沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

「視覚化」

「視覚化」
2012年10月31日(水)
おはようございます。細谷です。5日目よろしくお願いします。

最近読んだ本の中で、人の脳はありありと想像したことと、現実に経験したことの区別ができないと書いてありました。NASAの元研究者のフィールド博士がロシア人の競技者が参加したある興味深い研究について語っているので紹介します。

まず競技者が4つのグループに分けられました。第1グループはトレーニングの時間の100%を実際のトレーニングに費やした。第2グループは75%を実際のトレーニングに、25%をイメージトレーニングに充てた。第3グループは50%ずつ。第4グループはイメージが75%、実際のトレーニングが25%だった。

1980年冬季オリンピックで彼らは競技に参加した。その結果もっとも成績が伸びたのは第4グループで、次いで第3、第2、第1の順番だった。つまり自分が望むパフォーマンスをはっきりとイメージしたことで身体までそれに反応したということです。

視覚化というか見える化は弊社の戦略の一つでもありますが、具体的にイメージできるものは、思いのほか行動の源泉になっています。生産看板や工程表を張り出すことで、段取りや加工時間が見えやすくなり効率がよくなりました。理念を明文化したり、ビジョンや経営計画を立てたりすることは視覚化しているのと同じです。イメージできると身体も反応するし、周りの環境も変わってきます。

8周年の展示会は、みんなにどれだけ展示会の成功したイメージを視覚化できるかに心を配ったつもりです。リハーサルにしてもチラシにしてもイメージが湧いてくるといいなと思っていました。

そして今回プレゼンで自社のPRを視覚化できたことは、出展社全員の成功への第一歩だと感じました。
10年後20年後のなりたい自分、成長した会社を視覚化して、毎日自分に暗示でもかけようかなと思っているところです。

皆さんはプレゼンで視覚化した自分の資料で一番気に入っているのは何ですか?ちなみに自分はあらためて理念とスピード・テクニック・カインドからの技術創造サービス業がしっくりきました。一番最初にじっくり考えて出した答えは、時間がたつほど強力になっていく感じがしました。
スポンサーサイト

「引き継ぐ」

「引き継ぐ」
2012年10月30日(火)
おはようございます。細谷です。4日目よろしくお願いします。

今月の13日、14日の土、日曜日に地域の神社で梅名秋祭りが開催されました。宮守の関係で神事に参加しました。前宮守のKさんからの引継ぎですが、仕事の関係もありKさんには今も手伝ってもらっています。前宮守のKさんが今回20年も宮守として頑張ってこられたということで三嶋大社から感謝状が渡されました。お世話になっている人が良い評価をもらうと何となく嬉しくなりますね。

毎朝の神社掃除や神事の関係で何度も三嶋大社に行き、総代さんや地域の当番町の方々を助け、がんばってこられてもう80歳を超えていますが元気です。宮守の仕事が生きがいになっていた部分もあると思うので適度に頼っていきたいと思っています。

さて今回、三嶋大社の神官から神事の作法などをいくつか教わりました。食べ物の配置やいすの向きなど細かいことも含め、礼儀作法を教えて頂きました。境内の奥の方から棟札が出てきてかなり昔の貴重な資料も見せて頂きました。(結構歴史のある神社で自分が宮守でいいのかちょっと不安になりましたが・・・)

そんな大昔からの礼儀作法を守り、地域の方々のために神社を守ってきた人たちがいます。どんなに時代が経って環境が変わっても神社は変わらずにあり、人だけが歳を取り変わっていきます。なのでどうしても引き継いでいかなければそこで絶えてしまします。

今の会社も引き継いだ経緯があります。行動の引継ぎは比較的しやすいのですが、精神的な引継ぎは難しいです。どうしても自分の価値観が入ってしまうことと、先代からの思いも継承しなければなりません。(そんなときのためにも理念は必要ですね)

自分が引き継いだ後、また、誰かに引き継いでもらわなければなりません。人はコントロールできないから自分の代だけで終わってもいいかもしれませんが、自分の分身というか弟子というかそういう人を育て上げない限り本当の1人前には成れないような気がしています。

宮本武蔵が五輪書という書物を残してこの世を去りましたが、実際に宮本武蔵の剣技や心構えなどきちんと継承した人はいません。どんなにすごい人物でも引き継ぐ能力がなければ、せっかくの技や教えは埋もれてしまいます。

資格を取ることがすべてではありませんが、昔の徒弟制度のようなシステムを改良して引継ぎをスムーズにできるようにしていきたいと思いました。

本当に引き継がなければならないことは何なのか、自分が次の世代に引き継いでほしいことは何なのか整理していきたいと思います

「集客の違い」

「集客の違い」
2012年10月29日(月)
おはようございます。細谷です。3日目よろしくお願いします。

昨日、妻と母が用事のため、子ども2人と午後からパルシステムの試食会に富士に行ってきました。展示会のような感じですが、出展している30社弱の会社が試食を出すので、一般客も含め長蛇の列ができていました。

食材の通信販売ですが、味見してもらい注文してもらおうと、パン、豆腐、牛乳、お菓子、肉などなど全部食べるとお昼ご飯になるぐらいの量でした。

食べ物の展示会は人が集まりやすいです。ただ、目的をしっかり持たないとその時食べただけで終わってしまいます。多分本来の目的は生産者・販売者とのコミュニケーションを通しての認知度アップや家族連れが多かったので、安心や安全といったイメージがつくようにすることだと感じました。

話は変わって、先日テレビで100縁商店街の話がありました。大手スーパーなどの影響で錆びれていく商店街を何とか復活させようと短期間(2日間ぐらい?)で全店での100円均一イベントです。全部が100円というわけではなく、在庫品として数年眠っている商品だったり、お客さんとじゃんけんをしてお客さんが勝ったらその商品が100円になるなどちょっとしたイベントです。

100「円」ではなく100「縁」というゴロ合わせもいいなと思いました。そのイベントを企画した人は商店街の意味を深く観察していました。全国の商店街を渡り歩き、集客の違いを観察していました。ただものを買いに来るのでなく、店主もお客さんも笑顔でコミュニケーションをとっていて会話を楽しんでいる商店街は活気があふれているのです。

企画が成功し全国各地で同じような集客をする商店街が増え、今度は全国大会を開くところまで来ているそうです。

8周年の展示会も集客においては課題もありましたが、応援する人、応援される人が集まった優しい方々が集まった会だったなと感じます。集客の違いはあるにせよ、「安心・安全」、「縁」をつなぐといった目的の展示会は定期的にマンネリ化しないように続けていき、規模を拡大していけると大きなビジネスに発展するような気がしました。

ちなみに100縁均一の商店街で来たお客さんが、リピーターになって後日買いに来てくれたり、用事もないのに商店街を訪れて会話を楽しんだり、ストリートライブなどをしたりしてイベント後の商店街は活気が戻りつつあるようでした。機会があったら行ってみたいなと思います

「活きたフグ」

「活きたフグ」
2012年10月28日(日)
おはようございます。細谷です。2日目よろしくお願いします。

三重の森さんから職場の教養が毎月送られてきます。いつもありがとうございます。10月から週1回ですが1ページを読んで、みんなで感想を言うようにしました。みんなの発表や感想を聞いて、自分がコメントをすることで、思ってもみなかったことが分かったり、自分の発表の練習にもなるからです。

以前は毎日やっていましたが、マンネリ化していたのと何年たってもあまりコメントが変わらず、雰囲気が悪くなっていたこともありやめていました。今回展示会の発表や社員さんの婚活パーティのためというお題目の元復活させることにしました。

