、4ヶ月、巡回してきてくれます。
現在進行中でして、実は一昨日、その2回目の巡回コンサルティングがありました。
内容としては、①宿題の課題報告 ②それに対するコンサルティング ③来月に向けての課題などです。
初回の時に「今月やってみたいこと」の課題を5件書きました。
それにかかる予想経費やその予想効果、取り掛かりの開始日なども記入します。
私の課題として①ラッピングの写真メニュー表の作成②試飲会の実施と新しい飲み方提案③DMの発行と特典チケットの作成④メッセージ木箱のギフト提案⑤接待力向上などをあげさせてもらいました。
その途中経過や成果報告をシートにまとめて、写真など含めながら、今回、宿題の報告をしました。
それを受けて先生が良かった処や、まだ改善の余地がある点をアドバイスしてくれます。
また、他店や他業種の参考になる事例も幾つか挙げていただき、とても良いヒントになります。
そのアドバイスを受けまして、今度は私の側が、次の課題(宿題)を作成する、という様に連続していきます。
まだ、経過途上ではありますが、刺激を沢山いただいています。
まず、コンサルティングの方が店に来る!というだけでも、店の掃除を丁寧にしたり、陳列を変えたり、POPを整理したり、大忙しです。(本当は普段からやっとけよ!という話なのですが…)
お客様目線とはまた違う目線でじっくり診られると、見られたくなかった箇所も多々あり冷や汗が出るような思いです。
また、期限のある宿題がでることで、「やらざるおえない環境」ができました。
商工会さんの企画なので、終了後に全体発表があるかもしれません。
恥ずかしい報告にしたくないですし、輿水酒店の信用にも繋がると思いますので、姿勢を正していきたいという思いがあります。
どうしても社長という立場でやっていますと、色々な甘えが多々出てしまうので、今回こういう「診られる」機会を与えていただいたことは、とても良い勉強になっています。
せっかくの機会をお店の発展向上に繋げていきたいと思います。

磨いていく!

平成28年9月24日(土)三島市輿水酒店輿水誠司

 今日から1週間、ブログ当番担当させていただきます。
どうぞ宜しくお願いします。

 輿水酒店の特徴の一つでもあります「試飲会」、先週は秋の日本酒「ひやおろし試飲会」を行いまして、そして今日夕方からは「新入荷!ワインの試飲会」を行います。
今年に入り、日本酒試飲会は4回を数え、ワイン試飲会は3回目になります。
試飲会の目的は、「お酒の販売促進」の意味合いもありますが、同時に「お客様と親しくなるためのコミュニケーションの場」として活かしていきたいと思っております。
ここ何年か継続して行っていますが、参加者人数も増え、常連さんとして参加してくださる方々もあります。
始めた当初は参加者3人…という時もありましたが、最近は毎回20~30人の方が参加してくださり、並行してお酒の販売も20~30本毎回買っていただき、参加費無料の試飲会ですが、試飲会単体でも採算が合うようになりました。
またそんなに立派な試飲会でも無いのですが、他の酒店さんが見学にも来てくれました。
何年か継続して行ってきたことで、徐々にではありますが積み足し、積み足し、良い方向へ向かっているのもやっと感じるようになりました。
今回もお金のかからない(笑)新しい積み足しを実践します。
それはアンケートの活用です。
今までのアンケートは簡単に各お酒の感想と、好みのお酒の順位をつけてもらっていました。
そして集計したお酒の順位ランキングをボードに書いて店内に掲示したりしていました。
すると、他の来店されたお客様がランキングボードを参考にしてお酒を購入していく…みたいな感じでした。
今回のチョイ積み足しは、ランキングの横に、購入した「お客様の声」を掲載しようと思っています。(お客様の許可を得て)
よくある、食べログのお客様のコメントやアマゾンの顧客評価のようになれば、と思っています。
販売する側はもちろんお奨めしますが、プラス、購入者目線のオススメ言葉はより心強いです。
また、更に願うとするなら、「お酒を奨める」、というより、「輿水酒店を奨める」「輿水酒店を応援する」という関係になれるように、私自身も「お客様を応援する」ことを心がけて行動していきたいと思います。
「継続は力なり」を沼津経営塾で学ばせていただきましたが、同じく、この試飲会もせっかく立ち上げた柱ですので、1回1回積み足し、そして毎回磨き上げ、丈夫でキレイな柱になるように心がけていきたいです。
もし、お時間ありましたら、今日夕方4時30分から6時まで行っていますので、試飲でも見学でも参加していただくとありがたいです。
まだまだ改良の余地が多々ありますので、その点もご指導、アドバイスのほど宜しくお願いします。

【ALL FOR ONE】

おはようございます。
小野@馬耳です。

一週間、ありがとうございました!
多くの方からコメントを頂き、本当に嬉しかったです。
明日からは、輿水さんが担当して下さいます。
お楽しみに!

それでは最終日、宜しくお願い致します。

【ALL FOR ONE】 
「NDKひかり」に関して、色々と応援頂き、
本当にありがとうございます。
その応援に少しでも答えられるよう、
全力で取り組みたいと思います。

まぁ、今回のブログで、目標もご褒美も決まりましたから、
後は実際挑戦していくだけですね。
(あっ、私のご褒美だけでした… 汗)

海野さんのコメントにもありましたが、
社員さんと一緒に挑戦していかなければ、
なかなか達成できる数字ではありません。
社員一丸となって取り組むことによって、
より結びつきの強い会社にしていきたいと
思っています。

現在、山田さんには、営業勉強会に一緒に参加して
頂いており、訪問するお客様にサービススタートの
ご案内をしてもらっています。
最終的には、ご契約を頂いて帰ってこられるまでに
なるよう、これからも定期的に勉強会を進めていきます。

そして私が苦手とする、書類の類がとにかく多いので、
その部分をサポートしてもらうべく妻と裕加、
斉藤さんにも一緒に勉強会に参加してもらいました。

このように、みんなで一緒に盛り上げていきたいと
思いますが、やっぱり、最終的には、私がどう行動
していくかにかかっていますね!
自社の魅力、自分の魅力の発信に力を入れていきます。

正直、「NDKひかり」自体は、大きな利益を生むものでは
ないかもしれませんが、それを通して、自社の商品、
サービスを発信できる起爆剤になりえると考えています。

今回大きなチャンスを頂いたと思っています。
お客様にお得な情報を提供し、喜んで頂き、
また、元気になって頂けるよう、挑戦を続けていきます。

【悔いのない人生】

おはようございます。
小野@馬耳です。

六日目、宜しくお願い致します。

【悔いのない人生?】 
お笑い芸人、ロバートの山本さんをご存知ですか?
え? 「知らない!」とか、「面白くないほうの人だ!」なんて
言わないで下さいよ!(汗)

