沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

目的に従って

おはようございます、越膳です。
あれよあれよという間にブログはラス前、7月最終日です。
時間は容赦なくドンドン経過していきますね~
2度と来ない今日一日、時間を大切に過ごすことを意識していこうと思います。
それでは本日ラス前、宜しくお願いします!

【目的に従って】
来月本決算を迎えるにあたり、最後の追い込みをかけながらも今週の初めから中期経営計画書の見直し、再策定を開始しました。
我が社の中期経営計画書は2期目から策定を始め、3年単位で構成してきました。
今期は6期で、計画書は5~7期で作成されているので全てが計画通りに進んでいたなら手付かずに来期の7期へいけたのですが・・・

今回の見直し・修正の大きなポイントは静岡の収支と動向、沼津の新規事業の開始と再度整理された理念にあります。
取引先、金融機関にも全てレビューされるこの計画書に新たな想いも詰め込みながら、尚且つスタッフなどの運営陣にも分かりやすく、実施段階におけるマニュアル的なチェック機能の役割も果たせるようなものにしたいと考えています。

こういう策定作業で私が陥りやすいのは、計画書の完成が目的になってしまい、その後の実用性や実現性とその為の行動が疎かになることです。
計画書を見直し修正したり、策定する過程では自社分析やマーケティングなど実際の経営にタイムリーなものがあるので、作成そのものの意味も大きいです。
しかし、いくら良い計画書を作っても実施・実現していかねばただの紙切れで終ってしまいます。

目的と手段を混同させず、実際の経営にしっかりと活用していく為にも、作成のプロセスでは常に「何の為に?」を自問しながら進めていこうと思います。



スポンサーサイト

8月23日

おはようございます、越膳です。
先日高校の同級生から「秋に同窓会をやろう!」との連絡がありました。
前回の卒業10年の同窓会に来なかった人が来れば20年ぶりの再会です。
杉井さんの講義ではありませんが、「変わっちゃったね~」と言われるのではないか、と内心ドキドキです。
元々地元から離れて長いので普段から同級生とは疎遠なだけに、この久しぶりの再会がどんなことになるのか不安と期待が交錯します。
今の自分でいくしかないのは事実ですが、その席での呑み方には気をつけたいと思います。
前置きが長くなりましたが、本日5日目も宜しくお願いします!

【8月23日】
「吟じます!」
♪会社を良くする為にぃ~い~い~♪ ♪ゴミ拾いなどの掃除を~お~お~♪
♪みんなでやるのがいい気がするぅーー!♪
「あると思います!!」

毎朝スタッフ達や事務員さんがトイレや外回りなど一生懸命掃除をしてくれます。
私も本社前の土手沿いのゴミ拾いをさせて頂いています。
この掃除をより効果的に、会社作りへと反映させる為に月1回のゴミ拾い大会をやっていくことにしました。
トイレ掃除も考えましたが、諸々の準備や周囲との関係性、継続性や地域への発信効果などを考えた結果、すぐに始められて周囲も巻き込みやすいゴミ拾いにしました。
そしてこのゴミ拾い大会、第1回目を8月23日に行うことにしました。
沼津本社前のバイパス沿い、南北の側道の土手を東西に1kmくらい何班かに分かれてゴミを拾っていく予定です。
ゴミ拾いを終えたら会社でバーベキューをやって参加者同士の交流を図り、楽しむ要素を入れながら継続しやすい状態を保っていきたいです。

細かなスケジュールはまだ検討中ですが、詳細まで決まったらブログなどで告知します。
もし都合のつく方は参加して下さったら心強く、嬉しいです。
また、方法や進め方など事前にご意見やアドバイス頂けたら有難いです。

そして・・・
先日も一部アイデア頂きましたが、まだこの会のネーミング募集中です!
名前よりも実際の活動如何が大事には違いありませんが、名も無き会よりはいいと思います。何か良いネーミングありましたら教えて下さいね!!

懲りずにトライ!

おはようございます、越膳です。
皆さん、連日のコメント有難うございます。
今日も暑さに負けずに頑張りましょうね!
それでは本日4日目も宜しくお願いします!!

【懲りずにトライ!】
昨日は、昨年立ち上げた静岡の新規事業に触れて今の自分を省みました。
静岡が成長途上にある中で沼津でも新規事業を立ち上げることにしました。
静岡の現状を考えるとあれこれやらずに静岡一本に全力投球すべきなのかもしれませんが、昨年中ごろより沼津本社も不安定な経営が続いています。
静岡に注力している間に沼津本社が停滞していっては会社トータルとしてのマイナスは非常に大きくなってしまいます。
なので静岡をやりながら並行して沼津でも新たな中核事業を起し、全体的な安定化を図りたいと思っています。

ある人とのご縁に奇遇が重なり、紹介を経てその話はやって来ました。
私のような者が言うのは大変恐縮なのですが、その会社は私の尊敬申し上げている方のイズムで今も経営されており、「いつかは我が社とも取り組みを!」と想い焦がれていた立派な企業です。
と思いつつ最初は今の経営状態から考えて数字的な面からも踏み込むかどうかを迷いました。
しかし、先方の目指すところと我が社の理念や戦略に合致する部分が多く、相談した杉井さんからもアドバイス頂いたお陰で「よし、やってみよう!」という最終的な決断に至ることが出来ました。

その沼津の新規事業は一部障害者にも出来る仕事で季節変動が今ほど極端でなく、毎日必ず仕事があり、初期投資がかかりません。その上、発展的に取り組んでいけば従来からの我が社の得意とするノウハウも発揮が可能です。
ただ、薄利には違いなく365日稼動など未体験ゾーンもあります。

諸所の課題はありますが、この新規事業にしっかり取り組み、丁寧な仕事と迅速な展開を描きながら次の柱に育てたいと思います。
いずれは静岡とのシナジーも求めながらイーリードの事業基盤と体制を強固なものに築き上げていこうと思います。

抽象的な内容でスミマセン・・・

勝負どころ

おはようございます、越膳です。
昨日までのセール、天気にも恵まれお陰様で無事終えることが出来ました。
有難うございました!
休むことなく今日からまた平常営業です。
週末には静岡の年次大会も控えていますので、スタッフ共々体調管理に気をつけながら今週も乗り切りたいと思います。
それでは3日目、宜しくお願いします!

【勝負どころ】
昨年の8月に静岡に新たな居を構え11月から新規事業を開始しました。
現状はと言うとある程度は予測どおり、しかし経営的には厳しい状態が続いています。
先月の展示会への出品など、関係各社との取り組みを進めながら何とかプロパービジネスの獲得に向けて動いているところですが。
今のところプロパー割合が2割程度なので仕事の量の変動が激しく、先々の為の作業員確保もその影響で思うように定着していません。
設備や人材など先行投資が大きいので回収を急ぎたいですし、障害者の受け入れも適時行っていきたいですが、仕事が安定しないことには叶いません。
そんな状況下で私の経営者としての力量も問われています。
その問いに応えるべく、何が一番私の為すべきことなのか?
正直明確な答えを出せずにいます。
ただ、考えていても時間は確実に経過していますので、とりあえず対外的には取引先との取り組みの流れを作ること、受注確保のネゴシエーションなど、社内的には受注に向けた技術とオペレーションの内製化を進めています。

静岡の今の姿はリーダーシップ、経営力など今の私の身の丈を表しているように思います。
ゼロベースから始めているだけに、よりリアルに私が投影されると思います。
私が今後も経営者として進んでいけるのかを問われているようにも感じます。
静岡は私の故郷です。
その故郷に降り立ち、「イーリードが静岡に来てくれて良かった」と言われたいです。
障害者の実習受け入れ・雇用などは父親が真面目に教職を全うしてくれたお陰で各方面に良い関係が作れるようになりました。

“必要とされる人・企業になる”
今、この理念の実現に向けた私自身のプロセスが試されているだけに、ここを勝負どころとして暑さも吹き飛ばしながら突き進んでいきたいと思います。

初体験

おはようございます、越膳です。
皆さん、コメント・アドバイス有難うございます。早速参考にさせて頂きます。
今日はセール2日目、暑さに負けないように声を出していきます!
本日も宜しくお願いします!

