沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

「3Sの挑戦」

「3Sの挑戦」
2015年7月31日(金)
おはようございます。細谷です。最終日よろしくお願いします。

細谷家の日常
夏休みに入り、息子が朝、散歩に行こうと言い出しました。娘も一緒に行くといい、3人で歩き始めると、さて、マックにでも行こうか!と…言い始めました。(それが目的だったようです。)
そんな簡単に思い通りにさせては父親の威厳がなくなると思い、

自分「じゃ、面白いことを言ってパパを笑わせられたらマックに行こう!」というと
息子「ダジャレでいいかな?それじゃ・・・(秋田)に行くのはもう(飽きた)!。(校長)先生はもう絶(好調)!・・・これでどう?」
小野さんに匹敵する笑い?でまんまとマックに行かされました。(朝から小遣いが減る・・・)

DSC_0548.jpg

DSC_0549.jpg


さて、本題です。初日のブログでシステム導入の話を書きましたが、大阪にあるシステム会社は板金屋さんからシステム開発もしてきたところで、技術はあったものの、一時期赤字が続き大変でったそうです。そして先代から引き継いだ社長が取り組んだのが3Sと呼ばれる整理・整頓・清掃だったそうです。

2年間くらいは3Sに取り組んでも業績は上がらなかったそうですが、松下グループの会社が見学に来てから少しずつ変わっていったそうです。

弊社でも自分が代表になった後、最初の一年はかなりのものを捨てました。そしてリーマンショックぐらいまでクリーンチェックと言って毎月、掃除とチェックをしていました。しかし、仕事が忙しくなるとやる人とやらない人が出てきたり、予定していても特急仕事が入ったりでいつの間にかやめてしまいました。

昨日の社員さんではありませんが、整理整頓ができないと必然的に会社の風土というか、人が荒んでくるような気がします。中途半端にならないように3Sを継続する仕組みを何とか作りたいと考えているところです。

そのために今週書いてきたブログの内容を参考に、明確にあるべき工場の姿を視覚化することやゲーム感覚で取り組めるようにすること、3S自体が社員教育にも採用活動にも活かせること、目的を明確にして経営計画に盛り込んで、進捗状況を目に見える形にしていくことなどしてきたいと考えています。

整理整頓をして効率よく仕事をし、もっと自由な時間を各自が持てるようになるといいなと思います。成功している人やお金持ちの人の習慣で、運動することや整理整頓をしているというのをよく聞きますが、まずはできるところから真似をしてみようかと思っています。

1年間は外部のコンサルも考えていますが、自社だけでなく、何社か集まってそれぞれがチェックしあい、良い刺激になれるような仲間作りもしてきたいなと思いました。

掃除の達人が多い経営塾ですが、掃除を継続する秘訣があれば教えてください。
スポンサーサイト

「子育てインストラクター落第の理由」

「子育てインストラクター落第の理由」
2015年7月30日(木)
おはようございます。細谷です。6日目よろしくお願いします。

先日バレエの発表のブログを書きましたが、発表のクオリティが良かったのか、発表後入会申し込みが殺到したらしく20数人待ちの状態になっているそうです。沼津経営塾11周年も良い発表にして、入塾待ち?なんて状況になるかも!(ないかな・・・)会社もそうですが、良い状態を周りに見せられるようにして、魅力を作っていきたいですね。

さて、本題です。昨年、社員さんの遅刻等の問題やこれからの採用のことを考えて、子育てセミナーに参加しました。試験も何度か受けましたが、センスがないのか未だにインストラクターにはなれていません。

そんな中、社員さんの一人が会社を辞めたいと言ってきました。事情は複雑で個人情報もあるので詳しく書けませんが、関わりが薄かったのかなと感じています。子育てセミナーで習ったことを何度か試したこともありましたが、あまり反応もなく、いつの間にか自分の中でも、関わりを持つことにあきらめ感があったのかもしれません。

話を聞いている中で、自分の課題か相手の課題か考えると、どこまでいうことが過保護にならないのか、建設的な対応をするにはどうしたらいいか、答えがあいまいで何となくの反応になっているような気がしました。

会社のあるべき姿と一緒に、この会社にいると将来こういう風になれるよという姿を描ききれていない部分もあり、不安を感じているようでしたが、本人も将来どうなりたいかあいまいで、とりあえず転職をみたいな感じでした。

話の本質をきちんと把握するために、お盆前までに数回面談をする予定です。内観や観察といった手法は大事だと思いますが、一番大事なことは、自分がどれだけ信頼されているかということかなと思いました。大前提としてある程度の信頼関係がないと何を言っても駄目だなと思い、声掛けや休憩時間の会話を増やしていこうと思っています。

辞める辞めないの結果はわかりません。落ちこぼれのコミュニケーションでどこまでできるかわかりませんが、本人が少しでも幸せになれるような対応をしてきたいなと思います。

「おもしろすぎる成功法則」

「おもしろすぎる成功法則」
2015年7月29日(水)
おはようございます。細谷です。5日目よろしくお願いします。

細谷家の日常
息子「パパ、パパ、大変だ!見て見て!頭から脳みそがあふれ出した!」

泰誠脳みそ


自分「・・・・・・・・・・・・・・」(将来が心配です・・・)

さて、本題ですが先日アイパッドで初めて本をダウンロードしてみました。斎藤一人さんの「おもしろすぎる成功法則」というものですが、これも自分の中では衝撃的でしたので紹介します。

「仕事」はやりたくないように生まれてきている…これが人間の本質です、といきなり目次のタイトルに来ていたのでびっくりしました。「仕事は、適当にさぼりたい」とだいたいの人がそう思って生きている。本能だよと書いてあり、それを前提として、人が喜んで働くようになる4つの方法を紹介していました。

1つ目は、「仕事をゲームにすること」…仕事は適当でも、ゲームになると人は真剣にやりたくなる。

2つ目は、「人は、『欲しいもの』があると働く」…人は「どうしても欲しいもの」「どうしても手に入れたいもの」を見つけると、どんどん働きたくなる。欲しいものがある人の方が、一生懸命働く。

3つ目は、「人は『祭り』があると働く」…人はお祭りが好き。冠婚葬祭をはじめ、お酒を飲んだり、息抜きのようなものでしょうか?パーティなどもそうですが、普段一生懸命働いているご褒美みたいな楽しみを作ることのようです。勉強会ではなく祭りというとみんな明るくなり、勉強しましょうというよりクイズですという言った方が、真剣に人は聞くようです。やる気を上げたかったら、楽しくなるお祭りを増やしましょうと書いてありました。

4つ目は、「人は『使命感』があると働く」…人が一番大きな幸せを感じる生き方が、「使命感を全うする」こと。布教活動みたいなものも一例だそうです。

自分は多分4番を目指してやろうと思っていたのかもしれませんが、1~4の方法をミックスして、社員さんのやる気を引き出せれば面白いなと思いました。無駄だなと思うところにも、ゲームやお祭りの要素を入れて、楽しく働くことが出来れば、知らず知らずのうちに使命感までレベルアップするのではと、勝手に思ってしまいました。

社員旅行や飲み会、セミナーなど行きたい人とそうでない人がいるので、面倒だなと思い、ここ数年積極的にはやってきませんでしたが、所々で4つの方法を試していきたいなと思いました。

皆さんは仕事をするときに4つの中のどれをベースにやっていますか?