先日、富士彦さんとその山本さんとの対談? があると聞き、
沼津ラクーンよしもと劇場まで行ってきました。
劇場は空席以外すべて満席で、ちょっと寂しい感もありましたが、
とにかく面白く、あっという間の1時間でした。

あっ、山本さんはお笑い芸人であり、実はプロボクサーでもあるんですよ。
番組企画でプロになり、36歳の時、試合をし、勝利しています。
山本さんは、プロになった以上、試合をしたいと思っていたのですが、
他のプロの方は、ボクシングに命をかけて戦っているのに、
お笑い芸人の自分がそのリングに上がっていいのか?
迷っていたそうです。そこで、具志堅さんに相談したところ、
「安定した仕事もあるのに、何かあったらお笑いの仕事に支障もでるので、
やめたほうがいい!」と言われ、一時は諦めかけたそうです。
しかし、やっぱりどうしてもやりたいという思いが強く、
(37歳になると、自動的にプロライセンスが失効するそうなんです。)
悩みに悩んだあげく、一ヶ月後、再度具志堅さんに相談したところ、
「そりゃーやった方がいい!」とあっさり賛成されてしまい、
そこから、とんとん拍子で試合に挑むことになったそうです。
んー、さすが具志堅さん、考えが読めません(笑)

「なぜ、試合を諦めなかったのか?」という富士彦さんの問いに、
「60歳になった時、どうして試合をやらなかったんだという
悔いを残したくないからだ」と目を輝かせおっしゃっていたのが
印象的でした。

私も60歳になった時、悔いの残らないよう、今しかできない事に、
挑戦していきたいと思います。
挑戦ではないですけど、実は私、オーロラが見たいんですよ!
杉井さんの写真を見たら、写真で“あれ”なんですから
実際に見たらどんなに凄いのか… 確かめたい!
まぁ、時間とお金の関係が邪魔をし、そこへ
たどり着けないんですけど。(涙)

ちょっと時間がなくなってきています。(汗)
例の、目標達成のご褒美は、オーロラにしようと
思います!

【挑戦!】 

おはようございます。
小野@馬耳です。

五日目、宜しくお願い致します。

【挑戦!】 
三週間前、静岡のブログを担当させて頂きました。
その時、その週のどこかで「私の挑戦を書きます!」と
調子よく書いてしまったんですが、実は本当に書きたかった
挑戦ではなく、鈴木一さんとの「富士登山」という
別の挑戦を書いて、結局当番を終えてしまいました(汗)

もちろん、一さんとの富士登山も挑戦するつもりでいますよ!
そのブログを書かせて頂いたら、杉井さんをはじめ、
思っている以上に一緒に登りたいとおっしゃってくださる方が多く、
せっかくですから来年、一緒に富士登山をする方を募り、
みんなでガッツポーズしたいと思います。

さて、本当の挑戦とは、何だったのか?といいますと、
「NDKひかり」のご契約数だったのです。
なぜ、それを書かなかったかといいますと、
その週では目標数を明確にすることが出来なかったからです。(汗)

NDKひかりをバックアップして下さる会社の担当者と
相談をさせて頂き、1年で100回線を目標にすることに
しました。

私が個人的に考えているのは、1ヶ月10回線を目指します。
まぁ、2日に1回線になりますから、他の仕事しながらの
挑戦だとすると、なかなか高いハードルになります。

でも、これに挑戦していきますよ!
沼津経営塾13周年の時に、目標達成の発表が出来たらと
思います。

【緊張】 

おはようございます。
小野@馬耳です。

杉井さんも若い頃モテたようですが、
私のモテ方はすごいですよ!
高校の卒業式の時、第二ボタンどころか、
私のロッカーにしまってあった笛も、展示物も、
机も椅子もなくなり、身ぐるみはがされ、
スッポンポンになり、卒業証書を入れる筒の長いほうで、
下半身を隠し、家に帰ったという、伝説があります!(笑)

もうネタ切れⅡ 本当に困っています。(汗)
四日目、宜しくお願い致します。

【緊張】 
皆さんは緊張したことありますか?
いや、絶対ありますよねぇ!
もし、「ない」という人だって、今度の12周年の時、
舞台に上がりますから、きっと緊張しますよぉ~ 
だって、150名の前ですからね!

よく、「小野さんは手品で、人前になれているから、
緊張しないでしょ?」って言われますが、
全くそんなことないんですよ。
杉井さんくらい、心臓に毛が生えていればいいんですが、
頭にも毛の生えない私は、もちろん心臓に生える訳もなく…(汗)

去年、手品を年間72回やった私でも、今でもドキドキですよ!
その時その時が、新鮮で本当に緊張します。

でも、昔と違うのは、緊張に慣れたのか? その緊張している
自分を冷静に見ることが出来る自分がいるのです。
だから、手品の時、緊張で手が震えても、
「あれ? 手が震えていますねぇ~、この手の震えは
緊張してるからなんですよ!」とか、
「この手の震えは お酒が切れたんですぅ~」って言えるんです。

そう言うことが出来ると、不思議なことに
手の震えが止まるんですよ。
「ヤバイ!手の震えを止めよう」と思うと、震えが止まるどころか、
余計に震えちゃうんです。

緊張は、けっして悪いことではないですよね。
上手くやりたい、成功したい等の裏返しですもんね!

手品で、本番で何かをうまくやろうと思った時に、
緊張を止めるのは無理だとしても、
きっちり準備をしておくことで、ある程度
失敗を防ぐことはできると思うんです。
身体が自然に動く、セリフが自然に出るように、
身体に染み込ませるレベルまで準備をしておくことや、
あれだけ練習したのだから、きっと大丈夫という確信を
持つことによって、かなり成功率は高くなるはずです。

と、偉そうに言ったものの、練習嫌いな私は、
いまだに手品で失敗することもありますけど…(汗)

緊張も、失敗も楽しめるレベルになれば、
いいんですよね!

【ナンパ男】

おはようございます。
小野@馬耳です。

先日、自宅に戻ってくると、廊下に大きな蜂が
迷い込んでいました。私は蜂が大嫌いなので、
殺虫剤でヤッツケても良かったのですが、窓を開け
出ていくように促すと、一回外に飛び出した後、
また戻ってきて「ありがとう!」って私に言って、
去っていきました。
なんか、トリハダが立ちましたよ!

もうネタ切れ(汗)
三日目、宜しくお願い致します。

【ナンパ男】 
漫画がテレビドラマ化された「ルーキーズ」
(不良が先生との出会いや野球を通して更生していく)や、
実在の高校の吹奏楽部をモデルに、不良が先生との出会いや
吹奏楽を通して更生していくドラマ、「仰げば尊し」など、
“不良”が心を入れ替えて、奇跡を起こしていく
というドラマ… 
よくある感動ストーリー? ですよね!

