沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

大晦日

12月31日  大晦日   海野貴

今年最後のブログよろしくお願いします。
そして募金もよろしくお願いします。
寒くなるようですので、寒さ対策もお忘れなく!
先日、中学の先輩と会った時、募金をお願いしたら「これぐらいしか出来ないから」と言ってお金を渡してくれました。
何だか「ジ~ン」ときました。
募金をすると、こちらも温かい気持になりますね。

私はここ数年、大晦日には両親に葉書を書くことにしています。
少し恥ずかしいのですが、一年間、一番お世話になっているので、せめて最後ぐらいはお礼の気持ちを伝えようと思って書いています。
今年は集中内観をして、本当に今まで申し訳ない事をしてきたと気付きました。
自分では、親の仕事を継いで「安心させてあげたい」という気持ちでやってきたつもりでしたが、
いつしか「継いでやってる」というような傲慢な自分に変わっていました。
「自分の頑張り」ばかりを見ていて、親からしてもらっている事、親の頑張りを見ていませんでした。
そもそも、何も無いところから、40年やってきた親の頑張りに比べれば、
私の頑張りなど、屁でもないと思います。
近くにいると、親からしてもらう事が、つい当たり前のように思ってしまいますので、
自分を戒めるという意味でも、私には内観が必要です。
今日はもう一度、親に対する内観をして葉書を書こうと思います。

一年間、ありがとうございました。
とても幸せな一年だったと思います。
スポンサーサイト

一年の振り返り

12月30日  海野貴

今年は年賀状同様、会計ソフトへの入力も年内に大体終わりました。
毎年、確定申告の時期に慌ててやるのですが、今年は12月の現場仕事が少なかったので、その分事務仕事がはかどりました。
しかし、入力の仕方が間違っているところがありますので、年明けに友人に見てもらおうと思います。
いつまでたっても苦手ですが、毎年少しずつですが分かるようにはなっています。
毎年この入力作業をすると、一年を振り返る良い機会になります。
「この現場では、こんなことがあったな~」「この領収書は○○さんと一緒に飲みに行った時のものだ」とその時の思い出が浮かんできます。
私はまだ、物件数も少ないので、一つひとつの現場での出来事や、その現場で目に映った光景などが結構脳裏に残っています。
冬の寒さの中、震えながら仕事をした事。
雨の中、びしょ濡れになりながら水洗いをした事。
真夏の暑さの中で、埃まみれになってやった事。
いろいろ思い出されます。
目に映ったもの以外に、その時、一緒に仕事をしてくれた人たちが、どんな想いだったのか?ということも考えてみました。
伊東から片道1時間以上もかけて来てくれる加藤さんは、毎朝大変だったと思います。
宇井くんや、赤松くんは、慣れない現場仕事で精神的にも肉体的にも大変だったと思いますが、
それを考慮せずに、早く仕事を覚えてもらおうとして、プレッシャーをかけてしまったと思います。
社員の給料や、利益を上げなくてはと、私自身もプレッシャーがありましたので、現場でピリピリしている私を両親はどんな想いで見ていたのだろう?と思います。
自分の尺度でしか考えない傲慢な私を見て、きっと心配していたと思います。
人の協力無くしては、一つの現場も完了することは出来ないのに、働いてくれている人の気持ちを考えたり、感謝が少なかったと思います。
この不景気ですから、とにかく仕事を確保しなければと必死でしたが、一緒に働いてくれる人が、気分良く働けたり、安心して仕事が出来るような環境を作ってあげる事は出来ませんでした。
力不足で、本当に申し訳なく思います。
私に器量が無いのは仕方がありませんが、もっとしっかり数字的に現状を把握したり、
戦略、計画をしっかり練っていれば、自分の中の不安は少なくなったと思います。
現状を分からずに「もっと仕事をこなさなくては」と頭の中の不安でいっぱいでした。
何を目指すのか?というところをしっかり持っていないので、
目の前の小さい事にこだわって、バタバタしてしまっているのだと思います。
また来年も採用をしていこうと思っています。
働らいてくれる人と、仲良くやっていけるようにしたいと思います。

年賀状

12月29日   海野貴

今年は初めて、年賀状が年内に終わりました。
例年ですと、年が明けても宛名書きをしている状態なのですが、
今年は25日には、殆ど書き終わり投函をしました。
毎年出す枚数が増えていきますので、出しても返ってこない人などは今年は、「ごめんなさい」をして出来るだけ枚数を減らそうと思いました。
今年もらった年賀状をチェックして、名簿を見ながら出す人をリストアップしたのですが、
一人ひとりの名前を見ていると、その人のことや顔が浮かんで来て、
「久しく会ってないな~」「元気かな~」と思い、普段書いていないので、せめて年賀状くらいは出そうという気持ちになりました。
また、どこでどんなチャンスがあるか分からないので、結局600近い枚数を出すことになってしまいました。
私は経営塾に入ってからは、文字だけの年賀状にしているのですが、
毎年とても反応が良く、年賀状のネタで会話が盛り上がったり、
今年は「同志を紹介してください」と書いたので、3件の電話がありました。
年賀状でそんなことがあることが不思議ですし、おもしろいな~と思います。
今回の内容は、あまり人が感心を持つような内容にならなかったので、反応は低いと思いますが、
一人でも多くの人が、私の事を一瞬でも思い出してくれたら嬉しいです。
また今回は、宛名書きを母にも手伝ってもらいました。
本来なら、自分で書かないといけないところですが、時間の都合で甘えてしまいました。
来年からは、もっと早目に準備をしていこうと思います。


狙いと違う

12月28日   海野貴

またもやMGネタですみません。
私は今回の長野MGで営業の練習をするという目的もありました。
初めて会う方ばかりですので、その方々に良い印象を持ってもらえるようにすることは、
普段の営業にも役に立つと思ったからです。
今のところ、私の営業は、商品を売って回るようなものではなく、
何か住まいに関する相談事があった時に、私の所に相談が来るように人脈を拡げたり、紹介してもらえるようにすることです。
そのためには、「相手にどんな印象を持たれるか」ということが大事になると思います。
自分の特性などからも考えて、効果的なものを決める必要があると思いますが、
今回は試しに「親しみやすい」という印象を持ってもらえるように、行動してみようと思いました。
具体的には、話をする時は笑顔を作って話す事、たくさん話しかける事、呼ばれたら明るく返事をすることなどを意識しました。
そして行きの車の中で、一緒に行った島田市の杉本さんに、「帰る時に、どんな印象だったか聞くので教えてください」と頼んでおきました。
二日間、これらのことを意識してやり、私としては「まずまずだな」と思いましたので、杉本さんの意見を聞くのを楽しみにしていました。
しかし、帰りの新幹線で杉本さんに聞いてみると、「クールな印象でした」と返ってきました。
「狙いと全く反対じゃねぇか!」とガクンとしましたが、事実を受け入れました。
具体的には、どんな所でクールと感じたか聞いてみると、「マトリックスの時に、聞くと優しく教えてくれるけど、聞かないと何もしてくれず、クールな印象があった」
と教えてくれました。
確かに、MGでは「分からないことを自分から聞く」ということも勉強の一つですので、
「悩んでいるな!」と思っても、気付いていない振りをしていました。
研修なのでそれは仕方が無かったと思いますが、
「何もしない」ということは相手からは「冷たい」と感じることがあるのだと知りました。
逆に波多野さんは、「どうですか?と声を掛けてくれて、優しいという印象があった」と言っていました。
困っている時に、声を掛けることで、相手は「優しい」と感じる事があるのだと知りました。
自分が狙って行動していることが、相手には違った印象で伝わっていることを知り、
自分の良いと思って行動することを、常に疑ってみて、確認する必要があると思いました。
今回「親しみやすい」を狙ってみて思ったことは、話しをしている時の印象より、こちらから話しかける事や、話しかける前の印象の方が大事なのかもしれないと思いました。

今回の学びを活かすとすると、
「何もしない」=「冷たい」となる危険性がありますので、
年一回のアフター点検をキチンとやり、「困ったことは無いですか?」と訪問回数を増やすことで、安心感を持ってもらえるようにしようと思います。
そして、仕事の時だけでなく、普段の行動や言葉使いなども気を付けたいと思います。


