沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

この時を大切にする

7月31日(日)

おはようございます。
ブログ担当よろしくお願いします。

うみの塗装 古橋幹大

(この時を大切にする)

先日のさかえやさんのMG研修では、映画「オレンジ」を見ました。
この映画は、10年後の後悔を10年前の自分へ手紙を書き、後悔をなくしてほしいと1人の転校生のために4人の高校生が助け合う物語です。
初めは、恋愛の勉強をするのかと思ったのですが、自分自身が10年後に後悔をしないようにするにはどうしたらいいのかと、とても考えさせてもらった映画でした。
ぜひ、見てみてください。

私は、この映画をみて思った事は、助け合うことや後悔をしないためにも一瞬一瞬を大切にしたいと思った事でした。
映画を見終わった後に、杉井先生から、「10年後の自分から今の自分への手紙を書いてみてほしい」と課題がありました。
私は、自分が10年後に何をいうのか正直、分からなかったのですが、今の自分への手紙を書き、後悔をしないためにも何をしていくのか、考えました。
課題としては、
・今年の目標をやりきること
・笑顔、きびきび、はきはきと働くこと
が、今の私が大切にしていくことではないのかと思いました。
私が先頭に立ち、挨拶をしていく、笑顔で行くことが大切だと思います。
CLのこの一瞬を大切して、つなぎとめていくことをしていき、会社がよくなっていくこと、自分の人生を変えていくことをしていきたいです。

ありがとうございました。
スポンサーサイト

チャンスをものにする

7月30日(土)

今日から一週間ブログ担当させていただきます。
よろしくお願いします。

うみの塗装 古橋幹大

(チャンスをものにする)

今月の21日、22日は、長野県の春蘭の宿 さかえや さんでMGの研修がありました。
MGは、戦略MGといい、実際に会社を板で作り、体験として経営というものを学んでいきます。

今回、私と同僚の希代さんと一緒に参加してきました。
参加するにあたり、自己資本部門(成績)、計数部門(計算の速さ)、人柄の表で1位になること、さかえやさんのいいところを私たちの会社に活かすことを目的に参加させていただきました。

結果は、自己資本、計数と1位になることはできませんでした。
今回のさかえやさんのMGでは、優勝を狙えるところにいるにも関わらず、形にならないという、チャンスをものにすることがあらためて大切だと気づきました。
優勝できなかったのは、税金の分の固定費を考えていなかったところにあり、自己資本がどうしたら伸びるのか、私の詰めの甘さが出たのだと思いました。
マトリックス計算表は、利益がでると、そこから、固定費、前期までの繰り越しの利益の差、税金の配当、がひかれます。私は、売り上げをゲーム中に確保した時にこのまま勝てるなと思い、1位になったさかえやさんの荻原さんの売りを乱すことをしませんでした。
しかし、配当の分を考えていなかったために、自己資本がここまで上がらないのかと、思い1位になれませんでした。
以前、参加者が全員初めての方とやり、優勝を目指してやった事があったのですが、自分の固定費の見直しが仇になり、1位になれなかったことを思い出しました。

私は、自分の人生のチャンスはこうしたところで出ているのだと思います。
勝負は、戦う前についていると、教えていただきましたが、その結果がこれだと思いました。
今回の事から、毎日の優勝を狙った努力の差を感じ、今の自分の努力は狙っているのか?という所が甘いと感じました。
CL手帳の「狙う効果」というところがあり、CLでも目的本位がありますが、そのことは、何を狙って取り組んでいますか?という所を自問自答してやっていきたいと思いました。

ありがとうございました。

「沼津ラクーンよしもと劇場」

「沼津ラクーンよしもと劇場」
2016年7月29日(金)
おはようございます。細谷です。最終日よろしくお願いします。

細谷家の日常(Ipad編)
最近、息子が夜な夜なIpadでユーチューブを見ているようで、
息子:「絶対に寝ている部屋をのぞかないでね。約束だよ」
妻:「寝る時はIpadは見ない約束だよね」
息子:「約束は守るからのぞかないでね」
娘:「昨日、にいに、寝る時、見てたよ!」とちくり・・・
妻:「約束破ったな(怒)証拠が出てきたぞ!」
息子:「きっと夢でも見ていたんだよ~マボロシ~」とちょっとオネエ系になっていました

さて、先日おのちゃんマンとよしもとの富士彦さんがコラボマジックをするということで、娘と見に行ってきました。今年もラクーンよしもと劇場で周年事業をやるということで、3回目になりますが、アイデア・企画を練りに?見させてもらいました。
ラクーン沼津①

地元パフォーマーの方々が多い回でしたが、ダンスあり、歌あり、フラダンス?ありのこのステージはいったいどこに向かおうとしているのかという感じでしたが、発表の場を求めてなのか、ステージ慣れするためなのか、色々な思惑が感じられるステージでした。
よしもと看板

おのちゃんマンと富士彦さんのステージが一番安心?してみていられました。というのもステージに立つ人の心臓の強さが半端ではありません。一人で2曲歌い切った地元アイドル?やフラダンスに立つ60代か70代?の女性の方々、それぞれしどろもどろのMCなどなど、身内だったら凍り付くよう感じでも一生懸命自分を表現していて、ある意味面白かったです。
よしもと花月

今年の経営塾イベントのキャッチは‘ズバ抜けます「笑いと魅力」祭りですかね(笑)
おのちゃんマンのイリュージョン系とうみの塗装の「ラッセンが好き~」3人バージョンなどなど、沼津経営塾の面々と来場者も主役になれるような魅力的なイベントにしたいですね。小島さんはおのちゃんマンの横でバニーガールをお願いします(笑)

杉井さんの講演の時の出で立ちもやくざ風のからバカ殿系に進化するかも?(笑)
プレッシャーに負けない強い心臓で、笑いと魅力を発揮してズバ抜けていきましょう!!

1週間ありがとうございました。

「都知事選」

「都知事選」
2016年7月28日(木)
おはようございます。細谷です。6日目よろしくお願いします。

細谷家の日常(気が利くふり)
夕食の時、鼻がむずむずしてティッシュが欲しいなと、ぼそっと小声で言ったら、息子がおもむろに席を立ち、ティッシュのある場所へ行きました。妻とこんなに気が利くようになって成長したねと話していたら、自分の鼻だけかんで戻ってきました・・・。(パパのティッシュは?)

