沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

【こんな時だからこそ】

おはようございます!
小野@馬耳です。

次のブログ当番は、輿水さん宜しくお願い致します。
その次は鳥居さん! 出番ですよ!

最終日、宜しくお願いします。

【こんな時だからこそ】
先日、あるショッピングセンターの中にあるゲームセンターを
覗いたら、若者より年配の方でいっぱいでした。
コインゲームに夢中になっているお年寄り。
なんか異様な雰囲気でしたよ。
そんななか、“定年後も希望者全員を65歳まで雇用を義務付る”
という法案が可決成立しました。
確かに年金の支給年齢が上がりますし、元気な方が多い訳ですから
悪い法案ではないと思いますが、企業にとっては
大きな負担になりそうな気がするのですが、どうなんでしょう?

昨日、杉井さんがシャープの事を書いて下さいました。
海外の低価格の液晶テレビの出現? 長引く円高の影響?
そこへきて、消費税??
シャープ以外にも、NECといい、パナソニックといい、
日本の電機業界。
ほんの少し前まで、日本の優良企業というか、
世界でも通用する超優良企業だったのに・・・

じゃあ、私たちはどうしていったらいいのか?
静岡経営塾で、「ハガキを毎日1枚以上書く」という課題を
自分に出しました。正直どこまで続けることが出来るのか、
不安でしたが、帰りの車の中で、海野さんが、「小野さんが
毎日書くのだったら、僕も書きますよ。」と応援してくれました。
そして、毎日報告し合おうという事になり、
今、沼津のブログに書かせて頂いています。
行動のヒントの「仲間と一緒にやる」思った以上の効果が
あります。だって、この私が50日以上も書き続けているのですから!

こんな時だからこそ、目的を見すえ、自分にできることを
キッチリやっていかなければ、周りに振りまわされちゃいますね。
みんなで声をかけ合って、ここを乗りきっていきましょう!

一週間、ありがとうございました。
スポンサーサイト

【8周年&100回】

おはようございます!
小野@馬耳です。

次のブログ当番は、輿水さんかな?
鳥居さん! 出番ですが…

六日目、宜しくお願いします。

【8周年&100回】
皆さん、展示会・発表の準備は進んでいますか?
私は…(汗)
とにかく、自社のPRですから、しっかり準備を進めたいですね。

さて、先週、手品教室を三島商工会議所でやらせて頂きましたが
その帰り、細谷さんと一階のTMOホールを少し覗いてきました。
その日は、別のイベント?の準備が入っていて、
ブースがいくつかセットされていました。

実際に現場を見ると、現実味を感じ、ドキドキしちゃいました。
細谷さんと話していく中で、どう考えても、“ぶっつけ”で
会場設営は難しいように感じてきました。
レイアウト、机の数、展示の仕方などなど、
一発では無理だと思います。

そこで、少しお金はかかってしまいますが、
会場費の安い時間、みんなの時間が合うような時に
一度、会場を押えて、展示の練習をしてみたらどうかと
思うのです。
実際に机を並べてみたり、位置を確認しておかないと
当日はそれでなくても、時間いっぱいいっぱいでの
準備になるでしょうからね。

せっかくお客様が来て下さっても、バタバタして、
中途半端を見せるハメになると、カッコ悪すぎます。
私たちの思いを少しでも伝えるためにも、
会場設営はちゃんとしたいと思うのですが、どうでしょう?

チラシも出来上がりましたし、そろそろ集客の準備ですね。
初めての挑戦、みんなで良いものにしていきましょう。
そして、みんなで美味しいお酒、呑みましょう!

【私の夏休みの宿題】

おはようございます!
小野@馬耳です。

五日目、宜しくお願いします。

【私の夏休みの宿題】
8月の終わり、学生時代この時期になると、本当に憂鬱でした。
宿題などそっちのけで、遊びたいだけ遊んだツケが回ってくる
時期なんですよね。
誰のを写そうか?とか、どうごまかすか?とか、悩む時期でも
ありました。
しかし、そう簡単には事は進まず、だいたい泣きながら
宿題を片付けた記憶が蘇ります。
結局やらずに登校日を迎え、宿題の提出の時、
「あっ、忘れました!」って言ってごまかそうとしたら
先生から「じゃあ、家に取りに行ってきなさい。」と言われ、
泣きながら、謝った事もありました。
そういわれたら、どうしようもないじゃん。先生!

その時はどうして、もっと早くやらなかったのか? 
自分を責めたりもしましたが、まったく同じ事の繰り返しを
何年も何十年も、そして今でも繰り返しています。(涙)
今月の末は「馬の耳」、沼津のブログ、名刺作り、8周年の準備、
もちろん、仕事も詰まってきます。
あぁ~ どうしてもっと早く準備をしなかったんだろう?

杉井さんは学生の頃、「夏休みはゆっくり遊びたいから
宿題はすぐに終わられてしまった。」とよく話してくれます。
私だってゆっくり遊びたいから…(涙)
この違いなんだよなぁ。
結局、感情中心って事なんですよ。
48歳、しっかりしなくては、いけませんね。
今月はとにかくやりきる事を目標にし、9月からは
早め、早めで準備を進めていきたいと思います。
今月を最後の「私の夏休みの宿題」にしよう!

【男の料理】

おはようございます!
小野@馬耳です。

四日目、宜しくお願いします。

【男の料理】
皆さんは、どんな趣味をお持ちですか?
私はここ最近、趣味とい趣味を持っていません。
楽器や手品も、趣味かといわれると、そうでもないように
思っています。(汗)
一度しかない人生、仕事以外になにか楽しみを持つことは
大切な事ですよね。
仕事人間?だった杉井さんも、ダイビングという、
素敵な趣味に出会い、人生観が大きく変わったようです。

私もそんな趣味が何かないものかと、色々と探していましたが
お金のかかる趣味を持つことは、なかなか難しいものです。
そんななか、これは面白いというものに出会う事が出来ました。
それは「料理」です。
tori1.jpg

ネットで作ってみたいレシピを探し出し、スーパーで
食材を探し、台所に立ち調理していると、夢中になり
とても気持ちが落ち着きます。
焼きそば、チャーハンから始まり、リゾット、パエリア、
ローストビーフなどに挑戦し、家族には好評を得ました。
tori2.jpg

この夏、一日しかないお盆休みに、何に挑戦しようかと
考えていたところ、以前、興味があったアウトドアの
料理道具が色々ある事に気づき、その、アウトドア用品を
使って、なにか作ってみる事にしました。
tori3.jpg

挑戦したのは、鳥の丸焼きです。
今回は、ちょっと焦げてしまい失敗?に終わりましたが、
料理とアウトドアが同時に出来、本当に良い時間を
過ごすことが出来ました。
tori4.jpg

あぁ、家族は美味しいといってくれて、すべて美味しく
いただきましたよ。
機会があったら、皆さんにご馳走しますね!

料理教室に通ってみるのも、面白いかもしれないと思っている
今日この頃です。

【くろがね屋】

おはようございます!
小野@馬耳です。

三日目、宜しくお願いします。

【くろがね屋】
先日、うちの娘が、「お父さん、これ見て!!」とケイタイの
マンガを見せてくれました。
そのマンガには、“くろがね屋”という旅館が描かれていました。
“くろがね屋”は、あのマジンガーZ、(今は“真マジンガー 衝撃Z編”
というらしい)の主人公、兜甲児が逗留している旅館でした。

あぁ~、主題歌にでてきますよね、「そ~らにそびえる“くろがね”の
し~ろ~♪」 マジンガーZだから、“くろがね屋”だったんですね!
私の小さなころ、マジンガーZといえば、初めて人間が直接操る
画期的なスーパーロボットでしたよねっ。
あと、超合金ですよ。買ってもらったなぁ~

見せてくれた旅館のマンガは、玄関、蔵、互い違いの階段・・・
ん? 互い違いの階段・・・? これは、「落合楼村上」と全く一緒だ!

