沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

STK製作所社長!細谷つよし~発展期~

「STK製作所社長!細谷つよし~発展期~」
2009年11月30日(月)
おはようございます。細谷です。3日目よろしくお願いします。
皆さんコメントありがとうございます。マラソンに参加したみなさんお疲れ様でした。

昨日の続きです。
2004年、採用の準備に入ります。会社としての体裁が整っていない状況だったので、就業規則などを作っていきます。また、本当に採用が妥当なのか検討すると共に、社員さんにも業績アップ研修やTAという心理学の研修に参加してもらい数字に対して意識してもらったり、コミュニケーションをとりました。

また、親族の社員さんも含め、もし、新しく人が入ったとした時に色々と相談にものらなければと感じ、コーチング研修(半年間)を受け、傾聴能力をあげていきました。STK通信もこの頃に社員教育用として発行していきます。

2005年、採用するにあたり、理念やビジョンを体系化して分かりやすくし、共感してもらえるようにしなければと理念研修(半年間)に参加します。中途採用やインターンシップも随時やりましたが、やはり、新卒採用で自分の思いなどに共感してくれるような人材と出会いたいと思い、コンサル会社に依頼して採用のノウハウを教えてもらいました。この頃には部品加工だけでなく、自動白線けしやポテトスライサー、シート自動折込機など単発ではありましたが、メーカー製品も作ることができました。

2006年、大卒の新卒者を2名採用します。2007年団塊世代の大量退職前になんとしても採用をしようと思っていました。そのうちの一人はすぐに辞めましたが、今残って頑張ってくれているS君は立派な戦力として成長しています。

そして次のステップに行く為にコア・コンピタンス経営というちょっと難しい研修を受けます。これは自社の付加価値を戦略的にどうやってつけていくかということで、自社の特性と外部環境を分析して価値の創造をしていかなければなりません。しかし、この当たりから人間関係がギクシャクし始めました。

そんな時に縁あってCL研修に参加しました。今までの研修と違いコントロールできる自分の行動に注意を向けることができたので人間関係の悩みを少し和らげたと思います。売上は毎年黒字、赤字を繰り返していましたが、保険の積立など資金を貯えて、内部留保しながら無借金経営に向けて準備を進めて行きました。

2007年9月、創業以来、初めての1億円の売上を達成できました。ここまでは会社としてはある程度順調でした。ここまでは・・・。

皆さんは会社の発展期にどんな経営をしていましたか?
スポンサーサイト

STK製作所社長!細谷つよし~創業期~

「STK製作所社長!細谷つよし~創業期~」
2009年11月29日(日)
おはようございます。細谷です。2日目よろしくお願いします。
昨日は色々なキャッチフレーズありがとうございました。参考にさせていただきます。ラジオの方も無事終わり、また色々な課題が出てきたので、早めに対応して行きたいと思います。

さて、来年の3月でSTK製作所の代表になってから丸10年になります。この10年を数回に分けて、簡単に振り返りながら、次の10年の構想を考えていきたいと思います。

1999年、先代の逝去に伴い、清田製作所(現・STK製作所)に入社

2000年、STK製作所、代表取締役に就任、旋盤技術を覚えながら、親族をまとめるべく研修などを利用し、価値観の共有化を進めました。株式会社に増資するにあたり、ワイヤー放電加工機を導入し、新技術の提案もしていきました。

2001年、1年にひとつ研修をいかした会社の改革をしようと、業績アップ研修(半年間)に参加、変動費、固定費の概念を覚え必要ないものを削減、パレート分析や売上目標の進捗管理の仕方を覚え、日計表を作り、月次決算処理を出来るようにして行きました。

2002年、狂牛病により、売上比率99%のメインの会社の売上が五分の一になり大赤字になりましたが、新規得意先を10件増やすことが出来ました。この年はビジネススクール(五ヶ月間)という研修に参加し、中期経営計画を立てながら、数字の勉強を徹底的にしました。売上ダウンに伴い、銀行借入をなんとしてもしなければならなくなり、銀行の支店長などを呼んで経営発表をはじめてやりました。

2003年、昨年立てた計画がうまく軌道にのり、V字回復する事ができました。また、得意先も30件以上開拓し、売上のリスク分散をする事ができました。ですが、また、いつ売上が下がるか分からなかったので、今のうちに経営者としてのスキルを磨こうとTT研修(八ヶ月間)に参加しました。心理学、組織論、プレゼンテーション、ディベート、文献の要約、方針書の作成など、広く浅くですが、最低限必要な経営者としてのスキルを学びました。ここで出てきた課題は親族・下請会社からの脱皮です。

最初の数年間は経営者としても、技術者としても何の実力も持たず、周りに助けられながらでしたが、運良く大赤字のあと黒字転換できたことが大きかったのと、この時の経営発表が今の経営のベースにもなっています。この時の経営ビジョンは「切削加工日本一を目指す」でした。

皆さんは創業期どんなビジョンでどんな経営をしていましたか?

有名人?!細谷つよし

「有名人?!細谷つよし」
2009年11月28日(土)
おはようございます。細谷です。1週間よろしくお願いします。

タイトル通り今日はFMラジオ・ボイスキューに出演して有名人の仲間入りをします・・・。
今日の11時40分くらいから、すまいるトレイン777という番組の中でオートロックガードのことを紹介します。先日沼津経営塾の前に生放送でインタビューすると言われ、打合せに行きました。5分前後の時間しかないということで、何度も書き直して皆に伝わるように原稿を書きました。打合せの途中でせっかく来たので、スタジオで収録しましょうと言われ、緊張しながらも一通りインタビューをうけ、多少の編集はあると思いますが、今日は実際に自分で聞けるので楽しみにしています。

経営塾でもありましたが、演出をすることは営業をする上でとても武器になります。今回のラジオ出演に関しても、音声だけで説明をすることの難しさをひしひしと感じました。他人に興味を持って話を聞いてくれるようにする話し方を訓練しなければと思いました。

オートロックガードとはという質問に対して、本番で話した内容を書いてみます。分かりづらいところがあれば、また、教えてください。

「オートロックマンションの共用部分の玄関に使われているスライド式の自動ドアがありますが、暗証番号を知る人かマンションに住む住民にロックを解除してもらわないと入れないと言われています。ですが、ある方法で簡単に開いてしまいます。(自動ドアの底部の隙間(約1センチ)に紙1枚差し込むだけで開いてしまう)それを防ぐ為の自動ドアに取り付けつる防犯器具のことをオートロックガードといいます。オートロック自動ドアの弱点を補助する器具です。分かりづらいかもしれませんが、弊社HPで衝撃映像をアップしているので、一度見てみてください。もちろん無料の診断も致します。
このオートロックガードは特許も取っていて、先日、静岡県の経営革新計画の認定を受けました。」

このオートロックガードがみんなの頭に残るようなキャッチフレーズや一言でイメージできる言葉が必要です。何かいいアイデアがあれば教えてください。
例えば、「伊東へ行くならハトヤ」とか「暮らし安心クラシアン」とか「電話に誰もでんわの沼津電話工事」とかダジャレに近いものでも忘れられないフレーズを募集します。

12月沼津経営塾 取り組みを学ぶ

平成21年11月27日   輿水誠司


最終日、宜しくお願いします。
昨日は沼津経営塾、ありがとうございました。
ボージョレ・ヌーボー、ブログ当番中での完売とはなりませんでした。
現在14本残っています。お歳暮用のセットとワイン会、忘年会等での消費で年内完売しますが、五日間での完売目標を達成できませんでした。「期限にやり切る」事の出来なかった悔しさと、取っ掛かりの遅さを反省です。
酒屋にとってはこのボージョレ・ヌーボーからお歳暮、忘年会シーズンと大晦日までが一番のかき入れ時になります。
また一年の内の1~2回のみ、ご来店されるお客様もこの時期が多いです。
もちろん1年に何十回でもご来店いただければとても嬉しいですが、年に1度の人に会うのも、とても懐かしく嬉しいものがあります。
ご来店されるお客さんとの会話も楽しみたいですし、もちろんお客さんにも「また行こう」と言って貰えるようになりたいです。

昨日の経営塾でも、「お客様から見た自分や自社の価値」について話がありました。

相手側に自分や自社のイメージをどう思って貰えるか、そのポイントを常に念頭においておくこと。
その演出力を磨くこと。
営業力の強化。
相手に選んで貰える圧倒的な特性を持つことを心がけること。
その特性の一位を狙わないなら経営者を止めるぐらいの覚悟で。
相手に自分と付き合うと、楽しい、得をする、イメージをもって貰える事は大事。
相手の予想を良い意味で上回っていくには…を考える事。

