沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

中学校で学びました

12月31日 (火曜日)
古橋 力

コメントありがとうございます。いただいたアドバイスを活かしたい
と思います。
静岡美和中学でのトイレ掃除は、生徒さん達も一緒に行いました。
生徒さんは、100人以上いたと思います。久しぶりに「中学校」
の中に入りました。班ごとに並んではいますが、前後左右の友と
おしゃべりする生徒もいて、昔!を思い出しました。
それらを見ていて、自分は、息子や娘の中学校行事は、妻に
任せっぱなし(妻は・・任せられてはいませんが?)だったと
思いました。
道具の配置から始めました。バケツの重ね方を杉井さんから指摘を
受け、作業にさらに身が入ります。私は、リーダーから指示を受けて
生徒さんに便器の磨き方、時間の声掛けを手伝いました。
少し、じゃれあうこともありましたが、それぞれに真面目に取り組んで
くれました。
磨き方の説明、時間の声掛けを、月並みな言葉でしかできなかったと
思います。興味をもって取り組んでもらう事は、とても難しいと感じ
ました。
自分が中学生の頃、父からはほとんど干渉されることがなかった事も
あって、息子にもあまり声を掛けたり相談にのってあげる事が
なかったと思います。父親の姿を見せるだけで良いのだと、考えて
しまっていたと思います。とは言いながらも感情的に叱ったりもしま
した。この点は、海野さんの指導の仕方がとても参考になります。
中学3年生になる娘は、受験とクラブ活動の両方をしています。学校外
のクラブなので3年生での引退がないので、今も遅くまで行っています。
よくやっていると感心させられます。様子を観察しながら、要所に声を
掛けたり、趣味の話をしたりしています。よく相手にしてくれて、
ありがとう!
息子の名前は、「幹大・かんた」と書きます。私の兄弟の中では1番
先に生まれました。これから生まれてくる、兄弟、そして仲間を大きな
心で先導してほしいと願い命名しました。大黒柱がしっかりと根付いて
いる家は丈夫ですね。彼は今、この年末に和也さんと、さかえやさんに
お世話になっています。正月に働くことを今経験できるのはとても今後に
活きると思います。 応援してるよ~。 私も正月頑張ります。






スポンサーサイト

掃除に学びました

 12月30日 月曜日
古橋 力

皆さん、コメントをありがとうございます。
読み返してみると「今日は・・」では、いつなのか分かりづらいです。
書き急いでいたと思います、杉井さん、ご指摘いただき、ありがとう
ございます。

うみの塗装さんにお世話になった1週間後に、美和中学校での
トイレ掃除に参加させて頂きました。7月に三島市北上中学校
以来、2回目になります。
初めて参加した北上中学校の時も私は、地元へ戻っていたの
ですが海野さんに声を掛けていだだきました。
どんな方法で、何人で行うのか分からないまま参加しました。
この時は、生徒さんはいなくて経営塾生と声掛けで集まった
大人の方々でした。
杉井さんから道具の置き方、便器や床の磨き方の説明を受ます。
バケツ、洗剤等の道具を各班ごとに配置します。ただ置くの
ではなくて見た目の綺麗さ、取り易さを考えて、コンパクト
に配置しました。私の想像していた掃除とは違い、作業の流れ
を把握し、人への指導の仕方を学びます。
「あと10分で次の作業に移ります。」とリーダーが皆に指示を
出します。始める前に、おおまかなスケジュールを確認している
ので、リーダーの指示がとても有効だと思いました。
便器、床、壁、サッシ枠、換気扇などを、しっかりと綺麗に
するには15~20分では足りないのだと、やってみて分かり
ました。そして班員同志で、作業の進み具合を、声を掛合いながら
確認する事はとても大事であると思いました。
北上中学校では大人だけの参加でしたが、生徒さんと行う
のは、また難しいのだろうと感じました。

とても良い経験をさせて頂きました。トイレを、別の事に置き換えて
普段の生活に活かしたいと思います。
毎月、この様な活動をされている掃除に学ぶ会、経営塾の皆さんには
頭が下がります。


うみの塗装での1日 その2

12月29日
古橋 力

本日もよろしくお願いいたします。
皆さん、コメントをありがとうございます。
掃除の時間と面積を考えたのですが、頭の計算と実際の行動がリンク
していませんでした。綺麗にしたいという感情が強よすぎたと思います。
全体を把握するようにしたいと思います。

今日の現場は海野さんの会社から徒歩で行ける距離にあります。
お施主さんは、休憩時に餅を焼いてくれたり沢山のおやつを
だしてくれます。(今までもそうですが、うみの塗装さんの現場では
よくある事です。)
その隣のお宅のかたは「車は2時までならうちへ置いていいよ」
と初めて会う私に声をかけてくれました。
それだけ地域に信頼されているのが良く分かります。

海野さんと蕪木さんが、全体の進捗を把握して、和也さんと幹大さんが
私に指示をだします。和也さん、幹大さんはこの数カ月で更に自信に満ちた
行動、言動になっているとすぐに分かりました。
工期を踏まえて今日はどこまで施工するのかを考えています。
しっかりと前進していました。
自分はどうだろうか。社会人、親として考えていきたいです。


うみの塗装での1日

うみの塗装での1日
12月28日

古橋 力

2ヶ月ほど前に、沼津経営塾のブログを初めて担当させて頂きました。
ただ書くことが主になり、内容やコメントへの返事など、気付かない点
が多々ありました。
今回は少しでも前進できれば良いなと思っています。1週間よろしく
お願いします。

11月のはじめに海野さんから、息子を含め皆とても成長している
ので1度見にきて下さい、とお言葉をいただきました。
早速その週末に行ってみました。
目的としては、海野さん、みんなから刺激をもらう。お客さんではなく
普段の仕事をする、の2点です。
今までは1番出社でしたので、こちらを3時前に出発し6時15分に出社。
勿論スクーターです! 寒かったですね・・
おはようございます、皆の顔を見ると緊張もとれて仕事モードになり
ました。
朝の掃除です。私は地面の面積と清掃時間を考えて取り掛かりました。
始めだすとつい丁寧に細かい落ち葉まで集めてしまいました。
それに気付かないで続けていると
海野さんから、「どんな目的でしていますか」
と指摘を受けました。海野さんは私のペースではこの場所の掃除が
時間内に終わらないとすぐに分かったのです。
目的を意識しながら行動することが、目的達成に通じるという基本
を、朝の掃除からあらためて気づかせて頂きました。

今回、声を掛けていただきありがとうございました。

「トイレの神様」

12月27日(金)            蕪木 宏晃
皆さん、コメントありがとうございました!!ブログ最終日よろしくおねがいします!!
今年も残すところ後、4日になりましたね。皆さん来年に向けての準備は進んでいますか?大掃除はやりましたか?
大掃除・・・・・掃除・・・・・・トイレ掃除・・・・・。僕は今年トイレ掃除に学ぶ会に4回参加しました。その中で2回、サブリーダーをやらせていただきました。
サブリーダーの主な役割は使う道具の説明・やり方の手本を見せる・一緒に掃除しながら指導(声かけ)です。このトイレ掃除は班に別れてやるんですが、班によって道具の並べ方、やり方、終わる時間、雰囲気が全然違うということがわかりました。
同じトイレ掃除をやっているのになぜここまで違いがでるんだろうと考えた時に、何をやるかじゃなくて誰がやるかで全然違ったものになるといいうことなのかな?と思いました。
僕がサブリーダーをやらせていただいて便器に手を突っ込み、「ここまでやろう。この基準でやっていこう」ってのは見せることができたと思いますが、道具の説明・道具の使い方の手本を見せる時の説明が不十分で参加者がイマイチ理解していなかった。声かけが一定の言葉だけ(綺麗になったね~)で工夫が足りなかった。途中で(ホース持ちの時)参加者の手が余ってしまい、だらけてしまった。その時にもう1度集中させるための声かけが少なかった。など色々と反省点が残りました。
これは仕事の時にも同じようなことがあります。説明が具体的でなくわかりずらい、声かけが少ない、時間を意識させていないなど。