分かるようになる

12月27日   海野貴

私はちょっと前から、MGをやる時にこだわっていることがあります。
それは売上高です。
私はMGが下手で、どうやったら良い成績が出せるのかも解りませんが、
講義の中で、「自己資本が同じでも、売上が高い方がチャンスはある」と教えてもらったので、
とにかく今は、売上高を上げる事、稼ぐ力を付けるようになろうと思い、全期A卓を狙ってやっています。
ただガムシャラにやっているので、利益はあまり出せないのですが、売上はそこそこ出せるようになってきたと思います。
しかし、次は利益を出せるようにならないといけないのですが、そこからが全くダメなのです。
特に、途中まで上手くいき、大型機械を買ってガンガン行くぞ!と思ってやる時は必ず失敗します。
私はドンブリ勘定で、利益感覚、時間の概念などが無く、経営計画自体も間違った計画を立てているのかもしれません。
これを実際の仕事に置き換えて考えると、私が、もし会社を大きくしたり、売上アップを狙った時には、窮地に追い込まれる状態になる可能性が高いということだと思います。
今はまだ、規模も小さく、気合だけで何とかなるレベルですので、MGで言えばジュニアルールでやっている状態なのかもしれません。
今後、上を目指するなら、経費も増え、シニアルールで利益を出せるようにならないといけないと思います。
逆を言うと、今ジュニアルールでやっている状態であるというのは、自分のレベルがそのレベルだからなのだと思います。
まずは自分の経営センスを身に付けなければ、上には行けないと思います。
私は漠然とですが、将来、売上1億円にしたいと思っています。
それは、ただお金を稼ぎたいということではなく、自分にそれだけの器がある人間になりたいと思うからです。
経営的センス、人に関する問題などをクリアできる人にならなければ、その目標は達成出来ないだろうし、継続も出来ないと思います。
MGが強くなれば、経営が上手く行くという事はありませんが、
どんなやり方をすれば良いかを知る事は重要だと思います。
このところ杉井さんにHPや経営計画などでアドバイスをもらうことがあるのですが、
アドバイスを通して感じることは、「自分で考え、答えを出し、実行する人にならなければ、形を整えても最終的には意味が無い」ということです。
MGでも周りの状況からポイントを掴み、利益を出せるようになること。
戦略も、自分の特性などから、効果的な戦略、戦術が分かること。
HPも、見る人が興味を持つポイントが分かるようになること。
それらを出来るような人になることで、目標を達成できるかもしれません。
今の現状は自分の投影ですから、結果を変えるために自分を変えていきたいと思います。

分かっているつもり

12月26日   海野貴

一週間よろしくお願いします。

先日、長野MGに連れて行ってもらいました。
MG自体は何回もやっていますし、経験の少ない人ばかりなので、
そこそこの成績は出せるだろうと思っていましたし、あわよくば優勝のチャンスもあるかな?なんて少し期待もしていました。
実際に経験者は、波多野さんと私の二人だけで、あとの人は2回目の人が半分、初めての人が半分でした。
ゲームが始まり私はそこそこ無難にやっていたのですが、いろいろ話をしているうちに、
「あれ?この人、俺より解っている!」と感じることがありました。
実のところ、私はまだ勝ち方も解りませんし、ポイントも掴めていません。
でも回数だけはこなしていましたので、初心者には負けないだろうと思っていました。
マトリックスは元々苦手なのですが、初心者には負けられないという気持ちがありましたので、気合を入れて臨んだのですが、
3期、4期と進んでいくと、皆さん慣れて来たようで段々速くなってきました。
私は焦りでミスが多くなり、ドンドン抜かれてしまいました。
結果も散々で、完敗でした。
結果はともかく、私は皆さんとのレベルの差を感じました。
MGを何度も経験している私は、「MGはそんなに甘くはない」と思っていましたが、
300越えの人もたくさんいて、中には「コツを掴んでいるな」と思う人もいました。
5年近くMGをやっているのに、何も解っていない私は「もしかしてバカなのかな?」と思いました。
特別できるとは思っていませんでしたが、普通レベルだろうと思っていた私は、
実は「普通以下のレベル」だったという事に気付いてしまいました!(もしかして皆さん気付いてました?)
私は慣れていただけで、何も身に付けていなかったのだと思いました。
そもそも本気で優勝を狙ってやっていませんでしたし、本気で分かるようになろうと思っていなかったのだと思います。
ただ形だけ出来るようになって、分かったつもりになっていたのだと思いました。
今回の取り組み方も、経営計画を真剣に考えていたとはとても言えません。
しかし、他の方は「昨日夜中まで経営計画を練っていました」という方も多くいました。
私はとても恥ずかしく思いました。
力も無いのに、分かったつもりになっていて、努力もしていない自分が情けなくなりました。
考えると、葉書や掃除もCLも同じだと思います。
経営塾に入って5年経ちますが、形だけで何一つ、モノにして来ていません。
これではただの「研修好き」と言われても仕方がありませんね。
今回、人より出来が悪いということが解りましたので、
それを受け入れ、初心に帰って努力していこうと思います。

【小さな決意?】

おはようございます!
小野@馬耳です。

一週間、ありがとうございました。
海野さん! 明日からよろしくお願いしますね!!

実は、静岡経営塾のブログ担当の順番が、もうすぐなので
沼津のブログは、ネタがかぶらぬよう、最近の出来事を
中心に書かせて頂きました。(汗)
31日の募金は、生きがいの佐藤さんのところの方々や、
以前参加して下さった方々も、参加してくれそうです。
一年の締めくくりが、素敵なものになるといいですね!
それでは最終日、よろしくお願いします。

【小さな決意?】
うちの会社が今、どんなに大変かをこのブログに書かせもらっても
どうにもなりませんが、厳しい状態ある事は事実です。
経費の見直しをし、現金化できるものや、無駄なものの拾い出しをしました。
そんな中、自分への戒めと、周りへのパフォーマンス?として
愛車のボルボを手放すことにしました。
金額は、何にもなりませんが、ちょうど車検にもなりましたし、
年数も経っていますので、処分する時期的にはちょうど良かったかなと思います。
でも、やっぱり寂しいものですね。
社員さんたちも「え?売っちゃうんですか?」と心配もしてくれました。

代わりの車は、あまり使用していない軽四のワンボックス社用車にしました。
もともと小さな車を望んでいた妻は、まあ良かったのですが、
このパフォーマンスに一番反応したのは長男でした。
「どうしてもボルボを売らなくてはいけないのか?」
「俺が塾をやめれば、ボルボを売らなくて済むのか?」
等など、色々と話してきました。
私は「会社をやっていると色々とあるんだよっ」等と言い訳を
しましたが、長男に申し訳ない気持ちが湧いてきました。
何で申し訳ない気持ちが湧いてきたのか、わかりませんが
「よし!もう一度ボルボを買うぞ!!」という、小さな決意をしました。
ここからが、正念場です。 家族や社員さんに心配や、悲しい思いをさせた分、
取り戻さなければなりません。頑張りますよ!!

【ワイン】

おはようございます!
小野@馬耳です。

私の次は、海野さんでよろしかったでしょうか!?(ファミレスか!?)
海野さん!良いかなぁ~?お願いしますねっ。
今日は、クリスマスイブですね。
サンタクロースとして働いていた時が懐かしいです。
驚かす工夫に、こちらもワクワクして、楽しかったなぁ~。
ラス前 六日目、よろしくお願いします。

【ワイン】
クリスマスと言えば、プレゼントですね! 
皆さんは、どんなプレゼントがうれしいですか?
私がもらってうれしいプレゼントは、やっぱりワイン(お酒)かな?

そんな中、すごくうれしい出来事がありました。
輿水酒店のオリジナル商品に私のネーミングが、採用されたのです!
輿水酒店オリジナル日本酒の第二弾 純米酒の名前なんですが
その名は「和韻」(ワイン)です。
どうです? 良いでしょう!? 
パーティーなどのプレゼントに「俺、ワイン持ってきたよ!」と、
この「和韻」を渡すと、そこで何か起こる気がしませんか?
笑ってもらえるかもそれませんし、ドン引きの可能性もあります。
それが、面白いですね!(私は!)
この商品は、今月末の出来上がりらしいのですが
どう渡すかは、本人次第です。
面白い渡し方、失敗した渡し方を募集しても面白いと思います。
あっ!言っときますが、商品の内容物は、いい加減のものではありませんよ。
たぶん、輿水さんが紹介してくれると思いますが…(汗)

私は、せっかく採用されたこの「和韻」をヒット商品にしたいのです。
皆さんの力をお借りし、是非ヒット商品にして下さい!
細谷さんの紹介してくれたCMを作って、ネットで紹介したり、
何かのイベントで販売してもいいですね!
もちろん「馬の耳」では紹介させて頂きます。
ほかに良い方法があったら教えて下さい。

【紹介の紹介】

おはようございます!
小野@馬耳です。

昨日は、お得意様の幼稚園、保育園で手品をやって欲しいと言われ
午前中、ダブルヘッダーで挑戦してきました。
子供達の真剣なまなざし、驚いた顔、そして笑顔。
本当に純粋で、素敵な顔をしていました。
手品が終わった後、みんなが近寄ってきてくれて、握手をしたり
服を引っ張られたり、浣腸されたり(笑)
やぁ~ 楽しかったです。癒されます。
私は本当に小さい子供が好きなんだなぁと思いましたよ。
五日目、宜しくお願いします。