「バレエの発表」

「バレエの発表」
2015年7月28日(火)
おはようございます。細谷です。4日目よろしくお願いします。

細谷家の日常会話
車で自分と息子と娘の3人でドライブしていた時に、息子と娘が同時にしゃべりだし、収拾がつかなくなったので、順番に話そうということになりました。

娘「私がプリンセスで、パパが王子様で、兄には豚の役でいいかな?(何の役設定かわかりませんでしたが)とりあえずいいよと答えて・・・(その後3分ぐらい話す)」

自分「じゃ次は兄にの番だね。話してごらん」と言って息子が話し出すと

娘「ちょっと待って、パパ、おかしいね。豚ってしゃべらないよね!」
(さっきのはその前ふりだったのね・・・。性悪女の片りんに少し心配になった父でした)

以下、兵隊さん役の衣装です。メイクが微妙ですが・・・(娘の初舞台の演目は白雪姫でした)

青以バレエ①

青以バレエ②


さて、先日、娘のバレエの発表会がありました。初めて見に行きましたが、結構な人数で先生の指導も厳しく、本番はクオリティの高い発表で良かったです。

娘の踊りの時間は少しでしたが、毎週練習して、怒られて泣いても辞めずに頑張った成果を見てうれしくなりました。

衣装や化粧、髪のセットなど親も大変です。親の自己満足ではと思う部分もありますが、そこのダンススクールのレッスンの8割は柔軟体操や基礎的な動きをやるそうで、マナーなども含め、人間的に魅力のある育成を心がけてくれているのだなと思いました。

主役のシンデレラ役をやっていた背の小さな女の子がいたのですが、妻に聞くと、その子は練習熱心で世界的なダンサーになりたいという明確な目標があるそうです。メジャーリーグのイチローやサッカーの本田などもそうですが、明確な目標はやはり行動の大きな原動力になるのだなと感じました。

娘は世界的なダンサーになるという願望は今のところないみたいですが、人生において何か夢や目標が出来たときに、サポートできるようにしていきたいなと思います。(過保護にならずに)

「ダイエット塾」

「ダイエット塾」
2015年7月28日(月)
おはようございます。細谷です。3日目よろしくお願いします。

前回のブログで、4歳の娘にもう少し痩せた方がいいよと言われ、それならということで近所のジムに通うことにしました。ついでにダイエット塾というのもあり、ラ〇ザップではありませんが、食事や運動などの理論も一緒に学び、計画的に無理なく成果を出そうと思い、約50日間のプログラムに参加することにしました。(より少なく、しかしより良くを意識して…)

基本はレコーディングダイエット法ですが、4群点数法という食事管理をします。1点が80キロカロリーで、第1群は牛乳や乳製品・卵、第2群は肉・魚・大豆系、第3群は野菜・果物系、第4群は米、麺、アルコール、お菓子などの糖質類です。

2群、3群を中心に食生活を改善し、有酸素運動と筋トレを組み合わせていくというオーソドックスな感じではありますが、意外と効率よく痩せていきました。

体の仕組みや低GI食品の説明などもあり、理論と実践が上手く組み合わさり、また、今までは一人で夜に出かけると(9時過ぎ)、あまりいい顔をしなかった妻も、今回はなぜか協力的で食事もサラダ系をよく作ってくれました。

昨日のブログではないですが、完全に明確な目標を最初に設定したことで、毎日の行動が激変します。アルコールを飲みながらお菓子を食べ、テレビを見ていた時間が運動する時間になり、外食しても何をどれくらい食べていいかわかるので、面白いように、筋肉量や基礎代謝を下げずに、体脂肪や内臓脂肪が落ちていきました。(正確に測る測定器で1週間ごとに測定します)お腹が減った時は大豆食品のソイジョイを食べていました。

結果的には50日間で体重12キロ減、体脂肪率10%減、ウエスト11センチ減と歴代2位ぐらいの結果を残せました。40代になったら痩せにくいというのはうそですね(笑)きっかけはどうあれ、実際に毎日の小さな成果の積み重ねが結果につながります。

記録や測定用紙をヒントに会社でも転用できないか考えています。完全に明確な目標に対して、日々行動や結果を記録して見える形にしておくことは、モチベーションも維持できる方法かなと思いました。

今までは我流でやっていたこと、周りの人にダイエットする前から、リバウンドするよとか、痩せたら痩せたで否定的な言葉を言われたり、ダイエット中にわざとお菓子やアルコールを進めてきたりする人がいて、周りの評価や行動にもうんざりしていた部分もありましたが、今回はそういう人は遠ざけ、ダイエット塾の仲間と塾長の話をよく聞いて、理論とともに反論もできるようになり、モチベーションを下げずにできたことは大きい要因の一つだと思いました。

今は体も軽くなり、暑さも半減したような感じがします。ただ、服のサイズが大分変り、タンスの中の半分以上の服が廃棄となりました・・・。引き続き運動は続けて、自転車レースやウルトラマラソンも社員さんと一緒に参加したいと思います。以上、細谷のダイエット日記でした!!

「より少なく、しかしより良く」

「より少なく、しかしより良く」
2015年7月27日(日)
おはようございます。細谷です。2日目よろしくお願いします。

皆さん昨日の答えわかりましたか?答えは「来週木曜は学校が休みだ」です。ジャーナリスト育成の高校の授業の課題だったので、極端かもしれませんが、この答えを見たときに少しゾクッときました。

さて、今日の本題ですが、今月初めに機械が故障しました。復旧に10日間かかり、納期等に支障をきたしています。また、品質低下も否めない感じになり、何とかしなければと考えていた時に、ある本に出合いました。その中の一節に「より少なく、しかしより良く」という言葉があり、これだ!というひらめきのような感じがありました。

本のタイトルが「エッセンシャル思考」~最小の時間で成果を最大にする~です。(沼津経営塾の課題図書に指定です(笑))

エッセンシャル思考の考え方の基本は「より少なく、しかしより良く」というものですが、現状、来た注文は全部やろう、どれも大事、全部こなす方法はないか?と考えるところを、これをやろうと選択し、大事なことは少ないことに注目し、何を捨てるべきか決めるという、いたってシンプルな作業をしていくことです。

やることを計画的に減らすために、本当に重要なことを見定めて、大事なこと以外は断り、あらかじめ障害を取り除いておくという行動をします。

そうすると、結果的に充実感が得られ、質の高い仕事が出来たり、毎日が楽しくなるという感じなるということを書いていました。

全方向に1ミリずつ力を出して全方向にちょっとだけ成果を上げているところを、ある正しい方向1点に力を集中させて、努力の方向を1点に絞ることで大きな成果を得ることが出来ると解説しています。わかっているようでなかなかできないことを書いていますが、そのための方法も書いてあり、試す価値は十分ある感じです。

ここ最近では、自分にとって結構衝撃的な本でした。読んでもらえばわかるので、全部は書きませんが、もう一つガツンと来た言葉は、かなり明確な目標を「完全に明確な目標にする」です。子育てセミナーでも言われましたが、抽象的な言葉を使うことが多いので、ここを完全に明確にすることで、行動が激変することに気づきました。本質的な目標を決めなければ、無駄にエネルギーを使ってしまうからです。

本当に自分の目指すべきものを、より具体的に完全に明確になった時、「より少なく、しかしより良く」という状態が実現できるような気がします。

たくさんの情報があり、人脈があり、出来事がある中で、選択していくことは勇気のいることかもしれませんが、決断し実行していくのも経営者の醍醐味の一つだなと感じます。9月決算ですが、それまでに完全に明確な目標を作っていきたいと思いました。

皆さんは完全に明確な目標ってありますか?

「話の聞き方、伝え方」

「話の聞き方、伝え方」
2015年7月26日(土)
おはようございます。細谷です。1週間よろしくお願いします。

先月、妻と二人でビッグサイトへ行ってきました。事務の方の効率を上げるべくシステムの導入を考えての展示会見学です。

現状、得意先が増え、既存客の図面も増えてきて(多品種少量生産のため)、リピート品や過去履歴などの検索に時間がかかっていること、納品後の図面の管理が負担になっていることなどがあり、今やっているアナログの生産管理をデジタル化できないか検討することにしました。

事前アポイントシステムというのがあり、こちらの要望するようなことを事前にメールすると、それを見てシステム会社の企業が弊社にアプローチしてくれる仕組みがあり、今回はそれを利用させてもらいました。

膨大な数の出展者の中を探し回る手間が省け、ピンポイントで商談に入れるのでお互いにメリットのあるシステムです。

7社ほどアポを取って当日商談に入りました。自分としてはこちらの話を聞いてもらってから、それに見合うシステムがあるのかどうかを聞きたかったのですが、ほとんどの会社が一方的にわが社の商品はこういうものですというような営業トークを聞かされて、半分しらけてしまいました。しかも金額は500万からです、みたいな感じで話になりませんでした。

ただ、1社だけ話をきちんと聞いてくれて、あなた方が求めているのは生産管理ではなく、文書管理に近いもので、この展示会にはそれを売りに来ている会社はあまりないということ、探すならこの辺をピンポイントで探してみたらとアドバイスをしてくれたところがありました。今その業者ともう1社ピンポイントで探せた業者に見積もりを出してもらっています。

前置きが長くなりましたが、お客さんの話をきちんと聞いて要約し、お客さんの欲しいものを提供できているかどうか、自分の会社を見ると自分本位のやり方をしている時が多々あるなと感じます。

その人をが本当に望むことを理解して、お客様目線での商品の提供ができる仕組みを作らなければと考えさせられました。本当に大事なことを要約して伝えることは難しいですね。勘違い営業は本当に気をつけなければと思いました。

蛇足になりますが、ある本に面白い例があったので考えてみてください。情報の本質を見抜くということで、実際に学生にやらせた課題だそうです。以下の文の要約をしてみてください。

「ビバリーヒルズ高校のピーターズ校長は今朝職員一同に研修旅行の知らせを告げた。来週木曜、職員全員でサクラメントへ行き、新たな教育メソッドのに関する会議に参加する。当日は人類学者のマーガレット・ミードや教育学者のロバート・M・ハッチンズ、カリフォルニア州知事のパッド・ブランによる講演も予定されている」

答えは明日のブログで!!