トイレ掃除という仕事とはまったく関係ない作業を実際やってみて自分にはこういう癖があるんだなぁということがわかりました。なので僕はこのトイレ掃除はすごく勉強になるなぁと思いました。来年もトイレ掃除で色々な事を学んでいきたいと思っています。

1週間ありがとうございました。皆さん今年も色々とお世話になりました。来年もどうぞよろしくおねがいします。            

やっててよかった!!くもん式。

12月26日(木)              蕪木 宏晃

ブログ6日目おねがいします!!
今年も残りわずかですね!!1年て本当にあっという間です。

僕は来年、毎日続けるものとして、「葉書き」はもちろんのこともう一つ「くもんの小学ドリル算数(文章題)」をやることを課題にしました。

なぜかというと僕は数字、計算がすごく苦手です。大人になれば勉強なんかしなくていい、計算なんてできなくても大丈夫と思っていましたが、経営塾に参加するようになってMGや戦略会計確認問題など数字がどんどん出てくるではありませんか・・・。

僕は数字を見ただけでもゾッとしますし、脳みそがまったく機能しなくなります。ていうより数字が大嫌いと言ったほうがいいかもしれません。足し算、引き算、掛け算、割り算ができないわけではありません。そこまで頭は悪くありません。でもこういう場合は掛け算をすればいいのか?こういう場合は割り算をすればいいのか?というのがわからないのです。%とよく出てきますがイマイチよくわかっていないと思います。   

初めてMGをやった後、少しでも数字に慣れなきゃと思い、僕は「くもんの小学ドリル1年生の文章題」を買いました。ご丁寧に文章も全部ひらがなですし、足し算と引き算しか出てきません。スイスイ問題が解けるのでこの時の僕は、「何だよ!!こんなスイスイ解けるなら勉強なんてしなくてもいいじゃん!!」と勘違いをしたのか、結局1年生をクリアして止めてしまいました。

前回の静岡経営塾で痛い思いをしたので、来年からは「くもんの小学ドリル2年生の文章題」からスタートして、少しずつ数字に慣れるようまたコツコツとやっていきたいと思います。

ケンタッキー

12月25日(水)             蕪木 宏晃
ブログ5日目よろしくおねがいします!!

皆さん、メリークリスマス!!チキンは食べましたか?チキンと言えばケンタッキー!
いつもの帰り道の信号の角付近にケンタッキーがあるんですけど24日の夜はいつもはいない交通整理のおじさんが2人立っていました。でもケンタッキーには行列ができるほどの車は停まっていませんでした。はたして2人でやる意味はあるのか?僕は疑問に思いました。店の前にはカーネルサンダースのおじさんの人形が「ニコッ」として立っていますが、心の中では怒っているのではないか?とヒヤヒヤものでした!!        
僕がもし、カーネルサンダースだったら・・・一人は「交通整理」もう一人は「カーネルサンダースの格好をしてもらい、チキンを手に持たせて信号待ちの車に近づきチキンの匂いを嗅がせる」という作業をやってもらいます。もちろんリスクは伴います!!「人の車の近くで何やってんだよ!!」と罵声を浴びせられるかもしれません。でもクリスマスイブと言ったら1年に1度の特別な日です。「きっとキミは来ない~1人きりのクリスマスイブ!」なんて切ない歌があるぐらいですから。(今年は私のところへは誰も来てくれませんでした・・・)話が思いっきりそれてしまいましたが・・・・
最近は1現場に多い時で5,6人、人がいるので、「これは何人でやればいいのか?」「これは誰にやってもらえばいいのか?」ですごく悩みます。悩んでいるからかわかりませんが、最近はこのような視点で物事をみるようになりました。人数が多い分できる限りの無駄をなくして作業効率をあげていけるようにしていきたいです。

※ケンタッキーさん、これは決して文句を言っているわけではありません。僕はケンタッキーフライドチキンが大好きです。

FM777沼津経営塾ボイスキューラジオ4

12月24日(火)                 蕪木 宏晃
ブログ4日目おねがいします。
リン リン リン リン リン。 今日はクリスマスイブですね!!
皆さんはクリスマスイブをどう過ごしますか??家で普段通りに過ごしますか?それとも町にくりだしますか?町はクリスマス一色ですね!チキンは食べますか?ケーキは食べますか?クリスマスの週にブログ当番が回ってくるとは・・・。これは偶然か?必然か?神様のいたずらか?なぜ自分なんだ・・・・。

DJ 「さぁ!今夜もFM777沼津経営塾ボイスキューラジオの時間がやってまいりました!!本日のゲストは・・・4日連続、記録更新!蕪木宏晃さんがお越しくださいました!!」パチパチパチ

蕪木 「記録更新ですか!?嬉しいです!!こんな素人を4日も呼んでいただきありがとうございます!!」

DJ 「今日はクリスマスイブですが・・・蕪木さんはどう過ごされるんですか??」

蕪木 「僕はブログ当番なのでブログを・・・・」

悪魔 「おい!蕪木!!キャキャキャ。」

蕪木 「誰だ!?」

悪魔 「まさかブログをやるなんてつまらねぇこと言うんじゃねえだろうな?今日は年に1回のクリスマスイブだぜ!」

蕪木 「確かに・・・・」

悪魔 「1回ぐらいやらなくたってどうってことないさ!適当な理由つけて休んじまえよ!たまには息抜きも必要だぜ。そんなのほっといて町にくりだそうぜ!」

蕪木 「そうだよな!!1回ぐらい書かなくたって別に死にはしないしな。最悪帰ってきてからパッパッとやればいいし!よし!パァ~と行きますか!!」

DJ 「蕪木さん??クリスマスイブはどう過ごされるんですか?」

蕪木 「クリスマスイブは町にくりだし・・・・・・」

レイノルズ博士 「アナタノナスベキコトハナンデスカ??」

蕪木 「この声は・・・・・。そうだ!!自分のなすべきこと・・・今週はブログ当番なので、ブログを書くことです!!」

レイノルズ博士 「ソウデスネ」

蕪木 「あやうく気分本位の行動をしてしまうところでした!!CLインストラクターの資格を目指す者としてお恥ずかしい・・・・。」

DJ 「蕪木さん??クリスマスイブはどう過ごされるんですか?」


蕪木 「僕は、今週はブログ当番なので、ブログを書きます!!!!!!!!!」

FM777沼津経営塾ボイスキューラジオ3

12月23日(月)                蕪木 宏晃

ブログ3日目よろしくおねがいします!!