そうなんですよ。マンガの「くろがね屋」は「落合楼村上」だったのです。
ちょっと嬉しくなってしまって、早速、村上さんに連絡を取りました。
すると、「よくわかりましたね。でもあれ、特にうちには
何の連絡もなく使っているんですよ!」って、笑いながら
話して下さいました。
マジンガーZクラスで、そんな事がありえるんですね。

村上さんはご存知なかったようですが、うちの娘によると、
ネットの中では、「落合楼村上=くろがね屋」というのは有名で、
「くろがね屋(落合楼村上)にいってきました。食事も温泉も
最高でした!」というような書き込みがたくさんあるとのこと。
うちの娘もお金を貯めて行くんだと意気込んでいました。
偶然なのか?わかりませんが、どこでどういうチャンスに
巡り合うのかわかりませんね。しかも、有名マンガのモデルと
なれば、ひょっとすれば“聖地”になってしまいますよ。
もし私が落合楼村上の社長だったら、この現象をPRに使って
全面的に打ち出してしまうかもしれません。

歴史のある旅館というブランドを大切にするのか?
それとも、ネットでの人気に便乗するのか? 
皆さんだったらどちらを選びますか?

【手品教室】

おはようございます!
小野@馬耳です。

二日目、宜しくお願いします。

【手品教室】
昨日は、第四回の手品教室でした。
手品教室の前日まで、千葉県成田市で、あるプラントの
電話工事に入りきりになり、その作業をしていたので、
準備の時間がしっかりとれずドキドキしてしまいましたが、
参加者の皆さんのご協力で、無事?楽しい会にする事が出来ました。

今回はほとんどの方が初めての方で、
ご夫婦で参加して下さった方や、浜松や神奈川県などの
遠いところから参加して下さった方など9名の方が
参加して下さいました。
あっ、細谷さんは全回、四回連続参加をして下さっています。
本当にありがたいです。

毎回皆さんにお伝えする手品を、私が見本をお見せした後、
参加者の方に演じてもらうのですが、皆さん本当に工夫をして
個性的な手品を見せて下さいます。
同じタネでも、10名いると10個の手品演出があるようです。
とても刺激的です。

私はこの手品教室を通して、新しい縁作りが出来たり、
参加して下さった方がホッとしたり、笑顔になったり・・・
そして、参加して下さった方の周りに笑顔の輪が広がって
いったらいいなと思っています。

どこまで通じるのか、わかりませんし、
まだまだ、改良の余地がありますが、
急がず、少しずつ育てていきたいと思っています。

参加して下さった方々、本当にありがとうございました。

【そりゃ~ないんじゃない?】

おはようございます!
小野@馬耳です。

一週間、宜しくお願いします。

【そりゃ~ないんじゃない?】
あるお客様から、「小野さんの知り合いで、○○の仕事を
してくれる人、いないかなぁ?」という問い合わせがありました。
何故かと聞くと、今お付き合いをしている会社の対応が
イマイチだからとの事。
うちの会社が取引をさせて頂いている会社をご紹介しようと
思ったのですが、その会社は、お客様が今お付き合いをしている会社と
縁があるため、取引は難しいと言われてしまいました。
お客様に正直にその事をお話しすると、どこでもいいから
探してくれないか? とおっしゃるので、以前、あることで
ちょっとお世話になった会社に相談の電話をしてみました。
電話に出られた女性に方に、その内容をお話しすると、
全く問題なくお手伝い出来るのですが、営業がいないので
後から電話をさせますという事で、電話を待つことになりました。
数時間後、電話が入りました。私は驚きましたよ。
いきなり、「それどこ?」「え?何? それで電話すりゃ~いいの?」
(・・・汗)
たぶん社長だと思うのですが、その言い方、ないんじゃないのかな。
私は何の報酬もなく、ただ紹介をしようとしただけですよ。
嫌な予感はしたのですが、ちょっと経ってから、お客様から
「紹介してもらった会社から電話をもらったけど、横柄な会社だねぇ」
という電話をもらいました。
簡単に紹介してしまって、申し訳なく思いました。
もちろん、お客様はうちのせいではない事も、理解して下さって
いるので、お客様とうちとの関係は悪くなることは
なかったのですが、後味の悪い紹介になってしまいました。
良かれと思って紹介したのに、残念です。

これ、その会社に話をした方がいいのかなぁ?
社員さんなら、社長に話をする事は出来るのでしょうが、
社長となると・・・

♪ラリマー♪

おはようございます。杉山です。
毎日、見守っていて下さいましてありがとうございます。
最終日、宜しくお願いいたします。

♪ラリマー♪

今日でヨーカドー三島店の販売は最終日です。

水色のとても綺麗なラリマーという天然石のペンダントがありますがいつもお客様に褒め
られてお嫁に行きそうですが行かないで1年以上も前から私の手元にいます。

販売をしているとお客様が商品を選んでいるように見えますが本当は商品がお嫁に行く所
を選んでいるようにみえることが有ります。

楽しそうにおしゃべりをしながらお買い物を楽しんでいるとても可愛いお嬢さんとお母様
がアクセサリーを見ていましたが突然お嬢さんがラリマーのペンダントを手に取って胸に
あて「お母さん、私このペンダントがあればブルーのあのリングは買わなくていいわ!」
といいました。
ラリマーの色・大きさ・形からとてもお安い値段がつけてあり本当にお買い得商品でした。
でも、そのお嬢さんが買うにはちょっと値段が高かったのか諦めかけた時、お母様が
「そのラリマーとても安いしパワーストーンだから買ってあげるわ」と言われました。
色の白いお嬢さんの首元に水色のラリマーがとてもよくお似合いでした。

「ラリマーはお客様の所へお嫁に行きたかったのね。沢山のお客様がこのラリマーを褒めて
下さったのに買わなかったのよ。きっとこのラリマーは一番お似合いになるお客様がみえる
まで待っていたのね」と思わず私は言ってしまいました。
お嬢さんは包装されたラリマーを胸に抱えて「すごく大事にします」といってくれました。
すごく嬉しくすがすがしい気持ちになりました。
やはり商品は一番お似合いになる方に使っていただくと輝きます。よりいっそう美しくなり
ます。きっとあのラリマーも彼女を待って今までお嫁に行かなかったのかしらと思います。

私たちは販売していると商品が買われていって大事に可愛がって使っていただくことをいつ
も望んでいます。あのラリマーはきっと幸せになると思います。良かったです。

そして嬉しいことがもう一つありました。
一緒に販売会をしている仲間が9月の中旬に東京の椿山荘のイベントに参加するのですが
私の作るガラスアクセサリーを販売したいといってくださいました。
この子たちが椿山荘へ行くのと思うと嬉しくなります。
椿山荘に合うものを少し作りたいと考え中です。

今日は午後からボンゴとフラの合同練習です。楽しくなりそうです。

一週間、日々のあたりまえのおばさんの生活を綴りましたブログでちょっと恥ずかしいので
すが応援コメントを頂き頑張る事ができました。一週間ありがとうございました。

沼津経営塾の仲間は本当に最高です!!


             今日もhappyな一日を!!
 