などなど昨日の経営塾も盛りだくさんの内容でした。
これらをポイントにして自分のやるべきことも明確になってきました。
熱いうちに、自分のやる事をマイルールとして書き出し、会社の机に張り出したいと思います。

最後に友人についても話がありました。
楽しく過ごせる友達付き合いに、「お互い尊敬できるもの」が加わることが、永く良い友達付き合いが出来ると教わりました、そこを目指し、日々精進したいと思います。
一週間ありがとうございました。

日々の取り組み

平成21年11月26日     輿水誠司

昨晩は漁火会で「誇りある日本を」という演題の講演会を聞いてきました。
世界広しと言えども、日本ほどインフラ整備、治安、医療、学問、保険制度が整っている国はない、誇り自信も持って欲しいという話でした。
かつて、これらの日本の素晴らしさ、勤勉さ、、誠実さ、礼儀正しさは教育にあるとされ、世界の国々は教育勅語を翻訳し、称賛していたそうです。
そういう日本の素晴らしさを学校でも家庭でも教えないので、「自分の国を誇りに思いますか?」という中学生へのアンケートで、日本は他の諸国に比べて、とても低いそうです。
日本人自身が自分達の良さに気づいてない、良さを捨てかけている。
もっと誇りある理想を持って日々研鑽していこう、と締めくくられました。

振り返って会社も同じかもしれないと思いました。
自分自身だけでなく、家族や社員さんが、「誇れる会社」を目指していかなければ、と思いました。
日々の業務をこなしているだけになっていると、「誇りある…」は、何処かに消えてしまっている現状が私の会社にはあります。
「誇りある…」と言うと、小難しくなってしまいますが、自分自身や家族や社員さんが幸せになれることを目指して、今、課題をやっていかなければなりません。
お金がなくても、会社の環境がどうであろうと、取り組める課題はありますね。
「為すべきことを成す」ですね。
会社が成長すれば私達が幸せになるのではなく、やるべき課題に取り組む、努力イコール幸福が会社の成長につながる可能性を広げるのかもしれませんね。
なんか抽象的で堅い話になってしまいましたが、日々自分の取り組みが、人に幸せを与え、自分も幸せになれるといいですね。そこを目指していきたいです。
日々の実践の継続は「誇れる」ことだと思います。

先日、ある社長さんの真似ですが、貯金箱を買ってきて、500円玉貯金を始めました。
いっぱいになったら、半分は貯金をして、半分は家族や社員さんのために使おうと思っています。
さもないことですが、入れた時のチャリ~ンの音色でプチ幸福感があります。(小せぇ~?!)

古本屋はなぜ潰れないのか

平成21年11月25日   輿水誠司

MGやキャッシュフローゲームをやっていると、よく数字に強くなること、経営はセンスが重要だという話が出てきます。それを聞くたびに、(あ~、私は数字に弱いし、頭も弱いし、センスも無いし…)と落ち込んでしまいそうですが、そんなこと言っていても仕方ありません。
勝手に一人落ち込んでいようが、どうしようが「地球は回っていく!」そうです。
ですから、落ち込んでいる間に「数字に強くなる」「経営センスを磨く」訓練をした方がいいに決まっています。
それでは数字の問題を出します。
[問題1]
あなたは町はずれのたった1店舗の小さな塾の経営者です。しかし有名進学校Aに毎年20名の合格者を出しています。ところが駅前の大手進学塾が「A高校に毎年100名合格、選べる市内10教室!」というチラシを大々的にまきました。あなたはこの塾にどうやって対抗し自分の塾をアピールしますか?

(考え方)「新しい数字をつくる」
弱小塾は一見全てにおいて大手塾に負けているように見えます。合格者も店舗数も。
ランチェスターで一点で勝負にも通じると思いますが、割り算を使います。
弱小塾 合格者20名÷1教室=20名
大手塾 合格者100名÷10教室=10名
ということで、割合からいくと、率としては確かに勝っていますね。
「某大手塾の2倍の合格実績!」

サッカーのスウェーデン代表が強豪イングランドと戦う際にスウェーデンのメディアには「39年間無敗!」と宣伝されるそうです。
1968年以降、無敗神話が続いていたそうですが、正確には「12戦4勝0敗8分け」です。
39年間で12回しか戦っていないのですが、勝ち数ではなく負け数に注視を向けるとインパクトも違ってきますね。

数字を誤魔化すということが言いたいのではなくて、違う角度からの検証もすることで、より多くの分析ができることを知りました。
会社の決算書を診る場合でも、売上高がいくら大きくても、利益が出ていなければ、潰れてしまいますし、利益が大きくても割り算で1人当たりの利益額は大手より小さな会社の方が大きいと言う場合もありますね。
上記の内容は「さおだけ屋はなぜ…」の本で有名な、山田真哉さんの著書シリーズを参考にさせてもらったのですが、この著者のシリーズ本は私にとって、とても数字の勉強になります。
最初は「本のタイトルだけで売ろうしている本」というイメージでしたが、会計士としての角度から数字を分かり易く説明してくれて、しかも頭が柔らかくなるような話がたくさん盛り込まれています。
オススメの本です!、何種類か持っていますので、興味ある方には本をまわします。
本のオビには、タウリン1000mg、実は 『 1g! 』、とあります。

ブログやこしみず通信にも書きましたが、私は夜中のランニング中に、恐怖のあまり、ポスターと本物の人の区別も出来なかったアホです。
経営者として、見えていないものが沢山あるのだと思います。
見えるかどうかは別にして、見えるように経営塾で訓練を積んでいきたいと思いますので、どうぞ皆さん、これからもアドバイスを宜しくお願いします。

仕分けの基準

平成21年11月24日     輿水誠司

事業仕分けが今、公開されていますね。
そのまま、自分の会社にも当てはめてみたら、無駄な経費、成果に繋がらないお金の使い方、などなど思い浮かぶものがいくつかあります。
目的を考えることと、自分に甘くならないようにすること、に気をつけようと思いました。
仕分けの判断ですが、党が変われば判断基準も変わるように、自分の会社でも色々な面で基準を守らなければ、と思うことが山ほどありますが、実践していないことも山ほどあります。
鍵山さんの「凡事徹底」という言葉がありますが、小さな事すらやっていない私には、大きな事もきっちりやれる訳がありません。

足元を疎かにしない様にかんがえてみました。
先日もパートさんの話をしましたが、彼女が丁寧な掃除をしてくれるのがとても良い見本になります。彼女の身の周りが整理されているので、私のスペースが散らかっていて、みっともないことに気づきます。私もどこから整理整頓をしてよいかわからないくらいでしたが、取りあえず、メインの仕事をするスペース半径1メートルぐらいを整然とキレイにすることにしました。
仕事をし始めると、また散らかってしまいますが、一段落したら、また半径1メートルを整理しています。最低限その基準を保ち、慣れながらハードルを少しでも上げていきたいと思います。

売上げにおいて、新規開拓も大切ですが、既存のお客さんに満足のいくサービスがいっているでしょうか。言わないだけで様々な不満があると思います。コミュニケーションを図り改善する努力をすることを基準にしていきます。それには月1回提案書を出すことで、お客さんの意見も掘り起こしていきたいと思います。

 次に葉書です。平均すると月30~50枚ペースで書いています。経営塾で教えて頂いたお陰で、自分を支えるものの一つになっていると思います。最低限今のペースを確保しながら継続していきたいと思います。

 次に体調です。以前にも書きましたがヤフーダイエットのお陰で、体重は60kg前後をキープ、高かった血圧もだいぶ下がり、体調も良いです。外食やお酒で乱れる時もありますが、食事バランスや適度な運動等、学んだことを活かして、基礎の土台としてキープしていきたいです。

