沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

【言うのは簡単】

おはようございます!
小野@馬耳です。
五日目、宜しくお願いします。

 私の次はどなたが担当になりますか?
そろそろ準備をお願いします。

【言うのは簡単】
 以前、いくつかのマラソンにエントリーしました。
しかし、申し込むとすぐ怪我をしてしまい、参加を見合わせて
きました。中でも2連続、足の指の骨折は伝説とまで
言われました。(笑)

そして今回、懲りもせず、河口湖マラソンにエントリーしました。
今度はどこを怪我するか、ひやひやしていましたが
今回は「G」なってしまい、手術をしました。(汗)
ただ、時間は十分ありましたので、参加を見合わせるほどの
問題にはなりませんでした。
そこまでリスクを冒し(笑)なぜ挑戦するのでしょう?
そんなに無理をする事もないのにねっ!
私は、もともとマラソンは嫌いなほうではありません。
しかし、以前のような体力もありませんし、体にもガタが
きています。
こうなれば、ちょっとずつの練習、努力が必要ですね。
毎日、コツコツ努力をすれば、チャンスもあるかも知れませんが
あれこれと自分に言い訳をしては、練習をせずにここまで
きてしまいました。
こうして、自分に「負け癖」をつけて言ってしまうのですね。
後、一ヶ月弱、どこまで出来るかわかりませんが、
どこまでやれるかに挑戦してみます。
今までチャレンジしたマラソンは10kmが最高です。
42.195kmは途方もない距離です。
言うのは簡単、でも実際やってみるのは…
途中棄権は目に見えていますが、笑わないで下さい。
どこまで走れるか?自分に挑戦してみようと思います。
スポンサーサイト

【博文の夢はいつ開く】

おはようございます!
小野@馬耳です。
四日目、宜しくお願いします。

 うちの長男は、前期国語の提出物40枚中、
3枚しか提出していませんでした。(私似です。笑)
私は、今まで長男の勉強に対して無関心でした。
このままではどうなるのか、これからはどうしたら
良いのかを、話しました。
今期は、もう6枚提出したそうです。
頑張れ巧祐!

【博文の夢はいつ開く?】
 その昔、「圭子の夢は夜ひらく」という歌がありましたが
あの「負のオーラ」に、何故かドキッとした事を思い出します。
(そんな事はどうでもいいですね!)
 昨日のブログで書きました「こうなりたい」を見つけるために、
「夢」を書き出す事を静岡経営塾でしました。
自分個人の夢と、会社の夢を別けて考えました。
何でも良いという事でしたが、どちらもなかなか
書き出す事が出来ません。
ちょっと苦痛でもありました。(どうすりゃいいのさ、この私!)
そんな中、夢を書き出す事が楽しくてしょうがないと言う仲間が
いました。
「夢」なのですから、ワクワク、ドキドキする事が
当たり前で、楽しくてしょうがないと思う人のほうが
正常?なんでしょうが、この違いは何なんでしょう?
私だって小さい頃、会社を始めた頃は、大きな夢小さな夢が、
たくさんありました。
しかし、小さな失敗、大きな失敗を繰り返し、「負け癖」がついて
しまったのかも知れません。
「夢」と「現実」のギャップにやっつけられ、簡単にその夢を
諦めてしまったのかも知れません。
夢のない経営者、夢のない会社を、誰が素敵だと思うでしょうか?
一緒に夢を見ようと思うでしょうか?
もっというと、私は何のために生きているのでしょう!?

幸せって、夢がひとつずつ実現していく事ではないでしょうか。
諦めて葬られた夢を、もう一度引きずり出し、整理し
小さな夢からちょっとずつ達成させ、勝ち癖をつけていき
大きな夢を達成させるステップにしたいと思います。
博文の夢はいつ開く?巧祐に負けられません!!

【どうなりたい?】

おはようございます!
小野@馬耳です。
三日目、宜しくお願いします。

 昨日の輿水サロンが気になります。
台風被害は、どうだったのでしょうか?
私は仕事疲れ、喜び疲れ、泣き疲れで、
倒れるように寝てしまいました。
台風を見たかったなぁ。
あっ!今日は10月29日。19回目の結婚記念日だ!!

【どうなりたい?】
昨日も少し書きましたが、静岡の経営塾で、
経営計画の作成をしました。その作成にあたり、まず

1「こうなりたい!」というビジョン(夢)がある。
2「どうしても」という情熱がある。
3その為の戦略が明確である。

の三点を確認しました。どうですか?皆さんはこの三点に
100点満点で点数をつけるとすると、何点になりますか?
恥ずかしいですが、自分でつけた点数も、他の方からつけて
頂いた点数も、どれもが落第点でした。(恥)
この三点が明確な会社と、そうでない会社とでは、差がでるのは
当たり前ですね。
明確でないという事は、会社の向かっていく方向も、向かう力も
またその方法も決まっていないということですからね。
結局、どんな立派な経営計画書を作っても、その中に流れる血が
なければ、ただの紙切れですね!
この確認で、私は「こうなりたい」ないんだなぁと思ったのですが
杉井さん曰く、どうやらこんな私でも、「こうなりたい」は
持っているというのです。でもそれを自分自身で意識していないから
無いと思ってしまうのだそうです。
「こうなりたい」が明確になれば、どうしてもそれを叶えようという
情熱も出てきますよね!

【誕生日】

おはようございます!
小野@馬耳です。
二日目、宜しくお願いします。

 今日は、富士掃除に学ぶ会ですね!
私は参加できませんが、何か学ぶもの、また、
役に立つもの、得るものがあると良いですね!
良い掃除の会になる事を祈っています。

【誕生日】
昨日は静岡経営塾で、私の誕生日を祝って頂きました。
誕生日プレゼントの中に、妻、娘と息子のメッセージがありました。
うれしいなぁ~
また、経営塾の皆さんからのメッセージもあり本当に嬉しかったです。
仲間・家族がいてくれて、本当によかったなぁと思います。
いなければ、一人きりですから…
プレゼントもそうですが、今回祝って頂いた誕生日会は、
涙、涙の内容でした。
本当に素敵な誕生日を過ごす事が出来ました。
参加してくれた一人ずつ、私との出会い、思い出を話してくれました。
棺おけの中で聞いているような感じがしました。(笑)
でも、このままで良いのか?と言われているようでした。
(もちろん皆さんは良い事しか言いませんが…)

今回の経営塾のなかでは、自分の「こうなりたい」という
ビジョン、夢を問われました。
 沼津経営塾では、らせん状の成長する人と、
グルグルと同じところを回わる独楽のような人がいると学びました。
夢のない自分に誰がついて来てくれるのか?成長せず、同じ場所を
グルグル回っている自分に、誰が魅力を感じるのか?
本当の棺おけの中で、どんな話を聞けるかを、考えさせられました。
家族のため、仲間のために、悔いのない人生を送りたいと
気付かせて頂いた44歳の誕生日でした。
本当にありがとうございました。

【掃除】

おはようございます!
小野@馬耳です。
初日、宜しくお願いします。

 今日は何の日でしょう!?
そうです!今日は私の誕生日です。44歳になりました。
これも偏に皆さんのお陰です。(なんて事は、思っていません。笑)
プレゼントを渡しそびれちゃった方、いらっしゃいませんか?
来年の誕生日まで受け付けておりますので、宜しくお願い致します。
(笑)

【掃除】
 掃除といっても、学ぶ会の掃除ではありません。
今、入っている現場での掃除なのですが、金曜日が現場掃除の日と
なっていて、13時から、作業現場をみんなで掃除をするのです。
それが、みんなかなりいい加減な掃除なのです。
小学校の掃除の時間みたいな感じです。
お客様がそれを見てどう思うんでしょうかねぇ?
心配になります。