【初体験】
先日、静岡県庁の大会議室で開催された「静岡県障害児(者)支援連携協議会」という会議に民間の立場からの意見が欲しいとの要請に応える形で出席しました。
会議室に入るとなんとまあ大勢いること。100人はいたでしょうか・・・?
適当に後ろの方で座っていようと思っていたら、受付の人に「こちらです」と案内され、付いていくと前方にレイアウトされたコの字型の席の中に私のネームプレートがありました。 「え~!?」
後ろに並べられた席に座っている人達が、私たちの座る席をアリーナ式に見るという格好になっているので、座った途端にめちゃくちゃ緊張し始めました。
座席表を見てみると、コの字席に座っている人達は名目は私と同じ委員という立場の人達ですが、大学教授や総合病院の名誉顧問、医師会理事長など早々たる学識者の連中が10人ほどいました。
その中に若造で、大した肩書きも無い私がいることが非常に浮いている感じです。
更に横の方には県教育長、厚生部長、局長などのキャリア官僚や事務方のトップが並んで座っています。「誰か助けて~!!」と心の叫びが・・・

会議が始まると先に「委員の方々、自己紹介を」と告げられ、「マジで~!?」という感じ。
自己紹介を終えて次の人にマイクを渡す時、そのマイクは汗でびっしょりでした。
会議途中では雇用する立場でと議長から意見を求められましたが緊張して言わんとするところの3分の1くらいしかコメントせず・・・
この協議会の主旨は県内における障害者への支援システムやその運用についての確認・検討を委員と行政とで行うということのようで、今回の本題は菊川市をモデリングにした制度についての検討・意見交換が主でした。
「ああ~、こうやって行政プログラムや制度は決まっていくんだな~」と思いました。
大勢の関係者が昼間から3時間も会議しているのですから、本当の意味での意義ある制度や仕組みが出来なければ税金の無駄遣いだと思いました。
また、学校・施設・企業などそれぞれの立場でより意味のある制度と障害者を取り巻く環境の改善に期待しているのは事実ですが、2,3年で中央へ戻る彼らと真剣に議論しても果たして・・・非常に疑問の残る初体験でした。
ただ、関係機関との連携は会社での就労移行などについて活かせそうですので横の繋がりとして縁を広げたいと思いました。

本日開催

おはようございます、越膳です。
腰を押さえながらも走ってきてくれた岩崎さんの襷を確かに受け取らせて頂きました。
暑いですが、襷を落とさぬよう途中途中で水分(ビール)をしっかりと取りながらいきたいと思います。
1週間宜しくお願いします!

【本日開催】
いきなり宣伝になってしまいますが、今日は恒例の大セールです。
セールは大セール2回、スポットセール2回の年4回行われます。
イーリードとして平成16年1月から開催してきたセールも今回で19回目です。
このままいくと次回(10月)のスポットセールが記念すべき20回目になります!

地域貢献、現金稼ぎ、各取引先との関係強化、お客様対応訓練などなどセールを通じた狙いや目的があります。
実際の運営に当たっては、毎回多くのお客様が来て下さいますので売り上げもたくさん欲しいところですが、何と言ってもご来場下さった方々に喜んで頂き、事故無く、安全に終えることが一番だと心掛けながら進めています。

このセールも近年では外部環境の変化や社内的なマンネリ化もあって、イマイチ伸び悩んでいます。売り上げは前年並みで推移、会員数もなかなか1600名を超えません。
ただ規模を大きくすれば良いというものではありません。
毎回お客様に喜んで頂き、イーリードのセールが地域の皆さんの生活に役立てばいいと思います。
しかし、スタッフを中心に運営する側にとっては前回よりも今回、今回よりも次回、と数字的な手応えや成長があって実際の自分たちへの見入りも増えていけば、よりやりがいを持って取り組んでくれるでしょうし、その結果がまたお客様へのサービスの向上に繋がり、セール自体が進化していけると思います。

今のセールをより良くしていく為に社内でもいろいろと検討したりトライをしていますが、皆さんからも何かアドバイスなど頂けると有難いです。
お願いします!


ウサギとカメ

平成20年4月25日(金)

おはようございます。岩崎です。
最終日宜しくお願いします。

皆さん【ウサギとカメ】の話、一度は聞いた事ありますよね。
この話の解釈の仕方について、ちょっと考えさせられる
Aさんのエピソードを聞いたので、一緒に考えてみてください。

この話を読んで、皆、それぞれの解釈で物語と向き合います。
ただ、ウサギが負けた、カメが勝った、と考えるだけの人もいれば
ウサギが油断したから負けたのだ、と解釈する人もいる。
カメは地道に頑張っていたから勝てたのだ、と感銘を受ける人もいる。
その解釈は人それぞれです。
ある人は「あれは『見ているところの違いが、勝負を決めた』と言う事を
見据えた物語です。何を見据えて勝負する事が大切なのかを教えてくれる物語です」
というのです。
つまり、あれは「カメばかりを見ているウサギ」VS
「目標、ゴールをひたすら見ていたカメ」という構図こそが重要だと言うのです。

この解釈を聞いたAさんは、当時の自分を振り返って「自分はウサギだったな」と
率直に思ったそうです。
「見ているところの違いが、結果を作る」どこを見ているのか、
どこを目指すのか、これが本当に大切な事だと気づいたのだそうです。

ところが、ある人の話には続きがあって、もっともっと深い本質が隠されていました。
むしろ、ここからが本番です。
ある人が、とある小学校でこの物語の解釈を話したときのこと。
全ての話を聞き終えた小学1年生の男の子がこう言いました。
「先生、なんでそのカメさんはウサギさんを起こしてあげなかったのですか?」
「一緒にゴールした方がもっと楽しいのに・・・。」
衝撃的ですよね?
小学1年生の男の子に教えてもらう事もあるんだな、と素直に感動した、というエピソードです。
自分だけが勝つよりも、共に勝った方が喜びが大きい、ということなのです。

僕も、衝撃的でした。
先の解釈では、自分はウサギではないと思います。
でも、後の解釈でいくと、自分はウサギを起こして一緒にゴールをする余裕は無いでしょう。

経営塾の仲間同士、居眠りしていたら起こし合える仲間でいたいです。

                        ペコリ

今年も呼ばれました!!

平成20年7月24日(木)
おはようございます。岩崎です。
6日目です。宜しくお願いします。

8月3日、静岡経営塾の年次大会ですね。皆さんは参加しますか?