などなど基準を決めて、小さなことでも仕分けをしていかなければならないことが、まだまだ沢山でてきます。
皆さんの仕分けの基準など、アドバイス宜しくお願いします。

A食堂さんに学ぶ

平成21年11月23日  輿水誠司

輿水酒店創業以来のお取引先ということで、50年を超えるお付き合いのあるA食堂さんというお得意様があります。
納品、集金、空ビン片づけ等、ほぼ毎日顔を合わせています。
仕事のことはもちろんですが、それ以外のプライベートな話もしばしばしたりと、とても親しくさせてもらっています。
仕事だけでなく家族の事やら、親類、友人、体調やら趣味まで、知るに至っています。
ですから、このお店に来ると、落ち着くというか、安心感みたいなものがあります。
相性が良いというものもありますが、それだけではない、と感じるものがこのお店にはあります。
というのは、私と同じ様に、「落ち着く!」「体調から趣味まで知っている!」と言う人が何十人、何百人といるのです。お店の固定ファンです。
はたから見ていて、その固定ファンをつくる源となっているのは、やはり「コミュニケーション」と「人柄の良さ」と思われます。(味も美味しいですよ!)
何気ない会話の中からもポイントを掴んで、(あなたの事を気にかけています。)(心配事があったら言って下さいね。)(お役に立てせてもらいますよ。)というのが伝わってきます。
要は「面倒見が良い。」のです。
対面販売による個人の個性を発信する見本の一つかな、と思いました。
それに比べて、私はどちらかというと、無愛想な面が多いです。
何とか少しでも見習いたいと、最近は無愛想を直そうと思っています。
ただ「いらっしゃいませ!」「ありがとうございます!」だけでなく、
「私もこのお酒、好きなんですよ…」「この味に似たお酒で…」などなど、何とか、きっかけを掴んで、少しでも近づけたらいいなぁと思っています。
人に喜んで貰える、好きになって貰えるように、自分自身を磨いて、一人でも自分のファン、お店のファンが増えたらいいなぁ、と思います。

A食堂さんには1枚の色紙が飾ってあります。
早稲田のサークルの学生達の寄せ書きでした。
東京からウオーキングで歩いてきたサークルの学生達がたまたまA食堂さんに寄ったそうです。
野宿をしてきたそうですが、その日は寒く、雨風も強く、体調も思わしくない。
お金も少ないので宿に泊まる事も出来ない。
A食堂さんは野宿を強行しようとする学生を諭して、安い宿を探して予約をとり、見ず知らずの学生に宿泊のお金も貸してあげたそうです。
後にウオ-キング達成後、感謝の色紙が写真と共に送られてきたそうです。
以来、そのウオーキングサークルではその話が後輩に引き継がれ、1年に1回ウオーキングで三島を通る際は必ず、A食堂さんで食事をして先輩への感謝を述べていくそうです。

一人でも幸せな気持ちを与えることができたら、自分も幸せな時間を過ごせそうですね。

パートさんに学ぶ

平成21年11月22日   輿水誠司

パートさんが来始めて三箇月目になりました。
とても良く働いてくれて、既に貴重な戦力になっています。
積極的に何でも取り組んでくれるので、仕事もどんどん覚えてくれます。
帳簿を任せているのですが、早くて正確で字もキレイです。
包装やラッピングを母が教えたところ、教材を家に持ち帰って練習しているのです。
お陰で先日のボージョレ・ヌーボーでも見事なラッピングでとても助かりました。
店の雰囲気も良くなったと思います。
またお昼はお弁当を作って来るのですが、私達の分まで、おかずやおやつを何度も差し入れてくれます。
今まで家族でやっていると、どうしても甘えの様なものがあったりして、ダラダラすることもあったのですが、今は私も両親もシャキっとした感があり、愚痴も出なくなりました。
朝は20~30分前に店に来ます。
掃除も丁寧で店がキレイになりました。
そんな働き者のパートさんに、安い自給で申し訳ないのですが、給与を渡したところ、
「こんなに沢山貰い過ぎです。」と言って、いくらか返してくるのです。
本当にビックリです。
自宅ではご主人、子供二人の食事、洗濯、掃除等も当然人並み以上にやっていると予想できるので、時間的にはかなり忙しいと思われるですが、輿水で働く他に、週何日か塾の講師のアルバイトもしています。
また先日知ったのですが、輿水酒店定休日の水曜日には「英会話」の講座に通い、自分の教養に時間とお金も投資しています。
小野塾長の奥さんの事も知っていて、憧れているようなとこもあるみたいで、将来は同じ様に英語の講師を目指しているのかもしれません。
とにかく、仕事がよくでき、人柄もとってもいい、輿水酒店にはもったいない様な良いパートさんが入ってくれました。
本当に有難いことです。
そんなパートさんが喜んで長く働いてくれる会社にしなければ、私自身ももっと成長していかなければ、とあらためて思いました。
また機会がありましたら、輿水酒店自慢のパートさんを皆さんにご紹介したいと思います。

運命や、いかに!

平成21年11月21日  輿水誠司

おはようございます。
ブログ当番、一週間やらせていただきます、宜しくお願いします。

毎年、11月の第三木曜日は、輿水酒店にとって大事な日なのです。
それは、「ボージョレ・ヌーボー 解禁日!」です。
一時のブーム時に比べれると、かなり下火になり(販売量約半分)、
また、好き嫌いの分かれるワインでもあるのですが、
それでも「一年のウチで、もっともワインの売れる日!」、
と言っても過言ではないと思います。
ただ、売る側にとっては「リスクのある商品」とも言えます。
一つは、8月中に予約仕入れを申し込み、それ以降は追加も返品も変更が利きませんから、売り数の予想と種類の選択が難しいことです。
二つ目はそれ以上のネックです。
それは、「毎年この時期だけの一発屋!」的要素があるということです。
今は旬で好く売れるのですが、二週間も過ぎると、もう流行遅れの雰囲気が漂い、人気も関心も無くなってきています。
今年の7月の夏、某コンビニで去年11月の売れ残ったボージョレ・ヌーボーを発見しました。
もちろん、普通に美味しく飲めるですが、もう普通にはほとんど売れません。
輿水でも、「一週間以内に完売!」が目標になっています。
それを逃せば、売れ残りを覚悟しなければなりません。
売り切るための作戦としてやったことは、店頭告知とDMの予約販売でした。
店頭告知はウインドウを使ったカウントダウン張り紙、チラシの手配り、目立つ陳列などです。
いずれも現在進行中ですが、既に反省点がいくつかあります。
・店頭の派手な飾り、目立たせ方など、もっと見栄えの良い陳列を勉強すること。
・予約販売等、仕掛けをもっと早めにすること。
・目標とした「解禁イベント実施してマスメディアによる告知」が準備不足で中止。
これらの反省点を踏まえて、次のイベントに活かしていきたいと思います。

今回、ヌーボー関係204本の仕入れに対して、解禁、二日で、約8割の本数を買って戴きました。
しかし、こっからの2割がとっても厳しいのです!
さあ、輿水酒店は、あと五日間で全てを売り切ることが出来るでしょうか!
某コンビニの様な状態には絶対にしてはいけない、と思っていますので、最後は奥の手と必殺技を繰り出してでも、何とかしのぎたいと思っています。
ボージョレ・ヌーボーの運命や、いかに!
輿水酒店の運命?や、いかに!
一週間後のブログ最終日には良くても悪くても結果報告します、乞うご期待?!

「有るものに感謝」

おはようございます、木村です。
コメントありがとうございましたブログ最終日です
よろしくお願いします。
ハガキ報告1548日○です。

「有るものに感謝」

今回のブログ当番、先日書きましたが、家のパソコンがだめになり
会社からの投稿でした。夜出る機会も多かったので、予約投稿があることで助かりました。文章の準備は今回特に早めに書いておこうと思いました。出来ていないと焦る気持ちがすぐに湧いてきます。文章を考える、まとめるなどトレーニングになります。コメントへの返事等が出来ずに、すいませんでした。新しいパソコン買いましたよ~、まあ種類の多い事。私は買うときや必要にならないとそのもの事態に興味が湧きません。仕事にも言えますが流行や話題になるものを知っておくことは話のネタにもなるし、まめにリサーチはしておくものだなと思いました。
選ぶときやっぱりどうせ買うなら、少しでもいいやつをと思いますよね。
(その前にとても迷う派ですが)以前のものから2年足らずですが、進歩というか性能やスピードが全然違います。これならストレスも感じずに出来そうです。有ること事態に慣れてくると、ありがたみを感じなくなります。
ものを大切にする、そのもの自体は何も悪くありません、
それを使う自分自身に問題があると反省です、これをきっかけで気をつけたいと思います。

ゴルフのスコア・・・聞かないで下さい。クラブもそうですね、長年使っていますが、いいショットが出るのも、悪いショットが出るのも
そう 振っているのは自分です。雨・風・太陽・大地は自然です。
やる自分がどうするかです。古い、新しいは関係ありません。
その道具があるから私は楽しく1日を過ごすことが出来たのです。
前ほど切れる(あきらめ・くさる・気分を害する)事はなくなりました、

自転車で通勤、雨が降れば車で、パソコン、ハガキ、ペン、食事
毎日使うものに感謝する。この気持ちで行きます。
次回はスコアもいいでしょう!  

