沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

目標の向こう側

H19年9月30日(日)
おはようございます。細谷です。2日目よろしくお願いします。
親愛なる沼津経営塾の皆様たくさんのコメントありがとうございました。ひとつの事柄でも色々な見方があり、とても参考になりました。

今日は決算です。創業39年以来初の売上1億円達成しました。
(税込みですが、100,049,628円ぎりぎりで、皆の最後の追い込みはすごかったです)自分が社長になってからのひとつの目標でもあり、うれしい反面、来期から3人辞めてしまうというちょっと寂しい気持ちもあります。

2000年に代表になった時は売上が6~7千万ぐらいでしたが、1社依存体質から抜け出し、リスク分散しながら、得意先や設備などバランスよく増やしていきました。残業はありましたが、皆頑張ってくれて少しずつでも前に進んでいった気がします。売上も黒字、赤字を繰り返しながらでしたが、ここまでようやくたどり着いた感じです。

目標を達成してみて思ったことは、目標は目的を達成する為の単なる通過点に過ぎないということです。達成したから終わりではなく、次の目標に向かってまた行動しなければなりません。

本当の目的は1億円を達成することではなく、目標を達成することによって社員さんたちと達成感や満足感を共有し、共に幸せになることです。

自分の立てた目標に向かって食らいつく執念はとても大事ですが、それによって得るもの、なくすものも少なからずあります。目標の向こう側に何を求めていくか、個人個人違うと思いますが、経営者としてどんな時も顔を上げて、夢やビジョンに向かってあれを目指すんだと、社員さんや外部の人たちに語れる人間になりたいと思っています。

皆さんは目標の向こう側に何を求めていますか?
スポンサーサイト

信じられる人

H19年9月29日(土)<自己紹介>
ブログ初当番の細谷つよしです。1週間よろしくお願いします。
最初なので軽く自己紹介させて頂きます。
S48年8月2日生まれ(パンツの日?) しし座のAB型です。
特性は動物占いによると「あきらめの早いチャレンジャー」だそうです。
北海道出身で実家はホタテ養殖業していました。(今は父が亡くなり辞めました)。
旧姓は外山といい(ちょっとだけアイヌの血が入っているようです)、
次男坊だったので、細谷家に婿養子として入り
先代が亡くなった後、引継ぐ形で2000年に今の会社で代表をしています。

先日、沼津経営塾でも話しましたが、現場7人いる中で3人が独立してすぐ近くで同業をします。
今までお世話になった専務家族です。内観してもして頂いたこと、ご迷惑かけたことたくさんありました。しかし、辞め方が突然で何の相談もなく1ヶ月前に今月いっぱいで辞めますと言われて、正直対応に困り、色々な人に話を聞きました。

得意先を取られないように対策をしろとか、弁護士を立てておいた方がいいとか、色々ありましたが、結論としては退職金を払ってこちらの誠意を見せて、自分たちが今できる最善の行動をとるしかありません。縁を切るようになると思いますが、辞めてもらってありがとうと前向き捉えて、これから自分のやり方で、会社を運営して行こうと思います。

突然テロにあったような独立の話ですが、縁を深めていかなければと思っていた矢先の出来事で、人を信じることが難しいと感じた今日この頃です。他人や感情や結果はコントローで来ませんが1人でも多く信じれる仲間が会社いるといいなと思いました。

皆さんは信じられる人が会社にいますか?その人がもし裏切ったらどんな行動をとりますか?

~何を話すか、目的に合ったテーマ~

平成19年9月28日金曜日
おはようございます。高村です。最終日、よろしくお願いします。

今回のブログ担当では、『人間関係について』を自分のテーマとして、皆さんの意見を聞きたくて、自分の仕事と絡めた内容にしたり、起こった出来事と絡めた内容にしたりと、書き込みしてきました。その目的と内容がそれた日もありましたが、考えて書き込みしてきたつもりです。そんな拙い書き込みに対して、たくさんの貴重なコメントを頂き、ありがとうございました。

こうしてブログ当番をしていると、日々の生活を意識できること、今までにあった事などを思い起こすことで、その時には気づかなかったことに、気づくことができたり、違った発見や反省があります。
とか何とか言いながら、次回の当番にはまた元に戻ってしまう・・・・では困りますけど。

失言があったりして、経営塾で学んでいることを全く生かせていませんが、再度意識させられる一週間でした。実際のところ、寝る時間を削られたりし、時間をかけて内容を考えたりして、大変なことだと思います。でも、自分の書き込みに対してみなさんのコメントがあり、色々な意見を聞けるいい場だと思います。どう生かすかは自分次第ですね。

自分の目的に向かって、お付き合いでなく行動するようにし、成長していかなくてはいけないと思いました。

まとまりのない文章になってしまったかもしれませんが、一週間のまとめとさせていただきます。ありがとうございました。

細谷さん、明日からよろしくお願いします。

~自分に合った選択~

平成19年9月27日木曜日
おはようございます。高村です。6日目よろしくお願いします。

今日は、富士スピードウェイで行われるピットウォークへ行って来ます。
F1日本グランプリの開催に伴った企画で、親戚の叔父さんに誘って頂き、時間もあったし、F1にも興味があるので行こうと思いました。予選と決勝の観戦に行かない分、楽しんできたいと思います。

実は以前に、友達からF1観戦のチケットが当たったと言うことで、28日~30日の予選から決勝までの3日間通しで行こうと誘われていたのですが、30日の日曜日に消防の行事が重なっているので、F1観戦に行きたいという惜しい気持ちはありましたが断りました。

消防の行事を選んだ理由は、消防団員の皆さんも忙しく大変な中、出席しているということと、私が消防団をやっている目的が、近所の方に自分のことを覚えてもらいたい、地域のことや地域の人たちを知りたいということだからです。
今回の消防の行事が、地元の小学校区の運動会への参加ということもあり、参加している人たちと直接関われるチャンスがあります。

今回、F1行きを断るという選択をしましたが、断ったからと言って友達関係が崩れるわけでもないし、F1も鈴鹿と富士の交互開催が決まっているし、今回だけじゃないという思いもあって、考えて出した答えでした。
でも、友達の誘いを断るんじゃなかった・・・・後悔?