実は!カレーと僕、今年も呼んでもらいました!!(拍手!)
ありがとうございます。嬉しい限りです。

昨年も呼んで頂き、杉井さん、西村さんをはじめ、何人かの人に手伝ってもらいながら
多くの人にカレーを食べてもらいました。
移動販売は、店舗での営業とはまた違った楽しさがあります。
自分はそんなにたくさん移動販売を経験しているわけではないので、
たまにこうして店と違った場所でカレーを作るのは、何だかワクワクします。
去年の年次大会、自分も楽しませてもらいました。
ありがとうございました。
そして、今年もお声を掛けてもらえるということは、
昨年の参加者の皆さんに、喜んでもらえたからかな・・?と自分なりに解釈しています。

自分一人であれだけ大勢の方のカレーを準備するのは大変なので
今回もお手伝いをしてくれる人を募集中です。
楽しさを共有できたらいいな、と思いますので、
そういった働きかけも心がけながら、やり遂げたいと考えています。

先日の沼津経営塾の4周年の際、静岡経営塾の方々が多数参加してくれていました。
記憶に新しいですね。
静岡・沼津、それぞれ交友があり、こうして応援してもらっています。
自分もそのお返し、と言うと言葉が変かも知れないですけど、
何かの形で応援したいといつも思っています。
今回も、年次大会という大きな行事で、こうしてお手伝いさせてもらえることは
自分にとって、とてもありがたいことです。

応援してもらえる人になるには、自分が応援できる人でなければなりません。
ーー損得勘定無く、相手の為に!ーー それができる自分でありたいと思います。

静岡経営塾・年次大会の成功の一端として、お役に立てれば幸いです。
よろしくお願いします。

今年も参加者の皆さんに喜んで頂けるように、
美味しいカレーを心を込めて作らせてもらいます!!

                  ペコリ

健康十訓

平成20年7月23日(水)

おはようございます。岩崎です。
5日目、よろしくお願いします。

以前、皆さんと一緒に行った【はなの舞】でこんな言葉があったのに
気が付きましたか?
【健康十訓】というものなんですが、良い事書いてあるので、紹介しようと思います。

一、少肉多菜  お肉ほどほど、野菜たっぷり 健康もりもり

二、少塩多酢  塩分取りすぎは、高血圧のもと 酢は健康のもと

三、少糖多果  甘いものは、果物から 砂糖は肥満への直通切符

四、少食多噛  腹八分目で、良く噛みゃ幸せも噛みしめられる

五、少衣多浴  薄着で風呂好きな人は、健康を身に付けている人

六、少言多行  べらべら喋っている間に、行動を開始せよ
 
七、少欲多施  自分の欲望の為に走らず、他人の為に走れ

八、少憂多寝  くよくよしたって同じ、とっとと寝てしまおう
  
九、少車多歩  自動車は確かに早い、でも歩けば健康への近道

十、少憤多笑 怒った時でも、ニコニコしていれば忘れてしまう
   
僕にとっては、耳が痛い話です・・・。
少ない方に8つ該当してしまいました!!
少ない方が多ければ多いほど、不健康だということです。
皆さんは、少ない方にいくつ当てはまりましたか??

食生活の乱れと、楽な方を選ぼうとすることで、
体を悪くしてるんですね。
多い方への該当を増やす為、先ず食生活から気を付けていこうと思います。
腰が良くなっても、それ以外の箇所が悪ければ意味無いですもんね。
      
              ペコリ

身体も会社も同じ

平成20年7月22日(火)

おはようございます。岩崎です。
4日目です。今日もお願いします。
 
経営塾の皆さんと会うと、ほとんどの人が
「岩崎君、腰大丈夫??」と、声をかけてくれます。
本当に、ありがたいと思います。感謝、感謝です。

もう、何件もの病院に行きましたが・・・正直まだ、あまり良い状態ではありません。

先日、うちのアルバイトさんの紹介で、1件の整骨院に行って来ました。

行く前は、半信半疑どころではなく、
「どうせ自分には合わない。俺の腰が良くなる方法なんてないんだよ・・・。」
そう思うくらい、否定的でした。
それまでに行ったいろいろな病院の治療で、ラクになったことが無かったからです。
ところが!行く前と帰りでは、心と体が明らかに違っていました!
先生はとても若い人でした。
自分「先生、自分、本当に治りますかね?」
先生「大丈夫、治りますよ!」
・・・凄い!言い切った・・・。
先生を信じて、通ってみたいと心から思いました。
信用できる先生・治療に出会えたことで、体を治す以前に、心を治して頂いた気がしました。
取ってもらった予約は1時間の所、1時間30分位は治療してくれました。
ありがたい、と思いました。
やっと出会えた、と思いました。
希望の光を見つけたのです。

不規則な食生活、寝不足、喫煙、アルコール・・・
体に良くないことばかりです。血液もドロドロになってしまいます。
やはり、血液の流れが悪いと、どこかに負担が掛かります。
体の組織が正常な機能をしなくなり、痛みや疲労につながります。
痛みや疲労が続けば続くほど、今度は心が病んできます。
悪循環ですね。
これは会社も同じことが言えると思いました。
組織も血の巡りが悪いと機能しません。
会社の方向性や守るべきルールが理解・実践されてないと組織が錆びていきます。
そんな錆びた会社では、実力が充分に発揮されることもなく、
不平不満が増し、効率も下がり、従業員にとっても会社にとっても悪循環です。
みんなが同じ方向を見ている組織は、組織として健康的です。
それぞれの適材適所での活躍があり、情報伝達が早いくらいの太いパイプがあり、
瞬時に動きが取れるくらいの身体を持った会社を目指します。

「岩崎さん、身体も会社も健康的だね!」
と、言ってもらえるように。
ペコリ

杉井さんと同じ?

平成20年7月21日(月)

おはようございます。岩崎です。
3日目宜しくお願いします。

16時40分、厳かな緊張感の中、いよいよ朝礼開始です。

①黙想・イメージトレーニング 
  ・静けさの中で、念い(おもい)が成就したときの映像、
  ・夢が叶った瞬間の映像をハッキリとイメージする。
  ・さらにワクワク状態を作る。
   「目を閉じてください。目を閉じてイメージしてください。
   これからの人生、どんな人生にしたいのか?一度きりの人生。
   どんな人生にしたいのか?最大限にイメージしてください。
   どう生きるのか、何の為に命を燃やすのか?イメージしてください・・・。」
   と、仕切り者が切り出します。 

②スピーチ訓練  
  ・自分がスピーチすることで「伝える力」、
人のスピーチに耳を傾けることで「聞く力」をみがく。
  ・訓練の中で「成功体験」を積み重ね、マイナスの思いをプラスに変える。
  ・価値観を共有できるので、チームワークが良くなる。
  ・チャンスをつかむ事や1番の重要さを体感し、積極さが身になる。
  ・言い切る「ます!」の言い方が身に付き、決意が強まる。
  ・主なテーマ・・・ゆめ・感謝・自分の長所・尊敬する人・仲間など毎回異なる
   「はい、目を開けてください。7月23日、只今より朝礼を行います。
   おはようございます。」 
   ここで、①でイメージしたことを発表します。
   全員ではなく、挙手した人の中から限定5人。
   これを勝ち取れた者が、栄光を手にできるのです。
   その念いの強さを仕切り者にアピールするように、勢い良く手が挙がります。

③ナンバー1宣言 
  ・元気良く宣言することにより、モチベーンが高まる
  ・宣言したからにはやるんだ!という、責任感が生まれ、行動が変わる
  ・毎日宣言することにより、なりたい自分にどんどん近づく  
  ・自分がどんな人間になりたいのかを、みんなの前で宣言して、
   「有言即行」を実践する。
   例)「おはようございます!」ー「○○日本一でいきます!」ー「お願いします!」          
    これは、参加者全員が発表します。自分もやりましたよ。
    ちなみに僕の「ナンバー1宣言」は
    「優しさ日本一でいきます!お願いします」でした。
    足が震えていたと思います。
    正直、恥ずかしさもありました。
    人前で、大声で、自分の胸の内をあかすのですから。
     