DJ 「さあ!今夜もFM777沼津経営塾ボイスキューラジオの時間がやってまいりました!!本日のゲストは・・・3日連続で蕪木宏晃さんがお越しくださいました!!」パチパチパチ

蕪木 「あの・・・僕が3日連続出演なんかしてリスナーの皆さんの反響はどうなんですかね??すごく気になるんですけど・・・・。」

DJ 「心配しなくても大丈夫ですよ!!面白い!毎日楽しく聴かせてもらっています!内容が薄い!などの声が届いていますから!!」

蕪木 「内容が薄いはクレームだと思うんですが・・・・。」

DJ 「あと今日は、蕪木さんに質問メールが何件か届いているのでそれも紹介していきたいと思います。」

蕪木 「本当ですか!?わざわざありがとうございます!!」

DJ 「まずは本日のリクエスト曲からいきたいと思います。ウルフルズで【明日があるさ】」

明日があるさ~明日がある♪若い蕪木には夢がある~あせることないさ~あせることないさ~1から勉強やり直せ~♪


蕪木 「あの・・・今、蕪木って聞こえたような気がしたんですけど・・・あと、1から勉強やり直せみたいなことも聞こえたような・・・・」

DJ 「気のせいだと思いますよ。次は質問コーナーに移りたいと思います。えーとまずは、娘が3歳の誕生日を迎えた細谷さんからです。」

蕪木 「誕生日おめでとうございます!」

DJ 「現場では音楽にのせて塗装などもできるんでしょうか?蕪木さんは賀詞交歓会の発表はしないんですか?ブログか沼津経営塾の時にでも1年の計画を発表してみてはどうですか?」

蕪木 「現場では実際に音楽はかけたりしませんが、作業の手を早めたい時などはテンポの速い曲などを自分の頭の中でかけたりはします。自分をリズムに乗せるみたいな感覚です。後、たまに鼻歌なども気分転換のために歌ったりしますよ。僕は賀詞交歓会の発表はしませんが、次のブログ当番の時にでも来年の計画などを発表していきたいと思います。」

DJ 「ブログをやっているんですか?」

蕪木 「はい!経営塾の仲間で1週間ずつ交代でブログをやっています。月に1回勉強会も開いていますよ。沼津経営塾って名前ですがそんな堅苦しい会ではないし参加は自由なのでもしよかったら1度参加してみてください。ブログもぜひ見てみてください。」

DJ 「へぇ~!都合が合えばぜひ!!えーと次の質問は・・・小野さんからですね。DJは女性の方ですか??アハハハ。これは私に対する質問ですね。はい!私は女性ですよ。声がハスキーボイスなのでよく男性と間違われるんですよ(笑)ラジオだと顔はわかりませんからね~(笑)蕪木さんから見て私の印象はどうですか?」

蕪木 「そうですね・・・確かに声と顔のギャップがすごくあると思います。一言でいうと(声が酒やけしている秋田美人)って感じですかね。(笑)」

DJ 「アハハハハハハ。美人だなんてありがとうございます。えーと最後の質問にいきたいと思います。杉井さんからの質問ですね。1級技能士の資格の次はCLインストラクターの資格を目指すのでしょうか?」

蕪木 「はい!次は間違いなくCLインストラクターの資格を目指して頑張ります!!来年はCLを1点集中でやります!!」

DJ 「CLって何ですか??CLインストラクターっていう資格があるんですか?」

蕪木 「CLとは森田療法と内観法をベースにアメリカの文化人類学者D.Kレイノルズ博士がアレンジして作り出した建設的な生き方という名前の教育法です。話すと長くなってしまうので、この後食事をしながらでもゆっくりどうですか?(笑)」

DJ 「・・・・・・・・・。本日も蕪木宏晃さんがお越しくださいました。ありがとうございました!」
蕪木 「ありがとうございました・・・・。」

FM777 沼津経営塾ボイスキューラジオ2

12月22日(日)                  蕪木 宏晃
ブログ2日目よろしくおねがいします。
僕は今年、1級塗装技能士の資格を取得しました。塗装の仕事をするうえで絶対になきゃならない物ではありませんが、僕はこの仕事をしていくうちに「この資格取りたい!チャレンジしたい!」という思いがありました。そこに資格がある限り・・・・。

DJ 「さぁ!今夜もFM777沼津経営塾ボイスキューラジオの時間がやってまいりました。本日のゲストは・・・昨日にひき続き蕪木宏晃さんがお越し下さいました!!」パチパチパチ

蕪木 「あの・・・僕が2日連続で出演しちゃって大丈夫なんですか?」

DJ 「・・・・・・・・・。」

DJ 「まずは1級技能士合格おめでとうございます!!」パチパチパチ

蕪木 「ありがとうございます!!」

DJ 「どうですか?取る前と取った後では何か変わったことってありますか?」

蕪木 「いや、とくにはありません。表彰状が家にあるかないかの違いぐらいです。(笑)でもテキストを見ながら勉強したんですけど、今まで知らなかったことがわかって勉強になりました。へぇ~そうなんだ~って思ったことがたくさんありましたね。あと、表彰状を見るたびに自分は1級技能士なんだ!しっかりしろよ蕪木!って思うようになりましたね。」

DJ 「蕪木さんはこの仕事をしていく中で、とくにこの作業は好きだな!この作業はちょっと嫌だな!ってことあります?」

蕪木 「うーん・・前はローラーを転がすのが好きとか、雑用は嫌いとかあったのかもしれませんが、今はそういうのは全然ないですね。どの作業も必要だからやっているわけだし、お金をもらっている以上はプロですからね。もう好き、嫌いとか言ってる場合じゃありません。あっ、でも家の塗り替えが完成して、お客さんが「綺麗になったねぇ!!」って言った時の表情を見るのがたまらなく好きです(笑)ニコっとしてわぁ~~みたいな顔わかります!?」

DJ 「・・・・・うーん。なんとなくはわかります。(苦笑い)」

蕪木 「そん時に、今までの苦労がチャラになるというかスゥ~と吹き飛んで、あ~~この仕事やっててよかったって思えるんですよね。こう何ていうか今まで曇りだった空がスゥ~と晴れて明るくなるみたいな感じです。わかります!?」

DJ 「なんか急にグイグイきましたね!!(笑)波に乗ってきたみたいですが、まもなく終了の時間が近づいて来ました。最後に蕪木さんにとって塗装の仕事とは?一言おねがいします。」

蕪木 「うーん・・。自分が夢中になれるものですかね!」

DJ 「女性よりも?(笑)」

蕪木 「・・・・・・・・・。」

DJ 「本日もお越しいただきありがとうございました!!」

蕪木 「ありがとうございました!!」


FM777沼津経営塾ボイスキューラジオからお送りいたしました。
リスナーの皆さん、また明日お会いしましょう~~~

「FM777 沼津経営塾ボイスキューラジオ」

12月21日(土)                  蕪木 宏晃
今日からブログ1週間よろしくおねがいします。

去年はたまにしか書かなかった葉書きも今年5月のCL基礎講座の後から1日1枚書くと決めて毎日休まず書き続け、ハガキ連続日数が「200日」を超えました。これは去年と比べると僕にとっては1番の変化かもしれません。

DJ 「葉書き200日を達成したということでまずはおめでとうございます!」  パチパチパチ                             
蕪木 「ありがとうございます!!」                   

DJ  「でも、本当に休まず毎日書いたんですか?やっぱり書かない日もあったんじゃないですか?」                     
蕪木 「毎日書きましたよ。これは複写はがきなんで、ちゃんと複写の控えもとっといてあります。証拠はありますから。」             
DJ  「へぇ~。でも毎日書くって大変じゃないですか?」        