ミクロ経済学!

平成27年7月24日(金)三島市輿水酒店 輿水誠司

 「飯田のミクロ」といいます本を読みました。
マクロ経済という言葉は経済ニュースで見たり聞いたりすることはあると思いますが、ミクロ経済という言葉については私は全く知りませんでした。
『ミクロ経済学とは、マクロ経済学に並ぶ近代経済学の主要な一分野。最小単位と定義する家計(消費者)、企業(生産者)、それらが経済的な取引を行う市場をその分析対象とし、世の中に存在する希少な資源の配分について研究する経済学の研究で、最小単位の経済主体の行動を扱うためミクロ経済学と呼ばれる。』(ウィキペディア参照)

その中で「限界効用逓減の法則」というのが出てきます。
限界効用とは、例えば居酒屋さんでワンコイン(500円)あった時、その500円払うと一番嬉しくなる方法を決めるのを限界効用と言います。
例えば、ビール1杯、焼き鳥1本がビール1杯焼き鳥2本になると、効用は上がります。
しかし、焼き鳥1本に対し、ビールだけを3本4本5本と増やしていっても、次第に満足度としては上がりにくくなります。
1杯目は最高! 2杯目はまあまあ、3杯目はほどほど、といった具合です。
このように限界効用が徐々に低下していくことを「限界効用逓減」と言います。
「逓」というのは「だんだん」という意味があります。
これは商売にも関連してきます。
昨日は沼津経営塾の仲間で「よしもと芸人」さんの話になりましたが、例えば芸人さんで「8.6秒バズーカ」さんが昨年から今年にかけて大ヒットしました。
しかし、一時の勢いも最近は落ち着いてきています。
これは、毎日見ていると、やはり段々と見飽きるからですね。(限界効用の逓減)
やっていることは全く同じ内容なのに、その価値が下がっていきます。
芸能界でも流行りモノで、今でもなお語られるのは、山口百恵さんやキャンディーズさんの様に、見飽きられる前に引退してしまった人達だそうです。
山口百恵さんの全盛期は1年、キャンディーズは3年ぐらいだそうです。
ましてや、芸人さんが同じネタで長くつなごうとすること自体に無理がありますね。
これに対して明石家さんまさんやスマップさんは活躍が20年以上と、明らかに長いです。
長ければ長いで、「定番モデル」という生き残り方があるそうです。
昨日の経営塾の打ち合わせの際にも話したのですが、芸人さんって、あんなに面白いのに中々テレビで出演し続けられるものでもないし、「売れた!」といっても長続きするのは難しい、大変なご職業だと思いました。
沼津経営塾10周年ではよしもと芸人さんとコラボさせていただき、今年11周年も「沼津よしもとラクーン劇場」で、コラボさせていただくことになりました。
昨年と同じでは「限界効用の逓減」になってしまうので、昨年を上回る11周年したいという気持ちでいますので、どうぞ、宜しくお願いします。

1週間、お付き合いくださり、ありがとうございました。
明日からは細谷さんがブログ当番を担当してくれます。

ドルコスト平均法!

平成27年7月23日(木)三島市輿水酒店 輿水誠司

 前回のブログ当番の時に話しました「金持ち父さん、貧乏父さん」の途中経過を報告したいと思います。
ロバートキヨサキさんの本の中では、労働生産性のことと資本の話しが何度もでてきます。
今までは、労働生産性収益性については学んできましたが、資本について学ぶ機会がなかなかありませんでした。
経営塾でもロバートキヨサキさんの本やキャッシュフローゲームで資本主義の仕組みを理解し、労働生産性、資本生産性を学びましたが、いざそれをどのように活かしたらよいかが難しいところです。
キャッシュフローゲームの様に、株や土地を売買したり、第2第3の起業をしたりするのも、私の場合は元手のお金も知識も無く簡単ではありません。
現実的にはコツコツお金を積み立てていく方法が、一番身近のように思います。
ただ、そのコツコツお金の積み立てる方法のひとつに、資本生産性を活かした積み立てをやってみようと思いました。
そのひとつのやり方として、インデックス投信というのを毎月積み立てを始めています。
何を選択するかにあたって専門家の話を聴くのが良いのですが、専門家によっても話が全く違うことがあり、それだけ、相場を読むというのは難しということでした。
日常仕事をしていると株相場や円相場に気を配る余裕もないので、株や円の上がり下がりで売ったり買ったりするやり方(アクティブ投信)は、今はとても無理だと思いました。
そこで、専門家の方から教えて貰って、私の都合に良さそうのがドルコスト平均法です。
ドルコスト平均法とは、月々、同金額でインデックス投資信託を買い続ける方法です。
インデックス投資信託とは日経225やTOPIXなど特定の条件を満たす有価証券を束ねて組成される投資信託です。
人の感や経験が入り込む余地がなく、機械的に組成するため手間が少ないことから、支払う手数料等が安くせっていされているのもメリットです。
しかし、証券会社の営業マンが個人にインデックス投信を奨めることは、ほとんど無いそうです。
それは、インデックス投信は法人用に作ったものが多く手数料が少ないので、証券会社が営業コストをかけて売っても証券会社側の旨味が少ないからだそうです。
毎月一定金額ドルコスト平均法で積み立てるということは、株価の変動に一喜一憂しなくて済みます。例えば1口千円を一万円で10口積み立てていたところ、株価が下がって1口900円なったとすると、1万円の積み立てで、口数は11口買えることになります。
ちなみに、積み立てはワンコイン(500円)から出来ます。
またドルコスト平均法は、1,2年単位ではなく、5年10年の単位でより効果を出てくると思われます。(理論上では!)
ただし、リスクが少ない分、逆に大儲けも無いです。
ですから、私は昨年から積み立てていますが、ほったらかしにしていても気にならなくて済みます。
資本生産性の成果がでるのは、5年後ぐらいですが、結果がどうなっているでしょうかね!

イングレス!