10月15日の話で「活きたフグ」というのを読んだのですが、みんなが思いのほかプレッシャーに弱いということが分かりました。以前よりも仲は良くなったのですが、数字に対してのプレッシャーや期限に対するプレッシャーが希薄になってきたことに少し危機感を覚えました。

本の内容ですが、下関のフグを生きたまま東京に輸送するために、水槽の中にフグの天敵のカワハギを入れて危機感を持ち続けさせるそうです。そうするとフグの死亡率が大幅に下がるというのです。

フグに限らず他の生物にもいえることです。トマトなどは極限まで水分を抑えると根ではなく身の表面から空気中の水分を吸収しようとする小さい毛が生えてきて、実がとても甘くなるというのを聞いたことがあります。

人間も緊張しすぎると本来の力が出なかったり、プレッシャーで精神的につぶれたりすることもありますが、プレッシャーのない空気は緊張感に欠けた場になりがちだということです。

プレッシャーというとみんな敬遠しがちな言葉ですが、言い換えると集中力ではないかと自分は思います。社長として適度なプレッシャーを社員さんに与えて、怪我のないように、また、現状を少しでも良くするようにしていきたいと思いました。

展示会もプレッシャーはありましたが、そのおかげで成長できたと思います。毎日の課題でプレッシャーを感じながらも自分の課題に取り組んでいる皆さんはすごいなと思いました。

今日の心がけ「プレッシャーを維持しよう」

「展示会の意味」

「展示会の意味」
2012年10月27日(土)
おはようございます。細谷です。1週間よろしくお願いします。

8周年の展示会も終わり、ホッとしていたところですが反省も踏まえてちょっと感想を書いていきたいと思います。

最初なぜ展示会を提案したかというと、経営塾で教えてもらった「認知度×付加価値」の認知度をどうあげるかを考えたからです。また、今までお世話になった経営塾の仲間を自分の知り合いなどに紹介したいという思いもありました。そして最大のポイントは今までの視点を変えて挑戦することでした。

以前、展示会に出展した時に、出す側と見る側がこんなにも違うのかと感じました。受け身よりも出展する側の視点を通して気づくことがたくさんありました。そこで作ったものが営業ツールとして格段に進歩したものになったり、社員さんとのコミュニケーションになったり、一緒に出展した方と仲間にもなりました。

今回それぞれ職種も違い、経験者も少なく、ほんとにできるのか心配にもなりましたが、みなさんの協力のおかげとても良い会になったと思います。

自分のイメージですが、個々の存在自体は「点」と「点」にしかなりません。経営塾という会を通して「線」になり、「線」と「線」とのつながりの中で展示会という「面」になったという感じです。何が言いたいかというと面になったときに小さな力でも集客や売上といった力が増幅されるということです。同じ目的を持った仲間が「点」ではなく「面」という視点を持った時に見える世界が変わると自分は思っていました。

展示会を開くことによって今までの固定観念はすこしだけなくなったような気がします。この経験は参加した人はもちろんのこと参加された方にも刺激を与えたと思います。次のステップは各自がそれぞれ行動しているかと思いますが、自分のこれからの予定としては他の展示会を見に行って、次回のネタを仕込もうと思っています。

11月は工作機械見本市(JIMTOF)がビックサイトで開催されます。また、以前展示会で一緒になった仲間の企業が長野の諏訪湖で展示会をするということで新しい協力会社探しも含め行ってきたいと思っています。それと最後に11月末に東京ビジネスサミットという中小企業が集まる展示会が東京であります。違う視点での自社の見直しをしていきたいと思っています。ちなみに東京ビジネスサミットの夜の講演会でワタミの会長の話を聞いてこようと思っています。

皆さんは展示会後何か変わったことはありますか?

「違う角度から」


平成24年10月26日(金)輿水酒店 輿水誠司

連日、商品説明のブログのようで、営業みたいになってしまいましたね。
最終日、宜しくお願いします。

私にとってブログ当番は大変ですし、楽しむという状況には到底達しえませんが、
考えを整理したり、考え直したりする良い機会になっています。

先月、勝間和代さんの「まじめの罠」を読みました。
自分の事を「まじめ」と言うつもりはありませんが(笑)、
帯には「この本はまじめな人に捧げる本です。」と書いてあります。
読みながら、幾つか私にも当てはまるところがあり、ドキリとしました。
その気になった部分を抽出します。

「まじめの罠」が当事者へもたらす害毒
①どんなにまじめに努力しても、努力が成果に結びつかない。
(被害者意識の肥大化)
②被害者意識を持つため、周りに攻撃的になる。
(自分を正当化する習慣)
③自己欺瞞に陥り、自己を満たすために他者を差別するようになる。

私も自分の行動に酔ったり、又、思い通りにいかないことを、人のせいにしていることが幾つも思い浮かびました。
「まじめ」によるメリットは数限りなくあり、それを否定していることではないと思います。
間違ったやり方に、「まじめ」に取り組むことに、気をつけろ!と言われているのだと思いました。

自分の方向があっているのか、間違っているのか、分からないことがあります。
そのような時、善意の他者からのアドバイスは貴重ですし、ありがたいです。

ですから、経営塾のブログ当番で自分の考えを発信し、
それに対する賛成反対や、違う角度から意見を言ってもらえるのは、
自分の考えを検証したり、整理したりするとても良い機会になると思いました。
ブログ当番は大変な時もありますが、この機会を通して、自分の体力強化、体質強化につなげていきたいです。

1週間ありがとうございました。
明日から細谷さんが担当してくれます!
細谷さんのブログ、楽しみです!

新杜氏の応援!!


平成24年10月25日 輿水酒店 輿水誠司

島田市の酒蔵、銘酒「女泣かせ」で名を馳せた大村屋酒造場さんという蔵元があります。
輿水酒店では長年に渡り、とても良いお付き合いをさせてもらっています。
輿水酒店で毎年人気のあります企画、二月の「立春朝搾り」。
立春の朝搾り上がったお酒を有志の酒屋が蔵元大村屋酒造場に集合して箱詰めを手伝い、すぐさま神社にて奉納とお祓いをする縁起酒です。
それを、輿水酒店トラックにて三島まで運んで販売します。
立春の朝、蔵元で搾り上がったお酒をその日に買えるという、超フレッシュな味わいを楽しめ、しかも縁起が良いお酒です。
また、小野塾長が命名してくれまして、鳥居さんが主題歌を作ってくれました名酒「和韻」(わいん)も、この大村屋酒造場さんに依頼して作って貰いました。
その大村屋酒造場さんで、昨年、長らく務めてくれました菅原杜氏が引退しまして、若手の30代の新杜氏が誕生しました。

蔵のお酒の造りを任される新杜氏とは、何度もお会いしお話もさせてもらったのですが、アイデアが豊富で、個性ある美味しい日本酒の作り手です。
お酒のラベルも今までにない斬新なラベルで人気を得ているものもあります。
誠実で努力家でもあり、こういう方とお互い協力しあって、お酒を売るのは私にとって楽しみでもあります。
輿水酒店でも今後大いに新杜氏を応援していきます。
その挨拶代わりに、新杜氏就任記念限定酒として
「若竹 純米吟醸 生原酒 特別囲い」
を11月1日より販売することになりました。
味はあの銘酒「女泣かせ」に近い、新杜氏、渾身の逸品!です。
新杜氏のこれから成長していく課程のスタートに立ち会っている想いで、私自身、とてもワクワクするお酒です。
将来に渡ってワクワク出来るかもしれないという期待感、このワクワク感を、お客様にも上手く伝えていきたいなぁと思っています。

来週はホコ天出店!