蕪木 「はじめは大変でしたよ・・・。なんせ、1枚書くのに1時間近くはかかってましたから(笑)疲れて眠い日だってあ    りましたし、今日は書きたくないなぁって日もありましたし。」                        

DJ 「でも、どうしてここまで続けられてこれたんですか?」      

蕪木 「うーん・・やっぱり仲間と一緒にやったのが1番大きいのかもしれませんね。お互いに(今日は葉書き書いた?)     などの声かけをしたり、同じ場所で一緒に書いたりしました。今はもうすっかり葉書きを書くのは生活の1部にな     っているので、家に帰ってシーンとした静かな空間で書いています。あっでも、夕食を食べる前に書いています。     夕食を食べてからだと、眠くなって寝てしまう可能性がありますから(笑)後は、1日1枚書くってのがよかった     のかもしれません。1日2枚だったらたぶん途中で挫折していたと思います(笑)CL手帳などにも、ハガキを書     いたら○や葉書き連続199日などと書いてやったのがわかるようにしました。」                               

DJ 「じゃあCL手帳っていうのも毎日書いているんですか!?」     

蕪木 「・・・・・・そ、そ、そそそうですね・・・。」                        

DJ 「・・・・・・・・・。蕪木さん??大丈夫ですか??」

DJ 「 葉書きを毎日続けてきて自分の中で変化したことってありますか?」

蕪木 「うーん、僕、文章を書くのがすごく苦手なんですよ・・・あまり好きじゃないし。だから、今までは頭にこういう事書こうていうのが決まっているのに、それをなかなか文章にできなくて、(あーもう!!やだ!!)ってすごく歯痒かったんですけど、葉書きを続けているうちに頭にこんな感じで書こうっていうのが浮かんできたら、スゥーとササァーと文章にできるようになりましたね。これがまた気持ちいいんですよ!!」

DJ 「へぇ~。じゃあ毎日葉書きを続けてきてよかったですね!」

DJ 「最後に蕪木さんにとっての葉書きとは?」

蕪木  「うーん・・・コツコツやっていかなきゃダメですよ!っていうのを自分に教えてくれる物ですかね。」

DJ  「これからも葉書きを毎日コツコツ続けていってくださいね!本日はどうもありがとうございました。」

蕪木 「ありがとうございました!!」

FM777沼津経営塾ボイスキューラジオからお送りいたしました。リスナーの皆さん、また明日お会いしましょう~~

龍・鳳凰になれるか

12月20日(金)                         希代和也
今日まで皆さんコメントありがとうございました、ブログ最終日よろしくおねがいします。
僕はつい数年前まではほとんど本というものを読まなかったのですがその中でも小学生の時に読んで今でも面白いと思う本があります。
それは超が付くほど有名な中国の「三国志演技」です。今では三国志自体ゲームやアニメにもなって身近なものになっていますが、僕が三国志を初めて読んだのが小学4年生で
その時は登場する人物のイメージは汗臭いおじさんのようなイメージでした。
そのようなイメージの登場人物の中で、別称として伏龍・鳳雛と呼ばれる二人の人物がいます。一人は有名な蜀の軍師、諸葛亮、もう一人は蜀の文官、龐統です。
諸葛亮が伏龍、龐統が鳳雛と呼ばれていました。この二人が何故伏龍・鳳雛と呼ばれているかというと伏龍は池の中に潜んでいる龍という意味で、鳳雛は鳳凰の雛という意味で
当時の名高い人物鑑定家からの評価ではこの伏龍・鳳雛を手に入れる事が出来れば
天下を手に入れる事が出来るとまで言わしめた二人です。しかしまだ世に出ていないことから二人はこのような別称を付けられました。
僕は三国志を初めて読んだ時からこの二人の別称が好きでした。
物語の中には一騎当千の猛将や、優れた文官などが多く登場します。
このふたりはあまり世に出る事はなく蜀の建国者である劉備につかえることでその才能を発揮しました。三国志を読み一時は不登校にもなり様々な事がありましたがこの三年間は今思うと伏龍・鳳雛のように力を蓄えていた時期だったんだと思うようになりました。僕自身来年いよいよ社会人になるのでこの伏龍・鳳雛のように
世に出てこれまでの三年間蓄えてきた力をどんどん発揮していって龍や鳳凰のように
なっていきたいです。

オンリーワン

    オンリーワン
 12月19日(木)                      希代和也 

昨日は全国的にも寒さが厳しかったそうですがみなさんいかがでしたか?
小野さんご自宅は大丈夫でしたか?

僕は来年の三月にフリースクールオンリーワンを卒業します。
 僕がこのオンリーワンに入学したのが二年前の2011年の4月でした。
はじめはフリースクールオンリーワンという名前と不登校の人たちが通っているということしか知りませんでした。
まずオンリーワンに入学して驚かされたのは、被災地支援活動のため仙台に行くということでした。当時は静岡経営塾などまだ知らなかったので、何故か誰一人しらないおじさんたちと畑のがれき撤去作業をしたという印象しかありませんでした。
 その年の12月、ちょうど二年前になりますが僕が丸山君、羽田君の三人で海野さんのもとへ初めて職場体験という形で一週間程度お世話になりました。
 その間にもオンリーワンに新たに入ってくる人やそれぞれの事情で別の道を行く人もいました。
 高校一年生の一年間はあまり周囲の人とも関わりを持つことなく、下を向いた一年間でした。
 高校二年生になってからは今までとは違い毎日スクールに通うことになりました。
また6月に二度目の職場体験、山中湖マラソン、陸前高田市への被災地支援活動そして、4月の終わりにはCL基礎講座を受講しました。
また進級当時は僕を含め四人しかいなかった生徒も2012年の終わりには7人になり
今までのオンリーワンとは違い一体感や明るい雰囲気になった感じがしてスクールに行くことや周囲の人と関わりを持つということにも徐々に慣れていく実感がありました。
高校二年生の一年間は一歩前進という一年間でした。
 高校三年生今年の一年は率直な感想は猛前進というひとことです。
一年の半分を三島で過ごし古橋親子との出会いや三度目の陸前高田の被災地支援活動
スクールに通っている時間はあまり多くありませんでしたが、この一年間は高校生活三年間の締めにふさわしいものにした一年という印象でした。
 今から振り返ると二年前初めて被災地支援で杉井さんや海野さんに出会ったことや
膝の上にお弁当を置いて食べていたこと、学校の勉強がわからないことで再び不登校になりかけたことが懐かしく感じます(笑)
 今こうしてここにいるのも行くあてのなかった僕を受け入れてくれたオンリーワンの
存在はなくてはならないものです。
そして井上先生やオンリーワンのみんなのおかげです。ありがとうございました。
世の中にはまだまだ不登校で悩んでいる人がたくさんいると思います。
これからもオンリーワンや井上先生がそういった人たちの力になることができると
僕自身の実体験からも思います。これから先も不登校で悩んでいる人たちの力に
なっていってください!応援しています!