平成27年7月22日(水)三島市輿水酒店 輿水誠司

 今月から商店街振興企画の取り組みの一環で始めたことがあるのですが、(時代は変わったなぁ~)と思わせることがありました。
取り組みというのは、三島市の商店街に所属する10店舗(輿水酒店含む)がスマートフォンの充電サービス始めたことです。スマートフォン所持者は同店前に「充電できます」の掲示のある店舗に申しだせば、店主が電源とUSBアダプターを貸し出してくれる、という企画です。
このこと自体は、別に変ったサービスではないのですが、会議の中で、企画を推進するための各商店へのある通達があったのです。
「スマートフォンのゲームを覚える様に!」
最初に聞いた時には(はぁ? なぜ、ゲームが…)と思いました。
スマートフォンでダウンロードして遊ぶ無料ゲームのひとつに「イングレス」というアプリがあるのですが、「各商店主は、そのスマートフォンゲームを実際にやってみて内容を把握しておくように!」とのことでした。
「イングレス」とは、グーグル社が開発したスマートフォンの位置情報を利用した仮想陣地取りゲームアプリで、ユーザーが二手に別れて地域にある「ポータル」と呼ばれるスポットを領土にしていき陣地の広さを競うゲームです。
ポータルは各地の史跡や名所等など実際にあるスポットに設定され、三島市内にも多くのポータルが存在します。
そのゲーム参加者は、ポータル(史跡や名所)を求めて、三島市内をグルグルとウオーキングすることになっているのです。
その三島市内をウオーキングしている人達のスマートフォンの電池の消耗を助けるためのサービスが今回の企画で、店主もゲームをやったり史跡名所を覚えないと話がつながりません。
ケータイゲームをやることが商店街振興につながるなんて、(時代はかわったなぁ~)と思いながら、私もこのゲームをやってみましたところ、大きく分けて三つのメリットがありました。
まず、一つ目は、『三島の史跡や名所にくわしくなってしまう!』ということです。
このゲームはスグレものでして、三島市内外の史跡や観光地がポイント陣地になっているので、ゲームをやりながら史跡や観光名所に実際に足を運び、それによってポイント(点数)を稼げるので、覚える気が無いのに勝手に名前も場所も覚えてしまうのです!
二つ目は、『無理なくウォーキングが出来て健康に良い!』ということです。
このゲームは基本的にウォーキングしながら行うゲームです。
(私の場合は、トライアスロン練習も兼ねてジョギングやサイクリングも取り入れています!)
普通にウォーキングするだけでも、もちろん健康にイイですが、更に楽しみながらウォーキングが出来るというメリットがあります。
陣取りゲームになっているため、ウォーキングコースに名所旧跡等があると、ポイント(点数)を稼いで、自分のランキングがどんどん上がっていき、それが楽しくて、ついついウォーキング距離も今まで以上に伸び、更に楽しいから疲れも忘れてしまいがちなのです。
一緒にやっている店主同士のお酒の席での会話でも
「ついつい歩く距離がのびちゃうんだよね~ ハハハッ~!」
と、運動しているからこそ、お酒も美味しいです!
そして、三つ目のメリットは、「三島市が好きになる!」ということです。
ヤフーニュースにも出ましたように、商店街でスマートフォンが充電できます!
そうすると、お店の店主とコミュニケーションがとれるチャンスがあります。
お店の店主は、もちろんイングレスをやっていますので、共通のイングレス話でも盛り上がるかもしれませんし、更には地元店主でしか聴くことのできない、三島の名所旧跡等の情報をゲットできるかもしれません。
そして更に、三島市街の地理に超くわしい~ので、陣地周辺の裏道早道の道案内はお手のものです。
そんなこんなで三島の表裏(おもてうら)を知ると、三島の良さを認識し、あらためて「三島が好き!」になってくれる人がふえてくれるのではないでしょうか。
少なくとも、私をはじめ今回の取り組みにかかわった10名の店主は、あらためて「三島が好き!」になりました!
スマートフォンのゲームが、商店街振興になるなんて、最初は疑心暗鬼でしたが、そのイングレスは密かに広まりつつあり、既に浜松や仙台ではイングレス大会が開かれ、一堂に何千人もの方が市街に溢れていたそうです。
実際この企画がうまくいくかどうかは、まだわかりませんが、新しい時代の波を感じた出来事でした。

マシュマロ・テスト!

平成27年7月21日(火)三島市輿水酒店 輿水誠司

 「マシュマロ・テスト」というkindle本を読みました。
マシュマロテストとは、子供の目の前にマシュマロを置いて、一定時間自制出来たら、ご褒美にもう1個マシュマロをあげると約束した時に、それが出来た子供と出来ない子供では、将来の社会的成果の関連性を調査した実験です。
マシュマロを我慢できた子供は、学業成績がよく、社会的認知機能が高く、肥満度が低く、目標を効率的に追及でき、欲求不満やストレスに対応できるという傾向の結果が出ました。
しかし、これは統計上の一般論で、小さい頃我慢できなかった子供も大人になって我慢出来るようなることもありますし、またその逆の例もあったということです。
先天的にあるものは、しょうがないとしても、どういう訓練や戦略をたてれば、後天的に我慢を変えうるのか、ということが重要になって来るかと思います。
子供が生まれた時持っている自制心の種は3歳~7歳の間に大きく成長していくそうです。強いストレスにさらされることなく、的確な刺激や愛情を与えることによって育っていき、生まれと環境はとてつもなく複雑な相互作用を持っているそうです。
といっても、私達は7歳に戻れませんので(笑)、それ以外の方法を考えなければなりません。
この本では、自制の能力は生まれつきの大小よりも、それをコントロール法を知っているかの方が大きく、事後に伸ばすことは充分に可能とされています。
また、自制の能力は自分の欠点をもカバーしてくれるとされています。
そして、自制には決意や意思ではなく、戦略や洞察力、目標と動機づけが必要になると言われています。
この本では「If then」という言葉をつかっていますが、「もしその問題が起きた時、どういう対処をするか」ということを、あらかじめ考え、対処策を用意しておくことが大事だといっています。
また、自分の弱点を知ることで、どういう問題自体が起こるかという予想も可能になってきます。
「他より優先事項なのに先延ばしにしてしまう…」という経験があろうかと思いますが、私達は双曲割引といいます、直近のことを大きく見積もり、将来のことを小さくみる傾向があるそうです。
「If then」ということで、初めから計画を立てておくことの重要性、そして何か誘惑が起きそうになった時の対処方法や目標や動機づけをしっかりしておくことが重要になります。
この本では元大統領のクリントンやゴルフのタイガーウッズの例も取り上げています。
あれほどの高名な方がなぜスキャンダルを起こしてしまったのか。
人は自分のスキルを実際より高く評価する傾向にありますが、それは自己免疫を保つために必要なスキルだとされ、逆に自己能力を正しく評価してしまう人は、ウツになりやすい傾向にあるとこの本には書かれています。
しかし過度な自己評価は高慢な振る舞いに結び付く可能性があるとこの本は指摘しています。
あれほどの地位まで昇りつめた人は、大変高い自制心があったからこそ成功を収めたのでしょうが、
自制心と自己高揚感が逆に傲慢な行動に結びついたのではないかと説明していました。
自信を持つことの重要性と過剰になることの危険性、バランスが難しいですね。
行き当たりばったりではなく、自分に起こりそうな問題点を予想し、「If then」、もしもの時の備えをしなくては!と思いました。
自分や自分の会社を見渡すと、備えが甘いこと、山の如し!ですが(汗)、ひとつひとつ変えていき、後天的にでも変え得ることを示していきたいと思います。

アレンジ!


平成27年7月20日(月)三島市輿水酒店 輿水誠司

 3日目、宜しくお願いします。
以前にも述べました輿水酒店のオリジナルでありますメッセージ木箱ですが、お客様の要望やヒントにより、少しずつではありますが、進化しています。
最初は木箱の表面だけだったメッセージが、側面や裏面にもメッセージを載せれるようにしました。
メッセージの言葉も選択として英語バージョン、関西弁バージョン、伊豆弁バージョンなどのリクエストに応えてきました。
メッセージ集の本購入したり、インターネットでことわざの英語翻訳を調べたり、言葉数を増やしたりしています。
英語メッセージで分かりづらい場合は、メッセージカードに日本語訳を載せたりもしています。
これらは、お客さまからの要望で変わってきました。

以前、お客様から
「メッセージかき足らないから、フタの裏側に描いて!」と言われた時には、
(箱の形状からして描き辛いですし、時間もかかるし困ったなぁ~)と思ったことが正直なところです。
しかし、そののち、お客様が反応を伝えに来てくれたのですが、
「木箱の表面メッセージで、まず大喜び!、開けてビックリ、ふたの裏面メッセージで半泣きだった!」と。
そう伝えて貰うと、私の方も仕事冥利につきます。

面倒だと思っていた仕事が、(喜んでもらおう!)と思うことで、いっそうチカラが入ります。
今では、サプライズで贈られた人のビックリする顔を想像しながら作業するのが、楽しみのひとつです。
こうした工夫は、まだまだ開発の余地があると思いますし、お客様にとっても自分にとってもプラスになりますから、今後も工夫していきたいと思います。
「こんなこと出来ないか!」という要望や逆に「こんなイイやり方あるよ!」などアドバイスありましたら、是非宜しくお願いします。

アドバンスト・スタイル!