♪来年度の役員は?♪

おはようございます。杉山です。
励ましのコメントありがとうございます。販売がんばります。

♪来年度の役員は?♪

週に3日、フラダンスのレッスンをしていますがなかなか上達しないので毎日レッスン
を受講したいと思っている今日この頃です。
ところでまだ8月なのにもう来年度の文化協会の役員は誰にするかもめています。

3クラス受講している私は現在1クラスの役員をしています。
役員を選出しないと脱退になり公の機関である文化協会とのつながりは切れてしまいます。

文化協会に加入すると一人当たり年間500円の会費が必要ですが年に2回フラダンスの
ステージに立つことが出来ます。

役員はしたくないがステージに立って踊りたいとのこと。
今年度の役員が「超大変だから脱退したほうが良い」といきまいていること。

私は同じように文化協会の役員をして尚且つ文化祭の実行委員もしていますがあまり大変と
感じたことはありません。

新しい人との交流や他部門で活躍している人達ともっと深く知り合い何かの時にはヘルプが
言える様な人間関係を築いてゆきたいと考えています。
文化祭の実行委員の方たちは継続して役員を引き受けて皆とても良い方たちです。
初めて役員になった私に親切にいろいろご指導してくださいます。

ステージで踊りたいのなら役員を選出して文化協会にもチームとして貢献しなければいけな
いと思います。

公の機関に所属していることは信用にもつながります。
以前、フラダンスのイベントにエントリーした時過去の活動内容を聞かれたことがありますが
「公の機関に所属して文化祭等に参加しています」と話したところ、すぐOKになりました。

それに先生にも申し訳ないです。脱退は反対です。

1クラスだけ残してあとの2クラスは脱退しそうでしたので、仲間を巻き込んで来年度の役員
を引き受けることにし3クラスとも脱退はしないことにしました。

「私もステージで踊りたいから役員をやるよ」と言ってくれた時には嬉しかったです。

1年だけの役員では人間関係を築くのはちょっと難しいのでがこれから継続して役員をしそう
ですので楽しみです。

同じように役員を引き受けてくださった彼女にも「大変と思わず楽しみながら助け合ってやっ
て行こう」と励まし」あいました。

               今日もhappyな一日を!!
 

♪ちょっと旅行気分♪

おはようございます。杉山です。
残暑厳しいですね!!暑さに負けず今日も頑張ります。

♪ちょっと旅行気分♪

昨日は、友達と修善寺と伊豆洋ランパークみんなのハワイアンズに行ってきました。
修善寺ホテルに用事があったので友達に電話して修善寺ホテルのカレーランチを食べに
行こうと話しがまとまり三島を11時過ぎに出ました。
伊豆中央道が苦手な私は韮山・長岡・大仁と一般道をゆっくりとドライブしました。

修善寺ホテルには来月お世話になる宿泊人数の経過報告と予約・町に張って頂く手作り
パンフレットを手渡しての誘客のお願いです。

今回の修善寺ホテルで行う「ランプの会」はホテルの近くの方や修善寺温泉の方たちが
気軽に来て頂く「鑑賞のみ無料」を設定しています。
9月の「ランプの会」は屋外での開催ですので私たちは飲んで歌って踊って楽しみます
が修善寺の町の方にもバンド演奏やボンゴそしてフラダンスを楽しんでいただきたいと
思います。(出演者はアマチュアですが一生懸命練習した成果を披露します)

用事も済んで早速2Fのレストランでカレーランチを頂きました。
スープのようなさらっとして後味がちょっとぴりっとくる東南アジア系のカレーです。
食事をしながらまったりとした時間が流れてゆくのが心地よくのんびりしてしまいます。

自宅にいると自動車の音時々聞こえるサイレンの音騒々しい音が頭の上を走ってゆきま
すがゆっくり目を閉じて座っていると木々の葉がこすれあう音・鳥のさえずり・静かな
微風の音とゆっくりと時間が流れていく音が聞こえ生活音がまったく無く別世界に来た
ようです。
ホテルの1Fサロンで頂くコーヒーが美味しく、時々修善寺ホテルのコーヒーが飲みた
くなります。

僅か45分足らずのドライブで行ける場所ですが遥か遠くに旅行に来た気分です。

帰りは伊豆洋ランパークみんなのハワイアンズで南国ムードにどっぷりつかりステージ
ではフラダンス教室の発表会をマンゴージュースを飲みながら堪能しました。

みんなのハワイアンズのステージはとても踊りやすく踊っていて気持ちの良い空間にな
っていますので遠くからもステージ使用にいらっしゃるようです。
今日は藤沢市の教室の方たちが踊っていました。
11月には私たちフラダンス教室もこのステージで先生を囲んでのパーティをする予定
です。
みんなのハワイアンズに入場すると必ずかわいいレイをプレゼントしてくださいます。
友達は子供のように喜んで「得した気分」を連発していました。
「レイのプレゼント」は「ランプの会」でも真似してみようかな・・・

のんびりと過ごした過ぎ行く夏の一日でした。

今日からヨーカドー三島店の販売イベントが水・木・土(3日間)とあります。
最近、本当は販売が苦手と気がついた私の販売の仕事です。
苦手な販売も笑顔を振りまいて頑張ります。

             今日もhappyな一日を!!

♪趣味?♪

おはようございます。杉山です。
いつも応援コメントありがとうございます。

♪趣味?♪

手作り展等に参加して販売していますと時々「いいご趣味ですね」とか「趣味と
実益を兼ねていいですね」とか言われることがありちょっと眉毛が上がり「いえ、
これが仕事ですから」とニコッと微笑み返すことがありますがおなかの中が煮え
くり返り蹴飛ばしたくなります。
でも、冷静に考えると私の作るものはまだ趣味の域から抜け出してなく売り物で
は無いということです。

ガラスアクセサリーを作成販売するようになり8年目になります。
その間、私の作るアクセサリーを楽しみにしてくださる方が三島・静岡・浜松・
東京と広範囲になりました。

アクセサリー作成を学んだわけではなく試行錯誤しながら独学でここまできました。
時々、アクセサリーショップで商品を見ては作り方を勉強していますが見ても解ら
ない時は購入して分解してみることもあります。
ガラスを好きなように色や形を決め電気炉で焼くことは出来ますがアクセサリーと
して作成するのはまだ技術が乏しいと反省しています。
全てを自分でするのではなく編みこみビーズやシルバー線を使ったものはその専門家
に任せて作ってもらうこともあります。

作成当初のアクセサリーを時々されているお客様を見かけることがありますが思わず
「ありがとうございます」と頭を下げると同時にあんなものを売ってしまって申し訳
ないという気持ちがこみ上げてきます。

夫にいつも言われることは「恥ずかしくないものを作って売りなさい」です。
私はちょっと失敗したものは値段を下げ販売する主婦感覚だからきっと「趣味」って
言われてしまうのですね。

これからは「いいご趣味ですね」とか「趣味と実益を兼ねていいですね」とか言われ
ずに「いい仕事してますね」と言われるように作成販売をしてゆきたいです。

            今日もhappyな一日を!!

♪集客♪

おはようございます。杉山です。
今日も宜しくお願いします。

♪集客♪

先日、文化協会の集まりがあり10月の文化祭についての打ち合わせがあった。
そこで一番の問題でありあまり改善されないのが集客のようです。
①年々観客が少なくなっている。
②町の予算に文化祭費として計上されているがこのままの状態であると文化祭
 自体がなくなってしまうのではないかと心配している。

(去年、初めて文化祭に参加しましたが多目的ホールに展示されている展示部
門でもステージで展開されている芸能部門でもお客様の姿があまり見えません
でした。)

そこで今年は観客参加型にして楽しい文化祭にしようとしています。
展示部門の取り組みは解りませんが芸能部門ではお客様にステージにあがって
頂き体験や挑戦をしてもらうようなコーナーを設けました。
フラダンスは私が受け持つコーナーです。
かわいいレイを首にかけ簡単なステップで一曲踊る「みんなで踊りましょう」
をすることにしました。

会合中に、ある方が私の耳元で「協会員が一人文化祭に連れて来てくれると簡単
に400人から500人くらいの集客が出来るのにね」と・・・
なぜ、たった一人のお客さんを連れてくることが出来ないのでしょうか?
例えば、妻・夫・両親・子供・親しい友人など。
集客することが困難であるのなら役員以外の文化協会員が2日間観客になって他
のチームの成果発表を応援することが出来ると良いのになと思いました。

今年もポスター・プログラムを無料で沢山配布され集客を呼びかけます。

一般の教室が発表の場をつくるとなるとポスター・プログラム・案内はがき・
ステージ・ギャラリーとその他の準備に沢山のお金がかかります。
集客出来ないとかかった費用が無駄になりますので教室全体で集客に力を入れます。

文化祭役員は文化祭を盛り上げるために会合を繰り返し開いています。
私も今年はスタッフとして2日間じっくりと参加するつもりです。
そして私達チームにも自分のステージが終わっても最後まで残って観客になって
いてねと話しています。

文化協会員が日頃の成果発表を楽しく出来るように文化祭を盛り上げてゆきたい
です。

            今日もhappyな一日を!!

