沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

贈り物

平成19年12月31日月曜日
おはようございます。高村です。

平成19年も今日で終わり、充実した年を送ってこれましたでしょうか?ブログでも振り返っての書き込みありましたね。それぞれ思うこと多々あると思います。
皆さんの次の1年も充実した年になりますように。

さて、今日は、友達から勧められて読んだ本を紹介します。

レベッカ・ブラウン著書の『体の贈り物』という本です。
エイズ患者を世話する、ホームケア・ワーカーの話し。喜びと悲しみ、生と死、希望と絶望を考えさせられる物語です。
著者本人、在宅介護の仕事も経験しているということで、臨場感あふれる表現もあり、凄く伝わってくるものがありました。不自由な体を持つ患者との接し方、相手の想いを受け取れるかどうか、そこで自分がどういう行動を取ったらよいかなど、色々考えました。
自分も主人公になった気持ちで読んでみました。

言葉が足りず表現が上手くできない私ですので、内容を上手く説明できたか分かりませんが、このような感じの物語です。

経営塾の講義の中でも、遺書を書くという講義がありましたが、余命を宣告された時、不治の病に犯されていると聞かされた時、自分ではどうするかな??と。

目が見えなかったり、義足をつけていたりetc...不自由な体でもそれなりに何かできることをしようと、行動している姿は、輝いていますね。如何に今の自分が健康であることに甘えてしまっているのか考えさせられますが、その時はそう思っても後々何もできない、何もしない私です。

『体の贈り物』を読んだ後では、とても暖かい気持ちになり、物でなく思い出を残してあげること、気持ちを素直に伝えることで、相手も心を開いてくれる。自分から発信することがとても大事なことだと思いました。普段読書はしていない私ですが、久しぶりに没頭できた1冊でした。

では、皆さん、よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト

集中力

平成19年12月30日日曜日
おはようございます、高村です。2日目よろしくお願いします。

今日は、私の家では餅つきをします。昔から毎年行っている年末の行事です。臼と杵があり、機械も使わず、こねるところからやります。味も、買って食べる餅とは違い、格別なものがあります。

 好きなこと、興味のあることには抜群の集中力が出るのに、嫌いなこと、苦手なことをする時には、なかなか集中できませんね。同じ事をずっとやっていると飽きてくるし、そんな時には、物事をやりやすくする工夫で、やることを色々組み合わせてみたり、楽しくできるように考えます。集中力を養うトレーニングもあるのでしょうか?

人間そんなにずっと集中力が続くわけでもないです。体力、気力、あすへの力を蓄える時間も必要なのではないでしょうか?仕事や勉強などでも、休み時間、適度な休息や睡眠時間は必要ですね。寝不足では、体調も悪くなったり、気力も続かないと思います。ジョギングをしている方がたくさんいますが、マラソン大会へのトレーニングも体力をつけるための充電時間だと思います(考え方でしょうけれども)。また、体力をつけることだけでなく、大変なことを乗り切ろうとすることで、精神力を養うことにもつながりますね。日々の暮らしの中、充電時間もうまく取るようにしましょう。

また、落ち着いて取り組んでいけば良いのに、あれもこれもと欲張り過ぎたり、急いでやりたくなる、逸る気持ちが生まれることありますね。気持ちばかりで行動が伴っていなくては、何にもなりません。自分の体を壊してしまうようなことがあっても、困ります。急がなくてはいけない時もありますが、計画を立てるなどの準備の行動をしっかりすることで、カバーすることができると思います。

いつもなら何でもないことでも、集中していなかったりすると、大怪我のもとになるような気がします。実際に怪我をしてしまった私がいます。何だかんだ言っても、自分が悪いのですけどね。

経営塾で習ってきたことを振り返りながら、自分の思ったことを書き込みしてみましたが、またまた上手くいかなかったようです。自分でもよく分からなくなってきたー。
明日の書き込みでは、立て直します。

自分の意見・考え方

平成19年12月29日土曜日
おはようございます、高村です。よろしくお願いします。
年越しブログの担当ということで、なんとなく重要な時に回ってきたような気がしますが、
いつも通り!?いきます。(勝間田さん、2週の男は勘弁してください)

私は、自分の意見を持っていないのかな?と思うことがあります。どうしてかと言うと、人と話したりしている時、「これに対する意見はこうだ」、「僕はこう思う」とはっきり言う事ができない。何か曖昧な事しか言えなかったり、人の意見と同じ事しか思い付かなかったりするからです。それはなぜかと考えた時、物事に対する考え方、考える度合いなどがしっかりしていないからだと思います。物事を良く考える事で自分なりの意見が出てくると思う。でもなかなか深く考えること、色々な角度からみて考える事ができないのかなとも思います。

会話での盛り上がりもそうです。花のことでは盛り上がれるけれども、その他の話題となるとさっぱりです。

ブログのコメントなどで、皆さんの意見を聞かせて頂くと、このようにしたらいいよとか、このような考えだけど、と助言があったりで、そのような意見がパッと出てくることが凄いと思います。

人に対して、怒ったり、注意したり、褒めたりすることがありますが、その状況を把握して、言葉の使い分けをしていかなくては、誤解を生むし、物事がうまく進まないこともあるような気がします。ハッキリと言った方が良い時もあり、そうでない時もある。

私の場合、他で得たことだったり、他人が言っていたことだったり、ほとんどが受け売りです。今の段階ではそれしか言えません。これから色々な経験を積むことで、自分の意見が持てるように、アウトプットできるものを持てるように、気に留めていきたいと思う今日この頃です。

初日から準備不足で、思うことつらつらと書いてしまいました。明日からは準備して書き込みしていきたいと思います。

7/6 来年

12月28日金曜日 勝間田

昨晩は、沼津経営塾の忘年会でしたね。みなさん飲み過ぎませんでしたか?w私はたぶん、帰ってすぐ寝ると思うので、実はまだ出かける前ですが、先にこのブログを書いています。
28日は、給与支給日で、賞与支給日で、本年最後の支払日で、そして締め日で、弊社の忘年会です。準備は万全か何度も確認してますが、うっかり工程をミスしないように気をつけたいと思います。

さて今回の当番最終日になりました。
この1週間、御拝読ありがとうございました。
来週は2週の男なるか!?高村さんです。よろしくお願いしますね!

今年の目標であった『コツコツ・継続』は、結局身についたのかと言われれば、「いつも」ではないにしろ、頻度は増えてきたかなと思います。
来年は大殺界最後の年(減退というそうです。なんか嫌な響き~)ですが、それどころか前厄の年でもあります。再来年は厄年、そして翌年やっと後厄・・・って先が長いなぁと思いますが、リスクカードを引く事になったときに、どれだけ備えていたかで変わって来ますものね。しっかり足元を固めて行きたいと思います。六○占術も高○易も、そんなの関係ねぇ~!(苦笑
やることはたくさんあります。長期の目標と短期の目標を書き出して、具体的な行動をとって行きます。まずは、今年やりきらなかったことを、キチンと片付けたいと思います。
実はこの12月で、沼津経営塾に関わらせていただいて、丸2年です。早いものですね。私に多大な影響を与えてくださってる皆様に、重ね重ね御礼を申し上げたいです。そのおかげで、仕事も、勉強も頑張れたと思います。
今年1年ほんとうに、ありがとうございました。

6/6 今

12月27日木曜日 勝間田

6/6まで来ました。

11月
伊東掃除に学ぶ会にも、参加させていただきました。せっかく伊東へ行くならやらなきゃいけない、と、集合時間前に伊東港で釣りをしてから行きました。
仕事では、藤枝の現場が入ったので泊まり込みで4人が工場の解体にとりかかってくれました。
河口湖マラソンもありましたね、ゴールにいたのですが、みんなの走り終えた後の苦痛と喜びに満ちた顔を見せていただきました。
それから最終日はワインダフルの会に参加させていただきましたね、楽しく美味しくおしゃべりしながら幸せなひと時を過ごさせていただきました。