1週間ありがとうございました。
輿水君明日からよろしくお願いします。

「積極性」

おはようございます、木村です。
6日目ブログよろしくお願いします。
次の当番は輿水君です、準備をお願いします。
ハガキ報告1547日○です。

「積極性」

社長、トップ、リーダーは積極的に行動する。その姿を見て、人はついてくるまたは信頼をする。その人たちが集まって企業や組織が強くなる。
何事にも積極的に動きたいと思います。

イチロー選手は、数々の名言を残していますね、先日読んだものに、
「打率より安打数にこだわり続ける」
安打数(ヒット)を打った数は、どんどん足されていき減ることはありません。
打率は、打たない場合が続くと下がっていきます。
打率にこだわると、調子が悪かったり、嫌なときには打席に向かうとき消極的になってしまう。
安打数(ヒット)にこだわれば、打ちにいかなければ数を増やせないので、積極的に打席に向かう。
安打が増えれば打率もあがりますから、どちらにこだわっても同じように思えますが、
それに向かう姿勢が、積極的になるか、消極的になるかで、目標を達成する確立では、
大きな差になって出てきます。目的を達成した姿を見せる。また自分にも、成功体験を増やすことで自信になる。
実践者の強みですね。
自分の仕事で最近あることは、お客様(新規の家や飛び込み営業)に向かう姿勢、断られるかな、誰が出てくるのかな、嫌なイメージを持つと一歩引いてしまいます。
自分で出来ることも、面倒だな思うことは妻に頼んだりと、好きなことはすぐに動けるのに、嫌なことになると動きが鈍ります。これではいけません、
まずは自分から動いて手本になる。
お客様にも、せっかくお見えいただいたのですから、こちらも「来て頂いてありがとうございます」という、明るく積極的な姿勢でお迎えをして1人1人ファンを増やしていく。とにかく小さいことの積み重ねが大きな力(形)になる。
おかげ様で、今月はお店の動きもよく、いい形で毎日過ごしています。
あっという間に1ヵ月半で今年も終わり、いい締めにしたいものです。

「早起きは三文の徳」

おはようございます、木村です。
5日目ブログよろしくお願いします。
ハガキ報告1546日○です。

「早起きは三文の徳」

私、8月に三島市倫理法人会に入会しました。以前からオブザーバーとして何度か参加はしていましたが、近隣各地にも会がありますね、お声がけも頂いて・・。
まあ決めたのは自分ですから。
「木村さん、また何かの会に入ったの~~~と」の、声か聞こえそうですが。

毎週水曜日の朝6時から「モーニングセミナー」という、朝の勉強会があります。夜の用事の多い私ですが、朝は別にありませんし、早起きも毎朝6時ごろに起きているのであまり苦にはなりませんが、参加するには、準備をしてさらに早くおきて出掛けないといけません。少しのことで大変です。
今は真っ暗ですが、夏の間はもう明るく、ウォーキングしている方を多く見かけます皆さん元気ですよ。他の日は6時に起きても何をするわけでもなくTV・新聞を見て食事、子供との会話などなど、店を開けるまでなんとなくですが、
週1日だけでも、1時間講話を聞いたりの勉強会、参加するだけで気持ちが違います。
朝の景色を見るのも何か新鮮で、空気もおいしいです。倫理の教えには普段の当たり前のことを当たり前にしよう。見たり聞いたり感じたりしたことから、自分がどうするか行動しよう、こんな教えもあります。
簡単なことばかりですがそれがなかなか出来ません、続けるのは何事も大変ですが、出来ることからやっていきたいと思います。

毎週、メンバーさんや、各地で活躍している社長様のお話などなど、内容も豊富です。
またよろしかったら参加してみてください。
今朝も行ってきます。その後はゴルフですが・・・・。
以前も会に参加したあとにゴルフがありましたが、早起きの成果なのか、体の動きも普段より良く、いい成績だったことを思い出し、早起きは何事にもいいと、勝手にいいように解釈しています。プラス思考プラス思考でがんばります。

「後悔しない生き方」

おはようございます、木村です。
4日目ブログよろしくお願いします。
ハガキ報告1545日○です。

「後悔しない生き方」

日曜日の夜、TV番組で、「死ぬときに後悔すること25」の内容を紹介していたものを見ました。
以前細谷さんがブログや、通信で紹介していたのを思い出しました。
子供たちと見ていましたが、「○○をしなかった」「○○をしてしまったこと」の設問に
○○には何が入ると思う?とそんな会話をしながら、
答えの中に健康・タバコ・悪事・結婚・子供などのキーワードがありました。
自分がやったり、決めたり、こうしたいと思えば、出来ることばかりです。
そのとき
娘が
「おじいちゃん、なんでタバコやめたんだっけ?」

「お医者さんに、このまま続けて行ったら死ぬよ」て、言われたからだよ
強い意思があれば変われますいい一例です。死ぬといわれたら皆さんも出来ますよね。
死んでからはもう遅い、死ぬ前の体力低下など、病気になってしまうと何かしたくても出来ない体になってしまいます。
そのときには周りの身内や、仲間や誰かに助けられて生活をしなくてはけません。
そこではじめて、ありがたみや感謝に気づく。
毎日追われて生活すると、そんなことを考える時間や余裕もなく。
自分はどうだろうかと考えました。今はまだ早いこれから出来る、なんて思っていますが、気が付いたらあっという間に時間が経ってしまいそうです。
2人がどう感じて見ていたかわかりませんが、まだまだこの2人のために、がんばらなければいけないし、自分が生きてきた証を残すこと、
親として出来ること、犠牲ばかりではいけませんが、この先不幸だったなと思わない生き方、日々を充実した毎日の積み重ねを残して生きたいと思いました。
明日に何が起きるかわかりません。
「いい明日を迎えるために、今日を一生懸命生きる」
そんな言葉が響きました。



「自分の仕事に自信を持ちましょう」

おはようございます、木村です。
多くのコメントありがとうございます。
3日目ブログよろしくお願いします。
ハガキ報告1544日○です。

「自分の仕事に自信を持ちましょう」

いかがですか皆さん、自分の仕事に自信を持ってやっていますか?
土曜日に、集まりがありある方の祝辞の中でこの言葉を聞きました。
何かそこだけが自分の中にすっと入ってきました。
「そんなこと考えてやってたかな?」あたりまえじゃん、あたりまえ?
商品に対しての知識、お客様からの要望、販売方法、接待の仕方、などなど
私たちはその道、それぞれの仕事のプロです。
お客様はそれを信頼して商品の購入をし、次回もその店を選び繋がっていく。
自信のない態度、おどおどした接客では、相手に不安を与えてしまいます。
もう出逢わない可能性大です。原因は自分にあるのです。
自分の商品を、自信を持って勧めましょう。
昨日は、新規のお客様ととてもよい商売が出来ました。
きっかけは、数日前にひょこっとおみえになりお着物の相談事に対し、
私の出来るだけのお相手をしました。
帰ってから
「あの方はまた今度お見えになるな」直感です、長年やってきたからこそわかることです。
その方だっただけにがんばり方も違います。
結果は予想以上でこれもまた嬉しいことです。
こんな連続が毎日ならばもっと楽しく仕事も出来ますね。

「自分の仕事に自信を持ちましょう」
いい言葉を聴き、いい日曜日になりました。
日めくりカレンダーや、標語など朝読むとその日の活力になる言葉がたくさんありますね。
今日も元気に行きましょう。

「馬の耳カレンダー」妻に大好評です、毎朝めくるのは彼女でいつも笑ってます。

「七五三」

おはようございます、木村です。
昨日パソコン戻りました。何も反応なく静かな帰還でした。(涙)
何を買おうかな??

2日目ブログよろしくお願いします。
ハガキ報告1543日○です。

「七五三」

11月15日は七五三のお祝いの日です。
「由来は、平安時代とされています。当時は子供の死亡率多角、七歳までは
現世に命がしっかり定着していないという意味で「神の子」とされました。したがって無事に成長した子供を、3歳の男女が髪置(かみおき)、5歳の男子が袴着(はかまぎ)、7歳の女子が帯解(おびとき)の祝いを正月や誕生日にするようになりました。その後、江戸幕府の5代将軍となる綱吉の5歳の祝いを
鬼宿日(きしゅくにち)の11月15日に行ったことから、この日を七五三とするようになりました。」
雑学ですが、何かに役に立つかもしれませんよ。
当番がこの日に当たったのも、呉服屋だからですね「ついてる、ついてる」と
前向きに行きましょう。
この日にお祝いを当てるお客様が昔は多かったのですが、最近では10月後半から11月後半までの土日にと、ご家族の都合でさまざまです。
自分のお祝いの時のことは、覚えていませんが、写真を見てふり返ると、母が手作りしたビロードの服を着ている写真、弟と一緒に写っています。もちろん三島大社です。
3番目の弟の写真では、写真館で撮ったもの、紋付羽織袴姿になっています。
9歳違うのと、その頃にはもう呉服屋さんでしたからね(当然ですね)
昔の写真を久しぶりに見ると思い出がよみがえります。
お祝いや、記念日、家族の絆、成長した姿、たくさんあります、それが大人なるにつれだんだん少なくなっていきます。
私の子供たちの写真も同じく最近のものが減っています。
思い出を残す、記録に残す、写真も今はデジカメでパソコンの中に(バックアップしてよかった)。写真の整理もしておかないと、もし燃えたりしたらなどと
(あっマイナス思考はいけません)
話がそれましたが、今までの記念日やお祝い事、これからもたくさんあります。
節目節目の思い出大事にしたいですね。
お祝いの思い出、記念日、何かこれは必ずやっていますなどありますか?