確かにドラマですから、そのギャップが必要なんでしょうけど、
「不良」がカッコイイというイメージを与えるのって
どうかなぁ~って思うんですよね。
真面目にやっている人の立場が無いじゃないですかねぇ。

私は中学・高校時代、テニスに明け暮れる毎日でしたので、
「不良」とも縁が無かったですし、興味もありませんでした。
でも、同級生の女の子は、「不良」に恋をしたりするじゃないですかぁ~
なんで「不良」に憧れるんだろう?
全くバカだなぁ~って思っていました。

だって、何一つ良いことないですよねぇ。
レストランとかで、横柄な態度をとったり、社会のルールを
守らなかったり、大した問題じゃないのにケンカしたり…
そんなヤツと一緒になって、幸せになれるんでしょうか?
普通に考えれば、分かるようなもんなのになぁ。

先日、海水浴場でナンパ? をしている若者のことをテレビで
やっていましたが、茶髪で真っ黒けのアホみたいな男(すみません)
に、ニコニコついていく女子。 どうかしてますよね。
あれ? こう感じてるのは、おじさんだからでしょうか?(汗)

私は、ナンパってした事がありません。
羨ましいとも思ったこともありません。
だって女子から寄ってきましたから…(笑)
(昔は髪の毛もふさふさで、けっこうモテたんですよ!)

昔、不良だったのに、今は真面目になっている人も
たくさんいると思いますが、わざわざ不良になる必要って
あったんでしょうか?

昔、不良だった人が今は真面目に働いている、というだけで
「立派だ」と言われたり、美化されたりすることにも、
なんとなく納得できないんですよ。
だったら、ずーっと真面目にコツコツ働いている人のほうが
もっとほめられるべきなんじゃないのかなぁ?

コツコツ真面目で、ニコニコして優しい男の人に
もっと光が当たるような世の中になって、
そういう男性がモテるようになってほしいものです!

【土日は手品?】

おはようございます。
小野@馬耳です。

昨日は、沼津経営塾12周年のお打合せ、ありがとうございました。
細谷さんが、みんなをまとめるために開催してくれて
本当に良かったです。
だんだん参加メンバーも増え、嬉しいです。
12周年に参加して下さる方のためにも、自社のためにも、
また、自分のためにも、最高の12周年にしたいですね!
自社PR等の準備もほうの、宜しくお願いします。

二日目、宜しくお願い致します。

【土日は手品?】 
皆さんは、この17、18、19日は3連休ですか? 
私は仕事です! 

そうそう、私が土日に「仕事です!」って言うと、
必ず「手品ですか?」と言われます。(汗)
私だって、ちゃんと仕事をしているんですよ!
この土日月は、けっこう大きなカメラシステムの納品をしています。
出先から数十台のカメラ映像の確認が出来、もちろんズームや
ターンも出来ます。過去の映像も再生することも出来るんですよ。
以前は、映像をとることに対して、反応する方も
いらっしゃいましたが、これだけ、世の中が物騒になると、
そうも言っていられないのか? 拒否反応を示す人も
少なくなったきたようです。

来週は、メーカーからの依頼工事で、自衛隊の2百台近い、
電話設置工事があります。
数多くの特約店がある中で、うちの会社を選んで下さるとは、
本当に、ありがたいです。

自衛隊もそうですし、大手自動車工場や医薬品の会社では
工事の品質、安全への対応等、求めらるがことが厳しいです。
「NDKひかり」も、会社の規模に関係なく、
電気通信事業者になるわけですから、書類の書き方では、
名義は間違いないか? フリガナはしっかりふられているか? 
契約日は書かれているか? 確認署名はあるか?等、
細かいところまで、チェックが必要になります。
(MGで鍛えられたので、助かります。)
また、A4で6枚分の重要説明事項もしっかり説明しなくては
いけません。
正直、それくらいいいじゃん!と思ってしまうこともありますが、
キッチリやるのが、当たり前って言えば、当たり前なんでしょうね。(汗)

ありがたいことに、こうして小さなうちの会社は鍛えられています。
小さな会社だから、小さな仕事しかできないのではなく、
少しでも大きなことに挑戦し、会社を磨いていきたいと思います。

【NDKひかり!】 

おはようございます。
小野@馬耳です。

一週間、宜しくお願い致します。

【NDKひかり!】 
郵政省の認可を取得、そしてようやく、NTTの申請も通り、
「NDKひかり」のサービスがついに開始となりました!

NDKひかりの大きなメリットは2つあります。
ひとつはNTTさんの回線を卸して頂いているので、全く同じ
品質のものが、NTT月額基本料金より低価格であること。
そしてもうひとつは、当社のお客様にとって、
手間のかかるNTTさんへの問い合わせ申込みや、
修理の依頼が弊社だけですべて完結できることです。
実は、今まで回線はNTTさん、電話設備は沼津電話のように、
二分割になっていたのですが、今後は一元化できるのです。

そこで、スタートダッシュ!と行きたいところですが、
お客様を訪問してみて、問題点がいくつか出てきました。
ご注文を頂くのですが、回線の名義が不明なお客様(個人名だったり、
先代の名前だったり・・・等)が意外と多く、なかなか申込みに
たどり着けないこと。
これは仕方ないので、NTTさんに問い合わせをし、
時間をかけて進めています。
あっ、NTTさんは、名義を教えてくれないんですよ。
思い当たる名義をこちらからお伝えしなくてはいけないのです。

他には、お客様がNTTの大きな割引を受けていて、
すでに「NDKひかり」より安い基本料金を適用されている
場合があることです。もちろん他の部分で工夫をし、
下げられる部分は下げるのですが…
ただ、ありがたいことに、少しくらい基本料が高くなっても
かまわないと言って「NDKひかり」を申し込んで下さいます。

私は、お客様のためになると思い、この「NDKひかり」を
始めたのですが、私が思っている以上に、
料金のことより、私との関係を大切にして下さってる
お客様が多いことに驚いています。
本当にありがたいことだと思っています。

それだけにこのサービスを活かし、もっともっと
お客様に良いサービスを提供していきたいと思っています。

一週間、宜しくお願い致します。

ありがとうございました

三島市  小島 章子
9月16日(金)  沼津経営塾ブログ 7日目よろしくお願いします。

最終日
皆さん、一週間 私の稚拙な文章を読んで頂き、心からの応援をして頂き、本当にありがとうございました。
とても、充実した一週間となりました。
自分のことを発信することが、一番の苦手なこと 目立たないように目立たないように・・と生きてきた私が、ブログを担当させて頂き、
皆さんに自分のことを知って頂く、 正直躊躇しました。
女がすたってもよかったのではないか・・・?とすぐに後悔(苦笑)
一週間、やりきった今は、ホッとした気持ちと 自分の人生を自分で作っていくということを実感しています。
それと同時に、周りの皆さんへの、感謝の気持ちでいっぱいです。