♪10周年記念♪

おはようございます。杉山です。
好奇心旺盛なおばさんは今日も頑張ります。


♪10周年記念♪

ステンドグラス ハーモニー工房が生徒作品展を開催して今年で10回目の記念
の年になります。
ハーモニー工房を開業して夫と二人で約束した夢はギャラリープラザで年に1回
生徒作品展を開くことです。
生徒が少なくて作品が無くても生徒の発表の場として必ず作品展はしょうという
ことで毎年11月に生徒作品展を開催して10年がたちました。

10周年の区切りの年として今年からは生徒主体の作品展にしょうと夫と話合い
まず、案内はがきの写真を生徒作品にしました。
毎年、案内はがきを1000枚作るためにはがきに掲載する写真を夫が徹夜して
作品作成していました。

作品展の案内はがきとは別に今年もギャラリー案内のはがきに写真を掲載してい
ただけるので9月上旬には作品の写真を提出しなければいけません。
「今年の写真はあの作品がいいね」と夫と意見が一致しました。
今日、教室があったので主旨を説明して「あの作品」を作成している生徒さんの
の了解をとりました。
9月上旬に写真提出のためには8月月末には写真撮影をしなくてはならずちょっと
大変ですが作品完成のお手伝いをしょうと思っています。

そしてギャラリーの表にある展示スペースを去年のテーマは「家」ということで
ミニチュアハウスにしましたが今年のテーマは「森の音楽祭」にしたいので作品と
平行してガラスで楽器を作りましょうと提案し生徒さんが作成することにしました。
飾りつけは生徒主体では難しいので私がしなくてはならないと思います。

これからは案内はがきに生徒さんの作品が掲載されることになると励みになると思
います。

作品展は11月22日(木)からですがもう準備をはじめています。
8月からは作品作成追い込みのために工房の中が活気ついてきています。

これはまだ秘密ですが10周年記念パーティを開催したいなと思っていますがどの
ようにしたら良いか思案中です。誰にも内緒です。だからシィーです。

今年の作品展もワクワクします。

             今日もhappyな一日を!!

♪数秘♪

おはようございます。杉山です。
今日から一週間、つたないブログですが宜しくお願いします

♪数秘♪

自分がなぜ生まれてきたのか・生まれてきた使命はなにか・時々、感じる
不思議な体験はなにかと思っていましたので「数秘」を勉強することにし
ました。

「数秘」は生年月日で自分の生き方や今後こうなるであろうというものを
解き明かしてゆくものです。
生年月日が同じだと皆同じ回答かなと疑問に思いながらも勉強をはじめ
私自身のことを解き明かしてみました。

生年月日の計算での人生の転換期は、36歳・46歳・56歳頃です。
36歳・46歳にはそれぞれ大きな転換期がありました。
そして56歳にはフラダンスと出会いこれからの人生をフラダンスと歩んで
ゆこうと思い3年後には何か形にしたいと考え今レッスンに励んでいます。

「数秘」での結果は56歳で何かを始め3年後には実りの年になっています。
最終的には仲間と組織を起こし充実した人生をおくるとのことでした。
フラダンスについては指導者になろうとは考えていません。
サークルを立ち上げてグループごとにリーダーを決めリーダーとともに
フラダンスの楽しみを伝えてゆきたいと思っています。
今、フラダンスのレッスンとともにリーダーとして活躍してくれそうな人達
をさがしています。
私は事務局としてサークル運営・展開を図っていきたいと考えています。
私が考えていることと「数秘」の答えがピタッと同じでした。
勇気をもらいこれからも目的に向かって進んでゆこうと思っています。

夫のことも計算してみました。
夫は今、今後のことを悩んでいて来年には答えを出しそうですので黙って
答えをだすのを見守ろうと思っています。
今までは煮え切らない夫をみててイライラしたりつい口をはさんでしまった
りして口げんかをしていましたが最近はけんかをしなくなりました。

人間関係のお付き合いの中で相手のバイオリズムや相性を知ることにより
自分の言動・行動をおさえることができることはちょっと助かります。

「数秘」はあくまでも自分を知ることの勉強のためにしていることですので
今後どうするか考えていません。

これからも数字を読み取れるように勉強してゆこうと思っています。

今日も暑くなりそうですね・・・

          今日もhappyな一日を!!

一週間ありがとうございました

8月17日  うみの塗装  海野貴

昨日から新しく大学生が職場体験に来ています。
彼はとても真面目で優しい好青年ですが、精神的な問題があり、うちに職場体験に来ることになりました。
彼はかなりレベルの高い大学に行っていますが、失敗を怖れ、自分に自信が持てないとのことでしたので、杉井さんからも「失敗をさせて、それを直せば大丈夫なんだ」ということを学ばせて欲しいとアドバイスをもらっていました。
事前に両親やバイトの日大生にもそのことを伝え、皆で彼をサポートしてくれるように打ち合わせをしておきました。
三島駅に彼を迎えに行って、現場に向かう間にも彼は相当緊張をしているようでした。
二十歳の子が、見知らぬ所へ来て働く訳ですから、緊張するのが当たり前ですが、彼は数日前にCLトレーニングを受けていましたので、「緊張するということは、良く思われたい、うまくやりたいという気持ちがあるということだから良いことなんだよ」と伝えました。
現場に着くと、早速作業に取り掛かってもらいましたが、本当に熱心に一生懸命仕事をしてくれました。
こんな姿勢で仕事をしてくれたら、誰でも応援したくなりますね。
お昼休みに感想を聞くと、「集中が続かずキツかった」というので、「午後のからは、上手くやるために何か工夫したことがあったら教えて」と言いました。
集中することや、キツイと思うことはコントロール出来ないことですから、その自分の内面に意識を向けるのではなく、作業に意識を向けてもらおうと思いました。
仕事が終わり、感想を聞くと「とても疲れた」と言い、自己採点は50点だと言っていました。
そのまま家に帰り、風呂に入り、食事をして寝るだけだと、時間を持て余していろいろなことを考えてしまうかもしれないと思いましたので、今日の仕事を労うために近くの居酒屋に行きました。
生ビールで乾杯をすると「こんなにビールが美味いと思ったのは初めてです」と言っていました。
仕事も大変だったようですが達成感はあったようです。
美味しそうにビールを飲む彼の姿を見て、何だか私も嬉しくなりました。
自分のことを低く評価してしまうところがあるようですが、
体を目一杯使い、汗水たらして働いた自分に対して、ご褒美として美味しいビールを飲むことは、彼にとっては良いことだと思いました。
体も疲れていますので、寝床に付いたら、いろいろ悩む暇もなくバタンキュウで寝てしまうと思います。
私は、彼と一緒に汗を流し、一緒に笑って酒を飲むことくらいしかできませんが、そんな一日があってもいいのかなと思いました。
これでいいのかどうかはわかりませんが、彼が何かを感じてくれたら嬉しいです。
今日の二人の課題は「二日酔いでもなすべきことをなす」です。
彼と一緒に仕事することを楽しみたいと思います。