12月
先に渡比した主人のあと、私も12月4日から7日という短い期間でしたがフィリピンへ行ってきました。半分仕事でしたが、半分は友人に会ったり遊びこみです。分刻みのスケジュールでしたが、マニラと国内線に乗ってカガヤンデオロにも行きました。問題の沢山ある国ですが、私は好きです。いつもそうですが何度も現地人に間違えられ、普通にタガログ語で話しかけられるのは面白かったです(苦笑
仕事の話も、今後につながる話し合いが出来たので、現地に赴いてよかったと思いました。
そして11月から立て続けに現場仕事が入ったので、会社自体は閑散としてましたが、皆忙しく寒い中外仕事に従事してくれました。

この11月12月は、私が忙しいかどうかよりも、会社自体が忙しかったので、とても嬉しかったです。
2月より会社に住んでますが、1年通してなんとか落ち着いてきたので来年1月より自宅に帰ることにしました。そして6月に発生した一大事も、この12月をもって解決しましたし、8月より無職だった主人は、10月11月STK製作所でお手伝いをさせていただき、12月初めには看護職に復帰しました。9月に税務調査がありましたが、修正申告も12月に完了し、無事納税しました。
物事は思い通りに進まないし、諸問題の連続でしたが、大殺界の真ん中(苦笑)にしては、悪くなかったかな~と、思っています。大怪我をしたわけでもなく、病気をしたわけでもない。たくさんの人に励ましてもらったり、応援してもらったりと、いいこともありました。それに、その頃は頭の痛かった問題も、年内にほとんど解決しました。後は、私が家に帰るべきなら帰ればいいし、ラリーをやるべきでなければやらなければいい。
ほんと、なんとかなるもんです。

5/6 他力を得る為に

12月26日水曜日 勝間田

今年もあと5日ですね。私は今年のお正月休みは返上することにしました。毎年、京都の実家に帰ってお正月を過ごしますが、今年最後の日曜日に、また会長が何やらやらかしてくれたので、その後始末が完了するのを見届けてから、冬休みを取ろうと思います。話し合いもしたし、頭を下げてくれたので怒っていませんが、謝れば済むって問題じゃないし、しーらないって勝手に帰郷するのは簡単ですが、やりなおしが完了するまで見届けるのが責任かな、と考えてのことです。

9月
5日、誕生日パーティーを自分で開催しました。たくさんの人が来てくれて、本当に嬉しかったです。ありがとうございました。とうとうこれで、30代仲間入り・・・というか、見た目はずっと前から30歳超えてますが(苦笑
そんな楽しい時間もつかの間、税務署調査が3日間掛けて行われました。4人がかりで3日間。前期と前々期ですので、目に見えて改善されているのはわかりますが、それでも私の手をすり抜けて売上がどこかへ行っていることが発覚。信じてたのに・・・。現金商売ですので、全部が振込みということはありません。追徴課税のことや、加算税のことよりも、裏切られたことが辛かったです。その改善の為には、取引先に月締めの売上金額を問い合わせることや、振込みに変更してもらう事で改善するしかありません。何のために会社をしているのか、考えさせられました。

10月
富士掃除に学ぶ会の長泉大会がありました。スタッフとして関わったのは初めてでしたので、右も左もわかりませんでしたが、できることは精一杯やったつもりです。
そして、代表就任してから丁度3年経ちました。営業に力を入れようと、この時から外回りを営業さんだけでなく、自分も行くようになりました。事務所の中を守るのが私の仕事だと思っていましたが、この3年である程度は基盤ができてきたということでもあります。よっぽどやらなければならないことがあるときはもちろん事務所にいますが、それ以外は外に出ていくことにしました。何度か、私が不在の時に来ていただいた方々、留守ですみませんでした。

この2ヶ月は、他力を得られない自分を見つめなおすよい期間だったと思います。売上の使い込み(結局は貸付にしましたが)や、営業努力のなさが、私が自分を見つめなおす為の時間を与えてくれたのだと思っています。私が必死でやるしかない。まずは自力を高めるしかないと思わされました。いろんな事があって、いろんな事を教えてもらえた2ヶ月間でした。
先日も「この仕事とあの仕事をやってください」と頼んでいましたが、どーーーしてもやってくれないので、1週間後、朝からツナギを着て出勤しました。私が黙々と作業をしていると、他のスタッフが手伝いを申し出てくれました。しばらく一緒にやって、その場を任せて次の仕事に移り、フォークリフトに乗ってると、また他のスタッフが手伝いを申し出てくれました。
そうか、そうだよな、そやねんな。

4/6 役割

12月25日火曜日 勝間田

メリークリスマス!サンタクロース業務お疲れ様でした(?)
あちこちのご家庭でにわかサンタが活躍したことと思います(笑)
私も姪達にサンタクロースしてきました。

7月
アジアクロスカントリーラリーの準備が終盤に入り、会社に併設したピットでは毎晩のように作業がなされていました。整備士さんたちが毎日やってきて、1時2時まで作業をします。私は仕事が終わると毎晩のように10人分前後の夕食をよういしていました。ラリー車作りの指揮官は主人だったのですが、昼間は仕事があるため、私と同じように会社に寝泊りして昼間は仕事、夜は車作りをしていました。車両が出来上がり、船に乗せ、あとはドライバーと車の無事を祈るだけです。
そんなある日、主人が仕事を辞めました。

8月
8月1日から、会長がアジアクロスカントリーラリー出場の為、タイへ旅立ちました。ここから2週間、またしても会社をまかされましたが、今度は連絡もつきますし、不安も少ない・・・と思いきや、仕事量はもちろん増し、タイから「コレとアレと送って」との連絡が入ったり、(FEDEXでもEMSでもINVOICEは必要、超手間なんですけど!)仕事を辞めた主人は御殿場にいたり会社に泊まりに来てみたり、夏休みは結局、半分会社に居て半分自宅の掃除に明け暮れ、どこへも行かず、行ったと言えば友人の結婚式と、静岡掃除に学ぶ会くらいでした。

とにかく仕事漬けの日々でした。私が仕事漬けなのに、会長が仕事を休んで2週間ラリーに参戦しにでかけたり、無職になった主人が特に家事もせず車いじりや好きなことをしているのを、とても不満に思っていました。なんで私ばっかり!という感じです。毎日「明日楽する為の苦労は、今日のうちに終わらせる」と繰り返し思い、どうしたら会社に支障をきたすことなく、私が長期にわたる休暇を取れるようになるかを考えていました。会社に入ったとき、「居ても居なくてもいいような人間ではいたくない、絶対に私なくしては会社が回らないような存在になってみせる!」と思ったのですが、4年目の今、「私が居なくても会社が回るようにしてみせる!」という風に思っています。
日々の仕事を自分でしか把握していないようではいつまででもだめなので、来年は経理のこと事務のことは徐々に託していって、自分はそれらをチェックする役割に移行して行こうと思います。そして空いた時間を営業や現場の仕事に回していこうと思います。

3/6 半年

12月24日月曜日 勝間田

今日はクリスマスイブですね!
祝日ですが、みなさんはお休みでしょうか・・・?
今年もあと1週間。やり残すことのないよう、最終チェックしましょう!