平成24年10月24日 輿水酒店 輿水誠司

ひやおろし試飲会を無事終えまして、
今週末はワンコイン試飲会とペンダフル(葉書の会)、
そして、来週11月3日(土)は三島大通り宿場祭りで歩行者天国がりまして、輿水酒店も出店をします。(11時~16時)
そこではワインと日本酒の試飲即売会を予定しています。
歩行者天国はやはり集客力があり、近隣以外からも沢山の方々が来られます。
輿水酒店でもこのホコ天をきっかけに新しいお客さんになってくれた方々が何人かいます。
そして、丁度ボージョレー・ヌーヴォー前ですので、宣伝チラシも配りたいと思います。

ホコ天への出店もある意味、出稽古のような感覚があります。
多くの観衆のもとに出て輿水酒店をPRしていくこと
時間とお金を使って出店していますので、目標売上もあります。
そして、一番力がつくのではと思うのは、
売る人の売り方によって、売上が増減することです。
私も勿論まだまだ未熟なのですが、お客さんへ相対して、(どうやったら買ってもらえるのだろうか)又その前に(どうやったら興味を持ってブースにきてくれるだろうか)ということを考えます。
お客さんが千差万別のように、私がワンパターンだったら上手くいくわけありません。
先日の経営塾100回記念の展示会でも皆さん思い思いに工夫されていましたね、私も大いに参考にさせて頂きました。
上手くいかなくてヘコむこともあるのですが、こういう現場体験を活かして、次はもっと進化した姿になっていきたいと思います。
11月3日(土)は三島大通り宿場祭り歩行者天国
11時~16時
うなぎの「桜家」さんより、東に20mぐらいの処で出店しています。
お時間ありましたら是非、寄ってくださいネ!!

今週はペンダフル!

平成24年10月23日(火)輿水酒店 輿水誠司

ひやおろし試飲会を無事終えまして、
今週末はワンコイン試飲会とペンダフル(葉書の会)があります。
ワンコイン試飲会は先日もお話ししましたが、
10月27日(土)16時~18時
「ワンコイン試飲会 チリワイン編!」
(アンケート付き)で行われます。
その後に
10月27日(土)19時~20時30分
「ペンダフル (葉書の会)」
20時30分より、流れで
「オクトバー・フェスト!」(オフ懇親会)
(葉書を書く者だけが参加できるシークレット夜話会)

ペンダフル(葉書の会)は、私がルーズなために不定期の開催になっていますが、
私にとって、とても重要、且つ、ありがたい、心の支えになっている会です。
葉書を書きながら近況報告や、
茶菓子を食しながら会話をしたりという、
シンプルですがアットホームな会になっています。
常連のメンバーに、鳥居さん、掛井さん、イーリードさんの渡邉さん、同じくイーリードさんの石川チャンがいます。
ルーズな私に対しても皆、優しくてくれまして、とても励まされています。
先日、小野さんが葉書連続100日を通過しましたね。
私も後を追っかけていたのですが、つい何度も止まってしまいました。
葉書を出す予定の人にも、書き忘れたり書き送れたりして、
義理を欠いてしまっていることがあります。

私は七転び八倒れ、そしてやっとこさ四~五起きぐらいかもしれませんが、
それでも起き上れるのはペンダフル(葉書の会)に付き合ってくれた人達のお陰です。
苦しい時ほど、助けてもらった想いで、感謝しております。
コツコツとまた、書き始めます。

「ひやおろし試飲会」を終えて

10月22日(月)輿水酒店 輿水誠司

沼津経営塾100回記念でも話しました「ひやおろし試飲会」を輿水サロンでこの土日夕方に行いました。
スタンディング形式で5種類の試飲、最後に感想や好きなお酒の順位などを記入してもらうアンケート用紙を設けました。
最初は(誰も来ないのでは)、という不安がありましたが、
友人や近隣のお客さんを中心にぼちぼち来てくれまして、
混雑時には逆に大変狭い思いをさせてしまいました。
各2時間、約40人くらいの方が来てくれました。
一人あたりの平均滞在時間が30~40分くらいだと思います。
お客さんともお話しすることが出来ましたし、
また、お客さん同士で会話が弾んでいる様子あり、
和やかな雰囲気での開催が出来て、ホッとしました。
試飲会は無料でしたが、試飲後にお酒を買っていってくださるお客さんも多かったです。
「ひやおろし」とそれ以外にも「ついで買い」で約50本ほど、お買い上げいただきました。
また、アンケートにも多くの方が快く協力してくれました。
好きなタイプのお酒も参考になりますし、
ご意見、ご感想とても嬉しかったです。
また、試飲会時はもちろん、準備から後片付けまで、
手前味噌ですが、スタッフの尽力が素晴らしかったです。
お客様にも誉めて頂きましたし、私自身も本当に頭が下がります。
ここのところ、イベントも続き、早出、残業、休日出勤と負担もかけてしまいました。
しかし、その分の成果が、今回の「ひやおろし試飲会」にしろ、ワイン会や100回記念にしましても良い結果が見える形で出て、本当に嬉しい限りです。
ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。
これをまたステップにして、もっと良い店になるよう目指していきます。

マイルドだろぉう!


平成24年10月21日(日)輿水酒店 輿水誠司

昨日話しましたギャラリーでの出張ワイン会や、以前行っていましたワインダフルとは別に、(もう少し気軽に参加しやすい企画)を来週行うことになりました。
新しい企画なのですが、
「ワンコイン試飲会 チリワイン編」です。
10月27日(土)16~18時 輿水酒店内 輿水サロン
ワンコイン(500円)チリワイン5種類試飲
 フリースタンディング形式 アンケート付き

この試みの目的としては
1.「ワインの輿水酒店!」のPR
2.通常のワイン会よりソフトで参加し易く
3.輿水酒店に寄ってもらうキッカケ
4.お客さんと話す機会になり親しくなりたい
5.ボージョレーヌーヴォーにつなげたい
などが挙げられます。

ただ、新しい試みであり、上手くいくか分かりません。
お客さんの反応、輿水酒店のイメージ、輿水酒店スタッフの仕事量などを考慮して、今後も継続していくか、または方向性を変更するか、判断していく予定でいます。
今後も、成功する企画、失敗する企画が出てくると思います。
その成功体験、失敗体験から学び、紆余曲折を経ながらでも
次のステップアップにつなげていきたいです。

出稽古


平成24年10月20日(土)輿水酒店 輿水誠司

今日からブログ当番を一週間受け持ちます。
宜しくお願いします。

7月にギャラリーでのワイン会の依頼を戴き催しをさせて頂きました。
輿水サロン以外で行うのは、初めての試みでもあり、その時の準備に時間がかかることも予想できましたし、人前で話すのは苦手でもあり、不安が大きかったです。
しかし、その時の経験として貴重な積み上げが出来たと思います。

ギャラリーワイン会1か月前でのミーティングで、私の出番は①ウエルカムドリンクの提供、②メニューのワインの簡単な紹介、③ワインの話、が主な内容ということが分かりました。
その中で③の「ワインの話」の準備に時間をかけました。
「ワインの話」の持ち時間は20分~30分とのこと。
進め方としては
1.まずワインの知識の中で、お客さんの興味をひく話は何だろうか?と5つピックアップ。
2.そして、自分がお客さんに伝えたいことと組み合さられるか?
3.興味をひくために、初っ端、「話のつかみ」が欲しい。
4.飽きないようにユーモアも入れたい。
5.主催者、出席者と親しくなりたい。
などを考えながら原稿を作ってみました。
本番の実践練習用として、2週間前にプレワイン会を輿水サロンで開きました。
プレには小野さん杉山さんSTKさんの社員さん達に参加してもらい、沢山アドバイスを戴きました。
そのアドバイスを基に修正をしてビデオに撮ったり、社員さんの前で練習を行ったりしました。
そして、ワイン会当日、ほぼ練習通りの「ワインの話」が出来ました。
主催者のアンケートも拝見させてもらったのですが、概ね好評を得て、再度ワイン会のリクエストもいただきました。
こういう出張ワイン会の様な体験は、出稽古のようで、自分を成長させるためにはとても貴重だと思いました。
普段、多くの人の前で自分の仕事を披露することは中々無いですし、私の苦手な分野でもありますが、先日の8周年プレゼンといい、こういう機会には今後積極的に参加していこうと思います。

