沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

苦手なマラソン

皆さん、おはようございます、木村信太郎です。
塾長から襷を受け取りました、一週間皆さんの大事な時間をお借りします。

【苦手なマラソン】
明日は、日本平桜マラソンに挑戦します。
友達の少ない私は出走を止めようとしましたが、杉井さんの奥さんが参加するということで連絡取り合い走ることにしました。
CLの行動のヒントでも使わないと私はなかなか動きません。そのくらいマラソンは嫌いなのです。

それでは、なぜ苦手なことに取り組むのか?
マラソンを走る目的は「自分を変えるため」と「健康のため」です。
そうと決めたら次は目標です。
『富士五湖マラソン完走』です。
そして目標を達成するための具体的な取り組みとして、一月200キロ走る、日本平桜マラソンに出走する、ことです。
さて、この取り組みが大変です。私は神経質なので計画を立てることは好きなのですが、実行に移すのが苦手です。
そこで、CLの行動のヒントです。
日本平桜マラソンは一回きりなので、やることを宣言したり、一緒に走ってくれる人と声掛け合ってやれば何とかやるでしょう。しか~し
一月200キロ走る課題は、1日でやれるものではありません。丁寧に計画を立て健康にも気を使わなければなりません。

そこで、一週間に5日走る週休二日制をとり、1日10キロを週5日の4週分で200キロメートルです。そしてやったかやらなかったかがわかるようにGPS時計で記録します。
その他、10キロさえ走るのにやる気が起こらないときは、1週1キロのコースを作りあと1週あと1週と小さく分けます。
1週間の目標50キロをクリアしたら、ご褒美にサントリープレミアムモルツ500CC を自分にプレゼントします。

この訓練は仕事や私生活にも役立っているようです。

静岡経営塾の3月30日鈴木厚志さんのブログにも書いてありますが、『こうなりたい夢とか、目的、目標が大切で、そのために何をやるべきかが具体的になってくる』と言っています。私も経営や人生は逆算だと思います。
最初にどうなりたいかが決まると、苦手なものにも取り組まなければならないことも多くあると思います。

実り多い人生にするために、苦手でも目的にあった行動をしていきたいと思います。

皆さん、苦手なことにあえて取り組んでいることはなんですか?

スポンサーサイト

【やる気】

おはようございます!
小野@馬耳です。

この土日で、長男の引越しをします。
もし就職が地元でなければ、もう自宅に戻ってくることは
ないかもしれません。今日、そしてこの土日を
良い時間にしたいと思います。
それでは最終日、宜しくお願い致します。

【やる気?】
今年の一月の賀詞交歓会で刺激を受け、
もう一度、良い会社にする為に挑戦しようと
“やる気”が出てきて、私の挑戦がスタートしました。
しかし、 “やる気”なんてそんなに長く続くものでは
ありませんよね!
何らかの刺激を与え続けないといけないと思い、
私は朝早く会社に行き、壁に張り出してある
「笑顔」「挑戦」「キッチリ」を声に出して
言う事にしています。まざ、その刺激も
薄れつつあります。(汗)

1年間、1か月も負けなければ(赤字にしなければ)
年を通して赤字にはなりませんが、11勝1敗で
赤字になってしまう事もあります。
スタートは調子が良かったのですが、早速2月は
目標達成をすることが出来ませんでした。
もう1敗です。
3月はその挽回を目指しましたが、月の目標は
何とか達成しそうですが、2月の凹を埋めるまで
いきません。
正直、“やる気”のバロメーターが下方を示します。
そんな中、昨日は鳥居さんがわざわざ声を
かけて下さり、ご注文を頂きました。
細谷さんも、リース終了時にはご注文を
下さいます。
皆さんに声をかけて頂き、助けて頂いて、
本当にありがたいと思っています。
“やる気”に左右されるようでは、良い経営者では
無いかもしれませんが、その“やる気”を上手に使って
いきたいと思います。

1週間、ありがとうございました。

【カホン】

おはようございます!
小野@馬耳です。

私の次の方は、信太郎さんでよろしかったでしょうか?
準備をお願い致しますね。
六日目、宜しくお願い致します。

【カホン】
カホンって、ご存知ですか?
誰ですか!?“カホンといえば龍角散”なんて言う人は・・・
カホンというのは、ペルー発祥の打楽器です。
ただの箱なんですが、叩くところによって
音が変わり、ドラムの代わりになります。
ユーチューブ等で検索すると、女性の方が演奏しているものが
ありますが、ちょっとセクシーでカッコいいです。
私はまたく知らなかったのですが、長男は良く知っていました。
ピアノジャックという長男の好きなグループが
カホンを使って演奏をしていたからです。

何で“カホン”か?と言いますと、ある社長から
ボランティアで、演奏会をするんだけど、演奏の前に
手品でもやってくれる?というので、「時間さえ合えば
やらせて下さい。」とお伝えしたのですが、
先日打ち合わせに言ってビックリ。
「手品もやってほしいけど、カホンも手伝って!」って
いうのです。
楽譜も読めず、音楽を全く学んだことのない私に、
リズムを刻む打楽器なんてあまりにも無謀としか
言いようがありませんが、成り行き上、
お手伝いする事になりました。(汗)

一緒に演奏する方には、地方銀行の理事の方や
地元では有名な会社の経営者の方もいらっしゃいます。
音楽を通じ、素敵な縁が出来ていったらと思っています。

【もしラン?】

おはようございます!
小野@馬耳です。

掛井さん、いすゞフローリアンかぁ~
いすゞって意外と個性的なデザインの車を
作っていたんですよね。おっさんくさいフローリアンも
私は好きでした。
五日目、宜しくお願い致します。

【もしラン?】
ある方から、本を頂きました。
その本は、「もし『ランチェスターの法則』で
恋愛戦略を立てるなら」「もしラン」です。
いまさら私に何をしろというのでしょうか?(笑)
「もしドラ」の二番煎じ的な感じもしない訳では
ありませんが、あの横山やすしのマネージャーをしていた
大谷由里子さんと、ランチェスター戦略の第一人者?の
河辺よしろう氏が、20個の恋愛ショートストーリーを
元に、ランチェスター戦略を教えています。
恋愛とビジネスは似ているということらしいです。
中学生の頃、一目惚れした女子に、話もろくにした事もないのに
妄想ばかり膨らんで、いきなり「付き合って下さい!」って言って
断られた経験、ありませんか?
相手にしてみれば、全く知らない相手から、いきなり
付き合ってほしいと言われても、それは断りますよ。
順序ってものがあるんですよね。
まずは、何かをきっかけに近づき、話をし、
図書館に一緒に行ったり、喫茶店にいったり、
彼女の親にあったり、チョコを貰ったり、
クッキーを渡したりした後に告白した方が、
失敗が少ないです。
これって、いきなりお客様のところを訪ねて、
「これ買って下さい!」っていうのと一緒ですよね。

この本の中に、電話営業を例に挙げて、
断られ続け、やる気をなくした社員さんに
売り込むのではなく、相手に興味を持って
お客様との話の中で、「問題解決」「合理化」「娯楽」の
購入を決める3つのポイントを見つけ出すと
買ってもらえる確率が上がると上司からアドバイスを受け、
それに挑戦するというショートストーリーがありました。

相手に興味を持ち、何か役に立ちたいと思う気持ちが、
直接売上に繋がらなくても、そうして生まれた人間関係は、
大きな発展性を秘めているのでしょうね!

【最期までキチッと】

おはようございます!
小野@馬耳です。

あたたかいコメント、ありがとうございます。
四日目、宜しくお願い致します。

【最後までキチッと】
「最期までキチッと」というと、今から30年前の
自動車運転免許の仮免許を取った時の試験官を思いだします。
私は未公認の教習所で免許を取ったため、
仮免許は教習所ではなく、実際に運転免許試験場で
テストを受けたのです。
試験車は、3速コラムのセドリックでした。
(3速コラムって分かります? 変速ギアが
ハンドルのところについてるやつです。)
S字クランク、坂道発進など、パーフェクトの運転をし、
最期の停止線で車を止め、試験が終了しました。
ホッとして、試験官のひとことを待っていると
「小野さん、サイドミラーを見て下さい。」と
いうのです。サイドミラーのところを見ると
外にある印と、ミラーは10センチくらいズレていました。
「停止線にしっかり止めるとこの印とミラーはそろうのです。
小野さんは10センチずれています。どんなに上手な運転をしても
この最期の気の緩みが、大きな事故につながったりします。
最期まで気をぬかず“キチッと”やる事が大切です。」と
言われ、試験を落されてしまいました。
その時は、「え?たった10センチでダメかよ!」と
思いましたが、今になって思うと、大きな事故もなく
今があるのは、その一言があったからかもしれません。

ところで、皆さんは中途半端にしてしまっているもの
ありませんか?
もしあったら“最期までキチッと”やりきっちゃいましようよ!