三本柱

        三本柱
12月18日(水)                         希代和也

昨日のブログにも書きましたが、来年の課題としてCL手帳を毎日付けるがありますが、
他に二つこれだけはやっていきたいと思うものがあります。
 ひとつは葉書です。これまでも毎日つづけてきたのですが、来年も毎日書きたいと思っています。狙う効果としては内観的な力を伸ばすことと自分のファンをつくるです。
もともと葉書を毎日書き始めた当初、目的として自分のファンをつくって応援される人になるというのが目的だったのですが、100日を達成し200日へ向けては
人にしていただいた事実を認めお返しの行動として、ありがとうの葉書を書くという事を意識していました。それにお返しの葉書をいただいた時は嬉しいですし、ここまでやってきたので来年も一年間続けていこうと思います。
 ふたつめは貯金です。来年高校を卒業し社会人になるのでこれまでも就労研修という形で働くという事を学ばせて頂いていました。しかしこれからは今までとは違い自分の事を自分で管理しなければいけないと思います。
特に一番はお金の管理だとおもいます。なので年にいくら貯金するという目標額を決め
その体制をつくっていきたいです。
 そしてみっつめになりますが自分を管理という意味でもCL手帳を付けて休みの日など
これまでのようにその場その場の気分でやる事を決めるのではなく自分の目的にあった
なすべきことをしていくようにするのが目的です。
 来年はこの三本柱を課題にしてCLを実践することで身に付けることが目標です。
CLを身に付けることで将来同じような不登校の人達の役に立つ事ができたらいいです。
またご褒美として来年中に一度ダイビングをしてみたいと思っています。

CL手帳

12月17日(火)                      希代 和也

12月も折り返しですね、本当に一年はあっという間です。

今月の沼津経営塾の出来事です。
近況報告で僕は、ハガキとCL手帳の事について相談させていただきました。
 ハガキは先日200日を達成しました。
ハガキを書くこと自体生活の一部のようになっているので一日一枚書くことも慣れ
僕自身来年は、レベルアップとしてハガキの代わりにCL手帳を毎日付けるという事を課題にしたいという事をお話しさせていただきました。
その相談に対して杉井さんからは今やっているハガキをやめてCL手帳をやるのではなく
ハガキを書く事が普通にできるようになったらそれと同時にCL手帳を付けた方がいい
とアドバイスをいただきました。
二つのうちどちらかを取るのではなくどちらも取る、少しづつ自分に負荷をかけていき
ひとつひとつ自分に積み重ねていくというお話をしていただきました。
 たしかに今年は昨年と比べて、葉書・就労研修・CL講座・グアム旅行など
内容の充実した一年でした。ひとつひとつ積み重ねてきたものは昨年よりも
自分で力が付いたことを実感しています。明らかに変化を感じた一年でした。
せっかく葉書も200日達成できたのでここでやめてしまうのはもったいないですね。
 昨年のように何もしていない時より、今のように自分の課題をこなしている方が
自分の人生に充実感や、生きがいを感じているような気がします。
 これからも様々な事を経験し積み重ねていくと思いますが、来年は葉書、CL手帳を
毎日やっていきます。

明日は来年考えている目標について書きたいと思います。

ウサギとカメ

ウサギとカメ
12月16日(月)                       希代和也

僕は中学生の時、部活では剣道部に所属していました。
その当時、外部顧問の先生からしていただいた話が今もよく覚えています。
その外部顧問の先生は県の団体戦で大将も務めたことがある方で、だいたい週に一度来ていただいていたのですが、その時話していただいた事は、ウサギとカメです。
その先生の話の内容では、剣道に限らず、人にはウサギタイプとカメタイプの人がいるらしく、ウサギタイプの人は剣道でも上達は早いし、力もあり、やればやるほど右肩上がりに上達していく優秀な人らしいです。
カメタイプは自分でも上達しているのかがわからない程少しづつ上達していくらしく
ある時に急に今まで難しいと思っていたことができるようになったり、自分自身のレベルアップを実感できるらしいです。そしてまた同じように少しづつゆっくり上達していく、
この繰り返しらしいです。
最近僕はこのことをよく思い出します。僕もウサギタイプかカメタイプかといえば
カメタイプだと思います。もしかしたら僕は人より習得や物覚えが悪いかもしれませんが、
時には投げ出したりしそうになるかもしれませんが、腐らずカメのように地道にコツコツ
積み重ねて、山のふもとのゴールを目指していきたいです。

一年振り

12月15日(日)                       希代和也

昨日は静岡市、長田西中学校のトイレ清掃でした。
今回の長田西中学校でのトイレ清掃は今回で二回目です。
1度目は丁度一年前の12月におこないました。
今回僕が担当したトイレは1年前にも担当した同じ場所のトイレでした。
ですが1年前とは大きな違いがあり今回のトイレ清掃では僕はサブリーダーの役を
務めさせていただきました。
今回サブリーダーをやらせていただくにあたって自分なりに意識しようと思う事がありました。
僕が意識したのは「演じる」です。
今回は生徒数が多く班のリーダーである安井さんとの打ち合わせの時点から
男子トイレ、女子トイレと分かれ、それぞれが道具の説明、やり方
進行をしていこうということになりました。
ですので班の半数の中学生を僕が見ることになりました。
ただの参加者とは違いサブリーダーということなので自分が時間配分をし、
生徒たちに道具の使い方などを説明しなければいけないので、人の注目を自分に向けなくてはいけません。
なので、トイレ清掃が上手くいくよう「演じる」と言う事を意識し
課題としては
・自己紹介で大きな声を出し自分を印象付ける
・説明のたび、「説明をするので集まってください」と言い注意をひく
・清掃が始まったら一人ひとり見て回り声かけをする、また全体にあと何分ですと適度に
時間を意識させる
という事をしました。幸い生徒さん達もよく説明を聞いてくれていたので、進行自体は
特に問題はありませんでした。
が、反省点としては生徒さんたちは皆とても真面目にやっていただいていたのですが
僕自身が生徒さん達のやってやろう‼というようなフックを掴む事が出来ず、
生徒さん達から積極的にやるというような姿勢にさせることはできませんでした。
 今回サブリーダーという役をやらせていただき、ただ一参加者の時とは違い
本当に掃除に学ばせていただきました。また参加者の時とは違った充実感がありました。
 これから先、5年後、10年後仕事でも皆を引っ張っていく役目を務めるときがくるかもしれません。
そのために今回のトイレ清掃をスタートとして、責任感、気づく力を
身に付けていくことが今後の課題だと感じました。

昨日は長田西中学校の皆さん、3班の生徒さん、リーダーの安井さん、静岡掃除に学ぶ会の皆さんありがとうございました‼

ありがとう

  ありがとう
12月14日(土)                      希代和也

最近本当に冷え込みますね、電気ストーブと恋人になりそうです。
今日から一週間よろしくお願いします。

今年の4月の終わり僕はある方と出会いました。
様々な縁が絡み合いこの日本国一億二千万人のなかから出会う事が出来た人がいます。
その人とは約一ケ月弱共にうみの塗装さんで働かせていただきました。
僕はその人が来たその日一日その人を見て自分の父親の事を思い出しました。
普段からそして小さいころからあまり会話は多くありません、別段仲が悪いというわけでもなく
僕がそうであるように僕の父もあまり人とかかわるのが得意でないように僕からは見えます。
また家族の中で今まで唯一葉書を書いていないのが父親でした。
そのような間柄ですから次第に僕の中で父親の存在は薄らいでいました。
しかしその人と出会いその人の働いている姿を見て何故だか自分の父親の事を思い出し
ました。
以前僕が家出をした時、二時間近く僕を探して頂いたり、
今こうして、三島にいるのもスクールに行くお金を働いて出して頂いたり
父には目に見えない部分で支えていただいています。
ちょうどその方と父が同年代ということもあり、その姿がダブる事があったのかもしれません。
その方と共に同じ現場で働いている期間はもし自分が父親と同じ職場で働いていたら
どんな風なんだろうと想像することがありました。
また、そのことがきっかけで17年間家族の中で唯一葉書を出していなかった、父に葉書を書きました。また来年の賀詞交歓会にも是非という事で、そういったところへ
初めて両親揃って来てくれることになりました。
父が自らそういうような会に出席することは滅多にないので僕自身とても嬉しいです。
もうその方がどなたか薄々気づいている人もいると思いますが、
今回そういったきっかけを与えてくださった、古橋力さんありがとうございました。
賀詞交歓会でお会いするのを楽しみにしています。
そして、お父さん、賀詞交換会に来てくれてありがとう‼