しかし、ここはうちの会社をアピールできる良いチャンスです!!
電話の仕事を、どんなに丁寧にやっても、元請け会社は
なかなか評価してくれません。っていうか、丁寧にやって当たり前なんですがねっ。
とにかくこの掃除を丁寧にやってみようと昼飯の時、齋藤と話をし、
5分前から掃除をし始めました。私は4階の踊り場から
齋藤は2階の踊り場から掃きはじめました。
13時をすぎ、他の業者の方々が掃除を始めました。
笑い声、無駄話が聞こえる中、齋藤も私もけっこう真剣に掃除をしていました。
すると私たちが掃除をする階段を、元請けの担当者の方が上がってきました。
そして私たちの近くを掃除し始めたのです。しめしめ!
私「齋藤、丁寧に掃いてるだろうな!?」とわざと声をかけました。
齋藤「はい!」
担当者「すごい丁寧に掃きますねぇ」
私「え~まぁ~。ちょっとこだわりたい所なので・・・」
担当者「小野さんのところに来て頂いて良かったですよ!安心しています。」
掃除を見てそう言ってくれたのか、お世辞なのか、
また、工事をしてくれる所が見つからず困っていたからなのか、
良くわかりませんが、ちょっと嬉しくなってしまいました。
そんなちょっとした一言、お世辞でも、嬉しいものですね。
工事ももっと丁寧にやろうと思いました。(単純な私です。)

一週間ありがとうございました。

昨夜は沼津経営塾お疲れさまでした。
今週のブログの担当は、今まで一番大変でした。
今までは、日々の起こったことや、
感じた事を書くことが多かったのですが、
今回は、先の事、将来の事を考える事が多かったので、
書く内容に困りました。
今まで、先の事を考えずに、目の前の事をやってきたからだと思います。
経営塾でも、今年を振り返って、どんな青チップが手に入ったか?
という問いに、自分は何も手に入れていないと思いました。
いろいろなことはやりましたが、その先を見ていないので、
結局、同じ所をウロウロしています。
まずは、自分がどうなりたいか?をハッキリさせたいと思います。
一年後は、「これを手に入れた」というものを言えるようにしたいと思います。

皆さんのコメント本当に参考になりましたし、嬉しかったです。
ありがとうございました。
今日も一日、優しい言葉遣いを意識していきます。

自分の問題点

この先、仕事をしていく上で、
これはマズイなということがあります。
それは、自分は人に任せることが出来ない(しない)
ということです。
今は両親と一緒にやっていますが、
仕上がりに差がつかないものならまだ良いのですが、
気を付けてやらないと、仕上がりが悪くなるものや、
やり直しがきかないものなどは、任せることが出来ず、
自分でやらないと気が済みません。
親に「こうゆうふうにやって」と言って頼んでも、
自分のやり方でやってしまうので、必ずと言うほど、
失敗します。そして、毎回同じ失敗をします。
失敗と言っても、すごく細かいことなので、
素人には分からない程度のことですが。
何度言っても分からないので、「俺がやる」となってしまいます。
親はもう先が長くないので良いですが、
今後、若い人を雇った時には、このままではいけないと思います。
原因を自分なりに考えてみたところ、
一つには、私と父の意識の違いがあると思います。
父が「これで良い」と判断するものが、
私にとっては「ダメ」という判断なのだと思います。
父の判断基準は私には分かりませんが、
私は、同業者が見て「キチッとやってあるな」と
思うような仕上がりにしたいと思っています。
そして私は、お客さんと直に話しをして、仕事をいただくので、
出来るだけ綺麗に、長持ちするように塗りたいと思います。
そして、父は私の言う事を聞きません。聞いてはいますが、
右から左へ聞き流して、やり方は変えません。
実際に、自分がやって見せてもダメです。
何度もいうと、逆切れされます。
私の言い方や、伝え方にも問題があると思います。
父が受け入れやすい言い方をしていませんし、
否定されているように感じる言い方をしてしまっていると思います。
親に甘えているところもあると思います。
と、ここまでブログを書いていて、自分はとても嫌な奴だな~と思いました。
人を上から見ていて、相手を否定し、コントロールしようとしています。
実際、両親が仕事をしてくれるから、現場も進みますし、
自分一人ではこなしきれないのに、自分の気に入らない事ばかりを言っています。
これでは上手くいくはずがないですね。
何だか中途半端なブログになってしまいましたが、
書きながら読み返してみて、自分の悪いところが見えてきました。
ということで、今日一日は、優しい言葉遣いを意識してみようと思います。
そして、協力してくれるように、お願いしてみます。
親には、つい強い口調になってしまうので気を付けたいと思います。
協力してもらえるような自分作りをしていこうと思います。

社員さん

私は、長男が生まれたのをきっかけに、独立をしました。
それまでは両親と一緒にやっていましたが、
ゆくゆくは、親はいなくなるので、早目に自分が頭でやるように
しておいた方が良いと思ったからです。
独立して1年後くらいに、妹の旦那がスキーで腰を骨折して、
今までの内装屋の仕事が出来ないと言って半年くらい
プータローをしていたので、一緒に仕事をやることにしました。
義理の弟とはいえ、私の3歳年上で、内装屋でも、
マンションなどの大きな仕事をやるような会社に勤めていたこともあり、
現場馴れはしていました。ペンキの事は素人ですが。
彼は、大きな現場をやっていたせいか、会社を大きくして、
三島で一番のペンキ屋になろう!とよく言っていました。
私はというと、親は一般の住宅の仕事が主にやっていましたし、
修行先のペンキ屋でも、住宅が主でマンションなどの大きな現場の
経験は無く、あまり大きな仕事は好きではありませんでした。
高校を卒業して修行先に行く時に、父から言われたことがあります。
「自分達にとっては毎日のことだけど、家を建てるということは
一生に一度あるか無いかのことだから、施主の気持ちを考えて
仕事をしろ」と言われました。
仕事の事で父に言われた事はあまりないので、
この事はずっと自分の中に残っています。
ですから、私は一つひとつを丁寧にやりたいという気持ちがあります。
彼は、バンバン仕事をして、とにかく現場をこなすというタイプでした。
仕上がりなどもあまり気にせず、他の職方への配慮などもせず、
「うちがやってるんだから、あんたら向こうをやってよ」など
平気で言ってしまうような人でした。
まずいとは思いながらも、それを言えずにイライラすることが良くありました。
今考えると、すべて私が悪いのですが、
当時は、そのうち分かってくれるだろうと思い、我慢していました。
給料も、妹の旦那ということで、月30万近く払っていました。
いろいろあって結局、1年で彼は、元の内装屋に戻りました。
嫌な思いと、一人のほうが気楽で良いなぁという気持ちでした。
それと同時に、自分の未熟さと、彼は自分と仕事をすることに、
夢や希望を持てなかったのではないかという思いもありました。
数年後、知人が私を沼津経営塾に誘ってくれた時に、
「人の使い方なども教えてくれるみたいだよ」と言った時、
当時の失敗を思い出し、同じ失敗はしたくないし、
自分の足りないところを学べるのではないかと思ったのも、
沼津経営塾に参加しようと決めた要因の一つでした。
掃除のリーダーが出来るようになりたいと思ったのも、
リーダーシップを身に付けたいと思ったからです。
今後、社員を雇った時に、
夢や希望を持って仕事をしてくれるだろうか?
やりがいが持てるようにしてあげる事が出来るだろうか?
とても不安ですし、その方法も分かりません。
多分、今考えていても解決はしないでしょうから、
やりながら、問題に当たりながらやっていくしかないと思います。
皆さんは、実際にいろんな経験をしてきていると思います。
経験の中で、得たもの、感じた事があったら教えて下さい。