消防の行事を優先させて良かったのか、友達の誘いを優先させた方が良かったのか、どちらが良かったのかはわかりませんが、消防に関わる人間関係を作ることを選んだ自分の判断が正しかったことを、信じたいと思います。そして、その選択を生かすような行動をしてきたいと思います。

ラス前になりました。次の当番は・・・・細谷さんの出番です。準備をお願いします。

~職場体験学習~

平成19年9月26日水曜日
おはようございます。高村です。5日目よろしくお願いします。

先日、地元の三島市立北上中学校の生徒3人が職場体験学習で、私の農場へ仕事に来てくれました。
農協を通して受け入れの要請があったわけですが、今の時期はハウスにビニールも張ってなくて、雨が降ると仕事ができない状況であるし、ちょうど合間で仕事量も少ない時期でもあるので、何を与えたらよいか悩みましたが、実際に自分が社員、パート、アルバイトを雇用する時の良い勉強になると思い、受け入れを決めました。

真面目に言うことを聞いて仕事をしてくれる子、おしゃべりをして仕事に集中できない子など、色々な子がいます。その一人一人にあった仕事を与えること、楽しく作業ができることを心がけて指示しました。

今回受け入れたのは中学生でしたが、これから自分の仕事を決めようとしている子供達なので、どんなことを伝えてあげたらよいか色々考えましたが、園芸農家はこういうものだと、洋蘭の栽培はこういうものだと、この時期にはこのような仕事をしていると、ありのままを伝えました。
1人の子が帰り際に、「また来てもいいですか?」と言ってくれたのには嬉しかったです。
人に教えることで、自分も学んだ1日でした。

来てくれた子供達がどのような気持ちで帰って行ったか分かりませんが、少しでもこの仕事に興味を持ってくれたらいいなと思いました。

~人間関係の勉強の場~

平成19年9月25日火曜日
おはようございます。高村です。4日目よろしくお願いします。

先日の台風9号では、農家にとっては大変な被害が出ました。
箱根西麓の三島野菜の産地では、大雨で植えたばかりの野菜の苗や、収穫間近の野菜が流されたり、温室などの施設ではビニールハウスが壊されたりしました。
幸い、私の農場では、遮光のネットを3枚破かれた程度で済みましたので、被害は無いと言っていい状況でした。

私は、『静岡県東部鉢物研究会』という花の生産者の集まりに加入しているのですが、その仲間の1人の施設も、台風でビニールハウスが1棟壊されてしまい、栽培していた花にも被害が出てしまいました。その時には、会員の何人かで声を掛け合って、忙しい時間の合間を縫って、片付けの手伝いに集まりました。私も、少しの時間でしたが手伝いをさせて頂きました。

本人は、申し訳なさそうに仕事を頼んでいましたが、他のみんなで、「何をどうしたいか何でもはっきり言えよ」と促していました。困った時はお互い様と言うように、無条件で助け合える良い仲間だと思いました。
私も、応援し合える、困った時には助け合える、良い人間関係を築いていけたらいいなと思います。

ちょっと話しが変わるかもしれませんが、行事や用事が重なった時は、どちらかを優先しなくてはならなくなり、難しい選択を迫られます。そのような時は、①自分の目的で判断したり、②自分が居なくては話が進まない事柄なのか、自分が居なくても話しが進む事柄なのか、③深い付き合いをしたい人たちの集まりなのかなど、色々考えて選択しています。

皆さんはどうですか?そのような選択によって、人間関係も変わってくるのでしょうか?
日頃の付き合いから、信頼を得るようになれたりしますよね?

日々の暮らし、忙しい中でも、前の話のように、突然の出来事が起こった時など、自分のことだけでなく、友達や仲間のことも思えるように、時間や気持ちの余裕というのも持てたらいいなと思います。

~欠かせない作業~

平成19年9月24日月曜日
おはようございます。高村です。3日目、よろしくお願いします。

今日は、山梨県の忍野村へ、シンビジュームの管理に行ってきます。
どうして忍野村かというと、シンビジューム栽培において重要な作業の一つである「山上げ」という作業があり、暑い夏の間(7月~9月)涼しい場所へ運んで置くという作業です。
借地にビニールハウス(ビニールは張らず、遮光のネットをかける)を建て、その中へシンビジュームの株を置いておきます。

避暑に行く効果として、シンビジュームの株をスムーズに生育をさせることができ、2~3ヶ月ほど早く花を咲かせることができる。それによって、本来2月~3月に開花する花を11月~12月に開花出荷して、お歳暮などの贈答用に使って頂けるようにするためです。

忍野村の気候は、昼夜の気温差があること、熱帯夜にならないこと、晴れる確率が高い(日照量が多い)ことなど、シンビジューム栽培に関して良い条件が揃っています。

6月の終わり頃から7月の初めにかけて運んでいった株は、10月の始めには運び戻してくるので、そろそろ株を持ち帰る準備に入ります。
2トンのトラックで片道1時間くらいの道のりを、全部運終わるには15往復くらいします。運転が好きな私でも同じ道を往復するのは、結構退屈になってきます。トラックに積み降ろししたりして、農場へ留まって仕事をしている時間よりも、運転している時間の方が長いくらいです。

でも、私の場合は移動距離が近いし、一般道で行き来できるので、恵まれています。他にも何人か忍野村へ避暑に来ている方がいるのですが、神奈川や千葉から来ているので、2時間から3時間かかるのは当たり前で、東名などの高速道路を使うと、交通費も余計にかかってしまいます。

大変な作業ですが、これから冬に向かって花が咲く時期になってくると思うと、楽しみでもあります。居眠り運転もしそうになることもあるので、事故には気をつけて、この仕事をするようにしたいと思います。

~良いお付き合い~

平成19年9月23日日曜日
おはようございます。高村です。今日もよろしくお願いします。

私は、今の仕事を始める前に、洋蘭の苗を生産販売している会社へ3年間勤務していました。バイオテクノロジーを使っての、クローン苗の大量生産や、新品種開発の仕事をしていました。

昨日は、その頃にお世話になった上司の方と、シンビジュームの農場や、近くの花の生産農家さんなどの見学をしました。ここ3年程、毎年この時期になると一緒に廻るようになりました。