平成27年7月19日(日)三島市輿水酒店 輿水誠司

2日目宜しくお願いします。

 昨日は様々なご意見、アドバイスを、皆さん、ありがとうございました。
昨日は、若い女性の話でしたので、今日は熟女の方達の話をさせて頂きます(笑)。

その女性を私が初めて見ましたのは、6月に入ったばかりのことでした。
と、言いましても、映画のスクリーンの中での話です。
映画名は「アドバンスト・スタイル そのファッションが人生」
ニューヨークを舞台に年齢を重ねながら自分のスタイルを確立したOver60’の7人のマダム達に4年間に密着した、カラフルでパワフルなドキュメンタリーが本になり、映画化になったものです。
著者のアリ・セス・コーエンがニューヨークにやってきたとき、道行くご年配の女性があまりにもファッショナブルで生き生きとしていたので、写真を撮らせて貰ってインタビューしたのがきっかけだったそうです。
モデルの若い女性のファッション誌が売れるのなら分かりますが、60代から90代の一般女性のファッションの本が売れるなんて異例のことだと思います。
実際、その本を読んで遠方からマダム達に会いにくる、やはり年配の女性達が何人もいるそうです。
ファッションが気に入ったというよりも、元気な彼女達のパワーに魅入られたということだと思います。
(オシャレは自分のモノで一生楽しまなくちゃ損!)という彼女たちの振る舞いに、年齢を重ねるごとの楽しさを教えてくれ、多くの人を励ましているのだと思いました。
この映画の彼女達を見まして、私は自分も入っている沼津トライアスロンクラブの70歳以上の男女含めた方達の活躍している姿とが、重なって見えました。
良い年の重ね方のお手本になりますし、勇気を与えてくれていると思いました。
それと偶然ではありますが、私の母もその「アドバンスト・スタイル」の本を持っていたのです。
本屋さんで目立っていたので購入したという事でした。
先日の「おのちゃんマン」と同じように、自分のスタイルや自分の生き様を確立している人達は強いですし、魅力を放っていると思います。
私も自分のスタイル、つくっていきたいと思います。



ナビゲーション!

平成27年7月18日(土)三島市輿水酒店 輿水誠司

今日から一週間、ブログ当番を担当します。
宜しくお願いします。

 その女性が初めて輿水酒店に現れたのは、4月に入ったばかりのことでした。
真面目でおとなしそうな感じの若い女性だったのですが、私と目があうと軽く会釈をしてくれて、スタスタと目の前までやってきたのでした。
そして、おもむろに名刺を出し、「突然にお邪魔してすみません、ちょっとお話をさせて貰ってもよいですか?」と。
名刺には情報誌で有名な会社名が書かれていました。
簡単に挨拶を済ませ、話を聴きますと、その会社が発行している幾つかの情報誌の中のひとつに、人に贈るプレゼントなどを取り上げている分野があるというのです。
毎月そこで、これはと思う素敵な贈り物を紹介しているそうなのです。
彼女はその掲載する記事ネタとなる贈り物が(何か無いかな~)とネットで探していたところ、偶然に輿水酒店のホームページで紹介している「名前のポエムボード」「メッセージ木箱」を発見したということでした。
そして掲載してあったブログの記事も読んでくれたそうです。
「名前のポエムボード」とは、人の名前を織り込んだ詩を木のボードに焦がし文字で書いた輿水酒店のオリジナル商品です。
(オリジナルと言いましても、他に似た商品として「ネームインポエム」というのがよくあります。)
「メッセージ木箱」は沼津経営塾の周年行事でも発表させて貰いましたが、お酒を入れる木箱にメッセージを刻みこんだ、やはり輿水酒店のオリジナル商品です。
彼女曰く、「これは本当に素敵なプレゼント品だと思います。」 「わたし、とても気に入っちゃいました!」と、とにかくベタ褒めしてくれるのです。
私もついつい嬉しくなってしまって、今までの作品の写真などを彼女に見せて、色々と説明をしたりすると、「わぁー素敵!」「これイイですね~!」とますます褒めてくれたのでした。
彼女が帰った後も、(もしかして輿水酒店の記事が全国情報誌に掲載されるかもしれない)と思うとワクワクしてきました。
お礼の葉書を出すと、すぐに彼女からもお礼の葉書が返ってきました。
その葉書も何色も使ってチョイ絵やマークが描かれた、手の込んだ嬉しい葉書でした。
それから3週間後ぐらいでしょうか、彼女がまた輿水酒店に来ました。
丁度、そのときに手掛けていたメッセージ木箱がありましたので、私は見せながらアレコレと彼女に説明したのでした。
私が話している間にも彼女は相槌をうちながら熱心に話をきいてくれたので、私も一生懸命に説明をしました。前回と同様に彼女が褒めてくれるので、私は今日もいい気分になっていました。
話しが一段落すると、彼女は書類を出しながら
「その素敵な商品、この雑誌の広告に掲載しませんか、きっとファンになる方がいると思います。」
(ガーーーーーーン Shock!!)
広告の営業依頼だったのです…。
(えらく持ち上げて褒めてくれましたが、営業トークだったとは…泣)
一回目の訪問時は、営業の「え」の字も発せず、丁寧な葉書を送ってくれました。
二回目の訪問時も巧みな会話で、私を持ち上げ褒め挙げ、最後の最後に広告の営業依頼をするという、見事な営業の技を披露してもらいました。
しかも輿水酒店からするとかなりの高額な広告料金です。
しかし、褒められて調子にのっていた私は、一気に冷静になり、高額な広告料金に見合う採算がとれないということで、お断りさせて頂きました。
(あ~、ガッカリ…、調子にのって、周りが見えなくなるって、こういうことだろうか。)
同時に褒められて浮かれていた自分が恥ずかしくなりました。
それから二週間後です。
三たび、彼女が輿水酒店に現れたのです。
彼女はにこやかに会釈して近づいてきましたが、こっちも
(その営業スマイルに、もう、だまされんぞ!)
今日も、彼女はにこやかに話してくれるのですが、こっちも身構えています。
そうすると彼女は言いました。
「わたし、この木箱、本当に気に入って、雑誌に輿水酒店を紹介したいと思っていますので、無料の広告枠にエントリーしてみます。」と
(えっ、無料…、あれ? 無料ならイイ話かも…)
結局、8月発行の全国情報誌Aに小さい枠ですが、写真入りで輿水酒店のメッセージ木箱の紹介をしてくれることになりました。
名の知れた全国情報誌に小さい枠とはいえ、無料で宣伝させて貰えるなんて、本当にありがたいことです。
彼女のことを、(営業スマイル、とか、もうダマされんぞ!)とか思ったことを心の中で謝りました。
(いや、待てよ…、もしかして…、釣るための撒き餌の様な…)
またまた、私はのせられかけているのでしょうか? 
周りが見えなくなっているのでしょうか!
皆さん、教えてください!



【差別化?】

おはようございます!
小野@馬耳です。

一週間、お付き合いありがとうございました。
23日の11周年打合せは、20時より
こしみずサロンをお借りし、開催したいと思います。
お時間のある方、是非ご参加頂き、お力をお貸し下さい!

では最終日、宜しくお願い致します。
明日からは、輿水さんが担当して下さいます。

【差別化?】
先日、「馬の耳」だけのご縁の方から電話を頂きました。
“おのちゃんマンに電話工事を頼みたい”とういうお話で、
伺ってみると、担当者の女性の方が「実は他社の方が
突然営業に来て、見積もりをしてもらったのですが、
営業なのにとても横柄で、売ってやるって感じなんですよ! 
まぁ、信じられない。おのちゃんマンだったら大丈夫かと
思って…」と話をしてくれました。

女性にそう言われると、私、燃えちゃうタイプでして、
資料を作り、うちの会社で出来るご提案をさせて頂きました。
すると、その女性は「こんな提案をして頂いてありがたいです。
社長からは私に任せて頂くという話になっています。
是非、それでお願いします。」と言っていただけました。
本当に嬉しいご注文でした。

うちの取り扱う商品は、他社との差別化がつけにくいです。
ただ売るだけでは、他社に負けてしまいます。
それだけに、どうしたらうちの会社を選んで頂けるのか?を
考えないといけません。
うちの会社と取引する価値、うちの会社じゃなければならない
理由は何なのか?
明確な差別化が出来ていないのが正直なところですが、
今回のご注文の話でいくと、「馬の耳」を送らせて頂き、
笑い療法士、そしておのちゃんマンは、ちょっとした
差別化になっているのかもしれません。
もっともっとうちの会社の価値を明確にしていかないと
いけませんね。

新たな期を迎え、今期は応援される会社、他力を集められる
会社をテーマに会社作りをしていきたいと思います。

【男のうつわ?】

おはようございます!
小野@馬耳です。

六日目、宜しくお願い致します。

【男のうつわ?】
先日、あるテレビドラマを妻と見ていると、
なかなか会えない彼女に、彼氏が電話をし、
仕事に夢中になっている彼女に対し…
彼氏 「俺と仕事と、どっちが大事なんだよ!?」
彼女 ちょっとキレ気味に「仕事! 仕事! 仕事!」

妻と二人で「あぁ~ 言っちゃったよ!」と顔を
見合わせました。(笑)

まぁ、大好きな彼女が仕事に夢中になり、
自分に振り向いてくれないとしたら、そう言いたくなる
気持ちも、わからない訳ではないですが、
ダサい、ちっちぇい男に思われてしまいますよね!