【ものがたり】

おはようございます!
小野@馬耳です。

昨日は、8周年の反省会というか、ご集金の会
ありがとうございました。
ノートにしっかり振りかえりをしていた杉山さん。
さすがです。せっかくの挑戦ですから
何かに繋げなくてはもったいないです。
今日は最終日。
明日からは輿水さんですね。
面白いやつ、一発頼みますよ!
では、最終日、宜しくお願いします。

【ものがたり】
今回の展示会ですが、色々な方から、同業者や、
同じテーマでの展示会は見た事があるが、
異業種のあつまる展示会はめずらしいと
言われましたが、確かに、私たちの挑戦は
新鮮な挑戦だったかもしれませんね。

唯一、同業者?といえば、神尾さんのところと
オンリーワンでした。
正直、スタートした時、買い物は神尾ファームに
集中していました。やっぱりプロと、生徒が作った
ものでは、勝負になりませんよね。

でも、希代君の発表のあとは、オンリーワンさんの
商品の売れ行きが、グッと上がりました。
ただの商品から、物語のついた商品に変わったからでしょうね。
杉井さんが売るものに、物語を持たせろと良く話して下さいますが、
あぁ~こういう事なのかな?って思いました。

商品の善し悪し、価格ではなく、その商品の持つ意味で
購入を決めているのかもしれませんね。
今回、本当に良い学びがありました。
この学びを活かし、もっともっとみんなで励まし合いながら
良い会社を目指していきましょうね!

一週間、ありがとうございました。

【気になる事】

おはようございます!
小野@馬耳です。

昨日は、東京出張でした。
最近、新幹線に乗ると、「恐れ入りますが、
降車の際には、座席のリクライニングを
元の位置のお戻し下さい。」みたいなアナウンスが
入りますよね。
六日目、宜しくお願いします。

【気になる事】
アメリカ?で、濡れた猫を乾かそうと、電子レンジに入れて、
チンしたら、死んでしまった。
しかし、電子レンジの取説書に猫は入れてはいけないという
説明がないという事で、裁判に勝ったというような
有名な話がありますよね。
その話を聞いた時、アメリカ人?ってバカなのか?
それとも、訴えるという文化でもあるのか?と
不思議な気持ちになったことを覚えています。

でも先ほど書いた新幹線の座席リクライニングの件や、
テレビでも、「お店の許可を得て店内で食べています。」とか、
「ご本人の感想です。」等とテロップが出たりしますし、
旅行のチラシには、すべての写真に「これは、イメージです。」
と書かれていたり・・・

危険な事を注意喚起するなら、まだわかりますが、
あまりも当り前のこと、当然な事ですら、
注意を促す最近のニッポン。
ついに日本人もバカになってしまったのか?
それとも訴えてやるぅ~みたいな文化が
浸透しつつあるのか?

なんか、嫌な国になってきたなぁなんて考えている私、
逆に可笑しな人間なんでしょうか?

【100日連続達成!】

おはようございます!
小野@馬耳です。

7月に連続100日葉書を書こうと決め、
昨日、ついに100連続を達成しました。
これもひとえに、私のお蔭…
いや、杉井さん、海野さん、そして皆さんの
お蔭で、書くことが出来ました。
本当にありがとうございました!
五日目、宜しくお願いします。

【100日連続達成!】
あれは、忘れもしない7月の6日。いや、7月の7日?
いや、あれは忘れもしない…
確か8日かな? 山梨からの帰り道でした。
私が書く気もないのに、ボソッと、
「ハガキでも書こうかな?」と言った事をきっかけに
「小野さんが書くなら、ぼくも書くよ」と海野さんが
言い出し、引くに引けなくなり、何故か100日連続で
書くハメに…(汗)
でも、本当に挑戦してよかったです。
自分の事がちょっと好きになりました。

静岡経営塾で、杉井さんが「『馬の耳』と葉書を
組み合わせると、その効果は凄いよ」と話してくれました。
その事が頭の片隅にあり、ちょうど一年の中間ということで、
これからどんなことに挑戦していったらいいのかを考える時、
“ちょっとハガキでも書いてみるか”と思いついたのです。
その程度の思いですから、きっとそのままでは、
2~3日で続かなくなっていたと思います。
でも、海野さんが敏感にそれを受けてくれて、私に
声をかけてくれました。海野さん、本当にありがとう!!
100日と言うのは簡単ですが、やるのはなかなか大変なもので…
でも、このブログで声を掛け合い、続ける事が出来ました。

私の場合、100日連続達成で、きっと書かなくなってしまう
可能性85%以上です。
ここで終わってしまったら、ハガキと「馬の耳」効果の
しっかり味わわずに終わってしまいます。

もしよければ、みんな一緒に書いてくれませんか?
そうすれば、私もここで止まらずに済みます。
是非、一緒にやって行きましょうよ!

【原付 その2】

おはようございます!
小野@馬耳です。

原付に駐車違反があるって、知っていました?
私は、昨日まで知らなかったんですよ。(汗)
四日目、宜しくお願いします。

【原付 その2】
どうして知ったのかというと、うちの長男が
アパート近くの駅前スーパーの前に原付を止め、買い物をして
戻ると、駐車違反のシールが張られてたというのです。
へぇ~と思っちゃいましたよ。

その長男が、ここでちょっと変なこと?おかしい?ことを
言い始めたのです。
「すぐに警察に出頭すると、反則金9,000円と違反点数1点取られ、
ちょっと放って置いて、放置違反の納付書が届いてから払えば、
違反金9,000円だけで済むらしい」というのです。
え? 私もネットで調べてみたのですが、確かにそうらしいです。

これって、「反則金」と「放置違反金」の違いらしく、
そういうシステムなら、そうなのでしょうね。

長男は、駐車違反を取られたショックと、どうしたらいいのか
分らないようで、私がいないときに、自宅に電話してきたようです。
皆さんだったら、どう答えますか?

私は正直、迷いました。
長男の勉強の為にはどちらが良いのか?

そこで、私は杉井さんに相談をしました。
杉井さんは、「私だったら、正直に出頭するほうを勧める。
それは、カッコいい生き方だから」と話して下さいました。
これから長男が生きていく上で、きっとこのような選択が
出てくると思います。その時に損得ではなく、カッコいいほうを
選んでくれたら嬉しいですもんね!
私は長男に電話をして、杉井さんと同じ事を伝えました。
長男がどちらを選ぶか分りませんが、私の話を聞いて
そっちを選んでくれたら嬉しいです。

【心配で心配で】

おはようございます!
小野@馬耳です。

最近の原付、必ずライトが点いてますよね!
私がスクーターに乗り始めた頃、「バイクはライトを
点けよう」という動きが出始めました。
あれから30年、ずいぶん浸透したんだなぁとずっと、
思っていたのですが、実は今の原付って自動的に
ライトが点いちゃうというか、消す事が
出来なくなっているんですね。
三日目、宜しくお願いします。