【紹介の紹介】
9月に行われたイワンの会の前日、準備のお手伝いに行った時、
たまたま出会った兵庫の方に、葉書と馬の耳を送ったのですが、
その方が 色々な方に馬の耳を紹介してくださり、
紹介された方から感想などを送ってもらえるようになりました。
お会いしてもいない方からの葉書に戸惑いながらも
馬の耳を送って、葉書を書いたりしています。
きっと、杉井さんはそうしたご縁を大切にしてこられて
今のような体制が出来たのかなぁと思うと、それこそ兵庫まで
電話機を付けに行く事は、ないとは思いますが、
私もそういうご縁も大切にしなくてはと思っています。

「紹介の紹介」って本当に不思議ですよね!
間違いなく、相手の方の妄想や勘違いなのですが、
私がすごい人になっているのです。そして、信用もされています。
妄想や勘違いは、ある意味ありがたいことですが、
実際に会った時のギャップをどう埋めればいいのでしょうか!?
でも、こういうことが続くと、私はまだまだですが、自分が本当に
そういう人にならなくてはいけないという、力が働きかけるんだと
思います。環境が人を作るって事でしょうか!? 
まぁ、私もそうなっていったら、ありがたいですが・・・
って、そういう自分になる為の行動をしなくてはいけませんね!
そして、実際の仕事でも、「紹介の紹介」がもらえるようになったら強いです。
やっぱりそれは、仕事もキッチリし、縁を大切にするって事ですねっ。(汗)

【外掃除】

おはようございます!
小野@馬耳です。

私はウソをつく時、鼻の穴がデカくなるそうです。
うちの妻は完全見抜きます。だから、ウソをつくときは
鼻を押さえて話します。(まぁそれで、ばれちゃうんですけどね!笑)
昨日の話、ウソには良いウソと、悪いウソがあるって事ですかねぇ?
どちらもあるにしても、まぁ、ウソはつかないほうがいいですねっ。
四日目、宜しくお願いします。

【外掃除】
うちの会社も、今の場所に越してきて、1年と1カ月が経ちました。
本当に早いですね! 引っ越した日からほぼ毎日、社員さんたちと
外掃除をさせていただいています。
人通りは、ほとんどありませんが、秋からこの時期は、落ち葉がすごいです。
朝、掃除しても、昼にはいっぱい落ち葉が落ちています。
その様子を見ると、上甲先生が松下政経塾の話をしてくれた事を
思い出します。
「世の中を良くするのは、落ち葉を掃除するようなもの。
良くしたと思っても、次々に問題が起きてくる。」
「身の回りの掃除が出来ない人間が、世の中を綺麗に出来るのか?」
確か、こんな話だったと思います。
私は、この場所に移ってくるにあたって、杉井さんから「その土地を
きれいにしたり、手をかけることで、小野さんが良い土地にするんだよ!」
とアドバイスを頂きました。しかし今はただ、掃除をしているだけに
なってしまいました。

先日も、掃除をキッチリされている会社の社長に、「小野さんの会社は
外掃除をしているよね! 社内も綺麗にしている?」と聞かれました。
ガチョーンです。正直に「あまり綺麗にしていません。」と答えました。
「それは、外面が良くて、内面がわるいのと一緒だよ! 外を掃除する前に
まず、社内の掃除をしたほうがいいよ!」とアドバイスを頂きました。
確かにそうだなぁ~と思いまして、社内もやるようになったのですが・・・
何のために掃除をやっているのか?もう一度目的を頭に入れて
朝の掃除をしていきたいと思います。

【ウソはつかない方がいい】

おはようございます!
小野@馬耳です。

昨日の日曜日、そして23日の祝日も、うちの会社は仕事になっています。
今回のどちらのお客様も、大きな金額なのに、相見積りもなく、
うちの見積りをそのまま受け入れてくれました。
こんなに信用していただき、本当にありがたいです。
三日目、よろしくお願いします。

【ウソはつかない方がいい】
あるお客様(社長)から、先週の月曜日の朝一番に、電話が使えないという
連絡が入りました。少しお怒りの様子でした。
とにかく急がなくてはと、すぐに訪問すると、確かに電話が使えません。
原因はすぐにわかりました。さすが、プロだなぁ~。
簡単にいうと、(難しくいっても)本体の差し込みが抜けているだけでした。(汗)
「も~こんなことで、私を呼び出さないでほしいなぁ」と思っちゃいましたよ。
まぁ、直って良かったので、社長にその事を伝えようと準備をしていると、
そこにあわてた様子の若奥様が、私のところに来て、「日曜日にうちの子供を
会社に連れてきた時に、色々と悪さをして、きっとその時に抜いちゃったんだと
思います。お願いです、社長には内緒にして下さい。」というのです。
まぁ、私も鬼ではありません。調子よく「わかりました!」と
言ってしまったのですが、私は社長に、ウソをつかなくてはならなく
なってしまいました。
少し厳しい社長なので、若奥様が内緒にしてほしいという気持ちも
わかるのですが、「わかりました!」と簡単に言ってしまった事を
後悔しました。

今回はうまい事に、社長には理由は聞かれず、良かったのですが
何か、後味の悪いものになってしまいました。
もし、社長が理由を聞いてきたら、どうしていたのだろう?
「差し込みが抜けていました。」と言ったら、なぜ抜けたのかを
聞かれるだろうし、本当に困ったと思います。
簡単な一言で、ウソをつかなくてはならなくなり、そしてそのウソで
信用も失ってしまうこともあるでしょうし…
こういう場合、どうしたらよかったのでしょうね?

【隣の中古車屋さん】

おはようございます!
小野@馬耳です。

今日は、うちの長男の所属する陸上部が、京都で行われる
高校駅伝の全国大会に出場します。 あっ 女子ですがね!
陸上部って男子、女子の区別がないんですよね。
テニス部は男子と女子で完全に分かれて、練習プログラムも
全く違っていましたが…
県予選では最終5区で、42秒もの差を逆転しての全国大会。
一本の襷に込められて思いを、最後までつないでほしいです。
応援に向かう長男は、サービスエリアの昼食が気になって
しょうがないようでした。まぁ、親に似てのん気な男です。
二日目、よろしくお願いします。

【隣の中古車屋さん】
うちの会社のとなりは、中古車屋さんでした。そう、“でした。”です。
11月のある日、商品の中古車が無くなり始め、
コンテナハウスの事務所がトラックに乗せられていきました。
一週間ぐらいかけていました。
その間も、中古車屋の社長にお会いし、あいさつもしたのですが、
何も言わないので、最初はレイアウト変更でもするのかな?と
思っていました。
しかし結局、空地になってしまったのです。
撤退なのか?引越しなのかもわかりません。
撤退にしても、移転にしても、私だったらひと声かけると思います。
だって、あたらしい仕事を始めるにしても、移転で続けるにしても
どこで、どうつながるのか、わからないじゃないですか!
そこでのひと声が、応援してもらえる人になるのか、
そうではないのかと思うのです。
聞いてみるべきだったのかな? 私は少しさみしい気持ちになりました。
中古車を買った訳ではないですが、別に仲が悪かった訳でもないし、
私に伝えてくれなかったのが、ショックです。
これからの人生、色々な事があると思いますが、
恥じない生き方、後ろ指をさされない生き方、そして
応援してもらえる生き方をしていきたいと、思います。

【お客様目線】

おはようございます!
小野@馬耳です。

「えっ 俺?」(笑)
今週一週間、よろしくお願いします。
それにしても地震、よく揺れるなぁ。

【お客様目線】
先日、東京に一人で出張に行ってきました。
せっかく東京まで来たのですから、予定を詰め込んで、
少しでも価値のある一日にしようと、がんばりましたよ!
打ち合わせや作業を丁寧にし、無事予定が終了しました。
さっ、そうなれば、ここからはご褒美の時間です。
ネオン輝く新宿の街を、ふらりふらりとした訳です。
「こんな日は居酒屋で日本酒でも呑みながら、隣の人やカウンター越しに
他愛もない話でもしながら、楽しい時間が過ごせたらいいなぁ!」等と、
ワクワクしながら和風のある店に飛び込んだのです。
いやぁ~ 驚きましたよ! ドン引きです。
その店は全席が個室になっていて、注文はすべてタッチパネルなんです。
店員さんも、心なしか無愛想に感じます。
「ありゃ~?失敗したぁ~」と思ってもあとの祭りです。
むなしくタッチ音が響きます。注文ボタンを押すとすぐに
味気ないお通しと、馬が食うほどの大量の枝豆、“出会いに感謝”と書かれた
ビアジョッキがさみしく机の上に置かれました。
「こんな店が、はやるのだろうか?」「“出会いに感謝”はないだろう!」
「いや、今の世の中がこんなスタイルを望んでいるのかもしれないなぁ。」
などと、独り言を言いながら一杯だけ呑んでその店を後にしました。

私が、店の選択を間違えたといえば、それまでですが
お金をかけて、わざわざダメな店を作っているように感じました。
私たちも、良かれとの思いでサービスしたつもりでも、
お客様にとっては、大きなお世話だったり、
逆に迷惑をかけている事があるかもしれませんね!