5月
これは外せませんね。5月初っ端からCL合宿でした。人生に一度しか受講することが出来ない合宿。GWを利用してるとはいえ貴重な時間とお金を使っています。ここで出だし快調なのに尻すぼみな結果になってしまいましたが、生活の中、仕事の中にしっかりとCLを落とし込むに良い時間を与えていただけたと思っています。まだまだ思うばかりで行動に移さないことも多いですが、一生あきらめないでおこうと思いました。この期間があって、僅かながら成長できていればいいなと思います。

6月
1年の中で我が家で最も大きなイベントが毎年6月にあります。例年以上にやることが多かったですが、ここでは行動のヒントを使って、やりきることが出来ました。
その翌週、一通の封書からまたまた一大事が・・・毎月裁判所に通う羽目になりましたが、弁護士の真似事をしながらこの12月まで半年間掛けて、無事解決しました(みなさんにはご心配をおかけしました)
そしてフィリピン向けコンテナ第2弾を実行しました。今度はやり方を教えながらです。人にやってもらうのは、自分がやるよりも難しく、手間も時間もかかりますが、どうしたら分かりやすいか、うまく伝わるか試行錯誤しながらやりました。

行動のヒント使うこと、事実を認めること、を意識した2ヶ月間でした。
しかし、もっと目的や目標を見つめていれば、もうちょっと違った半年間になったと思います。
それぞれ一所懸命にやってきたつもりですが、それらに具体的な一貫性がなく、確かに私自身の弱点への働きかけにはなりましたが、これでは1年を通しての集大成が完成しなくて当然だな、と思いました。来年は、今までやってきたことを踏まえて、ポイントではなく、目的に対する関連付けをしていきたいと思います。

2/6 春

12月23日日曜日 勝間田

おはようございます、2日目よろしくお願いします。
えーと、先に断っておきますが、これ、12月まで続けていいですか?(笑

3月
決算を目前に、このままの会計処理では会社は改善されないと思い、TKCの導入を決断。毎日1円まで合わせる方法はめんどくさいけれども、これをやれば明確に自社の実態を見ることが出来るし、むしろめんどくさいからこそ、コツコツ毎日やることが苦手は私にとってよい課題になったと思います。3月中に何度も打ち合わせをさせてもらい、問題点や課題点を確認できたので、4月からスタートがきれました。
 
4月
初めてフィリピンへ40ftコンテナを1台輸出しました。INVOICEやPACKINGLISTを製作する、コンテナの中に詰める順番や物品の手配など、今後のために記録を残しながら手続きをする机上のことはもちろん、詰める当日は現場作業もやりました。手続きや書類について丁寧に教えてくれた仲介業者さんももちろん、弊社のタイ人のスタッフは慣れているので絶大な戦力になってくれてとても助かりました。タイ語勉強会を通して、コミュニケーションをとっていたことが、効果あったように思います。この日は、沼津経営塾に作業着のまま行きましたね(恥

「手を抜けば楽になる 手を加えれば楽しくなる」のような春でした。
この12月にフィリピンへ行ってきましたが、解体して送ったトラックが組みあがって元気に走っている姿を見れたのはとても嬉しかったです。今後につなげて行きたい仕事のひとつです。輸出も会計も、細かいチェックが多く細やかに仕事をするための勉強にもなったように思います。TKCの導入により、今期の決算が楽しみでしょうがありません。数字が事実に基づいて明確に出るのは、もちろん黒字ならなお嬉しいのですが、決算書自体が私の作品のような気がします。
コツコツも少しずつですが身についてきたかも・・・しれません。来年は他の事にもこのコツコツを応用していきます。

1/6 はじまり

12月22日土曜日 勝間田

おはようございます、1日目よろしくお願いします。
年の瀬も押し迫り、1年を振り返る時期になりましたね。
来年をよりよい年にするためにも、見過ごさないようにしたいと思います。
 
1月
父が60歳になり、お父さんっ子の私は「東京タワー(リリー・フランキー著書)」の父バージョンのように、もちろん母もですが、父も大事にしたいと強く思いました。離れたところに嫁いでしまうと、身近にいないのでなおさらです。
それから、この冬はスノーボードにチャレンジし、1月は平日はナイターゲレンデ、日曜は山梨へと出かけていました。スキーを丁度20年間続けているので、滑り出しは快調ですが、技が難しくなんとか完成させたいと思っていました。そんな安穏とした1月最終日に、大事件が起こりました。これは生涯忘れることはないでしょう。
 
2月
2月1日、とりあえず必要な身の回りの物を持って、会社に出勤しました。主人には「私、当分帰りません。」と言い、その後11ヶ月間、現在に至るまで会社に住んでいます。2月は月曜から日曜まで、会長の分まで仕事をしました。
及ばないことも多々ありましたがその分、会社のみんなと相談したり連携したりと、繋がりが強くなったと思いました。とても感謝しています。沼津経営塾のみなさんも、励ましてくれたり応援してくれたりと、ありがたかったです。

そんな年明けでしたが、そのおかげで仕事に対する意識や、自分自身の責務もひしひしと感じることが出来ました。今よりも必死で仕事をしていた2月、周りのみんなが応援してくれているように感じました。来年は今一度、その必死さ持って仕事に向かいたいと思います。
それから、遠くに居る家族にも、近くに居る家族と同じように何かしてあげたいと思います。
写真入のハガキや、父母の日、誕生日を欠かさないようにします。

今年を振り返って

おはようございます、今年最後の書き込みになりました。
一年を振り返ってみたいと思います。では手帳を?...??
な、なんと外してあったシステム手帳のファイルがありません。す、捨てられた(涙

ここは内観を駆使して思い出そう!
1月からサロマ目指し月100Kmの練習に入り何とか達成しました。
  確か越膳さんに目撃されましたね。
2月は私の誕生日があり小野さん、輿水さん、長岡さん?海野さん?達が家まで来てくれたのに留守の私にT  ELでハッピーバースデェーを歌ってくれました。
3月は駿府マラソンで越膳さんの誕生日襷が人気でした!ウッシーの失踪もありましたね。
4月は日本平マラソンで記録的な暑さの中始めてのリタイヤを経験しました。
  輿水さんの完走は素晴らしかった!沿道の小吹さんをバスの中から発見しました。
  そして忘れられない4月29日の富士五湖72Km完走ですね。
  輿水さんの寝坊は見事でした...?
5月はCL前期でした。
6月はいよいよサロマ本番!山中湖の調整に海野さんの熱がオーバーヒート気味でした。
  輿水さんに追いつこうとしたら悪魔が来たと言って逃げましたね!
  楽しかったサロマ、苦しかったサロマ一生の思い出になりました。
7月は沼津経営塾の3周年でした。長岡さんの集客力が光りましたね。
  小野塾長の緊張が伝わってきました(海野さんもバクバクでしたね)
8月は自社の体験コーナー作りに着手しました。
9月は決算でサロマ以上の苦戦をしました。
10月は長泉掃除に学ぶ会で鈴木さんと出会い、嬉い経験をさせて頂きました。
11月は河口湖フルマラソンで練習の大切さが身に沁みました。勝間田さん応援ありがとう。
12月は仕事に追われる毎日ですが来年への準備をしたいと思います。

駆け足で1年を振り返りましたが、この1年本当に良く走りました!(上手い!?)
皆さんと沢山係り、お世話になりありがとうございました。
振り返らないと日時が錯誤して記憶がまばらになりますね。
こんな大雑把な内観ではいけませんがここから少しずつ記憶が甦ります。
更に深く内観したいと思います。
皆さんの一年はどんな年でしたか?一週間ありがとうございました。

来年の目標

おはようございます、ラス前です!勝間田さんが見えてきました!!
明日にでも襷を渡したいところです?

昨日は社内会議でした。そうです、楽しいボーナスの支給日でした...
11月~12月は需要期なので皆忙しく飛び回っています。
今年を振り返り、来年の抱負を作る時間をボーナスと共に作りました。
相乗効果を狙っての事ですが?

当社の来年の目標は「自社での楽しいイベント開催」です。
対象者は3つに分けました。
1、大工、工務店さんを夫婦で招き料理&勉強会
2、子ども会、幼稚園等の家族料理&食事会
3、お年寄りのお茶会(未定)など

そんな企画を社員個々のアイディアや工夫を取り入れ作りたいと思います。
毎回会議での意見は活発ですが実行に移しません。
そこで年間スケジュールを作る事にしました。(過去にもやりましたが...)
大きな柱は4ヶ月に1度の年3回
その間に小さな食事会等を企画します。
そんな話をしていると部長が知り合いの家に臼が余って居ると言うではありませんか!
さっそく戴けるか明日確認です。
年末の餅突きは柱の一本になりますね。オリジンさんの様に地域を巻き込みたい企画です。
今年植えた種を来年は実らせる為に目標をロックオン!