今は定年で仕事も辞め、(僕がこんなことをいうのも変ですが)老後の生活をのんびり過ごしているそうです。蘭の花が好きということで、マンション住まいのベランダではたくさんの蘭を育てています。栽培には条件が悪い中、自分で育てた花が咲いた時の嬉しさは、ひとしおだそうです。
勤めていた頃は本当にお世話になり、色々な知識技術を教わり、時には失敗して迷惑をかけたりしたこともありましたが、会社を辞めてからも付き合いがあり、たまに家に遊びに行かせて頂いたり、毎年私の栽培したシンビジュームをお歳暮用に使って頂いています。

そんな上司への、恩返しとまではいかないと思いますが、私もできることをしたいと思い、昨日のように生産現場を案内したり、カトレアなどの鉢植えの植え替えなど、育てるお手伝いをしています。

昨日のように、自分が長年関わってきた洋蘭を見て廻るのは、昔の記憶が蘇って刺激になって楽しいと言っていました。

これからも良いお付き合いをしていけたらいいなと思います。

~本気で取り組む~

平成19年9月22日土曜日
おはようございます。高村です。
今日からブログ担当させて頂きます。よろしくお願いします。

前回の当番の時から引き続き、私が仕事としているシンビジューム栽培に絡めた話しを書き込みしていきたいと思います。

 私がシンビジューム栽培を始めるきっかけは、良き師匠との出会い、綺麗な花との出会いから感動の気持ちが芽生え、自分でも栽培してみたいと思い、仕事とすることを決めました。
私の両親は、バラの切花を栽培していました。長男として家を継ぐということを考えていたなら、バラの切花栽培を選んでいたと思いますが、自分のやりたいことが見つかり、今はまだ親に世話になっている部分が多いながら、やりたいことをやらせてもらっているという感じで、シンビジューム栽培の仕事をしています。

 自分の好きなこと、情熱を傾けられることを仕事としてやっているのに、毎年、毎月、毎日が同じことの繰り返しでマンネリ化してきたり、シンビジュームに病気が出たとか、虫がついたりして生育が悪くなったりしてきたりと、上手くいかなかったりすると、気持ちが途絶えてしまうことがあります。

そんな時は初心に戻り、出会った時の気持ちを思い起こして、また新たな意気込みで仕事に打ち込めるよう、上手く自分の感情をコントロールできたらいいなと思います。

 自分に合った仕事、自分の好きな仕事、本気で取り組めること、に出会えることは幸せなことだと思います。仕事だけではなく、それ以外のことでも本気で取り組めることがあると、楽しくなります。でも、実際には本気で取り組んでいる“つもり”なことの方がたくさんあると思います。

色々なことに対して、自分は○○が好きだけど、本気で取り組めているのだろうか?情熱を傾けられる事柄なのだろうか?と考えることがあります。

『本気』とはどういうことなのかもっと考えたいと思います。

まとめ

おはようございます、勝間田です。
大変申し訳ありませんが、現在私にとって爽やかな朝ではなく、呑んだくれた夜です。。。が、7日目最終日よろしくお願いします。
(明日からは高村さんよろしくお願いします。)
 
今日のブログは、この1週間のようにタイマー設定しておいても良かったのですが、7日目は帰ってきてから書こうと思って、実はとっておきました。
 
ブログ担当が土曜から金曜の1週間で、私は土曜から木曜まで出かけており、正直担当を変わってもらおうかとも思いましたが、今回の小旅行は自分都合なのと、あとは現実から離れない為にも何とか工夫をして書き綴らせていただこうと思い、何とか書きました。最初の1日は事務所で、後の3日分はタイマー投稿で、更に2日分を旅行途中にタイマー投稿、最終日は事務所で、といった具合です。自分勝手でコメントに対するお返事も不十分ではありましたが、それでもコメントいただきありがとうございました。
 
この5日間留守にしていたわけですが、留守の間会社を切り盛りしてくれてた皆さんにこんなに感謝の気持ちを抱いたのは始めてかも知れません。みんながそれぞれの仕事をまっとうしてくれていたおかげで、私が留守に出来たことを幸せに思います。普段は悪いところが目に付きやすいのですが、良いところはたくさんありますね、今はそれをひしひしと感じました。
 
それから、7日間のうち6日間居なくても何とかブログを書き綴ることはできるとか、私が居なくても会社は日常通り回ってることとか、ブログを書いたらコメントを付けてくれる仲間が居ることとか、いっぱいいろいろ感じました。今回久しぶりの友人知人親戚家族に会ってきましたが、それができることが本当に幸せで、盆と正月にしか帰らない京都の親戚なんて、今後10日(数年間で)会えるかどうか分からない人達に1回でも多く会えたことは心から嬉しく思いました。
私の本当の幸せとはなんだろう、私が本当に求めているものはなんだろう、と考えさせられた6日間でした。
たとえ主人が我侭でもう1日京都の友人宅に泊まるとか、何万円もするカーナビを買ってくれとか、おかげで私がひとり大荷物を持ち新幹線で帰ってきたとかそういう結末を抜いても、結果オーライかと思えました。
だって、間違いなく私、今、幸せですもの!
話し合いは一度会ったけれども、ケンカもせずなかよく5日間過ごせたのはお互いの忍耐と思いやりと譲り合いの成果だなぁと思いました。
支離滅裂で大変申し訳ないのですが、夜更かしと酔っ払いのためご容赦ください。しっかり息抜きとリフレッシュをしてきたので、明日からまたいつもどおりガンバリマス!