“お客様目線を大切にしなくてはなぁ”などと思いながら
新幹線でチューハイを呑んでいると、隣に座ったおばちゃんが
スーパードライを呑み始めました。つまみを分け合い
他愛もない話をしながら、三島まで帰りを楽しんで帰ってきました。
私が望んでいたのは、これなんだよなぁ。

○○と言えばイーリード

おはようございます、越膳です。
皆さん、1週間お付合い頂き有難うございました。
一年間を振り返りつつ、来年取り組むべきことを書こうと思って臨みました。
しかし、頭の中にあるイメージとやるべきことを具体的にして上手くアウトプットし切れませんでした。
今日も昨日の続きになりますが、書く事で少しでも自分の中を整理して取り組むべきことの絞込みをしていきたいと思います。
それでは、本日最終日も宜しくお願いします!

【○○と言えばイーリード】
創業時からある程度の人数を抱えたので、一つの事業だけでは支えきれずにあれこれとやってきました。
また、業種業界への拘りも無く、唯一考え方のベースは当社の人員で出来ること、仕事を細分化した時に障がい者でも出来るもの、ということでした。
結果として、いろいろな仕事をやってはみたものの、元々力も無い上に力が分散し、どれも中途半端になりました。
「この所帯を維持していくには仕方がない」と自分で言い訳を作ってきました。
今、会社は危機的状況にあります。時間のない中で成果を出していくことが急務です。
杉井さんからもアドバイス頂いていたことですが、今こそ僅かな力を集結し、あれもこれもから一点集中型に切り替えることが必要です。中長期で創り上げていくビジネスは一旦横に置きます。
これからイーリードは何をもって稼いでいくのか?何屋になるのか?
請負サービス専門を目指そうと思います。
重点エリアは沼津市です。重点顧客は地元住民と地元企業です。
重点商品(サービス内容)は、
対企業・・・生産工程の部分請負や用務的(清掃など)作業
対個人・・・家事に関わる作業(掃除など)
です。
どれもたくさんのお金を頂くことは難しいですし、既に大手フランチャイズなどが似たようなことをやっています。
なのでA型事業との組み合わせによって社内的コストを下げることで利幅を確保し、Eそうじの会やボランティア活動を活かした完全地域密着に徹し、仕事をする一生懸命なひたむきな姿でファンを増やしていきます。
営業展開していく上で実績が欲しいので、私が営業マンになり、今までに作った人脈やご縁を活かしたいと思います。早速今、3社と具体的な取り組みについて協議中です。
今後、どれももっと対象ターゲットやサービスを絞り込んでいきます。
やりながら自社の得意な組み手や利益率、将来性などを見極めながら選択していきます。
「業務・家事請負といえばイーリード」を目指します!

請負の新しい形

おはようございます、越膳です。
昨日はまわりくどい内容になってしまいましたが、要は私がいい加減で甘く、やるべきことをやってこなかったから今の会社の状態があるということです。
従って手は尽くされておらず、まだまだやれることはある、ということです。
であれば、今の仕事があるうちに体制を立て直し、次の手を打つべし!
今日明日でその「手」について書きたいと思います。
それでは本日ラス前も宜しくお願いします!

【請負の新しい形】
イーリードの今は、首都圏のアパレルメーカーや商社からの、輸入商品に対する検査・修理、その他物流業務全般の請負がメインです。
現状の取引においては、市況低迷の中では単価が下落し、季節変動の幅が大きくなり、受注量の減少も目立ってきました。
また、本当に自社に向いているか?また、自社の特性が活かされているか?現在の活動とのシナジーが生れているか?と問えば問うほど疑問も膨らみます。
もちろん、まったく活きていないとも言い切れず、契約に持ち込む為の得意な展開も保有しており、その結果としてこんな田舎の小さな会社でも受注を継続してきた経緯はあります。
こうした諸々を踏まえると、自分を変え、考え方もやり方も変え、新しい形での戦い方、商売の仕組み、というものを自社の特性などを踏まえて作っていくことが強く求められています。
しかし、お金も時間も無い中でまったく新しいことに挑戦するのはリスクが高く、元々スペシャリスト集団ではないのでやれることは限られてきます。
また、現在の規模(54名)で続けていくのか、拡大なのか縮小するのかによっても選択は違ってくると思います。
拡大はしません。かといってすぐに縮小するかといえば、出来たらリストラは避けたいのです。
そうこう迷っているうちに時間もお金も無くなっていきます。
このスパイラルから抜け出す為に、新しい請負の形を考えました。
首都圏からの請負でなく、地元企業や個人からの請負です。
それも今までのように自社に仕事を持ってきて行うのでなく、相手の所へ出向くのです。
形はいろいろとあると思いますが、相手の生産現場の工程を部分的に請負うというイメージです。
そして、請負は先月認可を受けた就労支援継続A型事業所のメンバー(軽度の障がい者)とユニットを組んで行おうと考えています。
施設外就労制度を使い、仕事のあるところに出向いて、イーリード(健常者)とのチームで先方の仕事を一生懸命にさせて頂きます。業務を委託する企業や個人は、一般企業や派遣に依頼するよりもコストが安く済み、社会福祉への貢献にも関与できます。
現在、このプランを具現化すべく動いています。中途半端な説明でスミマセン。
もう少し具体的になったら皆さんにもお知らせしていきたいと思います。

経営者失格

おはようございます、越膳です。
木村さん、ご長男の大学合格おめでとうございます!こりゃ~呑まなきゃいけませんね!?
ところで、今までの順番でいくと次は海野さんですが、集中内観明け、現在静岡を担当中ということで難しいですよね。
ラッキーなことにクリスマスウィークに跨りますが、先に塾長が行きますか?それともどなたか?
ま、ともかく5日目も宜しくお願いします!

【経営者失格】
振り返ってみると今年もいろんなことをやってきたと思いますが、肝心の商売は儲かっているか、というとまったく逆です。
私の決断の遅さ、甘さのせいで前期前々期と大きな赤字を出してしまいました。
経営者として失格です。
一つ一つをやることが手段であるはずなのにいつの間にか目的に入れ替わり、それぞれを活かして結果につなげるということを怠ってきました。
顧問税理士からも「あなたは経営者失格だ!会社ももう清算した方がいい」と言われました。
一年に一度、数字しか見ないあんたに何が分かる!
と心の中で憤慨しつつも確かに事実だなぁ~、と妙に謙虚な自分もそこにいました。
ともかくどうするか?そのとおりにするのか?復活の道は作れないのか?
日々悶々とし、資金繰りがきつくなり、二日酔いでもないのに車で移動中に吐き気がしたり、夜中に何度も目が覚めて寝不足が続きました。

アカン!  このままではアカンで~!! このまま落ちていくわけにはいかんのや~
静岡を閉めて出血は少なくなっている、富士はまだ仕事があるし・・・
そうや! まずは沼津のテコ入れや!!
すぐに出来る事をリストアップし着手しました。
これも私の責任ですが、細かく調べていくと沼津本社の採算がかなり悪化していました。
スタッフや作業員は一生懸命やってくれているのですが、やり方に問題がありました。
自分が一つの取引先の実務担当になることで現場に入り込み、現状を観察し、採算の合う方法に変えていきました。
また、間接要員を減らすべく、スタッフも直接要員に切り替えていきました。
宅販事業の配達や営業なども終日から午前のみにさせ、午後は必ず作業に従事させるようにしました。
日々の経費とそれぞれの売上を進捗管理し、必ず売上に沿った人件費が発生するようにしました。
今更ですが、そんなことをしていくうちにスタッフも自主的に売上に見合う行動をするようになってきました。中には、本当に泣けてくるのですが、今日は自分の稼ぎ分は出ないからと言ってタイムカードを押さずに働いているスタッフも出てきてしまいました。
これでは、採算が合ってきても長続きはしないだろうと気付かされました。
そこで現状の仕事で採算を合わせながらも、新しい展開を作らなければ、と思ったのです。

10~12月

おはようございます、越膳です。
先日のEそうじは今年最後ということで時間延長して行いました。
参加下さった方々、有難うございました!
年末の忙しい時に参加して下さるだけでも有難いのに、たくさんの差し入れを頂いたり、「途中で帰らなければならないから」と言って開会する前から掃除をして頂いたり・・・
本当に感謝の気持ちが湧いてきましたし、何とかこの活動も活かしつつ良い会社にしていかねばと思った次第です。
それでは4日目も宜しくお願いします!