[キーワード」

おはようございます、木村です。
1週間ブログよろしくお願いします。
ハガキ報告1542日○です。

「キーワード」

よく使う言葉ですよね、意味は「問題の解明や内容の理解の上で、重要な手掛かりとなる語。情報検索で、検索の手掛かりとして使用する語句。」(引用しました)
ブログやホームページにその言葉(探したいもの)があった場合にヒットして調べることが出来ます。とにかく今コンピューターの時代です。先日壊れたパソコンですが、修理にもだいぶお金がかかるようなので、そのままにして新しいものを購入しようと思っています。(まだ戻ってきませんが)、大事に使ってたのに~~~、相性ってのが機械にはあるような気がします、今度こそ、いいやつに当たりますように。普段使うものが手元にない事はとても不便ですね、
データをバックアップしておいて良かったです。これもつい最近やったことですが。
パソコンは便利と思いながらも、あまりメンテナンスに力を入れてなく、いつかやれば大丈夫、壊れないから大丈夫などと、不便を感じてからでは遅いですね。何事にも準備と対策は必要です。誰に相談したら良いのでしょうかね?
今私のお店のページの内容は店舗紹介だけです。検索で「きもののむらき」まで入れるとすぐに見つかりますが、
きもの・むらき・三島・振袖などなど言葉の幅が広くなるとなかなかすぐに見つかりません。このようなことを解決するやり方を専門の方々や業者の方からの話で聴いています。
そんな説明を受けながら、ページの改善をしなければと思っているところです。
ページの内容はお店の紹介だけですから、これからはもっと工夫や更新など、また見ていただく相手にどう思われるか、ほとんど手付かずですからこれからやって行きたいと思っています。インターネットで販売をと今テーマになっているようですが、今までしなかったのは、着物はじかに触れてみてもらうもの、対面販売でなければ、高価な金額がそんな簡単に動くのかとか、まあ理由はたくさんありますが、やらなければわからないのに止まっています。この不況だからこそ動かなくてはとの教えもありますが、身近では不況の話ばかりです。お店に来る人、メーカーさん、取引の方々の嘆きは大変なものです。
今までと同じでは変化がありません。思い切った改革、出来ることから進めていきます。まずはパソコンの買い替えからか、早く帰って来い、ブログか大変です。
1週間よろしくお願いします。

持つべきものは、パートナー

おはようございます。 思いやりのコメントいただき、どうもありがとうございました。
 急に、冷え込みましたね。 みなさん、体調管理を十分してくださいネ。
 一週間、鳥居節にお付き合い下さいまして、どうもありがとうございました。

明日からは、木村さんがタスキを繋いでくれます。
 木村さん!
楽しみにしています!
 では、最終日よろしくお願いします。

  ― 「手を出さずに 口を出す妻」篇 ―
 私の妻の職業は、ある私立高校の英語科の非常勤講師です。 毎週、月曜日から金曜日まで、朝早くに出かけ、夕方帰って来ます。
 私は、トリイ商事をやっています。 妻が勤めているので、昼間、お互いに顔を合わせることは、ありません。
 ところで、ブログウィークの二日目に書きましたが、トリイ米店を今月いっぱいで閉めますので、私は、一昨日まで、お客様への「米屋廃業の通知文」を作っていました。
 私は、その「通知文」の内容について、妻に、「これ作ったけど、どう思う?」と、聞きながら作っていました。

妻の方は、近々、学校で公開授業を担当することになり、それに向けての準備があるので、今週は帰宅時間が遅くなりました。ですので、今週、夕飯の支度を私がすることになりました。

昨晩、7時半頃に帰宅した妻と、食卓をはさんで会話しました。
 妻 「お客様へ、あの通知文、もう出した?」
 私 「明日、投函する予定だけど・・・。」
 妻 「一律に郵送するんじゃなくて、お客様の中には直接伺って渡すべき人だっているでしょ?・・・・・たとえば、Sさんには、そうした方が良いんじゃないの?
 私 「・・・・・。」 「うん・・・。」
私はこのとき、少しムカッとしたのです。 (妻は、トリイ商事のことをやらないのに=手を出さないのに、口だけ出しよる。また、たいへんなことを私に指図して・・・。)と。
 でも、落ち着いて考えれば、妻の言うようにしたほうのが良いのです。 「今まで長い間、トリイ米店をご贔屓にしていただき、本当にありがとうございました。」という気持ちをお客さんへ伝えたいのですから、私が、直接伺って私の口から申したほうが、より丁寧なのです。
 私は、妻からの提案を受けいれ、何軒かのお客様へは、直接伺って通知文を渡すことに決めました。
 私にとっては、妻からのそのひとことは、耳の痛いことでした。でも、妻は、そうした耳の痛いことを私に言ってくれます。
 どうもありがとう。

  ― 「口も出さんと 手を出す妻」篇 ―
 昨晩、私が作った献立ですが、
①お昼に蒸した冷凍食品のシューマイを温め直したもの。
②共同購入の冷凍食品の「さんまの蒲焼」
③キャベツと卵の油炒め-にんにく風味(鳥居直樹オリジナル)
 でした。

帰宅した我が妻が食卓につき、(何も言わずに)私の作った“キャベツと卵炒め”を、お箸でひとくち食べるやいなや、妻はそのおかずの入ったお皿を自分の近くへ引き寄せ、独り占めするような勢いで、食べ始めました。 それを見た私は、あっけに取られて内心、(オマエがそんな風に食べちゃったら、みんなにおかずが行き渡らないじゃないか! まったく、自己中なんだから。)と、小言が喉から口元まで出かかっていました。
 でも、私は、見方を変えてみました。

そう、・・・そうか。 妻は、「あなたが作ってくれた料理、最高においしいワ!」ということを、口に出さず、態度で示してくれてるんだ。 なーるほど。 !なんて素晴らしい妻なんだろう。(少々ひきつりながら)
 やはり、持つべきものは、パートナーですネ!
ね~、輿水さん?!

どうもありがとうございました。

50キロウォークに参加して

おはようございます。
 みなさん、コメントいただき、どうもありがとうございます。 みなさんの誠実さがひしひしと感じられます。
 六日目、よろしくお願いします。

 約一ヶ月前に、静岡経営塾主催の「50キロウォーク」に、初参加しました。
私は、(完歩できるだろうか?)と、やる前は、心配して緊張していました。
 当日は、天気も良く、おかげさまで時間内完歩することができました。

いつもハガキでおつき合いさせて頂いていて、御前崎でお茶の栽培と製茶をされているMさんが、今回、二年目で参加されるということでしたので、スタートからゴールまで、いろいろおしゃべりしつつ、ご一緒させて頂きました。
 私が時間内完歩できたのも、Mさんが一定のペースを崩さず、リードしてくれたおかげです。

参加してみて良かったことは、今まで顔は知っているけどそれ以上のことは知らない方や、ハガキだけのお付き合いだった人と、より親しくなれたこと、あらたに静岡経営塾のメンバーや東京CLの会や横浜楽習会の方々と出会うことができたことです。
 ハガキのお付き合いをさせて頂いている、浜松の細江町でみかん農園を経営しているNさんとも、途中、お話させて頂きました。
 Nさんの奥様と娘さんの怜未ちゃんが、途中にみかんブースを設置して、おいしいみかんで、応援してくれました。
 後半の一区画で、怜未ちゃんが、「私も歩く。」と言って、そこからNさんと二人で歩かれました。 Nさんが、とてもしあわせそうでした。