ありがとうございました。
高村さんバトンターッチ!!!もう無理・・・バタッ

また会えますか

おはようございます、勝間田です。
6日目よろしくお願いします。

今日は父方の祖父母に会いに行ってきました。
祖父は94歳、祖母は84歳、二人暮らしです。敬老の日から1日遅れましたが、ご挨拶に伺い、2時間ほど話をしてきました。病床に臥せっていた祖母は見るからに痩せていて、話によると14kg減ったとのことでした。いる間は楽しく話しをして皮肉やブラックジョークを飛ばしながら自分の身体の不調をネタにして笑いをとっていましたが、祖母の日々のつらさや苦労が窺えて素直に笑い飛ばせませんでした。
半年に一度会うくらいの距離なので、帰り際、お互いに「元気でね、また会おうね」を繰り返し繰り返し言い合いました。
車に乗って、エンジンをかけて、見送る祖母の姿が見えなくなったとたん、涙がこぼれました。また次に会えることがあるのだろうか。会えることには間違いないかもしれないけれども、祖母の笑う笑顔が見れるだろうか。「ぼけてしまってアンタのこともわからへんかもしれへんなぁ~」と祖母は言っていました。返答に躊躇しましたが、私はそんなことは問題じゃないよ。ぼけててもお祖母ちゃんが元気やったら、それでいい。と答えました。
祖母にとっての幸せとはなんだろう、この人が喜ぶものは何だろう、なんと言えば喜んでくれるんだろう、その数時間真剣に考えながら話をしました。
あとから、私は普段忘れがちですが、誰に対してもこのような対応をしていければいいなぁ、そしたら絶対に今と何かが変わるだろうなと思いました。人と接するときに、相手が喜んでくれるかどうかはわからないけど、自分が最大限の努力をすることはとても大切だし、したいと思える相手が身の回りにいること自体が本当に幸せだと思いました。

ありがとうございました。

会いに行く

おはようございます、勝間田@京都です。
5日目よろしくお願いします。
それから、私の後は「2週の男、高村さん」でよかったでしょうか?
準備を宜しくお願いします。

今回、16日に沼津を出てから数日経ちました。
まず始めに、奈良県の友人が開催するミーティングに参加してきたのですが、その際のことを書きたいと思います。
私たちが関東大会を主体になって行う反対側では、関西の友人たちが関西大会を行っているイベントに参加してきました。掃除の会と同じで、応援され、応援しあう関係です。その中でも、私が京都在住時代にとてもお世話になった方がいます。その方が、今回スタッフとのやり取りの中でイベントにこられないということがわかりました。イベント開催の数ヶ月前から私には連絡をくれていたし、直前にも参加の確認や食事の段取りなどお世話になっていたので、ちょっと驚きましたが残念で仕方ありませんでした。直接電話をしたところ、スタッフのうちの一人ともめたので、今回参加を見合わせるということでした。
その方が来ないということは、その方が決めたことなので、私にはどうしようもありませんし、無理に来させても仕方のない事なので、私はイベントを早めに切り上げて、逆にその方のところへ出向くことにしました。
1時間弱かけて、その方のところへ行ったところとても喜んで下さいました。私は相手を喜ばすためではなくて、私が会いたいから会いに行ったのでむしろ仕事の邪魔をしてしまうんじゃないかと思っていたのですが、その方の歓迎が本当に嬉しくて、行ってよかったと思いました。
人間関係において、いろいろあるけれども思い思われることほど嬉しいことはないし、それを上手ではなくても自分なりの本人なりの表現ができれば、ほんとうにいいなぁと思いました。
私は感情の表現がそれほど上手でもないし、相手に伝わったかどうかはわかりませんが、相手も事実を見てくれていればいいなぁと思った1日でした。

ありがとうございました。

税務調査 3日目

おはようございます、勝間田です。
4日目よろしくお願いします。

3日目、最終日は午前中で終わりました。4人がかりで拾い出した「不明点」について、ひとつひとつ確認をとって行くわけですが、私が説明をしても納得してくれません。例えば請求書ひとつとってみても、その物が「商品」なのか、「修理の為の部品」なのか、「自社で使用する物」なのか、、、何件かは、相手先の会社にその場で連絡をして、確認をとりました。そしてひとつ残らずきちんと説明をし、やっと終了です。後日連絡が来るそうです。
税理士さんは、「お疲れ様でした、よくキチンとお答えされましたね。どの返答も、すばらしくいい回答内容でしたよ。」と、誉めてくださいました。ほんとに、素直に嬉しかったです。もっとも、税理士さん達だってこの3日間調査にお付き合いいただいて、お疲れだったろうな、きっと他のご予定をずらしたりキャンセルしたりしてここに来ていただいてるんだと、ありがたく思いました。そして帰り際に、「税務署から何か連絡があったら、どんなに些細なことでも連絡しておいで」と言っていただきました。後日どんな連絡がくるのか、正直不安ではありました。その時のその一言が嬉しくてありがたくて涙が出そうになりました。それと同時に「あぁ、人の心をつかむとはこういうことか。」とも思いました。お世辞かもしれない、社交辞令かもしれない、でも、私はこの税理士事務所にお願いしてよかった、とつくづく思った瞬間でした。
以前のブログで、税理士事務所を変えた件についていろいろコメントを頂きましたが、私の目下の目的「少しでも良い会社にする」という目的に沿った決断であったことと、それによって結果が出ているということに、満足を覚えずにいられません。小さな出来事かもしれませんが、こんなことの積み重ねかな、と思います。

ちなみに税理士事務所の所長さんは私に、杉井さんから葉書を頂いたよ、と見せてくれました。ビックリ!そうか、三島の倫理法人会つながりかぁーと納得。その副所長さんは、沼津経営塾3周年に来てくれました。ご縁があって、本当に嬉しいと思えました。

ありがとうございました。

税務調査 2日目

おはようございます、勝間田です。
3日目よろしくお願いします。

税務調査も2日目、(たぶん)山場です。
1日目に引続き、税理士さんが早い時間に来てくれて、確認事項とアドバイスをくれました。それから、昨日の質問の内容からすると、こういうことを調べているようですよ、と私に分かりやすく説明をしてくれます。
午前中は昨日に引続き質問攻めでしたが、午後は質問もなくなり、事務所の中に総勢9名(税務署員4名・税理士3名・私・事務員)いるにも関わらず、シーン・・・紙をめくる音と、ペンを走らせる音、キーボードを叩く音だけがしています。
ここで、過去2年分を見ているのに、更にもう2年分の元帳や領収書を持ってくるように言われました。さすがに「見せたくないわけじゃないです。持ってきます。でも、更に2年前の資料は、前回の調査の時に調べて修正申告したことはご存知ですよね!?」と確認をしました。要は、見せたくないわけですよね(笑)同じ期を何度も何度も何度も揚げ足を取られるようなことにはなりたくないわけです。