皆さんは来年の目標をどう決めましたか?
その目標は具体的ですか?期限は決めましたか?
同じ1年を繰り返さない為に外せないポイントですね!

お歳暮

おはようございます、年末の駆け込み需要でガタガタが収まりませんが
出来る事から完了させましょう!!と自分に言い聞かせる今日この頃...

さて、この時期になると皆さんもお歳暮を配り終えた事でしょう。
日頃お世話になった人への感謝の気持ちを伝える日本古来の風習ですね。
送っても戴いても嬉しいものです?と宣伝では言っていますが
よ~く考えると毎年の義理や形式的なものになっていませんか?
ギフトショップに住所を伝えお礼のはがきが来なければ届いたかも解らない。
何よりこちらの感謝の気持ちが通じたのか金額や商品価値で判断されそうな?
送る方も、戴く方も何を感じているのでしょうか?

そんな事を合理的に考えていると私の両親は過去にお世話になった人数名に
毎年みかんを1箱送っているのです。お中元には新茶を欠かさず送るのです。
最近では送り主を私の名前に変えているではありませんか。
もう何年も会った事の無い人や仕事を離れ隠居した人なども居ます。
現在ではなんのメリットがあるのか?と思ってしまいます。

話を聞いてみると会社を始めた頃助けていただいた人や商品を販売してくれた人だそうです。
今この会社があるのもその人達のお陰なんだと教えられました。
毎年無事過ごしている事を感謝の気持ちと一緒に送るのでしょう。
逆に両親に届くお歳暮の数が年々減少しています。他界される人が増えているのでしょうね。
お歳暮を私の名前で送るのも今度は私に引継いでもらいたいと思う気持ちなんですね。
世代を超えて縁を繋ぐ、人と人から家と家へ繋ぐ事も出来ますね。
惜福・分福・植福の気持ちで送るのが日本人の心なんですね。

義理で出す年賀状の話ではありませんが日本古来の良い習慣の意味も知らず
形だけ整えたり、不義理をしたり自己中心的な生活をしています。
今までお歳暮は妻に任せ送らせていました。正に手抜きですね。
海野さんが自分で出来るだけ届けたいと焦っていましたがその気持ちが大切ですね。
(未だに私の所へは届きませんが...)

皆さんはお歳暮にどんな思いを持っていますか?
また、お歳暮に限らず工夫している事が会ったら教えて下さい。

介護問題に直面して

おはようございます、4日目です。勝間田さん準備ヨロシク!

昨日は鈴木さんの話でしたが、時を同じくして私の義母も手術をしました。
幸い手術は成功し経過も良好なんですが病気は思わぬ影響を引き起こしました。
今まで気丈で元気だった母が鬱気味になってしまいました。
鬱病は知識としては知っていましたが実際に身近に起こると難しいものです。
CLを駆使して行動を導こうとするのですが反応が弱く否定的に話すばかりです。
廻りに人が居る時は落ち着いているのですが一人暮らしの母は不眠症だと訴えます。
そして食事も取らなかったり、食べては気持ちが悪いと言ったりします。
病気が不安を引き起こし心細さになるのだと思います。
妻が時間を見ては電話したり、土日に泊りに行ったりして気を紛らわせるのですが
突然すぐ来て欲しいとか、取り留めの無い電話をしてきたりする事もあります。

介護の問題はTVのニュースで聞く程度でしたが介護する家族の負担も大きいと思いました。
私の両親は幸い健在ですが二人に何かあると一気に3人の介護も予想されます。
コネクトさんの記念講演で頑張らない介護の話を聞きましたが、最初は皆頑張ってしまうと思います。
いつも助けてくれた親を必死に介護してしまうと思うのです。
こんな現実を感じると人生設計も変わってきますね。
自分の事ばかり考えていた時とはまるっきり変わってしまいます。
仕事や金銭的な問題と重複し家族にとって重大な問題になると思います。

そして忘れてはならない事に自分にもその可能性があるという事です。
そう考えると健康で何でも出来る今がどれだけ大切なものかと思い知らされます。
「人間生きている内が華」と言いますが生きている(行動できる)間に何をするかですね。
少々暗い話になってしまいましたが、行動できる時に悩んで行動しない事が勿体ないと思います。
私のデスノートの期限も記されているかも知れません...?

嬉しい出来事

おはようございます、月曜日の朝です!今日も張り切って生きましょう!!

今日は長泉の掃除に学ぶ会で知り合った鈴木さんと言う女性の方の話です。
私の班のサブリーダーとしてお手伝いをしてくれたのですが、何と手術を控えているとの事。
話を聞くと手術の前に出来る事をしっかりやりたいと話されていました。
普通手術を控えていると気分も滅入るし、自分の事で一杯になりがちです。
私は何てCL的な人なんだろうと思いました。そして出来るだけ応援したいと思いました。
掃除の最中は体に負担を掛けないように、でも存在をアピールできる仕事を頼みました。
それはメンバーへの声掛けです。一人一人に丁寧に声を掛けてくれ子供には励ましや誉める
事を忘れずに楽しそうにやってくれました。
そして反省会ではメンバー全員に病気の話もさせていただき最後に記念写真を撮りました。
その後お礼のはがきを皆さんに送ったのですが、鈴木さんへの励ましのはがきを他のメンバーも送ってくれたと言うのです。
初めて会った人の輪が大きな力になって鈴木さんを応援してくれるなんて
掃除に学ぶ会に出ていて一番嬉しい出来事でした。
そして先日無事手術を終え退院されました。退院祝いのはがきを送った所お礼の電話を戴きました。
そして何も用事は無いけど私の声を聞きたかった、と言ってくれたのです。
世間では黒マントと異名を持つ私ですが、この時ばかりは真っ白に輝きました。
人を応援してみて返ってくる反応に何とも言えない優しさを感じました。
この感覚は癖になりそうです!この体験を仕事にも活かし応援する習慣を身に付けたいと思いました。

ある人からの相談

おはようございます、2日目です。
今日は日曜ですね。時間が取れる方は一緒に考えてみてください。

対象者:会社の社長を任されそうだが自信が無いと言って決断しない人

その相談者は会社の後継者で近々経営を引継ぐ立場です。
しかし、経営者の勉強をしてこないまま決算書の内容も理解できない状態です。
社員さんも数名居ますが、同じ立場で仕事を続けてきました。
現在の社長(父親)は会社の借金は返済して退くとの事です。(ありがたい)
現在はお得意様の減少で売上は下降気味、赤字な状態だそうです。
その会社の主力販売商品は消耗品で2~3年の耐用年数の必需品です。
当然の事ですが同業他社は多く、大手やメーカーの直売に押され気味です。
また、社員さんとの関係も良好とは言えず問題の一つにあげています。
おまけに、財産分与の事まで心配し当てにしている始末です。

こんな内容の相談ですが社長を受けない理由ははっきり言って自分の責任回避だと思います。
私も身に覚えがありますが、親が健在な時は何処かで頼りにして何とかしてもらえると高を括っていました。
そのくせ不平不満を言っては自分の権利や主張だけして何も学ぼうとしませんでした。
私はやる気が無いなら悪い事は言わないから会社を締めて働いた方が良いよと言いました。

話をしながら自分にも言い聞かせた事は、お客様を選んでいる事実でした。
万事営業と教わっていますが、出会った人をお客様にする努力をしていたのか?
サバイバルで嫌と言うほど経験しているのに活かしていません。
また、一度お客様になっていただいたにも係らず縁を断っている事実です。
顧客名簿の精度を上げることや、活用の仕方でまだまだ工夫が出来ます。
基本を徹底してこそ、はがきや掃除、CLなどの相乗効果が上乗せされますね。
本末転倒にならないように注意しようと思いました。

さて、相談者が会社を引継ぐならやる事は沢山あります。
課題の山積みですが皆さんならどんな課題を出しますか?
CL受講者と経営者の皆様のアドバイスを参考にさせて戴きます。
また、課題の優先順位も大切ですね。最優先の課題もあげて下さいね!