【心配で心配で】
最近、娘は会社まで、原付で通うようになりました。
今までは、妻や母に送ってもらっていたのですが、
自由が利かない事や、送ってもらうのは申し訳ない
という思いからのようです。
小学校頃、ちょっとだけ自転車に乗ったことが
あるだけの娘です。しかも運動神経も良いほうでは
ありません。
私は心配でしかたありません。
初めて原付で通うという日、私は気が気ではありませんでした。
娘が家を出たと聞いてから、事務所の外に出たり入ったり。
耳を澄ますと、救急車のサイレンが聞こえたような・・・
もうそうなると、居ても立ってもいられません。
娘が向かうであろう道を逆から走っていきました。
少し走ると、真剣な顔で原付を運転している娘に
出会いました。本当にホッとしましたよ。

私がバイクや車に乗り始めた頃、夜遅く帰ると、
母が「心配で眠れなかった」とよく言っていました。
私は「何を言ってるんだよ。大丈夫に決まってるじゃん」と
思っていましたが、その気持ち、ようやく今、
わかるようになってきました。

妻や娘からは、「本当に心配性だね」って言われますが、
道路って危険がいっぱいじゃないですか。
ちょっと間、心配が続きそうです。

【展示会】

おはようございます!
小野@馬耳です。

昨日今日と、山中湖で静岡経営塾です。
皆さんから、展示会の感想をお聞きしました。
お褒めの言葉をたくさん頂きましたよ!
参加者の皆さんに、沼津経営塾の存在も、
PRでしましたね。
本当に挑戦して良かったです。
これから、結果だしたいですね!
それが、目的・目標ですから・・・
二日目、宜しくお願いします。

【展示会】
杉井さんのブログ、「杉井のひとこと」を
見て下さいましたか?
私たちの8周年&100回記念のイベントの事を
書いて下さっています。
杉井さんがおっしゃる通り、うちのような小さな会社が
展示会を開くなんて、考えられない事ですよ。
でも、こうして6~7社で挑戦すれば、
こんな大きなことが出来るのですね。
うちの山田さんも、とてもうれしかったようです。

私は、もっともっと社員さんに、影響を与えられる展示会、
そして発表にしたかったと思うところもあります。
そして、あれだけの展示会が出来た訳ですから
もっともっと色々な方に見てほしかったです。

次回があるかどうか?わかりませんが、
もしあるとすれば、もう少し長い時間展示をしたいです。
そして、声かけにしっかり時間を取りたいと思います。
どうでしょう? そんな機会を増やし、
新しいメンバー増やしていきましょうよ。
そして、みんなで成長していきましょう!!

今回の8周年、皆さんは、どんな感想を持ちましたか?
そして、次回、もしあるとするなら、どんな挑戦を
したいですか?

【8周年&100回記念】

おはようございます!
小野@馬耳です。

杉山さん、一週間ありがとうございました。
今日から、私、小野が担当致します。
一週間、宜しくお願いします。

【8周年&100回記念】
昨日の沼津経営塾の8周年&100回記念では
色々とお世話になりました。
参加して下さった方々から、とても良い評価を頂き、
挑戦して良かった! 本当に素敵な会が出来たと思います。

実は、「馬の耳」にも書きましたが、正直、細谷さんから展示会の
案が出た時、「そりゃ~無理だろう!」って思っていました。
だって、誰もやったことがなかった訳ですから・・・
普段の私でしたら、そりゃあ無理だよ!と断ったと思うのですが
何故か、ちょっと挑戦してみようという気持ちが湧いてきていました。

それは、細谷さんの話がうまいんですよ!
なんか、うちの会社も出来そうな気になっちゃったんです。
そこで、「じゃあやってみよう!」と言っちゃたんです。
言っては見たものの、どうして良いのかわからず、
いたずらに時間だけが過ぎていきました。
そんななか、細谷さんが自社の発表用のパワーポイントや
それに合わせて発表する細谷さんを見ていて、だんだん自分の会社の
イメージが出来上がってきました。
そうしているうちに、仲間のみんなが少しずつ行動をはじめ、
沼津経営塾に、新鮮な風が吹き始めました。
組織が変わるって、こんな感じなのかもしれません。

今回、本当に多数の方々が参加して下さいました。
みんなで、お礼のハガキを書きましょう!
土日は経営塾になってしまうので、来週には名簿を作成し
皆さんにお分けしたいと思います。

あぁ~ 良い会になって良かったなぁ~
この仲間がいてくれて、本当に嬉しいです。
ありがとうございました。
もっともっと良い会にしていきましょう!
そして、みんなの会社を素敵な会社にしていきましょう。
これからも宜しくお願いします。

♪センター♪

10月12日(7日目)ハーモニー 杉山 むつ美

今日は展示会当日です。がんばりましょう!!
いつも内容が無い様で申し訳ありません。
今回も最後までお付き合い頂きまして本当にありがとうございます。

♪センター♪

AKB48のセンター総選挙でファン投票1位の人がセンターになるとのことで
しょうか?
唄が上手いとか踊りが上手いとかはどうなんでしょうか?

「そんなにセンターがいいのかな?」と夫にいいますと
「そりゃ~センターに立っていれば上手いってことじゃ~ないの」と夫。

フラの世界でも常に前列のセンターでないとご機嫌斜めになる人がいますが
上手い人はどこにいても目立つしいくら後列の端っこにいても輝いています。
逆に踊りの上手く無い人がセンターに立っていたら笑ってしまいます。
またそのチームの力関係が判ってしまいます。

学生時代に演劇をしておりましたが主役になりたいと思ったことはありませ
んでした。
それより味のある脇役に徹していたいと思っていました。
主役を支える存在でありたいといつも思っていました。

センターを支えるのは周りの沢山の人達です。
地味でも目立たなくてもセンターを支える輝ける人達です。

私もどちらかというと縁の下の力持ち的存在が好きで前に出るのはちょっと
苦手です。
人見知りが激しいですし・・・

でも、今日はばっちりセンター・ばっちり主役・ばっちり目立って いこう
と考えています。

お化粧バッチリで笑顔を振りまいて・・・

今日の展示会の発表の時は他の会社の発表の時より倍の拍手をください。

今日は皆様、私センター狙います・・・

        Aloha a hui hou!!  ごきげんよう!!

♪展示会♪

10月11日(6日目)ハーモニー 杉山 むつ美

文化祭の疲れも ーなんのそのー 10月28日の「みんなのハワイアンズ」
の出演練習に今日もいい汗かきました。

♪展示会♪

展示会がもう明日になりました。
皆さん、準備はOKですか?
私は展示ブースをどう飾ろうかとまだ悩んでいます。
小売りにはしるか?展示物のみにしてハーモニーの特徴を売るか?
足元の売り上げを見込むか?将来の売り上げを見込むか?
あ~あ 悩むところです。
足元の売り上げだけでしたら自分だけで準備できますが展示物のみにした場合
は夫の作品持ち出しの許可や夫の手を借りなければなりません。
あ~あ 悩むところです。

先日の商工会議所での展示会練習の時に華やかにガラスアクセサリーで飾ると
目立つかな?と思いましたが・・・
販売会ではないし・・・展示会の意味は・・・
と考えると
あ~あ 悩むところです。

ところで発表の練習はいかがですか?
お仕事の合間の練習ですので大変かと思いますが展示会成功のために頑張りま
しょう。

販売会などで人に見られる仕事をしていますのであまり人前に出てあがるとい
うことはありませんがマイクの前で話すことはちょっと緊張します。

輿水さんのところで試飲会のワインを少し飲ませていただいてからマイクの前
に立つというのはどうでしょうか?

展示会は明日です。
悩むところを整理して頑張ります。

       Aloha a hui hou!!  ごきげんよう!!