9年半後

9年半後に、私の長男は18歳で高校を卒業します。
(高校に行っていればですが。あくまでも予定です)
その時、長男がどうするかは分かりませんが、
もし「ペンキ屋になりたい」と言った時に、
私がどうなっていたいかということを考えました。
今一緒にやっている両親は70歳を越えていますから、
多分、引退していると思います。
あくまでも私の希望ですが、その時には、
私の下にNO2がいて、現場を仕切っていて、
その下に、3人の社員がいる状態になっていたいと思いました。
この人数がいれば、2つ3つの現場を同時にこなせるからです。
会社としては、人から信頼されて仕事がもらえる会社にしたいと思います。
今までいろんな仕事をしてきて、大手の下請けなどでは、
職人は、ただの兵隊のような扱いでしかありません。
職人の頑張りや、拘りなどは評価されず、現場をこなせば良いという感じでした。
それが悪いわけではありませんが、私はそうゆう仕事にやりがいを感じません。
下請けでも、監督さんや担当の方に信頼してもらっている仕事は良いのですが、
やはり、元請でお客さんが喜んでくれるのを、
肌で感じられる仕事がしたいと思います。
一緒に働いてくれる社員さんにも、「あんたに任せたよ!」「任せて良かった!」
と言ってもらえれば、やりがいを感じてくれるかもしれません。
それには、仕事の技術や知識はもちろんですが、
人として信頼される人にならなければならないと思います。
まずは私自身が、お客さん、社員さん、世間から
信頼される人間になりたいと思います。
そして、私を信頼してくれる社員さんが、息子を一人前に育ててくれたら嬉しいです。
そして「お前の親父には、本当に世話になった」なんて言ってもらえたら最高です。
そうなるためには、やるべきことがたくさんあります。
今の自分では、到底およびません。
この先、現場の作業で自分が伸びる事はあまり無いと思いますし、
その必要もないと思います。
現場以外の、会社経営や、人への気遣い、優しさ、自分を律する事など、
苦手な部分の成長をしていかなくてはなりません。
具体的な、目標売上高や事業展開は、まだハッキリしていませんが、
現実のものにするために、計画を立てていきたいと思います。

今の自分

私は家族と離れて、1年4ヶ月が経ちました。
暖かい家庭を作りたいと思い、今まで頑張ってきたつもりですが、
全く違う結果になってしまいました。
子供と会う権利はあるのですが、それもなかなか出来ない状況にあります。
会えないのは寂しいですが、それでも子供たちは成長していきます。
子供たちには、子供たちの人生があるので、
自分は養育費さえ払っていれば、必要ないのかな~
なんて考えてしまったりもします。
今は、仕事やその他の用事などで忙しいので、
それなりに充実感はありますが、完全に目的を失っています。
家族や子供のためになら「頑張ろう」と思えるのですが、
自分のためにと考えても、何をしたら良いのか分かりません。
そんな日々が続いています。
しかし、先日のリフレッシュセミナーで、遺書、弔辞をやった時に、
やっぱり頭に浮かぶのは、子供の事でした。
子供たちに幸せになってもらいたい。
別れた妻にも感謝しているし幸せになってもらいたいと思っています。
そのために、自分が出来る事はあると思いました。
リフレッシュの後に、吉澤さんから、
「お父さんのようになりたいと言ってもらえるように頑張るのも良いんじゃない」
とメールをもらいました。
その時、自分は子供に、自分の生き様を見せよう!
と思ってやってきた事を思いだしました。
子供が社会に出る時に、良い見本になれるように頑張ろうと思いました。
子供と遊んだり、思い出をたくさん作りたいという気持ちはありますが、
将来、自分のような生き方を認めてもらったり、
選んでもらえるようになる事の方が、重要だと思いました。
そう考えると、しょろしょろしていられません。
これからの進むべき道を考えていきたいと思います。

好きな事

私は、10月27、28日の長泉掃除の会のお手伝いをしています。
きっかけは、4月のはがき祭りの時に、長泉の小野繁美さんから、
「10月28日に長泉で掃除の会をやるのでお願いします」と言われたので、
予定に入れておきました。
小野さんに協力したい事と、地元での掃除の会ですし、
私達がいつもサッカーの練習をしている学校が会場でしたから、
これは外せないなぁと思いました。
地元の企業の方々とも縁を作るチャンスですし、
以前、静岡経営塾で掃除をやった時に、私の掃除ぶりをみた校長先生から、
「海野さんみたいな人に、仕事を頼みたいなぁ」と言われた事があったので、
仕事にもつながるかもしれないと思いました。
縁をつくるのも、どのような出会い方をするかが大事ですから、
掃除での出会いは、とても良いと思います。
実行委員の方々にも、良い印象を持ってもらえるように意識して、
お手伝いをしています。
しかし、先日のリフレッシュセミナーで、杉井さんをはじめ何人かの方に、
「海野さんは、好きな事をやっている」と言われました。
私としては、掃除は好きな事ではありませんし、
できれば、掃除よりも別の事をやりたいのに、
先の事を考えて掃除の方を優先していたつもりでしたので、
何で、そう言われるのかが分かりませんでした。
いろいろ考えて思った事は、将来の事や、
10年後どうなっていたいかが、ハッキリ自分の中で決まっておらず、
目の前のことをやっているのだと思いました。
10年先のビジョンが決まっていれば、そのために必要なことが決まってきます。
必要な事をしないでいて、何をやってもそれは、
「好きな事をやっている」ということになるのだと思いました。
掃除の会の手伝いをする事が悪い訳ではなく、
必要な事をしていない事が悪いのだと思います。
私の場合は、目的を持ってやっているつもりでも、
目の前の好きな事をやってしまうことが多いので、
気をつけなければいけないと思いました。

一週間よろしくお願いします。

10月20日 土曜日 海野貴

今回のブログ当番は、良いタイミングで、
自分の番が回って来たと思います。自分を見直す機会になります。
今の私は、上手く言えませんが「ヤバイ状態」にあると思います。
自分では気が付きませんでしたが、
リフレッシュセミナーの時に、杉井さんから指摘を受けて、
いろいろ考えているうちに、自分でも何となくですが、
思い当たるところが出てきました。
後日、杉井さんからいただいた葉書に、
「グッドラックを暗記したころの海野さんを懐かしく思います」と
書いてありました。
自分もグッドラックなんて忘れていて、懐かしいな~と思いました。
あの頃、一生懸命おぼえたな~と思い、
当時、答えのところを紙で隠れるように作ったテスト用紙を出して、
もう一度、テストをやってみました。
やってみると、10問中6問正解でしたが、
意味は同じでも言葉は間違っていました。
「結構忘れているもんだな~」なんて思いながら、
答えを隠してある紙をめくっていると、当時の記憶が甦ってきました。
当時は、何も分からず、とにかく何かを得ようと必死になって、
何度も何度も繰り返しテストをやりました。
10問完璧に答えられるようになるまでやりました。
子供のために、自分を変えようと一生懸命努力しました。
葉書1枚書くのに、2~3時間かかりながらも、とにかくやりました。
今の自分はというと、葉書は15分で書けるようになりましたし、
初めて会う人とも、臆せずそれなりに話せるようにもなりました。
以前の自分と比べると、かなり成長したと思います。
CLもやりました。100kmも走りました。
掃除のリーダーも出来るようになりました。
しかし、出来る事は増えましたが、
あきらかに当時の必死さ、素直さはなくなってしまっています。
今の自分を、誰が信頼し、応援してくれるでしょうか?
今の自分は、子供を裏切り、支えてくれている仲間を裏切っていると思いました。
こんな自分が悔しく、情けなくなり、涙が出てきました。
本当に申し訳なく思います。
グッドラックの言葉の一つひとつが身に染みます。
3年前に、勇気を出して沼津経営塾に参加した頃を思い出して、
もう一度、一からやり直したいと思います。
今回の担当は(も)、まとまりのないブログになってしまうと思いますが、
お許しください。