私は、今年の目標として、“CLをもう一度学び直す”という事を
発表させて頂きました。
5月の連休を使って、CLを学び直します。
CLが中途半端になってしまっている方、チャンスですよ!
私と一緒にやりきっちゃいましょう。

【喜寿のお祝い】

おはようございます!
小野@馬耳です。

静岡経営塾で、信太郎さんの誕生日のお祝いをしました。
ケーキにロウソクという、あまりにも当り前の
お祝いをした後に、研修所の二階から外に目をやると
炎の44の文字。(杉井のひとことに写真が載っています。)
近所の人が見たら、何かの“儀式”に見えたに
違いありません。
信太郎さん! おめでとうございました。
三日目、宜しくお願い致します。

【喜寿のお祝い】
今月の20日、母が77歳になりました。
姉夫婦と相談をし、喜寿のお祝いをする事にしました。
子供夫婦4人、孫5人、孫の婚約者1名。
計11名で19~20日、一泊旅行に行ってきました。
ホテルで、ケーキやプレゼントでお祝いした後、
全員のメッセージカードを写真付きの冊子にして
渡しました。
そのメッセージを読み、涙ぐむ母をみて、
私もグッときました。

母は去年大病をし、現在も回復に向けて
薬や検査をしています。
孫たちは千葉や東京等で生活をしているので
なかなか全員が集まる機会はありませんし、
全員そろって一泊旅行が出来て、
本当に良かったです。
とても素敵な時間を過ごすことが出来ました。
(と、私は思っています。)
ちょっと、親孝行が出来た気になっています。
母には、健康で長生きをしてほしいです。

「親孝行 したい時には 親はなし」

皆さんは、親孝行していますか?
どんなことをしていますか?

【長男の独り暮らし】

おはようございます!
小野@馬耳です。

静岡経営塾、MG二日目です。
人件費の重さを感じずにはいられない展開。
2期目で退職、採用、縁故採用。
人が定着しないのは、経費もかかりますが、
時間が取られすぎます。
これは現実でも、同じですよね。
二日目、宜しくお願い致します。

【長男の独り暮らし】
長女の独り暮らしは、寂しさよりも心配のほうのが
大きかったですが、長男の独り暮らしは寂しくて、
仕方ありません。
おしゃべりで、笑いが大好きな息子。
小野家の太陽が消えてしまうようで…

4月から、独り暮らしが横浜で始まります。
横浜で不動産、アパートといえば、中鉢建設です!
先月中鉢さんに連絡をとり、4年間お世話になるアパートを
決める事が出来ました。
その時に中鉢さんが息子に言って下さったひと言に
感激しました。
中鉢さんは、「これから横浜で生活をするという事は
自宅よりも私のほうが近くにいます。第二のお父さん
だと思って、何かあったら連絡を下さいね。
このお守りを渡します。」と、名刺を息子に差し出して下さいました。
息子は、その名刺を大切に持っています。
私も、「お金で困ったら中鉢さんにお願いしなさい!」と
息子に言っておきました。(笑)

逆の立場だったら、そんな事が言えるだろうか?
不安そうだった長男も、すこし安心して横浜での生活が
出来そうです。
長男にも、そしてその家族にまで安心を与えてくれる中鉢さん。
そんな友人を持てることを、幸せに思います。
それにしても、中鉢さんは本当に素敵な人です。

【沼津経営塾8周年】

おはようございます!
小野@馬耳です。

今日から、静岡経営塾です。
山中湖でMGを行います。
沼津からは、神尾さんが初参戦致します。
ただ参加するのではなく、時間もお金もかけた分以上の
収穫を持って帰ろうね!と話ました。
その様子はまた随時、報告させて頂きますね。
一週間、宜しくお願い致します。

【沼津経営塾8周年】
以前、細谷さんからある提案を頂きました。
それは、沼津経営塾の8周年で、各社の展示会を
やったらどうか?というものです。
一社ではなかなか出来ない事でも、沼津経営塾の
スケールメリットを活かし集客をし、自社のPRの場が
出来たらいいのでは?というものです。
それには、自社をどうアピールするか?の工夫や
社員さん達との協力関係、何を重点商品にするかなど
考えなくてはならない事が出てきます。
また、集客の工夫も必要になってきます。
農家の方々の即売会や、金魚すくいや綿がしなど
子供さん達を楽しませることをやってもいいのかなぁ?
私は展示会など、一度もやったことが無いので
どのように進めたら良いのかがパッと出てきませんが
そのあたりを考えたり行動したりする中で
何か経営のヒントが生まれるかもしれません。

もちろん、簡単な事ではないでしょうが、
私は挑戦してみたいと思っています。
皆さんの意見をお聞きしたいと思います。
もし実施するなら、そろそろ準備に入らないと
厳しくなってしまいますからね。
宜しくお願い致します。

♪最重要課題

おはようございます。杉山です。
一週間お付き合いいただきまして本当にありがとうございます。
ブログ最終日宜しくお願いします。

♪最重要課題

昨日は沼津経営塾でした。
皆さん真剣に会社のことを考えて勉強しているのに自分の楽しいことし
か考えていないことに恥ずかしさと申し訳なさを感じました。
いつも杉井先生に言われていることですが
※「どうしても今年はこれをやるというものをしっかりとおさえる」
キーワードですね。
最後に「今年の最重要課題」をひとりずつ発表しました。
私は家業のステンドグラスではなく堂々と「フラダンス」と言ってしま
いました。車を運転していてもハンドモーションが気になり手を動かし
ていたり歯みがきしながらステップの練習したり「もし一日中レッスン
が出来たらなんて幸せなのだろう」といつも思っています。

杉井先生に「英語をやっているんだね」といわれて「しまった~」と思
いました。
かっこよく「今年の最重要課題は英検2級を取得(トーイックとか英検
1級はとても無理だから)」とかいっておけばよかった。

でもやっぱり「フラダンス」。
フラダンスを始めて8ヶ月ほど経ちます。最初にステップの名称を書いた
ものをいただきましたがステップ名だけで内容がわかりませんでした。
最初はステップを練習したくても理解できずわからなかったため初めての
人もわかりやすい「ステップ名とステップ内容」を一覧表にしました。
これでよいのかわからないため先生にも確認していただき少し手直しして
出来上がりました。
自分が困ったことは他の人が困らないようにと一覧表をつくり新しい人が
入会したら差し上げようと思っています。
文字にすることは難しかったですが自分自身の勉強にもなりました。
先生に「教えがいがある」と言われてすごく嬉しかったです。
杉井先生には「教えがいがない」って言われてしまいそう。(シュン)
今年の最重要課題はフラダンスを美しく踊れるようになること。
次は「フラダンスで○○をする」と言えるようにバージョンアップしてい
きます。
みなさ~ん、今年の「最重要課題」こつこつとやってますか?

一週間、ブログ当番楽しかったです。コメントの文字が顔になって語りか
けてくるので励まされました。ありがとうございました。

      今日も元気に「Have a nice day! see you!!」

♪ちょっと得した気分?

おはようございます。杉山です。
いつも応援ありがとうございます。
ブログ6日目宜しくお願いします。

♪ちょっと徳した気分?

ブログにしてよいかどうか迷いましたがちょっと変かな?と思い書くこと
にしました。
夫には内緒に書いてますので秘密にしてください。
実は夫は今週末からイギリス南部とパリ(2日間)12日間の行程で研修
旅行に出かけます。
予約申し込みの時にヨーロッパ研修旅行として確か45万円程度の旅費で
詳細な見学ルートやホテルも決まらず5万円の申し込み金を支払いました。
勿論この金額ですのでサーチャージ込みだと思っていました。
するとサーチャージは別料金ですのでまた支払うようになりました。
すると18人予定が14人しか申し込みがないから不足分を支払うように
なり支払いました。
最終支払合計が決まった時点でご夫婦が1組キャンセルになりました。
旅行1ヶ月前ですので旅費の支払いは不要です。
するとまたキャンセルの負担金一人当たり2万5千円の支払請求があり支
払いました。
なぜ、キャンセルの負担をしなければいけないのかなと疑問がわきます。
某工房の先生が案内説明する研修旅行ですので先生の旅費・日当は生徒が
11人で負担するのは当然かなとは思っていました。
一週間前に郵送された「旅のしおり」で初めて行程・ホテルが解りました。
また、びっくりしたのはすべての工程に朝食しかついていないこと・美術
館・教会等入館料金がいるところは自己負担になっていることです。
いまはネット等で宿泊料金が解ってしまいますから全額支払ってからキャ
ンセルできない日にちをみて送付されたのかなと勘ぐってしまします。
また、びっくりしたのは先生の娘さんが同行すること。
先生がフランス語・英語が堪能と聞いてますから添乗員はつかないのかな
と思っていましたら添乗員もしっかりついていました。
また、またびっくりしたのは最終日はフランスですがそこで先生たちはまだ
フランスに残り生徒たちは帰国するそうです。
先生主催の研修旅行であるなら成田につくまで先生の責任ではないかしら?
もしかしたら、旅行金額は先生親子の旅費を生徒が負担しているのではな
いかしらといらぬ勘繰りをしてしまいます。
二人がキャンセルになったので夫が私を誘いましたがシャガールとマチス
のステンドは観たいが何世紀にどこの教会でつくられたステンドだけでは
良い作品かどうかもかわからないので「いや」と断りました。
それに心の奥で先生親子の旅費を負担するほど縁も義理もないものと思っ
ています。