④あいさつ訓練・ハイ訓練  
  ・てっぺんのあいさつを身につける。てっぺんの「あいさつ日本一の定義」とは
  ・「日本一の意識を持ち、感謝を込めて、元気をあたえるあいさつ」
  ・あたり前である「あいさつ」を徹底的に高レベルでやることが、
   良いコミニケーションを生み、職場の雰囲気が良くなり、
   そして売上が上がることにつながる。
  ・頼まれごとは、試されごと!言われたらすぐに「はいっ!」の
   返事ができる習慣を身につけ、損得勘定を持ち込ませないようにする。
  ・全力で、笑顔で本気の挨拶。心からの返事をくり返し、店全体の空気を変える。
  ・一人一人の人差し指を中心に向けることにより、チームの一体感が生まれる。
    店中に響き渡る声で、「本気のあいさつ」を繰り返します。
    「いらっしゃいませ」から「ありがとうございました」まで幾つかの
    接客用語を、仕切り者のOKが出るまで、皆で繰り返していきます。
    「本気のあいさつ」だけが、お客様の記憶に刻まれます。
    「本気の返事」だけが、店の空気を変えることができる。
    皆で同じことをしている、といことで一体感を感じ、
    繰り返すことで、その一体感は更に増していきました。
               
⑤締め  
・今日の店の目標を宣言し、一本締めをして終了。
  ・「本気の握手で締めることで、その日の戦闘体制を整える。
    その場にいた全員と、握手したと思います。
    ただの握手ではありません。強い強い握手でした。
    魂の入った握手とでも言うのでしょうか?
    何よりも、従業員の握手の力強さには驚きました。
    「本気の握手」を感じました。

「成功体験」皆さんどこかで教えてもらいませんでしたか?
そう、経営塾で杉井さんに教えてもらいました。
この朝礼の場で、それ以外にも、杉井さんの言葉と同じ波長を感じる事が多々ありました。
成功し、講演にまで呼ばれる人達とは、もしかしたら同じところを通り、
似たような経験をすることで、同じモノを見つけ、それを自分の生きる道に活かして
今の場所に辿り着いているのではないかと思いました。
杉井さんの話も、この「てっぺん」の社長の言葉も
実体験からきてるからでしょうけど、自分に刻まれるものが数多くあります。
あとはそれを自分にどう落とし込んで、どのように活かしていくのか?
それを考えていかなくてはいけません。

機会があれば、また参加したいと思っています。
できれば従業員を連れて。
      
                 ペコリ

「見学者」から「仲間」へ引き込む

平成20年7月20日(日)

おはようございます。岩崎です。
2日目宜しくお願いします。

皆さん、【朝礼】に興味を持って頂いて、ありがとうございます。
嬉しいです。

そこで朝礼の内容について、もう少し掘り下げてお話ししたいと思います。

朝礼は、16:40~15分間行われるのですが、集合は16:00です。
この40分間が大事なのだそうです。
先ず、この40分間で朝礼をする為の『状態づくり』をします。

①状態づくり開始(朝礼開始40分前)
 ・「ハイモチベーション」を保ち、最高の笑顔で周りを盛り上げ、最高の心の準備をする。
 ・BGMにまでこだわり、それを大音量で流しながら、
  仕切り者の声掛けで1人1人の気を高め、店全体の空気を盛り上げる。
 ・最高の朝礼をする為に、最高の心の準備から始める。 
   毎日声を張り上げているのでしょう。仕切り者の声は、すでにかすれていました。
   かすれているにもかかわらず、BGMに負けないくらいの大きい声で、
   必死に訴えかけてきます。
   一人一人をガン見して、来てくれた事に「ありがとう」と伝えてきます。
   研修させてもらうのはこちらなのに・・・(参加費は無料ですよ!!)
   
②朝礼モチベート(朝礼開始20分前)
 ・「見学者」を「参加者」に変えようとモチベートすることで、
  人のやる気を引き出す力を育てる。
 ・朝礼参加者に「てっぺんはすごい」「ここに来て良かった」と
  思ってもらえるように心がける。
 ・これによって、最高のリーダーの育成をする。
 ・この時間で、リーダーは「見学者」を「参加者」に変えようと必死にモチベートする。
   「見学席」というのが設けられています。
   この段階で、仕切り者の話や、場の雰囲気から、自分が朝礼に参加するのか
   それとも「見学席」に行くのか、最終判断をせまられます。
   こちらが「参加します」と言っても「もっと大きな声でお願いします!!」
   と言われます。
   仕切り者は「本気」の人の参加を求めているのだと感じました。
   「ゲスト」ではなく「仲間」として一緒に朝礼をしたいんです!と言う事を
   我々に求めているのが、伝わりました。
   もちろん、自分は参加です。

③5分前整列(朝礼開始5分前)
 ・朝礼開始5分前に整列。時間厳守を徹底し、姿勢や身だしなみに気を配り、
  最高の緊張感を作り出す。
 ・仕切り者は、ここでもう一度朝礼についての説明をしながら
  参加者全員のモチベーションを更に全開に引き上げるよう心がける。
 ・最初の3分間で高めるだけ高めたら、残り2分は心を静めるために使う。
 ・音楽を止め、ゆっくりと複式呼吸を繰り返す。
 ・最高の朝礼を行う為に、最高の緊張感を作り出す。
   残り2分で店内の爆音が止まると、それまでとは打って変わって
   店内は静寂に包まれました。
   これから何か凄いことが始まる・・・そういう緊張感がありました。
   一体、今から何が起こるんだろう??
   そう【朝礼】です。それは解かっているのですが、【朝礼】というより
   どこかの原住民族の【儀式】でも始まるかのような感じで、
   自分は妙にドキドキしていました。
   期待と不安が入り混じった、普段あまり経験することのない緊張感でした。   

要は、【朝礼】の為の準備体操なのかもしれませんが、
ビシビシと「本気」の意気込みが伝わってきます。
相手の「本気」に対して、中途半端な気持ちで応えることができない状況を、
頭ではなく、その空気感で感じていったと思います。
『思います』なんて、あやふやな表現だと思われるかもしれませんが、
今、あの時の自分を振り返って言えることだからなのです。
「本気だな」とか「すごいな」と感じる以前の段階で、
いつの間にか「仲間」に変わっている自分にすら気づかず、
自分はその空間に呑まれていったのです。

つづく
               ペコリ

朝礼の見学??

平成20年7月19日(土)

おはようございます。岩崎です。
細谷さん、1週間ありがとうございました。
今日からの1週間、岩崎が担当させていただきます。宜しくお願いします。

皆さん、「居酒屋てっぺん」て知っていますか?
テレビ・雑誌で紹介されているお店なのですが。
何が凄いのか・・・???
公開朝礼をして注目を浴びています。

その、お店に7月23日に参加してきました。
昼間は、共済会の会議をして、そのまま8名のオーナーさん達と
目的地の「てっぺん桑名店」に向かいました。
場所は、三重県桑名市にあります。

正直、この話を聞いて、自分はあまり乗り気ではありませんでした。
(居酒屋の朝礼・・・)
(何でワザワザ・・・)
(居酒屋行くなら、さっさと呑みましょうよ!!)

しかし!!
度肝を抜かれました!!!

その朝礼は予約制・・・毎月800名・・・
オープンしてから、4年で15000名・・・の見学者がいるのです。
皆さん、考えられますか???
朝礼に・・・わざわざ県外から、県外のみならず海外からも・・・
見てみたいと思いませんか???