杉井先生、遠くカナダから、時差もありお忙しい中 毎日コメント ありがとうございました。
毎日、ブログを更新しているということが、どんなに大変で、どんなに皆さんのことを想ってくれているということか・・、よくわかりました。
毎日、ありがとうございます。

原田さん、コメント復活、ありがとうございました。少し無理強いだったかなぁ・・、でもすごく嬉しいです。
平栁さん、ご指名して頂き なんだかチョット悪者、ごめんなさい、ありがとうございました。
沼津経営塾の皆さん、そして毎日コメントしていただいた皆さん、ありがとうございました。皆さんのコメントがとても力が入っていて、応援してくれているんだなぁと、すごく伝わり、嬉しかったです。
私もあんなに人を応援できるコメントが書けるようになりたいです。
宮本さん、はじめまして!が嬉しかったです。ありがとうございました。
ある方からは、ブログ見ています。楽しみにしています!とおはがきを頂きました。嬉しいビックリでした。ありがとうございました。
私の娘は「見ているよ!」とのこと。ありがとう、とても嬉しかったです。

その他、皆さんに応援されてるんだと実感させて頂いた一週間になりました。
皆さんのおかげで、7日目を迎えられたんだと思います。
応援されている、ってあたたかいですね。
力がいっぱい出て来ます。
たくさんの方に、応援して頂いていると気づけたことは、私にとって とても幸せで、私の人生の中で大きなな宝物です。
私も周りの皆さんを、応援して幸せになって頂けるような人間になりたい!と心から思っています。

一週間、心から・・・ありがとうございました。
次回、担当させていただいた時は、もう少し成長できているように頑張ります。
明日からは、たぶん、小野さんの素敵なブログです。
私も毎日、応援させて頂きます! 

トイレ掃除に学ぶ

三島市  小島 章子
9月15日(木)  沼津経営塾ブログ 6日目よろしくお願いします。

9月3日 北上小学校にてトイレ掃除から学ぶ会に参加させて頂きました。
海野さんから誘って頂き、とても大切な研修です、とのことでしたのではじめて参加させて頂きました。

私は、石川さんリーダー・小野さん副リーダーの1班にいれて頂きました。

担当のトイレに皆さんで、道具を運びました。
私がまず驚いたのは、トイレ掃除に使う道具がきちんと整理されていて、その道具がどれも綺麗で 皆さんとても丁寧に扱っていました。希代さんが、道具を丁寧に使いやすいようにタオルの上に順番に並べてくれました。
石川さん、小野さんによるその道具説明も、私にとって初めての感覚の説明でした。
使い方はもちろん、その道具にやさしい使い方、その道具が傷まないように使う方法の説明でした。道具が傷まないように、とそこまで考えてお掃除をするんだなぁと感心してお聞きしていました。

次に便器掃除の仕方を石川さんが教えてくれました。
最初に男性便器の掃除の仕方でしたが、全て素手で触りながら、説明してくれます。
本当に素手なんだなぁ、まだ自分が素手で掃除する実感は正直湧きませんでした。
私は和式便器担当になりました。
何も分からない私に、石川さんがジャポン!便器に素手をいれて説明してくれています。石川さんがスポンジで何回かこすると中から黒い汚れと、匂いも出てきました。
やるしかない!トイレに素手を入れる、初めての経験でした。ジャブジャブ・・、ゴシゴシ・・。
小野さんが分からないことは聞いて、と声かけをしてくれています。
皆さんに教えて頂いた通りに、ゴシゴシ、ゴシゴシ・・・。便器に集中しているうちに、不思議な気持ちが沸いてきました。
素手のトイレ掃除に躊躇するなんて、私ってなんて傲慢になっているんだろう・・・。涙が出てきそうです。
自分が普段の生活の中で 知らず知らずに傲慢になっていると気づかせて頂きました。
自分がお掃除させて頂いている便器の汚れをすこしでも落としてあげたいと思いました。

その後、壁・換気扇・床など皆さんで手分けして丁寧にお掃除させて頂きました。
洗剤も水も最小限でお掃除できるように、指導して頂きました。
最後は、お掃除に使った道具を分担しながら丁寧に洗って片付けました。
お掃除が終わり、ピカピカなトイレで 1班反省会をしました。
とても清々しく、幸せな気持ちになっていました。
トイレを素手でお掃除させて頂く、この貴重な経験は一人ではできませんでした。皆さんに勇気を頂きながらできた結果です。

毎日の生活の中で、私はもっと注意深く観察し、周りの方々にしていただいたことを認め、また使用する道具も大切に使わせて頂くことが必要だと思います。
トイレ掃除を一緒にさせて頂き、ありがとうございました。

石橋を渡っていこう!

三島市  小島 章子
9月14日(水)  沼津経営塾ブログ 5日目よろしくお願いします。

最近、実はラインを始めました。
以前より周囲の方々よりすすめられていたのですが、怖くて・・・。
センテンス スプリングに流出されて困るようなことはないのですが、「無料(タダ)」っていうことがこわくて、今までできずにいました。
昔、親に「ただより怖いものはない!」って言われたことが頭の片隅にあり、どうしてもできずにおりました。
(最近、男前!って勘違いされてますが。)

今回始めたのも、娘の携帯電話が調子悪くなって 致し方なく、です。
皆さんに便利だよ、スタンプ楽だよ、と言われていましたが、まだまだ使いこなせていません。
でも、やっぱり便利かも。
初めてみてよかったかもです。

私は、色々なこと 「石橋をたたいて、たたいて渡らない」人生を歩んできました。
以前、杉井先生に「小島さんは、人生、不幸にならないように生きているよね。自分の人生、よいものにしましょう。」と言われて、はっとしました。
知らず知らずの間に、人生 「幸せ」にする努力を怠ってしまっていたようです。
また、「自分が幸せになろうとしていないのに、他の方の幸せは応援できないよ」と教えて頂きました。

今回、ブログスタートは石橋などは全くなしの バンジージャンプでした(笑)
後ろから蹴り落としてくださった、沼津経営塾メンバーの皆様の暖かい御厚意に感謝です。

沼津経営塾ブログ、やってみて良かったかも・・・、まだ2日ありますから(笑)
人生、石橋を渡って成長していこうと思います。

調剤薬局業務

三島市  小島 章子
9月13日(火)  沼津経営塾ブログ 4日目よろしくお願いします。
宮本さん、はじめまして!コメントありがとうございます。
初ブログ、皆さんに応援されながら折り返し地点です。よろしくお願いします。