都知事選、白熱していますね。3人しかテレビで見ていませんが、結構立候補されている方がいます。オリンピックもそうですが、地方の知事と東京都知事では予算の使い方はじめ、首都機能を担う分、責任も権限も大きいような気がします。

人気投票なのか政策論争なのか選挙の戦略も色々とあるのかと思います。あまり政治のことは書くつもりはありませんが、リーダーシップの取り方という点で興味を持っていこうと思っています。

理想のリーダーシップ像というのは人それぞれ違うと思いますが、共通する点がいくつかあるかと思います。コミュニケーション能力が高いことやプレゼン能力が高いことはもちろんですが、ビジョンを明確に描けている人ではないかなと感じます。また、リーダーシップのある人には、大体隣に忠誠心の高い右腕が存在しますね。

10年後20年後どういう日本に、どういう街に、どういう会社に、どういう組織にしたいのか、狙って行動できる人は強いなと思います。これから、来期の経営計画を立てていきますが、社長も選挙で決まる仕組みがそのうち出来るかもしれないですね。

基本的な事ですが笑顔や握手、発声練習など朝礼などに組み込んで、社員さんたちとコミュケーションを取りながら、姿勢や言葉使い、考え方などリーダーに不可欠な要素を少しずつ鍛えていければなと思いました。

「ポケモンGO」

「ポケモンGO」
2016年7月27日(水)
おはようございます。細谷です。5日目よろしくお願いします。

細谷家の日常(会話の腰を折る天才)
先日小学校で息子が先生に大声で暴言をはいたと妻から聞きました。
どんな暴言かはわかりませんが、理科の先生がかなり頭にきたそうで
先生:「何~もう一度言ってみろ!」と怒り口調で言ったら
息子:「え!聞こえなかったんですか?」と切り返して、先生も怒る気力が萎えたそうな・・・。
妻も話の腰を折る天才ですが息子にも遺伝しているようです・・・。

さて、最近話題のポケモンGOはすごいですね。ニュースでもトップで扱われ、新しいゲームというか広告というか、色々なビジネスの仕方が変わるきっかけになりそうな感じです。

ポケモンGOは任天堂のスマホゲームですが、任天堂の初めてといっていい大型のソーシャルネットワークゲームで、実際に街中に出かけてそこでポケモンをゲットするというゲームの仕組みがあります。「ポケストップ(ポケモンをゲットする場所)」と「ジム(自分が所属してそこでポケモンを育てたり対戦したりする場所)」が街中に設置されているというビジネスモデルで、今まで家の中にいた人たちや、その場所にはいかないだろうという人たちまで、ポケモンを探して歩き回っています。

この仕組みが広告などで使うとして、そのお店に行かないと現れないポケモンがいたら、行ってしまいますよね。ジムが飲食店だったら、そこでコミュティも生まれ、毎回宴会などがされるかもしれません。使い方は無限大にありそうですが、危険も中にはありそうです。

先日、町内の組費を集金に家族で近所を回っていましたが、子どもたちがスマホを使って3体ぐらいポケモンをゲットしていました。どういう仕組みなっているかわかりませんが、インドア派の息子まで歩いて近くの公園に行ってくると騒ぐ始末です。

遊び方が色々と変わりますね。ただ街中を歩いてゲットするものから、ゴミを拾ったり、被災地の応援など何か他の人の役に立つものをした時にゲットできるような仕組みにすると、楽しみながら世の中がよくなっていくのかなと少し思いました。
七夕竹
七夕青以

ポケモンをゲットしたい願いもあるかと思いますが、七夕での娘の願い事が「ねんどおねえさん」になりたいでした。(テレビの中のお姉さん?)そして妻の願い事は「家の壁を塗り替えてほしい」・・・願い事ではなく依頼事でした・・・。

「カップヌードルミュージアム」

「カップヌードルミュージアム」
2016年7月26日(火)
おはようございます。細谷です。4日目よろしくお願いします。

先日、知り合いの子どもも連れて、横浜のみなとみらいにあるカップヌードルミュージアムに行ってきました。(実践子育てセミナー実習です・・・)大人は入場料がかかるのですが、子どもは無料ということで、家族連れも多かったです(外人も多かったかな?)

連休ということもあり、行きは渋滞に巻き込まれ、着いたのがお昼過ぎでした。自分でオリジナルのカップヌードルが作れる場所があるため、とりあえず整理券を何とかゲットすることにしました。4時過ぎの回ということでそれまで食事や見学をすることにしました。

食事場所も色々な国の麺が少しずつ食べられる仕組みで、チキンラーメンも1杯150円と子どもサイズでした。あまりイケてませんでしたが、カップヌードルアイスなど変わったメニューもありました。
カップヌードルM屋台前
ヌードル食事風景
ヌードルアイス
子どもが遊べるように、自分が麺になったつもりで、機械の中を通っていくというコンセプトの遊具があったり、創業者の生い立ちや銅像、今まで出したカップ麺の博物館などもあり、子どもたちも飽きずに見学しながら遊んでいました。
カップヌードルの歴史
カップヌードル創業者
ヌードルオブジェ
ネバーギブアップ
ヌードルぬいぐるみ
そして、メインイベントのオリジナルヌードル製作ですが、まずカップを300円で自動販売機で買い、そのカップにマジックで好きな絵を描いていきます。できたら中身を入れる工程になりますが、まずは麺をカップに入れる作業、次にスープの種類を決めて、トッピングを4種類決めていきます。フタを圧着機械で付けた後、シュリンク装置で仕上です。持ち運び用に透明な肩掛けを膨らませて完成です。
カップに絵
カップに麺
回すと入る麺
麺のトッピング

みんなそれぞれ個性的で面白かったです。混んでいるところでの子どもたちの行動を観察しながら、ルールを守ってやるところや、今までは興味を示さなかった展示物などでも興味ぶかく見ているのをみて、成長を感じました。
みなとみらい夜景

子どもも大人も楽しめて良かったです。時間があれば目の前の遊園地や、万葉の湯などもあったので、ゆっくり遊べるかなと思いました。都会は面白いものがたくさんありますね。また、行ってみたいと思う感じのミュージアムでした。

「梅名夏祭り」

「梅名夏祭り」
2016年7月25日(月)
おはようございます。細谷です。3日目よろしくお願いします。

今年は町内の組長をやっていますが、8年に一度当番町ということでお祭り関係を1年間仕切るという当たり年になってしまいました。通常の組長の仕事+祭典実行委員+宮守の仕事が重なり、土・日の用事がかなり重なっています。

そんな中、7月2日に梅名夏祭りを開催することになりましたが、2か月くらい前から毎週、日曜日の夜に当番町の組長が集まり話をするのですが、始めの方はみんな経験がない上に、どう段取りしていいかもわからず、話も進まずいらいらしていました。

とりあえず、毎年宮守でお祭りに参加しているので、ちょっとアドバイスしながら、少しずつ話も進めることができました。当日は思いのほか神輿を担ぐ人も集まり、多少の盛り上がりもみせて、終わることができて良かったです。
天王祭お供え物

最初は人数が少なく、神輿も担ぐ人がいないということで、リヤカーに補助輪をつけて台を載せた、神輿移動用の台車を考えて実際作ってみました。
神輿リヤカー

広い町内を回る時に、トラックで神輿の移動もするのですが、トラックが入らない場所やただ移動するだけの区間は台車を使ってみました。通常10人くらいで担ぐところを5人で、楽に移動できるものです。(高齢化で神輿移動で困っていたら、声をかけてください)

7月の夏祭り、9月の風祭、10月の秋祭り、元旦祭、節分祭と2か月おきぐらいに祭典がありますが、祭りを通して地域の人たちと仲良くなる機会にもなるので、忙しくはありますが、縁を増やしていければなと思います。

祭りというと何かワクワクする感じはしますね。沼津経営塾12周年も○○祭り!みたいなキャッチでいきますか?