営業マン柴田7

おはようございます。柴田です
営業マン柴田7最終回お願いします
一週間ブログを書かしてもらい色々考えたんですが
僕は、ある意味、物(お風呂)と向き合って仕事をしていたので
やればやっただけ結果が比例してでやすい環境でした。
だから営業のように、これをやったらこれだけ結果が出るという
保証のない仕事はとても効率が悪いと思っていました。
でも、この数ヶ月、実際に営業にまわってみて少し考えが
変わりました。
営業は確かに努力と結果が比例しないけれどやれば必ず、
何かどっかで少し進むと言う事が解りました。
たとえ断られても、それは無駄ではなく次につながる情報が
得られ、次の行動が取りやすいと思いました。
結局、今してる行動が、無駄かOKかは、目標に向かって
何か掴もうとしているかどうかで、変わるんだなーと思いました。
今までは無理を言う営業さんに現場がわかってないと、
施工サイドの考えでしかみていなかったけど、営業は1件の
お客さんの契約をもらうために100件200件
回ってお客さんの状態を細かく観察して何とか契約を頂こう
と本当に苦労をしているんだなということがわかったので、
これからは、少しでも営業さんが気持ちよく仕事ができるように
営業さんありがとう、と言う気持ちで作業していきたいと思います。
まだまだ営業の入り口に入って1,2歩、歩いたかどうかなんで
これから、沢山の問題点があると思うんですが
冷静に心を落ち着けてやっていきます。
あと、自分を信用して仕事をいただいた時は今までの苦労が
どこかにいってしまい、すごく元気をもらった気がしました。
1週間ありがとうございました。
海野さん来週よろしくおねがいします。

PS オリジンには、新人営業マンが僕と原田君以外に浅原君がいます
僕は、すごくいい奴だと思うので皆さん応援してください。
おねがいします。

営業マン柴田6

柴田です
おはようございます。6日目お願いします。
色々藤枝、島田、焼津を主に営業回りしてると、どうしても
すでに、ヤシロのお客になっているお店に当たってしまい、
お客に謝って出てくるケースが10/2までに12件ありました。
これを考えると一番の営業活動のライバルは、ヤシロ消毒だな
と思いました。
それで、色々考えて出た答えが静岡の駅前の町を営業しようと
思いました。
ここなら、まだヤシロは、数件しかお客がいないので、バッティング
することは、なく、なんと言っても沢山の店があるので、
営業テクニックがない自分にとっては、件数で勝負が出来るので
いいかなーと思いました。
まず、一発目として駅南をゼンリン地図をチェックしながら全ての
ビルに、何て店が何階にあるかを、記録しようと思いました。
とりあえず、10/4に2時間やり4ブロック(道で囲まれているかたまり)
だけで63件、営業とお店チェックができました。
そして、1件の見積希望をもらうことができました。
やっぱ件数があると違うなーと思いました。
あと、町により性格があるのに気が付きました。
浜松らへんは、消毒業者を使わない店が多く、自分でやっているから
いいと言う人が多かったです。
藤枝、焼津、島田は、とにかく話だけは聞いてくれる人が多いと
思いました。
静岡は、一言「要らない」と言う人が多かったです
こういうことも断られて初めて、いただける情報なんだなーと
思いました。
あと、自分の性格を考えると明確にこうしようと言うやり方があると
結構地道にやれる方だと思うので、少しづつやってとにかく決めた
範囲すべての店に声をかけてみようと思います。
だいたい主な所だけで80ブロックぐらいあるので1260件と
言うことになり12件は、お客さんになってくれるかも、そして1260件の
データが集まるとどうなるか今、使い方を今考え中です。
正直、何かを狙って行動しなければいけないんですが、
今の僕の頭ではよく解りません。でも、きっと何かいい事
があるような気がするんでやってみようと思います。

営業マン柴田5

5日目お願いします
営業して思ったんですが、宏実さんや横山社長、原田くん、隼人君
にちょっと話したんですが
結局どうしたら、お客さんが僕達のサービスを、買ってくれるのかなー
と思いました。
お客さんの立場に立って考えてみて
出た答えが「僕達が関わった店が繁盛する」です。
僕達の仕事は、ゴキブリ、ネズミをやっつけるのが仕事です
でも、いくらよく効く毒餌を置いても、店が汚い
(食べ物のカスがある)
と、毒餌をなかなか食べてもらえません。
簡単に言えばビフテキが回りに置いてあって、毒入りの
牛丼があってもなかなか食べてもらえません。
だから、まず店をきれいにするだけでも、だいぶ違うと思います。
単純に店がきれいなら、お客も入りやすいと思うし、ゴキブリも
住みづらいと思います。
あと店員さんなどの接客のやり方などを提案したりして
それで、店が繁盛していくきっかけを作れば、ヤシロが来ると
店が繁盛するという流れができるるようになれば、いいなー
と思いました。
そうすれば、ただの消毒屋でなくなると思います。
この案は、ただ僕が考えているだけの案なので、とくに
動いている、訳ではないんですが、まず、なるべくお客さんの
所に行ったとき出来る限り掃除してゴミを捨ててやろうと
思います。
それを、やることにより、色々な問題点、やアイディアが
出てくると思うので、やってみようと思います。
ちなみに、最初のお客のお弁当屋さんのおばあちゃんは、
「ゴミ持ってくよ」と言うと「悪いからいいよ!今度自分でやるから」
と言って、なかなか掃除させてくれなくて、どうしたらいいんだろうと
悩んでます。多分僕の予想では、僕がゴミを持ってくのを認める
と言うことは、自分の店が汚いと認めることになるから
嫌なのかなーと、思いました。
でも、おばあちゃんは、体が丈夫でないのでなかなか思った
様に掃除できない感じでした。
どうしたら、おばあちゃんと仲良く、店を綺麗にすることが、
出来るかなーと悩んでいます。
とにかく、今は、近くを通ったら声をかけるようにして、仲良く
なれるようにやってます。
何かいい、方法あったら教えてください。

営業マン柴田4

柴田です
4日目、よろしくお願いします
今日は、最初に見積希望をもらえたお弁当屋さんの見積もり提出の
事を書きます。
見積書の作成は宏実さんが作ってくれました。
そしてその時2種類の見積書を作っていました。
僕が見積希望をもらってくる時の、情報が少なかったので2種類作って
実際に話をしながら情報を集めてどちらかを出すという事でした。
(僕の情報は確か年30000万円ぐらいの契約で他の業者でやってたが
お金が払えなくなりやめた。でも、やりたいとは思っている)
さっそく宏実さんとお弁当屋さんに行きました。
まず初めての事なので、どうなるかとても不安でした。
「本当にやってくれるのかなー」だとか「やってくれたら嬉しいな~」だとか色々考えました。
もう、2か月ぐらい前の話なので、他のお店の話とごちゃまぜに
なってしまってるんですが、宏実さんの頭の中には、
営業中の話のシナリオが何個かあって、お客に質問しながら
どの、話にするか、少しずつ絞り込んでいって話してました。
(これは、僕の観察が良かったんでなく宏実さんが終わってから
教えてくれました。)
とにかく明るい言葉で「年いくらまで出せます?」
「1年契約は、まとめて払う金額が大きいからそのつど払ってはどうですか?」
「毎月は大変なんで2か月に1っ回のやり方もできますけどどうですか?」
と、パンパン、テンポよく話してました。
すごいなー、と思いました。
僕は今まで積水のクレーム処理をしてましたから、又来てもいい雰囲気
でなく、もう来なくていいよという雰囲気作りに心がけていたので
僕の染みついた思考パターンでは、全く逆の話方をしてました
そして,宏実さんが話をしてくれて、OKをもらうことができました。
初めての僕のお客さんは、お弁当屋さんになってもえいました。
めちゃくちゃ嬉しかったです。
その時は自分に対する喜びで心の中がいっぱいだった
んですが、数日たってから気がついたんですが、宏実さんが真剣に
お弁当屋さんのおばあちゃんと話をしてくれたからOKもらえたんだよなーと思いました。
そして、契約OKもらえたときに、原田君と隼人君がやったね
と言うことでお祝いをしてくれました。
同じ仕事でも一人で仕事をするというのは、とてもさみしく大変だけど、
仲間で仕事すれば、さみしくなくて、楽しいな~と思いました。