今日は、調剤薬局業務についてお話したいと思います。

調剤薬局は基本的に処方箋に記載されたお薬を調剤して患者さんに説明・情報提供のうえお渡しする業務です。
今ではほとんどが、院外処方といって 病院外でお薬を受け取ることが多いですが、私達が業務をはじめた20年前は病院内でお薬を受け取るところが多かったため、患者さんに面倒だ、高い、時間がかかるなどクレームを頂くことが多かったです。

処方箋を受け取ると、その処方箋が有効の4日をすぎていないかなど確認します。
処方箋は全国どこの薬局でお薬を頂いてもよいですが、4日をすぎると無効になってしまいます。

処方箋の記載も今は一般名処方といって、成分名で表示されていることが多いです。
一般名処方で記載された処方箋は、先発品(研究・開発費をかけてはじめに商品になったお薬)、ジェネリック(後から先発品と同じ主成分で作ったお薬)どちらで調剤してもよいことになっています。患者さん、ご本人のご希望によります。
ジェネリック医薬品は主成分については先発品と同じお薬になっていますが、賦形剤といってお薬を固める作用の薬品や添加物はその会社によって異なります。
ちなみに金額は先発品に比べるとジェネリックの方が研究・開発費がかかっていない分、お安くなります。
医師が変更してほしくないお薬については変更不可のバツ印が記載されています。
これについては薬局で勝手に変更することはできません。

私達薬剤師は、処方箋のお薬の量、飲み合わせなどに問題がないか確かめながら調剤します。
この時、処方箋上のお薬同士の飲み合わせのほかに、お薬手帳に記載されている他院で処方されているお薬との飲み合わせも確認します。
お薬手帳は持参したり、持ち歩いたりするのが面倒でありますが、飲み合わせを確認できたり、震災の際にはすぐに服用しなければいけないお薬がお薬手帳によって判明した、などの利点もありますので、常用薬を服用されている方は特にお持ちになって頂いた方がよいと思います。

調剤ができると、投薬です。
患者さんがなるべくわかりやすく説明します。
毎回、同じお薬を飲んでいる方は残薬の確認、しっかり服用できているかの確認、服用継続においての副作用の有無の確認、などもさせて頂きます。
また、薬疹など体に合わないお薬の有無も教えて頂きます。
そのことをしっかり記載しておくことも、大切な仕事です。
簡単ではありますが、このような一連の流れが調剤薬局の業務です。

薬局に来て頂くのは基本的に、体調の悪い方です。
体調が悪いために、元気がでない方、不安な方もいらっしゃいます。
少しでも私が投薬させて頂く中で、限られた時間の中ではありますが元気になったり、前向きな気持ちになって帰って頂きたいなと思って毎日お仕事させて頂いています。

あなたに出してもらってよかったと思っていただけるように、患者さんの目線でこれからも仕事をさせて頂こうと思います。


読書

三島市  小島 章子
9月12日(月)  沼津経営塾ブログ 3日目よろしくお願いします。

少しずつ日も短くなってきて、夜が長くなってきていますね。
「読書の秋」、と言いますが、私は最近、読書していないと反省です。

時代はかわってきて、今はアマゾンなどネットで本を購入される方も多いのだと思います。
在庫の有無もわかり、届けてくれるのでかなり便利ですよね。
でも、私は本屋さんでゆっくりと過ごす時間も自分の大好きな時間です。
本のタイトルや、表紙を見て、手にとってパラパラ・・・。
これ読んでみたいなぁ~、これは字が小さくて読みにくそう・・など本屋さんをブラブラしていると、あっという間に時間がたってしまいます。
なんとなく購入した本が期待以上だと、また嬉しくなってしまいます。
ただ、自分だけで選んでいると ジャンルなどが少し偏ってしまうなぁと思うことがあります。
そこで、皆さんのおすすめの本を紹介していただけると嬉しいです。

ちなみに、私のおすすめは 池井戸潤さん、「空飛ぶタイヤ」から全て読んでいます。
テレビなどでも何本か放送されていますよね。
作品を読んでいて、頭の良い方だなぁと思う一方、登場人物に人間の温かみが出ていて大好きな作家さんです。

また、最近のものではありませんが、重松清さんの「カシオペアの丘で」は涙が止まりませんでした。
有川浩さんの「県庁おもてなし課」は読んだ時に、県を売り込むということが衝撃的で面白かったです。

多分、皆さんも読んだことがおありの作品ばかりだと思います。

秋の夜長、読書をする時間をとっていこうと思います。
ちなみに、10日の杉井先生のブログの中の内館牧子さんの、「終わった人」も読んでみたいと思っています。

CLを学ばせて頂いて

三島市  小島 章子
9月11日(日) 沼津経営塾ブログ 2日目よろしくお願いします。

皆さんからの応援のコメント、ありがとうございます。
すごく、嬉しいです。
また、原田さんコメント復活!おめでとうございます。
そして、ありがとうございます。
こんなに、皆さんに応援されるということが嬉しくて、力になるんだなぁと改めて実感しました。
今まで、しっかり気持ちを込めてコメントさせて頂いていたか・・・と反省しました。
これからのコメントに、今の気持ちを活かしていきたいです。

今日は私の紹介を少しさせて頂きます。

現在は、三島市に住んでいます。
北海道の札幌からこちらに来て、今年でちょうど20年になりました。
初めてこちらに来た時は、西武・丸井などあったのですが、その当時の私にとっては、夜 涙が出るほど何もないところだなぁ~と思いました。(ごめんなさい)
今は、すっかり三島大好きで、お引越ししてきた方にお買い物どこでするんですか?と聞かれると、イトーヨーカドーがありますよ!と言えるほどになっています(笑)

妹のいた私は、お姉ちゃんだからしっかりしてね!と言われながら育ってきました。
今になると妹の方がずっとしっかりしているんですがね・・・(苦笑)
そのためか、失敗を嫌い、してはいけないことだと思ってきました。
失敗が悪いことだと思っていたようです。
CLを学ばせて頂いて、失敗などの経験も事実として受け入れるということを学びました。
また、一生懸命やった結果は コントロールできないということも学びました。

仕事は調剤薬局をさせて頂いています。
社員さんのシフトの管理など、現場に入りながらさせて頂いています。
社員さんのトラブルなども時々あり、日々、奮闘しています。
以前は、トラブルが起きるたびにかなり落ち込んだり、凹んだりしました。
いつも問題が起こらないようにすることが大切だと思っていたからです。
CLを教えて頂き、問題行動のある方は問題を起こすのだと知りました。
また、問題が起こって困ったほうがいいのだと知り、とても楽になりました。


現在、日々 やはり困ったこと 辛いことなど問題が色々ありますが、少々のことで凹まず元気で明るく生活ができているのは 杉井先生・CLと出会わせて頂いたおかげです。
まだ、基礎講座しか受けていないですし、日々の努力もまだまだ足りないのですが しっかり学んで、これからも社員さんや家族、周りの方々が幸せになる応援をしていきたいと思っています。

はじめの一歩!