「土屋鞄製造所」

「土屋鞄製造所」
2016年7月24日(日)
おはようございます。細谷です。2日目よろしくお願いします。

年長さんの娘がいますが、来年は小学校ということで、大分早いですがランドセルを見に行くことになりました。ランドセルの良し悪しはあまりわかりませんが、長男の時は東京の伊勢丹で型落ちのランドセルを安く買うことができました(ものはいいです)

今回は娘のランドセルということで、妻が気合を入れているらしく、軽井沢にあるランドセル工房に見に行くことになりました。

タイトルにもあるように土屋鞄製造所という有名なランドセルメーカーで1個6万円のものから14万円くらいするものまでありました。こだわりのある感じではありますが、昔と違って色もたくさんあり、皮も牛や馬や色々な製法のものが並んでいました。工房はとてもきれいで、タイミングが合えば職人さんが製造してるところも見学できるそうです。
土屋鞄入口

昨年は工房にお客さんが殺到し、販売が困難になったため、今年はネット販売のみにするということで、見学して種類を決めておいて、注文開始日にネット注文をするシステムにしたそうです。
ランドセル工場

ただ、ニュースにもなっていましたが、ネット注文が多すぎてサーバーがダウンするという状態になって、妻も売れ切れてしまうのではと心配していましたが、何とか注文ができたので、妻も娘もほっとしていました。(お母さんからのお祝いで買うのですが・・・)
ランドセル物色中

それにしても、少子化と言われながら、ランドセルは売り切れするくらい売れて、しかも、結構な金額となると、どこが不景気なのかわからなくなりますね。つい、金属でランドセルでも作って、筋トレ用ランドセルでも作ろうかと思ってしまいました。

ちなみに以前、この会社からランドセル用の治具製作依頼を受けたことがありますが、まさかこんなに有名だとはしらず、あとから、妻の方が興奮してメールの返信をしていたくらいです。

今度軽井沢に行く時があったら、見学してみても面白いですよ。ランドセル以外でも普通に鞄や小物革製品なども売っていました。

「健康診断」

「健康診断」
2016年7月23日(土)
おはようございます。細谷です。1週間よろしくお願いします。

細谷家の日常(ヨガ編)
娘がバレエをやっていて、とても体が柔らかくなったので自慢していたら
息子が俺も負けないと言って、新しいヨガのポーズをし始めました・・・。
泰誠新ヨガポーズ
そしてとうとう親子3人の合わせ技に・・・(ただ抱き合っているだけ?)
家族ヨガポーズ
先日、大橋巨泉さんの訃報がニュースになっていましたが、第一線で活躍されていた方が病気などで亡くなったり、活動自粛する話が多くなってきたなと感じます。

自分ももうすぐ43歳になりますが、そろそろきちんと健康診断も受けなければということで6月に会社のみんなと健康診断に行ってきました。結果はまだ来ていませんが、通常の検診と今回は胃カメラをやってみました。

口とのどに麻酔液を含ませてしびれさてから、カメラを口から入れていきますが、結構苦しくて画面を見る余裕がありませんでした。看護婦さんが背中をさすってくれるのだけが唯一の癒しでしたが、胃カメラは来年はやめようと思います・・・(バリウムにします)

検診や胃カメラでは特に問題はないということで、安心しましたが、まだ、血液検査や尿検査などの結果がまだなので、ちょっとドキドキしています。

会社もそうですが、健康状態というか理想の状態をイメージしてそれに近づくように努力すればいいと分かってはいるものの、普段の生活の中で目の前の仕事に追われて、理想や目的を見失うことが多いのかなと感じます。

短期で目標設定をして行動することは意外と楽にできるのですが、健康状態を維持するとか、あまり変わり映えのない刺激の少ない行動だと面倒になることもしばしばあります。

忙しくストレスが溜まってくると、暴飲暴食になったり、睡眠不足になりがちなので、集中する時と息抜きするところを上手くバランスを取って、心身共に健康な状態にしていきたいなと思いました。

健康であれば何でもできるとベトナムの人が言っていましたが、人生を楽しむためにも、健康でいたいですね。ちなみに実家の父の名前は健康第一の「健一」でした。

積み上げる!


平成28年7月22日(金)三島市輿水酒店輿水誠司

 前回の経営塾にて12周年もよしもと芸人さんとコラボすると決まりました。
内容はまだ決まっていませんが、(きっと良い思い出になるにちがいない!)というワクワク感があり、とても待ち遠しいです。
「皆で一緒の課題に取り組む」というのが、楽しいですし嬉しいです。

さて、この12年、沼津経営塾のお陰で自分の糧となっているものが幾つもあります。
はがき、掃除、ブログ、100キロマラソン、などなど。
そしてこれ等に共通していると思うですが、「コツコツやる」ということ。
この「コツコツ」を繰り返し教えて戴いたことが、私にとって貴重な体験となりました。
また、これ等は経営塾の仲間で体験したからこそで、決して一人では成しえなかったことです。
一枚一枚書いてきたはがきが6千枚をこえ、夜ふかし型だった私が早朝掃除を習慣として、やりたくない(笑)ブログ当番も12年続き、長距離大っ嫌いの私がまさかの100キロマラソン。
どれもこれも、最初は小さなとっかかりだったと思いますが、コツコツと地道に積み上げた結果が、大きな山となったと思います。
仕事やプライベートで、耐力がついたのはこの「コツコツ」のお陰だと思っています。
普段なかなか振り返る機会がありませんが、(小さな積み重ねでも継続することで、大きな山になるんだ)と体験して身体が憶えたことは、大きな意味があったなぁとしみじみ思いました。
さて、その過去の積み上げを活かすのも、今後の積み上げが大事になります。
良い習慣は今後も継続していくこと。
また、新たな課題にもチャレンジして、新しい一歩一歩を積み上げていくこと。
仕事にプライベートに「コツコツ」を、活かしていきます!
1週間ありがとうございました!

お・も・て・な・し!

平成28年7月21日(木)三島市輿水酒店輿水誠司

ソムリエの田崎真也さんがおっしゃていたお話です。
ソムリエコンクールの課題に出題されてもおかしくない設問だそうですので、皆さんもソムリエになった気持ちで考えてみてください。

【設問1】
若い男女のカップルがレストランにご来店されました。男性のお客様がワインリストを見ながら問いかけました。
「シャブリの赤を、お願いできますか?」と。
実際にはシャブリという名のワインは白ワインのみです。シャブリという名の赤ワインは存在しません。
さて、お客様に何と言いますか?


もし、正直に「お客様、シャブリに赤は無いんですよ。」と伝えたとしたら、男性は彼女の前で赤っ恥をかくことになってしまいます。
正解があるわけではないのですが、田崎さんならこう答えるそうです。
「はい、確かによくご存知でいらっしゃいますね、シャブリ地区の赤のイランシーのことを。ですが、あいにく私どもにはその品物の用意がございません。よろしければ似たタイプで○○△▽…」とお客様の問いを否定せず、他のワインをお勧めするそうです。
ウンチクや知識を言うのがソムリエではありません。
「正しさより優しさを」感じた一例でした。
「相手の自尊心を大切にすること。」 私たちの仕事にもプライベートにも相通ずるコミュニケーションの取り方だと思いました。
しかも、ただ品物が無い…というのではなく、ソムリエとして、肯定しておいて更に正確な情報をも伝えています。
私自身を振り返ると、仕事や家庭で(正論だとしても、相手を打ち負かしていること、相手を傷つけていること)、何度もやっちゃっています(汗)。
「シャブリに赤は無いんです!ハイ、残念でしたー!」(これでは確実に嫌われます…)
私もおもてなし、「正しさより優しさを」心がけていきたいと思います。