【集客】

おはようございます!
小野@馬耳です。

マンデラ元大統領の追悼式で、スピーチする人の横で
手話通訳をする人の手話が、意味不明でデタラメだった
というニュースがありました。
映像で見ると、オバマ大統領の横で、堂々とデタラメ手話を
しているんですよね。
世界の要人が集まる中で、どうしてそんなことができるのか?
そこでデタラメだったから、まだいいのですが、
何かのメッセージでも伝えてしまったり、要人にもしもの事
でもあったら大問題ですよね。
まぁ、デタラメも大問題ですが。
笑ってはいけませんが、少し可笑しかったので…
最終日、よろしくお願いいたします。

【集客】
今、静岡経営塾の賀詞交歓会の集客をしています。
沼津経営塾でも周年事業などでも集客をしますが
私はこの集客が本当に苦手です。
断られるのが怖い、相手に迷惑ではないのか?
どう思われるのだろう?など、色々と考えてしまうのです。
出席するか欠席するかは、相手の方が決めてくれる訳ですから
こちらが何の心配もすることはないのですが…

それでも、今回は杉井さんのアドバイスをもとに
リストアップし、順番に連絡を取ってみました。
リストアップしたところは、いつもあまり声を
掛けない方も入っています。
正直ドキドキしましたが、リストアップしてしまうと
かなりハードルは下がっていました。
連絡をしてみると、自分の想像と違い、意外な反応が
多かったのです。
「小野さん、すごいことをされてるんですね。」とか
「ぜひ聞いてみたいです。」など。
もちろん、お断りの連絡もありましたが、
特に思たほどのショックはありませんでした。
杉井さんのアドバイスのおかげで、今回の賀詞交歓会には、
何十年もお取引させていただいているメーカーの方や、
取引先の方、また、お客様も参加して下さいます。
あっ、細谷さんもありがとうございます。

いつも以上に緊張する賀詞交歓会になりそうです。
それだけに、今まで以上しっかりとした発表に
したいと思っています。

一週間、ありがとうございました。

【応援したい人 そうでない人】

おはようございます!
小野@馬耳です。

六日目、よろしくお願いいたします。

【応援したい人 そうでない人】
先日、ある方から本当に久し振りにお連絡を頂きました。
事務所を移転したいので、電話のことを教えてほしい
という内容でした。
その方は、ある会で理事長までされた方で、その会では
色々とお世話になった方なのですが、
数年前、会社潰してしまったと聞いていましたので、
会社の移転?と思ったのですが、会社名で以前のお仕事に
まだ挑戦し続けているということがわかり、
少し嬉しくなりました。
そして、きっとご苦労をさせたのだろうし、電話の
移動のことはもちろん、何か少しでも役に立ちたいという
気持ちも湧いてきました。
そこで、沼津経営や、賀詞交歓会にお誘いしようと考えながら
移動前の事務所に向かいました。
事務所に入ってみると、薄暗く、PCが2台、机の上に置かれ
その画面には、何やら不思議ないくつものグラフが映っていました。
電話の移動の話はあっという間に終わってしまったので、
私は気になった、その画面のグラフについてお聞きしてみました。
すると、FXっていのでしょうか? 為替相場のグラフだそうで、
色々説明をしてくださいました。本業がなかなか厳しいので、
これで小遣い稼ぎをしていると話していました。
そして、これからも本業は続けるものの、もう一つ仕事を
しようと思っていると、話してくれました。
その仕事を、よくよくお聞きすると、どうやら
ネットワークビジネスのようでした。
FXもネットワークビジネスも悪いものではないのでしょうが、
その二つについて、夢中になって夢を話すその方に、
少し、引いてしまいました。賀詞交歓会の話をしてみましたが
あまり興味が無いようで、沼津経営塾は、まぁ無理だろうと
誘うこともしませんでした。
どんなに一生懸命やっていても、挑戦するものによって
応援したくなったり、そうではなくなったりするのですね。
これは、私の偏った考え方なのでしょうか?

【権限の委譲】

おはようございます!
小野@馬耳です。

五日目、よろしくお願いいたします。

【権限の委譲】
今月の沼津経営塾では、部下指導についての研修?をしました。
細谷さんに連絡をし、何か“面白いもの”はないかと尋ねた時、
「『ブカシドウ』だったらすぐ出来そうだけど…」と
話してくれたのですが、最初、「ブカシドウ」がよくわからず、
いったい何なんだ?とピンときませんでした。
話を聞いていく中で、ようやく「部下指導」だということが
わかり、是非やってみたいと思いました。(汗)

それにしても、細谷さんはたくさんの引き出しというか、
色々なことを学んでいますね。
そして、その事をよく覚えているなぁと、驚かされます。

さて、本題の「権限の委譲」ですが、私は全く出来ていないなぁ~と
感じました。正直、任せるより、自分でやってしまったほうが
安心ですし、楽なんです。そして、頼んで上手くいかなかった時、
自分が手掛けた以上に面倒くさいことになっていることが
あったり、時間がかかってしまい、お客様にご迷惑をお掛け
してしまうのでは?と思うと、やっぱり自分でやったほうが早いし、
効率的だとも感じてしまうのです。

それでは社員さんたちは、自分で解決しようとは思わず、
指示待ちの状態になり、問題解決の力や意思決定の力も
つきませんから、社員さんの成長も、会社の成長もありませんね。
また、私自身が本当にやらなければならないことが進まず、
何一つ良いことがないのかもしれません。

結局、私が目先しか、見ていないのだと思いました。
権限の委譲は、最終的にどうなりたいのか?どいしたいのか?などの
目的が明確で、向かう方向が明確なことが大切なんだと思います。
部下を信じ、「任せる」ことが大切なんでしょうね。

皆さん、「権限の委譲」は、どうされていますか?
逆に、部下の方は「権限の委譲」をどう理解されていますか?