営業マン柴田3

柴田です3日目お願いします
3回目の営業予定が入りました。一応上辺だけでもやり方は、
解ったので又、一人での営業です、
でもその前に僕は、気が付きました。
1/100の法則を聞いて100件回ればいいんだと思っていながら、
僕は全然回った店を数えていませんでした。
100件回ると思っていたのは、実は、100件ぐらい沢山
回るでした。
ただ頑張るのと、目標を決めて頑張ると言うのの違いに
気が付きました。
それで、次からは回った店をちゃんと記録してく事にしました。
8/29の事です時間は2時間30分で1時間6件回れるとして
15件回れる計算になります
1件目は、ラーメン屋:消毒業者は入ってないけど嫌だと言われとにかくチラシとこおろぎを置いてきた。
2件目も、ラーメン屋:大家さんが管理してやっているからいい
3件目は、パブ:ママが21:30に店にくるからそん時に来て
、、、、とやっていき17件回りました。
結果は、見積希望なしでした。
でも、前回よりも気持ちは、とても落ち着いていました。
今回わかったことは、件数を数える事によって、見積希望をもらえればうれしいし
駄目でも100件まであと何件というカウントが1つ減るからそれは、それで嬉しいと
思えて、店に入る前の「断られたらどうしよう」「恥ずかしくないかなー」などの
びびってる感情をかなり抑える事ができました。
やっぱ目標を数字ではっきりするのはいいんだなーと思いました。

営業マン柴田2

柴田です今日もよろしくお願いします
営業の仕事2回目は、水澤君と同行で回りました。確か1時間だけ同行で次の2時間は、自分一人で回るという予定でした。
まず水澤君の営業のやり方を見せてもらいました。
横山社長との違いは、水澤君はチラシを使う営業でした。
このやり方は、営業初心者の自分にとっては、手ぶらで行くよりも
チラシを、配らしてもらっていますと言う、最初の言葉が出やすく
今の自分には、合っているかなと思いました。
そうして藤枝の駅前の八百屋、旅館、飲み屋、を何件か2人で
回りました。が、全部断られました。
そして、お弁当屋さんに入り声をかけました。
そしたら、そこのおばあちゃんが、「じゃあ見積もりをたのむよ」
と言ってくれました。
僕は、ずっと断られてきていたので、「あー見積もりだけかー」
と思っただけでしたそして、店を出て水澤君が、
「見積もり取れたね」と言ってくれて、
その時初めて、「そうだよなー!まず、見積もりをして、
考えてもらって、契約してもらう」
と言う当たり前な、単純な流れが、分かりました。
それが、頭の浅いところでなく、深い所で理解できました。
営業をしてる人からすると、算数の1+1=2ぐらい当たり前な
話だと思うんですが、
僕は、営業のそういう所もよく分かっていませんでした。
それが、分かった事が分かると「おーやったぜ!」と言う気持ちが遅れてやってきました。
正直、この時は件数を数えていなかったので、分かりませんが、
多分10件目ぐらいだったと思います。
それで、今度は、水澤君と別れて今度は、自分一人での
営業になりました。
そうしたら、いきなり喫茶店で、見積希望をもらえました。
その時は、営業なんてちょろい仕事だと思いました。
そして、次の店も「グイン、グイン!」言わしてやろうと思い勢い良くお店を回りました。
だけど、15件ぐらい回ったと思うんですが、全然駄目でした。
ひどいところは、僕をにらんで15秒ぐらい動かなくなるお好み屋の
おばさんもいました。
横山社長の又来てもいい雰囲気どころではありませんでした。
本当に暗い気持ちになりました。その日は、結局2件も見積希望をもらえたけど100%喜べませんでした。
でも、後からよく考えると、この一日を考えると、営業の仕事は、
短い時間の中で自分の気持ちが「よっしゃー!」だとか「何で?」
だとか「恥ずかしいなー」だとか
「断られたらどうしよう」など色々な感情が激変するので、
営業の仕事は、自分の感情をうまくコントロールして乗り越えないと
やれない仕事だと思いました。

営業マン柴田

おはようございます柴田です
僕はオリジンに入社して白蟻、ゴキブリ、鼠、等の駆除のやり方を教えて
もらいましたが、ある程度仕事を覚えてきたら、
今度は「営業をしてくれ!」と言われました。
いつか、言われるんだなーとは、思っていたんですが、
「本当に言われたよ」「よく、俺にそんなことを言う勇気があるなー」と思いました。
僕は、お風呂の修理屋で積水の営業の嘘に振りまわされていつも、
大変な目に遭わされていたので、営業は、悪人というイメージがありました。
だいたい、営業マンは、僕の勝手な極端な偏見では、警察に捕まらなければ営業マン見つかって捕まれば詐欺師、見たいな、イメージがあり、
「現場の職人の俺様が営業をやるのは、ありえん!!絶対嫌だ!」
と思っていました。
でも、言われてしまっちゃーしょうがない、がんばって行こうと思いました。
まず、僕が営業する商品は、簡単に言うと飲食店の厨房のゴキブリや鼠の退治!を毎月するサービスでした。
まず、横山社長が同行して、見本をみせてくれることになりました。
その時最初に言われたことが「まず、みんな断るから!」でした。
僕は、それを聞いて「まあそりゃそうだら、そんなやる人なんていないら!」と思いました.
それでまず、カラオケBOXに入りました。店員のお姉さんが
「いらしゃいませ」と可愛くいってくれました
横山社長が「こんにちは!ヤシロ消毒と申します、、、、、、、。」と話して、結局何事もなく1,2分で出ました。
その後何件か入ったんですが、全然だめでした。でも横山社長は、全然こたえてない感じでした。
正直、最初に「まず、みんな断るから」と聞いては、いましたが本当に見事に断られていました
僕は営業のプロだからきっとそうは言っても5、6、件回れば見積もり希望ぐらいは、あると思っていたのに全然、ダメでした。
でも、横山社長はこうも言ってました「100件声をかければ
1件ぐらいは、やってくれるよ」でした。
良く聞く1/100の法則だけど僕は、横山社長の断られっぷりを見ると本当かなーと思いました。
でも、横山社長は実際営業をやって言ってるのだから、社長が嘘を
言ってなければ、きっと本当なんだろうなと思いました。
だから、とにかく100件行ってみよう!と思いました。
この日、横山社長と回って感じたことは、横山社長がやってる営業は、
しつこくお客にまとわり付き、嘘言って話術でお客を煙にまいてOKさせる営業ではないことがよくわかりました。
横山社長の営業は、お客に冷たくされても笑顔で対応する営業でした
そして、断られてもなんだかんだ言ってそのお店の色々な
情報を得ていました。
それは、どこの消毒屋といくらで契約していて、それに満足してるか、何ゴキブリが出てるか、店の人は、どんな人か?儲かってる店か?
誰が店を仕切ってる?など、色んな情報を
短い時間にお客に嫌がられないで聞き出していました。
しかも、又来てもいいような雰囲気で断られてました。
僕は、この又来てもいい雰囲気は、とても大事だと思いました。当然営業ですから、
断られても又訪問できるのは営業のチャンスを残すという意味で大事なんですがそれより、人間として又来てもいい人間ということは、
自分のファン作りの基本の一つだと思いました。