【10~12月】
同友会の全県行事が浜松で行われ、京丸園の厚志さんの力も借りて、障がい者雇用や雇用以外の選択肢、関係機関とのコラボなど連携をテーマにした分科会を設営しました。
この不景気で雇用先が減るばかりか解雇・リストラの対象になっているケースが多い中、逆に活かしているケースや連携を組みことで関係者のメリットを追及する事例などを紹介し、参加者から「自社でもやってみよう!」など前向きな感想を頂くことが出来ました。

10月半ばには、主要取引先へのプレゼンテーションを行いました。
最終プレゼンは来年の2、3月頃に行われる予定で3月末には再来年以降の継続の可否がジャッジされますが、どんな結果になるとしても当社にとって大きなターニングポイントになります。
一方では、月末に新規契約をさせて頂いたお客様の在庫がいよいよ転送されてきて、業務スタートとなりました。けして大きな取引ではありませんが、毎日作業が発生し、月々の売上も安定しているのでとても有難い仕事です。先方の社長さんにも認めて頂き、良い関係で仕事が続いています。

11月には障がい者の雇用とサービスを充実化を図る為に就労支援事業の申請をしました。
無事に申請は受理され、12月1日からサービスを開始しました。
詳細は後々のブログなどで説明します。

12月はまだ途中ですが、日々の業務や就労支援事業の立ち上げで忙しない毎日です。
その他50kmウォークやセール、朝霧でのイベント、伊東そうじへの参加や沼津育成会のお手伝い、河口湖マラソン、チャリティボーリング大会からチャリティバザーなどなど、毎年のことながら秋から年末は仕事がピークな中で忙しさが切れ目無く続きます。
そんな中でのメインニュースはやはり物流コンペのプレゼンテーションです。
当然のことながら経営がしっかり成り立っていかなければ何をやっても良い会社とは言えません。
あれこれやっていることが活きていないのも問題ですが、経営基盤が整わない現状、何に絞り込んで注力していくかが大きな課題となっています。
明日はその課題も含めて来年に向けての自社の方向性を書いていきたいと思います。

7~9月

おはようございます、越膳です。
振り返っていくと皆さんそれぞれにいろんなことがありますね。
一つ一つが自分の軌跡であり、思い出のページを作っていると思います。
人生を豊かにするということは、どれだけ良い想い出を重ねていけるか、なのかもしれませんね。
皆さんともこれからも良い想い出を作っていけたらと思います。
そもそも皆さんの仲間でいられるようにまずは私自身を磨いていきたいと思います。
それでは3日目、宜しくお願いします!

【7~9月】
7月月初に京丸園さんに神奈川県の仲間を連れて見学に行きました。
見学では何度も御世話になっている京丸園さんですが、来る人来る人を驚かせたり感動させる京丸園さんの取り組みは私自身も本当に勉強になります。
同じ障がい者雇用を進めていく中では良い手本です。

沼津経営塾5周年、やりましたね!
そして何と言っても感動的だったのが塾長の20件取り組みが当日に達成されたことです。
社員さんと一緒に拍手喝采を受け、花束を受け取る姿に感動と勇気を頂きました。
その後の懇親会、呑み過ぎたのは言うまでもありませんが・・・

静岡閉鎖のアナウンスをし、ややトーンダウンしていた時期でしたが、静岡掃除に学ぶ会の年次大会に続いて、Eそうじの会も一周年大会を行いました。
本当にたくさんの方々の応援を頂き、とても楽しく温かみのある会になりました。
何かの問題や悩みを抱えると、つい自分のことばかり考え、愚痴っぽくなりがちですが、そうした機会を作り、周りを見渡してみると本当に有難いご縁や応援に支えられていることに気付きます。
Eそうじでは初代実行委員長のモッチーからまこっちゃんへバトンが渡されました。
不器用ながら実行委員長を一年間務め上げたモッチーに沢山の拍手も頂きました。

プライベートでは、組長らしい仕事が立て続けにありました。
校区祭や葬儀など、重なる時は一度に来ますね~
近所付き合いの浅かった私にとっては良い機会だったのだと思いますが。

この期間のメインニュースはやはり塾長の目標達成&5周年でしょう!!
皆さんはいかがでしたか?


4~6月

おはようございます、越膳です。
こうやって機会を頂かないとじっくり振り返る時間も持ちません。
沼津経営塾のブログという場を使って申し訳ありませんが、もう少し振り返りをさせて頂きながら後半に繋げていきたいと思います。
それでは2日目も宜しくお願いします!

【4~6月】
子供達が3人とも無事に進級しました。長男は小学校生活最後の一年になります。
私の動きは新年度は静岡はがきまつりで始まりました。
ハガキだけの縁になっているような方々との久しぶりの再会は楽しい時間でした。
拙い懇親会の司会でしたが、杉井さんと呑んだその後の酒が旨かったです!

初めて外国人の面接を行いました。いっぺんに4人も!
不景気の影響を受け、派遣切りなどの流れの中で外国人労働者は真っ先にリストラされていったようでした。
ある時ある会で、その切実な訴えを聞く機会がありました。聞きながら国籍を外して自分や家族と被らせてみると居ても立ってもいられなくなり、とりあえず短期間でも良いなら、と採用をしました。
今も2人は頑張ってくれています。本当に真面目な人達で、毎月の掃除にも参加してくれています。

チャレンジ富士五湖では、72kmマラソンでスタッフの竹田が昨年のリベンジを果たしました。
完走できなかった他のスタッフもよく頑張ったと思います。特に小田君の50kmは!
練習で怪我をした私は翌月の楽しみにしていた山中湖マラソンをやむおえずキャンセルしました。
スタッフはずぶ濡れになりながらも走りきったようです。
私が不在でも、そして練習不足でも、まず現地へ行って何とか走ってくるスタッフ達について、「仕事面も人生でも何とかしてがなければ!」と思ったのでした。

今年度から沼津就業促進協議会のアドバイザーを仰せつかり、新卒の障がい者達の就労実態に触れ、企業としての役割やあり方を考える機会を頂けるようになりました。
一方で静岡撤退の話が大詰めを迎えていました。
開所にあたってわざわざ入社してもらった技術者の人にお詫び方々退職の引導を渡しました。
プライベートでは、初めての組み内仕切り仕事でドブ掃除がありました。
みんな来てくれるだろうか、と心配しましたが、結果はほとんどの世帯が参加して下さり、結構な賑わいの掃除をなりました。
今思えば、午後から酒でも出して慰労会でもやれば、もっと近所との距離感が縮まったのに、と後悔しています。
一番のポイントはやっぱりチャレンジ富士五湖かな~   この間塾長と呑めなかった寂しさも・・・
皆さんは?

1~3月

おはようございます、越膳です。
影山さん、悪環境の中での当番、お疲れ様でした!
影山さんのブログは影山さんの頭の中を覗かせてもらっているような感覚になります。
思考パターンなどをキチンと文章化出来ているのだと思います。
一方の私は、襷を握ってからフリーズしていまい、思考停止状態です。
しかーし!
今年最後のブログ当番となりますので、これを機会に一年を振り返りながら来年に繋げていきたいと思います。
それでは1週間宜しくお願いします!!

【1~3月】
年始早々、立て続けに銀行が来社しました(呼んでないのに!)。
「今年は経済が非常に厳しくなると予想されますが、経営計画はどうなっていますか?」
待ってました!とばかりに静岡での発表ネタと3年分の事業計画を含めた中期計画の説明をしました。
今振り返ってみると、掲げた計画の中で静岡の撤退やデイサービス事業立ち上げなどいくつかは実行しましたが、経営の抜本的に改善に至っていません。
実際に発表した内容について全ての約束を守ってはいません。
これから何日かかけて3ヶ月単位での振り返りをし、皆さんと記憶の共有もしていこうと考えていますが、個人的には既にここでの振り返りが一番重要で、後半に書く予定の来年に向けての方策の話に繋がっていくと考えています。
さて・・・
小野さんの事務所で酒を呑みましたね~
その週末には賀詞交歓会があり、経営計画の発表の場を頂きました。
六本木ヒルズのホテルで行われた取引先のパーティーでは、大変光栄なご指名を頂きスピーチをさせて頂きました。
あまりの緊張に、開始1時間以上前に六本木入りし、焼酎ロック5杯をチャージしました。
2月には熊本に行き、売上が下がり続けても利益も出し続ける会社を見てきました。
杉井さんのご紹介で菊川の製茶メーカーさんとのご縁を頂きました。
今でも毎回セールに応援に来て下さるなど、有難いご縁となっています。
3月は恒例の駿府マラソンに出ました。スタッフ達からの誕生日プレゼントにウルウル。
杉井さんの一言で坊主を免れた面々も・・・
プライベートでは、自治会役員及び組長を引き継ぎ、今までほとんど無関心だった地元町内の活動に参加していくハメになっていきました。

いろいろありましたが、この3ヶ月で一番のポイントはやはり経営計画の発表ですね。
皆さんは1~3月、数ある出来事で何が一番ですか?