使命を考える

おはようございます。一週間よろしくお願いします。
12月も半ばを迎えいよいよ年の瀬が近付きましたね。
今年やり残した事は無いか?もう一度振り返る時間を持ちたいですね。

私は仕事を始めてから一生懸命売上や利益を上げる事を目標にやってきました。
勿論、今も利益は追いかけていますし、そのための行動をしていると思います。
小さかった窓口が大きく広がり、受注価格も増え仕事を追いかけるようになりました。

でも、最近仕事をさせて頂く事はありがたいのですが、予算に合わせた内容を押し付けられます。
建設業界ではVE案とも言いますが、様は価格を抑える為の工夫です。
お酒なら特級より2級、着物なら大島よりかすり と言ったような形が同じなら質を下げても良い(強度は別ですが)そんな内容が常に要求されてきます。
でも、この傾向で誰が特をするのだろう?とつくづく思います。
施主様は理想を下げ我慢するし、建設屋はアフターにも余計なお金が掛かり
施工する業者も低価格で厳しい仕事をするしかありません。
それでも検査は受けるので手は抜けません。仕事に夢を抱けなくなりますね。

そんな時、宣伝の効果か地元や知人のリフォーム工事の受注が増えてきました。
相談に伺うと不便さや危険が良く解ります。大きな新築物件だと工期や職人の段取りで
振り回され、ひたすら完成を目指しますが
リフォームにはそのお宅に合わせた内容を考える事ができます。オンリーワンのリフォームですね!
そんな施主様と相談していると、お客様の夢がどんどん膨らみ笑顔になってきます。
奥様の夢、ご主人の夢などを実現できる楽しさは格別です。
当然予算もある事なので限られた予算で何処まで実現できるか!
そんな使命感に燃える最近です。皆さんの使命感ってどんな所に感じていますか?

※夫婦仲が悪いお宅はありませんか?
  奥様の夢を実現させて一時的にでも夢を共有してみませんか?打合せより1ヶ月は保証します?






お礼

平成19年12月14日
おはようございます。河田です。
最終日になりました。
ブログ当番は大変ですが、人に伝えるための文章を考えると頭が冴え、気づきが増えますね!

さて実は、法人成りしてから明日15日でちょうど3年になります。
個人経営で売上高もよく分らなかった男が勢いで法人成りし、何とか3年間会社が続いてきました。

最初は「俺も社長になった!」なんて浮かれていましたが、その重圧は大変なものでした。
今も「勉強なんかしないで一生懸命働けばいいんだ!」という考えの「貧乏父さん」の援助の下仕事をしています。
至らない点が多いもので・・。


2回目の沼津経営塾の時、厚志さんの話を聞いて、「俺も一生懸命働いているけど、10年後どうなるのだろう?」と初めて気が付かされました。

ちょうど3年前、MGに誘っていただき、藤枝へ行く小野さんの車の中で、「今回、何か一つ目的を持ってMGに参加すると良いよね!」というアドバイスを今も覚えています。

MGで「何で俺ばっかいじめるんだ」という根拠のない被害者意識の時、「カワちゃん、どうよ!」と肩をもみながら話しかけてくれた、当時黒マントと呼ばれていた望月さん。

自分達の仕事後に、懇親会の片づけなどをしていただいたオリジンさんの社員さんの応援。
ここでは書ききれないほどの支援やヒントをいただいている静岡、沼津経営塾の皆さんには本当に助けていただいてます。ありがとうございます。

仲間とこうしたブログをやらなければ見えなかった自分の癖も見えてきました。

来年は弱点克服をするよう考えています。
・事実を具体的に確認すること
・片付け、掃除をすること
・目標を最後までやりきり、反省・総括すること
・伝え方を工夫すること
・時間を有効に使う
・書きだすこと
・変更は最小限に
・ムラを減らす、などです。

ホームページの改修、火柱の立つ?事務員さんの採用も考えています。
その節にはMG、トイレ掃除などでお世話になると思いますが、よろしくお願いします。

さて明日からは100kmマラソン完走の望月さんです。

今週のブログで皆さんに何かヒントがあったら幸いです。
一週間お付き合い下さいまして、ありがとうございました。

ご縁

平成19年12月13日
おはようございます。
「うろちいんけだわか」です。逆から読んでね!(おー寒)

さて、中小企業家同友会に従業員さんが多くて、でっかい冷蔵庫のある会社の、次の次の社長候補が入会しました。
夏から先月にかけ、その会社の企業訪問や例会発表などあったのですが、社訓に感動したのでお知らせします。

「職業に貴賎はなく、人の生き方に貴賎がある」

現会長が考えた言葉で、おそらく森信三さんの言葉を少々アレンジしたものと思います。
確かに、どんな立派な肩書や職業であっても、その人の生き方が賤しかったら他力が集まりにくいです。

今も一人一人を会長室に呼んで、会長が考え方、生き方を教育していると言っていました。
社員さんとは家族のような関係で、厳しさの中にも優しさがあるとも言っていました。
(藤枝のあの会社みたい。)

最近はほとんど無くなったそうですが、以前は中国から輸入された魚のお腹の中に鉛が入っていたりした事もあったそうです。
魚の場合、重さで取引されるので、水増しの為におもりを入れていたそうな。
こんなルール違反やいかさまして儲けるのも良くないですね!


それに比べ、一人一人にありがとうのハガキを送ることは、地道な生き方と思います。
こんな生き方を良いと思ってハガキを書きつづけている仲間が近くにいることはとても有難いことです。
またハガキと昨日の話題に戻ってしまいましたが、五輪の室長にもハガキを何枚か出しています。

すべては自分の働きかけ次第。
同じ名刺交換をしても、その後得られるものは自分の働きかけによって変わってくると痛感する今日この頃です。

私の場合、一発づつ打つ火縄銃から、6連発ぐらいの回転式拳銃(リボルバー)になってきました。
その後の反動は未だに大きいですが・・・。
杉井さんは100連発ぐらいのマシンガンをお持ちです。
俺も来年末までには20連発ぐらいできるようになりたーい。

人との出会いを縁としろ。
一期一会に悔いの無いよう今日を生きましょう!

五輪

平成19年12月12日
真ん中もっこり水曜日!
夕焼け、ニャンニャン!(寒)


さて、沼津市周辺を会場に行われた技能五輪国際大会が先月21日閉会式を迎えました。
閉会式はキラメッセ沼津。
閉会式後のパーティーに参加したかっけど、同友会の例会と重なって例会に参加しました。
今思うとちょっと残念。

今回、同友会の知名度アップを目的に、技能五輪推進協議会の「おもてなし部会」活動の一環として環境美化ウォークを実行しました。
(もちろん自社の知名度アップも)
大会前に月1回のペースでゴミ拾いなどの環境美化活動を企画したのですが、人を集めることの難しさなど、逆にいろいろなことを勉強させていただきました。
越膳さん、市外の小野さん、輿水さんなどゴミ拾いに参加して下さった方、ありがとうございました。
この勢いで「三島沼津トイレ掃除に学ぶ会」も実現しましょう!