【嬉しい連絡】

おはようございます!
小野@馬耳です。

四日目、よろしくお願いいたします。

【嬉しい連絡】
私は時々、元社員さんだった斎藤さんに連絡を取っています。
斎藤さんが体調を崩して会社を休むようになってから、
ずいぶん時間も経ち、なかなか良くならず、辛い思いを
しているのを知っていますので、ちょっとでも気分の転換に
なってもらえたり、最近の様子がどんなものかも聞けたらと思い、
連絡をするのですが、前回くらいからとても元気そうで、
声の様子もずいぶん変わってきました。
斎藤さんの元気な声を聞くのは本当に嬉しいです。

斎藤さんは、うちの会社に戻ってきたいと思ってくれていますが、
私もぜひ戻ってきてほしいです。
急ぐこともありませんし、無理もしてほしくありませんので、
慌てることはありませんが、いつ斎藤さんが戻ってきても
大丈夫な会社、仕事を作っておかなくてはと思っています。

来年の重点商品にしようと思っているものは、
販売先はほとんど決まってしまいますが、
その分的が絞れ、ある程度利益がいただける商品です。
また、ソフトウェアが中心の商品なので、肉体的には
そんなに負担がなく、斎藤さんの力が活かせる場面が
たくさんありそうです。

さてこうなると、ずっと“チーズステーションC”にいる訳には
いきませんね。
斎藤さんの元気な声を聞いて、ちょっと新しいスイッチが
入った感じがしています。

来年の重点課題を「営業」と決め、今回の経営塾で話したところ、
いつでも「営業」は、あたりまえだろうと、杉井さんをはじめ、
みんなに笑われてしまいました。確かにそうだなと思いつつ、
チーズステーションCからの脱出のために、来年は
「営業」に全力で挑戦していこうと思っています。

【出会いⅡ】

おはようございます!
小野@馬耳です。

昨日ご紹介した静岡経営塾の賀詞交歓会ですが、
2014年1月4日(土) 13時30分より グランシップ静岡で行われます。
私にご連絡いただければ、詳しくご説明いたします。
お待ちしております!


三日目、宜しくお願い致します。

【出会いⅡ】
私だって、時には一人でゆっくり呑んでみたいと
思う時があるんです。
先日のそんな気持ちが湧いてきて、本当に久し振りに
ひとりで三島の夜の街に呑みに出ました。

出会いって不思議ですよね。それは突然に訪れます。
和風居酒屋のカウンターでの一人で呑んでいると
スーツ姿の青年が「ひとりですけど、いいですか?」といって
店に入ってきました。そして私の席から数席離れた席に座り、
一人で呑み始めました。
私はその青年にどうせ呑むなら一緒に呑まないか?と声をかけ
隣の席に来るように誘いました。
その青年は快く、隣の席に移ってきてくれました。
東京の法律事務所に勤め、明日顧問先に伺う為に
三島に来たと話していました。二人の話が盛り上がる中、
反対側に座っていた二人組の方たちの話の中から
“車のレース”というキーワードが聞こえてきました。
「えっ?車のレースにご関係のある方ですか?」と
私は思わず声をかけました。(お酒の力は恐ろしい!)
話を聞くと、富士スピードウェイのレースイベントの映像を
テレビ局に売っている会社の取締役とチーフプロデューサーの
方でした。
その後、四人で話が盛り上がり、「こうなったらもう一軒だけだよ!」と
みんなでカラオケスナックに行く事になりました。
楽しい時間はあっという間に過ぎ、名残は惜しいですが
数時間後に、お開きになりました。
私はあまりに楽しく、素敵な時間を過ごす事が出来たので
頂いた名刺の住所にハガキを送らせて頂き、輿水酒店から
私が名付けたお酒、“和韻”を送らせて頂きました。
すると、ハガキではなくメールで「本当に楽しい時間をありがとう
ございました。職場の仲間にその出来事を話したところ、とても
羨ましがられました。来年のゴールデンウィークにレースがありますので
それに招待をさせて頂きたく・・・」という内容のメールを頂きました。
これまた嬉しかったですねぇ~
来年のゴールデンウィーク、お二人にお会いできるのが
楽しみです!

ユキト君といい、このお二人といい、本当に素敵なご縁を頂きました。
(あっ、最初にお会いした青年ですが、名刺を持っておらず
連絡が途絶えました。縁って、そんなものなんですね。涙)

【出会い】

おはようございます!
小野@馬耳です。

二日目、宜しくお願い致します。

【出会い】
先月、三島大社前で手品をやらせて頂きました。
そこでの手品は、天気も良く、お客様?もノリがよく
楽しくやる事が出来ました。
手品終了後、ある子供さんとそのお母さんが二人で
私のところに来てくれました。
写真を撮って頂いたり、手品についていろいろ話をさせて
頂いたのですが、その会話の中で、10歳位の子供さん(ユキト君)が
手品をするという事を知りました。
そして話が進むにつれ、もっと色々とお話しをしたいという事で
ご自宅へのお誘いを受けました。
私がどんな人間で、どんな生活をしてるのか、わからないのに
自宅に招くとは・・・
(でもだいたい、そういうのって、ほとんどがリップサービスが
多いですよね。)
それか、逆に何かを売りつけられるのでは?(笑)と心配もしましたが
まぁ、私も50歳を過ぎ、何があってもそんなに驚く事は
無くなったので、そのお誘いを喜んでお受けいたしました。

そして先日、ご自宅にお邪魔してきました。
ご主人もとても楽しい方で、ユキト君の手品を見せて
頂いたり、(私よりうまいです。涙)手品の話や、
私、ご主人の仕事の話、おのちゃんマンの話、経営塾の話などを
させて頂き、とても楽しい有意義な時を過ごす事が出来ました。
そこで、私の会社がどんな会社で、どんな思いでおのちゃんマンを
しているのか?をちょっとでも知って頂きたくて、
静岡経営塾の賀詞交換会にお誘いしました。
現在、お返事待ちの状態ですが、懇親会の時、そのユキト君と
おのちゃんマンの手品が出来たら嬉しいなぁと思っています。
このブログをご覧の方でお時間の許す方、是非、賀詞交歓会に
ご参加下さい。
そして、ユキト君と私の手品も見て頂けたらと思います。
実現できるかな?

【チーズは・・・ の本はどこへ消えた?】

おはようございます!
小野@馬耳です。

一週間、宜しくお願い致します。

【チーズは・・・ の本はどこへ消えた?】
静岡経営塾の今月の課題図書?は、以前も課題図書とされた
「チーズはどこに消えた?」でした。
何年前か忘れましたが、私もその本を読んでいる訳ですが
どこを探しても、本が見つかりません。
しかも、内容もすっかり忘れてしまいました。
杉井さんが、「昔、自宅に泥棒に入られた事を覚えていない。」と
いう事に、“そんなバカな?”と言った私ですが、
全く記憶がありません。
近所の古本屋(ブックオフ)で、105円で購入し、
再度読んでみて、ビックリしました。
私は未だに、チーズステーションCに居続けている
小人のヘムでした。(汗)
簡単に内容をお話しすると、二匹のネズミと二人の小人が
チーズ(仕事、家族・恋人、お金、大きな家、自由、健康等)
を求めて、迷路を探し回り、チーズがたくさんある
チーズステーションCに辿り着くのですが、
その後、常に変化を感じ取り、チーズがなくなると
すぐに行動を起こし、次のステーションを探し回るネズミと
ステーションのチーズに安心しきってホッとし、
変化にも対応せずに、座りこんでいる小人達。
その小人も、一人はその場にいてはまずい事に
気付き始め行動をするのですが、ヘムは、またいつか
そのステーションにチーズが運ばれるのではないかと
待ち続ける・・・というような話です。誰か補足お願いします。(汗)
私の場合、ステーションCはうちの会社や現状であり、
チーズは仕事やお金です。昨日、新しい商品サービスの勉強会に
行ってきました。ようやくステーションCから離れ、再度迷路に
出た訳です。迷路には、不安や恐怖もありますが、
チーズが無いままでいるより、迷路に出て探した方が安全ですね。

以前と変わって

12月6日(金)

最終日よろしくお願いします。
古橋幹大です。


(以前と変わって)