計画と行動

影山です
使い古された言い方ですが、いよいよ年末も押し迫ってまいりました。やる事はやたら多いけど、その時間はやたら少ない毎日を送っています。こういった時程計画する事、そしてそれに沿って行動することが大切ですね。やり残しがない年末にしたいものです。本当番の最終日、よろしくお願いします。

最近、日に日に物忘れが激しくなっているように想います。えと、私のことです。朝、自宅から出かける時、また事務所から外回りに出かける時に一応点検して「よし!忘れ物なし!」なぁんて言ってカッコつけて出かけるんですけど、名刺入れを忘れる、手帳を忘れる、集金を予定してるのに領収証を置いていってしまう、今日提出するつもりの見積や提案書を置いて出かけてしまった事も何度かあります。アナタナニシニデカケルンデスカァ?って感じです。スタッフから「社長、最近疲れてんじゃねぇですかい?」などと言われるとこれがまた悔しくってしょうがない。慰められたような、年寄り扱いされたような・・・ハァ、情けない。

こうなってくるとあらためて思うのは、計画と準備の大切さ。段取りの大切さです。「段取り八分」とは真逆の行動様式をとる私は、なおさら意識して行動を変えなければいけません。手帳の使い方で、毎朝必ず手帳を確認・点検する時間を15分作る、という方法がありますが、まさに毎日の計画を見直しリビルドしていく事と、決めた予定の通りしっかりと行動し、結果検証を行う事が私に必要な習慣なのでしょう。約束に追われる生活ではなく、予定を追う生活への切り替えです。こちらが予定を追うための前倒しの行動をすれば段取り作りに繋がり、うっかりした忘れ物や、ケアレスミスも減らす事が出来そうです。

面白い事に、過去へさかのぼりながら手帳を覗き見すると、業績がよかった時期や忙しくて充実していた時期、もっと言うとやろうと思っている様々な事が上手くいっていた時期は、手帳の内容も濃くしっかりしています。予定の矢印もはっきりと具体的で、メモの量も圧倒的に多いのです。当然楽しい日々です。逆に楽しくない、しんどい時機を見ると手帳は白いのです。如実に現れているなぁとつくづく想います。ある意味これが行動の証明となります。

結局、日常生活も商談プロジェクトも事業経営も、「計画→行動→検証→更なる行動」ということで、意識をしようがしまいがPDCAサイクルが上手く回っているときには結果がちゃんと出ているようです。我々のチームはたった二人ゆえに、コミュニケーションがいいとか、意思・方針決定が早くできる面がありますが、互いの動きが見えている分、管理ツールとしてのPDCAの考え方が甘くなっています。ここは緊急の課題です。と、これを書きながらやたら感じ始めましたので、今日から早速、表を使ったインシデント管理を行っていきます。

おぉ、やることが一つ明確になったぞ。




一週間ありがとうございました。
投稿タイミングにストレスを感じながら、でもそれを待つ皆さんのストレスはいかばかりかと、心苦しい一週間。次は越膳さんが襷を繋いでくださいます。よろしくお願いします。
でわでわ!

客先で失敗

影山です
細谷さんのコメントにあるように新しく入居する方も緊張しているでしょうね。それもよく解ります。上手にお迎えしてこちらのペースに巻き込んじゃいたいです。最新情報だと焼き鳥が中心だとか・・・。そそられるだろうなァ。呑んだくれて会社に泊まる日が増えるのは婿としては非常にまずいんだなァ、これが。でわ6日目よろしくお願いします。

今日、ちょっとしたことから大失敗をしちゃいました。かねてから商談を進めていたパッケージソフトウェア案件がありました。現場側担当者と、詰めの打ち合わせを行い、その流れで見積書を提出しながら金額や保守契約について説明をしました。担当者は「では社内で検討してお返事します」と、よくある応対で受け取ってくださいました。好感触を得ていた私は、近日伺う旨を伝え客先を失礼しました。

数分後、車で移動中の私の携帯が鳴りました。先程のお客さんです。お怒りでした。「現場担当と仕様やスケジュールについて打ち合わせたのはよい。しかし、見積書を担当者に渡すとは何事か!こそこそされているようで腹立たしい」という内容でした。私としては他意はありませんでしたし、担当の方も社内で検討しますと言ってくれていたので、全く違和感を感じていなかったのですが、お客様はそうではなかったのです。

「居ないわけじゃなくて、私(社長の奥様ね、経理をやっている実力者)はここに居るんだから私宛に出して説明を加えるべきじゃないの?」という事を強く言われました。実は瞬間的に「そんなに目くじら立てなくてもいいんじゃないかな」と想いましたが、でも、私がその立場だったらどうだろうと自問してみると、やはりお客さんが言っている事がよく解ってきました。同じ立場だったら決して良い思いはせずに、同じように怒りを感じているかもしれません。

あの時、私の気持ちの中には安易に事を進めようという甘え心があったのかもしれません。奥さんも社長も奥にいらっしゃる事は承知していました。でも担当者が社内で動いてくれるなら良いかな?と想い、直接決裁者宛には提出しなかったわけです。結局今回は、永いお客様でもあり事なきをえ得たのですけど、お付き合いが途切れる瞬間というのはあっという間なんだなと強く想いました。お客様によってはこのようなこういったこと一つでも、取引してもらえなくなったりしますから気をつけなければいけませんね。

多くの場合、慢心、甘え、ルーズさ等が問題を発生させ、そして大きくします。
このような事を繰り返さぬよう、己の質を高めていこうと想いました。

素人CL作戦

影山です
来春の花粉予報が少しだけ記事になっていました。確かここ五年間で最少の飛散量との事。嬉しゅうございますなぁ。例の新型の猛威も気になるけど、あのクシャミ鼻水の嵐には往生しますからね、少しホッとする記事です。5日目お願いします。

我々の事務所は、富士市厚原にあるテナントを借りています。入居した時には我々の東隣には老夫婦が住んでいました。店舗ですけど住んでました。お風呂ないのに・・・色々不思議なご夫婦でした。その後暫くしてその後夫婦が退去なさってからは、現在に至るまで空室です。老夫婦が元気だった頃はお好み焼き屋兼居酒屋を営んでいたらしく、その名残がそのまま残され今に至っています。彼らはお店をやめたあとずっと住んでいたようです。

で、いよいよ次の入居者が決まってしまいました。「しまいました」というのは、「もう建物も古いし、入る人はいねぇんじゃぁねいの?」とか「水商売は入ってきて欲しくないねぇ」などと、隣の社労士と話していた経緯があるからです。そんな我々の思いを期待通りに裏切って居酒屋が入ることになったようです。年内に防音壁を作って内装と設備を整え、新年から営業を始めるらしいのです。

「汝の隣人を愛せ」バイブルに書かれているこの言葉は好きだし大切だし、また得意ではあるものの、どんな方が入居するのか?その営業形態は?早い時間からカラオケやるんですか?客層はどんなんでっしゃろ?等々気になることがたくさん思い浮かびます。そこで隣の社労士事務所と結託して、今から嫌がらせの限りを尽くしてここはお前たちのくるところではなぁいぃ!!と攻め立てると・・・・・いうような事は全くせず、「掃除を徹底して、事務所の周りを花やちょっとしたディスプレイで整え、常に明るく堂々とした我々で在り続ける」という姿勢で臨もうと考えています。

仕事柄、居酒屋さんとは稼働時間がずれますが、彼らがそんな我々を見て、他入居者や周辺住民の皆さんへの配慮がなされればオケ!ですし、彼らをも巻き込むことが出来れば大成功ですよね。コントロールできる我々とコントロールできない会った事もない入居者。CL的にはそんな捉え方になるのでしょうか?CL素人の我々が、自らの活動で周辺の秩序と風紀を維持できるのか?ちょっとした実験の始まりです。

なぁんて、会う前から愛すべき隣人に対してこの態度はいかがなものかと、投稿を書きながら内省しておりますです、はい。

一人朝礼

影山です
越膳さん、まだ疲れが残っているせいか、酒の力を借りずともあっという間に深い眠りに落ちましたよ。それにしても細谷さんの不思議体験聴いてみたいっすねぇ。4日目お願いします。

我が社では毎朝朝礼を行っています。たった二人だけどやっています。倫理法人会で朝礼を推進していますけど、それに関わる以前から朝礼は結構好きでした。というか、朝礼がない始業はなんだか気持ち悪くてイヤだったんですね。ONとOFFの切り替えというか「ヨッシャ!ここから仕事だ!」という区切りがそこにあるだけで、なんとなく気持ちよくスタートできるのです。