私はイベントや教室で皆が来てよかった。得した気分。と思うように気を
配るようにしています。
もし人数が予定より足りない時は必死になって探すか私の責任として料金
を負担します。

でも、もしかしてこれくらいしないと商売はできないかも・・・
「人のふんどしで相撲をとる」のが当たり前にならないだめかも・・・
でも、やっぱり私は「得した気分」で楽しくしたいと思っています。
少し人生あまいかな。

夫は「勉強にいくのだからしょうがいないのよ」と言ってますが私は納得
いきません。

ここだけの話ですのでどうぞご内密にお願いします。

気を持ち直して

       今日も元気に「Have a nice day! see you!!」


♪太陽光発電

おはようございます。杉山です。
ブログ当番は周りを見回す良い勉強です。
はりきってブログ5日目宜しくお願いします。

♪太陽光発電

某住宅メーカーで家を建てて約22年たちます。
去年、メーカーの子会社の担当者が20年フォローに挨拶に来て下さって
丁度お風呂を直したいと思っていたので工事をお願いしました。
今年3月初旬に定期シロアリ点検にみえその後、別の担当者がシロアリは
問題ないが配管が詰まっているところが有るのでその修理と屋根・外壁を
10年点検で工事したあと何もしていないので工事しておいた方が良いと
アドバイスをもらいました。
夫は「去年の点検の時アドバイスがあればお風呂より屋根・外壁をしたの
に」と怒り心頭です。

足場を組んで工事をするのならば「太陽光発電」を一緒にした時の見積り
を出してほしいと頼みました。
大災害で福島の現状をみると原子力がこんなにも怖いものかと思い知らさ
れました。
ただ、原子力反対と騒ぐだけでなく自ら代替案を出すには「太陽光発電」
と思っていましたのでこの工事はチャンスと感じました。

野生の動物たちは自然と共存しながら、太陽の恵みを沢山浴びながら生活
しています。
太陽の恵みは私達人間にも降り注いでいます。
人間だけがもっと豊かな生活をしたいからと危ないものに手をつけている
事に疑問を感じます。
大震災から電気を控えるようにエアコンはあまり使わなくなり無駄な電気
は消して回るようになりました。

将来、ガス使用も無く「太陽光発電」だけで家庭の電気が間に合うように
なるといいな・・・なんて思いますが夢の話なのでしょうか。

「太陽光発電」の工事が5月に出来るそうですのでちょっと原子力反対の
無言意思表示が出来るかなと思っています。

5月からは太陽に感謝の日々です。
子供の頃、亡くなった祖母がお日様に手を合わせてお辞儀をしていた事を
思い出しました。
「太陽光発電」で祖母のことも思い出させてもらえて良かったです。
丁度、お彼岸ですね・・・

       今日も元気に「Have a nice day! see you!!」

♪ランプの会

おはようございます。杉山です。
経営者内容ブログではなく申し訳ないのですが
主婦感覚ブログで4日目宜しくお願いします。

♪第3回ランプの会

4/6(金)Via701 pm6:00から 1Fホールにて
「第3回ランプの会」を開催いたします。
今回はワイン・フラダンス・ピアノ演奏です。
ワイン・フラダンスは定番として一つだけ地元で活躍している方たちとコラボ
してゆきたいと考えています。

ピアノ演奏は自宅でピアノ教室を主宰し飲食店等で生演奏している「金刺さん」
です。ブルーハワイをジャズアレンジで聴かせていただきましたがとても気持ち
が良くいつの間にか目を閉じて聴いていました。
「金刺さん」のピアノ演奏で「なだそうそう」を先輩達がフラで踊ります。
とても楽しみです。

フラダンスは2グループで10曲ほどご用意しました。
前回は私も1曲踊りましたがコミカルに踊って「うけ」を狙い夫にすごく怒られ
ました。「一緒に踊った方たちに申し訳ない」と今回は私も2曲ほどキチンと踊
りたいとレッスンしています。
私達のフラの三田先生にも1曲踊っていただく予定です。
三田先生のフラは美しく観てると感動してうっとりとしてしまいます。

前回、ビデオを撮りCDにして一人ずつ渡したところ反省材料が沢山出ました。
1.入場・退場が美しくない。
2.踊りを間違える。
3.フォーメーションが美しくない。等
今回は「ランプの会」に向けて先生のレッスン以外に練習することにしました。
前回参加した方が「楽しいから一緒に踊ろうよ」と声かけをしてくれています。
会を重ねるごとに良い発表が出来るようにしてゆきたいと思っています。
踊っている私達は勿論楽しいのですがお客様にも楽しんでいただくにはどうし
たらよいかなと考えています。

本当は、お客様のお目当ては輿水酒店のワインです。
いつも美味しいワインをご用意いただいとても嬉しいです。
お客様が美味しいワインを堪能して大満足で名残惜しそうに帰っていく姿をみ
ると本当に嬉しいです。
時々間違えて「ワインの会」と言ってしまうことがあります。

フラのレッスンした成果を観てほしいと思って始めた事が会を重ねるごとに
バージョンアップして地元の話題になるようなイベントに育っていくといいな
と心密かに思っています。

「ランプの会」を応援してくださる皆様やお客様に感謝です。
特に沼津経営塾の皆さんに沢山助けていただいているお陰で会が成り立ってい
る事に本当に感謝しています。

自己満足ではなく「皆で満足」を目指して頑張ります。

       今日も元気に「Have a nice day! see you!!」

♪Cheers!

おはようございます。杉山です。
優しいコメントありがとうございます。
ブログ3日目宜しくお願いします。

♪Cheers!

Cheers!とビールのジョッキー・ワイングラス・ジュースグラスを傾け
思い思いの3ヶ月を振り返り笑顔で乾杯しました。
第59期 国連外国語講座 英会話入門編が1月14日から始まり3月14日
まで3ヶ月講義が終了しました。
受講生12人の内、入門コースを受講するのを3回目が2人・2回目が2人
あとは初めての方です。
3回目の方は次回中級コースに昇進され若い男性はアメリカへ留学されます。
2人の女性はまた3回目の入門コースを申し込まれるそうです。
勿論私達夫婦も2回目の入門コースを申し込みます。
講師はアメリカ人で名前は「クリス」。背が高くてとてもハンサムな講師です。
講義の時に目が合って質問がくるなと思うとニコッと笑って首を振ります。
クリスもニコッと笑って「KIMBERLY」と私の名を呼びます。いや~な瞬間
受講生全員にアメリカ名をクリスにつけてもらってますので会話はちょっと
変な英語とアメリカ名で呼び合っています。
ちなみに夫の名は「LEO」です。

3ヶ月間で12人の受講生はとても仲良しになり年齢も20代から70代と
様々でしたが講座の2時間は単純な会話遊びやゲームなどで盛り上がりました。
先日、食べ物の話になり日本人は馬刺しを桜肉といって食べますがクリスは
「アメリカでは馬はペットだから食べない」ということです。
全員で「え~馬がペットなんだ」とびっくりしました。
次回講座でまたびっくりの話が聞けると思うと楽しくってたまりません。

「この講座をどうして希望したの?」御殿場のアウトレットに勤務している
女性は「お客様の多くは外国人だから話せないと困るのね」70代の女性は
「何かをしたいのね」この女性は3ヶ月間でクリスとちょっと会話が出来る
様になり私は負けてしまいました。
沼津経営塾で杉井先生に「2ヶ国語は話せないとだめだよ」とおっしゃった
時、「よ~しやるぞ~」と意気込みましたが時間がかかるようです。
毎日英語日記をつけている夫は英文章が多くなり、いまだにI got up 7:00am
とかI go to bed 11pm しか書けない私は努力がたりません。
でも、今にみてて外人のお友達ができるかも・・・

講座最終日にアンケート調査があり
「講師がとてもハンサムで楽しく受講できました」と書いてしまいました。

沼津広報に「前期 NICE英会話教室(初級) 」の申し込みが有りましたので
また、夫と申し込もうと話しています。(これは別口の講座です)