と、ここまでの田崎真也さんの話は、ワイン会でも話しており、知っている人もあるかもしれません。
しかし、この話には「つづき」があります。
田崎さんはソムリエの役割について語っています。
「もてなしの主体であるホストをアシストすること。」
※(店によって雰囲気もルールも違いますから、あくまでも田崎さんのお店での考えです。)
先ほどのカップルのお客様であれば、通常男性がホストで、もてなしの対象となるゲストが彼女と考えます。
よって、直接コミュニケーションする相手は、原則、彼氏のみとするべきと考えるそうです。
メニューや飲み物を女性にすすめる場面でも、男性を通じてするのが鉄則と。
直接に女性におすすめをしたとしたら、ホストの彼の立場を侵すことになるからです。
ソムリエと彼女が楽しそうに話したとしたら、彼氏の満足度やテンションは下がります。
また、カップルの場合、田崎さんの理想としては、ホストである彼氏一人に「お疲れさま、ありがとう」と言ってもらえるサービスを貫くことだそうです。
彼女からの「楽しかった、ごちそうさま」はホストである彼氏にのみに贈る言葉であって欲しい。
(自分やお店がいただくべき言葉ではない)と。
コレって、一歩踏み込んだ、中々粋な考え方ではないでしょうか。
(あくまでもお店によって雰囲気もルールも違いますので、どのお店にも当てはまるわけではありませんが)田崎さんのソムリエとしての心意気が伝わってくるお話でした。
それにしても、状況をよく考えて一歩どころか、何十歩も先をいく気遣い、プロだな~と思いました。
よく観察して、相手の自尊心を大切にすること、実践していきたいと思います。
(※くれぐれも、レストラン等で「シャブリの赤、ありますか?」とか、試さないように!)

伝わり!


平成28年7月20日(水)三島市輿水酒店輿水誠司

 以前ブログでもお話しさせていただきましたが、業界紙に掲載していただことや、富士彦さんのラジオ番組に参加せてもらったことで、それを見聞した方々から、この1~2ヶ月の間に声掛けをしていただきました。
業界紙の件では、お取引先や同業の酒屋さんから「読みましたよ~!」と多くの方からお声かけていただきました。
中には「試飲会のやり方、参考に教えてください…」とか、「メッセージ木箱、見せてください…」と熱心に聞いてくれましたので、(参考にしてくれるのは嬉しいなぁ!)と思い、実際に行っているやり方を写真や資料を見せながら説明したりしました。
ラジオの方は特に事前に伝えることはなかったのですが、たまたま聞いてくれた近所の方が来店してくれたり、何年もご無沙汰していた友人が声をかけてくれたりと意外な反応もありました。
声をかけてくれた方々の話を聞いていると、私の印象が、(実際の私と少し違って伝わっているのかな…)と思うことがしばしばありました。
まず、ラジオを聴いた方々のほとんどが、「楽しそうに話していたね」とか「落ち着いてしゃべっていたね」と言ってくれます。
しかし、実際の私は、緊張しまくり、冷や汗かきまくりで、(早くこの時間が終わってほしい…)と思っていました。
また、業界紙の方では、お取引先や同業の酒屋さんが、(輿水酒店、儲かってそうだな…)と、勘違いをしています(笑)。
中々正確には伝わっていないようですが、輿水が(何かしら取組みにチャレンジしている!)という雰囲気だけは伝わってよかったです。
今回は両方とも、イイ方向に勘違い(?)してくれてよかったのですが、人への印象はチョッとしたことで、どちらに転んでもおかしくないと思いますので、その点は注意を払って行動していきたいと思います。
緊張しようがしまいが堂々と振る舞うこと。
儲かっても儲からなくても誠実な取組みを行うこと。
見た目の印象やカタチを疎かにしないようにしたいと思います。

そんな時こそ!


平成28年7月19日(火)三島市輿水酒店輿水誠司

 7月7日の沼津経営塾の際に、杉井さんからお話をいただきました。
杉井さんが幾つか依頼を受ける仕事の中で、たまに、(この仕事儲からないかな…)と思うことがあるそうです。
しかし、そんな時こそ、(絶対に品質を落としてなるものか!)と決意を胸に、仕事に相対するとのこと。
依頼元も、もしかしたら少ない予算による都合があったのかもしれません。
しかし、その少ない予算の相手の予想を(ビックリするぐらい超えてやろう!)(この低予算でこのハイクオリティー!と驚かせてやろう!)、という心意気で仕事に向かう!というのです。
私はガ~ンと頭を引っ叩かれた思いでした。
杉井さんの気構えに、尊敬の念を覚えました。
丁度、私にも(この仕事儲からないな…)と思う仕事があったのです。
そんな時の私は、品質を落とさないまでも、どこか気乗りしない感じで仕事にあたっていたと思います。
自分が気付かないだけで、そんな考えでは、表情や態度や仕事ぶりもイイ訳がありません。
杉井さんの仕事に向かう心構えを聴いて、お金の高さ低さで、仕事に対する心構えを上げ下げしていた自分が、とても恥ずかしかったです。
(よし!私も、相手の予想を超える仕事をしよう!)
私の中のモヤモヤしたものが、吹っ切れるキッカケを作ってくれたお話を、杉井さんからいただきました。

試飲会効果!


平成28年7月18日(月)三島市輿水酒店輿水誠司

 輿水サロンで6月11日(土)に日本酒試飲会、25日(土)にワイン試飲会を行いました。
日本酒試飲会は今年5回実施予定のうちの3回目、ワイン試飲会は年間3回予定の2回目でした。
その他にも商店街イベントでの試飲会2回、ワインセミナー2回が実施計画になっています。
試飲会イベントを始めたのは10年以上前ですが、その頃は年間1~2回、屋外の商店街イベントで行ってきました。
その後、輿水サロンを活用しよう!ということで有料ワイン会を2か月に1回ぐらいの割合で実施していました。
そして、今のスタイルのスタンディングでの無料試飲会とワインセミナーに変化しています。
最初は参加者も少なく、私のやり方や話も下手くそで、工夫も足りていなかったと思います。
その後、お客様にただ試飲して貰うだけでなく、お酒の説明やワインのうんちく、アンケートを取り入れたり、その他身近な世間話なども含めて、とにかくお客様とのコミュニケーションをドンドンはかることを心がけていきました。
そのうちに、同業者の方が見学に来たり、業界紙にも取り上げていただいたりして、関係者もおっしゃっていましたが、お客様への有効なアプローチのひとつになっています。
準備や片付けなど一回の試飲会を行うだけでかなりの労力を費やすため、当初は年2,3回でもヘトヘトになっていましたが、回数を重ねることで我々も筋肉がついてきて、年十数回にも及ぶようになりました。
試飲会は無料ですが、ほぼ全員の参加者の方がお酒を購入してくださいます。
会を重ねるごとに、私とお客様の距離も近くなりましたし、またお客様同士でも仲良くなり、会話で会を盛り上げてくださいます。
多分6~7種類のお酒を試飲するだけなら5分でことたりるでしょうが、皆さん平均的に1時間ぐらい滞在してくれます。
回収したアンケートにも、お酒の話だけでなく、試飲会で輿水酒店に来ること自体を楽しみにしていることが何度となく書かれていて、本当に嬉しいかぎりです。
今後も会を発展させていくためには、お酒の銘柄を集めることより、(輿水酒店にいると居心地がイイ!)と思って貰えるような工夫や努力が必要になってくると思います。
そのためにも自分を磨き、ひとつでも多く魅力を備えられるように努力していきたいと思います。

心がけること!