明日から杉山さんお願いします。

40年間の恩返し

8月16日  うみの塗装  海野貴

私の両親の友人に、よくうちに集まって飲む山口さん夫妻、百瀬夫妻がいます。
お正月は毎年決まって集まり、それ以外にも何かの時によく集まって飲んでいます。
山口さんはすぐ近くに住んでいて、そこの子供も年齢が近く、幼稚園の頃から毎年一緒にキャンプに行くなど家族ぐるみの付き合いをしています。
百瀬さんとはうちの母親とおばさんが高校の同級生で、それからずっと仲良くしていて、こちらとも家族ぐるみの付き合いをしています。
山口さんのおじさんは山男なので、いろいろなところへ登山へ連れて行ってもらったり、おばさんは、自分の子供は女だけなので、私のことをとても可愛がってくれて、会う度に「たかし、頑張ってるね!偉いね」と言って、いまだに頭を撫でてくれたりします(いいかげん恥かしいですが)
百瀬さんのおじさんは以前ラーメン屋をしていたのですが、おばさんが「もうやめたい」というと「俺の夢は叶ったから」と言ってあっさりやめて「何でも屋」を始めたり、介護の仕事についたり、今は配送の仕事をしています。
とても物知りで、誰にでも好かれ、誰とでも仲良くなってしまい、俳優の三國連太郎さんとも親しくしています。
とらわれがなく、人生を楽しんでいるな~と、小さいながらに思っていました。
おじさんは私が小さな頃から「たかし!視野を広くもてよ」と会う度に言ってくれました。
昨年仕事が忙しい時には「たかしの役に立つなら」と言って手伝いにも来てくれて、足手まといにならないようにと、一生懸命手伝ってくれました。
最近は、私の年賀状の宛名書きが大変なことを知って、お正月に集まって飲む前に皆で手分けをして手伝ってくれています。
私は生まれてから40年間、おじさんおばさんたちにお世話になりっぱなしですが、一度も、して返すことがありませんでした。
いつかは恩返しをしようと思っていましたので、今年長野の渋温泉の「春蘭の宿さかえや」さんに招待しようと思いました。
さかえやさんには、一度杉井さんにMGで連れて行ってもらったことがあり、湯本社長は本当に人柄がよく、私も大変お世話になりましたので、招待するならここしかないと思いました。
そのことを山口さんのおばさんに言いにいくと「たかしのその気持ちがうれしい」「あんなに小さかったたかしが・・・」と言ってボロボロ泣いていました。
私は経営塾に入っていなければ、このようなことも考えなかったと思いますし、このようなことをしてあげられなかったと思います。
頑張ってきて本当に良かったと思いますし、支えてくれた杉井さん、経営塾の皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。
どうせなら、もっと喜ぶようなサプライズ的なことも考えてみたいと思います。
アドバイスがありましたらよろしくお願いします。

仕事の役割

8月15日  うみの塗装  海野貴

昨年からフリースクールの生徒さんなどが職場体験に何度か来ています。
毎回生徒さんたちの役には立ちたいと思ってはいるのですが、職場体験が終わるたびに「結局何もしてあげられなかった」と思うことばかりです。
しかしながら杉井さんやオンリーワンの井上さんのお話を聞くと、多少なりとも生徒さんたちに何かしらの変化があるようです。
私自身は何もしてあげられないのですが、私の仕事自体が生徒さんにいい影響を与えられるものなのかもしれないと思いました。
私はCLを勉強していくうちに、私の仕事は神経質な人のために役に立つのではないかと、薄々感じていました。
私の仕事は常に危険と隣合わせですから、周りを観察し、安全を確かめ自分の行動をコントロールしていかなくてはなりません。
誰でも足場の一番上に上り、下を眺めながらそこから落ちたことを考えると恐怖心が湧いてきます。
しかし怖いからといってそこでうずくまっている訳にはいきませんから、手摺につかまり、躓かないように一歩一歩慎重に歩いていくしかありません。
そのような状況にある時は、目の前のことに集中し、必要な行動に意識を向けなければなりませんから、日常で起こっている悩みや不安のことを考えている暇などありません。
そして体を使う仕事ですので、目一杯体を動かし作業に打ち込んでいる時には、悩みは消えていると思います。
一日の仕事が終わる時にはクタクタになり、家に帰ってバタンキュウで寝てしまいます。
仕事的にも、神経質な人は丁寧さや、細かさにこだわってやることは向いていますし、こだわってやった結果が目に見えてわかる仕事なので達成感、充実感も味わえると思います。
このようなことから、いろいろな感情、悩みがあっても行動をコントロールして物事を達成できることを経験し、できなかったことが普通にできるようになっていくことで自信ももてるようになっていくと思います。
私自身も経営塾やCLを学ぶことで、仕事への取り組みも変わり、やりがい、自信、価値などを感じられるようになりました。
仕事とはお金を稼ぐだけではなく、人が成長し、いい人生を作っていくものなのだと思います。
私ができることは、その環境を作り応援していくことです。
そのためにもCLを学び、神経質、森田療法、内観法の理解を高め、指導していく力を身に付けていくことが必要になります。
今森田療法の本を読んでいますが、それは、人というものがどういうものなのか、本来持っている「生の欲望」というのはどういうものなのかということを知りたいからです。
世の中や、社会が変わっても、人間の本質はあまり変わらないと思います。
ですからまずはそれを理解し、その人その人の状況、環境の変化、時代の変化に合わせて適切な指導をしていけるようになりたいと思います。
小さな会社ですから、社会を変えることはできませんし、多くの人の役にも立てないと思います。
しかし、関わる人の一人でも、「良い人生になった」と言ってもらえるように努力をしていきたいと思います。

フェイスブック

8月14日  うみの塗装  海野貴

私は最近フェイスブックを始めました。
以前からフェイスブック(以後FB)のことは知っていましたが、面倒臭がりの私はきっとやらなくなるし、FBでの集客にはあまり興味がありませんでしたが、
先日、同級生がFBで連絡を取り合ってBBQをやることになったらしく、私も誘われて行ったところ、皆にやれと言われて登録することになりました。

実際にやってみた感想は、友達申請などがたくさん来るし、その度に対応をしていると、とても時間を取られてしまうと思いました。
しかも友達になるとその人の情報がいろいろ見れるので、興味が湧き、誰と友達になっているのかなどを見ていると、アッという間に時間が過ぎてしまいます。
これは本当に危険だと思いました。
これをやっている時間は自社に力を付ける時間ではありませんので、ただの暇つぶしの時間になってしまいます。
時間は一番の財産ですから、そんなことに使ってしまっては、潰した時間に自分が潰されてしまうと思いました。
ですからFBを見る時は、そのことは常に頭に置いてやらなくてはいけないと思いました。

反面、友人や同級生とは密に連絡が取れますし、やり方によっては知人に刺激を与えるという意味で、便利なツールだとも思いました。
そこで思ったことは、見込み客を顧客にするためにはいいですが、これで見込み客を増やすことにはあまり効果が無いように思いました。
職種によっては良い場合もあるかもしれませんが、私の場合は「どんな人を増やすのか」ということが重要ですから、やたらに友達を増やしても意味が無いと思いました。
ですから友達を増やすにも、ある程度相手を絞っています。
そして、いろいろな人に見られる可能性がありますので、発信する内容には本当に気を使わなければいけないと思いました。
いまのところ意識していることは「人の役に立つ内容」「人を応援すること」「自分の価値観、想いを伝えること」「売りを出さないこと」です。
誰かのコメントに対して、解釈投与で見落としている目的に光を当てることや、良い意図を認めること、経営塾で習った言葉などを織り交ぜてコメントをすることなどをしています。
そして私が普段、どんな想いでやっているか、どんな人間なのかということを、友人、知人、同級生に知ってもらえたらいいと思っています。
FBはあくまでも手段の一つに過ぎないのですから、どんな人間になるのか、どんな価値を作るのかということに時間と労力を費やさなければ、きっと何も変わらないと思いました。

それとBBQで皆で集まった時に、意外にも私の重点地域に同級生がたくさん住んでいることもわかりました。
ある同級生と仕事の話しになった時、「うみの塗装さんてうちの取引先だ」という人もいました。
まだまだ私は認知が少ないので、FBも活用して少しずつ認知を広げていこうと思います。