3ヶ月間の講座を受講して旅立っていく彼らに「Cheers!」
また一緒に受講する彼女たちに「Cheers!」
沼津経営塾の皆さんに「Cheers!」
そして何事にもめげない私にちょっとだけ「Cheers!」

        今日も元気に「Have a nice day! see you!!」


♪お花見のお客様

おはようございます。杉山です。
河津の桜がみごとに満開だそうです。三島大社の桜が咲きほこるのが楽しみです。
二日目、宜しくお願いいたします。

♪お花見のお客様

3月22日(木)から27日(火)まで三島プラザホテルのギャラリーで展示販売
を開催します。
手織り染め洋服・革バック・ダイクロジュエル(ガラスアクセサリー)の展示販売です。
(洋服もバックも掛川のギャラリー参加の方とは違う方です)
大通りに面したガラス張りの会場は道行く人を会場に誘い込みます。
三島大社の桜が咲き出すとお花見のお客様が大社の帰りに散歩がてらに歩きます。

ピンクの綺麗なガラスで春を表現したいと思い可愛い桜のオブジェを作りました。
桜の花をガラスで作り会場に華やかさをかもしだしたいともっか製作中です。
(間に合うかしら)

ギャラリーを予約する時には季節や行事や月日を考えてしていますがデパートの
「手作り展」等は年金月を考慮して催事を決めるそうです。
以前は給料日やボーナス日を考慮していましたが最近は月日はあまり関係ないよう
に思います。気に入って下さると月日に関係なくポンと買ってくださいます。

でも、季節は怖いです。特に花は早く咲いてしまったりなかなか咲かなかったりと
大変です。

今年は寒くて熱海梅園も梅祭りの時には梅の花があまり咲いていなくて入場料を
返金したと聞いています。

以前、三島大社の宝物館ギャラリーで桜のお花見を見込んで予約して花が満開の筈
だったのが散ってしまってフリーのお客様が見えなかった苦い経験があります。

また、観光バスで団体で来られる方はおみやげ物を買わなくなりました。
安いツアーを満喫するようです。
個人的に新幹線や乗用車で見える方はゆっくりとショッピングして少々値段が高く
ても買ってくださいます。(個人的観察にて)

プラザギャラリーは三島大社から三島駅に向かって歩く道ですので観光バス以外の
お客様です。(観光バスのお客様は三島大社内で帰られます)
今年はどんなお客様に出会えるかとても楽しみです。

三島大社の桜を見ると駿府公園で寒さに凍えながら提灯の下で缶酒に桜の花びらを
浮かべてお花見宴会をしていた事を毎年思い出します。
お花見会場の駿府公園に近くのピザやさんが暖かいピザを配達していました。

三島大社にはしだれ桜・ソメイヨシノ・駐車場北側に少しですが河津桜もあります。
駿府公園のように宴会はできませんが提灯の明かりに浮き上がる桜は見事です。

今年は桜がまだのようです。昨日の雨で少し暖かくなって桜が咲いてくれるのを
待っています。

期間中は雨が降らずに暖かで散歩日和になると良いのですがお天気しだいですね。

「奥様、今日はどこへ行商にいかれますか」と夫にいわれていますが
必殺行商人は今日もお客様を求めて歩きます。

       今日も元気に「Have a nice day! see you!!」

♪人探し

おはようございます。杉山です。
TVでは3/16(金)ユニクロ銀座店オープンとIポット本日発売で賑わって
いますが流行をよそ目に「ほわ~んムードブログ」で今日から一週間宜しくお願
いします。

♪人探し

昨日、掛川と浜松へ行ってきました。
4月の下旬から5月の中旬の間、掛川のギャラリーで展示販売を毎年この時期に
させていただいてます。
展示内容は洋服・バック・アクセサリー・小物雑貨です。
毎年、私が手作り品を車に積み込んで搬入・展示飾りつけ・搬出をしていました。
手数料は売り上げの5%です。
作品を出す人達は車を運転できないとか掛川まで搬入・搬出にはいけないけれど
売り上げはほしいということです。
去年まではなにも疑問に思わず「いいよ」と一人で行っていましたが2月末に店
を閉めた時に人の良いことをするのはやめようと決めました。
作っても売るところが無いとか高いギャラリー代(場所代)を一人では払えない
とかですので売る場所を探しては彼女達の作ったものを販売していました。
親分気取りで私がやってやると粋がっていましたが彼女達にしてみると売り上げ
の何%払っているのだから売らせてやっている。儲けさせてやっていると思って
いることに気がつきました。
今までお付き合いしてきた手作り品は主婦の片手間に作っているもので既製品の
ような完璧さがないことにも気が付きました。
そして、私達が商売としているステンドグラスと片手間にしている人達とは一緒
に仕事はできない事も気がつきました。
では、掛川のギャラリーをどうするか。
今年もやっぱり洋服・バック・アクセサリーで展示販売をしたいので自己完結が
可能な人・良い作品を作っている人・教室や個人で店をやっている人・私が介入
しないで直接ギャラリーと契約行為の出来る人と決めました。
バックはレザークラフト教室を主催している人に決まりましたが洋服が決まりま
せん。そこで洋服の展示販売や注文を受けて作っている人が浜松にいるので会い
に行ってきましたが残念なことに「今、介護に忙しくてあまり作品の点数がない」
と断られてしまいましたが洋服を作り洋服店を経営している方を紹介していただ
き中高年の女性が喜びそうなデザインそして値段も安価でしっかりしたものでし
たのでその方に決まりました。
掛川のギャラリー展示内容が決まりホッとしました。
いつも思っていることですが大事なことは電話で済まさず会って顔を見て話をする
ようにしています。(顔を見ると断れないでしょう?)だから浜松の彼女も新しい
人を紹介して下さったのだと思います。
これからは仕事として作品作りをしっかりしている人達とのネットワークを広げる
ようにしてゆきたいなと思いました。

       今日も元気に「Have a nice day! see you!!」

一週間ありがとうございました

3月16日   海野貴

今、試用期間である青年がうちに働きに来ています。
彼は本当に真面目で、言われたことは「はい!わかりました!」と言ってすぐにやります。
しかしその反面、言われたこと以外は自分から行動を起こすことはあまりしません。
毎朝6時50分から、通学路の掃除をしていて、彼も一緒にやってくれていますが、
先日、私が朝事務所に着くと、彼の方が先に来ていて事務所の前で立っていました。
「早いね!」と声を掛けると、「今日は6時半前に着いてしまいました」というので、「その間何をしてたの?」と聞くと、「何もしていません」と言いました。
15分以上ただ立って待っていたそうです。
早く来るのは立派なことですが、私の考えでは、15分も何もしないで待っているのは退屈ですし、何かやることを探してやるのが普通だと思い、聞いてみると、「何かをやって、何か言われるのが嫌なので・・・」と言っていました。
私は「確かにそういうことはあるけれど、その考え方は自己中心的な考えではないか?」と言いました。
自分が失敗しないことを考えるのは悪いことではありませんが、それだけだと相手のことを考えていないことにもなると思います。
相手のためを思ってやっても、評価されないこともありますが、何もやらなければゼロです。
たとえ「余計なことをするな!」と言われたとしても、自分が相手を思ってやったことが余計なことだったと学べる機会にはなります。
そのような失敗を繰り返しながら学んでいく以外にはないと思います。
ボクシングでもガードを固めていればパンチを喰らわなくて済むかもしれませんが、パンチを出さなければ勝つことは出来ません。
私はそのことを彼に伝え、失敗してもいいから得点を狙え!と言いました。
そして「自分で考えて、相手の役に立つことを10個する」という課題を出し、
メモ帳と鉛筆を持たせて、やった時に作業を中断してもいいからメモを取るように言いました。
彼は真面目で、素直で良いところをいっぱい持っています。
その良いところを活かすためにも自分から行動することが大切だと思いました。
彼にそう言いつつ、経営塾で散々杉井さんに「得点を狙わなくてどうするの!」と言われたことを思い出しました。
いまだに、何かのイベントに人を誘う時にためらったりもしますから、自分も彼のことは言えません。
誘って来てくれる人はたいがい喜んでくれるのに。
人を指導しようとすると、ほとんどのことは自分にも当てはまります。
人に言った以上は自分もやらないわけにはいかなくなりますから、すべて自分に返ってきますね。
4月にはがき祭りがあります。
来てもらえばきっと喜んでもらえると思いますので、得点を狙っていきたいと思います。
その日の仕事が終わり、課題を提出してもらって「課題をやってみてどうだった?」と聞くと、「普段より周りのことがよく見れたと思います」と言っていました。
日々のトレーニングによって、彼自身の良いところを磨いていって欲しいと思います。