♪イチロー♪

10月9日(5日目)ハーモニー 杉山 むつ美

ー成熟した細胞を、多能性を持つ状態に初期化できることの発見ー
山中教授 ノーベル賞おめでとうございます。

♪イチロー♪

私はイチローが大好きです。
イチローの活躍や野球のことはよくわかりませんがイチローのバットを持って
鋭い目つきで睨むあの顔が好きです。
野球以外ではあのおどけた仕草と無理して笑い顔をつくっているあの姿がなに
か寂しさを感じます。無理しなくていいのにっていつも思っています。
強い人しか持っていない孤独感でしようか?
野球はチームプレーでしょうけれどバッター席に立つと1対9になりますから
やはり孤独ですよね。
男は外に出ると7人の敵がいるとよくいいますがイチローには9人の敵です。

だいぶ前ですがTVCFにてあるメーカーの宣伝でイチローが走っている所へ流れ
たテロップの言葉がまた好きです。

    「確かな一歩の積み重ねでしか遠くには行けない」イチロー

なんてカッコイイ言葉でしようか?   好きです!!

ガラスアクセサリー作成にしてもフラダンスにしてもこんなものかなとしてい
ると遠くには行けないと思いやり直すことが最近よくあります。

特にフラダンスはサークルを作りたいと考えていますので基礎をしっかり学び
ませんと目標は実現しません。
私がインストラクターにならなくても質の良いインストラクターをみつけるた
めにしっかりとした基礎・基盤を身につけることが必要です。

目立つことだけ行い他人に良い評価をもらいたい褒められたいと行動している
人を見かけますが形だけのものはすぐ判ってしまいます。
誰も見ていなくてもコツコツと行動し小さな大事なものを積み上げてゆきたい
です。

目標は遠いですが地道な確実な基礎・基盤を築きしっかりと歩き続けます。
小さな目標を達成しながら大きな目標に向かって進みます。

       Aloha a hui hou!!  ごきげんよう!!

♪応援してもらえる人♪

♪応援してもらえる人♪

沼津経営塾で学んだことに「ひとつひとつの出会いを大事にし応援してもらえ
る人になる」ということです。
なにも出来ない私は応援してもらえる人になろう!!
そのためには
 1.「イヤ」という言葉は使わないようにしよう。
 2.文章もなるべく否定文は使わないようにしよう。
 3.いつも明るくニコニコと笑顔でいよう。
 4.人の嫌がる仕事を率先してしよう。
 5.名前を覚えてもらおう。
 6.「ありがとう」の言葉を大事に使い常に感謝しよう。
 7.仲間つくりや仲間を大事にしよう。
 8.時間を守ろう。(時間にルーズな私はとても難しい課題です)
9.他人の悪口を言わないようにしよう。
10.言い訳はせず素直に謝ろう。
と決めて実行するようにしています。
もっと大事なことがいっぱいあると思いますが私の小さな頭ではこれが精一杯
に考えた目標課題です。

また今年度の文化協会の役員・文化祭の実行委員をすることにより多くの人に
名前を覚えてもらい役員として初めての文化祭にもマゴマゴせずに多くの人に
助けていただきながら2日間の仕事ができました。
役員の中からお疲れさん会をやろうと話が持ち上がりました。
今まではそのようなことはなかったようです。
役員同士が仲良く分担して仕事が出来たからでしようか?
とても楽しい2日間でした。

二胡とフラダンスのコラボがしたいと考えていたところですが役員の方に二胡
の人を紹介していただく事になりそれが実現しそうです。

夢がまたひとつ増えました。
来年の文化祭には二胡とフラダンスのコラボが発表出来るといいな!! 

目標課題を守り「応援してもらえる人になろう!!」
そしていつかは「応援できる人になろう!!」きっといつか・・・

        Aloha a hui hou!!  ごきげんよう!!

♪案内はがき♪

10月8日(3日目)ハーモニー 杉山 むつ美

無事、文化祭が閉会しました。
計画どうりに進行して大きな問題もなく閉会しました。
預かってきたアンケートの改善点及び反省点を判りやすくまとめ来年の文化祭
の参考になるようにしたいと思います。

♪案内はがき♪

11月22日から始まる教室作品展の案内はがきが出来皆さんに配り始めてい
ます。
毎年、夫が徹夜して案内はがき用の作品を作っていましたが・・・
10年目の今年から生徒の作品を案内はがきの裏に掲載するようにしました。

ハーモニーのはがきはとても人気がありフォトフレームに入れ飾ってあるとか
本のしおりにするとか毎回のはがきを捨てずに大事にしまってあるとか聞きま
す。

案内はがきはギャラリープラザの顧客用はがきにも掲載されるため作品を8月
上旬には仕上げ写真どりしてPCデータでギャラリプラザへ送付します。
そしてハーモニー作品展用のはがきも1000枚作成するため印刷依頼します。

はじめて生徒の作品が掲載されたはがきが出来上がってきました。
夫は満足げにはがきを眺め「なかなか良いね」と言っています。
作品作成した生徒も恥ずかしそうに嬉しそうに大事そうにはがきを受け取りま
した。
他の生徒は「え~っ」とびっくりした声を上げ案内はがきの裏の作品写真を眺
めています。
「今年から案内はがきの裏の作品写真は皆さんの作った作品写真を掲載するこ
とにしました。8月までに作品が仕上がっていると掲載できますよ」といいま
したところ何人かの生徒の目がきらっと輝きました。
「来年はきっと私の作品を・・・」と思っていてくれるに違いありません。

もちろん掲載する作品には条件があります。
オリジナル作品でガラス・材料をハーモニーで購入してハーモニーの教室内で
夫の指導のもと作成した作品に限ります。
そして夫と私がこの作品と納得したものに限ります。

私は一番大事な案内はがきの作品写真を生徒の作品にすることには躊躇しまし
たが生徒の反応をみてこれで良かったと思いました。

来年からは案内はがき用作品写真の掲載争奪戦になるかもしれません。
楽しみです。

毎年、案内はがきを楽しみに待っていただいているハーモニーのお客様の反応
もちょっとドキドキします。

もうすぐ作品展・・・生徒の皆さんは作品作成に汗を流しています。
私は案内はがきの表書きに汗を流します。
案内はがきの表書きをしていますと去年のことが思い出されちょっとコメント
をいれています。(案内はがきだけは手書きをしています)

今日もお客様の顔を思い浮かべながら案内はがきの表書きをしています。
沢山のお客様にハーモニー作品展を観ていただくように・・・

      Aloha a hui hou!!  ごきげんよう!!

♪最初から♪

10月7日(2日目)ハーモニー 杉山 むつ美

文化祭の心地よい疲れはとても気持ちのよいものですね。
小さなことでも一生懸命にすることは楽しいことですね。

♪最初から♪

ステンドグラス教室の生徒さんで何年か前に他教室で勉強して後はご自分で作品
作りをしていた方がいます。
新築の家にパネルをつけたくて作っていたけれどどうしても出来なくて夫に相談
に来ていました。
20x180㌢のパネルのデザインは清楚で可愛いのですが強度のことを考える
と手直しが必要との事で作り直し始めていました。

その方が先日からハーモニー教室の初心者カリキュラム1作品目のミニパネル
「チューリップ」の型紙に色鉛筆で色塗りをしていました。
びっくりして「どうしたの?」と聞きましたところ
「あのパネルを家で作っていても楽しくないしガラスも上手く切れないし憂鬱
で仕方が無いの・・・私にはまだ作れないことがわかったから基本から勉強
しょうと思って・・・型紙に思い描いたガラスのイメージで色を塗りそれから
ガラスを決める。ガラスにも流れがありその流れをどのように使うか・・・な
んて知らなかった。やっぱり最初から勉強することにして良かった」
私は嬉しくなって
「そう・・・主人からガラスの切り方を教えてもらうと目から鱗でびっくりす
るわよ・・・ガラスが面白いように切れるようになるし主人は丁寧に説明して
くれるからすごく勉強になるわよ・・・でもいつかはあのパネルを仕上げよう
ね」といいますと
「はい、キチンと勉強してあのパネルを仕上げます」
頼もしい返事が返ってきました。