そこでお世話になった技能五輪推進室長が、先週わざわざ直接工場に訪問していただき記念品をいただきました。
幅広い人脈を持ちたいと思っている私としては、室長との活動は良い思い出になったのです。

大会3ヶ月前ぐらいから土日も休みなしで動いていたようで、朝5時から他の清掃活動にPRの為に参加したりと、「こんな行政マンもいるのか!」と思うほど頑張っていました。


競技会場には、暇がなく私は最終日1日しか見学に行きませんでしたが、たまたま話しかけたサンタのようなお腹のオーストラリア人のおじさんは、「息子が自動車塗装の選手だ」と言ってました。

「選手は御殿場の選手村だけど、おじさんはどこに滞在してるんですか?」
と聞くと、横浜だとか。
横浜→新横浜→三島→門池→三島→新横浜→横浜を4日間移動したそうな。

「すごーい!それじゃあお金かかりますね!」と言ったら、7万円?ぐらいで買えるフリーパスを見せてくれました。
「これがあるから新幹線やフェリーもバンバン乗れる!」とか言ってた気がします。
大会後5日間ぐらい京都、大阪を観光して帰るとか。


なぜ今回地方都市沼津で技能五輪が開催だったのか?私なり思いついたことお知らせします。
(風の噂では坂本議員の力だとか・・)

ホール1から16までの広大な競技会場を使ったのですが、東京ビックサイトより広かったかもしれません。(勝手な推測ですが)
車の板金塗装(ドンドン、カンカン、エンジン音など)もあれば、パン作り、レストラン、ホームページ制作など、一つ屋根の下では少し不可能でしょう。

宿泊施設も1000人近い選手を選手村1か所に収容したという点で、それだけの施設が周辺にあったということで、静岡県東部には潜在的な能力があるのだと思いました。
でも、世界的イベントやっても、日々の生活の収入を得ることは難しいんだけどね~。

もうだいぶ前だけど、技能五輪見に行きました?

準備

平成19年12月11日火曜日
ブログ当番4日目。
次の望月ホームセンターさん、準備お願いします。

そういえば、先月11月ぐらいから喪中のお知らせが届くようになりました。

今年は喪中の方が多い気がします。
3月には前月に車検をご利用していただいたお客様が突然亡くなったり、お客様の親族、友人の弟さんが亡くなったりと、葬儀に参列する機会がとても多かったです。

高齢の方は「仕方ないなぁー」と思いますが、若い方の葬儀は「無念だろうなー」とか、「何か伝えたかっただろうなー」とか、残された家族のことを思うと本当に涙が出ます。

ガンなどの病気の場合は言い残すことや家族や子供への思いを伝える時間的余裕もあると思いますが、突然の事故などでは「ありがとう!さようなら!」さえ言うことができません。

CLに「墓碑に刻まれる文章を自分で考える。遺言を残す。」という課題がありますが、毎年更新することを私は怠っています。
若くしても亡くなるという事実は、私に「準備を怠っているぞ!」ということを暗示し、教訓として生かしなさい!と教えてくれている気がします。
少しまとまった時間のできる年末年始に、仕事だけでなく家族のことも考え、妻や子供のために遺言やアドバイスを文章で残したいと計画している37歳です。

謹んでご冥福をお祈りします。
越膳さん、思い出させてごめんね。

はがき

平成19年12月10日月曜日
おはようございます。今回は前向きな内容の河田です。(笑)

先日、嬉しいお電話がありました。
以前、お客様の紹介でご利用いただいた方の「お父様」からの電話です。
このお父様の娘さんには1年ほど前に仕事を依頼され、お礼のハガキをお届けしてありました。
(その方は今千葉に仕事で勤務)

内容は、「ディーラーに点検に出したら6万円弱の見積もりが来たので、ちょっと見てもらいたい」と。
「新車から10年経っていて、故障するから、とにかく車を買い替えないと故障するから新車を買った方がいい」と言うのだそうです。
「状態が良くなければ、同じ値段でいいからおたくにやってもらいたい」と仰ってくださいました。

わざわざご来店いただき、車検まであと半年、ホースからのちょっとした水漏れ跡とファンベルトに小さい亀裂などありましたが、状態としてはそんなに悪くありません。
その旨をお伝えし、注意するポイントをお知らせすると、とても安心した様子でした。
もう2年乗りたいということで、半年後の車検時に少しお金がかかってもいいからしっかり整備してのることになりました。


もう一つ、最近あったエピソードです。
かかりつけだったスタンドがやめ、初めて車検をご利用いただいた85歳の方から、こんなお礼の葉書を最近いただきました。

「今日も暖い日差
その都度お便りまことにうれし
あなたのお人柄
経営の仕方に敬意を感じます
おかげで車も快適に走ってくれています
又会う日まで」

ジーンときました。
もっと人を喜ばすハガキを書きたいと与えたいと思う今日この頃です。
両方ともハガキの効果と感じます。

はがきまつり、やりましょう!
目的は県東部、地元での縁を広め、深めること。
ハガキを書く人の交流の場作りです。
主役は一人ではなく、皆さん一人一人です。

今年の年賀状は800枚に挑戦です。
あっ、昨日はがき1枚。

野望

平成19年12月9日
おはようございます。河田です。
昨日はがき5枚

杉井さんが日本の寒さから逃れ、タイをクルージングしている間に「私の野望」をお知らせしておきます。

ちなみに、私も海水浴が好きなのですが、本当に奇麗な海は心をキレイにしてくれます。
特に大きな波でグルグル揉まれた時には、洗濯機で洗われたように奇麗になります。

無になる。リセットできる。リフレッシュができ、次の日からの仕事にも力が入ります。
ストレスの多い現代人には必要なことなのかもしれませんね。

余談ですが、かつては体験ダイビングをしたり、オープンウォーターのライセンスも取得し、酸素の消費量も人一倍少ないのですが、ハマることがありませんでした。
中学校の時から近所の海で素潜りをしていてウツボに足ひれを噛まれたり、友人がゴンズイに刺されて救急車で運ばれたり、ムラサキウニのとげが足に刺さったり、グアムでシュノーケリングに行ったら同じ船に乗った6人ぐらいが潮の流れで流され、二人のクルーも助けに行ったつもりが一緒に流されて他の船に救助されたり、下田の海では台風のうねりの時に溺死寸前のオバサンを救助したりなど、海の怖さをたくさん味わっています。
潮の流れには注意してくださいね!


さてさて、話はもどり、「私の野望」ですが、結論から言うと「三島沼津はがきまつり」「三島沼津トイレ掃除に学ぶ会」の開催です。
全部パクリですが・・・。

沼津経営塾のメンバーはハガキを書く人が多いです。
それも、この三島沼津地区に、800日以上毎日書いている人、1年間毎日書いた人、カレー屋さんで書く人、そのカレー屋さんで冷めないように蓋をした人、波はあるものの続けている人、封印を解いた人などなど。
同友会やお客様などの中にもお返事を下さる方がだんだん増えてきました。

「なぜ沼津経営塾はメンバーが増えているのか?」という質問が以前厚志さんの奥様・緑さんからあり、自分なりの答えを考えましたが、「小野さんの人柄と、多くの人がハガキを書いているから」と思いました。
私が経営塾に初めて出た時は、多くの静岡経営塾の方からはがきをいただき、「スゲー集団だ!」と思いました。

主役は杉井さんではなく、私たち一人一人です。
友人、知人、お客様を誘って普通の人のご縁を広げるのが目的です。
おそらくシナジーが起こります。
三島沼津に火柱が立つことでしょう!(馬の耳の火柱をイメージ)

社員さんも自分に付加価値を付けるのが、今後給料を多くもらう近道です。
「三島沼津はがきまつり」いかがでしょう?
きっと、波がうねりとなり、うねりが嵐になるのではないかと思います。

ご意見くださいませ。

平成19年12月8日土曜日
おはようございます。河田です。
一週間よろしくお願いします。

日の出が遅くなり、明け方の冷え込みも厳しくなり、朝起きるのが億劫になってきました。
私は寒いのがかなり苦手です。
お金がたくさんあれば、常夏の島に移り住みたいぐらいです。

夏場は4時に起きるのもそう難しくありませんが、今は6時に起きるのもやっとです。
ぶれぶれで、やるべきことも後回しになっています。

私の場合、こういった「波」や「むら」が多いと自分でも感じます。
やる気でいられるのも2日ぐらいです。
(二日しか続かない感情には、良い面もあります。不安や落ち込むのも2日ぐらいです。(笑))