そんなわけで私は一人でも朝礼をします。スタッフが定時前にお客様へ向かっていたり、休暇であったりというときにはどうしたって一人になりますが、神棚に向かって一人朝礼を行います。普段やっているのと同じ手順で。ただ、やっている分には引き締まって良いのですが、その姿を人に見られるとちょっと照れますし、相手もビックリしていますね。朝礼を一人でもやる、というのは私が勝手にその思いでやっていることですので、スタッフに一人朝礼を強要してませんでしたから。私が直行や出張の時には彼は一人朝礼を行っていません・・・



・・・でした。



が・・・



実は、私がいない日、どうやら彼も一人朝礼に取り組み始めたようなのです。つい先日、「実は自分も・・・」と白状しました。驚きました。一人朝礼を始めて、彼のどこが変わってきたかというのはこれからきっと色々なところに現れてくるでしょうと想います。それよりも何よりも、自らの意思で私が居ないところで取り組み始めている事がとても嬉しかったです。メンバーが揃っていてもいなくても、いつもと何らブレる事の無い朝が我々の会社では始まるんだと想うとちょっと良い感じです。本人は、一人でやるときの第一声がやはり戸惑いと恥ずかしさがあったと言ってました。

周りの人たちに「ウチは一人朝礼やってるよ」というと、えぇっ?と少々引かれますがやってみると悪くないですよ。神棚に向かったプチ瞑想みたいなもんです。9月以降、朝礼メニューに、理念、ビジョン、戦略の唱和が加わりました。神棚の前に立つ時の気持ちがまた新たになりました。

今だけの縁 続く縁

影山です
昨夜は20時頃自宅に戻り、運転疲れから仮眠を取りました。で、気づいたのが今です。全くビックリ。1時間程度休憩して片づけを、という目論見は見事に崩れてしまいました。バス、長距離便のドライバーさんはスゲッ!とあらためて想いました。
3日目よろしくお願いします。


ピザーラという宅配ピザのチェーン店があります。富士市には2店舗あります。

先日スタッフと深夜までの仕事を覚悟した我々は、夜食にピザーラに宅配を頼もうと電話しました。ところが2店舗とも、宅配エリア外ということで断られてしまいました。取りに来てくれればお作りします、とは言ってくれるのですが、その余裕があれば初めからラーメンでも食べに出かけているワイ!という我々はピザを諦めたわけです。地図上の宅配エリアでいうと、我々の事務所はわずか150m程エリアから外れているだけでした。「少々冷めてしまいますが・・・」とか「配達料を加えさせていただければ・・・」とか言って届けてくれれば良いのにと、恨めしく思ったものです。


スーパースーツストアという紳士服のチェーン店があります。どちらかというと若者世代を対象にしたこのチェーン、静岡市では駅前の松坂屋横などにあったりします。

やはり先日の事です。昼間はソフトボール大会、夜は高校の同窓会出席と予定が重なり、自宅に戻る時間的余裕がなかった私はスーツの着替えを持って出かけました。グランドからの帰り、相棒が運転する車の中で着替える際にベルトを忘れてきてしまった事に気付き、会場のセンチュリーホテルから程近いこのお店に立ち寄ったわけです。

ところが店員の一人に、私のサイズに合うベルト(普通じゃないんだな、これが)を見てもらったところ「ございません」というのです。それならとサスペンダーでも良い旨伝えたところ、「サスペンダーは取り扱っておりません」と今度はこういうのです。対象世代が違うし、彼なりに丁寧な応対をしてくれているのは良く解ったので、腹を立てる事も無く諦めたのですが、そのあとの対応が少し心に響きました。

「当店ではご用意できずに申し訳ありませんでした。私が案内するのもなんですが、そちらの松坂屋さんの2階、エスカレーターを上がってすぐの所にベルトとサスペンダーのコーナーがあります。そちらをご覧になってはいかがでしょう。」と案内されました。もともとそのつもりでいた私でしたけども、この一言はとても嬉しかったですし、気が利いてるなと想いました。もし、この一言がなければ「この店はもう来ないな」と想っていたでしょう。でもこの一言で「この店は自分は利用しないけど、知り合いや息子には薦めようかな」と想う事が出来ました。きっとその時に私は、スーパースーツストアではなくこの店員の応対をエピソードとして伝えるでしょう。「こういう応対をしてくれる店員が居たよ。いろいろ相談してみるといいんじゃないかな。」というように。


もちろんピザーラの店員に罪はありません。丁寧で元気な電話応対だったですし、しっかりと職務をこなしたのですもの。ただ、この2つの体験の差に「マニュアルの中と外」という事を感じるのです。
今買ってくれるお客さんだけを大切にするのか?
今回は縁がなかったけど将来の機会のために縁を繋げておくのか?
ファン作り、リピーター作り、大きく広げるとチームビルディングや人間関係作りは、マニュアルや過去の慣習などを超えたところにある“ハートのお付き合い”が大切だよね、とあらためて感じられました。


小野さん、伊勢うどんはホテルで出たそこそこの料理よりもはるかに旨かったっす。へへへ、小市民の味がしました。あのボリューム、私にはおやつにしか見えませんけど・・・。

誓い・努力・報告

影山です
皆さんコメント有難うございます。やはり、皆さんも同じように思いを抱いていらっしゃったんですね。知ってもらうことの大切さを強く感じました。2日目宜しくお願いします。

今三重県の二見にいます。この土日を使って、伊勢参りに来たのです。土曜日の朝清水を出た我々は、内陸部の滝原宮、外宮、月読宮と巡り、夫婦岩で有名な二見ヶ浦から目と鼻の先にある安宿に一泊。明日は、猿田彦神社、内宮、時間があれば朝熊山(あさまやま)山頂の金剛証寺を巡ってきます。伊勢神宮は総称で、実際には125箇所の社殿の集合体なのですね。有名な内宮、外宮以外の社殿を回ってみるのも興味深いものですよ。いつか全部回りきろうと思います。なんだか観光案内のようになってしまいました。

伊勢神宮は、起業の際に、自分の想いを伝え、誓いを立てるつもりで訪れ、それ以来毎年(まだ3年目ですけど)訪れています。お正月の初詣もそうですが、神社はお願い事や頼みごとをするところではないんだそうです(皆様十分ご承知かもしれませんけど書いちゃいますよ)。報告したり、約束したり、誓いを立てたりするところ。「この願いを叶えてください」っていうところではないんですね。で、その誓いに対して自ら努力し、次に訪れるときにその報告をし、さらに誓いなおす。それを神様はしっかりと見守っていると、そういうわけだそうです。

宗教じみてきちゃった・・・。そんなつもりで書いているわけじゃないんですけどね。自分への誓いとその結果報告。そのために毎年出向こうと思っています。

今夜は借りているネット環境ゆえ、このあたりで失礼します。次の方が近くで待っているようですので。

結構信心深い影山でした。

知ってもらう

影山です
細谷さんのあとを受けてのブログ当番。あの・・・あの濃い内容のあとに少し腰が引けながらでありますが、一週間よろしくお願いいたします。

起業後2期目を終えて、やはり厳しい状況の中で多く気付いた反省点を、結構あちらこちらで話しています。その中の一つに、我々の事を知ってもらう努力、今まで接点のなかった皆様に認識してもらう努力を、どれだけしてきただろうか?ということがあります。このことは経営塾の中でも幾度か出ていたポイントであり、最近では海野さんと偶然会った輿水酒店でお話したとき、それから今回の細谷さんのブログでも触れられているポイントですね。忙しいつもりで、多くのお付き合いをしてきたつもりで、実は自分が思っているほどには、新しい御縁が濃くなっているわけではないと、今更ながらに思い返されております。嗚呼、反省。

もちろん新たな出会いの中から、結果的にお取引に繋がったお客様もいらっしゃいますが、実際のところ起業後2年間の動きとしては、前職時代からお付き合いくださっている従来のお客様に助けられてやってきただけの事なのです。何の事は無い、助けられてなんてものではなく、ただ甘えて食わせてもらってきたのだと・・・。まったくもって情けなく思えてきます。若干自虐的な気分にもなりかけます。

知ってもらっていなければ、お客様のところで何かウォンツ!が発生した時に我々の事を思い浮かべてもらえません。昨日の経営塾の中のお話で「性格は変えられる?」というのがありました。「変えられると思っている人には少なくとも変わる可能性がある」というお話だったです。出会いや接点が生まれた時に発揮するべき特性を持ち、それを磨き続けることは大切であり必須です。しかし、我々の事を待ったく知らない方から何らかの声がかかる可能性はやはり無い!ということですよね。そう、知ってもらえていなければ、我々の事を知らない人たちから、何かの問い合わせやアクションが起こることはまずないのです。