平成28年7月17日(日)三島市輿水酒店輿水誠司

 昨日のブログで「早朝掃除を通じ、気持ちイイ人になりたい!」と書きました。
「気持ちのイイ人」といっても抽象的で解釈は人によって色々多岐に渡ると思います。
私の中にも明確な定義があるわけではないですが、「気持ちのイイ人になる!」という目標に向けて、課題を多数挙げて心がけることにしています。
その課題の一部で最近気にしているのが「怒らない」「悪口を言わない」と「笑顔」です。
場合によっては勿論「怒る」べき必要のあるケースもあるでしょうが、ここでの「怒らない」は(怒る必要のない場面ではむやみに怒る態度はとらない)という意味です。
この「怒らない態度」は、簡単そうで難しいです。
家の外や他人に怒るケースは少ないと思いますが、家族や会社内など身内に近いところで、むやみに怒ってしまっています。
「怒る」ことで、解決どころか状況悪化させてしまっているケースも多々あります。
感情はコントロール出来ませんが行動はコントロールできますので、たとえ心の中で怒っていたっとしても、態度や言葉を気を付けるようにしています。
それでも家族内で、昨日もとっさに「ちょっとぉー、○○××…!」と怒った言葉を発してしまいました。
途中で(アッ、しまった…)と気が付き、言葉の表現を変え、表情も直して、言い直しました。
気を付けることで徐々にでも直していきたいです。
「悪口を言わない」、これも簡単そうで難しいです!
自分では気が付かずに言ってしまっている場合があるかもしれません。
つい、言ってしまった場合は罰金で、寄付をすることにしています。
最近、寄付金がだいぶ貯まっています!(笑)
こうした「怒らない」「悪口を言わない」という「○○しない」という課題はやり方は(まずかったかなぁ)と思っています。
何か他に良い課題のやり方があったらアドバイスをください。
もう一つの「笑顔」の課題ですが、これはよく幹大さんが口にされているのを聞いて、私も便乗して課題にさせていただきました。
「楽しいから笑う」だけでなく、「笑うと楽しくなる」ことも真実だと教わりました。
「笑顔」、心がけていきます。
意識するとことで、行動を変えていきたいと思います。

私もカタチから!

平成28年7月16日(土)三島市輿水酒店輿水誠司

 今日から1週間ブログ当番担当します。
どうぞ宜しくお願いします。

今や日課となっております早朝掃除について書かせていただきます。
先日の小野さんのブログの「形から入る」で思うことが多々ありました。
そもそも私が早朝掃除を始めた目的のひとつに、近隣地域の人に(評価されたい、信頼されたい。)という考えがありました。
しかし、早朝掃除を行い始めてすぐ、(ちょっとやそっと、掃除したぐらいで信頼される訳がない。)と気づき、自分自身の浅はかな考えに苦笑しました。
「スタンドプレー」と陰口を言われ嫌な思いをしたこともありましたが、正直、自分自身に問いてみますと、地域のため以上に、(自分を評価されたい!)という個人的な気持ちがあったことも事実です。
モチベーションは下がりましたが、それでも掃除を続けました。
その時の掃除を続けるための私の勝手な理由づけは、(継続して早朝掃除することは自分の鍛錬になる!)という、何か修業のような考えでした。
今でも(掃除は鍛錬になる。)という考えはもっていますが、その当時は考えが偏りすぎて、怖い顔の形相で掃除をやっていたかもしれません。
通行人の方とすれ違っても、ほとんど挨拶をしていませんでした。
ハタから(どう見られているか)ということに気遣いも足りていませんでした。
それでも、暑い日も寒い日も小雨の日も早朝掃除は続けました。
そして自分の考えにも徐々に変化がありました。
それは、掃除の際に人と出会ったコミュニケーションによるものです。
以前にもブログで書きましたが、こうして早朝掃除を10年以上継続できた大きな理由は、同じく毎日広小路を掃除してくれる喫茶店のマスターや、ゴミ拾いを継続している病院の院長先生に出会ったお陰です。
早朝出会うと、お互いに簡単な挨拶を交わすだけですが、どれだけ大きな勇気を貰い、どれだけ励まされてきたかわかりません。
継続して時が経ち、近隣の方の評価も変わってきました。
お散歩されている方が、お礼を言ってくださったり、話しかけたりしてくれまして、それがとっても嬉しくもあり楽しくもありました。
そして極めつけは、近所の方が町内会長に推薦してくれて、三島市の環境賞の個人の部で表彰をしていただいたことです。
個人的な考えで始めた掃除が、結果として少しは地域のお役にたてたのかもしれません。
そう考えると、なんだかんだいって、(継続してきてよかったなぁ!)と思えます。
今では、そうした幸せな気持ちで掃除をするよう心がけています。
実際に掃除をしてキレイになると、気持ちイイですし、人と挨拶しあうのは嬉しいです!
「カタチから入る」で思ったことは、覚悟をもって「早朝掃除を通じ、気持ちイイ人になりたい!」ことです。

【想像もしない展開】

おはようございます!
小野@馬耳です。

一週間、色々とありがとうございました。
小島さんの優しいコメント、室伏さんの真面目なコメント。
対照的な轟さんの酔ってのコメント、鳥居さんの芸術家
コメント等々、刺激の多い一週間でした。
それでは最終日、よろしくお願いします

【想像もしない展開】
先月のよしもとでは、多くのプロ芸人さんの中に、
素人の私ひとり、ポツンと私の名前を挙げて頂き手品を
させて頂きました。
2016052109360000.jpg

多くの方のご来場ありがとうございました。

今月は、パフォーマーフェスティバルの中で、
富士彦さんが台本を作って下さって、
一緒に“手品をベースにしたネタ”をやらせて頂く
ことになりました。
私は芸人さんではありません。しかも今まで一人で手品を
やらせて頂いてきましたので、二人で手品をやるのは
イメージが湧きませんし、どうなることかドキドキしますが
ここはプロにお任せして、どこまで出来るのか? 
挑戦してみたいと思います。
7月23日(土)17時30分から、前売り当日も500円に
なります。もしよければ是非、観て感想を聞かせて
頂きたいです。

それにしても、杉井さんに勧めて頂き、「おのちゃんマン」を
始めてから、あれよあれよと不思議なご縁の中で、
想像もしない展開が広がってきてします。
沼津経営塾の仲間とも、まさかよしもとの劇場で
新喜劇が出来るなんて…
本当に不思議ですよね!

今年の沼津経営塾の12周年も、何か面白いことに
挑戦出来たらと、富士彦さんにも相談しています。
みんなで素敵な、楽しい想い出をいっぱい作って
いきましょうね!