はがきを9枚書く日があれば、次の日には1枚、その次の日は0枚。
目標枚数やゴール、ご褒美を決めていない。総括していない。弱点克服のための目標を狙い続けてないことが原因とやっと最近分かり始めました。
最近、塩川さんがCL申請に向けレポートの提出を一貫しているそうですが、私も計画を立て、嫌でも申請に一年間取り組んだら、結果はともかく私の人生が大きく変わるのかも?とふと思いました。

来年は自分のやるべきことに集中するため、同友会の役を引き受けない方向で考えています。(義理もあるのでちょっと無理かなー?)
先日のこおろぎではありませんが、「一年にひとつ」強烈な青チップを手に入れてみたいです。
気の合う仲間を増やすために、はがきをバンバン書いていこうと思います。

さて、そこで皆さんに質問です。
はがきを続けるためにやっている工夫、教えて下さい。

私は、11月から書いた数だけ手帳に金色のシールを張っています。
「金星作戦!」なんちゃって。

平成19年の飯田義弘ブログ最終日になりました。
次は河田さん→望月さん→勝間田さん→高村さん→細谷さん→岩崎さん→越膳さん→柴田さん→海野さん→小野さん→長岡さん→輿水さん→木村さん→塩川さん→飯田となっておりますので宜しくお願します。

最終日になりましたが、前回に「もっと毎日感じた事・思った事などを書いていれば
ブログの担当になった時にも困らないし」などと思っていても行動に表れていませんね。
何も出来ていませんからいざという時にはあたふたしてしまうものです。
事前に準備は必要だと思っていますが、思っているだけでは何も変わりません
後から、「あ~していたら・こうしていたら・・・」思っていても結果は何もしていないのですから
歴然です。次回は準備して取り組んで行きたいと思います。

 私は、高校を卒業して、神奈川県にタイヤの修行に行く予定でしたが、ダメになり
自分の家仕事を手伝うようになりました。それから33年経ち来年転機を迎えるかも知れません
その時の為に(遅いかもしれませんが)準備をしていかなければならないと思っています。
今までは、その日にある仕事をこなしていただけだったようです。
かっこよく勉強も大事などと言って講習会や講義の話などを聞いて勉強をしたかの如く言っていますがそれが良い話でも活かされる事無く
何も行動せずただただ勉強した・いい話を聞いて頭でっかちになっただけでした。
これではマズイ!やらなければそんな気持ちがホントにフツフツと湧き上がりそんな状態です。
「社員さん・その家族を大事にする」会社を経営されてる社長さんならば「そんなのは当たり前」と
捉える事も自分には欠けていた事だとも思うし、現在の、明確な目標、何をやりたい、どうしたいが
全然見えていない事がこんなに重要な事なんだと日々思います。
みなさんのブログやお話を聞いて前には無かった危機感も肌に感じる様になり
「飯田、お前遅せーよ!」こんな声が聞こえて来ます。

しかし、やる事は決まっています。
極楽教・元祖へたれに付け加え「のー天気男・飯田」前に進むしか有りません
考えて悩むなら行動して悩めの方がよっぽどマシです。当たって砕けろとか
砕けた方が成長するんでしょう(凹むのは必至でも行動)
 
まあ、悩む位なら「のー天気男」は付け加わらないですね!

何を言いたかったのかが解らないブログになってしまいすいませんでした。
次の河田さん、宜しくしお願いします。





大人と子供

インフルエンザが流行り出しました皆さん、うがい・手洗いをしましょう。

こんな事を目にしました。

   未成年者には買わせない
2008年全国のタバコ自動販売機は「成人識別たばこ自動販売機」に変わります。


たばこを自動販売機で購入する時には、成人のみに発行されるICカードが必要になり
自動販売機にICカードをタッチさせる事で成人認識を行い未成年者喫煙防止の為に
導入するようです。 成人の方は申し込みして確認・審査した上で発行されるそうです。


 メディアでも顔を自動販売機が判断して、成人・未青年者の判断をして煙草が購入できる
自動販売機が開発されました。判断率90%の確率で成人・未青年者の判断が出来るそうです・・・・
 「なんでこんな識別する自動販売機を作ったのだろう??などと家族で話していたら
この様な取り組みが背景にあったんですね。技術が進みそんな機能も備えた自動販売機が
開発されたのはとても凄い進歩なんだと思います。
今やセキュリティーも、番号から、認識カード、指紋、上脈血管識別など私達の知らない所で
グレードもアップしています。
 今回のたばこを購入に辺りICカードがないと自動販売機ではたばこが買えないなんて
やはりここまでしなければ未青年者の喫煙を止める事が出来なくなってるんだと思いました。
 私は、たばこは吸いませんので解らないのですが、今のたばこの自動販売機は夜になると
購入が出来なくいなっているんですよね。
今、考えると夜には買えない
=未青年者の喫煙防止の最善の方法だったのですね。
昼間なんてたばこを買えないので夜に買いに行く、しかし夜ではたばこは買えない。=未成年者の喫煙防止 
 しかし、この様な公式も効力が無いので今回のICカード導入になってしまったのでしょう。

 この様な全国的な取り組みも凄いと思います。でも、根本的には、喫煙をしない様にすれば
この様な取り組みをせず今のままの自動販売機がそのまま使えるんですよね?機械はだれが費用を負担するのでしょう?
自動販売機を設置するお店でしょうか?JTでしょうか?それとも国?国と言うと税金からになるのでしょうか?
高価な機械を導入ではなく、喫煙しない様にさせるにはどうしたらよいのか?
考える順番も大切なのではないのでしょうか?
なんだか、文章に何て書いたらよいのか解りませんが
最初の「未成年には買わせない。成人識別たばこ自動販売機」この言葉を見た時に高校の制服を来た女子高生がたばこの自動販売機でたばこを買ってるところを見ていた事を思い出し
胸が「ギュッ」となりました。

秘密?情報部員

飯田5日目です。次は河田さんですね。宜しくです。

昨日少し残念な話でしたので今日は「007」の話を。
当社には、007がいます。いわゆる秘密情報部員ですね。敵地に向かい情報を
仕入れてくる人ですね。・・・と言っても当社の007は違います。
 当社にいる情報部員は前にブログに書かせていただいた
「元気なおじいちゃん新人社員」さんの、事なんです。

 このおじいちゃん・・・おじちゃん社員さんは、とかく話が始まると止まりません
来店して来たお客さん(ここではトラックの運転手さん)に、ホントによく話しをします。
しかし話をしてるからといって仕事がおろそかにしているわけではありません。
作業の手を止めずにホントによく話します。「この荷物は何?、どこに運ぶの?」・・・・・
そこから運転手さんと、色々話し込みます。運転手さんも、随時独りで運転してるので気をよくするのか運転手さんが知ってる事など、色々話して来ます。
うちのおじさんは、「へ~そうかい?ナニ?こうじゃないの?」
等と運転手さんの話を「うんうん」とカ強く返事しながら聞いています。
 私も話はしますが、あたり触りなく世間の話をしたり、作業内容の話位しかしないように感じます。
この話がの内容が曲者です)笑 作業を終え私達だけになると
あそこの会社は・・・・らしいですよ?などと運転手さんが話した内容を私達に言って来ます。
 でも、決して悪口・陰口などは言いません、情報として会社の事情などを
言って来ます。今月に入り「名前は言えませんが15日過ぎに手形が落ちなければヤバイところが有りますトラック30台保有している所ですが・・・・」
 え~???!!!なんでそんなこと知ってるの?と聞いた所「それは知り合いからで確実な話です」などと言うし。それが確かならばなんと言う情報なんだろう?感心してしまいます。

私達は、ただ話し好きなおじさんですが、本当に色々知っている方です。
話は話しでもくだらない話ではなく、世間話から内容の濃い情報を聞き出すこれはもうただの話好きではなくそこから情報を聞き出す、もう「情報屋」の域に達するんではないのでしょうか?