そして3日目へ続く・・・
あと1日で終わりです。

ありがとうございました。

税務調査

おはようございます、勝間田です。
2日目よろしくお願いします。

今日は税務署による調査について書きたいと思います。
8月某日、沼津税務署の担当署員から電話がかかってきました。9月になってから税務調査を行いたいので、日程を決めたいとの内容でした。私は、弊社がお世話になっている税理士さんのご都合を確認してから返事する旨を伝え、税理士さんに連絡を取りました。

前回のブログで書きましたが、弊社はこの4月からTKCを取り入れたため、税理士さんは今年4月以前の決算内容について詳細なことはわかりません。そこで、以前お世話になっていた会計士さんにも連絡を取りました。会計士さんは「(もちろん)私が出向くことは出来ませんし、税務署の質問に答えることはできませんが、勝間田さんの質問にはお答えできますから、決算書を見ても元帳を見ても税務署員も税理士さんも、勝間田さんもわからないということがあれば、遠慮なく言って下さい。調査の後、宿題にしておいてもらって、私に聞いてくれれば分かる範囲でお教えしますよ。」と言っていただきました。その言葉を頂けただけで、勇気100倍です(CL的ではありませんが)

1日目、ヒアリングが行われました。午前中、半日掛けて会社概要、売上先、4人の税務署員の質問に答えます。私が質問に答えるしかないのです。会長は、1時間ほど同席しましたが、さっさと仕事に戻りました。お昼を挟んで、午後からは前期、前々期の書類を机の上に広げて、これもやはり質問攻めです。4人が4人ともバラバラのことを聞いてきます。順番に、丁寧にお答えするのですが、もうエンドレスです。そうこうしているうちに、1日目が終了し、税務署員たちは帰っていかれました。何を聞かれても困ることはないし、隠すこともない会計をしてきましたし、元帳を見れば経理歴0年だった私がいかに成長したかわかってもらえるだろうとは思っていても、言葉一つで解釈が変わってきます。解釈によって、経費計上できないと判断されることもあります。
まな板の上の鯉・・・ってこういうことを言うんだったかな・・・と脳裏を過ぎりました。

今日はこのへんで。ありがとうございました。

つづく

天国からのメッセージ

おはようございます、勝間田です。
望月さん、1週間ありがとうございました。
毎度稚拙な文章ではありますが、1週間お付き合いよろしくお願いいたします。
 
*****

2007年のわたしへ。
元気ですか?2007年ごろの自分のことを懐かしく思い出します。
わたしは69歳で、つまり西暦2046年に、寿命を全うして生涯を終えます。
思えばいろんな事があったけれど、我ながらなかなか良い人生でした。
だたひとつだけ過去の自分に、つまり今のあなたに伝えておきたい事があります。
それは 2008年の年末のことです、わたしはアメリカのダラスへ行くことになります。
そこで、人生観をくつがえす出来事にであいます。細心の注意をはらってください。
最後にひと言、69年間生きてみて思ったのは「こどものころに憧れた夢は、いつか叶うんだな」ってこと。
では、またいつか会いましょう。
残りの人生を存分にたのしんでください。

絢子 - 2046年の天国にて

*****

上記の文章は私が書いたものではなく、「天国からのメッセージ」というサイトで入手した文章です。生まれた年と、名前と性別を入力するだけで勝手にメッセージが表示されます。もちろん、フルネームで入れると表示内容も変わってしまういい加減なものです。(フルネームで入力したところ、69歳⇒91歳の生涯になってました。内容も違う。)
私たちは、いつ生涯を終えるかわかりません。でもそこに緊迫感と言うか切迫感はありません。明日閉じるかもしれない生涯なのに、だらだらと生きてしまっている時が多々あります。私はこの(根拠のない)文章によると、あと39年の命です。そろそろ折り返し地点です。30歳を迎え残りの人生の中で、今まで学んできたことを発揮できる自分でありたいと思いました。
杉井さんの講義の中で書いた「弔辞」をもう一度とは言わず、何度も何度も書いてみようと思います。なんとなく日々に追われて生きていくのではなく、自分の人生を具体的に創っていくために。

ありがとうございました。

参考資料⇒天国からのメッセージ http://www.uremon.com/heaven/

狙いに合わせた準備

最終日となりました。皆さん一週間ありがとうございました。
明日からは紅一点勝間田さん!艶やかにお願いしま~す!!

さてと、本題に入りますか!
先日杉井さんから戦略に付いての指摘がありましたが継続的に指摘されています。
悪い事は継続出来る!なんて自慢にもなりませんね。

理念や自分がどうなりたい、が決まっていないと行動は定まりません。
私は会社を中心にお客様への情報提供や住まいの相談を受けたり
ちょっとお茶を飲みに立ち寄れる憩いの場所を創りたいのです。
でも、実演コーナーを作る前に準備する事が沢山あったはずです。  まず、社員さんとの意識の共有、会社に来てくれるファン作り、
お客様へのアプローチ方法、どんな印象を与えたいのか
来て頂いた後のフォローなど具体的になっていませんでした。

気持ちとは裏腹に迎える準備をするより営業に出かけてしまう。
人を呼び込む工夫をじっくり考える時間を持ちません。
第一領域を優先すると言えば聞こえは良いですが先を考えず現状を変えようとしていませんでした。

まず、地域へのポスティングと地方紙への取材の取り付けを実行します。
(地域の人がこのスペースを活用できるように働きかけたい)
次に電力会社との提携で料理教室の応援、指定工事店への道を検討します。
(オール電化が進む中、適切な情報、アドバイスが出来る知識を持つ)
そしてお客様と会社を繋ぐ会社報の復活!

まず、この3点に絞り実行します。本来この準備をしてから器を作るものですね。
物置にしないように頑張ります!一週間ありがとうございました。



話し方、伝わり方

おはようございます、6日目ラス前を向かえました。
勝間田さん、エンジン始動!シグナル点灯しました!!