一週間、ありがとうございました。明日からは輿水さんが
担当して下さいます。 宜しくお願い致します。

【まず、見た目!】

おはようございます!
小野@馬耳です。

六日目、よろしくお願いします

【まず、見た目!】
ついに、日本理化学研究所と京セラがやってくれました!
脱毛症を再生医療技術で治療をし、自らの毛髪細胞を
100倍から1000倍に増やし、戻してくれるらしいです。
それが、2020年くらいには、実用化されるというのです。

きっと杉井さんは、「もうハゲててもいいじゃん!」とおっしゃると
思いますが、私はまだまだ“オトコ”でいたいんです!(笑)

今回の選挙でも、髪の毛の量が多いだけで、若々しく
ハツラツとした感じに見えたり、イメージが良くなる
ように感じました。
そう言った意味でも、髪の毛ってかなり重要ですし、
男のカッコ良さの条件に、それが入っていますよね。
(私がそう思っているだけでしょうか?)
うちの妻は「イケてるハゲを目指せ!」と言うんですが、
まだまだ諦めきれない私です。(汗)

人は見た目が大事とか言うじゃないですかぁ~
小さいながらもその会社の経営者な訳ですから、やっぱり
カッコ良くないといけないと思うのです。
そして、人を惹きつけられないと!
お宅の社長、いつも無精髭があるねぇ~とか、センス悪いよね。とか
社員さんが聞いたら、ガッカリしますもんね。

以前、うちの会社に仕事の依頼を下さる電気屋の社長がいました。
その社長さんは、私より5つくらい年下で、高学歴で
頭も良くバリバリと仕事をされていました。
ただ、いつもズボンのポケットのところが真っ黒に汚れて
いました。クリーニングしていなかったんでしょう。
それだけで説得力なくなっちゃうんですよね。

先日のブログでも書かせて頂いた傘やペン、あと服装や車なんかも、
杉井さんは広告宣伝費と思って意識した方が良いとおっしゃって
いました。
もちろん高価なものがいいのではなく、“ふさわしいもの”って
ことだと思います。

“どうよい印象を与えるか?”が大切だということだと思います。

あと4年かぁ~ 

【まず、来てもらわないと!】

おはようございます!
小野@馬耳です。

五日目、よろしくお願いします

【まず、来てもらわないと!】
私はサイゼリアが大好きです!
サイゼリアの魅力、好きな理由は、まず、低価格であること。
そしてそこそこの味と品質を保ち、なんといっても
提供までの時間が早いんです!
そしてもう一つ、私とって一番大事なことは、提供されるメニューの
順番とタイミングなんです。
私はサイゼリアでは注文するものが決まっています。
席に座った瞬間にピンポンを押すことが出来ます。(笑)

注文するとまず、赤ワイン(マグナム)がすぐ届き、続いて
間髪入れず小エビのサラダが運ばれてきます。
小エビとサラダをつまみに数杯呑みます。
サラダが終わった頃、見ていたかのようにムール貝が届き、
程よいタイミングで最後はリブステーキが運ばれてきます。
バッチリです!
サイゼリアに行くと、私の注文はこれが毎回これです。
家族に呆れられますが、本当に気にいっています。

もうこうなったら、よっぽどのことがない限り
他のイタリアンのお店には、一回くらい食事に行くことはあっても、
何回も通わないと思うのです。

私は最初からサイゼリアのその味、順番、スピード、そして割安感を
知っていた訳ではありません。行ってみたら、そうだったっんです。
何を言いたいかと言うと、まず選んでもらわなくては、どんなに
美味しかろうが、順番が良かろうが、届くまでが速かろうが、
店員さんの笑顔が良かろうがダメなんですよ。
お店に来てもらわないと! 入ってもらわないと!
そこからが勝負ですもんねっ。


わかって頂けましたでしょうか?
選んでもらわなくてはダメだということなんですが…
すみません。
もう少し良い例えがあったかもしれませんが、
どうしてもサイゼリアのことが書きたかったんです。(汗)

【見られる人生観】

おはようございます!
小野@馬耳です。

四日目、よろしくお願いします

【見られる人生観】
静岡経営塾の課題図書であり、毎回持参し読み合わせを
する本に、「社長の指南書」という本があります。
その本の中に、「一流になるにはまず形から入る」という項目が
あります。

本文を少し端折って書かせてもらいます。
「一流のビジネスマンで100円のボールペンを使っている人は
滅多にいません。コンビニのビニール傘にしても同じです。
彼らは、書ければいい、濡れなければいいという機能のみを
重視した考え方ではないことは確かです。

身に着けるものはその人の価値観の表明でもあります。
価値観の表明は大袈裟に言えば生き方の表明です。
身に着けるものだけでなく、自動車、住宅、職業…
人は誰でも気に入ったものしか保有しないものです。
その人が所有するものすべてに意味があり、取り巻く環境
そのモノに、その人の人生観が現れているのです。」

どうですか?100円のボールペン使ってませんか?
ビニール傘、使ってませんか?
この内容を読み合わせした日は雨でして、私のさしていた傘は…
ビニール傘でした。(汗)

そして、車の中にはペットボトルが転がり、
自宅の庭木の手入れは、とても行き届いているとは
言えません。
ボールペン一本でも、私の人生観を観察されていると
考えると、車、自宅… 本当に、恥ずかしくなりました。

身なりに無頓着な人、大切なものさえ丁寧に扱えない人が
いい仕事が出来る訳ありませんね。
もう一度身の回りのものも点検、確認したいと,思います。

【笑顔が好きなんです!】

おはようございます!
小野@馬耳です。

三日目、よろしくお願いします

【笑顔が好きなんです!】
ありがたいことに、地道ではありますが、手品をさせて頂く
施設が増えて来ています。
「○○施設様から紹介していただいたのですが、手品をお願い
できますでしょうか?」とか、「面白く、優しい手品をされると
聞いていますが、是非うちの施設でもお願いできないで
しょうか?」など、連絡を頂きます。
とても嬉しく思うのですが、もっと嬉しいのは、一度やらせて頂いた
施設から、「もう一度、お願いできないでしょうか?」という
お問い合わせです。
ある市の児童館様では、館長さんから「子供たちが笑顔になる手品が
最高です!」と、今年も声をかけて頂き、5年連続でさせて
頂きました。

去年、ある大手企業様の、海外拠点の社員さん家族を日本に招き
日本の各地を回り、おもてなしをするという企画の中で、
伊豆で宿泊する時、80名くらいの外国人の子供さんを対象に、
手品をして頂きたいというご依頼があり、手品をさせて頂きました。

せっかくですので、手品を英語で挑戦しました。
簡単に英語で自己紹介させて頂いたあと、「Do you understand
my English?」と聞くと、海外の子供さん達は、
うなずきながら拍手をしてくれました。伝わったんですねっ!
続いて、「I do not understand my English.」というと、
ドッカーンとウケました。(笑)
そこからは、もう私のペースです!
そのせいか分かりませんが(汗)、今年もお願いしたいというご依頼を
頂きました。
去年よりもう少しグレードアップした英語の手品が出来ればと
思っています。

私は、笑顔が大好きです! 今、ついに海外の子供たちまで
笑顔を届けることが出来るようになりました。
出会った人を笑顔にする… 
それが私の本当の仕事なのかもしれません。

【イチロー】

おはようございます!
小野@馬耳です。

二日目宜しくお願い致します。

【イチロー】
プロ野球ファンの方って、熱狂的な方が多くないですか?! 
自分の応援するチームが負けた翌日は機嫌が悪かったり、
居酒屋などでも、ジョッキ片手に監督気取りで熱弁をふるっている
“酔っ払い”にも良く会いますし… 
優勝でもしようものなら、汚ったねぇ~川に、飛び込んだりしますもんね!
私の父は大洋ホエールズのファンで、その昔缶詰は大洋漁業の
ものしか食べませんでした。(笑)
 