最後の1時間くらいは、陽が沈み、かなり暗くなりました。 あちこちで、秋祭りをしていて、いくつかのお神輿に出会ったり、盆踊りの唄が聞こえて来るなか、Mさんと杉井酒造の杉井さん(おそらく参加メンバーの中で最高齢)とご一緒させて頂きました。
 杉井さんは、酒造メーカーの社長で、杜氏でもあるすごいお方なのですが、50キロのコースで、参加メンバーのいろいろな方と、とても気さくにお話されていました。
 その杉井さんが、最後の1時間は、「とっても、えらい(しんどい)。」とおっしゃりながらも、最後まで歩ききった姿勢は、とても立派だ、と思いました。私は、杉井さんを見習いたい、と思いました。

Mさん、杉井酒造の杉井さん、私の三人でゴールすることができました。(17時58分ゴール。所要時間-約11時間)
 ゴールのオリジンコーポレーションでは、イーリードのサポート隊の方が温かい豚汁を、京丸園の鈴木さんがおいしいおにぎりを支度して、私達をあたたかく迎えてくれました。
 良い汗を流したあとの 豚汁、おにぎり--本当に生き返る気がします。どうもありがとうございました。

50キロウォーク、掃除の会などに参加して思うのですが、これらの会を運営されている経営塾やCLの会や、そこに集う人々の良いところは、それぞれの職種を超えて、年齢を超えて、経営者である・従業員であるという立場のちがいを超えて、男女を超えて、杉井さん(オリジンの)のような成功者・私のような失敗者であることも超えて、命の名においては対等におつき合いして頂ける点にあるのか、と思います。
 こんな素晴らしい会は、なかなか他には無いです。
これからも、一緒に、勉強・実践させて頂きたいと思います。
 よろしくお願いします。

  ― バスツアーのお知らせ ―

NPO法人静岡県生きがいづくり協会(佐藤さん)の主催で

日時:12月2日(水) 日帰り、貸切バス
参加費:3000円(バス代、お弁当代、保険代込み)

内容:浜松の京丸園の見学、松坂市の「モンマルトル小泉」(洋菓子)の見学、バス内での杉井さんの講演

 というステキな内容で、とにかくお弁当が美味しいそうなので、私は参加します。
みなさんも、行かれませんか!

どうもありがとうございました。




 

昨日のしあわせ

おはようございます。 過密スケジュールの中、みなさん、コメントいただき、どうもありがとうございます。
小野さん! オークション、おめでとうございます。 さすが! 一等賞!!!
五日目、よろしくお願いします。

 一日のおわりに、その日の出来事を振り返ると、ひとつふたつは、ささやかなしあわせが発見できます。これが生きる元気になります。
 お昼に食べた、ココイチのキーマカレーがウマカった。感動した。・・・とか。
ブログのテーマは、「昨日のしあわせ」で決まったのですが、昨日夕方の時点では、それをまだ、みつけることができませんでした。
 そんなとき、広小路の輿水酒店に行ったら・・・・・ !小さなしあわせ、みーつけたっ。

昨日は、こんなうれしい事がありました。
 仕事を終えてから、11月27日開催のワインダフルへの参加の申し込みをしに、輿水酒店へ行きました。 輿水さんと少し話していると、
「あ! そう言えば、つい先日、鳥居さんの同級生のHさんが、奥様と一緒にいらして、『近くへ食事に来たので・・・。』と言われて、ワインを買っていかれましたよ。」と、輿水さん。

 同級生のHさんは、小学5-6年生のとき、同じクラスでした。 最近、彼とは、2年に1度の同窓会のときに会う程度でした。
 私は、一週間ほど前に、Hさんあてに、
(しばらく会ってないけれど、お元気ですか?  11月のワインダフルへ奥様と一緒にいらっしゃいませんか?)という内容のハガキを書きました。
 そのハガキがきっかけとなって、Hさんが輿水酒店へ足をのばしていただき(ご自宅は箱根の西麓で遠いのにもかかわらず)、お店がピカピカだったので、中に入って、ワインを買って行かれた。
 昨日、そのことを輿水さんから聞いた私は、とても嬉しかったのです。

 Hさん。どうもありがとうございました。

 ハガキを書くにも、いろいろな書き方がありますね。私の場合、こんな動機のときもあります。
私の友人にXさんとYさんがいた、とします。 でも、XさんとYさんどうしは、まだ面識がありません。
 私のイメージの世界で、(もし、XさんとYさんが知り合ったら、共通の話題がありそうで、話に花が咲きそうで・・・また、お互いに協力することができて・・・・・もしかしたしたら、長い人生の良き友になるかも知れない・・・)と、想像を膨らませていると、楽しくなります。
 私は、Xさんを信頼しているし、Yさんをも信頼している。こんなとき、自分がXさんとYさんの接着剤役になれれば。
 こんな動機でハガキを書いているときがあります。
 よく杉井さんが言われている、「縁をつなげる」とは、このことなのでしょうか。

 自分以外の人の行動をコントロールすることはできませんが、良き人と良き人が出会うきっかけ作りの行動を起こすことはできますね。
 私が作ったきっかけで、人と人とが出会い、そのことでその方たちが、しあわせになってくれれば、こんなに嬉しいことはありません。

 相田みつをさんじゃないですけど

良き 出逢いを!

 どうもありがとうございました。
 

  

小さな嘘をつかない商人になろう

おはようございます。
 四日目、よろしくお願いします。

 最近、読んだ本で、「叶力(かのうりょく)」 石川 洋著 があります。
著者の石川 洋さんは、すでに亡き人ですが、僧侶だった方です。
京都にある、一燈園という「無所有」を理念とする人たちの村で、17歳のときから半世紀に渡り、修行された方です。 

 この本の中で、特に印象に残った箇所について、書かせていただきます。

ーーカステラで有名な「東京文明堂」の創設者、宮崎甚左衛門についての章です。
甚左衛門は、長崎県島原の出身で、兄弟の末っ子でした。父親は大工でした。
 ある時、甚左衛門が、商売を始める決意をし、反対されるのを覚悟の上、恐る恐る、その決意を父親へ告げました。 すると、父親が
「商売人のいちばん大事なことは、いかにお客様から信用をいただくかということだ。でもな、商売人はどうしても嘘をつきやすい。 嘘ってものは3年もついてると、ほんとのような気がしてきて、自分でも嘘かほんとかわからなくなってくる。 だから、商人になるなら、小さな嘘をつかない商人になれ。そのことを忘れないようにな。」
と言って、息子の甚左衛門が商売を始めることを許してくれたそうです。

小さな嘘をつかない商人になろう。お客様に対しても、自分のお店に対しても、従業員に対しても、小さな嘘をつかない生き方をしよう。ーーこれが甚左衛門の生涯を通じてのモットーになりました。
 結果として、甚左衛門は、大正~昭和の激動期の中で、「東京文明堂」の創設者として成功の道をたどり、晩年には「のれん街」(駅周辺の開発)など、いくつかの偉業を成し遂げました。

 「小さな嘘をつかない商人になろう」-この言葉は、私の心にグサッと来ます。
これを書きつつも、昨日も一つ小さな嘘をついてしまいました。
卑しい私です。
 自分の周りに誰がいなくても、やはり、「つねに人から見られている」ということを基本にして生きることは、大切ですね。

 杉井さんと行動すると、いろいろな場面で、無言のうちに(つねに人から見られているのだから、気をつけましょう)と教えられるような気がします。(その杉井さんも酒が入ると人が変わるらしいですが・・・)

 「叶力」には、仕事していく上での、また、生きていく上での良いヒントが、いっぱい詰まっています。
CLや杉井さんからの教えと同じ要素もあります。ちがう要素もある、と思います。
 読書することで満足してしまい、日ごろの行動を変えなければ何にもならないのですが、その本を読むことによって、勇気づけられることもあります。 プラスに向かって自分が動き始めるきっかけになるかも知れません。

 読んでみて下さい。
サンマーク出版 「叶力」 石川 洋著

ちなみに、バーディ鳥居は、管楽器奏者でもあるのですが、
いつも吹いてる楽器は、オーボラです。

どうもありがとうございました。
 

失敗しましたーーその2

おはようございます。
 皆様。 真剣にコメントして頂き、本当にありがとうございます。
昨晩は、輿水さんのノベッロ試飲会では、お世話になり、どうもありがとうございました。
経営塾の皆さんと歓談できて、また輿水さんのお母様手作りの美味しいお料理も堪能させて頂き、しあわせな時間を分かち合うことができました。
 では、三日目、よろしくお願いします。