9月10日(土)、初めての沼津経営塾ブログ担当 よろしくお願いします。
三島市で薬剤師をしている、小島 章子です。
平栁さんからご指名頂き光栄です。(小野さん陰ながら推薦して頂きありがとうございます)
バンジージャンプで飛び降りるつもりで、担当させて頂きます。
文章の上手な子に!という両親の願いもむなしく、稚拙な文章になってしまうかもしれませんが、一生懸命毎日書かせて頂きます。
7日間、お付き合い お願いいたします。

9月8日、朝 いつものように沼津経営塾のブログを見て驚きました。
誰の策略・・・?
急すぎない・・・?
平栁さんが、なんで・・・?
好青年だと思っていたのに・・・!!!

一日中、どうするの私???
断るの?こんな急なのに受けるの?
その思いがグルグル頭の中をめぐっていました。
そして、数日前の杉井先生のブログも頭の中をよぎっていました。
楽なことが得というのではなく、幸せになることを得と言うのです!と。
逃げずに実践していきたいです!とコメントに書いたよね・・・私。

一つ気になることがありました。
ブログって公開されるはずです。
万が一にも、私がやる気でも色々な方面でご迷惑をかけないか、ネットトラブルなどある時代です。主人・娘に相談することにしました。
いいんじゃない!
かくして、我が家の家族は私の絶好のお断り理由をあっけなく砕いてくれたのでした(笑)

小野さんには準備期間がないために、もう少し後に担当してくれてもいいよと言っていただきました。
1週間後?
2週間後?
準備期間もなく、機械に音痴であるために パソコンでブログ登録も怪しいですが、準備期間があってもあまり変わらない気がしました。

読んで頂く皆様にはご迷惑かと思いますが、はじめの一歩!踏み出させて頂くことにしました。

皆さんのようにまだ上手に書く事、観察して準備しておくことはできていませんが、これから少しずつ成長していこうと思います。

私自身、人生の中でブログを書かせて頂く機会があること自体がとても不思議です。
この場を与えて頂いたこと、与えて頂いた皆様に本当に感謝しています。
目の前のことに一生懸命取り組んでいきたいと思います。
よろしくお願いします。

ありがとうございます。沼津経営塾


山平園の平栁彰彦です。

皆さん毎日コメントありがとうございます。
では、9月9日(金)ブログ7日目
最終日よろしくお願いします。

1週間沼津経営塾のブログを書いてみて、静岡経営塾に比べると
沼津経営塾の方はブログ担当が回ってくるか回数が多いですから、
普段からブログに書くことが出来る意味のある人生を送っていないと
出来るものではないですよね!

なので、皆さんはブログのネタ探しのためというわけではないですが、
物事を良く考えて経営、生活をしているのだと感じました。早い間隔で
何度もブログは回ってきますが、ブログを書くことで自分を発信し知ってもらい、
皆さんからコメントを頂き改めることも出来ます。
大変かもしれませんが、
それによるメリットはとても多い気がしました。

私は最初のブログで書いたようにブログをやった方がみんな助かるだろうな。
経営塾に参加させて頂いているのだからそろそろやらなきゃな。
と思いながらもやり始めたら大変かもしれないと、一歩踏み込めず
沼津経営塾にお誘いいただいてから半年ほど経ってしまいました。
ですが、今は勇気を出しブログに参加させて頂いてとてもよかったと思っています。

沼津経営塾は人、雰囲気も良く、まだブログをやってみていない方、
興味がある方がいるのなら、二の足を踏んでいた私が言うのもなんですが、
勇気を出して沼津経営塾のブログをやってみるときっと為になると思います!

沼津経営塾の皆さん、バーターからの始まりになってしまいましたが、
細谷さんが言ってくれたようにこれからはレギュラーでやらせ頂きたいと思います!
これからよろしくお願いします。

P.S 小島さん、急なお誘いすいませんでした(笑)


手揉み保存会

山平園の平栁彰彦です。

皆さんコメントありがとうございます。
私もブログに書いたからにはしっかりと
自分の課題と相手の課題を区別できるようにして、
よりよい関係を作っていきます!
そして、次のブログ担当ですが小島さんお願いしてもよろしいでしょうか?
私も来週まではネタがありません!(笑)

では、9月8日(木)ブログ6日目よろしくお願いします。

昨日、今日と2日間、私は静岡県手揉み保存会の合宿を行ってきました。
この合宿は9月19日に保存会の資格認定試験があるのですが、その受験生
のために設けられた合宿で、私も初級の教師補という資格を取るため参加しました。
2日間身体を酷使したので車を運転しているだけでも腰がとても痛いです!

保存会で行っている古くから伝わる手揉みの手法では約500gのお茶を作るのに
2人掛かりで6~7時間ほど時間がかかりますが、明治以降に急速に発展した
機械化の流れでつくられてきた現代のお茶工場なら、その何百倍以上のお茶を
同じ時間で1人の人がチェックをしているだけで作れます。

6~7時間多大な労力もかけて数百グラムの物と、6~7時間1人が機械をチェックして
いるだけで何百キロの物ではかなりの差だと思いませんか?
image2.jpg

image1.jpg

これが手揉みをしている様子と、手揉みで作ったお茶ですが、
普段皆さんが見ているお茶とは形状がかなり違うのではないかと思います。

今回紹介したのはお茶の加工技術の過去と現在の話しでしたが、
これと同じような波がお茶栽培の現場にも来ています。茶園の乗用型化です。
よく見ないと分からないかもしれませんが、イメージにある丸い
かまぼこの様な茶園が今、乗用型用の平らな茶園へと変わっていっているのです。
静岡経営塾のブログでも山平園ではこの丸い茶園を残していくという方針を
話させて頂きましたが、やはりこういった本当の技術や物・形が知らず知らずのうちに
消えていってしまうのはさみしいことですね。

お茶工場の機械技術も手揉みから来ているのですが、これはもう一部の人にしか
分からないものになっています。お茶に限った話ではないかもしれませんが、
今回の合宿で何事も温故知新という言葉があるように、新しいことをするのにも過去
や基本・基礎を理解しそれまでの築き上げて来てくれた方々に
敬意を持ちながら取り組みたいと思いました。

子育てセミナー

山平園の平栁彰彦です。

皆さん毎日コメントありがとうございます。

では、9月7日(水)ブログ5日目よろしくお願いします。

今回は、子育てセミナーの第三回を受講させて頂き、
思ったことを書きたいと思います。第三回のセミナーの中で
こんなことを教えて頂きました。

問題がそこにある時、それは一体「誰の課題(責任)か」ということです。
今まで私は親子の関係、友人との関係、恋人との関係など身近な関係で
こういったことを意識して考えたことはありませんでした。
ですから、相談を受けたり、悩んでしまっている人がいるとその人のため、
かわいそうだな、何とかしてあげたいなと思い、
私が決めなければならない事ではないのに勝手に口を出して解決しようと
してしまうところがあったことに気付きました。