何年も他教室で勉強して「私は出来る・私は知っている」のプライドを捨て
基本からやり直そうと考えるまでにどんなに悔しい思いがよぎったでしょうか
彼女の真剣にあのパネルを仕上げたい思いが心にひびきました。

教室を終え道具箱を抱えて帰るときに
「杉山先生に出会えて良かったです」と顔いっぱいに広がる笑顔で私に教えて
くれました。
最初に作りかけのガラスや型紙やらを抱えて憂鬱そうで泣きそうな顔を何回も
見ていましたのであの晴れ晴れとした笑顔はとても素敵で綺麗でした。

きっとあのパネルは新築の家に素晴らしい作品となって取り付けられる日が
くると思います。

「初心に戻って」とか「基本から」とか簡単にいいますがなかなか出来るもの
ではないと思っていましたが彼女から勇気をいただきました。

そんなに大きくないハーモニーのステンドグラス教室ですが教室の自慢は生徒
さんです。生徒さんに支えられて今日まできました。

今年の作品展は10回目の区切りの年ですので彼女に教えていただいた「最初
から」を胸にしっかりと刻み良い作品展にしたです。

      Aloha a hui hou!!  ごきげんよう!!
 

♪文化祭♪

10月6日(一日目) ハーモニー 杉山むつ美

おはようございます
朝・夕 少し肌寒くなり秋を感じる季節になりました。
季節を感じることは幸せな生活をしているってことかしら?
まわりの全てに感謝です。

♪文化祭♪

今日は文化祭でフラダンスの発表の日です。
1年間のレッスン成果発表です。
1クラスが2曲踊るのですが私は3クラスに所属しているので6曲踊ります。

私たちのチームも含め7チームで18曲を約1時間30分で踊ります。

ステージのライトやサイドからのスポットライトまた会場いっぱいに広がる
フラの音楽はたまらなく五感をくすぐり踊っていてとても気持ち良いです。

でも、ちょっと待って・・・
私たちは最高に幸せなんですが・・・お客様はどうかしら?

文化祭の観客が年々減少していることが問題となり今年の目標は一人でも
多くの観客を集めるために出演者が一人お客様をお連れしょう!!
そして出演者がお互いに発表を見合うようにしょう!!
と委員会で決めましたが・・・

何回も委員会を繰り返しお互いを確認しあいました。
昨日は最終決定のリハーサルも一日かけてしました。
出演者やスタッフが沢山集まり熱気あふれるリハーサルでした。

今年の芸能発表会は「何か手ごたえを感じます」

はじめて実行委員に携わり去年の私たちを反省しました。
去年は私たちチームは踊る直前に会場に出向き出演が終了しだい当たり前の顔
をして会場を後にしました。
陰で沢山の人達がボランティアで働き文化祭を支えていることを何も知らずに
いましたのでとても恥ずかしく思います。

今年はフラダンス7チームは10時開演には会場に着席して他部門の演技を鑑賞
してからフラダンス演技をして閉演の4時までは会場にいることを約束しあいま
した。

今まではスタッフとして出席しなかったチームにも声をかけ全員参加の文化祭に
なるようにしました。

今日は本番の日です。
スタッフもキャストももちろんゲストの皆さんも楽しめる文化祭・芸能発表会
になるように最大限の目配り・気配りそして素敵なフラの演技をしてきます。

           Aloha a hui hou!!  

一週間ありがとうございました

10月5日  うみの塗装   海野貴

昨日は8周年の打ち合わせお疲れさまでした。
皆さん発表の方も着々と準備が進んでいますね。
私はもう少し短くまとめてみたいと思います。

先日の会場でのリハーサルで展示物のイメージもできましたが、私の場合はもう少し、人の興味を惹くような工夫が必要だと思いました。
神尾さんは野菜、細谷さんはアイスクリーム、輿水さんはワインというように、人が集まる要素がありますが、私にはそういったものがありませんから、何かしらの方法で人の目を惹くようにしないと素通りされてしまうと思いました。
私の場合は、物で気を惹くようなものは用意していませんので、キャッチコピーで「何だろう?」と気を惹き、足を止めてもらえるようにしようと思いました。

しかし、なかなかいいキャッチコピーが浮かびませんでしたので、仕事中に応援の職人さんや、バイトの子たちにも「こういうことを伝えたいのだけれども、何か良いキャッチコピーはない?」などと皆で考えてもらったり、他の人にも聞いたりもしました。
人の力はありがたいもので、いい意見がいくつかもらえたので、何とかキャッチコピーは決まりました。

その後は、そのキャッチコピーをいかに目立つように表示するかが大事ですので、車の移動の時などに、通りにある看板などを見て、色使いやバランスなどをどのようにやっているかを研究しました。
色使いは、赤、黄、黒など注意を促す色がやはり、目に留まりやすいと思いました。
それと大きさはとても重要で、とにかく大きくするだけでも目立つと思いました。
ですから、文字数を減らしてできるだけ大きく表示するようにしました。

それと今回、展示物を作るのを応援の職人さんやバイトの子たちにも手伝ってもらうようにしました。
応援の職人さんはまだ若く、仕事のほとんどが人の応援ですが、これからは元請の仕事をしていきたいと思っているとのことなので、このようなすぐにお金にならないこと、面倒臭いことをすることが大事だということを知ってもらい、経験してもらおうと思いました。
バイトの子たちには、現場作業だけでなく、うみの塗装の認知を高め、発展させることに加担してもらい、ゆくゆくはうちで働いてみたいと思ってもらえたらいいなと思い手伝ってもらうことにしました。
もちろんその分の日当やバイト代は払っています。

私自身が忙しいこともありましたが、わざわざお金を払ってでも手伝ってもらったのは、今後の「チームうみの塗装」を作るための投資ということもあります。
展示会に来てもらって、自分たちが手掛けたものが展示してあれば、多少なりとも嬉しく思うだろうし、一体感も湧くかもしれません。
今回の8周年展示会を、お客さんへのアピールだけでなく、仲間作りにも活用していければと思っています。

自分の知っていることがすべてとは限らない

10月4日  うみの塗装   海野貴

先日、私が所属する「木造住宅塗装リフォーム協会」の研修会に行ってきました。
今回の研修では、国土交通省認定の保険法人、(株)住宅あんしん保証の安藤社長から、今後のリフォーム会社が生き残るための戦略と、リフォーム瑕疵保険の説明、アスベスト問題への対処法の勉強をしてきました。

住宅あんしん保証の安藤社長は国土交通省とのパイプが太く、今後、国として推し進めていく施策の最新情報や動向などの話をしてくれました。
その中で私が興味深く思ったことは「国の施策は奥が深い」という言葉でした。
私は国のやることは「面倒なことばかり言う」「そんなの現実的じゃないだろ」などと批判的に思うことばかりでしたが、安藤社長の話しでは、国は「国民の財産を守る」「消費者保護」という観点で物事を考えているということでした。
ですから国の打ち出す施策の先には「悪徳業者の廃絶」ということもあるようです。

建設、リフォーム業界ではいろいろな業者がいますから、消費者としては「どの業者に頼めばいいのだろう?」ということが大きな問題としてあります。
ですから、長期優良住宅など高いレベルをクリアするような業者とそうでない業者をすみ分けをし、レベルの高い業者が元請になるようにして、そのレベルに達しない業者は下請けをやりなさい、というように考えているようです。
今後は優良な業者しか元請ができないようなシステムになっていくそうです。
それは私たちのような小さな業者にも大きな影響があります。
ですから私たちも、一定のレベルを越えるか越えないかで、その先の進む道が自ずと決まってしまいます。
私は経営塾に入って、杉井さんに元請の重要性を教えてもらい、その方向で今までやってきましたが、この研修を受けてみて、今までやってきたことが本当に正しかったと確信をしました。