私はというと、野球にはまったくと言っていいほど、興味がありません。
小学生の時には、少年野球チーム入っていましたが、
楽しいと思ったことは一回もなく、プロ野球も、どこのチームが
勝とうが負けようが、私の人生に何の影響もないからです。
 逆に、最近は減りましたが、テレビやラジオでの野球中継を
なんとかしてほしいくらいです。
(熱狂的なファンの方、すみません。汗)
そんな私ですから、「イチロー」のこともあまりよく知りませんでした。
まぁ、すごい選手であり、海外で活躍している選手であるくらいは
知っていますが…
先月、その「イチロー」が日米通算で、メジャー記録である
4256安打を超えたというニュースがありました。
何か知らないけど、凄い記録何だろうなぁ~って思っていたところ、
そのメジャー記録保持者のピーターローズが、「イチローの日本での
記録を入れるなら、自身のマイナーリーグのヒット数もカウントしろ!」
と言ったとか…
その時、“カチン”と来たんですよ。「メジャー記録保持者の癖に、
ちっちぇーなぁ。」と。
そう言った意味では「ケチが付くことはわかっていたし、
そこに目標を設定していない」コメントするイチローは流石ですね!
その人の人間性もあるのかもしれませんが、野球で記録しか追わない選手と、
野球を通し、人生を刻んでいる選手の違いを見た気がします。
どうせなら、結果だけでなく仕事を通して、自分の人生を刻めるような
人間に成長していきたいと思いました。

【老化現象】

やぁ~ 歳をとると、色々なところに“ガタ”が来ますね。(汗)
「老化現象」っていうのでしょうねぇ~ ビックリするほど、
近くが見えにくくなったり、筋力の低下のせいか、
膝が痛くなったり、バランス能力や反射神経が鈍り、
動く際によろめいたり、立ち上がる時、「よっこらしょ」って
言ってしまったり…

実は私、上記のほとんどに当てはまり、特に近くが見えにくかったり、
フラフラすることがひどかったので、気になり、
お客様との雑談などで話をさせていただくと、ほとんどの方から
「それは老化だね!」とばっさり。 
やっぱりそうかぁ~ 老化現象だから、仕方ないなぁ、
と諦めていました。

それにしても、ここ最近、フラフラがどんどんひどくなり、
右耳にも違和感があったので、何十年ぶりに耳鼻科で診てもらいました。
余談ですが、最近の病院の予約って、ネットや「ピッ ポッ パッ」の
電話機からじゃないと予約ができないそうで、黒電話しかない年輩の方は、
本当に苦労されているようです。もう少し優しい予約システムは
できないもんでしょうかねぇ~

まぁ、そのことはプロに任せるとして、色々な検査をして頂き、
お薬を頂いてきました。そのお薬のマズいのなんの… 
ジェル状のお薬なんですが、身体が震えるくらいマズいんです。(汗) 
でも、それ以上にビックリしたのは、翌日ですよ。本当に驚きました!
あれあれ? 「よっこらしょ」無しに立ち上れるし、
フラフラもあまりしないんです! 最近の医療、薬ってすごいですね。
あ~ぁ、もっと早くお医者さんにかかっていれば、楽だったのに…
身体に不調を感じていらっしゃる方、歳だからこんなもんかと
諦めてしまっている方、是非一度、お医者さんに診てもらって下さい。

ある方がこんなことをおっしゃっていました。「自分の人生で、
今が一番若いのだ!それに、人間の細胞は、話をしている今でも
ドンドン生まれ変わっているんだよ」と。なるほど一理ありますよね。
今日も元気に行きましょう!

班長

「 班長 」
H28年7月8日(金)     古橋力

ブログ7日目です、よろしくお願いします。

私は、この7月から、自分の所属する4班の乗務班長になりました。
半年ほど前に、所長さんから 「考えておいて」と打診されました。
ベテラン乗務員も多くいますから、私でなくてもよいのではないか。
また、班長の仕事は大変だと感じていましたから、受けない方が
よいのでは、とも考えたりしました。
勤務日程も、個人優先で決めていましたが、班長になると会社の
意向を踏まえる事になります。

勿論、所長さんに指名していただきましたから、それに応えました。

先日、班長のUさんの退任と、私の新任の「懇親会!」を催してい
ただきました。とても嬉しかったです。
Uさんは、私が新人の時からとてもお世話になった、器の大きな方
です。まだ班に在籍しますから分からない事は、どんどん聞いてい
こうと思います。Uさんには、お礼のハガキを書きました。

今までは、自分の都合を優先して仕事をしていました。 今後は、
会社の要請を班員の方々に伝えることになりますから、自ら行動
で示すことが重要になると思います。 毎日の仕事の中で、横の
関係を大切にしていこうと思います。

1週間、コメントをいただき、ありがとうございました。

経験を積む

「 経験を積む  」
H28年7月7日(木)   古橋 力

コメントいただき、ありがとうございます。
ブログ6日目です、よろしくお願いします。

ある日の深夜に、お客様を郊外へ送りました。空車で街へ戻る
途中に、右側の歩道を歩く若い男性が見えました。
私のタクシーを、チラッと見たように思いました。この先には大き
な河川にかかる橋があります。もしかしたら、橋を渡って向う側へ
行くかもしれないと思い、車をUターンして、その男性に「乗ります
か」 と聞くと、「いいですか、助かります」 と答えてくれました。
最寄りの駅で降りて、タクシーがいなかったので、歩いて帰ろう
としたとのことです。家までは4㎞くらいありました。  


タクシーを利用してくださるお客様は、殆どが普通の方達です。
ある日の、お昼頃に若い男性に乗っていただきました。お酒が入っ
ているようで、いろんな注文を言ってきます。すべて、無理な内容
でしたので、丁重に言葉を選びながら応えました。降りる時には、
「また乗るから、名刺ありますか」、と言ってくれました。入社当初に
比べると、大分スムーズに対応できるようになったと思います。
多少ですが長く生きてきた分、年の功が活きたのかもしれませ
ん。若いドライバーに、アドバイス出来る事はしていこうと思います。


地味かもしれませんが、こちらから働きかけることや、乗っていた
だいたお客様(契約)は、最後まで責任を持ってお届けするように
意識していこうと思います。
その場しのぎの対応は良いとは思いません。しかし、また乗って
くださるように心掛けたいと思います。


素敵なお客様

「 素敵なお客様  」
H28年7月6日(水)    古橋 力

ブログ5日目、よろしくお願いします。

リムタクの利用者は、海外出張、旅行の他に、静岡空港の見学
という人もいます。空港では、この様に面識がなく、目的も様々な
方々が一緒に乗ります。
スマホやパソコンをする人もいます。ですから、お客様との会話は
時間の案内など、最小限にしています。
知り合い同士、1人の時は、その場の雰囲気でいつもの仕事の様
に会話をする事が多いです。

中国の2年間の出張が終わり、帰国するというビジネスマンの方
は、中国での生活の事を話してくださりました。単調な高速道路
を走りますから会話があると適度に緊張して、走り易いと感じます。

ある日、1人の高齢の女性に乗って頂きました。今回が初めての
リムタク利用でした。青春時代を台湾で過ごし、お世話になった
人や友人が沢山いるので、1年に2回ほど台湾を訪れるそうです。
「台湾人は、日本人より日本人らしいのよ!」など、会話が弾みまし
た。94歳だと聞いて、驚きました。切符の手配、宿も自分でする
のです。 子供や孫から同居をすすめられているが、マンションで
1人暮らしを気ままに楽しんでいる、と笑顔で話してくれました。