お金の使い方

3月15日   海野貴
今月終わりに、姪っ子が入っているソフトボールチームが全国大会に出場することになりました。
会場は鹿児島県で、日程は約1週間だと言っていました。
マイクロバスや宿泊代などは全部自前で金銭的に大変だということで寄付金を集めていました。
私は姪っ子にとって、一生忘れられない思い出になるだろうなと思い、嬉しくなりました。
そのチームのコーチを、うちの近所に住んでいるOさんがやっています。
Oさんは数年前のペンキ塗りの会に家族で参加してくれ、参加者が少なかった頃でしたので本当にありがたかったです。
その後も何度も参加してくれましたが、このソフトボールチームのコーチになってからは、毎週のように試合などがあり、なかなかペンキ塗りには参加できなくなっていました。
いつも案内をメールすると、「本当にすみません」と申し訳なさそうに返事をくれます。
「都合が合えば、打ち上げだけでも来てよ」と言うのですが、なかなか参加できず、昨年の忘年会では「今回は何としてでも行きます」と言って来てくれました。
もともと彼は、生粋の野球バカですので、仕事から帰ってくると毎日のように息子2人を連れ、小学校で練習をしています。
いつ頃からか、誰かの家に夜間練習場を作ったそうで、いつも姪っ子を車で迎えに来てくれて練習に連れて行ってくれていました。
父親がいない姪っ子をいつも送り迎えしてくれて本当に感謝しています。
私は常に仕事優先ですので、子供たちの面倒もみませんが、Oさんのような方々が、休みの日も、仕事が終わってからも指導や面倒をみてくれたからこそ、全国大会出場というような、お金では買えない経験をする機会ができたのだと思います。
時には疲れていたり、面倒くさく思ったこともあったと思いますから、私は姪っ子のためというよりも、Oさんや他のコーチ、監督さんに、「向こうへ行って美味しいお酒を飲んでもらいたい」という気持ちで、せめて寄付だけはさせてもらおうと思いました。
チームは本当にお金が無いらしく、皆にとても喜んでもらえたようで、チームの方に会うたびに「ありがとうございました」と言ってもらいました。
私は、車も持っていませんし、飲みにも殆ど行きませんので、あまりお金を使いません。
今回友人のOさんたちのためにお金を使うことが出来て、自分としても嬉しかったです。
お金の使い方は人それぞれですが、人の役に立つようなお金の使い方をしていきたいと思います。

納豆チャーハン

3月14日   海野貴

先日、中学一年の息子から「納豆チャーハンの作り方を教えて欲しい」と電話がありました。
家に一人でいたようで、自分で昼飯を作ろうと思ったようです。
私は家族と一緒に暮らしている頃は、休みの日などによくチャーハンを作ってあげていましたので、それを思い出して電話をかけてきたのだと思い、少し嬉しい気持になりました。
私は料理が得意な訳ではありませんが、「男の料理」と言って、冷蔵庫の中にあるものを使って、適当に料理をするのが好きでした。
もちろん後片付けはしませんよ!なにせ男の料理ですから!
私はいつも適当に作っていましたので、作り方を教えてくれと言われても正直よくわかりませんでした。
しかし、そこで親の威厳を損ねてはいけませんから、しったかぶりをして「まずは油をひくだろ、次に卵を入れて、軽く火を通し、そこで納豆を入れるんだ!」
息子:「先に納豆なの!」
私:「先に納豆だ!それからご飯で、最後にネギだ!」
息子:「味付けは?」
私:「塩コショウと最後に鍋肌からゴマ油だ!」
息子:「わかった!作ってみる」
と本当に適当なことを並べて教えたのですが、息子はまんまと私の言うことを信じて作ったみたいです。
私は仕事中でしたので、すぐに作業に戻りましたが、仕事をしながらよくよく考えてみると、
私は子供たちと離れてから5年以上が経ちますから、その間は一度も料理をしたことがありません。
ということは、今回息子が電話をしてきたのは、5年以上も前の小学校低学年の時の記憶を思い出して電話をしてきたことになります。
自分が昼飯を作ろうと思った時に、5年以上も前のことを思い出し、私に作り方を聞いてきたのです。
当時は何も考えずにやっていましたが、子供は親のやることをしっかり見ているのだと思いました。
何の変哲もない平凡な日々の私たちの行動も、子供は「親はこうやっているんだな~」というように見ているのかもしれないと思いました。
そして将来、子供たちが「~をしよう」と目的を持った時に、「そういえば親はこうやっていたな」と思い出し、行動に移すこともあると思います。
そう考えると、今私たちがとっている行動の全てが、子供たちの将来に影響を与える可能性があります。
今、経営に悩み、考え、行動し、たとえ失敗したとしても、幸せに向かって努力することは、子供の将来の道しるべになるかもしれないと思いました。
もし成功へ向かう方法を身に付けることができたら、子供が将来悩んだ時に、ちゃんとしたアドバイスができるようになれるかもしれません。
納豆チャーハンの作り方なら、適当に教えてもいいですが、人生の作り方はしっかり教えられるようになりたいですね。

展示会

3月13日     海野貴

2月の終りに東京ビックサイトで行われた、「エコハウス&エコビルディングEXPO」という展示会に行ってきました。
木村さんがブログで展示会に行ったことを書いてくれた頃、私が認定施工店になっている塗料メーカーから招待状がきて、今まで私はそういった展示会に行ったことが無かったですし、これからの業界の動きなどにも関心をもたないといけないと思い、現場も詰まっていましたが行ってみることにしました。
3日間の開催でしたが、天気予報でちょうど雨の日がありましたから、その日を狙っていくことにしました。
会場に入ると、とてもたくさんのブースがあり、大企業から小さな会社までいろいろな会社が出展していました。
「エコ」というだけあって太陽光発電や、省エネに関するものが殆どでした。
太陽光発電については、このところ需要も増えているだろうなと思ってはいましたが、あまり知識もありませんでしたし、お客さんから相談されることもなかったので、とくに意識することはありませんでした。
しかし、これだけ多くの会社が出展してしのぎを削っているのを目の当たりにすると、たくさんのニーズがそこにあるのだということを肌で感じました。
塗装で省エネというと遮熱塗料などがありますが、このところ屋根の塗装などは殆ど遮熱塗料で施工させてもらっています。
私は塗料メーカーが遮熱塗料をラインナップしてから、その効果や性能について勉強をして「より良いものを」という考えで、見積もり時に遮熱塗料の提案をしてきたのですが、お客さんの潜在意識の中に「エコ」「省エネ」というものがあるということまでは考えていませんでした。
塗装の枠から出ると、内窓や断熱材を使用した断熱リフォームなど、エコに関する商材がたくさんあります。
お客さんの中には「何を選んだらいいのか?」という悩みを持つ人もいると思いますので、今後はそのようなニーズにも対応できるように勉強していきたいと思います。
太陽光発電については、今いろいろな業者が取り扱いをしていますが、問題も少なからずあるようです。
特に多いのは、屋根に設置する関係上、雨漏りの問題です。
本来は専門の知識がある、屋根屋と電気屋の組み合わせがベストのようです。
私の親しい屋根屋さんが、私の親しい電気屋さんの扱うメーカーの施工IDを取得しているので、その組み合わせで施工をするとメーカーからの10年保証がでます。
先日その二人を引き合わせましたので、今後はお客さんのニーズを拾っていきたいと思います。
それと今回の展示会にいくのには、もう一つ目的がありました。
それは今年からうちに来ているK君との関係を作ることです。
K君は近い将来独立を希望していますが、私としては出来ればうちで勤めてもらいたいと思っていますし、いい関係で仕事をしていきたいと思っています。
彼とは歳も一回り違いますし、立場上私には少し気を使っているようにも感じていました。
以前経営塾で「ビジネスタスク」「フレンドタスク」「ラブタスク」(間違っていたらすみません)ということを習いました。
座る位置によって、相手との距離感が変わるというものだったと思います。
彼は平日に現場を休んで、このようなことのために時間を費やすことは今までなかったようですし、新しいもの、自分の知識にないものを、同じ方向を向き一緒の目線で見て話をすることで、彼との距離を縮められるのではないかと思いました。
ですから会場では二人で並んで歩きながら見て回るように意識をしました。
そして帰りに新橋の飲み屋街で二人で飲みました。
今後の展望やお互いのことを話したりして、とてもいい時間になりました。
「仕事帰りに新橋の飲み屋街で一杯やる」という念願も叶い良かったです。
翌日彼と話をするときに、彼の話し方が少し変わったように思いました。
時間を掛けてもっと距離を縮めていきたいと思います。