システムを作る

8月13日  うみの塗装  海野貴

昨年の沼津経営塾7周年では、細谷さんと一緒に体験発表をさせてもらいました。
その時に杉井さんから「来年は自分が発表をする側にならなければいけない」ということを言われました。
発表はともかく、発表ができるような成果を出すくらいの取り組みが必要だという意味だと思います。
私は、成果を出すための取り組みはいいのですが、人前で発表するのは苦手なので、内心来年は発表をすることは避けたいと思いました。
私はどちらかというと自力タイプの人間で、人から応援されたり、人をまとめる力は弱いと思います。
ですから私の最重要課題は、リーダーシップを高め、人から協力してもらえる人になることです。
細谷さんの凄いところは、自分の努力もそうですが、常に周りから協力をもらえるようなシステム、仕組みを作ることを考えていることです。
細谷さんの頭の中には、常に「水路を作る」ということがあるのだと思います。
私は、桶を担いで水を汲みにいくことばかりです。
数年前の大変な状況から、社員を抱えたまま結果を出し、今期も更に伸ばしているのは、社員をまとめるリーダーシップと、協力をもらえるシステムを作ったからだと思います。
そして今回の8周年では「展示会をやろう」と呼びかけ、全員が壇上で発表をする機会を作りました。
一年前に杉井さんから出された課題に対して、皆が達成できるようなシステムを作ったのだと思います。
そしてそのために忙しい中、皆のために時間を割き引っ張ってくれています。
本当に素晴らしいリーダーだと思います。
昨年一緒に発表した私は、完全に差をつけられてしまいました。
せっかく近くに、こんなに素晴らしい仲間がいるのですから、細谷さんから多くのことを学ばなければもったいないですね。
今日の夜に8周年のミーティングがあります。
成果を上げるため、今後の経営に活かすためにも、本番までの準備期間を大切にしていきたいと思います。

見積金額

8月12日  うみの塗装  海野貴

先日、消防の先輩のお父さんから「うちのお稲荷さんを塗ってくれ」と頼まれました。
先輩のお父さんは植木屋をしていて、偶然現場で一緒になり依頼をしてくれました。
私は先輩のお父さんとは初対面でしたが、向こうは私のことを知っていました。
「知人の塗装屋に見積もりももらっているんだけど、なかなか来てくれないから海野君に頼むよ」と言われたのですが、私はよその仕事を奪う形になってしまうので「そちらの塗装屋さんは大丈夫ですか?」と聞くと「いいんだよ」と少し不満な表情になったので「それじゃあやらせてもらいます」と言って、向こうの見積もり金額を聞こうとすると、またシブい表情になったので、一度現場を見てきて見積金額を提示することにしました。
私は、お稲荷さんの塗装ですから、かかっても一人工くらいだと予想はつくのですが、その業者さんと金額があまり違ってしまってはいけないと思い金額を聞いたのですが、何やら様子がおかしいと思いました。
現場は車で5分のところでしたので、すぐに行って見てみると、やはり手間は掛かりますが一日で終わりそうな仕事でした。
普段、一式仕事は一律の金額を決めてあり、それを提示するのですが、先輩のうちの仕事ですし、他の業者さんとの兼ね合いもありますから「高い」という印象を持たれないように、普段より安い金額を提示することにしました。
お父さんに金額を言うと、少し沈黙して何かを考えているようでした。
私は「何かヤバかったかな?」と不安になりましたが、沈黙を破りお父さんが「金額を言ってもらったから言うけど、向こうの見積もりは○○万円なんだよ」と言いました。
その金額は私の提示した金額の半分の金額でした。
私としても、職人一日の手間代と材料代のみで利益はゼロの金額でしたので、あまりにも安い金額だと思いました。
そしてお父さんが「俺も職人だから大体の手間代はわかる。あの金額では半日で終わらせなければ赤字の金額だから、もしかしたらいい加減な仕事をされてしまうのではないかと心配になった」「どうせ儲からない仕事だから後回しにされているのではないかと思っている」と言いました。
「俺は塗装のことはよくわからないから海野君の金額が適正かどうかもわからない。でもまあ頼むよ」と言われましたので、私としてはしっかりやらせてもらうつもりですから、施工の仕方、使う塗料などを説明をし、やらせてもらうことにしました。

後日、仕事をさせてもらっている時にお父さんが見にきました。
仕上がりを見たからか不安な様子もなく、いろいろな胸の内を話してくれました。
先日話してくれたことと大体一緒でしたが、不明瞭な金額と、どんな仕事をされるのかという不安があるのだと思いました。
お父さんは、安すぎる金額に対しての不安のことを言っていましたが、私はもしかするとその業者さんは、いつもお父さんに世話になっているからサービスで安くやろうと思ったのかもしれないと思い、そのことを伝えました。

お客さんによって、同じ金額でも高いと感じる人もいれば、安いと感じる人もいますから、見積もりには本当に悩みます。
しかし今回の件で、根拠のわからない安さは、かえって相手に不信感を持たれることがあるということを知りました。
親切で安く見積もって逆効果になってしまっては元も子もありません。
なぜこの金額になるのかという説明と、「今回は○○の理由で割引させてもらいます」というような説明をすることはとても大切だと思いました。

同級生

8月11日  うみの塗装  海野貴

今、二人の高校の同級生の実家を工事させてもらっています。
その同級生は一人は野球部で、一人はサッカー部でした。
私は高校では将棋部(卒業の時はなぜか数学部でした)で、彼らとは一度も近いクラスになったことがなかったので、高校時代は一度も話をしたことがありませんでした。

高校を卒業してから私は他の高校のサッカー部のOBチームに所属していたのですが、母校のサッカー部の連中がチームを作ったらしく、偶然練習試合をすることになって、彼らと再会をしました。
それからそちらのチームの練習に行ったり、ゴルフや飲み会もやったりして仲良くなりました。
その同級生たちと親しくなって、よく飲むようになると「高校の時はお前のことはあまり良く思ってなかったけど、誤解していたみたいだな」とよく言われました。
私の高校時代は親しい友達以外からは「いいかげんな奴」という印象を持たれていたようです。

その後、結婚し、仕事も独立をすると、その仲間から仕事を頼まれるようになりました。
今回の同級生の両親にも可愛がってもらうようになり、いつもお歳暮を渡しに行くと、両方とも農家なので「これ持っていきな」と言って野菜をたくさんもらって帰ります。
今まで野球部の方は、納屋、アパート、自宅と今回で3回目の依頼です。
サッカー部の方は、自宅、壁補修、雨樋工事とこちらも3回目です。

高校時代は一度も話をしたことが無かったのが、今では公私とも親しくなっていることが不思議ですし嬉しく思います。

経営的に考えると、学校の同級生は話をしたことがなくても、一応お互いの存在は知っているのですから、すでに見込み客なのだと思います。
そこで自分がどんな人間かを知ってもらうことができれば、顧客からファンにもなりやすいと思いました。

よく「友達とは仕事の関係になりたくない」というような話しを聞くことがありますが、私は逆だと思っています。
本来仕事とは相手の役に立つことですから、友達だからこそ「お前のために頑張るよ」というのが普通だと思います。
今回の野球部の方の仕事は、同じ町内の業者でやれば町から補助金が15万円出るのですが、それでも、それを承知で補助金の出ない私のところに依頼してくれました。
サッカー部の友達も一緒に飲んでいる時に仕事の話しになって「お前にやってもらって、なんだか嬉しかった」と言ってもらったことがありました。
仕事を通して縁が深まっていければ、こんなに嬉しいことはありませんね。
今後は同級生の輪を広げていくことも考えていきたいと思います。

ありがとうございました。

2012年8月10日(金)神尾ファーム 神尾尚宏

おはようございます。皆さん、あたたかいコメントありがとうございました。

次のブログ当番のタスキを受け取っていただける方が、決まってません。誰かいませんか?
最終日よろしくお願いします。

皆さんのおかげで、つたないブログですが、なんとか最終日を迎えることができました。
ブログをアップするまでとても時間がかかってしまいますが、せっかくやるのだから、何かつかめればと思い書いてました。

ブログを書くことで、皆さんからのありがたいコメントからヒントをもらい新しくチャレンジすることを決めることができました。

今は、8周年に向けて準備することに力をいれてますが、そのときに合わせて神尾ファーム通信を作ろうと思います。
昨日のブログでも書きましたが、今の作業のこと、大変なこと、今とれる野菜、美味しい食べ方などの情報を知ってもらえるような内容で考えています。
初めてやることで分からないことや、たいへんなことがあると思いますが、楽しんで作成したいと思います。