良いことをしていると自己満足をしてしまい、本当は失礼なことを言ってしまったり、
してしまったことがたくさんあったのではないかと今では少し不安です。

子育てセミナーを受けさせて頂いてからまだ日は浅いですが、
受講させて頂いてから意識してみると、ここ数日でもいつもならイライラしたり
感情的になってしまうところで落ちつけたり、相談をされたときに
相手を突き放すわけではないですが、相手にそれは自分の判断で決めるんだよ。
と私の考えを押し付けないよう対応が出来ることがあり、
これがあっているかは分かりませんが、相手のいつもと違う反応を見ると、
より良い関係を作るのに本当に役に立つなと感じました。

この感覚は今までの自分には全くなかった感覚なので少し戸惑いもありますが、
勉強させて頂いたことを実際の私生活で意識して、
建設的な対応を早く身につけたいと思いました。


一園逸茶


山平園の平栁彰彦です。

皆さん昨日もコメント・アドバイスありがとうございます。
こういった気付きを、ブログに書かせて頂いたので、
しっかりと実践していきたいと思います。

では9月6日(火)ブログ4日目よろしくお願いします。

タイトルの一園逸茶とは
全国で無農薬や有機栽培でお茶を育てている人たちが集まった団体で、
静岡、三重、奈良、京都、鹿児島と様々な地方の方が来ており、
有機栽培のコンサルタントをしている小祝先生という方をお呼びし、
勉強させて頂いています。

山平園も10年ほど前から参加させて頂いていますが、
この団体は長年有機栽培を勉強し成熟していたので
新たに入る人たちには入りにくく、理解しがたいところがあったので、
今回新しく参加者を募り、新たに基礎から学ぶということを目的とし
新しい団体を作りそこに私も参加することになりました。

そして当日会場に集まると、
パワーポイントやホワイトボードを使うはずの講義だったのですが、
机が会議をするような正方形の形で並んでいました。
そのためアシスタントで来ていた方がどの方向にスライドを映せばいいのか分からず、
すべての方向を試しながら大変困っていました。なので、私も移動などを手伝い
一緒にどうしたらいいか考えていたのですが、どの方向に向いても参加者の方に
「まぶしいです」、「これでやるんですか?」と言われ嫌がられてしまいます。笑

見かねた小祝さんが、「別にディスカッションをするわけじゃないんでしょ?」と言ってくれ、
そこでやっと大学などの講義室の様な形にすればいいだけなのか!と気付き
皆さんに指示をし、やっと会場の準備が整いました。

今回の事で私はまだまだ自分の頭は固いな・・・と思い知ることができました。
既存の仕組みにとらわれて新たに仕組みを作り変えやりやすいよう
仕組みを作りかえるという柔軟さが足りず、これはいざ経営という面に
おいてもそのまま同じことが言えるのではないかと思いました。

その場その場のテクニカル面や知識面だけでなく、
こういった些細なことに危機感を覚えるのも
杉井さんと出会い経営塾に入って勉強させていただいてからです。
今までおろそかにしてきてしまった部分なので、
この危機感を感じるセンサーを大切に何事にも挑戦していきたいと思います。

IMG_5672.jpg

社長不在

山平園の平栁彰彦です。

昨日の「バンジー挑戦」のコメントとても意見が分かれていていましたね!
行きたいと思った方は私も一緒に飛ぶので是非行きましょう!
ご連絡お待ちしています。

では、9月5日(月)ブログ3日目よろしくお願いします。

いま山平園の社長(父は)海外に行ってしまって不在です。
日本茶をヨーロッパに広げるということで
手揉み保存会の副会長としてドイツに行っています。
ただで海外に行けますし、毎年誘われるのですが、
ずっと断っていて今年久しぶりの参加です。

山平園は家族経営で圃場・工場の管理、雇う方の日程や作業など
ほとんどは最終的に父が決めています。
そして、いざ社長がいなくなってしまった今、
そのすべてを自分で行い、決め責任を持たなければなりません。

大丈夫だろとたかをくくっていましたが、
父がやっていたように前日から段取りを決め、
手伝いに来てくれる方が働きやすいように細かな準備をしておいてあげる。
そんなことが思ったより時間と労力がかかり、
毎朝、人より早くに起きて大変な仕事をしていてくれたのだな・・・
とやっていることは気付いていましたが、
実際に自分でやってみて思い知ることで、
もっと自分も一緒に起きて手伝ってあげればよかったな。と思いました。
いや、先にすべてやっておいてみてもいいかもしれませんね!

これから父も母もいつかはいなくなってしまいますから、
この小さな後悔、そして気付きを大切にして、
最後にこういった思いをしない、自分に甘くならずに
後悔しないような接し方を心がけていきたいです。

最後に、私の初ブログのコメントで質問があった、
平栁の「ヤナギ」の字の部分は
「ヤナギ」と打って頂いて、
変換に出てこなければ普通の「柳」こちらでもかまいません。
室伏さんお気づかいありがとうございます!

猿ヶ京バンジーへの挑戦

山平園の平栁彰彦です。
9月4日(日)ブログ2日目よろしくお願いします。
今日は以前静岡経営塾のブログですこし紹介した時に、
希代君からバンジーの実体験を伝えてほしいとの要望があったので、
私が体験した富士バンジー誘致前の下調べで群馬県のみなかみ町と、
猿ヶ京にあるバンジージャンプに行ってきた時の体験談を書きたいと思います。

発端は親戚の元市議をやっていた岡村さんという方が、
富士に何か新しい観光が欲しい!
と思いバンジージャンプに目を付けたのがきっかけで、
その視察で今度一緒に群馬に行ってバンジージャンプをやりに行こう!
と誘われました。最初は「バンジージャンプなんて、お金を払ってやるのは嫌だな」、
「怖くて飛べるかわからないな」と思いながら行ったのを覚えています。
しかし、わざわざ静岡から運転して群馬へ行きその会場へたのだから
飛ぶしかないなと車での移動中に心に決めいざ会場に到着すると、
確かに高くて怖いですが、あれ?意外と行けるかな?と思い。
4人で行ったのですが一番若いということもあり最初に飛ばせて頂きました!
その時の写真がこれです!
IMG_0215.jpg
IMG_0217.jpg
IMG_0220.jpg


先ほど意外と行けるかな?と言いましたが、プラットホーム(飛び込み台)は
下が透けるように出来ていて飛ぶ寸前、下を見てしまった私はやっぱりやめよう!
と言いたくなりました。しかし、はるばる群馬まできて「一番で行きます」と
格好をつけて行ってしまったからには飛ぶしかなかったのです。

しかし、ここからがバンジージャンプの不思議なところで、
驚くことにバンジージャンプをした後、大きな壁を乗り越えたような達成感と
今ならなんでもやれるような気持ちになり、また飛んでみたいという気持ちにました。
あんなに嫌だったのにとても不思議ですね。

こちらは一緒にバンジージャンプを跳んだ4人の写真です。
IMG_0178.jpg

一緒に同じ恐怖を乗り越えたことでバンジージャンプを終えた後、
すっきりとして結束力が高まった気がしました。
これもまたバンジージャンプのいい所なのではないかなと思います。


今はわざわざ群馬まで行かずとも、沼津からさほど遠くない
富士市の須津川渓谷橋で「富士バンジー」が行われています!
良かったら皆さんも社員さんや友人と仲間と試してみてはいかがですが?
新しい自分に出会えるかもしれませんよ!