事業展開2

おはようございます、越膳です。
1週間お付き合い有難うございました。特に後半は取り留めの無い内容になりましたが、お蔭様で自分の中では整理が出来たり、確認が出来ました。有り難いです。
昨日の続きとなりますが、最終日も宜しくお願いします。

【事業展開2】
④ 宅販事業・・・少しずつ契約件数は伸びているがスケールメリットが出るまでにはまだ遠い。今は完全な投資事業だが自分の直感で「物流大手の届かないこのサービスをやらねば!」と思い立ち始めた。消費者直結商売だけに手応えも得やすい事業。社内的課題は沢山あるし、どこで見切るか、もあるが今は来年のセール事業とのコラボを具現化し、既存商品以外のものを加えて配達効率や収益率を上げていきたい。
⑤ 印刷事業・・・今までは特殊印刷加工品の最終検査、アッセンブリ、梱包・発送のみを請け負ってきたが、今後はより特殊化する製品の機械加工から出荷までを一手に担っていく。静岡LCではそこを狙いどころに機械も導入、随時面接したり営業活動したりと着々と準備を進めている。今期11月1日から稼動予定。
⑥ 辞めた仕事
・ 個人アソートのカタログ封入作業
1回の受注で何千世帯分の通販カタログを、全て個別お客様用オリジナルアソートにする。全てが違うセット内容なので効率が悪く、スペースがかなり必要でしたが、元々の請負単価も非常に厳しい設定だったので単価交渉を重ね、決裂に終わった今年3月で契約を打ち切った
・ 返品商品の一斉仕分け
全国のショップから一斉に戻ってきた返品商品を一斉に仕分けて種類別に整理しなおす作業ですが、瞬間的にたくさんのスペースと人を要するにも関わらずそれに見合わない単価で、交渉の余地が無いというのでそれではということで昨年秋口に打ち切った

その他細かいオーダーでいくつか止めましたが、いずれも当社が止めた後も必ずどこかが請負うので、ギリギリまで考え・工夫・交渉・試しましたが限界と判断し、見切りをつけてきました。

止めるものもあれば、新たに挑むものもあります。今までそれの繰り返しでしたし、これからもそういう展開は続くと思います。
既存事業の何かで100%永久に安泰という保証のついた仕事でもない限り・・・。
目先のことに注力したり、改善・進化させていきながらも、新しい芽を育てて実らせていくことで達成感を得たいですし、不安を取り除きたいです。

先月から6期がスタートしました。10年という一区切りへの折り返し地点であり、個人的にも会社でも先々への新たなスタートを切りました。
関わる人全ての幸せを目指して、一つ一つ具体的にしながらやっていきます!

事業展開

おはようございます、越膳です。
早いものであっという間のラス前です。今日は静岡LCでの面接があります。
良いご縁となるよう笑顔で対応してこようと思います。
それでは、ラス前宜しくお願いします。

【事業展開】
当社には3営業所(沼津・富士・静岡)、5事業(検品・物流・セール・宅販・印刷)あります。
営業所3つと言っても静岡は今月立ち上げたばかりで実質的な稼動は11月からですが。
また5事業といっても、実際経営を支えているのは3事業といったところで、あとの2つはこれから伸ばしていく予定で、まだ発展途上にあります。

なんで業種の異なる事業があるかというと、一つは閑散期対策の為です。
単一事業でいくら取引先を増やしても波が同じで、逆に増やすとその反動に苦労します。
もう一つは地域密着・貢献をしていく為です。
創業当初は関東のメーカーや商社の仕事が95%で、地域との商売や地域貢献は全くと言っていいほどしてませんでした。当社のような資本力の無い小さな会社が継続的にやっていくには大きな舞台でなく、地元という舞台で誠実にコツコツとやっていくことが必要だと思いました。

そこで以前5期以降について内外部環境・将来性・市場の動向・理念など踏まえながら各事業について当面の見通しと方向性・計画を立てました(ここでは計画、詳細は省きますが)。
① 検品事業・・・売上は毎年2割ダウンしていく予定。但し、当社の既存パフォーマンスがある程度評価されていること、中国製品への不安・懸念、消費者の安全に対する関心度の高まりなど追い風も強くなるだろう数年後を見越して、来年中に新たなプレゼン作戦を作成し営業攻勢はかけていく。社内的課題はミシン職人の高年齢化。
② 物流事業・・・ここ2年売上は横ばい、そこはメーカーの売れ行き次第と完全な他力本願だけに何とも言えないが、メーカーの事業計画は125%増くらいで立てられており、今のままでいくと現実化しそうなので微増ながら売上アップに期待が持てる。国内では珍しい物流の2次元化構想の成功の一端を担っているので人材確保の状況によって他メーカーへの営業など新規開拓も考えられる。社内的課題は新プレゼン用ネタとパート作業員の不足。
③ セール事業・・・前社から引き継いだ事業で、現状唯一地域との結びつきを実感できる事業。年々DM会員が増えていることから宅販事業とのコラボレーションを図っていく。社内的課題は会場のキャパや仕入先新メーカーの開拓。

なんだか書いているうちに纏らなくなってきちゃいました。コメントしづらいですよね。
私は書きながら自分の中では整理がついて良いのですが。 とりあえず続きは明日に・・・

現実を知る

おはようございます、越膳です。
リフレッシュセミナー参加の皆さん、お帰りなさい!
また参加した感想なども良かったらブログでコメントして下さいね。
それでは5日目も宜しくお願いします。

【現実を知る】
今更書くまでもないことですが、昨年あたりから各紙面では増収増益だの、各最高益だの、○○○ぎ景気を超えただの、景気回復や好景気を印象付ける記事が目立ちます。
片一方で年金問題や文書偽装、不当会計処理など政治とカネの問題も目立ちますが・・・
いずれにしても世間の持っている印象はそうしたマスメディアによって作られていく場合がほとんどだと思います。
それと同時に、我が家の財布の中味を見た時、印象と現実のギャップに????となります。

各団体の発表した景況調査には次のようなデータと社会的動向がありました。
≪今年上半期(1~6月)の景況調査から一部を抜粋≫
・前年同期比の大手企業の倒産件数は大幅に減少(47件から34件)
・前年同期比の中小零細企業の倒産件数は約17%増の5,394件(すごい件数!)
・倒産件数は増えているのに負債総額は前年同期比で8.3%減っている
・公共事業の削減
・個人向け無担保ローンの出資法に絡む上限金利の引き下げ(改正賃金業法)
そしてこれらに続く見解は、
・運転資金を消費者金融で調達し、小さな借金を繰り返す悪循環から脱却しない
・逆に大きな融資を受けない、または受けられない為に先行(設備)投資をしない、または出来ないから開発や拡販、拡大路線のルートを絶たれている
・都銀、地銀の貸し渋りによって多くの経営者が消費者金融からの借り入れに依存している
・各金融業者の与信審査がより厳格化されたので借りれなくなっている
・ 大手(元請)から末端まで仕事が流れなくなっている(共存共栄の原理が崩れる)
となっています。
借りない、借りれないから上手くいかないなどと言ったら「不完全なあなたへ」の著者に怒られますね!?
いずれにしろ一部の情報ですが、これもまた事実であり、おおよそ印象やイメージと異なり、より実態に近いと思わざる得ません。
当社ではこうした現実も踏まえ、既存事業の中でも故意に縮小・撤退するもの、辛抱強く続けていくもの、新規事業として立ち上げていくものを精査し、実行中です。まだまだ手緩く、それで良いのか?と自問自答の日々ですがノーリアクションだけにはならぬよう努めていきます。
そこでその具体的な一部を明日書いてみようと思います。