皆さん、一週間つたないブログにおつきあい、ありがとうございました。

ブログの力

2012年8月9日(木)神尾ファーム 神尾尚宏

おはようございます。皆さんコメントありがとうございます。伝える方法のヒントありがとうございます。

6日目よろしくおねがいします。

昨日の夕食後、ブログのコメントを妻と読んでいて、妻がどうしてもブログを書きたいと名乗りをあげたので
 
妻のつたない文章ですがお付き合いください。
 
 おはようございます。 神尾かほりです。
ブログ初挑戦ですのでお手柔らかにお願いします。
たくさんの方から、いつも暖かい励ましのお言葉を頂き、誠にありがとうございます。

 子供達に、作って食べる美味しさを伝えたいのと、以前にも主人が書いた添加物のことも気になり、又、自分の家で取れた野菜料理の研究のため、なるべく手作りの食事を心掛けています。
昨日は、子供達と一緒にコロッケを作りました。
三女(2才)は、まだ無理なので寝ている間にこっそり長女(7才)次女(4才)と作りました。
 工程ごとに役割を与え、作業して、最後に私が油で揚げました。
「こうやって、衣を付けて作るんだ!ママってすごい。ママってシェフ?」と聞かれ、
思わず「いいえ、私は主婦(シュフ)です。」と答えました。

そんな会話も交え、楽しく作ったコロッケは、子供達に大好評でした。
もちろん起きてきた三女も、いつの間にか食卓のイスに座り「はし、はし?」と言っていました。
食品添加物の講座の話を、主人から聞いた際に、親があまり料理をしないから、作り方を知らない子供が多くいて、作って食べる美味しさを味わえないと言う話を聞きました。
私はそれではいけないと思い、作って食べる事を伝えたいと思い、こうして子供達と料理をしています。
「これって、主人がやっている伝えたい農業に似てるかも?」っと素人ながらに感じたのです。
こうやって作ってるんだよ。こんな苦労があるんだよ。という事を伝えたいと思っていました。
そこで今日のコメントで頂いた、鳥居さんのご意見を読んで、はっとしました。
又、小野さんから頂く馬の耳も考えました。
気付くのが遅かったのかもしれませんが、これだ!と感じたのです。

私達もこれから、こういった苦労や、今やっている作業の事、次に取り掛かる野菜の準備、ソムリエとしての情報などを交えた、神尾ファーム通信を、月に一度発行してみようと思いました。
直売においたり、オラッチェの販売の際にお客様にお渡しできるようなチラシを作ってみようと思います。ブログの力って凄いですね。主婦がやる気になってしましました。ご意見をありがとうございます。

 私は、普通の家庭で育ったので、農家さんとは、まったく縁がありませんでした。
しかし実際、農家といえども一つの会社のように感じます。
製造から販売まで自分の手で行うからです。
私もここに、嫁いできたからには、ここで、「素人だから気がつくことがあるかも知れない」と思い自分がやれる事を追求してとことんやっていこうと思っています。
思い起こせば、短大の頃に手相をみて頂いた方に「女性にはもったいない手相です。
この手相は男性に産まれる方が、良かった。企業家か、社長です。」と言われました。(真相は定かではありませんが・・・)
正直あの時はまったくピンとこなっかたのですが、今の境遇になり、その時が来たのか?と勝手に思っている次第であります。可能性を信じ主人と一緒にやっていきたいと思います。
つたない文章を読んで頂ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

珍事件

2012年8月8日(水)神尾ファーム 神尾尚宏

おはようございます。皆さんコメントありがとうございます。
来年の企画楽しんでもらえるようなこと浮かんできました。
5日目よろしくお願いします。

今年の4月の早朝のことです。
天井裏から、「ミューミュー」と泣き声みたいな声が聞こえると妻から呼ばれました。
少し前から天井裏から「ドサッ」と重たい音がしていましたので、大きいネズミだと思い、粘着マットを仕掛けておきました。
行ってみると、仕掛けた場所からではなく、違う所からでした。
私は、恐る恐る天井裏へ行って声がする所にライトを当てると黒い塊のようなものが動いてました。
近くに行くと、目が開いてない動物の赤ちゃんでした。それは、鼻から頭にかけて白い筋があり、ハクビシンとわかりました。
早速、役場に駆除のお願いの電話をしました。待っている間に親らしきハクビシンが、塀から、木に登って家の屋根へ渡って小さなすき間から、天井裏へ入っていくのが見えました。

昨年、スイートコーンがハクビシンに荒される被害があり、親も駆除してもらいたかったのですが、逃げられてしまい、赤ちゃんのみの駆除でした。

このときから、夏のスイートコーンの対策を考え、生態や、他の農家さんのやっている対策を調べました。
今年は、高圧の電気が流れる策を周りにはり、被害は、少なく済みました。

近年日本のどこでも、鳥獣(カラス、猪、鹿など)の被害が多くなっているようです。
農業は、天候だけでなく鳥獣害や害虫に対して、いろんな対策もして、栽培しています。その、わが子をてしおにかけて栽培する苦労をもっと消費者に伝えていきたいと思いました。

夏休みの小学校

2012年8月7日(火)神尾ファーム 神尾尚宏

おはようございます。皆さんコメントありがとうございます。
目的に向かっていきます。
4日目よろしくお願いします。

私の娘が通っている小学校では、夏休みにチャレンジ学習というのがあります。
それは、学校の授業の補講ではなく、学校の先生や父兄の方が生徒達に色々な体験をさせてもらえる講義です。
今年は、陶芸、ソーセージ作り、茶道、花道、フラワーアレンジメント、バドミントン、シャボン玉などがあります。
強制ではないので、生徒達がやりたい事に参加するスタイルです。
7月に講師の募集があり、私の妻が、「花道をやってみようかな、和の心を伝えたいな」と言っていましたので私は、花道の免許があるから生かしたら?と進めました。
夏休みの前に学校が、花道の参加人数を教えてくれましたが、全校生徒70名くらいに対して、36名も希望者がいました。(ちなみに2番人気)
妻は、10人くらい集まれば・・と思っていたらしく、驚いてました。
早速花屋さんへ交渉に行きました。(予算があるので)ですがお盆前ということで、使いたい物が高く試行錯誤した末、家の庭の植木の枝も使えることを思いつきました。
当日、私は行けませんでしたが、講義では、教頭先生をはじめ数人の先生が補助していただき、スムーズに進行できたそうです。
しかし、同じ様に教えてるのですが、生徒たちは、色々な形で生けたので、同じように伝えることの難しさ、十人十色とはこの事だと感じたようです。
以外に男の子で凄く上手な生徒がいたのは驚いてました。

このような、取り組みをしている学校は少ないと思います。生徒が少ないからできる事があると思いました。
来年は、私も、野菜を楽しんで食べる事が出来るような企画をしてみようと思いました。

続ける事

2012年8月6日(月)神尾ファーム 神尾尚宏

おはようございます。皆さん、アドバイスありがとうございます。皆さんと成長していきたいです。
3日めよろしくお願いします。

先日、経営塾に参加できませんでしたが、初めて参加された方が数名いらっしゃった事を聞いて、とてもうれしく思いました。また、細谷さんの模擬ブースが見れなくてとても残念でした。

私が、初めて沼津経営塾に参加したときは、東塾で杉井先生のお話や、先に参加していた東塾の仲間の誘いがありまして、一回行ってみようと思い参加しました。
普段、畑にいると野菜と土と風と光と虫との交流がありますが、人との交流は、ほとんど無いです。

参加してみると、いろいろな業種の方達がいて、自己紹介や、近況報告は、とても新鮮でしたし
それを言うことで、自分の中で考えが整理されたり、自分の課題が見えてきます。

今年度の東塾の方達も、とても頑張っている農家の方達なので、経営塾に「一緒に行きましょう」とさそっています。
また、ブログの当番をやることで一週間、日常と違った生活や行動がうまれてきます。

このブログ当番を続ける事で、苦手なことの克服や、皆さんからのアドバイスを大切にしていきたいです。

参加するぞ!