今日は社員さんとメーカーの営業さんとの会話で感じた事を書いて見ます。
社員のAさんは現場の知識も明るく仕事にもうるさい方です。
とかくメーカーの不手際には尻拭いをさせられています。
そんな背景で新規の現場の打ち合わせを会社でしていました。
話を黙って聞いていると新規の打ち合わせの予定が核心に入りません。
過去の現場の苦情や自分の苦労話、また商品の欠点などを熱弁しています。
今から蒸し返してもどうにもならない話です。当然、相手も相槌を打つのがやっとで顔からは笑顔どころか引き攣ってきます。

話す内に相手の反応の少なさにAさんも不機嫌になってきます。
お互いに気まずい雰囲気になり仕事の打ち合わせにはなりません。
見かねて仕事の話をしながら割って入りましたが、聞いていた私もAさんの話には聞きにくい内容が多く、文句も言えない営業さんの心中を察しました。

折角会社に来てくれた人に嫌な思いをさせ、増してや仕事の協力をお願いするのです。
この営業さんがAさんの為に必死になってくれるとは思えません。
自分の数字の為に働く事はあっても応援はしていただけないと思います。
自分の気持ちを伝えたいAさんと仕事の打ち合わせに来た営業さんとの
距離は開く一方ですね。

人の行動は傍で見ていると良く解りますが、ひょっとして会議で私が
同じような発言をしているかと思うとゾッとします。
どんな時も話す要点を絞り、相手に聞きやすい内容にまとめる必要を感じました。
自分の正しさや相手のミスを熱弁しても何も得るものはありませんね。
言霊と言いますが言葉にはその人の人格、思考が乗り移りますね。

私の父は酔うと暴言を言いますが次の日はな~んにも覚えていません。
どれだけ人を傷つけても自覚症状が無いので又、繰り返します。
それどころか、真反対な事を言ったりします。
だから酔って帰ってくると誰も顔を合わせません。その寂しさに
また、暴言を言います。自分の言葉と行動が自分の環境を創りますね。

大苦戦!

おはようございます、5日目(水)です。
朝晩はだいぶ涼しくなってきましたね。風邪に注意しましょう!

私の会社は今月が決算です。前年対比は減収減益の状況です。
とは言っても昨年は過去最高の売上だったので減収は否めません。
本題は減益の方です。売上は10%程度のダウンなのに収益は15%以上下っています。
無理な仕事はお断りさせて戴きますが、最近は全部断らなければいけない状況になって来ています。
自社の青チップの無さを悲観しても間に合いません。建設会社さんも厳しい競争の真っ只中で必死です。
リフォームは少しづつ増えてはいますが、まだ数量が間に合いません。

来期に備えキッチンの実演コーナーを新設し活用に入りますが
当初は投資を穴埋めするより告知が優先です。
増してやリフォームはお客様の満足を戴く為に手間隙が必要です。
会社の体質を変えるには一気にとは行きません。
杉井さんの狙いに合わせた投資は非常に参考になりますが
残念ながら簡単に真似出来ませんね。

日頃から目的本位に行動しているか、行き当たりばったりの行動をしているかその差は大きいと実感します。
積み上げる行動は今年より来年と上に向かいますが
新設した実演コーナーを来期は戦力として活かしたいと思います。
沼津経営塾も一度開催させていただきたいと思います。
(16名ほどしか入れませんが)
100Kmマラソンだと今60Km当りでしょうか?苦しさを抜け惰性が付くまで
もう一踏ん張りです。
60歳のゴールまで後14年です。残された時間を大切にしたいですね。




思わぬ落とし穴

おはようございます。4日目になりました。
勝間田さん、そろそろ準備をお願いします!

先週の週末にメーカーの新商品展示会がありました。
私達もショールームにお客様を招待しているので接客に当ります。
そこへ以前から取引のある大工の棟梁が見えました。
私が若い頃怒られながら仕事を教えて頂いた恩人です。
また、このメーカーのファンでもあります。

商品を説明しながら以前の勢いが感じられずどうしたんだろう?
と思っていたら、商品がすぐ変わって覚えられないと言うのです。
私達は日々販売をしていますが、大工さんは年に数件の扱いです。
増してや情報がオープンなので大工さんより施主様の方が知識が豊富なんです。
以前はこのメーカーのこの商品は自信を持って進められると言っていたのに
最近ではお客様の欲しい商品を入れるケースが増えていると。

毎年メーカーは新商品を出します。私も正直覚え切れません。
今までファンだった棟梁が何処の商品でも構わないと言うのです。
メーカーのユーザーに対する戦略がここでは裏目に出ていました。
住宅業界も商流が変わりつつありますが、昔からのファンを失う寂しさを感じました。
事前に商品説明会などするのですが、年輩の方は中々出席してくれません。
私達の中間販売業が試される時かも知れません。

メーカーと大工さん、施主様を結ぶ仕事が重要になってきます。
大工さんを守らないとハウスメーカーの市場になってしまいます。
そこには中間業者の存在するスペースはありません。
時代の流れとは言え大工の後継者も減る一方です。
昔の棟梁は威勢が良く、下職さんにも睨みが効いて親分でした。
年々そんな棟梁が減っていくのが寂しいですね。

自分の癖

おはようございます、3日目!月曜日の朝ですね。
今週も残暑に負けず実りの秋を迎えましょう!!

さて、今日は自分の癖?について書いてみます。
私は仕事でリフォームの相談を受けるとすぐに行動するほうです。
仕事の中で一番生き甲斐を感じる所です。
(こんな事を書くと儲け話だからだろと思われそうですが?)
そうでは無くて、お客様と直接話せるし、私の器量が問われると思うからです。
お客様の要望や問題のありそうな場所を探したり、解決策を提案できる
所に生き甲斐を感じるのかもしれません。

自分が好きだから仕事に掛かると熱中してしまいます。
工事を始めると日替わりで問題は出てきます。
その問題を次から次へ解決する快感に酔う時もあります。
おまけに、要望を聞いていると、どんどん工事金額が上がります。
始めは遠慮していてもいざ直すとなると「あそこも、ここも」ってね。
大きな問題ならともかく、小さな問題ならサービス工事になりがちです。

そんな仕事のスタイルですから会社の事を見失います。
自分は楽しく、一生懸命働いているので満足感はあるんですが
本当に私が手を打たなくてはいけないような行動を疎かにしていました。
監督の仕事で満足せず、会社全体の成長を考える事ですね。
それでも、リフォームが好きな気持ちは変わりませんが...

皆さんも自分の癖ってありますよね。
特に飲みすぎの癖のある人?ご注意下さい!