席に着くと、1枚の紙を渡されました。
【てっぺん朝礼の極意】
そこには、「朝礼の目的」
     「公開している目的」
     「スピーチ訓練」
     「ナンバー1宣言」
     「あいさつ訓練・ハイの訓練」
     「最後の〆の一言」
が、詳しく書いてありました。皆、黙々と読んでいました。

そこに、20代前半の男性スタッフが登場です。
「皆さん!おはようございます!」(店中に響きわたる声で)(BGMも爆音で凄い)
そこで、一連の説明です。

発声から始まり、参加者たちのスーパーハイテンションを創るのです。
はじめは、「自分もやるの?う~ん、ちょっと・・・」と引き気味なのですが、
だんだんと見学者から参加者に変わって行くのす。

この場で、進行を務める人を【仕切り者】と呼ぶらしいのですが
皆を引き込むチカラに驚きました。
毎日この【仕切り者】は変わるというのですから更に驚きです。

たった15分の朝礼ですが、強烈でした。

この15分でテンポ良くいろいろなことをやっていくのですが、
その中で自分が一番印象に残っているのが「ナンバー1宣言」です。

           つづく
                     ペコリ

7つの習慣

「七つの習慣」
7月18日(金)
おはようございます。細谷です。最終日よろしくお願いします。
先日東京に本の出版の講演会に行ってきました。そこで「7つの習慣J」という学校や塾で少しずつ取り入れられている人格教育の話を聞きました。7つの習慣の考え方自体は皆さんも知っている方が多いと思いますが、あらためて整理すると

第一の習慣…自分が選択する
第二の習慣…終わりを考えてから始める
第三の習慣…一番大切なことを優先する
第四の習慣…Win-Winを考える
第五の習慣…まず相手を理解してから次に自分が理解される
第六の習慣…相乗効果を発揮する
第七の習慣…自分を磨く
だそうです。言葉は少し違いますが、内容は経営塾などで学んできたこと多い気がしました。

自分もそうですが、社員さんや家族、子供たちに学んだことを伝えるのは人生を豊かにしていく上で必要だと思っています。塾経営とまではまだいきませんが、自分の勉強も止まらないように、しかも、皆に伝えるように定期的な楽しく出来る勉強会などを自分自身で作っていきたいなと感じました。

最後にサミュエル・スマイルズの言葉で閉めたいと思います。
「思いの種を蒔いて行動を刈り取り、行動の種を蒔いて習慣を刈り取る。習慣の種を蒔いて人格を刈り取り、人格の種を蒔いて人生を刈り取る。」
1週間ありがとうございました。

13の徳目

「13の徳目」
7月17日(木)
おはようございます。細谷です。6日目よろしくお願いします。
昨日までは講演会のおさらいでしたが、ラス前は習慣について書いていきます。

毎朝朝礼で13の徳目という冊子を使って、今週の質問ということで、社員さんに冊子に載っている質問に答えてもらって、それに自分がコメントをしていくということをやっています、例えば、「報告・連絡・相談はなぜ、必要なのでしょうか?」とか、「計画を立てることであなたの仕事はどのように変わりますか?」など月間のテーマに沿った内容で質問が出されます。

そうすると、何も考えず1年を過ごすよりも、質問されながら自分の答えを見つけて、それに1回でも2回でも注意を向けて行動できた方がよっぽど成長するのではないかと感じました。朝礼やラジオ体操などをやる目的は仕事をする準備(けじめをつけること)と、事故防止のためでした。朝礼での顔色や話す言葉で集中力があるかないかすぐ分かります。そこで注意を促したり、だらだらしないようにしたりしていました。

13の徳目を2月から導入しましたが、社員さんの考え方や色々なアイデアが出てきて、自分もその話を聞いて、今まで勉強してきたものがスッと出てきたり、情報の共有というか、価値観の共有が少しずつ出来てくるような感じがしました。毎日の習慣で目的以外の2次的な付加価値がついてくるのかなと思いました。

今月のテーマは「業績の良い会社に学ぼう」で今週の質問は「すばらしいと感じる他社の仕組みやサービスを発表してください」です。皆さん質問に答えられますか?ところで次は誰がブログ書きますか?

他力を集める

「他力を集める」
7月16日(水)
おはようございます。細谷です。5日目よろしくお願いします。
人生を拓く5つのポイント5つ目は「他力を集める」ですが、「自力有限、他力無限」の言葉の奥深さを感じます。柳生家の家訓の話も有りましたが、ネットワークの力は昔も今も繁栄し続ける要因のひとつだと感じました。他力を集めるポイント何か? 人のお世話になっているという事実を認め、お返しすることで、他人から応援される人になることです。
(1)自分のやるべきことはきっちりやること
(2)自分が認められることばかりを考えるのではなく相手を認めること
(3)どんな縁も大切にすること
相手を認め、出会いを縁に変える力が他力を集める源なのかもしれません。
皆さんはハガキや掃除、勉強会など通してすでに他力を集めるコツを学んでいると思います。それを自分の目的の為に活用できるようになれば、きっと豊かな人生を送れるようになると思いました。

自分の特性を生かす

「自分の特性を生かす」
7月15日(火)
おはようございます。細谷です。4日目よろしくお願いします。
人生を拓く5つのポイント4つ目「自分の特性を生かす」ですが、自分自身ムラのある性格かなと感じています。好奇心はあるほうですが、人の目を気にしてしまいます。色々な人に会ってみたくて、英語が苦手なのに、日大の国際関係学部に入りました。完璧主義の時もありますが、今はそれほど気にしていません。瞬発力はあるほうですが、途中で息切れします。皆と一緒に何かをするのも好きですが、1人でいるのも結構好きです。(誰にも干渉されたくない時がたまにあります)
感情中心の生活を30年ぐらいしていたので、あきらめの早いチャレンジャーのレッテルをはがそうと今はCLの教えが役に立っています。

自分の特性を見極めるのは自分自身では難しいですね。周りからは行動の特性、自分自身は感情の特性、言葉や対人関係に対する反応の特性など、いろんな角度から特性を見ることが出来ると思います。特性(強み、弱み)を会社も個人もしっかりみて、目的ある行動をしたいと思う今日この頃です。

僕の特性は何だと思いますか?教えてください。

目的とポイントと手段を一貫させる

「目的とポイントと手段を一貫させる」
7月14日(月)
おはようございます。細谷です。3日目よろしくお願いします。
人生を拓く5つのポイントの3つ目は目的とポイントと手段(理念-戦略-戦術)を一貫させることでした。年賀状の話はとても分かりやすかったですね。身近な所でいい例がないか探してみました。

募金なども目的をしっかり持っていないとただのお金集めになってしまうし、会社も仕事をすることが目的になってしまって、豊かな人生を送る目的を見失ったりする時もあるかもしれません。

会社の目的は「繁栄し続けることです」が昔も今も浮き沈みはあると思います。でも、目的が決まるとポイントとしては、各自の能力を最大限に引き出すにはどうしたらいいか、歳をとって働けなくなっても収入を得るにはどうしたらいいか、健康でいるにはどうしたらいいか、仲間と楽しく過ごすにはどうしたらいいか、若い人たちをどう教育し、次世代の柱にすることが出来るかなど、戦略課題がいっぱい出てきます。その課題をクリアする為に戦術(手段)として、勉強会に参加したり、ハガキを書いたり、リスク分散したりするのかと思います。会社では中期計画を立てていますが、個人の中期・長期プランもこれから考えていけたらいいなと思います。