妻は、私が色々な研修などで、数日家を空けることがあっても
気持ちよく送り出してくれます。本当にありがたいです。
あっ、「亭主元気で留守がいい!」と思っているかもしれませんが。(汗)
逆に妻が出かける時は、気持ちよく送り出してあげたい気持ちに
なります。

沼津経営塾でも、奥さんがスターに会いに行くのに
嫉妬し、文句をいう旦那さんの話が出ましたが、
スターとただのオヤジ、どっちと一緒の方が楽しいか?
そりゃ~、スターに決まってるじゃないですかねぇ!

そんなところで戦うのではなく、どうせだったら、
気持ちよく送り出してあげた方が、自分の価値?も
上がると思うんです。

好きな人が幸せな気持ちになってくれたほうが
いいですよね。
スターを追いかけて、そのスターが自分の奥さんに
振り向くようだったら、それもすごいじゃないですか!

まぁ、どんな夫婦でいたいのか?
そこが大切だと思います。

【手紙 ~親愛なる子供たちへ~】

おはようございます!
小野@馬耳です。

五日目、宜しくお願い致します。

笑い療法士の研修で、講師の先生に教えていただいた歌です。
子として、また親として、色々と考えさせられました。
「馬の耳」で紹介させて頂いたところ、いつにも増して
多くの方からご感想を頂き、中には朝礼で発表して頂いたり、
施設のスタッフに回覧して下さった方もいらっしゃいました。
このブログでもご紹介させて頂きます。

【手紙 ~親愛なる子供たちへ~】
 原作詞:不詳/日本語訳詞:角 智織
日本語捕捉詞:樋口了一/作曲:樋口了一

老いた私がある日 今までの私と違っていたとしても 
どうかそのままの私のことを理解してほしい
私が服の上に食べ物をこぼしても 靴紐を結び忘れても 
あなたに色んなことを教えたように見守ってほしい 
あなたと話す時、同じ話を何度も何度も繰り返しても 
その結末をどうかさえぎらずに頷いてほしい
あなたにせがまれて繰り返し読んだ絵本のあたたかな結末は
いつも同じでも私の心を平和にしてくれた
悲しい事ではないんだ 消え去ってゆくように見える私の心へと
励ましのまなざしを向けてほしい
        (中略)
あなたを抱きしめる力がないのを知るのは辛いことだけど 
私を理解して支えてくれる心だけを持っていてほしい
きっとそれだけで 私には勇気が湧いてくるのです
あなたの人生の始まりに私がしっかりと付き添ったように 
私の人生の終わりに少しだけ付き添ってほしい 
あなたが生まれてくれたことで私が受けた多くの喜びと 
あなたに対する変わらぬ愛を持って 笑顔で答えたい
   私の子供たちへ 愛する子供たちへ


お蔭様で、うちの母はまだまだ元気で、車も運転しますし、
会社の経理を手伝ってくれていますが、
最近膝の痛みを訴えることが多くなり昨日も病院にかかって
いました。
歩くことや行動が遅くなり、ちょっとイラッとしてしまう
事もあったんですが、この歌を聞いて、申し訳ない気持ちが
湧いてきました。
母に甘えているばかりでなく、少しでもお返しができるよう、
優しい言葉がけ、親孝行をしていこうと思います。

「子供叱るな来た道じゃ 年寄り笑うな行く道じゃ」ですね!

【すべて自分の人生】

おはようございます!
小野@馬耳です。

四日目、宜しくお願い致します。

【すべて自分の人生】
目の前にあるもの、目の前に起きていること、
見えるものすべて自分の人生ですね。
杉井さんが、自分の人生は自分の中にあるのではなく
外にあり、触れるって言っていました。

だから自分の人生を良いものにしたいなら
目の前にあるものを綺麗にしたり、整えたり
目の前で起きることを素敵なことにしないと
良い人生にはならないってことですよね。

あるお客様のエレベーターの中に、
下記のような内容の張り紙?がありました。

「半年後のあなたは いまこの瞬間に決まっている」

半年後の計画がどれだけ具体的に決まっているかで
その人の半年後がわかる
半年後のイメージがぼんやりしている人は
半年後もぼんやりしている
半年後のイメージがクリアな人は 半年後
そのイメージ以上に 成長している

半年後、イメージ以上に成長しているかは
わかりませんが、もし、良い人生にしたいのなら
今、この瞬間から自分の行動を変えなくては
いけませんね!

なぜなら、今の行動が半年後の自分、
そして自分の人生を作っていくんですから…

【防犯カメラ】

おはようございます!
小野@馬耳です。

三日目、宜しくお願い致します。

【防犯カメラ】
防犯カメラというと、公共の場所、金融機関、
病院、大型施設、商店街、コンビニなど、
今や設置されていない場所の方が少ないくらい、
あちらこちらに設置させていますね。

沼津のある店舗で、異常なくらい設置されている
ところがあり、きっと嫌な思い、辛い思いをしたので、
費用をかけてでも、何とかしたいという思いが伝わってきます。
実際、カメラの設置により犯罪を抑制したり、
何か起きてしまった時の早期問題解決に役に立ったりしています。
現にうちの会社が設置したカメラで、駐車場での
当て逃げ犯?を特定したこともありました。

少し前は、防犯のための設置が多かったですが、
最近では人件費削減で、一人作業が多くなった工場内に設置し、
もしもの時の早期対応や、工場内への関係者以外の侵入や
異物の持ち込みを監視したり、出張費の削減のため、
各支店の会議室に設置し、拠点間映像で会議をしたり、
一人暮らしの親をスマホで確認したりと
商品の低価格化と、高性能化で、設置目的も
多様化してきました。

そんな中、あるカメラメーカーと、代理店契約を結ばせて
頂きました。
この契約で今まで以上に低価格で、お客様のニーズに
あった商品の提供がしやすくなりました。
これからもお客様の安心安全のためのお手伝いと、
企業の活性化のお役に立てていけたらと思っています。

【お客様は見てる、聞いてる!?】

おはようございます!
小野@馬耳です。

二日目、宜しくお願い致します。

【お客様は見てる、聞いてる!?】
昨日はお寺での法事があり、その帰り、家族で食事を
することにしました。
食事をするお店は、お寺の近くにある静岡で有名な大手和食店、
“天○屋さん”に決まりました。

お店に入り、案内されたテーブルは、厨房への出入口のすぐ近くでした。
ちょうどお昼時ということもあり、スタッフの方はバタバタしていました。
こんな時って、私はマンウォッチングするのが楽しみのひとつです。
全体を見ていると、どの人がリーダーで、どの人が新人で、
また、どの人が“口うるさい人”か?(笑)などが見えてきます。

ひと通り食事が済み、お茶をススっていると、女性陣が
「あんみつを食べたい!」と言い出しました。
“○神屋さん”の料理は、けっこうボリュームがあるのに、
甘いものは別腹らしいです。

追加注文のためにピンポンを押すと、“口うるさい人”が
注文を聞きに来てくれました。「あんみつを三つお願いします。」
と言うと、笑顔もなくすぐに厨房に向かい
厨房に入るや否や、「あんみつ、三つだってよ!」って言ったんです…。

確かに、間違いなく、そう言ったのが聞こえてきました。
頼んだ方が申し訳なくなるような気まずさを覚えましたよ。

天下の“天神○さん”でそりゃないですよね!
忙しいのはわかります、自分の仕事を一所懸命やっているのでしょうが、
ちょっとした言動で、楽しくおいしい食事が台無しになることを
忘れていたんですね、きっと。
しかも、あの“口うるさい人”に注意が出来そうな人がいないのも
問題だと思いましたよ。

しかし、自分の仕事ぶりを振りかえってみて、
現場で夢中になったり、問題に直面したりした場合に、
周囲にお客様がいることを忘れて、言葉遣いや、
行動が荒くなったことが、まったく無かったとは
言いきれません(汗)。

しっかりお客様は見ていますし、聴いていらっしゃいますね。
仕事の正確さはもちろん大切ですが、
仕事中の言動にも気を抜かず、トータルでお客様に喜んで頂く、
という姿勢を全社で再確認しなければ、と思った事件でした。