求人・採用

おはようございます、越膳です。
今日は10月9日、10と9くで得の日ですね!?
どんな得があるか楽しみによーく観察しながら今日も1日張り切っていきましょう!!
ということで4日目も宜しくお願いします。

【求人・採用】
そのことならS氏の「超・面接術」を読んで下さい!
なんですが、現状私が感じていることや聞いた事などを少し書いてみたいと思います。

先月末より沼津本社LC、富士LC、静岡LCの3営業所で同時に求人募集を出しています。
(求人内容は各営業所により多少異なりますが、大半がパートタイマー)
季節変動や小ロット短サイクル短納期など年々非効率なオーダーが増える中で、従って年々工夫や知恵が求められるようになってきました。
その中で重要なものの一つが人材です。
当社は社員少数、パート多数というバランスでアパレル・雑貨・特殊印刷品などの流通加工や発送業務を主としている物流サービス業なので人海戦術が必須です。

先日「超・面接術」の著者は言いました。
「これからドンドン採用は厳しくなる」「特に中小は大手より商売は厳しいのに採用条件は上げていかなければ人が集まらない逆転現象になり始めている」
皆さんも実感されていると思います。そして各社ともそれに対応すべくオリジナルな採用活動を展開されているところもあると思います。

さて、当社の場合主たる求人はパートタイマーですので社員の求人ほどではないですが、これも年々厳しくなってきました。
それでもこの数日間で10数名の応募があり、面接をしましたのでリクルート担当者曰く、当社はまだ良い方なのだとか・・・
ここ数年、人材派遣会社の台頭がパート求人市場に大きな影響を与えています。
働く人も、「1箇所で長く働きたくない」「自由な勤務日・時間で働きたい」などという要望の多様化で一般企業への直接就職は避けている傾向があるようです。
そのような環境においてどのように求人を工夫し、人を集めるか?
昨年から広告業者選定も行い、そこからの提案も聞きながらイーリードらしさを出来る限り表現した紙面にしています。お陰でそれ以前より問い合わせ件数も増えて反応は良いです。
まだ、静岡LCの方がイマイチで一部改善は必要なのですが・・・

皆さんは求人活動においてどんな事に注意し、どんな工夫をしていますか?

行動計画

おはようございます、越膳です。
「計画を立てました」、なんて言わなきゃ良かった。 と少し後悔・・・
しかし、ここは“宣言する”を利用して課題をやり切る為の糧にしたいと思います。
勿論、内容について指摘・アドバイスがありましたらお願いしますね!
それでは3日目も宜しくお願いします。

【行動計画】
はっきり申し上げて、行動計画というよりスケジュールみたいな感じです。
① 森田関連の本・・・計250pを11月30日までに完読、1日6p読むことを日課に
② 内観関連の本・・・計320pを11月30日までに完読、1日7p読むことを日課に
③ 日常内観・・・毎月10日に行なう
④ オリジナル課題・・・毎月15日に作成し、20日までに実行
⑤ 身内内観・・・毎月25日に行なう(順番は年齢の多い人から)
⑥ 上記を忘れない為に毎日必ず見る事務所カレンダーと手帳に記入しておく
⑦ 上記のチェックを沼津経営塾の際に西村さんに依頼する

ふーっ    やる前からお腹一杯です!?

おそらく漏れなく行うためにはタイムスケジュールまで必要になるのですが、通常業務や出張などとの兼ね合いがありますので、とりあえずデイリースケジュールで立ててみました。
④が一番の鬼門ですが、経験者やインストラクターのご指導を頂きながら進めていきたいと思っております。

さて、MGでは逆算を教わりましたが、こうした計画も日常の業務や経営も全て逆算で計画を立てて、特に行動計画は具体的に立てておけばチェックもしやすいし、進捗も分かりやすいので実行しやすいと思いました。
「○ヶ月、あるいは○年後にこうなっていたい!」というものから、どの時点ではどうなっていなければならない、それでは今現在何をやるべきか、などなどを明確にしておくと経営そのものの進捗状況や進路確認が出来ますね。
これが、言われてみれば「そうだよなぁ~」と当たり前の感覚ですが、分かっているか?実践しているか?となると、ん~~~  なんですね。

今期期首に社内レビューした経営指針は2010年の姿をイメージし、そこへ向かう為の3ヵ年ということで作成しました。
“絵に描いた餅”にしない為には社内への落とし込みと実践あるのみですね。
よ~し!  みんな集まれーーーー!!      
って今日は休みか・・・

CL前期

おはようございます、越膳です。
「前置きだけで1日使うな!」 との声がどこからか・・・ お察しのとおりです。
というわけで今日からが本文ですので、2日目も宜しくお願いします。

【CL前期】
山中湖に向かう車中では「イヤだなあ~」、とか「何とか引き返す言い訳ないかなあ~」と往生際の悪い自分が頭の中をウヨウヨしていました。
でも、助手席に座るスタッフの目前で逃げるわけには! と気を取り直しました。
「感情・事実はあるがまま受け入れ、必要な行動を取る」
まさに初日の道中の自分の為にあるような文言でございます。

さて、初日にまずトレーニングに入ってからの日々の行動パターンを約束しました。
11時に布団に入る、5時起床、30分以上のジョギング、出された食事以外食べない、です。
このパターンを漏れなく行うためにもいくつかの計画的な行動が必要になります。
例えば、課題を10時半までに終わらせる。その為には夕食後すぐに課題に取組む。
その為には探し物と買い物と一服は個人相談終了後、夕食準備までに行なう、などなど。
何気に一番心配だったのは起床時間です。アラームに頼ると他の人の迷惑になります。
かといってバイブだけで起きる事が出来るか?
神経質なお陰で見事に最終日まで毎日4時40分に目が覚めて5時までに起きました。
なぜか毎日4時40分・・・。アラームが4時50分ですから10分前行動かな!?
最終日は膝の痛みが強くなったので1時間のジョギングでしたが、それ以外の日は全て湖畔1週しました(1時間30分前後)。お陰で1日のスタートが気持ちよく切れました。
日々の行動パターンを目的に沿って決め、そのとおり実行していった為にこの5日間全体が非常にスムーズで苦しいとか辛いといった感情も無く、体調も良かったように思います。
(アルコールの禁断症状も出ませんでした!)

課題の中味や森田に対する理解度がどうだったのか? は分かりませんがこうした計画通り、スケジュールどおりに過ごせた事は私にとって大きな収穫でした。
要は、普段どこか怠けて、面倒臭いなどの感情本位に生活していただけなのですね。

せっかく良い行動パターンや、その為の逆算による行動計画などを実践したので、これを活かさない手はありません! 早速帰宅後も試みましたが、初日の起床が7時でした・・・アカン!
まあ、そんな時もありますがブログコメントの課題の継続的な取り組み、後期までの課題を計画的にやり切ることで前期トレーニングの成果としたいと思います。
特に後期までの課題についてはやり切る為の計画を立てました。 
それは・・・     あ・し・た!

面倒くさがり屋

おはようございます、越膳です。
ブログを開いて、あれ?誰が当番だろう??アップが遅れている???寝坊かな????
って、当番俺じゃん!!!! というわけで初日からの失態、スミマセン!!!!!
遅れ馳せながら1週間宜しくお願い致します!