意識を変える

3月12日   海野貴

私は今年の1月で40歳になりました。
40の節目ですし、仕事的にも今年は変革の年にしたいと思っています。
そこでまずは自分の意識を変えていこうと思いました。
そのきっかけとなったのは、杉井さんとのふとした会話の中での「携帯はやっぱりドコモがスタンダードだよ」という言葉でした。
私はauでしたが特に問題はありませんでしたし、「電話は話せればそれで十分」という考えでしたので、変えることを考えたこともありませんでした。
しかしドコモとauを比べるとやはりドコモの方が信頼性も高いように思います。
経営者はトータルでみて、より信頼性や安定性などを考えて物事を選ぶということが必要なのかな?と思いました。

私は、今まで使っていたものを新しくしたりするのを面倒に思い、多少使い勝手が悪くても我慢して使い続けるところがあります。
携帯のプランも自分の使い方に合わず、携帯代が高くなっていても、プラン変更をするのが面倒臭いのでそのままのプランで高い金額を払っています。
そのような意識では経営者として失格ですので、意識を変えるためにも思い切ってドコモのスマートフォンに買い換えました。
パソコンも性能が悪く、動きが遅くてイライラしながら使っていましたので、この際ですから性能の良いレッツノートに買い換えました。
私は典型的な安物買いのゼニ失いタイプの人間ですが、これからは「安さ」で選ぶのではなく、多少高くても「使いやすさ」「効率の良さ」というものにお金を使い、トータルでプラスになるものを選んでいくようにしようと思いました。

私にとってそういう意識を持つことは、仕事上でも必要なことだと思います。
私がターゲットにするお客さんは、「安さ」を求める方ではなく、「より良いもの」「信頼、安心できるもの」を選んでくれる方です。
ですからそのような方の要望に応えるためには、自分がそのような価値観を持ち、多少お金や手間が掛っても、より良いものを提供し、お客さんの願いを一緒に叶えていくパートナーにならなくてはいけません。
私たち職方は自分たちのやりやすさや、価値観をお客さんに押し付けるようなところが多少なりともあります。
お客さんが「こうして欲しい」というものがあっても、「そこまでやらなくても大丈夫だ」「そこまでやると大掛かりになって大変だから」という考えで、お客さんの要望に応えないことがあると思います。
しかし、それでは「お金を払ってでも、より良いもの、安心できるものが欲しい」というお客さんの要望は叶えられません。
今後、塗装の枠から抜け出し、建築全般をやっていくには、お客さんが本来持っている願望に意識を向けられるかが重要になると思います。
そういう意味でも、自分の意識を変えていきたいと思います。

継続的な支援

3月11日   海野貴

一年前、東日本大震災が起こりました。
できることなら、あのようなことはもう二度と起こってほしくありませんね。
私は地震や津波の映像を見て恐怖を感じたとともに、「これからどうなってしまうのだろう」と不安な気持ちが湧いてきました。
物不足や計画停電など経験したこともないことが起こり、今まで自分たちが当たり前だと思ってきたことが当たり前ではなかったことも身をもって知りました。
実際に被災された方々は、私の想像もできないくらいの辛い想いや経験をされたと思います。
しかしニュースなどからの情報でしか現状を知りませんでしたし、自分の身内が被災した訳でもありませんでしたから、「大変だ!」と思いながらもどこか「遠くで起こっていること」という気持ちがあったのが正直なところです。
しかし現地に行き、その被害の大きさと悲惨さを目の前で見て、「本当に復興などできるのだろうか?」と絶望感が湧き、これは誰か一人の力では到底元通りにはなりませんし、皆が力を合わせて10年20年とやっていかなくてはならないと思いました。
そして実際に被災された方々とお会いして、大変な経験をされながらも一生懸命頑張っている姿や、何不自由のない私たちに対して「来てくれてありがとう」と食事までご馳走してもらい、私が出来ることなどチッポケですが、何か少しでも役に立つことをしていこうと思いました。
地元に帰り普段の生活に戻ると、日々の目の前の仕事に追われ、何かの時に募金などはしましたが、意識をしないといつの間にか震災のことも頭からなくなってしまいがちでした。ただ思っているだけでは内観と同じでやらなくなってしまうと思い、継続しやすくするために、売上の1%を義捐金として寄付することにしました。
そして人に宣言するではないですが、現場近隣に配るチラシにも「売上の1%を寄付します」と書くことにしました。
こうしておけば、実際に寄付をしなかったら詐欺になりますので、結果的に継続して支援がしやすくなると思いました。
こんなことをしなければすぐに忘れてしまう自分が情けないですが、それを踏まえてやっていくしかないですね。
始めのうちは杉井さんに託したり、友人の知り合いの団体に寄付したりしましたが、建築士の勉強や仕事に追われ、寄付金額のチェックはしていましたが、寄付自体は「今度やろう」と思いながら先延ばしにしていました。
そうこうしているうちに金額が大きくなっていき、今度はその金額を見て一瞬怯むようになりました。
本当に自分は卑しくて小さい男だと痛感しています。
いまだに困っている人がたくさんいるのに、不自由のない私たちが自分の欲ばかり考えていたら申し訳ないです。
そんな自分では、人からの応援どころか、人として信用されなくなってしまいますね。
先日ようやく市役所の福祉課に行って寄付をしてきました。
私は、人のためにすることも、その時の感情や想いだけでは長続きしませんので、今後も会社の役割として継続していこうと思います。
たくさん寄付できるように、頑張って仕事をします。

縁を深める

3月10日   海野貴

先日、サイディング塗り替え診断士の更新セミナーに行ってきました。
サイディング塗り替え診断士の資格は、私が所属する木造住宅塗装リフォーム協会を主宰する講師のFさんが発行してくれます。
Fさんとは3年前に名古屋でのセミナーで出会ってからのお付き合いになるのですが、この3年間でFさんのおかげでとても多くのことを得ることが出来ました。
サイディング塗り替え診断士、10年保障のメーカー認定施工店、ハナコレマイスター、カルセラタイル施工店、今年は国土交通省認定検査員の資格も得られることになりそうです。
それ以外にも、仕事上の相談や全国の塗装業の方々との縁もいただくことができました。
名古屋で初めてお会いした時、懇親会で名刺交換をさせてもらい葉書を出したところ、すぐにFさんからお電話をいただきました。
葉書のお礼と、サイディング診断士のセミナーがあるので「是非ご参加ください」とのことでした。
私は以前、「同級生に葉書を出したら返信の葉書が来て嬉しかった」と杉井さんに言った時に、「今度は電話をして嬉しかったことを伝えるといいよ」とアドバイスをもらったことがありました。
その時私は、葉書に対してのリアクションがあったら、次はもっと近いコミュニケーション方法で相手との関係を深めることが大事なのだと思いました。
それ以外にも、「何かあった時は会いに行くといい」というアドバイスなどを聞いていましたから、Fさんからのお誘いがあった時に、一つ返事で「参加させていただきます」と言いました。
その時のセミナーの後に、参加者の中で唯一私に声を掛けてくれて一緒に飲みに行きました。
仕事に対する想いや、これからのことを話すと「海野さんのような若い世代に頑張って欲しいので応援します」と言ってくれました。
その後も、木造住宅塗装リフォーム協会に入会して、いろいろとお世話になっていました。

そして今年の賀詞交歓会の時に、ほとんど人を誘うことをしていなかった私に杉井さんから「講師の方を誘うといいよ。そうすればもっと応援してもらえるようになるかもしれないよ」とアドバイスをもらいました。
私は正直、自分の発表を聞いてもらうのが恥ずかしいという気持ちがありましたし、ましてや講師の方を東京から誘ってもいいのだろうか?と気が引けましたが、ダメ元で誘ってみたところ「是非参加させてもらいます。楽しみにしています」とお返事をいただきました。
私は人を誘うにも、来てくれそうな人を探して声を掛けるのですが、杉井さんは「この人に聞いてもらったらプラスになる」ということまで考えているのだなと思いました。
当日は時間の関係で賀詞交歓会のみ参加してくれましたが、「同じ業界の交流だけでなく、異業種の仲間との交流、切磋琢磨が大事ですね。とても刺激をもらいました」と喜んでくれました。
そして先日の更新セミナーの後も「経営塾に誘ってくれたお礼に」ということで、私だけを誘ってくれて飲みに連れて行ってくれました。
今回はあまり仕事の話はせず、普段の生活、家族や子供ことなどプライベートの話がほとんどでした。
Fさんも、3年前に奥さんを亡くしたこと、孫ができることなどを話してくれました。
元々は仕事の関係で知り合った方なので、普段の懇親会でもほとんど仕事の話なのですが、こうして仕事以外の話をして飲めて、Fさんとの距離が縮まったように思いました。
ただセミナーに参加するだけでなく、こちらから声を掛けたりすることで縁も深まっていくのだと改めて思いました。
とても嬉しく、楽しいお酒で、時を忘れてつい飲みすぎてしまいました。

夢のような時から目を覚ますと、そこは終電後の新富士駅でした・・・(泣)
縁は深まりましたが、円は離れて行ってしまいました。トホホ・・・

千鳥足でも

おはようございます、イーリードの越膳です。
先月が中間決算でいろいろチェックや見直しをしていた影響からか、今回は何だか棚卸しのようなブログになってしまいましたが、良いタイミングだったと思います。
また、誕生日に当番が当たるとはなんとラッキー!
これも皆さんのお陰です。本当に有難うございます!!
本日も最終日も宜しくお願いします!