自らの足を食いながら生きていくタコ入道とならぬよう、知ってもらうことを工夫し行動に加えていこうと想いました。昨日の経営塾で強化された思いの一つです。

でわでわ。

コピーライター!?細谷つよし

「コピーライター?細谷つよし」
2009年12月4日(金)
おはようございます。細谷です。最終日よろしくお願いします。
明日からの当番は?まだ決まっていません・・・。2週目に突入?・・・どなたか立候補お願いします。
昨日は経営塾不参加ですいません。疲れがピークに達していたのか9時過ぎに終わり、懇親会に少し参加できるかなと思いましたが、ちょっと休憩と思い横になったら朝になっていました・・・。

さて、今週はちょっとくどいタイトル気味ですが、越膳さんのご指摘通り、今週は「STK製作所社長!細谷つよし」知名度アップ作戦をしていす。経営塾で少し話しましたが、インターネットを活用する為に、コピーライティングを少し勉強していこうと思っています。文章は残ります。過去にさかのぼりそこから検索されている事実を見ると、これも不労所得というかパイプラインを作る仕組みのひとつになると考えました。

先月の経営塾で少し話しましたが、コピーライティングの3つの壁というのがあります。
●お客様は読まない
●お客様は信じない
●お客様は行動しない
の3つです。この話をすると長くなるので詳細は次回のブログで書いていこうと思いますが、結局、3つの内の最後の壁、“お客様は行動しない”の壁を越えるために色々と手を打っているわけです。

つまり、この最後の壁が越えられないと、お客様に商品を買ってもらうことができないんです。いくら一生懸命に、最初の2つの壁を越えても、最後の壁を越えられないと、ビジネスは成り立ちません。
この壁を越える方法をこの場で紹介しようと思いましたが、中途半端になってしまうので今回はやめておきます。次回の当番でその辺は書いていこうと思います。

経営塾で演出が大事だと教わりました。壁を乗り越える重要なヒントです。壁の乗り越え方気になるでしょう?気になる方はSTK製作所のホームページを見てください。

・・・・・まだ、何も書いていませんが、こんな感じで誘導することもコピーライティングの手法の一つです。次が気になる終わり方もまたひとつの方法です。

では、1週間お付合い頂き、たくさんのコメントありがとうございました。また、昨日は行けませんでしたが、今年1年お世話になりありがとうございました。

STK製作所社長!細谷つよし~年度方針~

「STK製作所社長!細谷つよし~年度方針~」
2009年12月3日(木)
おはようございます。細谷です。6日目よろしくお願いします。

今日は実家の父の命日です。丸10年が経ちました。あっという間です。
さて、残り2回になりましたが、次の方の準備をお願いしたいと思います。

振り返りと理念、ビジョンを確認したところで、今期の方針を立てたいと思います。各自の特性を活かしながらそれぞれの役割を明確にしていこうと思います。3つの柱を元にバランスを考えて行動して行きます。エリアとしては三島、沼津を中心に東部地区の限定した数社のお客様に対して、リスク分散しながらバランスよく売上を上げていきます。

短納期戦略…見積りから納品までの流れを自社だけでなくネットワークも利用していきます。事務のSさんを中心に材料、加工、処理など細かく見積りし、生産看板での納期調整や端材の利用で三島、沼津地域のお客様に関してはお客様の要望(その日の注文納品)も可能な限り対応できるようにしたいと思います。(価格はこちらの指値でいけるものです)

得意な加工は自社で苦手な加工は外でまずは受注の窓口を自社にするようにしていきます。汎用機といわれる機械を使いこなすことと、チームワークを発揮して、加工手順の効率化を図ります。インターネットでの受注は全国関係なくリスクがかからないようにエンドユーザー向けにお客様を増やしていければと思っています。

コスト削減戦略…組織の変更をします。妻と母には社会保険が払える程度の役員報酬にしてもらいました。母への家賃も1年間待ってもらいます。一番大きい固定費からの削減で資金繰りを1年かけてよくしていこうと思います。銀行からの融資は断わられましたが、1年間元本据え置きで交渉成立しました。昨年が悪過ぎたこともありますが、昨対で10月は110%、11月176%の達成率でここでも支払う方が先のケースが多く資金繰り悪化の要因になっています。

保険や細かい経費の見直しで年間で数百万の固定費の削減を見込んでいます。材料屋さんから端材を安く購入できないか相談した所、アルミの端材で使えるものが通常の半額以下で手に入ることができそうで、交渉中です。

オートロックガード戦略…特許がらみの製品販売に関してたくさんのアドバイスを頂き、もう少しの勉強と工夫が必要です。既製品で問屋さんベースで卸せる製品の改良や広告宣伝などで知名度をあげること、他の防犯関係の方とのコラボレーションなど防犯に対する啓蒙活動が中心になってくると思いますが、東部地区でまずは10件ほどの実績をあげる工夫をしていきたいと思います。Nさんに特許関係のセミナーに参加してもらって自社で特許関連での優位性が保てるような仕組みを作っていきたいと思っています。

メーカー品戦略…特許と絡めてですが、簡単な装置一式の仕事も依頼が何件かきているので、それを改良したり、特許を取ったりして自社ブランドの製品を1つでも増やしていきます。ここではかけませんが、こんな機械があったらいいなと思うものは自分の中でもあります。人に役立つ機械の開発メーカーになるためにもたたき台として一つ一つ自社ブランドの製品を作っていきたいです。

課題としては、今期はどんな状況であれ、黒字転換をして資金繰りをよくしなければなりません。自分も現場作業メインに、できるだけ作業の手を止めずに営業や情報収集をできる状態にしていきます。インターネット事業は移動せずにできるものなので、勉強しながら仕組みを作っていこうと思います。

年度方針というか今自分が考えて行動しようとしていることを書いてしまいましたが、ポイントとしては間接人件費を極力減らし、生産活動の最大限化と、「人を集める」のではなく、「人が集まる」仕組みを作ることです。

ちょっと長くまとまりがなくなってしまいましたが、今月社内会議で社員さんにもう少し具体的な方針の発表をしようと思っています。皆さんは来年の方針どんな風にしましたか?

STK製作所社長!細谷つよし~これからの10年~

「STK製作所社長!細谷つよし~これからの10年~」
2009年12月2日(水)
おはようございます。細谷です。6日目よろしくお願いします。

今まで3回に分けてSTK製作所の代表としての自分の行動を振り返りましたが、その中で研修や異業種交流会などで全国に経営者の知り合いや、経営塾でもはがき、通信、紹介などを通しての人脈がたくさん増えました。その人脈のおかげで本当に助けられたことが多く、感謝しています。

これからの10年、外部環境はかなり変わってくると思いますが、経済と経営は違うように、自社の特性にあった1番になる事業展開をしなければなりません。理念とビジョンの再確認をしてこれからの10年の長期戦略を考えたいと思います。

理念は「私達は自分の能力を最大限に発揮し、短納期、確かな技術、親切さを極めてお客様に安心・信頼されるスペシャル・ワン企業を目指し、繁栄し続けます。」です。2年前に組織が変わった時点で自社の能力の特性が変わりました。振り返りでも書いたように経営ビジョンが「切削加工日本一の職人集団」を目指したのは、すでに技術のある職人さんがいて、この技術力が日本中で通用するというのを展示会や色々な人の話を聞いて確信したからです。

理念にある「確かな技術」でまずは一番になることで、安心・信頼される企業になれると思いましたが、技術の継承に時間がかかることや、現状は確かな技術で付加価値がつけられず、逆にコストダウンの対象になり、苦しくなりました。

ランチェスターの一点集中や立地戦略を考えた時に、理念の中の短納期、親切さがキーワードになりました。静岡の東部地区でスピードで1番になること、エンドユーザーからの問合わせにどこの企業よりも親切に応えることです。現状の下請の部分では、数社に限定して徹底的に納期を間にあわすこと、特に特急品や追加工などコストダウン要請に影響されないもので対企業の信頼をあげることです。

また、機械のことがあまり分からないエンドユーザーには丁寧に説明することと、自分たちが動かずできるだけ先方から弊社に訪問してくれるようにすることで間接人件費を極力抑えながら、時間効率と利益の取れる体制にしていきたいと思っています。

経営ビジョンは今の自社の特性を活かすならば「日本一親切な加工屋さん」というイメージです。この会社ならちょっと連絡してみようかなとか、話しやすい、会社に訪問しやすいという雰囲気を作れるような気がします。お人よしでは困りますが、先に支払をしてくれるエンドユーザーさんは神様のように見えます。自然と親切になっています。

決算書を見ると、借金の額は10年前にあとを継いだときと変わりません。振り出しに戻ったような感じですが、ここからは本当の意味で経営者としての実力が試される時だと思っています。今まで学んできたことの総決算として今期は自分の能力を最大限に発揮していこうと思います。

今年の1月に静岡経営塾の発表を聞いてメモを取ったのをみましたが、皆さんは年初に立てた目標は達成できそうですか?
次のページ

FC2Ad