年次大会に学ぶ2

おはようございます、望月です!!
残暑が続き、地球環境の変化を嫌でも感じますね。
出来る事から始めましょう!!

時間も迫り、参加者の皆さんが集まり始めました。
各責任者の皆さんが慌しく行動しています。
急遽司会を引き受けてくれた天野さんとの打ち合わせをしながら
勝間田さんのピアノや長岡さんのサンポーニャを聞きながら仕切りを
越膳さんにお任せし、社員さんにTELを入れます。
しかし、連絡が付きません。
いよいよ開会式の始まりです。実行委員長の挨拶もぶっ飛び何を話したか記憶にありません。
笑顔を意識すればするほど顔が引き攣ります。

この経験で人はどんな状況でも責任を投げ出してはいけない物だと実感しました。
投げ出した人もきっと何処かで嫌な思いをするはずですし
後のフォローをする人の苦労を思うと感情と行動は切り離す物だと思いました。

Eリード合唱隊や暑い中での長岡さん達の駐車場係り、オリジンさんの送迎係り、など皆文句も言わず行動しています。それぞれに言い分はあると思うし文句も言いたい事があったと思います。
でも、しっかり責任を全うして頂き、年次大会が成功に終わるのです。

実行委員長を2年務めたお陰で、そんな当たり前の人の応援に気付きます。
また、来場してくださる人達から「望月さん、今年もお世話になります」
と声を掛けて頂きご縁も深まりました。
全体の良い雰囲気がまるで私が作ったように評価してくださるのです。
過去にスタッフとして参加していた時とは得る物の質が違いました。

「実るほど、頭を垂れる、稲穂かな」を思い浮かべ謙虚になりたいと思いました。

年次大会に学ぶ1

おはようございます。今日から一週間お世話になります。
そろそろ順番も近いな~と思いながら油断していました。
飯田さん、助言していただきありがとうございます。

さて、8月25~26日に静岡掃除に学ぶ会の年次大会を開催させて頂きました。
昨年に続き実行委員長をさせて頂きましたが、2年続けると印象が変わります。
1年目は職務に振り回されジタバタしただけでしたが、2年目は様子が解るので
多少要領良く行動できるのです。(良いか悪いかは別として)
そんな中で一番実感した事は、実行委員長の責務を感じる自分と応援してくれる仲間の意識の違いでした。
何とその仲間の中には社員さんも居たんです!
講演会を終了し懇親会で盛り上がり、さあ、明日に備えよう!と思った矢先の出来事でした。

懇親会場が全員引けるのを確認し、自分もオリジンへ戻る車中でその問題は始りました。
酔った別の会社の社員さんから私にTELが入ります。
会話の内容は今から飲みに行くので実行委員長ご馳走様で~す!なんて調子です。
そんな会話に取り合わず自社の社員に変わらせました。そしたら同じ口調で繰り返すのです。
「ブチッ」と鈍い音がしたかどうか解りませんが私は切れました。
他所の社員さんはともかくお前達はすぐ帰って来いと言いました。
明日の掃除実習が本番なんです。まだ終わっていないのです。
私にも身に覚えがありますが、事業に参加者でいると思慮を欠きますね。
私はオリジンに付き社員さんの帰りを待ちました。
しかし、何と言う事でしょう!一向に帰ってきません。再度連絡しすぐ帰る様に叱責しました。
そして私の思い、社員さんの行動を具体的に話しました。
もし、自分の行動に間違いなく、通したいと思ったら自分で経営者になり責任を持ちなさいと話しました。

1日目のその社員さんの行動は率先して動き、皆に誉められる程動いていました。
だからこそ明日の本番を控え自重して欲しいと思う気持ちがありました。
やり切る姿勢に個人差があるのは承知の上ですが、私の会社の社員である以上、私の姿勢に添って欲しいと思ったのです。
許して苦笑いで済ませるのか、正面から取組むのかが会社の習慣になります。

その日の結末は社員さんが我を通し帰って行きました。
次の日の仕事を投げ出し帰る姿勢に正直がっかりし、情けなさを感じました。
また、自分の対応を振り返り自問自答の繰り返しです。
寝不足で迎えた本番も私の状態を待ってはくれません。
やる事は次から次に出てきますし、暑さが追い討ちを掛けてきます。
朦朧とする意識の中、年次大会が始ります。 -続く-





「欲しいもの」を追う前に知っておく

平成19年9月7日
おはようございます。河田です。
ブログ当番最終日。

台風一過、皆さま被害は無いでしょうか?
被害が少々心配です。
昨日夕方5時ごろ、狩野川の橋を渡りましたが、凄い水量でした。

今後、地球温暖化が進むと洪水が頻発し、水害が増えるという予想もあります。
今から真剣に、地球温暖化対策、洪水対策を実施する必要があると思う今日この頃です。


さて、沼津経営塾が始まって3年。
理想と現実のギャップを嘆き、「はやく体制を作らなきゃ!」と焦っていました。
高齢のお客さんがお亡くなりになったりする、焦りと不安で、いろいろな会へ顔を出しました。
結果、顔は広くなり、いろいろな方と出会いました。
が、人との関係はまだあまり深くないまま。
広い野原に芽の出ない種を撒きつづけていました。


レイノルズ先生の本にこんな寓話が書いてあります。

「欲しいもの」を追う前に知っておく
サラは男を求めていました。一人の相手が見つかると、できるだけ長い時間一緒にいたいと望みました。
そして、その男の愛を欲しがりました。さらにサラは愛情を違った形で表してほしいとねだりました。
その男への欲求をすべて手に入れると、次にはもっと金持ちで高学歴の別の男を欲しがりました。
見つけた次の男には家族と安全を求めました。それらの願いが叶えられると今度は、その男から自由になることを望みました。
離婚後、男というものから解放されたいと思いました。それからまた、サラは男を求め・・・・。


上の寓話のように、次から次を求める私は、MGの利益感度分析ができた日、ふと気が付きました。
「今のお客さんを深く掘ればいいんだ!」と。

「一点突破、一点集中」は杉井さんのよく言う言葉ですが、先日の年次大会のトイレ掃除でもリーダーが「一か所を50回磨いてください。それでも奇麗にならなければ100回。」と言っていました。
鍵山さんも杉井さんも、愚直なまでに一か所にこだわって成功した方たちです。

今まで自己流でだいぶ遠回りをしてきましたが、ここで軌道修正を行おうと思っています。
お客さんと密接な関係が作れるような策を実行し、行動目標を作ります。
(曖昧な表現ですが、自分の中では具体的になっています。)

小さくても、安定した会社を作るよう、これから行動したいと考えています。
皆さん!道が違っていたらご指摘お願いしますね!