<なすべきことは?>
 トリイ米店の経営者として失格だった私は、米屋の経営者ではなくなります。 でも、鳥居直樹という人生の経営者です。
 
 人生の経営者として、今すべきことは、他人から借りたモノをなす(返すことを「なす」と言うのは、ここら辺の方言でしょうか?)つまり、銀行から貸してもらったお金を返すことです。
 これは、返済計画表を作り、「1年でいくら返済する」 「何年でいくら返済する」・・・というように目に見える形にすべき(CLの「行動のヒント」の、「やったかどうか見えるようにする」にあたりますね)だと、これを書きながら気づきました。
 同時に大事なことは、夢を持ちながら生きていくことです。
夢について、まだ、私の中で漠然としているので、「生きている間に、自分は~をするんだ。」ということを、強くイメージして紙に書き、これも目に見える形にすべきだ、と思いました。

 20数年前に妻と結婚した時、私は妻に「オレはオマエをしあわせにするよ。」と言いました。
でも、現実は、今までずっと心配をかけているだけで、妻にした約束を、何も具体化していません。
 トリイ商事の代表をさせていただきながら、ここ10年くらいは、「銀行への借金を返済する」「妻に言った約束を守る」といった目標を成就しようにも、目標がただただ遠のいていくようにしか感じられませんでした。(これはまさに、きちんと会社経営して来なかった私が悪いのですが)
 しかし、今回、お米屋の廃業を決断したことで、自分が生きているうちに、それらの目標を達成できるのでは?という可能性が見えて来ました。
 これが、昨日のブログで書きました「なんとなく見える希望の光」でした。

<やることを宣言する>
 人生の経営者、鳥居直樹は、今ここに宣言します。

①60歳までに、今の借金を完済する
②生きている間に、夢を1つ以上、形にする
・・・・・皆様のお力、お知恵を借りながら、また、応援をいただきながら、
やりとげます。
 それにふさわしい自分であるように、日々、こちらから行動していきます。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

P.S
 昨晩のノベッロ試飲会の中で、輿水さんが、お得意様のT先生に、小野塾長の「お馬様のお言葉集」をご披露していましたネ。 今日のブログのテーマの「なす」ではありませんが、お言葉集の中に、「なすがママ、きゅうりが~」という名言がありますよ。
 サスガ、小野塾長!  !深い!!!
思い出したら、二度笑えました。

失敗しましたーーその1

おはようございます。鳥居です。
 過密スケジュールの中(また静岡からも)、コメントいただき、どうもありがとうございます。

 二日目、よろしくお願いします。反面教師として、皆様にも、何かお役に立つことができれば、と思い、赤裸々に報告させて頂きます。

 この度、11月末日をもって、私どもトリイ商事のお米部門を廃止することになりました。
 原因は、他でもない債務超過(2000万円)です。

 何年も、赤字決算が続いていました。
(今に何とかなるさ。)と、経営を甘く見ていた私の傲慢さが、本当の原因です。
会社の経営の全体を観ることができていませんでした。
 トリイ商事は、お米の他にLPガス業務もやっています。
LPガスのお客様からも、収益をいただいている、という恵まれた環境にあるのに、結果として、この状態にしてしまいました。

 米屋は、毎年、秋口になると、玄米仕入れのために、まとまった資金が必要になります。ちょうど1年前に、私は、資金調達のために、政策金融公庫から、350万の借金をしました。 しかし、この1年間で、資金繰りがどんどん苦しくなって来てしまい、この時期、新米の玄米を仕入れるためには、あらたに借金をしなければなりません。

 それで、9月末に、杉井さんに、トリイ商事の決算書を見ていただき、相談に乗っていただきました。
皆様もご存知と思いますが、杉井さんの基本方針は「無借金経営」です。
 杉井さんに、決算書を正確に読んで頂き、その後で「生命保険、火災保険など加入している保険の証券をすべて見せてください。」と言われ、それらの内容を観て頂きました。
 火災保険で重複して加入しているものをみつけて頂き、その1本を解約することで、さいわいにも今回、危機を回避することができました。
 本当に助かりました。(この部分では、私から見えないところで、Nさんや山中湖のAさんのお手をわずらわせてしまったと思います。杉井さんが、私どもの為に、杉井さんの優秀な人材の人脈を活用して下さったことに、頭が下がります)

           <私が選択した道>

 危機回避のための借金は免れたのですが、もし、お米屋を継続していくならば、玄米仕入れの為にやはり、あらたに借金をしなければなりません。
 選択しなければなりませんでした。 サラ金からでもお金を借りて、もう一度、頑張ってお米屋をやって、経営を立て直すか、もう一つは、お米屋廃業の道です。
 杉井さんは、「もしも、僕が同じ立場だったら、お米屋をやめる方を選ぶよ。 決めるのは鳥居さんだけど。」と、言ってくれました。
 迷いました。

 私達夫婦にとって、そして子供たちにとって、何となく希望の光の見える、米屋廃業の道を選びました。 
 江戸末期から、五代続いて来たお米屋を、傲慢だった私、鳥居直樹が潰しました。
この失敗を素直に受け入れることが、これからの人生で大切な一歩だ、と思いました。
 何よりも、ありがたいのは、こんな時に相談に乗って頂ける、同業者のグループのパートナーの方、経営塾の仲間、杉井さんとつながっていることです。
 とても心強いです。

どうもありがとうございます。
                   (つづく)
※ 乱文、ご容赦ください。
 

 

明るさを与え続けています

おはようございます。 鳥居です。
 日に日に、寒さが増して来ました。風邪やインフルエンザが、かなり流行っているようです。
皆様、十分、お体に気をつけてください。
 では、鳥居節、一日目。よろしくお願いします。

 最近のブログ(またはコメント)で、戦略と戦術の違いについて、たしか、海野さんが、分かりやすく説明して下さいました。

戦略ーー変わらないもの          戦術ーー変わって良いもの

 会社を経営する限り、あるいは、生きている限り、いつもそのスタンスであり続ける、というものが、戦略または理念だ、と思います。
そのスタンスを外へ知らしめていく為の一つ一つの具体的な行動が、戦術だと思います。

・明るさを与え続けています
これが私の人生の理念または、戦術です。

 ところで、今から3週間前に、私は、満49歳になりました。あと1年で50代突入です。歳月が過ぎるのは、本当に速いものです。
 今からの1年間、「自分は、どんな50代にするのか?」よく考えてみます。
ひとつ決めたことは、これからの人生では、夫婦円満を最優先にして生きていこう、ということです。

 これからの人生、いつ何が起こるか、分かりません。そのなかで、皆様から見て、(どうも鳥居のとっている行動は、腑に落ちない。) (なぜ、そうするのか?) (そうしちゃって良いのか?)と評価される場面もあるかも知れません。
今は、どうしても分かっていただけなくても、歳月が経って、分かって頂けることもあるかも知れません。
 夫婦円満を最優先として、今、選択したこと。
何年か経ってから、
「あの時、私は、こっちを選択して本当に良かった。」
と妻、家族、ご縁のあるすべての方に言えるように、今なすべきことを一つ一つ確実にやっていく努力をしていきます。
 今なすべきことを示してくれる、経営塾の仲間そして杉井さんに出会えたことに感謝します。

 どうもありがとうございます。

P.S
 今月の21日~23日、経営戦略立案会議に参加するので、ブログ当番と重なってしまう為、輿水さんと交代して頂きました。すみませんが、一週間、お付き合いください。

 

【ファン作り】

おはようございます!
小野@馬耳です。

一週間、色々とありがとうございました。
頭の中が空っぽで、いつものように大した内容ではないのに
お付き合いくださいまして、ありがとうございました。
私の内容の薄いブログにコメントするのも修行でございます。
もう一日、お付き合い下さい。
それでは最終日、宜しくお願いします。

【ファン作り】
先週、おまけ用の手品を、100円ショップでどっさり買って、
駐車場に向かうと、昔一緒に仕事をした事のある事務機の営業マンが
ちょうど車から降りてくるところでした。
少ししょんぼりしているように見えました。声をかけると…
「ここ最近、ぜんぜん売れないっすよ!」「本当に厳しいっす。」と
泣き言を言っていました。
「泣きたいのはこっちだよ!」「その“っす”ってなんだよ!」
と言いたかったのですが、私も大人なので許してあげました。
その彼が、私の持っている商品に目が留まったようで
「そんなにたくさん、何を買ったんすか?」と聞いてきたので、
私の秘策の話をしてあげました。
最初は“馬鹿らしい”とでも言いたそうでしたが、実際にその手品を見せたり
こうしたらお客様が喜ぶし、ファンになってくれるかもしれないでしょ!?と
話していくと、すごく興味を持て来ました。
「小野社長!それ、いいっすよ!」「おれもやっていいっすか?」と言うので
もったいないですが、手品をひとつプレゼントしました。
本当に彼が挑戦するかはわかりませんが、会った時より間違いなく
元気になっていました。
彼を喜ばしても、お金になりませんが、何かとてもいい気持ちになりました。
私は、出会った人やお客様に 笑ってもらったり、元気になってもらったり、
そして、喜んでもらえたら、とてもうれしいのです。
そして、私のファンになって下さったら、言うことないんです。