沼津経営塾の目的を忘れずに、皆さんの経営塾でのポイント、目標などありましたら教えてください。

1年に1つ

「1年に1つ」
7月13日(日)
おはようございます。細谷です。2日目よろしくお願いします。
今日はうちの奥さんの誕生日です。誕生日は1年に1回しかありませんが、
成長するテーマを見つけて、1年に1つものにしていきたいと思っています。

1年は飽きっぽい自分にとっては長い感じがします。でも、続けるようにする為に「やりたいことはやりやすく」をベースに工夫してやっていきたいと思います。1年は目的を見失いがちになるので、やはり最低でも1ヶ月に1回は目的を再確認し、目標を設定しなければなりません。

自分の行動を皆に見せるように、勝間田さんのように個人のブログサイトを作りました。
一昨日イーラ・パークという地域ブログサイトに新規登録しました。自分自身継続していく上でも、これからのビジネスにとっても、毎日アウトプットすることは成長につながると思います。沼津経営塾のブログでもたくさんのことを学びました。それを生かして、仲間を増やす為の窓口を増やすことはもちろんのこと、色々な人の縁をつないでいきたいと思っています。

1年間CLや沼津経営塾、会社のことなど紹介しながら、元気になる体験談など書いていきます。
経営塾のブログも書いていきますが、当番の時だけでなく、毎日書き込みできるようにしていきたいと思います。ちなみにサイト名「ファイン・サンキュー」名前は「幸栄丸」で登録しています。

人生を拓く5つのポイント

「人生を拓く5つのポイント」
7月12日(土)
おはようございます。細谷です。1週間よろしくお願いします。

一昨日は4周年講演会ありがとうございました。懇親会まで来てくれた紹介した方々からも評判は上々です。忘れないうちに講演会の内容のおさらいをしようと思います。

人生を拓く5つのポイントということで、テーマが直前に変わってしまいましたが、
1、 大事を急ぐ(優先順位をつける)
2、 1年に1つ
3、 理念-戦略-戦術(目的とポイントと手段)を一貫させる・・・年賀状の話
4、 自分の特性を生かす
5、 他力を集める
こんな感じだったでしょうか、司会でメモを取る余裕がありませんでしたが、下山さんのメモを少し借りました。違ってたら教えてください。以下箇条書きです。

*言葉に気をつける(仕事をとるではなく頂く)言葉を選ぶ
*勝ちパターンを作る(自分の特性を把握する)
*目的と手段を混合しない
*お金儲けは目的ではなく手段、幸せになることが目的
*自分の魅力を作り、人に知ってもらう(人づてに伝わるのがベスト)
*人から応援される条件3つ
*コントロールできること、出来ないことを区別する(悩んでいる理由)
*自分が変わらないと理想の結果にならない(現状の自分のままでは理想の結果にならない)
*単純なことをコツコツ続ける人にはかなわない

今まで沼津経営塾で教わったことばかりですが、実際に実践できたかどうか振り返ることが出来ると思います。順番にポイント見ていくと①の大事を急ぐ(優先順位をつける)は、自分にとって会社的には社員さんとのコミュニケーション、共通体験を増やし、共通の会話が出来るようにすることです。個人的には仲間を増やす(縁をつなげる)ことですが、人生において基本的な時間、お金、人間関係について学ぶことを優先しています。

素朴な疑問ですが、仲間というのはどういう関係のことを言うのでしょうか?皆さんの意見お待ちしています。

4周年お疲れ様でした!

只今会社に戻りました。最終日のブログに取り掛かります!
4周年ではスタッフの総力で盛大に盛り上がり、継続中でしょうか?

4周年を向かえ参加者の動機は以前の周年に刺激を受け継続して参加する人が多いですね。
地道な声掛けやハガキでの縁、掃除に学ぶ会での出逢い、個々のイベントでの縁など
皆がコツコツと積み上げたご縁が集まると大きな力になりますね。
良い仲間、良いご縁、良い行動の先には良い結果が得られやすいですね。
鍵山先生の言う「箸よく盤水を回す」ですね。

また今回は縁の不思議も感じました。
講演会の最後の名刺交換で相手の居ないご夫婦に駆け寄り挨拶をさせて頂きました。
その後主人は名刺交換をする時に1枚しか無いと言って名札の名刺を戴きました。
戴くとリフォームの業者さんでした。
思わず同業ですね、と挨拶すると相手も嬉しそうにこれも何かのご縁ですねと言ってくれました。
ご主人は一人で口コミだけで16年リフォーム工事でやってきた、と教えてくれました。
まさに他力を集め他社に無い魅力を持っているのだと思います。

会社の方向性を迷う私にとって貴重なお話を伺えました。
後一歩行動をためらったら別の人がお相手した事でしょう。
相手の居ない人を探していた私に与えられたチャンスだと思いました。
そして、このご縁を結んでくれた人は?と聞くと勝間田さんの1枚のハガキが結んでくれていました。
自分にとって得の無い勝間田さんの行動から戴いたご縁で私が応援してもらった感じです。

自然と勝間田さんへの感謝の気持ちが出てきてありがたいと思いました。
自分に得な行動ばかりでは人にこんな気持ちは与えられませんね。
杉井さんの講演の内容をその場で実感させて頂きました。
自分に足りない行動を現実に示されたのも4周年に参加したからこそですね。
5周年には私が誰かに良いご縁を贈れるように日々の積み重ねを大切にしたいと思います。

明日からは細谷さんの登場です。皆さん1週間ありがとうございました。

4周年に思う

おはようございます、いよいよ本番です!
今日は笑顔を絶やさず、心配りに徹底しましょう!!美酒は目の前だ!?

4年前初めて沼津経営塾に参加したのは千本プラザでした。
その時、異様に目立ったのは長岡さんでした。表情は硬く、周囲に威圧感を発して
話しかけるタイミングも図れませんでした。
杉井さんとの会話も喰い付く感じで何かを求める貪欲さと自分を主張するプライドを感じました。
また、河田さんはちょっと斜に構えて話を聞いてやるって雰囲気を漂わせていました。

その他にいたメンバーとは比較的話安かったのですが、今はもう誰も...
よりにもよって一番苦手だった二人と今でも縁が繋がっているのも不思議なものです?
私も経営塾に入っていなかったら止めたメンバーと同じ行動を取ったと思います。
話が合うのも同じ価値感に安心していたのかも知れません。
その後色々な人が参加してきましたが安定して行動していたのも長岡さんと河田さんでした。

人数が集まらず苦労していた小野さんにとって、これ程心強い仲間は居なかったと思います。
二人がしっかり会を盛り上げて来たからこそ、後から来る人への門を開けていたのですね。
私が暫く休んでいる間に、塩川さんや輿水さん、木村さんと言った三島衆が定着し
そこへ個性派の越膳さんが肩で風を切って入ってきました。
長岡さんを凌ぐオーラを発しながら子分社員さんを引き連れての登場です?
一匹狼の海野さんも現れました?

勝間田さんとは煙が縁で話始め?要塞のような会社に驚かされました。
細谷さんは72Kmマラソンの挑戦で親近感を覚え応援していました。
もっと沢山の人と出会っていたはずですが、繋いだ縁は僅かです。
縁と同様、この4年間に色々な事に挑戦し、学んだはずですが変わった事は
歳を取った事と体重が増えた事くらい?

今日4周年を迎えるに当り、発起人の小野さんやチャーターメンバーの継続力に敬意を
そして現在活躍中の仲間に感謝しながら大切な時間にしたいと思います。


話方

おはようございます、いよいよ明日になりました。ウエストが苦しくなったスーツに悩んでいます?