運転手さんも話が好きでこれまた色々な自分達の会社内部の話をするのでなおさらですね。
お客様と話をして生きた情報を手にいれる事も大事な事ですね。
話の内容をすべて鵜呑みするわけでは有りませんが、その中にあるヒントを見つけられる事は
大事かもしれません、会話って大切なんですね。

勿論ですが個人情報?ですので他では話ませんので。その場だけで終わりますが)笑

凍りつく

4日目いかせていただきます。

 厳しい時代に私達会社に昔からお付き合いさせていただいてる
この辺では老舗の運送会社さんが、会社を辞める事になりました。

 昔は、トラックも、30台以上持ち荷主さんの取引会社の工場内にも
派遣し工場の一部を請負いここの小さな町の中でも多くの社員さんを
雇っていた運送会社でした。私達会社ともお付き合いさせていただいて
30年位だそうです。
 今の社長さんで3代目です。お爺ちゃん・お父さん・息子さんと3代続いた会社でした.
息子さんは、殆ど私と同じ年齢で私の1つ年下です。

 会社を辞めるという話は社員さんから聞きました。しかも、辞める日は
聞いた日から11日後などとまた、いきなりの話でしたので
ビックリしたのもそうですが、この話が本当なのかどうなのか?確認する
にも、その社員さんから「自分が言っていたなんて言わないでな」とクギを
刺されていたのでまさか他の社員さんにも聞けず意味もなくその会社を
訪れて他の社員さんと、たわいない話などをするが私の精一杯でした。
 それから3日過ぎにその運送会社の社長さんが、私の父親に「会社を辞める」と
伝えに来ました。 父親はその後には、「あの息子もオレが頑張るから!と言う
気持ちが無いおぼっちゃんだからな。」と言ってました。
それ以上は何も言いませんでしたが。

 その時には、もし?と自分で考えてみたのですが自分だったらどうなんだろう?と
じぶんがその立場だったらどうしていたんだろう?
その会社は、お父さんが、5年前に癌でなくなりその後を息子さんが引継ぎ社長となりました。   大番頭だった部長さんも定年で会社を去り、新たな部長さんが、他の関連会社から
新たに部長について3年が経ちました。今まで別部所の頭としてやっていたのがいきなり社長となり
会社をまとめて行かなくてはならない立場になりました。親父さんが亡くなり
引継ぎも上手に出来なかったのか?などとも、勝手に考えてしまいます。
このような場面に自分がなった時、社員さんやその家族を大事にするどころか
逆に迷惑をかけてしまう事になってしまいますから。今自分の父親がなくなったら?そう考えると自分は今、会社の事を解っているのか?どうしたらよいのか判断できてるのか?
明確な目標を早く見つけ、それに向かって行動しないといけないと思う出来事でした。
身近で起きた出来事だからではないのですが、身の引き締まる思いでした。



ピンチがチャンス (クレーム編)

勇気がでる言葉が有るのですが

「ピンチがチャンス」この言葉が私には勇気が出る言葉なんです。
しかし、余り使わない事に越した事は無いような言葉でもあると私は思います。
 仕事でも何か有り「こりゃヤバイ」=「ピンチ」だと思うからです。
仕事や人生に順風満帆な方も世の中にはいるかもしれませんが
少なからず私にはその言葉には、現状引っかからない言葉だと思っていますので。
ピンチはそのものずばり通常ではない異常が起きた時の言葉で辞書で調べると

「追い詰められた苦しい状態。苦境。窮地。危機。」なんですね。
チャンスを辞書で調べると
「物事をするのによい機会。好機。」
全く違う意味なのに=(イコール)なんですね。

 私は、苦しい時・苦境などその場に置かれてしまうと凹んだり
どうしようなどこの場から逃げたい、時間よ戻れ!などと逃げの気持ち
いっぱいになります。自分ではそんなに苦労もせずその日を過ぎて行けばいいや
などと言う考えでした。しかし、年数も経ち仕事をしている時間も
長くなるとただ日々を過ごすだけではいられなくなる事が多くなりました。
長く生きてればいろいろな事が起きていくのも当たり前なんです。
「この前の事で話が有る!」「至急・連絡よこせ」などお客様から言われてたりすると
「あぁ~何の失敗をやってしまったんだ?」と、もう不安材料いっぱいです。
その時に何故かこの言葉を頭に浮かべると勇気が湧いてくるんです。
 その前にも「クレーム処理が出来れば一人前」等という言葉も自分の
中では勇気がもらえる言葉でした。その勇気をもらいクレーム処理に現場などに
お客様のところに良く行きました。
 気持ちで助けられれば行動も同じくです、感情はそのままでも
「よし!!」と決めて行動している時って感情なんて何か悠長に感じてしまい
感じる事など無いままに進んでいっていると思うんです。
無我夢中とまで行かずともそれこそ「目的のために行動する」です。
 その「ピンチ」はお客様からの自分への励ましと、捉えるように考えを変えてみました。
そう考えてくると何かと言って来てくれてるいい人なんて、いい方向に考える様になるんです。

今まとは違うやり方を見つけていかなければならない時代、
思考錯誤の時にこそこんなカ強い言葉も胸にしていきたい時代だと思います。

初めての・・・・②

本日は、地区防災の日です。みなさん火事には気をつけましょう。

 昨日の続きです。

昨日の4つの決め事を意識しながら行動に移りました。

でも、その小さな成功の為の目標を決めても知らない人にお願いすると言う行為が
この歳でも「恥かしいな」などと言う小・中学生見たいな気持ちが心のどこかに潜んでいて
何時それが大きくなり目標にたどりつかなくなるのかが脳裏を横切りました。
でも、それは、他に参加しているメンバーによりそんな考えはなくなりました。
 私を含めて3人で、会場オープンのアナウンスでみんな一斉にアンケート用紙を持ち
体制が出来たからです。そうなると後は自分が定めた4つを意識し行動するだけです。
感情はそのままでなすべき事を行動する。
 
10枚を一区切りに決め次々にアンケートに応えてもらいました。
笑顔を忘れずに。 アンケートに応えていただいた方には、有難うございますと
お礼と、粗品を次々に渡して行来ました。アンケートは本当に簡単なものでタイヤに関する
意識調査みたいなものですので大半の方が応えていただきましたが
それでも、面倒くさいのか断る人、アンケートの内容を確認する人がいました。
断る人はそのまま通り過ぎてしまうのですが、アンケートの中身を確認される方には
「DMは届きませんので大丈夫です。」と、笑顔でこんな言葉も添えてみました。 
 私自身、何処かしら先でアンケートには応えたりするのですがやはり、DMを送って
来られるのは困る事もあるので、「住所は書きませんがそれでもよければ」とか
住所は書かなくてはならないアンケートなどは断ったりもしますから
自分の勝手な発想でそんな口添えもしてみたりしながら実施しました。
 若い夫婦の方は、奥さんが?アンケート?んと
あごでご主人に指図してみたり・・・ 隣の会場には、タミヤさんが
展示会をしていて時間が経つにつれタミヤさんで買ってきた物を袋を手に持って来る
子供さんを連れている家族の方が多く見られました。

一様に、お昼までの2時間と少しの時間だったのですが、
午前中だけなのにアンケート用紙は前日の量と比べて3倍以上は取れました。

 短い時間では有りましたがやろうと決めていた①~④までの決め事は達成出来たと
思いました。始める前・初めてやる事はどうなるんだろう?出来るのだろうか?
などと、不安な材料が湧いて出てきます。しかし目標(どうなりたいのか)を意識して
それを成功させる為の小さな成功や行動・気持ちなどを持ち、行動する事により
達成出来るのですね。

ただ闇雲に行動するのではない行動の仕方がどれだけ後の結果に結びつくのか
思いさせられた時間でした。
 
次のページ

FC2Ad