「旅の最後に、楽しい時間を過ごせました、ありがとう。また利用
させてもらうわ。」と言っていただきました。私も、とても嬉しく思い
ました。
タクシーを降りてからの、歩くスピードがあまりに早くて、本当に
驚きました。 「私のとりえは、健康と家族」 と言う言葉が、この
女性の今を表していると思いました。日本は勿論、台湾の人達も
大切されているのです。見習わなくてはと思いました。

タクシーのお客様は、再び会えるかわかりませんが、また当社に
乗っていただける様に、誠実に仕事に臨みたいと思います。


リムタク

「 リムタク  」
H28年7月5日(火)    古橋 力

コメントをありがとうございます。
ブログ4日目、よろしくお願いします。

私は、6月から 「静岡空港 リムジンタクシー」の運転をする
事になりました。 これは、浜松市内各所・東区役所から、
富士山・静岡空港へお客様を送迎するタクシーです。この業
務は、タクシーという名前ですが、乗合バスと同じ形態になり
ます。面識のない方々が一緒のタクシーに乗ることになります。

空港までのアクセスを楽にして、利用者さんの増加と利便の
向上を目的として、県と民間会社のコラボで始まりました。
自宅から空港までタクシーで行けるのですが、運賃は安価で
す。お客様の満足度も高く、利用者は増加しています。

私は、主に、東区役所と空港の往復を担当しています。
飛行機の発着時間に遅れてはいけませんので、出発時刻の
40分前には、通常業務をやめて、余裕を持って出発場所へ
向かう様にしていますが、この時間の見極めが難しいです。

直前のお客様が、遠方へ行くかもしれません。また、欲を出
して通常業務をギリギリまでして、間に合わなくなるかもしれ
ません。幸いにもまだ、その様な事態はありません。

間に合わない場合は、代用者を急に捜すことになりますから
会社に負担をかけてしまいます。
優先順位は、自分の通常業務ではなくて、この 「リムタク」
である事を念頭において、臨みたいと思います。

昨日のブログの観光乗務員や、この リムタクのように、会社
要請の仕事をきっちりと、こなしていきたいと思います。






地元を知る

「 地元を知る  」
H28年7月4日(月)    古橋 力

コメントをいただき、ありがとうございます。
ブログ3日目、よろしくお願いします。

来年の、NHKテレビの大河ドラマは 「女城主・井伊直虎」 に決定
しましたね。主演は、柴崎コウさんです。
このドラマの舞台は、浜松市北区引佐町井伊谷です。地元の歴史
ですが、私は井伊直虎の事は殆ど知りませんでした。
しかし、龍潭寺、井伊谷宮、井伊谷城などは訪れたことがあります。
引佐町には、多くの史跡があります。

浜松市では、「井伊直虎ゆかりの地・浜松」として、観光客の誘致を
始めるそうです。
私の勤める会社でも、「井伊直虎・観光タクシー」を運行することに
なりました。私は、この観光乗務員に選んでいただきました。

同じ班の若手A君から「私も声を掛けられたのですが、どうしたら良
いでしょうか」 と相談されました。「自分の為にもなるから、受けると
いいよ。一緒にやろうよ。」と薦めました。

歴史に疎い私ですから、井伊家の家系図を見て「覚えられるかな?」
と感じていますが、A君と共に、楽しみながら勉強したいと思います。
地元の事ですが、知らないことはとても多いです。地元のタクシー
で働いているのですから、この機会を大切にして自分のスキルを
向上したいと思います。

新人

「 新人 」
H28年7月3日(日)    古橋 力

ブログ2日目です、よろしくお願いします。

私の職場であるタクシー営業所では、夕方にドライバーの交代が
多くなります。日勤者の帰庫、ダイヤ・夜勤者の出庫が集中します。

先日、私が出勤したその日は、平日でしたが混雑が予想される為、
運行管理者から、「古橋さん、夕方だけ手伝って下さい」 と頼まれ
ました。 初めての運行管理業務です。突然の事で不安な気持ち
になりましたが、「はい、やってみます」と、快く引き受けました。 

私は、日報と運行表の確認業務をする事になりました。 
日々の売上は、現金の他に、クレジット払い・各種チケット・金券など
でいただきます。それらがすべて、日報に添付されているので、その
金額の確認をするのです。
運行表は、その日の運転状況、速度・急発進・休憩時間などが記録
されていますので、気が付く点があれば助言をします。

普段、自分でしているのですが、他の乗務員さんのものを確認する
事は意外と大変でした。200人もの乗務員がいますから、顔と名前
が一致しない方もたくさんいます。早くするよりも、正確にする事を
意識しました。

しかし、多くの方々が声を掛けてくれました。 「似合っているぞ!」
「内勤になったのか?」 「おや、新人がいるな!!」 ・・等々です。

入社したての頃を思いだしましたね。 笑顔で声をかけてくれると、
緊張もほぐれます。とても嬉しいですね。

今回、運行業務をしてみて、いろんな業務が遂行されているかから、
私達ドライバーが安心して仕事に集中できるのだと感じました。
つい、ドライバー中心の考え方をしてしまう事がありましたから、今回
は良い経験をさせていただきました。

仕事に慣れてくると、仕事を選んだり、色眼鏡で見てしまう事があり
ます。新人の時の素直さ、挨拶の仕方を思い出しました。
今度は、私が管理者に、一声かけてあげようと思います。

親孝行

「 親孝行 」
H28年7月2日(土)    古橋 力

本日からブログを書かせて頂きます。よろしくお願いします。
1週間、お付き合いください。

私の長男が、6月の初旬に、彼の祖父母と母(私の両親と妻)を旅行に
連れていってくれました。 行き先は、信州・長野県山ノ内町 渋温泉、
宿泊先は、「春蘭の宿 さかえや」です。 ちょうど、さかえやさんにて、
「はがき人の集い」が開催されるので、その日に予約をしてくれました。

息子は、「今までお世話になり、心配もかけたので、一緒に旅行に行き、
少しでも恩返しをしたい」と、誘ってくれたのです。私と娘も声をかけて
頂きましたが、仕事を優先しました。

息子は、仕事を終えてから浜松の自宅へ前泊してくれて、翌日からの
旅行の運転手をしてくれました。 祖父母は、孫の運転する車での移
動にとても満足だったようです。 道中では、祖父の希望で、信州そば
を堪能したそうです。

祖父母ともに、さかえやさんの社員さん達の、おもてなしに大満足で
した。 「料理はどれも美味しくて、食べ過ぎてしまったよ」、と笑顔で
語っていました。はがき人の集いでは、クマモンのポスター作りをさせ
ていただくと、「がんばったよ」とこれまた満足そうでした。

祖母は、体が不自由で、泊での旅行は行けないと思っていたようです。
今回、息子がその夢をかなえてくれました。私も、今までに泊りがけの
旅行へは連れて行っていません。本当にありがとう、と言いたいです。

今回、忙しい中、息子を快く送り出してくれた、うみの塗装の海野社長、
ありがとうございました。杉井さんには、ここまで息子をご指導いただき
ありがとうございます。 経営塾の皆さん、さかえやの皆さん、お世話に
なり、ありがとうございます。

久しぶりに、家族で記念写真!を撮りました。
幹大家族写真 />
次のページ

FC2Ad