【行動ノルマ】

おはようございます!
小野@馬耳です。

鳥居さん、わざわざお電話、ありがとうございました。
私の次の担当、土曜日より よろしくお願いしますねっ。
自分の担当を、後ろへずらす人はよくいますが(俺? 汗)
前に持って来てくれましたね!さすがです。
鳥居節、楽しみにしていますよ。
それではラス前 六日目、宜しくお願いします。

【行動ノルマ】
今月から、いつも以上に営業活動に力を入れています。
商品を絞ってみました。ご提案するお客様も絞ってみました。
あとは行動あるのみ! なんですが、ただ力を入れるといっても、
どう入れていいのか分らないので「ノルマ」を自分に課すことにしました。
「売上ノルマ」を作ると、それこそ心臓が止まってしまいそうなので
「行動ノルマ」を作りました。
月水金は、リストアップしたお客様を訪問する訪問デーにしました。
1日10件の訪問を「ノルマ」にし、その10件から1件以上
見積の依頼をいただけるように営業活動をさせてもらいます。
あいさつだけの訪問でしたら、もう少し件数も回れるのでしょうが
とりあえず10件が「ノルマ」です。
これ、「ノルマ」って言わないのかな?まぁ、許してください!

そして、火木は、提案書・見積書の提出日と、再訪問日にしました。
再度訪問できる工夫として、手品のおまけを置いてくることにしました。
すべてのお客様には、合う合わないがあるので、お渡ししませんが・・・
おかげさまで? 見積り依頼を目標以上に頂いています。
あとは、成約にどう繋げていくかなんですが・・・
今日は、再訪問日です。頑張りますよぉ~ 手品!

【あれも これも】

おはようございます!
小野@馬耳です。

昨日はヤフオクの会、ありがとうございました。
「まつぼっくり」から「車のハンドル」まで
誰の商品が一番先に売れるでしょうか?高額で売れるでしょうか?
楽しみですね!
参加できなかった皆さんも、私に相談してください。
いつでも、応援させていただきます。
それにしても、ある方の奥さんが言うように、
何でみんなで集ってやってるんだろう!?
一人で出来る事なのに!
でも、みんなでやると、楽しいね。
五日目、宜しくお願いします。

【あれも これも】
杉井さんから「しぼる事」のアドバイスを頂きましたが
バタバタと焦ってしまうと、「あれもこれも」になってしまいませんか?
そして何一つ形に残らないのです。
そしてなにも手につかず、時間だけが過ぎていってしまいます。
あれが儲かるかな?これの方がいいかな?そんなにラッキーな事は
無いですね!
アスファルトの下の雑草のように、一点に集中してグゥ~と押し上げると
あんなに硬いアスファルトだって、突き破る事が出来ますね!
でも、あまり一気に押し上げると、自分が青汁になってしまいますから
気をつけましょうね。(笑)
どんな成功者でも、最初から上手くいった人はいないです。
一つの事を続ける事で成功した経営者の話は、多く聞きます。
石の上にも十月十日といいますが、これと決めたら諦めずに
一点に集中してやりきるって事ですね!

【相談できる人】

おはようございます!
小野@馬耳です。

そういえば、今年もあと2カ月を切ってしましたね!
本当に早いです。ここから年末にかけてが勝負です。
結果がどうであれ、本気の挑戦をしていきたいと思います。
あつ!それと、本日夕方より、オークションへの商品登録?を
うちの事務所でやろうと思いますが、いかがですか?
お待ちしていますよ!
四日目、宜しくお願いします。

【相談できる人】
どこの会社もそうかもしれませんが、うちの会社も資金繰りが
大変厳しくなっています。一体どうなっちゃうのか?
心配で心臓が止まりそうです。(汗)
先月の中ごろ、資金繰りに本当にビビって、どうしようもなくなって
しまいました。
そんな時って、あまり良いことも考えなくなり、バタバタしてしまい
正しい行動もガクンと減ってしまうんですよね。
本当に怖くて、逃げ出したくなっちゃいました。(弱っ)
困りすぎて、杉井さんに電話をかけさせて頂き、少し相談に乗ってもらいました。
アドバイスは、色々として下さいましたが、商品を絞ること。
販売先を絞ること(企業より個人)など、具体的なアドバイスを頂きました。
そして、「とにかく応援するから!」と言って頂いた時、
涙が出てしまいました。
結果はどうなるかわかりませんが、ここからは挑戦あるのみだと思い、
足が地に着いた感じがしました。
今、商品や、販売先を絞っているところです。早くしなければ!

不思議なものです。電話をかける前とかけた後では現実は何も変わっていないのに
私から見える景色は、全く別のものでした。ほんの数分ですよ。
私は、大きなオバケに、脅かされていたようです。
相談できる人がいるのといないのとでは、こんなに違うのかと
思いました。
大変な時期こそ、その悩みを話せる人がいるのは、大きいと思った次第です。

【ない人に限って…】

おはようございます!
小野@馬耳です。

昨日はケンタッキーが食べたくて、自宅に買って帰る事にしたのですが
注文時、きっとお買い得なセットがあるかと思い、「あの~15ピース位
ほしいのですが…」と話の途中なのに、「はい、3、460円になります!」
と言われてしまいました。私は「お得な買い方がありますか?」と
続けたかったのですが…
そのまま注文になり、出来上がりを待っている間、
お買い得セットの6ピースを2セット買ったほうが、
お得な事に注文してから気づきました。私は12ピースだって良かったのに!
なんか損した気がしてなりません。
三日目、宜しくお願いします。

【ない人に限って…】
「ない人に限ってそれを大切にしないで、ある人に限ってそれを大切にしている。」
そんなこと、思ったことありませんか?
たとえば、貧乏な人にかぎって無駄使いをして、
お金持ちの人はお金を大切にしている。(お金を活かしている)
勉強が出来ない子に限って勉強せず、できる子は一生懸命勉強する。
友達がいない人に限って人間関係を粗末にするし、売れない営業マンほど
仕事中にパチンコをしたり、車の中で寝ていたりする。
貧乏な人はお金が、馬鹿な子は良い成績が、多くの友人や
売上だって、ない人のほうがほしいだろうに、
なぜ、ない人に限ってそうなのか?というと、
上手くいった経験がないからかなぁ?と思ったのです。
じゃあどうしたら変わるのかというと、小さな成功体験じゃないでしょうか!?

私は自分で決めたことをやりきった事が少なく、
「ない人」をずっと繰り返してきました。
20セットの目標を達成したことは、小さな事かもしれませんが
私にとって、とても大きな成功体験になりました。
この経験で、「ない人」の流れを断ち来ることができたように思います。

今までと同じ事を繰り返していて、良い結果が出ないのに
それを繰り返していても、きっと同じ結果しか出てこないと思います。
小さな事でも、ちょっと違ったことに挑戦することが、
自分を変える大きなチャンスになるのかもしれませんね。

【迷いましたよ!】

おはようございます!
小野@馬耳です。

昨日は私らしくない?ブログにコメントくださいまして、
ありがとうございました。
自分なりにけっこう頑張っているのに、結果がなかなか出ないと、
「ツキとか、運のせい」にしたくなっちゃたんです。

二日目、宜しくお願いします。

【迷いましたよ!】
何を迷ったかというと、「馬の耳」に救急車で運ばれた事を書こうか?
どうしようか?ということです。
一度は、この出来事を「夢を見た」という物語にして、
送ろうと思い、文を作ってみたのですが、
杉井さんから、「こんな具体的な夢は無いよ!」
「長々夢を書かれても、読んだ人もピンとこないんじゃない!?」など、
アドバイスを頂き、思い切って?実際にあった内容に変えてみました。
皆さんに心配をかけても申し訳ありませんし、どうしようか迷ったのですが、
やっぱり、ウソ?を書くより、書きやすかったですし、シックリきました。

今回の出来事で、やっぱり健康って大事だなぁと思ったのと同時に
パイプライン(システム)の早期開設を目指さなくてはとつくづく思いました。
無事退院でき、こうして仕事が出来るからまだいいですが、
あのまま入院が続いたらと思うと、ドキッとしますよ!

そしてちょっと気になる「当月発送」の件ですが・・・
ギリギリ間に合いました!!
って、間に合ったって言っちゃっていいのかぁ~!?
まぁ、私が決めたのは、「当月発送」で、「当月着」でな無いので・・・(汗)

FC2Ad