私の会社の社内勉強会で最初に各自の近況報告をしてもらいます。
個々の1週間の出来事や問題など色々な話が出てきます。
一人が話終わると他の人に意見を聞きます。
・どんな事を伝えたいのか、理解できましたか?
・話し方は聞きやすかったですか?内容の組立て、声のトーン、表情など
・聞いている人の役に立ちそうですか?
主にこの点を意識していますが、準備しないで話し始める人はこの要素が欠けています。
たかが近況報告?ですが仕事の後にわざわざ集まってくれる人達の時間を戴く訳ですから
大切に遣いたいと思います。

この目的は人前で話す練習と思っています。
営業職がメインの自社にとってお客様の時間をこちらの説明、商談で戴くのですから
適正な時間でより内容の充実した話をしたいと思っています。
結論を先に話て内容に移るケースや結論を先送りして話しに引き込むケースなど色々ですが
同じ話でも話す相手によって変える場合も出てきます。
小手先のまやかしと言われるかも知れませんが相手の気持ちを掴む事が出来なければ
話す方も、聞く方も時間を無駄にしてしまいます。
それどころか、嫌われる危険もありますね。

また、新規営業の時にはとにかく第一印象が大切ですから、良い印象を残せればOK!ですね。
この話術が弱いと自然に営業も苦手になると思います。
自分や商品の良さを伝えられずジレンマになるかも知れません。
家の社員さんもルートが出来て顔が繋がると強いのですが開拓力は非常に弱く
サバイバル不足を感じます。
4周年の会場では社員さんにより多くの人と会話し、名刺交換や自分のアピールを意識して
望んでもらうように課題を出したいと思います。
皆さんの評価も後ほどお聞きしたいと思いますので、気に掛けて置いてくださいね!!

問題の予測

おはようございます、ブログも中日を向かえ4周年同様山場を向かえています?
天候もハッキリせず蒸し暑い日が続きますが体調管理を万全にしましょう。

今回の4周年の企画もそうですが、会を主催するに当り運営側の準備は大変です。
2年間掃除の実行委員長をさせていただいた時に学んだ事があります。
それは「準備を万全にする」という事です。座布団の話ではありませんが油断すると落とし穴が待っています。
実行委員で話し合い、案を作り最終判断を杉井さんに仰ぐのですが
私たちには気付かない問題点や準備不足を指摘されます。
最初はそこまで考えなくても良いのではと思っていましたが、迎える側の姿勢を示す観点から
物事を見ると不足が見えてくるようです。
圧巻なのは来場する一人一人の対応も考えている事でした。

折角招くのに来て頂いた方に不快な思いをさせないだろうか?
こちらの意図する趣旨が伝わるだろうか?
開催日時や場所は問題ないか、懇親会への案内や誘導は誰がどんな方法で行うのか?
後日のお礼はどんな方法でするのか?
スタッフ全員に役割、時間割は行き届いているだろうか?etc.

もう何度と無く繰り返している事業でさえ、毎年入念にチェックしているのは主催者の責任を感じているからだと思いました。
また、失敗で失う物の大きさ、取り返すのに必要な時間や努力の重さも解っているのだと思います。
(良い印象や喜んで貰えなければ失敗に考えます)
私はそこをぞんざいに扱い、無駄な努力を強いられている事が多々あります。
また、安易に繰り返しているとそれが習慣になり、しっかりした運営をしなくなります。
主催する事により学ぶ事をもう一度皆で確認していきましょう!


いよいよ今週です!

おはようございます、今週は特に元気に行きましょう!!

輿水実効委員長より寝ぼけたブログを書いてるんじゃないよ、とお叱りを頂いた気がします。
皆がやる気になるように気合を入れて取組みます。
今日を含め後4日で当日を迎えますが前回より出席者が少ない状況です。
数は力とも言えますので、再度声掛けをして行きましょう。

昨年、体験発表をさせて頂き気付いた事ですが、聞く側の姿勢が良いと話やすいと実感しました。
今回発表される方も話す前に深呼吸しながら会場を見渡してみてください。
そして多くの人に語るのではなく目の前の一人に話すようにすると緊張がほぐれます。(私の場合?)
また、時々仲間の顔を見ると優しい表情で大丈夫だよ、と語りかけてくれます。
沼津経営塾が発信しているエネルギーは明るく透明感があるのだと思います。
そこに引かれて集まる人達も同じエネルギーを発しているようです。私には眩しい...

その後数名の方に質問されましたが実体験なので感心を示してくれます。
そんな4周年の場をより良い環境にするにはどうしたら良いのでしょう?
私に出来る事は何だろう?と考えました。
・当たり前の事ですが出逢う人と笑顔で会話し、良い印象を残す。
・この場に参加して良かったと思ってもらえる様に親切、丁寧を意識します。
・この仲間になりたいと思って貰えたら良いですね。
そして何より仲間を代表して発表する人の話を真剣に聞く事です。
他の人に、この会は仲間を大切にするな!と伝わるか解りませんが意識して行動します。
準備も大詰めですが連絡を密にして最後の調整に入りましょう!




思い違い

おはようございます、2日目です!
週末は皆さん如何お過ごしですか?私は仕事です...

スポーツジムの話題を引継ぎますが通ってみると自分の体の特性が解ります。
最初に体力測定をしたのですが100Km走った自分の脚は結構自慢でした。
でも、測定してみると平均以下の筋力だと判定されました。
腕力は平均以上の判定に逆のイメージを持っていたので驚きました。
これって大きな問題ですよね。

会社で青チップと思っている事でも他から見たら劣っている?なんて事ですよ。
CLをかじった私としては事実をあるがままに受け止め脚力を付けるトレーニングを始めました。
でも、実務の仕事だと中々簡単に路線変更はやり難いですね。
自分は元より、社員さんにも違う指示を出す事になる訳ですから
理由と目的を話さなければなりません。こんな事を度重ねると信頼は失われますよね。

自社の体制を振り返ると直販に力を入れたくても売上の望める卸売り、大手工務店の仕事を
優先しているのが実態です。
この体制で100Kmを走ってきたのが事実ですが自社の力に変わっているか?と考えると
取引先の営業力に左右される実態は変わって居ません。
似たような形態の会社も多数あると思いますが、少数で薄利多売の路線を取っています。
自分の会社より大きな会社との取引で何処か安心している、寄らば大樹?って所ですか。

60歳で引退を考えると残り13年を切りました。
自分の望む会社の姿、後継者に託す会社として望ましい会社の姿は?
いよいよ最終判断の時期が来たようです(遅い?)
しっかり診断しないと自分の体さえも把握していない状態です。
自分の使える時間は有限ですし、しっかりとした診断を頼めるアドバイザーは体も会社も必要ですね。
沼津経営塾もそんなアドバイザー的な存在になると良いですね。
小野塾長!大儀を持って4周年行きましょう!!