【千鳥足でも】
先月初旬、昔取引きのあった大手倉庫会社のW氏から電話がありました。
たまたま同い年で家が近所なので昔はよく呑みました。
久しく互いに連絡取っていなかったのですが、いつも気にかけてくれていたようで「部下がアパレル関係の案件で請負先を探しているので紹介したい」と電話をくれたのです。
内容は、東京のアパレルメーカーとの請負取引で中国産の製品で横浜で揚げたものをプレス仕上げを行って御殿場の指定倉庫へ納品するというもの。毎月数万点のほぼ定量、年間数十万点ということですからザッとの計算でもそこそこの商いです。
オペレーションもまさにかつて我が社が得意としていたパターンです!
「是非弊社で見積もりを!」と喉まで出かかりましたが、思い止まりました。
売上は欲しい、でもかなりの設備投資がかかり、採用もしなければ、スペース確保も・・・
アパレルは先端産業で浮き沈みも激しい、また同じことの繰り返しになるかも。
教えを受け、経験にも学び、ホームサービスに特化すると決めたんだ!
断りの連絡を入れる前にまた思い止まりました。
待てよ、ただ断るのは申し訳ない、デカイ会社でブレーンも沢山あるだろうにせっかくウチに連絡くれたんだ。少し困っているようで急いでもいるようだった。何とかこちらで手当てしよう!
ということでささやかなご縁を頼りに県中東部に50店の直営を持つクリーニング会社に辿り着き、話を付け、W氏経由でメーカーへ紹介することにしました。
それから1ヶ月たった今週、クリーニング会社の専務から「メーカーと成約出来ました。御礼がしたいので是非会社に伺いたい」と電話がありました。
「業界は厳しくいろいろ手を打ってもすぐに効果は表れず、そんなところに紹介頂き本当に有難いです。何か当社でお役に立てることがあったら言って下さいね!」と言い残し専務は嬉しそうに帰っていきました。
毎月のようにいろんな方が相談や紹介を求めてきます。「俺は合コン屋か!?」
まぁともかく、先日杉井さんもコメント下さいましたが「毒を食らわば皿まで」です。
何度もブレそうになったし、これからもそうなる可能性はあると思います。
ヨタヨタですが、今は何よりも営業活動を優先し、何としてもホームサービス事業をものにしたいと思います。     1週間有難うございました!

縁元を忘れない!

おはようございます、イーリードの越膳です。
さあ、いよいよラス前ですが次はどなたが行きますか~?
とりあえず本日も宜しくお願いします。

【縁元を忘れない!】
来月、高校の時に御世話になった方の定年送別会があります。
昨年同様に吹奏楽部の恩師ですが、運動部で言えば昨年は監督、そして来月の方はコーチといったところでしょうか。来月定年のその恩師は本業は警察官です。
非番の時は必ず部活に顔出し、私たちに指導して下さいました。
マーチング専門のコーチだったので、しかるべき時期は仕事を終えてからも連日駆けつけて遅くまで指導して下さいました。
たしか私が1年生の時に結婚していますので新婚家庭もあったでしょうに私たちの為に沢山の時間を割いて下さいました。
3年の春、私が原付でやらかした時も大変御世話になっちゃいました・・・
今日までの私には高校の部活は大きな影響がありましたが社会人になってからは疎遠続きです。従ってその会には是非とも参加したいと思っています。

私は目先に捉われ不義理を重ねることが沢山あります。
そういえば先週末、菊川のお茶工場さんで出張セール販売をさせて頂きました。
ここの社長さんは当社でのセールにも社員さんと度々足を運んで下さいます。
当社スタッフにも本当によくして下さいます。
偶然高校の大先輩だったこの社長さんを紹介して下さったのは杉井さんです。
杉井さん!不義理をしておりました!! この場を借りて御礼を・・・

先日の当社セールには鈴木一さんが来てくれました。一さんは私に沼津経営塾を勧めて下さった方です。一さんがいなかったら今このブログを書いていませんし、皆さんとも出会っていません。
私は目の前の方すら大事にしようとしないことがありますが、そもそもそのキッカケを与えて下さった方に不義理を働いてしまうのです。「アカンやろ~!」
縁は辿ればキリが無いです。不義理にしないといっても普段何をするでなく、ただ最近の近況をハガキで報告したり「お陰さまで」を伝えることが大事ですよね。
金も縁も天下の回りモノです。不義理が過ぎると寄ってきませんね!
商売が上手くいかない原因は複数あると思いますが、お客様や関係者に不義理をしていないかこれまた今一度確認しなければ!
皆さん、今宵はひと息つく前に御世話になったあの人にプチ内観し、ハガキを書いてはいかがでしょうか?

多面的に見る

おはようございます、イーリードの越膳です。
天候不順、寒暖差で体調を崩しやすい時期ですね。
花粉症か風邪かも判断が難しい季節です。身体大事にしていきましょう!
それでは5日目も宜しくお願いします。

【多面的に見る】
いや~マラソンブームが来てますねぇ~!
5年前初めて出た駿府は全体でたしか9,000人だった参加者が今や14,000人ですよ。
最も参加者の多かった10kmはスタート直後ならともかく、途中途中コースが狭くなる度に渋滞、おまけにゴールゲートも(私はセーフでしたが)ゲート先の受付が渋滞してしまったので結果的にゲート前すなわちコースも渋滞列となってしまいました!
55分切りを目標にしていたのに56分だった結果を私は渋滞の責任にしています。
相変わらず傲慢です!

さて、私は10kmに出走した為先にゴールし、スタッフや取引先、仲間の出ている5kmやハーフ組を出迎えることにしました。
声援を送りながらよーく見ていると息子たちの部活のコーチ、過去の取引先、実習で御世話になっている学校の先生方など知っている顔ぶれが結構多い。
観察してみるものですね!
5km組が終わり次はハーフ組。今年も我が社のスタッフは・・・と心配とあきらめが入り交りながら5年前を思い出しつつ知っている顔ぶれを待ちます。
とにかく寒かった~。風もだんだん強くなるし・・・。
いつも自分が走って応援してもらうばかりでしたが、待っている人って結構大変なんですね!
同時に、声援を送りながらもランナーの懸命な姿に感動を貰います。
主催者、ボランティアも含め本当に沢山の人の力で大会がありますね。
ランナーも応援者もみんな「ありがとう!」ですね。
ところで皆さんは車椅子に乗ったことがありますか?
私たちにとって何の影響も無い小さな段差が車椅子には厳しいんですよね。
その立場になってみなければ分からないことが本当に沢山ありますね。
それだけ自分の感覚や経験なんてチッポケってことですね。
限界はありますが、沢山の立ち位置から多角的に物事を見たり経験することも大事ですね。
ホームサービス事業を推し進める中で、私たちは「これいい!」って思っていることもお客様にとってどうか?思い込みでニーズを無視していないか?
押し売りにならぬよう今一度、顧客目線を大事にしていきたいと思います。
後半はやや強引で駆け足ですが、今日はこの辺で!

傲慢

おはようございます、イーリードの越膳です。
次の当番はどなたでしょうか? 順番で行きますか?? 
取り急ぎ4日目も宜しくお願いします。

【傲慢】
中間決算&誕生日前ということで先日保険の見直しを行いました。
税理士からのアドバイスがキッカケです。
今私が死んだらどうなる、どんな備えが必要か、など日常であまり意識しない観点から、会社内及び家庭のことまで諸々考える良い機会にもなりました。
生きていることが当然のようですが、いつどこで何が起こるか分からないですよね!
保険の詳細は15年来御世話になっているB氏に頼んで手続きをしました。
今回見直し手続きをするにあたって、15年前と違い私の周囲にも随分保険関係の知り合いが増えていました。
正直、今は税理士事務所でも保険を扱っているのでそちらも勧めを受けました。
そうした中でB氏にお願いした理由は付き合いが長いこと、創業から今日までこちらの商売上でも随分と御世話になっていることなどがあると思います。
数ある中から何かを選ぶ理由は人それぞれですが、今回の保険に関して言えば内容よりも相手だったと思います。もちろんコストや保証内容など最低条件はありますが。
先日「何を持って選ばれるか」では、人柄や企業取り組み・活動などと書きました。
後日あらためて読んでみると「そうした活動をやっているのだから選んで!」、「選ばれないのはおかしい」とも読み取れて傲慢な自分が恥ずかしくなりました。
私は15年御世話になっていることから保険を頼みました。
地域から仕事が欲しい、地域から応援されたい私は地域に対して一体何年間、何をどれだけやってきたのか?
そう考えると傲慢で虫が良過ぎた自分が見えてきて更に恥ずかしくなりました。
Eそうじやっているってたかが4年です。
障がい者就労支援やセールイベントもイーリードとしては10年。
その他ボランティアなどもその程度。
それで地元評価が欲しい、仕事が欲しい、自分はしてほしい、でも他人にはしていない。
俺はなんて傲慢なんだ!!
得るモノが少ないとしたら相手に与える量が少ない。
仕事が少ないのはお客様に価値を与えていない、喜びを創造していないから。
経営塾でも学んできたことですが、発信が足りないことをこの中間決算であらためて気付きました。
ホームサービス事業でも、お客様にどんな価値を与えるのか?
再度具体化していきたいと思います。