【さて、どうするか?】

おはようございます!
小野@馬耳です。

一週間、宜しくお願い致します。

【さて、どうするか?】
「沼津経営塾11周年はどうするのか?」
以前より細谷さんを始め、皆さんから心配の声かけを頂いて、
色々と相談もさせて頂いたのですが、
10周年以上ものを? と考えると、
全くよい案も浮かばず、正直どうしたものか?
時間だけが過ぎていくだけでした。

そんな中、今月の沼津経営塾の時、杉井さんから
「10周年と同じ“よしもと”でやってみたら
どうだろう!?」というヒントを頂きました。
早速、劇場に相談してみたところ、「是非!」という
よい返事を頂くことができました。

お世辞かもしれませんが、いまだに富士彦さんが
「10周年は、本当に良い人たちの集まりでしたね! 
私たちも良い経験が出来ました。」と話して下さいますし、
その後、色々な企業や団体が貸し切りで使用することが
出てきたようですが、劇場での盛り上がり、懇親会での
振る舞いは、ケタが違っていたとも話をして下さいます。

また、そんな良い仲間たちと、よい会を開けたら
いいなぁと思っています。
遅くなってしまいましたが、7月23日に第一回の
打合せを行いと思います。よろしくお願い致します。
やり方は芸人さんたちも、色々と相談に乗ってくれそうです。

せっかくですから10周年を超える、楽しい11周年に
したいですね!

体力回復計画・2


「体力回復計画・2」
H27年7月10日(金)    古橋 力

ブログ最終日です、よろしくお願いします。

鳥居さん、すみません、題名を拝借させていただきました。
私は、前職では制服に塩が吹く程に汗をかいていました。ですか
ら、特に運動をしなくてもある程度、体を動かす事ができていまし
た。 現在は、意識しないと体を動かす事がとても少ないのです。

勤務歴の長い先輩方からは、「この先長く勤めたいのなら、健康が
第一だよ。勤務時間や休息を、自分で調整をしなさい」と、アドバイ
スを受けます。
経験が浅い私は、多少は無理をしても大丈夫だと思っていました。
しかし最近では、先輩方の意見も分かる様になりました。自分なり
の調整法を考えていこうと思います。

将来、60歳に近づいた時、今と同じ勤務体制を維持する事は、難し
いと思われます。(今は、頑張る時です)

ダイヤ勤務が始まると、時間が限られますので、短時間に運動を
する事等を工夫したいと思います。また、仕事でお客様のお迎え
にいったなら、マンションであれば階段を使って呼びに行くように
したり、待ち時間や休憩時には、体操をする様にします。 
休日は、ウォーキングなど、外へ出て体を動かす事を考えてみます。
ここ数日の内に、具体的な方法と計画を立てたいと思います。

1週間、お付き合いして頂きまして、ありがとうございました。

母の事

「母の事」
      27年7月9日(木)   古橋力

ブログ6日目です、よろしくお願いします。
コメントを書いていただいて、ありがとうございます。

私の母は、今年で77歳になります 昨年の春に、近所のコンビニ
店の駐車場で脳出血をおこして倒れました。店員さんが早く気付
いてくれて、救急車を呼んでくれました。処置が早かった事が幸い
して、今では、杖は使いますが1人で歩ける(とてもゆっくり)までに
回復しました。

入院当初は、しゃべる事も、指を動かす事も出来ず、このまま亡く
なってしまうのではないか、と思えるほどの状態でした。 担当医
さん、看護師さん、そして妻の支えのおかげと、本人の強い意志で
徐々に回復していきました。 そして、リハビリ専門の病院に移り、
頑張っていました。 体の左半分がマヒしていて、右側もまだ弱々
しいです。母は、辛そうでしたが、「また孫と遊びたい」と、懸命に臨
んでいました。

自宅に戻るにあたり、医療ベッド、手すりの設置、段差の解消などを
行いました。ケアマネージャーと妻が相談してくれたので、スムーズ
にできました。現在は、杖なし歩行を目指して、デイサービスに行き、
通院をしながらリハビリに励んでいます。

つい最近、妻のお父さんも、頸動脈拡張手術をしました。無事に成功
しましたので、安心しました。母や義父の年齢を考えると、何が起きて
も不思議はないと、実感しました。

気付けば父や母は、80代です。80歳の父が、母の介護を本当によく
やってくれ、私も妻も助かっています。安心して仕事ができます。
正の注目をして、お互いに認め合いながら今後も暮らしていこうと思っ
ています。
今回の事でも、妻の理解と行動には、本当に頭が下がりました。私は、
妻、そして家族を支えて生きようと思いました。

メダカ クラブ

「メダカ クラブ」
     27年7月8日(水)   古橋力

ブログ5日目です。コメントをいただき、ありがとうございます。

私の職場では、会社公認のクラブ・サークル活動があります。
野球部、ボウリング部、レーシング(マラソン)部、花クラブ、
エンターテイメントチームなど、主に社員の親睦、健康増進
が目的です。リーグ戦、大会へ出場しているクラブもあります。

私の所属する班の先輩Aさんは、メダカの飼育を趣味でし
ていました。 メダカの話をよくされていたので、他班の方々
交えて興味深く、メダカ談義になりました。
そんな事もあってか、Aさんは洗車場の一角に、自費で水槽
を設置して、メダカの飼育を始めました。勿論、上司の許可
は得ています。

社員には、評判が良くて、エサをあげたり、その前で談笑した
り、「男の職場」に人が集まる憩いの場ができたのです。そして、
一緒に盛り上げようと、10数人が集まり、非公認の「メダカクラ
ブが誕生しました。
メダカといっても、たくさんの種類があるのですね。
今では、水槽やたらい等、7~8本が整然と並んでいます。清掃
や水の交換など、管理は良くされています。

これらの功績が認められて、遂に公認のクラブに昇格しました。
そして、会社から「環境美化」の表彰をいただいたのです。
私は、その流れを見ていて、メダカが興味を集めたのではなく、
接客に定評のあるAさんの人望と責任ある管理の行動が、仲間
を集めたのだと感じました。 Aさんは、クラブに昇格したいと
常々言っていましたから、目的を持つことは大切だと思いました。

言葉だけではなくて行動が伴わないと、人からの信頼は得られ
ないですね。私も、挨拶や清掃、報連相を大切にしていこうと
思います。





誕生日

「誕生日」
      27年7月7日(火)    古橋力

ブログ4日目です。コメントを書いて頂いてありがとうございます。

7月3日は、私の誕生日です。当日は、勤務が深夜に及ぶので、
5日の非番の日の夕食時に、お祝いをしていただきました。

娘が、クラッカーを「パーン」と鳴らして、紙吹雪(大袈裟ですが)
が舞い、家族から 「おめでとう」 とお祝いの言葉を頂きました。
プレゼントは私がリクエストしておいた、プリン体カットの発泡酒
です。普段は、アルコールチェックが毎朝あるので、ビール系は
殆ど飲まなくなりました。1節が終わった時や、目標達成した時
に飲む、特別な飲み物です!! (これが、ご褒美ですね)。

そして、娘から(高2)バースデイカードをいただきました。ビール
やケーキも嬉しいですが、これには嬉恥ずかし!でした。

内容を紹介しますね。
「お父さん、たんじょうびおめでとう! もう51歳なんて早いね、
でも意外と51歳に見えないよ(笑) これからも、お仕事
がんばってね~ また良い映画見よう ラーメン食べに
いこうね」

彼女なりにお世辞をまじえていて、カラフルにデコレーションして
あり、書くのにかなり時間をかけた事が分かります。ありがとう。

今、仕事に取り組めるのは、こうした家族の理解と協力がある事
を再認識しました。公休日出勤をしていますので、まる1日休める
日は殆どありませんが、週に1回でも夕食を共に出来るだけも幸
せではないかと思っています。家族の応援に応えるためにも真摯
に仕事に取り組んでいこうと思います。

  

  

相方


  「相方」
       27年7月6日(月)    古橋力

ブログ3日目です、よろしくお願いします。
皆さん、コメントをいただき、ありがとうございます。

タクシー業務は、車1台を2人で半日交代して運行します。車は、
ほぼ24時間動きますから、稼働率が高くなります。
私は、入社当初は新人同士で相番をしました。自分が出社した時
には、相方(あいかた)は帰社していて、話をする機会は少ないの
です。しかし、同じ車を共有しているので会った時には、話が弾み
ます。車の調子、仕事の事、世間話などを交わします。