【面倒くさがり屋】
私は生来面倒臭がりです。
苦手な事はもちろんしませんし、手間の掛かる事もしませんし、自分にメリットの無いことなど全くしませんでした。
過去形になっているということは今はしている?  イヤ、ほとんど変わらずです・・・。

・例えば小学校の時
釣りが好きで向かいに住む幼馴染みと朝4時ごろから近所の釣堀によく出掛けました。
釣りを始める前には山へ登ってポイントを確認し、念入りに餌を煉ります。
ある日のこと、お昼ごろ仕掛けを変えている幼馴染みの釣竿が後ろを走り去っていった車に折られちゃいました(釣堀の周囲は全て一般道で、座っている2mくらい後ろは道路)。
午後からは私の竿だけが頼りですが、途中で糸が絡んじゃいました。
暇そうにしている幼馴染みを見て「小便行ってくるから直しておいて!」と頼みました。
彼は私より器用で頼まれたら何でも気持ちよく受けてくれます。

・例えば高校の時
毎日部活で帰りが遅く、バイトもしていたので帰宅はいつも12時過ぎでした。朝も朝練で6時に自宅を出るので、夜はクタクタです。2年生になったばかりの春先、シャワーも浴びない日が1週間続きました。気が付いたらメチャクチャ足が臭くなってました・・・。

以上が私の面倒臭がり伝説のうちの極々一部でした。
今になってよく考えてみると、とっても感情本位だったんです(今でも・・・)。
好きなことや、熱中していることにはめっぽうマメッたかったんです。
大切にしていた楽器は毎日のように磨いていました。気になる髪型は歯を磨く時間を削ってもムースをつけて入念にセットします。
きっと自分の判断で行動する範疇の事については、自分のやるべき事とやりたい事がごちゃ混ぜで、その時やった方が良いかどうかよりもやりたいかどうかで判断していたと思います。
今思えば随分やっておいた方が良かった事があります(数え切れない・・・)。

そんな私が今年ジョギングを始めたり、CL前期トレーニングを受けさせて頂きました。
明日からはそのCL前期での学び・気付きを中心に書かせて頂きますのでお楽しみに!

誕生日

10月5日(金)
おはようございます。細谷です。最終日よろしくお願いします。

今日は息子(泰誠)の2歳の誕生日です。この間生まれてきたばかりだと思っていましたが、あっという間に2年が過ぎました。色々な事情があり、結婚してから7年経ってからの子供ですが、やっぱりかわいいです。確か昨年はじめて沼津経営塾に参加した日も子供の誕生日だった気がします。

1週間たくさんのコメントありがとうございました。少し重い内容が多かったですが、初心に返るつもりで書いてみました。自分自身、皆が思っているほど真面目なわけではありません。分からないことが多すぎて勉強せざるをえない状況があるのも事実ですが、楽しくやろうと思っています。

ブログにはやっぱりオチのある話がいいですね。特に皆さんの封書は面白かったです。

最後のまとめは夢、ビジョンにしようと思いましたが、長くなりそうなので、飲みながらの話にしたいと思います。環境ががらりと変わり始めていますが、自分を見失わず、為すべき優先順位をしっかり見極めて行動していきたいと思います。1週間ありがとうございました。

本当の自分

10月4日(木)
おはようございます。細谷です。6日目よろしくお願いします。
今まで、色々とブログに書いてきましたが、なぜ、目的だったり、創業の精神だったり、使命について書いたか?それは自分にとって今の仕事が本当に自分にあっているかどうか不安であり、何かしらの意味や心の拠り所が欲しかったからだと思います。

 正直この仕事はあまり好きではありませんでした。自分で選んだ道なので言い訳はしたくないのですが、どんな仕事でも一生懸命やっていくうちに好きになり、楽しくなっていくようになると思い、今までがんばってきました。

でも、なかなか自分の思い通りにいかず、ストレスがたまり、いらいらします。自分はもっと違うことが出来るはずだとか、違う環境であればもっと楽しくできるはずだとか、本当の自分はこんなんじゃないとか錯覚に陥ることがあります。どんな時もどんな場所でも今ここにいる自分が自分であり、そこで精一杯自分のやるべきことをやらない限りは、何も始まらないのです。

たくさんの人に出会いたいという思いや知らないことにチャレンジしたいという欲求が、他の人よりも強いのかもしれませんが、本来持っている自分の能力を最大限に活かす為にも、これからも人との出会いやチャレンジ精神は大切にしていきたいと思っています。

「人間は一生のうち逢うべき人に必ず逢える。しかも一瞬早すぎず、一瞬遅すぎない時に」という言葉があります。この言葉は自分にとってものすごくしっくりきます。本当に出会いによって助けられたことがたくさんありました。他人が自分の鏡になって色々と教えてくれました。

本当の自分と思っているものは理想としている自分像であり、どんなに追いかけてもただの幻影です。しかし、それに向かって進む姿こそが周りから見ても本来の自分の本当の姿なのかなと思いました。

皆さんは今までの人生の中で、出会いによって救われたことありますか?

ところで次のブログ担当の方はだれですか?準備おねがいします。

社長の使命宣言

10月3日(水)
おはようございます。細谷です。5日目よろしくお願いします。
昨日は「創業の精神」でしたが、なかなかこの精神を受け継ぐのは難しいです。でも、社長としてこの会社にいる間にどうしてもやっておきたいこと、目指したいことを「社長の使命宣言」として書いていきます。(これも創業の精神を作るときに一緒につくったものです)

1、社員さんの物心両面の豊かさの実現を目指します。
2、会社も個人も無借金にして安定した経営を目指します。
3、短納期、確かな技術、親切さでお客様に安心・信頼される
  企業を目指します。
4、人材の採用と育成を継続して行い永続する企業の基盤を作ります。
5、素直さと建設的なコミュニケーションを心掛け、
  親しき仲にも礼儀のある社風作りをしていきます。

ただ読んでいると何ともないのですが、社員さんの前でこれを宣言すると、ちょっと吐きそうになるくらいプレッシャーを感じてしまいました(4年前くらいに)。CLでも宣言するというのがありますが、使命を皆の前で宣言すると後に引けなくなるようです。言葉にはすごい力があります。不可能と思うことでも言葉に出すことで可能になることもあるような気がします。

皆さんの会社に対しての使命は何ですか? 社員さんの前で宣言したことありますか?

創業の精神

10月2日(火)
おはようございます。細谷です。4日目よろしくお願いします。
毎回コメントを頂きありがとうございます。皆さんの封書面白いですね。自分の所にも1度来ましたが、「そんなの関係ない、オッパッピー」と書いてあったので、海野さんに回しておきました。

さて、本日は創業の精神について書きたいと思います。2代目にとって創業の精神を継承していけるかどうかは、会社を永続させていく上で、とても大切なことだと思っています。自分にとっての目的や価値観と創業者の目的や価値観をリンクさせていかないと、どこかでひずみが出てきます(今回の自社のように)。

先代とはほとんど話も出来ず、他界してしまいましたが、残っている創業メンバーや先代の友達など話を聞きながら、先代の創業の精神をある研修をきっかけにまとめました。

<創業者が4畳半の部屋で仲間と互いに独立して立派になろうと誓い合ったのが我社の始まりです。1968年10月、弟(優=専務)と一緒に清田製作所を開業しました。始めは中古の機械を数台買い、毎日夜遅くまで必死に働きました。「いつか世界1周でもしようや」という創業者の人柄に魅かれ、多くの人たちが集まってきました。「自分だけ裕福になってもうれしくない。働いている皆が、家庭を持ち、家を持ち物心両面豊かになってこそ、自分の幸せがある」と考え、家族的経営と共に、いつも和を大切にし、自分の技術を皆に継承していったのです。

この世を去る時、「モノづくりを通して、皆が共に幸せになること、そして、日本を支える技術力を次世代に継承していくこと」の志を遺していきました。この創業者の志を心に強く刻み、継承していくことが我々に与えられた使命であると確信します。>

物語風な創業の精神ですが、自分の考えともある程度リンクします。昨日の「何の為に生きるのか」の問いの答えにはならないかもしれませんが、会社経営をする上で、理念や目的のヒントにはなるかもしれません。創業者の精神を継承しながら、自分の本当の思いもこれから創業の精神の上に積み重ねていきたいと思っています。

皆さんはどんなきっかけで今の仕事を始めましたか
次のページ

FC2Ad