習慣を作る

じめじめ、むしむし、ぶよぶよ(お腹?)と一年で一番不快な梅雨時期でしょうか?
それでも農家の方には恵みの雨だし、飲料水の確保には欠かせませんね。
やがて焼き付けるような太陽がこれでもか~と照りつける日も近そうですね!
真夏に元気に過ごせる体力を身につけましょう!!
それでは皆さん、一週間宜しくお願い致します。

昨年の100Kmマラソンの挑戦以来、運動と言えばたまに行くゴルフくらいです。
腹筋の衰えたお腹は出っ張り、少しの運動でも息が上がる始末です。
そこで2ヶ月前からスポーツジムに通う事に決めました。
一人では継続しないので家族会員にして妻と息子も一緒に通っています。

普段の夜は、だらだら事務所で仕事とも雑談とも言えない時間を過ごして
夕食を食べ風呂に入って寝ると言う習慣でした。
でも、ジムに行く時間が決まるとメリハリが出て1日が締まる感じです。
「やりたい事はやりやすく」「皆に宣言する」「体重など目標を明確にする」etc.
行動のヒントを存分に使って新しい習慣を作ります。
通い始めると顔見知りも出来て相乗効果も上がります。(誤解の無いように男性ですよ!)

私も寄る年波に自分の限界を感じ、楽に逃げると歯止めが効かなくなります。
今まで第三領域で使っていた時間を第二領域に変えようと思います。
仕事仲間の飲む誘いも、ジムに行くと言うと逆に感心を示し上手く断れます。
話題の少ない家族間にも共通の話題が出来てきます。
一つの習慣を作る事で日常が変わりますね。
○○さんもジムに通って体重を落として、出逢いのチャンスを掴んで下さい!?
皆さんの良い習慣ってどんな事がありますか?


おはようございます、勝間田です。

やっと、「ん」にたどり着きました。
コメントしづらかったかもしれませんが、ありがとうございました。やっと最終日です。
こんなに長かったのは正直初めてかもしれません。
ネタは尽きるし、しかも今回は余裕がなくて毎晩書きました。
それでも、最初に自分で宣言したおかげで「目的を持って」「何を伝えるか」を忘れず書き綴ることが出来ました。途中コメントいただけました皆様に感謝いたします。

それで、最初の日に書いた「何が言いたいのかわからーん!」と、いう方はいらっしゃいますでしょうか?まさかね。でも、一応、念のため再度申し上げておきます。
私は今回の1週間をもって、みんなに四周年記念講演に対しての目的付けや意識付けをはかったつもりです。私にとってもこの1週間は四周年記念講演に向けてモチベーションを上げる期間でもありましたし、ブログを書き出してから、横断幕を作ったり、当日のシュミレーションをしたり、声かけを励んだりしました。「目的を持ってやる」「仲間と一緒にやる」が、少しはできたかなと思います。
なんとなく日々のことを綴るだけではなく、目的を持って書くと内容も変わってきますし、実は今回は結構時間もかかりました。言い回しや表現にも気をつけました。目的を持って書く、それだけでずいぶん変わるものです。日々がなあなあになってしまうのは、目的意識が薄れるからだなとつくづく今回思いました。そもそも、目的があいまいなのがいけませんね。
ちょうど半年が終わって、7月がはじまりました。今年も後半分です。後半の目標を立てて、ものにするための努力をします。今年もやっぱり何一つものにならなかったなぁというような年末を迎えないためにも、コツコツ継続したいと思います。(やっぱ、まずはCLか・・・。
さて、四周年記念講演会当日まであと1週間ですね、望月さん、よろしくお願いします。

おはようございます、本日もよろしくお願いします。

昨晩は、細谷さんの呼びかけのもと、海野インストラクター、塩川さん、勝間田の4人で勉強会をさせていただきました。おのおの目標を立てて、再度CLインストラクターの資格を取る目的を述べ、急遽?心理テストもあり、充実した時間をすごさせてもらいました。ありがとうございました。

さて、先日のコメントで「4年後になったつもりで書いてみる」というのがありましたが、今後について今日は考えてみたいと思います。5周年、6周年は必ず確実にやってきます。催し物をするかしないかにかかわらず、必ずやって来るものです。4周年に来てくれた人たちが、5周年に来てくれればとてもありがたいことですし、そういう方達が毎月の勉強会や行事に来てくれてより友好が深められればさらに良いな、と思います。
先日、ヨンマルのイベントをやったのですが、年々増えている参加台数がまた昨年を上回り、結果ランドクルーザーという車種のヨンマルという型式だけで143台集まるという大盛況に終わりました。ワンメイク(限定車種)の集まりにしては、近年まれに見る多さです。
そしてその多くの人が「本当に楽しかった!」「来年もまた絶対に来たい」と言ってくれました。ありがたいことです。しかし、私達事務局は、今年特別に何か催し物をしたわけではなく、例年通りの行事を例年通りの担当者がおこない、例年通りに3日間が終了したということだけなのですが、この今まで以上の好反応はいったい何なのだろうと思いました。
考えても今までと違うことはほとんどないと思われます。
では、それ以外の要因・・・?回を重ねることで進行がスムーズになったこと、あとは「浸透した」ということぐらいです。
その「浸透した」ということは大きな要因かもしれません。
沼津経営塾も徐々に浸透していって、認識が深まり来てくれたみなさんに喜んでもらえる会になるといいなぁと思いました。時間はかかるかもしれないけれども、毎回を丁寧に来てくれた人に何かお返しできるようにつとめていくことで、今後につながるかとおもいました。

おはようございます、今日もよろしくお願いします。

今日のお題は、「う」です(笑)

報告をひとつ。昨年来てくれた税理士さんが、今年は先に他の予定が入っていてちょっと都合がつかないかもしれないとのことで、ほかの方に声をかけてくれたそうです。昨年の様子がわかっているので、声をかけやすかったとのことでした。その方が来てくれるかどうかはわかりませんが、その行動だけをとってみても、本当にうれしく、ありがたいことです。

さて、私たちは当日来てくれる方々にどのように接すればよいのでしょうか。
普段お世話になっている方々に、すこしでも何かつかんで帰ってもらえれば幸いですし、これを機会にご縁つなぎが出来れば幸いです。そのためにはどういうことに留意すればよいのでしょうか。
講演会だけに来てくださる方々には「ご縁つなぎ」はちょっと難しいかもしれませんので、「何かをつかんで帰ってもらう」という面で、発表者もしくは杉井さんに頼ってしまう面が大きいかもしれません。講演会が始まる前、終わった後のわずかな時間で誰かと誰かを紹介するくらいが精一杯なのかもしれません。
懇親会にも参加してくださる方には、話す時間がありますので、時間をとって紹介したり、雑談を交えてお話しすることが可能かと思います。友人、家族、社員さんにどんな勉強をしているのか知ってもらう機会でもあり、より多くの人に、こんな勉強会があるんだよ、と知ってもらう機会でもあります。
四周年記念講演会の目的を5月の沼津経営塾で話し合いましたが、それに沿った行動が取れるよう、努力しようと思います。
私の具体的な目標ではありますが、たとえば「独りの人」を作らない。接近戦(?)が得意だね、と言われる私ならではの特徴を活かして、「独りの人」を発見したら積極的に声をかけにいく、誰かに紹介する、などの行動をとろうと思います。
それから、私の呼びかけで来てくれた人たちには必ず会話をする、せっかく来てくれたのだから、挨拶、会話などの点で感謝を伝えるとともに、プラスαとして、沼津経営塾の今後のための意見を聞こうと思います。
自分の役割、目的を見失い、なんとなくその場に居てなんとなく時間をすごしてしまうようなことにならないよう、気をつけたいと思います。ひとつの行事を通して考えてみるとその日のその時間だけのことですが、実は人生は時間で構成されているということを考えると、常にその意識は大切なんだなということを改めて認識させられました。私たちはこういう行事から多くのことを学ばせてもらってますね。
楽しく、有意義なご縁つなぎと、時間の使い方ができるよう心がけて当日に向かいたいと思います。
次のページ

FC2Ad