私は、勤続1年を超え、年式の新しい車が与えられました。室内や
ボディーも綺麗で、責任持って運行しなくてはと思いました。
そして相方も、入社したての新人さんに代わりました。彼は、30代
の若者です、お互いにあいさつをして世間話等をしました。
お子さんも3人いるので、頑張りたいという事でした。気さくで、優し
い相方です。
普段も、会うと仕事の事などを質問してくるので、私は丁寧に答え
る様にしています。相手に教えるという事は、自分の勉強にもつな
がります。

毎日、帰社後に車の清掃をして、綺麗な状態にして相方に受け渡
します。私は、「仕事を終えて清掃するまでが仕事だよ」、と班長
から言われていましたので、相方が出社後すぐに仕事ができるよ
うに意識して清掃をしていました。
本来なら私も、出社後すぐに乗務ができるはずなのですが、私は
窓ガラスや室内の拭き直し、シーツの交換から仕事が始まります。
これは伝えたほうが良いと思い、「拭き残しが目立つからもう少し
丁寧に頼むよ」と柔らかく言いました。「すみません、わかりました」
と言ってくれました。

「丁寧に乗ってくれて助かるよ、あまり気付かないかもしれないけ
ど、拭き残しがあるとお客様に悪いからね」と言ったほうが良かった
のかなと、妻と相談してそう思いました。
今も、あまり変わりません!が、今までよりは汚れている日が、少
なくなりました。様子を見ながら接していこうと思います。私が若
い頃も、気が付かないで仕事をしていた事が多々あったなと思っ
ています。彼のおかげで、自分の清掃を見直す事が出来ました。

ここ最近は、若い年齢の新人さんが多く入社してきます。
採用担当者とお話しすると、業界の将来を見据えての採用活動
をしているそうです。タクシーの運転手さんは、オジサン→若者
にシフトしています。
私も、相方の若者と刺激し合って仕事に取り組んでいこうと思いま
す。


タクシーでの出会い

「タクシーでの出会い」
   H27年 7月 5日 (日)   古橋力

ブログ2日目、よろしくお願いします。

タクシーの仕事では、1日に数十人のお客様を運びますから
同じお客様に何度も乗っていただく事もあります。
私の自己紹介票を見て気が付いてくれる方や、私の顔や声を
覚えてくれていて声をかけてくれる方もいます。
本当にありがたいです。
私もお客様の顔を覚えていますので「それでは、自宅まで行
かせて頂きますね・・・・」と、道順を聞かないでスムーズに送る
ことができます。
また、久しぶりの同級生にも会う事もあります。豪邸に高級車、
そこから出てきたお客さんが同級生で、出世したのだと実感
した事もありました。

また、前職時のお客様や、仕入れ先の方に乗ってもらう事も
あります。
「皆さん、元気ですか」 「帰りには指名するよ」 「元気そうで、
安心したよ、遊びに寄ってね」などと声を掛けていただきまし
た。本当にありがたいことです。

そして、前職の際にご迷惑を掛けてしまった仕入先の社長さん
や社員さんが乗ってきた事が数回程ありました。実は、この様
な事が起こった時はどうしようと不安に思っていたのです。 
杉井さんからご指導を頂き、ご迷惑をおかけした方へ「お礼の
行動」をするといいよと伺っていましたので、実際、ハガキを出し
たり、挨拶に行ったりしていました。
そのせいなのかはわかりませんが、お互いに自然に会話がで
きました。
「気にしなくていいよ」 と言って頂き、ありがたいです。

杉井さんが言われた「お礼の行動」は、どんな状況でも
「縁」をつなぐ事は大切だという事を教えてくれました。
私は、身を持って体験しました。今後も、続けていきます。
杉井さん、ありがとうございました。

上半期を振り返る

「上半期を振り返る」
H27年 7月 4日(土)    古橋 力

今日から1週間、ブログを担当します、よろしくお願いします。

沼津経営塾では、息子がお世話になっています。 杉井さん、海野
さん、塾生の皆さん、ありがとうございます。
私と妻も、楽習会や研修にて勉強させていただき、ありがとうござい
ます。

今回は、年始に発表させていただきました、1年の目標の半期結果
を報告したいと思います。 目標は以下の、3項目です。
                        
1. 営業収入(売上)の達成 ・・・ 経済基盤の構築、安全運転必須      
2. CSカード配布 100枚/月 ・・・ 仕事の質の向上    
3. 家族の夕食を作る1回/月 ・・・ 妻の休養日、家族と過ごす    

結果です。
                1月  2月  3月  4月  5月  6月
1. 営業収入   〇   ✕   〇   〇   〇   〇
2. CSカード   〇   ✕   〇   〇   〇   ✕
3. 夕食      〇   ✕   〇   〇   〇   〇

下半期に向けて、考察します。

タクシー業は歩合制です。家計に直結しますから、後半も計画を
立て、取組みます。 しかし、安全運転には、更にこだわりたいと
思います。

CSカードは、2回未達成でした。営収には関係なく毎月達成できる
はずです。日によって枚数に差があるので均等に配りたいと思いま
す。数に一喜一憂するのではなくて、本来の仕事の質の向上を意識
していこうと思います。

家族全員(5人)の食事を作る事は、大変な仕事でした。ほぼ毎日し
ている妻の苦労が分かりました。1品、2品でも手伝っていこうと思い
ました。

CL手帳に、やったかやらないかを記録して、下半期は毎月達成を、
目指します。

ハガキ

7月3日(金)       蕪木宏晃

皆さん、1週間コメントしていただき、ありがとうございました。

ブログ最終日よろしくおねがいします。

昨日の沼津経営塾での杉井さんの話の中で「生き方が変わっていくと人生が変わっていく。今、周りにいる人達が自分の人生」というお話がありました。
その話を聞いていて、僕は複写ハガキのことが頭に浮かんできました。

僕は今、毎日ハガキを書いています。杉井さんや海野さんの勧めで、「続ける力をつける」という目的でハガキを毎日書き続け2年が経ちました。
今まで自分がここまで続けてこれたのは、僕は自分の力だと思っていたところがあると思います。でも、よく考えるとここまでハガキを続けてこれたのは、周りに書く人がいるからだと思いました。

今の環境があって、ハガキと出会って、周りの方達がいて、自分自身もハガキを書くようになりました。また、ハガキをもらうようにもなりました。

今までハガキを書かなかったのが、書くようになったことが自分にとっては大きな変化だと思います。これも周りの方や環境のおかげです。
自分が生活している中でも、周りの人の支えがあるということを忘れずに1日、1日を過ごしていきたいと思います。

1週間ありがとうございました。

同じ作業を一緒にやって

7月2日(木)      蕪木宏晃

ブログ6日目よろしくおねがいします。

今、施工中の現場で前回の現場と同様に和也君と吹付作業をやる機会がありました。
事前に海野さんから「今日は和也にも少し吹かせてやって」と言われたので、今回は一緒に吹付をやることにしました。

吹付作業は準備や片付けに手間がかかるので、なるべくなら1日で終わらせた方が効率がいいので、準備や片付けの時間も頭に入れて作業をすること。2回吹くということを考えて、どのように移動をしていくか考えてやること。などを踏まえて作業を進めていくようにしました。

まず、口で説明しながら自分がどのようにやるかを見てもらいました。
それから自分が確認しながら実際に和也君にやってもらいました。
和也君がやっているのを見ながら、「あれ?」っと思ったことがありました。それは和也君の作業を見ることで自分の今までのやり方が確認できたことです。
自分は今までこうした方がいいと思ってやってきて、それが普通だとも思っていましたが、自分が説明したように和也君が吹付作業をやるのを見ることで、「いや、ここはこういうふうにした方がいいんじゃないか?ここをこうした方がもう少し作業を短縮できるんじゃないか?」と今までの自分の作業を見直すことができました。

以前も海野さんの吹付作業を見ることで海野さんと自分とでは全然作業スピードが違うというのがわかり、自分はこのくらいかかるだろうと思っていましたが、海野さんの作業を見て、自分は作業スピードが遅いと思ったことがありました。

今回2人で吹付作業をすることで、自分の作業が確認できて見直すことができてよかったのと、自分では自分のことが意外にわからないと思いました。周りや人にもっと目を向けるようにして、自分という枠を広げていきたいと思います。
次のページ

FC2Ad