ブログをやって2回目になりました、前回は、10月の初めの方でやらせてもらいました。
その時は、前日に言われて「やってみよう」という事でやりました。一日一個のペースでやって一週間やりました。しかし、今回のブログは一日に二つ作ったり仕事中にブログのネタを考えてやりやすくしたりと時間の効率を考えてやりました。
以前は、その日のブログをその日に書くという感じでしたが、今回のブログは自分の番が分かっていたのでやれる事をやってやろうと思い二日前に一個作ったりしました。
自分のやれる事をやって臨む事が出来たので、ゆとりを持って一週間やる事が出来ました。
その他にも、以前のブログで書いた事が今では普通にやっていたりと前回とはまた違っていました。ブログを書いてからは、皆さんの書いているブログを見て参考にさせてもらいました。
ブログをはじめは書くのが嫌だったのが書くようになり、今回は一日二個作ったりとだいぶ変わってきていました。
慣れてきたという事もあると思いますが、チャレンジャーになってきていると思います。
今回のブログを通して、自分が意識していることだったり、変わっている事を書いてきました。自分の事を客観的に見て何が違うのかを良く考えるようになりました。
今回は、計画的に進められたので計画の重要さを学びました。
見てくれる方がどう思うかを考えてやっていると文も変わってきました。
そして、やっていれば出来るようになるんだなと思いました。
これからも、挑戦していって自分の出来る事、経験を増やしていきたいです。

一週間ありがとうございました。

理念を考える

12月5日(木)

よろしくお願いします。
古橋幹大です。


(理念を考える)

先日、海野さんと現場から帰ってくる時に「幹大の理念を見つけてみるといいよ」と言っていました。
自分の理念というものを考えてみたのですが、大切にしたい事が本当に何か分かりませんでした。
僕は、この7カ月を海野さんのもとですごして、今もいます。CL、仕事、経営塾、朝の掃除、葉書、を経験させてもらい成長させてもらったと思います。
理念があると自分の行く道が分かるよう気がします。これからどうしていきたいのか、自分の人生をどうしていきたいかを考えるようになり、海野さんに「理念を見つけてみるといいよ」と言われて、自分の理念を見つけたいと思うようになりました。
海野さんや杉井さんは、理念を持っていて自分のなすべき事があるように思います。
理念がなくても良いかもしれませんが、海野さんを見ているとこれからどうしていきたいのかが分かっている気がします。自分もそうなりたいと今思っています。
自分がこれからどうなっていきたいのか、どういう人になりたいのかを考えて、行きたいと思っています。
そのためにも、いい習慣や、仲間を創っていきたいです。
理念というものは、簡単には見つからないかもしれませんが考えていきたいと思っています。
皆さんの意見を聞いて参考にさせてもらいたいです。

お金の使い道

12月4日(水)

コメントありがとうございます。基本を大切に目的をもってやっていきたいです。
よろしくお願いします。
古橋幹大です。


(お金の使い道)

 前まで、使う時にお金を頂いていたのですが、先月からお小遣い制になりました。
 使う時に貰うよりも、一か月いくらにして、計画性を持つ事で自己管理を目標にしています。
 今までは、好きな漫画を買ったり本を買ったりしていました。自分の好きな物に使っていました。それがいいか分からないですが好きな物に使うよりも、自分の為になるものに使おうと、最近は思っています。
 例えるなら、服です。前までは、自分の好みの服を買っていました。好きな色の服を買っていました。しかし、杉井さんから「相手からどう見えるか、社会人としてどういう服装をするか」を言っていただきました。自分の好みで選ぶよりも相手からどう見えるかを考えて買った方が社会人としての選択だと思いました。
 服は、襟付きのシャツを買い、ズボンは無地のシュッとしたのを選びました。色も考え、自分が来てみてどう見えるかを考えました。幸いお手本になる服装をしている方が周りにいるのでお手本にさせてもらいました。
 服装というものにあまりこだわっていなかったので、初めて考えてかったように思いました。そうすると、自分がどう見えるかを考えたりして相手の事を考えるようになりました。
 お金の使い道は、人それぞれだと思いますし、何を買ってもいいとおもいます。ただ、自分がこれから買うものは自分への投資だったり、役に立ちそうなものに使っていこうと思います。
 
 お金がない時こそ何に使うべきか考えて使っていきたいです。

実際にやってみて

12月3日(火)

オリオン座がきれいですね。
4日目よろしくお願いします。
古橋幹大です。


(実際にやってみて)

 塗装の仕事で水洗いという作業があります。目的は、外壁に着いた汚れを洗う、養生をするところを洗い付くようにする、です。
 この作業は、壁を洗うのですが壁を洗う人と、ホースを持ってサポートをする人に分かれてやります。
 普段は、蕪木さんや応援の職人さんが壁を洗い僕がサポートをするという形でやっています。その時に、何を意識しているのかを考えたり、自分だったらどうやってやるのかを考えたりして見ています。そうしておくと、見ているだけにならず勉強になります。
 先日、水洗いを僕がやることになりました。やった場所が外壁ではなく鉄骨だったのですが、やってみて思う事がありました。
・サポートをする人の重要さ
・実際にやってみて気が付いた事
です。
 サポートをする人の重要さというのは、手もとをやってくれているとホースが動きやすくとてもやりやすかったという事です。それなので、サポートをやる時には洗う人の事を考えてやろうと思いました。
 実際にやってみて気が付いた事は、サポートの重要さと少しかぶるのですが、サポートをしている時と比べて、やりがいがあったり、意識してやる事がむずかしいと思いました。
 水洗いは、均等に圧をかけなければなりません。そのためには、距離を一定に保ち角度を同じにしてやります。このことを、やってみてやり続けることが難しいと思いました。普段気づかなかった事が、実際にやってみて分かりました。実際にやってみることで分からなかった事が分かったり、気づかなかった事が分かったりとやってみることが大切だと思いました。これからも、挑戦していきたいです。

嫌な時こそ

12月2日(月)
よろしくお願いします。
古橋幹大です。


(嫌な時こそ)

僕は、あまり動くことが好きではありません。座って何かしているほうがどちらかというと、好きです。海野さんのもとで働かせていただいた事で、そこが鍛えられたと思います。ありがとうございます。
僕は、気分を優先している時になると動くことが面倒くさくなりいやになってしまう時が何度かありました。そういう時は、CLの目的本位を思い出すようにしています。
そうすると、いやな時でも「目的のためだから」と思いやろうと思えます。(書いていてみじめになってきます)
最近でこそ、目的本位の行動を意識するようになりましたが、意識をしていなかったときはきつかったです。
目的を思い出すと、いろいろと見える世界が変わってきます。例えば、ずっと同じ作業をしていて飽きてきたり、めんどくさいなと思ったときは、その作業の目的の内容を考えて再度やるようにしています。目的を考えたり、期限を決めたりして単調にならないようにしています。そうしてみると、その作業内容が別の作業のように思えてきます。
僕は、CLと出会って半年になりますが使っているとやりやすいなと思うようになってきました。CLは実践していくものなのでこれから実践していきたいです。
話が変わってしまいましたがまとめてみると、いやだなと思ったり単調になったときは、目的を考えたり期限を決めるなどをして工夫をしています。
そのおかげか分かりませんが、仕事へのかかわりかたが変わったように思います。
これからも、工夫をしていきたいと思います。

何か工夫していることがあったら教えてください。
次のページ

FC2Ad