最新の情報として、近い将来、中古物件でも長期優良住宅のようなシステムができるとのことでした。
そのレベルに達していなければ下請け以外の仕事は出来なくなりますが、そのレベルに達していれば、この先十数年に渡り、顧客の囲い込みができます。
まさに天国と地獄です。
今まで私が得てきた資格であれば、十分可能性はあります。
あとは体制を作り、地域を絞って、いかに顧客を囲い込めるかが重要になります。
今後のなすべきことが明確になりました。

私は今まで漠然と「お客さんの家を守る」という考えでやってきましたが、国の打ち出すものの意味を考え、法令遵守、王道を歩んでいくことが、お客さんの大切なものを守っていくことにつながると思いました。
そのためには、しっかり経営を学び、強い会社を作っていくことが大切だと思いました。

その後の、リフォーム瑕疵保険の説明では、私も瑕疵保険に登録していますので、お客さんにしっかり説明が出来るように理解しようとおもいました、
木造住宅塗装リフォーム協会は、住宅あんしん保証の認定優良リフォーム団体として認定されていますので、保険料が一般の業者の4割程度で保証が受けられますので、今後は「全物件保証付き」という方向も視野に入れています。
そうやっていろいろな角度から、お客様に安心を提供できれば良いと思います。

今、このようにいろいろな可能性を持てるようになったのも、経営塾をはじめ、自分の中には無いものを得ようと、いろいろなところへ出るようになったことが大きいと思います。
グッドラックの「自分の知っていることがすべてとは限らない。幸運をつかむには、あらゆる可能性に目を向けなくてはならない」という言葉が身に沁みます。

また研修でランチェスターの本を貰いました。
その本をサッと目を通すと「会社は人で決まる」とありました。
そして、人とは社員ではなく社長のことだと書かれていました。
ここから先は全て私自身にかかっているということだと思います。
私自身が、どういう人間になるのか?何をするのか?しっかり考えてやっていきたいと思います。

展示会

10月3日  うみの塗装   海野貴

皆さん、展示会の準備は順調に進んでいますか?
今回の展示会では、会社紹介のスピーチと展示ブースの準備があります。
私はスピーチの方は、静岡経営塾の経営計画発表などを経験していますから、ある程度はどのようなことを話すかということはイメージがありました。
経営戦略会議や経営塾の中で、自分の進む方向性を決めていますので、その方向性は一貫する必要があります。
今までも私はいろいろな発表を経験させていただきましたが、今回は初の試みとしてパワーポイントでの発表をしてみようと思いました。
私はアナログ人間で、あまり得意な分野ではありませんから、今までは「俺には無理!」といってやろうとしませんでしたが、今ではパワーポイントを使ってやるのが一般的になっていますし、言葉よりも映像で訴えかける方が印象に残りやすいとも思います。
喋りの下手な私にはその方が良いとも思いますし、「他の人ができることなら自分だって出来るはずだ」と思い挑戦してみることにしました。
まずは話す内容を考え、一通り文章で原稿を作りました。
その後、その作った文章に合うようにページを作ったり写真を入れていきました。
そこで意外と大変だったのは、現場写真はとにかくたくさん撮ってあるのですが、イメージした写真がどの物件のフォルダーに入っているのかが解らず写真を探すのに時間が掛かること、このような用途で使うことを意識していないので実際使える写真が少ないことでした。
ですから、現場で撮影会をしたり、サンプルを作って工程ごとの写真を撮ったりしました。
そして写真などをつなげて作っていくと、最初に書いた文章から変更も出たり、伝えたいことも増えたりしましたので、今度は出来上がったパワーポイントを基に、想いが伝わるような文章に変えていきました。
大体は出来上がりましたので、細かいところを煮詰めて仕上げたいと思います。
今までは、このような発表の場があっても、人前に出ることが苦手な私は「とにかく早く終わって欲しい」と無難にこなすことしか考えてきませんでしたが、今回はせっかくやるのですから「成果を出したい」「出展者の中で一番を狙いたい」という気持ちがあります。
私はきっと上手くは話せないと思いますが、うちの会社のモットーに「仕事を通して成長する」ということがありますから、結果は分かりませんが、狙ってやってみようと思います。
そうすることで何かしらの成長もあるかもしれません。
今うちにバイトで来ている少年も展示会の手伝いで来てくれます。
下手でも何でも、狙ってやっていく姿を見せて、「うちはこうやって会社を強くしていくのだ」ということを伝えたいと思います。

常に意識する

10月2日  うみの塗装   海野貴

先日消防で、地域の校区祭の警備に行きました。
毎年この時期は、防災訓練、運動会、神社などの祭典が目白押しで、その度に消防団に出動依頼が来ます。
私としては地域の方々と顔を合わせる良い機会なので、研修などが重ならない限りできるだけ参加をしようと思っています。
実際、運動会の喫煙所などで知り合いになった方も多く、仕事まで依頼してもらったこともあります。
先日も友人が喫煙所でタバコを吸っているのを見つけたので、喫煙所に行って話をしていると、一人の女性がタバコを吸いにやってきました。
その女性は私のことをみると、チョコンと頭を下げて何か話し掛けたそうでしたが、私は「どこかで見たことあったような?ないような?」という感じでしたので、少し頭を下げただけで、友人との会話を続けました。
その女性の表情などからして、多分その女性は私のことを知っている感じでしたので、その後も私はそのことが気になっていました。
そしてよく考えると、昨年のPTAのペンキ塗りの時に、少し話しをして、その後サイゼリアに昼食を食べに行った時に偶然、隣の席にその女性がいて挨拶をしたことがあったのを思い出しました。
私はPTAのペンキ塗りの時には、いろいろなところを走り回り、塗り方の指導などをしていたので、たくさんの人と関わったのですが、とても人数が多かったので全ての人のことはとても覚えられませんでした。
しかし、参加した人からみると、私は全体のまとめ役ですし、オレンジ色のオーバーオールですからよく目立って、印象に残りやすかったと思います。
地元での認知も少しずつ高くなってきているのはとてもありがたいのですが、私はその人のことを知らなくても、向こうは私のことを知っているというケースも増えてくると思いました。
電話帳などの宣伝広告にも私の顔を出していますし、今度は市役所の掲示板にも掲載されています。
昨日、市のカレンダーの原稿を提出しに市役所に行くと、すでに掲示板が完成してあり、結構市民の方々が掲示板を見ていました。
私は少し恥ずかしく思い、その場を早く離れました。
先ほどの女性は、せっかく私のことを憶えてくれていたのに、私が知らん顔をしてしまったので少しガッカリしたのではないかと思いました。
人は「忘れられている」と感じると寂しく思うものだと思いますから、できるだけそういうようなことがないように、会釈をされたら、笑顔で返すというようなことをしていかなくてはいけないと思いました。
また、以前の市長選の時、ホームセンターで候補者が買い物をしていた時の候補者の表情が、たまたまなのかもしれませんが、しかめっ面をしていたことがあり、その表情を見た瞬間「この人には投票をするのはよそう」と思ったことがありました。
顔を知られてくると、些細なこともマイナスになることもあると思いますから、常に気をつけなければいけないと思いました。
特に車には社名入りのマグネットシートが貼ってありますから、運転マナー、表情なども気をつけたいと思います。
自分自身が商品だと思い、自分を売っていこうとすると、自分自身を律し、いい人間になっていかなくてはならなくなります。
まっとうな道を進んでいきたいと思っていますので、私にとってはいいトレーニングになります。
次のページ

FC2Ad