はじめまして。

山平園の平栁彰彦です。
9月3日(土)沼津経営塾の初ブログよろしくお願いします。

沼津経営塾では私はまだ何度かしか顔を出していないので、
知っている方もいらっしゃるかも知れませんがが
少し自己紹介をしたいと思います。
私の働いている山平園は静岡県の富士市の東部にあり
無農薬・有機栽培でお茶を栽培し、
加工販売までを一貫して行っています。
杉井先生とは富士農林事務所のセミナーでお会い
しMG参加をへて静岡経営塾に誘って頂き、
今度は静岡経営塾で小野さんと出会いまたこの
沼津経営塾に誘っていただいたという次第です。
また、少し詳しい山平園の紹介が以前の静岡経営塾の
わたしの最初のブログに載っています。

はじめまして、山平園の平栁です。

いままで何度か沼津経営塾に参加させて頂きながら
今までなかなかブログに参加するという勇気が出ず、
ここまで来てしまいましたが、小野さんに静岡経営塾のブログを
お願いする時に、沼津経営塾と被ってしまうということで、
バーターで私がこちらを担当させて頂くことになりました。

みんなやってほしいと思っているのだろうな
と感じつつも、タイミングを見計らってしまっていた
私にはいい機会だったのかもしれませんし、
小野さんに頼んだ時に沼津経営塾と被っていたのも
沼津経営塾のブログを担当する運命だったのかもしれません。笑
いや、もしかしたら平栁さん沼津経営塾に来てるんだから早くブログ書いてよ!
という誰かの強い思いが私に通じたのかもしれません。笑

とにかく、今回のこの機会はタイミングを見計らってしまっていた
私へのいいチャンスだと思い、この1週間沼津経営塾のブログ担当も
頑張らせて頂きますので皆さんどうぞよろしくお願いします。

明日は海野塗装さんの希代君が静岡経営塾のコメントで、
バンジーの実体験を聞かせて欲しいと言っていたので、
それについて書きたいなと思っています!

1週間ありがとうございました

「 1週間ありがとうございました 」
H28年9月2日(金)   古橋 力

ブログ最終日です、よろしくお願いします。

私の勤務形態は、基本的には4勤2休ですが、なるべく働きたい
ので、5勤1休を主体にして組んでいます。毎日、出勤時間が異
なります(11時、13時、15時、16時、16時)から、体調管理が
大変でした。質の高い睡眠時間の確保と仕事の両立が、目標
でした。最近になってやっと、体調を維持できる時間割を確立
できた様に思います。

当初は、帰宅時間が遅く4時・5時となると、そのまま就寝時間
も遅くなっていました。そうすると、翌日の起床時間も遅くなります。
そこで、帰宅してから、就寝するまでの時間を一定にするようにし
たのです。およそ2時間にしました。
そうすると、翌日への影響が少ない事が分かってきました。

また、休日とはいえ夜勤明けですから午後に起きて、次の日は
午前中から勤務ですので、休日は、あっという間に過ぎてしまい
ます。
ですから、なるべく丸1日、休める日を多く作る様にしていこうと
思っています。
そうしないと、思い切った「晩酌」もできません!! (目盛を気に
して飲むことには慣れました)。

日勤や夜勤の勤務形態の方が、時間が一定でリズムがあります
から体調管理は、やり易いと思います。しかし、私は昼と夜の両方
の仕事ができるダイヤ勤務が気に入っています。いろいろな方と
の出会いがあるからです。この条件の中で、最良の仕組みを
作っていこうと思います。
ブログ当番は、私にとっては重要課題です。勤務との両立を更に
工夫していきたいと思います。

1週間、コメントをいただきまして、ありがとうございます。
とても嬉しいです。

ダイヤモンドコート!

「 ダイヤモンドコート! 」

H28年9月1日(木)   古橋 力

ブログ6日目です、よろしくお願いします。
コメントを、ありがたく読ませて頂いています。
ありがとうございます。

今日も、息抜きにお付き合いください。

私はタクシーの仕事に就いてからは、テレビを殆ど見なくなり
ました。
各放送局の番組は、殆ど見ていませんので、職場で話題に
なる時はついていけませんが、特に困る事もありません。

タクシーの仕事は、勤務形態によっては労働時間が長いので、
物理的にテレビを見る時間が少ないです(私の場合ですが)。
今回の、リオ五輪も映像で見ていません。乗車していただいた
お客様から、情報を得ることも多々ありました。新聞を読むこと
にしています。

私が帰宅するのは、深夜3時~4時頃です。ある日、珍しくTVを
点けると、テレビショッピングが放送されていました。
ジャパネットタカタが有名ですが、今では沢山の番組があるの
ですね。 ある番組で、こびり付かない、ダイヤモンドコートの
フライパンを宣伝していました。昔は、フッ素やテフロンコート
が主流でした。そこには、驚きの映像が!!なんと、目玉焼きに
息をフッと吹きかけるとフワッと動くのです。私は驚きました!!
我が家のフライパンは、目玉焼きは、ガリガリと、はがさないと
いけないのに、なんという事でしょう。もう、クギづけです。
毎日家事をしてくれている妻が楽になる様にと、注文しようと
思いました。なんとも購買意欲をそそりますね。 しかし、
大小のフライパンがセットになっているので、すべて必要なモノ
ではありません。結局は買わなかったのですが、あの様な映像
と、販売累計○万枚というと、魅力的に感じてしまいました。

後日、ホームセンターでダイヤモンドコートのフライパンがあった
ので1枚だけ購入しました。 妻が、息を吹きかけたら目玉焼きは、
本当に「ふわっと」動きました。本当に、こびり付かないので妻は
満足そうです。

このテレビショッピングの様に、視覚に訴えることは大事だと思い
ました。身なりや車の挙動を見て選んでくれる人も多いと思
います。見られている事を、意識して、仕事に臨みたいと思い
ます。

FC2Ad