変化

おはようございます、イーリードの越膳です。
鳥居さん、昨日は有難うございました!
とても嬉しかったです。
鳥居さんの細やかな気遣いは私にはとても刺激にもなります。
少しでも見習わなければ!
それでは3日目も宜しくお願いします。

【変化】
私の母親は41年前、働く母親たちの声に応えるべく仲間たちと保育園を立ち上げました。
現代も少子化に関わらず待機児童問題があります。
認可保育所が足りないからですね。
そうした問題に応えるべく近年、株式会社の保育園もあります。
民間保育所は外国人講師による英会話、食事メニューの充実、職員の教育など既存保育園にないものを取り入れ、それを詳細に保護者に伝え、差別化を図り園児を獲得しています。
私は3年前に企業雇用の限界を感じ、障がい者就労支援事業所を立ち上げました。
障がい者福祉の世界も民間が参入し、サービスや製品の充実、販路開拓などを積極的に進めています。
どちらも良し悪しの議論がありますが、時代は確実に変わってきていると感じます。

15年ほど前は持つ人が少数派だった携帯電話も今や複数台持つ人も少なくないようです。
洋服も試着せずに画面で買う人が多くなっています。
エレベーター形式で宇宙旅行を考え始めた建設会社が出てきました。
掃除するロボットが登場!
宝くじも6千万円だったころが懐かしく、今や5億円!!
一体あと15年先にはどんなことになっているでしょうか?

流行を追う気はありませんが、商売には影響しますから時代の変化は無視出来ません。
しかし、最近強く思うことは「未来がこうなるかも」という自分のアテにならないな予測よりも「未来をこうしたい!」ということです。
ある人に話したら笑われ、またある人に話したら応援したいと言われた夢があります。
少しだけ静岡ブログに書きましたが、もうちょっと具体的になったら皆さんにまた聞いてほしいと思っています。

ただ変化についていくのはつまらないです。
自らの手で変化を起こし、時代を作っていきたいですね!

何を持って選ばれるか

おはようございます、イーリードの越膳です。
昨日は良い日かと思いきや、正直な今の心境を書いたら暗くなってしまいました。
スミマセン・・・
今日は駿府マラソンです!
私にとってもイーリードにとっても特別なレースです。
結果はどうなるか分かりませんが、練習はやるだけやってきました。
まぁ今回は10kmだし、楽しく過ごし、想い出の1ページを刻みたいと思います。
それでは2日目も宜しくお願いします!

【何を持って選ばれるか】
第2東名工事の影響からか、沼津近郊もダンプの往来が激しいここ数年です。
それにしても運転マナー良くないですね!
強引な割り込みや車線変更、やたらデカいクラクション、信号無視などなど。
全員がそうではないと思いたいですが、車がデカイ分だけ目立つのでしょうか、そういうイメージを抱かざるえません。
時々社名がボディーに書いてあって、「絶対おたくには頼まないよ!」なんて思いながら「どうせ要無いか」などと独り言を言いながら運転。
あまりにもイラっときた時は塾長直伝の「もぉ~ムラムラする!」とつぶやきます。
(自分も運転で他人に迷惑をかけていないか気を付けなければ!)

塾長の通信にファーストフードMのことが書かれていました。
Mに限りませんが、大手など資本力で、あるいはニーズを作り出せるオリジナル技術・製品を保有するところならともかく、私のような会社はどれもありません。
ただ幸いにして人柄の良いスタッフ、掃除やボランティアなど積み重ねてきた活動実績、障がい者支援などがあります。
よって、接近戦でのプラスワン戦略を展開中です。
まさに万事営業で、まだまだ未熟ですが挨拶、作業中の従業員同士の会話、仕草、運転、私自身もプライベートな外出時も行動に気を付けています。
返事のハイはイにアクセント!!
しかし、これらって地味で根気が要ります。
果たして実るか実らないか?
経営的に間に合うのか間に合わないのか?
様々な不安はありますが人柄や企業姿勢・取り組みで選ばれるしかありません。
念ずれば花開くが如く、苦手ですが地道に続けて地域ナンバーワンを目指します!


憂いていても仕方ないけど

おはようございます、イーリードの越膳です。
今日は雛祭りですね!   そして耳の日ですね~  更に従兄の誕生日!
何だか良い(?)日に襷を受け取りました。
1週間宜しくお願いします!

【憂いていても仕方ないけど】
先日、沼津で痛ましい事故がありました。
母親と子供2人の計3人の練炭自殺です。
母親は一命を取り留めたのですが、中学生と小学生の男の子2人は亡くなりました。
正直、若い頃はこうしたニュースを聞いてもまったく他人事で大した感情も湧きませんでしたが、今はとても胸が痛く辛い思いになります。
その時の母親の心境、子供達の心境など考えれば考えるほど。特に子供が可哀そう。
子供2人とも3、4日前は普通に学校生活をおくっていたといいます。
そりゃそうですよね。
きっとあくる日も学校へ行き、友達とふざけたりすることを楽しみにしていただろうに。
もうすぐ新学期も始まるのに。

生活保護受給者が急増しています。
超高齢化社会が目の前です。
障がい者人口も、特に後天性が増加しています。
どうなるニッポン!?

私といえば目先に追われ、「国の将来など考えている場合ではない!」と先の事件などに対して胸は痛くしながらも結局自分のことに・・・。
儲かっていない私が書くのは説得力ありませんが、これからの企業は儲けること以上に国や地球の将来、子供や孫、ひ孫、玄孫のことを考えて商売していかなければならないと思います。
利便性や利益追求で競争を重ねて走ってきた結果、今があるとしたら変えないとヤバいですよね!
とはいえ、政治家ではあるまいし自分あたりちっぽけな人間のやることなどしれています。
私はあくまでも商売人の端くれです!
ですから、自分の会社や人生を良くすることに集中するほかないとは思うのですが。
どんな会社作り、どんな商売、どんな人生を築いていくことが自分にとっても将来にとっても良いのだろうか?
悶々としながらも営業に出向き、契約を頂けると喜んで帰る日々の自分であります。

[販売に力を注ぐ」

おはようございます。遠藤です。
みなさん、最終日までおつきあいいただきありがとうございます。
次の担当は、立候補のあった越膳さんにお願いしたいと思います。越膳さんよろしくお願いします。

「販売に力を注ぐ」
木村さん、三島ブランドをご存じなんですね。嬉しいです。
まだまだ認知度が低いので、商工会議所さんも色々とピーアールしてくれていますが、残念ながら悔しいですが、恵比寿豚よりも箱根西麓野菜とペアで、箱根西麓豚の方が今のところ認知度は高いです。
昨日、三島大社の近くで恵比寿豚を販売してくれている「だいいちはむ」さんに行ってきました。
静岡の焼き肉やさんから、うちの豚肉を試食してみたいとのことで、豚肉の発送をお願いしに行ってきました。
そこで一人の女性が恵比寿豚を注文されていて、だいいちはむのご主人が僕をそのお客様に「生産者の方です」と紹介してくれました。
するとその女性が、食の安全に気を使っているのか、「生産者の顔が見えると安心して買えますね」と言ってくれました。
店では、「あしたか牛」も取り扱っていて、あしたか牛の生産者のポスターが貼られています。
まだ、僕たちのポスターは貼られていないので、お客様に安心して買ってもらうためにも、認知度を高めるためにもポスターを作ろうと思いました。
目の前でお客様が自分たちが育てた豚肉を買っていってくれるのを見るのは本当に嬉しいことです。
みなさんも近くまで来たら、是非よってみてください。
鳥居さんのコメントに書いてありましたが、自分たちでできることはかぎられています。しかし、協力を得られれば、できないと思っていたこともできてしまうのですね。
そんな、協力し合える仕組みづくりをしていくと同時に、МGで販売力を磨いていきたいとおもいます。
信太郎さん・細谷さんおすすめの平井精肉店さんにも行かせていただきます。
一週間ありがとうございました。

次のページ

FC2Ad