2012年8月5日(日)神尾ファーム 神尾尚宏

おはようございます。皆さんコメントありがとうございます。
2日目よろしくお願いします。

先日、8周年の発表、展示に向けてチラシの作成をしましたが、作った事が無いので、とても大変な作業になりました。その時は、天気があまり良くなく、良い写真がなかなか撮れなかったり、風邪をひいてしまい38度の熱でとても大変でした。しかし、「参加するぞ!」と決めたからには、良いものを作りたいと思い、なんとか作りました。

しかし、私は、「参加するぞ!」と決断するまでに時間がかかってしまいました。
それは、当時、自分には出来ないと思っていたからです。
ですが、小野塾長や、沼津経営塾の皆さんが、「神尾君、一緒にやろうよ」と声をかけてくれたことで、「参加するぞ!」という気持ちになり、本当にうれしかったです。ありがとうございます。

私は、まず自社の認知度や、価値を上げたり、ファンを増やしたいと思っていますので、8周年の発表展示会に参加しなくてはもったいないですね。

もし、私が、東塾や、沼津経営塾で勉強してなかったら、極端ですが、農作業だけの人生になっていたかもしれません。

マイペースな私ですが、沼津経営塾の皆さんの刺激を受け、成長していきたいです。

8周年に向けて

2012年8月4日(土)神尾ファーム 神尾尚宏


おはようございます。細谷さんから襷を受け取りました。
今日から一週間、よろしくお願いします。

先日、小学2年生が学校の授業で、私の所へ見学に来てくれました。
今、小学校の授業では、「生活」という授業があるようで、自分の住んでいる地域の事を調べ直接聞きに行くようです。

小学生は、授業で何を質問するか考えてきたようで、私が答えると全員素早くメモをとっていました。

主な質問は、どんな野菜を作ってますか? 特長は何ですか? 作っている野菜で一番美味しい野菜は?
など、とても真けんでした。

私も、わかりやすく言うように心がけました。
 一年間を通じて約50種類くらいの野菜を作っていること、丹那の牛の完熟のサラサラな堆肥を使って土つくりをしていること、箱根山麓の火山灰土が野菜の栽培に適していること、季節に合った(旬の)野菜を作っているので味、栄養価が高いこと、台風などの自然の環境の影響を受けやすく、今取れてる野菜は、この前の台風で生き残ったど根性野菜のことなど、伝えました。小学生の反応は、「すごーい、そうなんだー」と言ってました。

その後、畑に連れていきました。畑で育っている野菜を見たとたん、「すんごーい、美味しそう」と目を輝かせていました。明らかに、反応がよかったです。

今回このような機会で、ほんの少しですが、8周年に向けてのイメージにつながったと思いました。また、言葉や文字で伝えるだけではなく、写真や実物があれば、効果がかなりあると思いました。

8周年の発表まで、後2ヶ月しかありませんね。
これから、集客するために声をかけたり、展示ブースの準備、プレゼンの原稿つくりで、特に私の苦手なプレゼンは、練習をしなくてはならないと思っています。

確か、9月の経営塾で発表をする予定だったと思いますので。そこに合わせて、まず、プレゼンの原稿つくりを進めたいと思います。

皆さんの進み具合を教えていただけたら、ありがたいです。

「沼津経営塾8月の様子」

「沼津経営塾8月の様子」
2012年8月3日(金)おはようございます。細谷です。最終日よろしくお願いします。
皆さんコメントありがとうございます。神尾さん明日からブログ当番どうですか?

昨日は沼津経営塾ありがとうございました。今回は初めて参加された方が数名いらっしゃいました。自己紹介や近況報告、近況報告からの杉井先生のアドバイスや講義などいつもの感じで進んでいきました。沼津経営塾の特徴は近況報告や質問を通してアウトプットする機会が参加者全員にあるということです。質問に対しても杉井先生のアドバイスをはじめ、参加者の専門的な知識や経験も、貴重な意見で質問者に届きます。

仕事やプライベートで一人悩んでいるときなどは、とても参考になる話が聞けるはずです。自分の問題や課題の整理はもちろんできますが、他の参加者の質問やそれに対してのアドバイスもとても勉強になります。

今回は初めて参加された方の話を聞いて、ちょっと新鮮でした。異業種の方との出会いは工場にいるとなかなかありません。いつもの同じメンバーとの交流も刺激はありますが、新しい出会いはもっと刺激になります。今回8周年の展示会の準備でチラシを作っていますが、あと2か月もう少し新しく参加される方などの出展もありかなと思いました。

出展の前にこのブログに参加して、アウトプットの練習もかねてブログ当番の仲間入りをすることを条件の一つにしたいのですが・・・。

用事があり経営塾に参加できないときでも、毎日のブログを通してコミュニケーションをも取れると思います。毎回参加費3000円を払っての参加(参加した時のみ)で年会費やその他の制約などは特にありませんが、情報発信があれば応援に駆けつけたりもする仲間を大事にする会だと思います。

昨日は自分もH君という採用検討中の26歳の方を連れて行きました。発表などを聞いてどうでしたでしょうか?昨日は帰ってから工場長とH君と3人で食事に行き話をしました。今日からアルバイトという形で働きにきます。納期が間に合わず全員で食事には行けませんでしたが、帰りにすき家のうな牛弁当大盛りを買って、残業で頑張ってくれていた社員さん2人に差し入れしました。

今回残業続きで朝のブログ作成になり、アップが遅れがちなってしまいましたが、みなさんの紹介もできてちょっと達成感のある1週間でした。ありがとうございました。

「ハーモニーの杉山さん、神尾ファームの神尾さん」

「ハーモニーの杉山さん、神尾ファームの神尾さん」
2012年8月2日(木)おはようございます。細谷です。6日目よろしくお願いします。
展示会出展社紹介ですが、時間の関係により、今日は2人紹介です。
次のブログ当番の立候補お待ちしています。今日は沼津経営塾ですね。よろしくお願いします。

<ハーモニーの杉山さん>
ステンドグラス工房ハーモニーの杉山さんは、元気はつらつな、ちょっと加賀ま○こ似のかわいらしいおば様です。人生を楽しむ天才のように見えます。ステンドグラスの教室などひらくかたわら、作品展をやったり、英会話を習ったり、そしてフラダンスもやっています。沼津経営塾にきて近況報告やブログでの報告で、行動力が他の人の3倍ぐらいあるのではと感じています。

以前作品展に行かせて頂いた時には、息子にちょっとした作品作りを体験させて頂きました。ありがとうございました。

また、輿水酒店やおのちゃんマンとのコラボなどで、ランプの会を主催したり、ふと気が付けば昨年は三島のお祭りでの農兵節の踊りの行列中に着物を着て踊っていたり、3人ぐらい分身がいるのではと思うぐらいの行動力です。

そして今回の8周年の展示会も、初めてにも関わらず、参加をためらっている経営者を横目にばっちり出展参加表明をしてくださいました。当日の展示も楽しみです。よろしくお願いします。

<神尾ファームの神尾さん>
丹那で野菜を栽培している神尾さんは沼津経営塾での日は浅いですが、今回展示会出展をしてくださいます。生産者ということでこだわりのある安心・安全な野菜を生産していることはもちろんのこと、土・日の午前中は酪農王国オラッチェで販売もしています。

以前懇親会で話をしたときに、農業に対する熱い思いを聞かせて頂きました。また、子供たちにも農業体験の指導をしていることも聞いて、人にも自然にも優しい人格者だと感じました。展示会用のチラシも作ってもらいましたが、緑(自然)が似合いとても感じのいい、人柄の出たチラシになっていると思います。

今回農家の出展社は神尾ファームさんだけなので、結構目立ちますね。安心・安全な食に対する興味はこれから増えてくると思います。身近ところで手に入る安心・安全な野菜を探している人はたくさんいるはずです。今回の展示会で多くの人が神尾ファームの存在を知れば、お互いにメリットのある関係が多く築けるのではと思いました。

今日は自分の誕生日です。最後の30代の始まりですが、悔いのないような30代の仕上げをしていきたいと思います。明日は今日の沼津経営塾の様子を書いて締めたいと思います。
次のページ

FC2Ad