一週間のお付き合い、ありがとうございました。

値上げ&世界一

平成19年9月6日

昨晩は勝間田さんの会社でお誕生会でした。
多くの気の良い仲間が集まりました!

ブログ当番を理由に先に帰らせていただきましたが、先ほど見たニュースをご紹介します。

**************************

<日清食品>カップヌードルなど08年から7~11%値上げ
(毎日新聞 - 09月05日 19:42)
 即席めん最大手の日清食品は5日、チキンラーメンやカップヌードルなど、ほぼすべての商品の価格を08年1月1日出荷分から7~11%値上げすると発表した。原料の輸入小麦の価格引き上げが理由で、90年以来17年ぶりとなる。主力商品ではチキンラーメンが90円から100円に、カップヌードルは155円から170円に値上げする。

 輸入小麦は主に政府が買い取って企業に販売するが、農林水産省は国際相場の上昇で、売り渡し価格を10月から10%値上げすることを決めた。さらに、原油高の影響で包装資材などの価格も上昇しており、同社は「原料高を企業努力で吸収することは限界に近づいた」と説明している。

 同業他社も「時期などは決まっていないが、検討はしている」(東洋水産)などとしており、値上げに追随する可能性が高い。【工藤昭久】

 商品名     現行価格(税別)→新価格(同)

 チキンラーメン      90円→100円

 日清の出前一丁      90円→100円

 カップヌードル     155円→170円

 日清のどん兵衛     155円→170円

 日清焼そばU.F.O  155円→170円

 生タイプめん(ごんぶと)200円→215円


私がMGを勉強する前だったら、「マジかよ~値上げするのかよー」と思ったでしょう。

今は、「企業の存続のためには仕方ないよなー」と思います。
未来永劫、商品やサービスを提供し続けるのも企業の仕事ということも言われます。

最近、ガソリンの値上げ、マクドナルドの値上げ、ココイチのチーズの値上げなど値上げが続いています。
運送業なども、ガソリンの高騰などで利益を圧迫している筈で、今後値上げの流れは加速するものと推測できます。

価格を叩き合うのではなく、みんなホドホドの利益を確保し、一人勝ちしない「大人の市場」が出来上がることを期待します。



また、こんなニュースもありました。

************************

トヨタ、世界一がほぼ確定=今年の生産計画、米GMを上回る
(時事通信社 - 09月05日 07:17)
 【ニューヨーク4日時事】トヨタ自動車の今年の生産台数が米ゼネラル・モーターズ(GM)を抜いて世界一になることが4日、ほぼ確定した。トヨタの通年の生産計画台数が、この日発表されたGMの計画を上回った。トヨタは販売台数でもGMを超えることが確実視されており、名実ともに自動車業界の新たな盟主となる。

 トヨタはダイハツ工業と日野自動車を含むグループ全体で942万台を生産する計画。一方、GMはこの日、今年7~9月期の生産計画を224万6000台から219万5000台に下方修正すると同時に、10~12月期の生産台数を234万台に設定した。今年上半期の生産実績は475万台で、通年では928万5000台になる見通し。

 現時点で、GMの生産計画はトヨタに13万5000台届いておらず、大きな混乱がない限り、トヨタが生産台数でトップに立つのはほぼ確実な情勢だ。 

[時事通信社]

コスト削減の煽りを受け、孫請けなどの方は泣いているという話をよく聞きます。
世界一の販売台数を誇るのも良いですが、世界一モラルが高い企業(MGでいう人柄投票1位)としても評判になるよう活動して下さいませ。

沼津経営塾、誕生日を祝う!

平成19年9月5日
おはようございます。

昨晩、長男が熱を出し、次男を子守りしたまま午後7時半に寝た河田です。
先ほど、「ブログを書いている夢」を見ながら寝てました。
子供の頃、夢の中でおしっこしたり、宿題やっていることを思い出し、もちろんそれらの結果は・・・。


おっと、今日は勝間田さんの誕生日!
おめでとうございます!!!

誕生日は、母がこの世に生み出してくれた記念日。
来年からは母に手紙書こうと決意しました。

と、いうことは、勝間田さん!20代後半から経営者なわけですね!?
杉井さんもその頃から経営者で、彼みたいに勉強したら講師になれるかも。


30歳というと私が中学生のころ、阿川泰子さんが出ていた「オシャレ30・30」という番組をやっていて、「30歳って大人だな~」と思っていましたが、既に私は30後半です。
30歳代でないと出演できない番組でしたので、今は立派に出演できます。


20歳代は健康の有難さもあまり感じませんでしたが、年をとるごとに健康の有難さを感じます。
昨日、父と同年代の方に電話したところ、脊椎の病気だとか。
左足がしびれ、左手も不自由だとか。
絶望の淵に追いやられた心境を告白されました。
「河田さんも、若いうちに人生楽しんでおくんだよ!」とアドバイスを頂き、改めて「健康の大切さや時間の使い方」を考えさせられる瞬間でした。


CLの課題の中に自分の弔辞を書く課題がありますが、私が初めて書いた設定は100歳まで生きるという非現実的なものです。
私の身の周りに30代前半で旅立つ人3人、同じ年なのに脳腫瘍、40歳後半で脳出血で半身麻痺、40代半ばで突然死のお客さん、がいて、「オイオイ、俺は何歳まで生きるのだろうか?」と思うようになりました。

「食べ過ぎ、飲みすぎ、働き過ぎ」などの無理をしている人が多かったです。
飲み過ぎを注意するのも、懇親会が長いのを嫌うのも、このような背景がありました。

誕生日の話から飛躍しすぎましたが、「一期一会」に悔いることのない様に今日を過ごそうと思った次第です。
勝間田さん、誕生日おめでとう!

コントロールの5つの領域

平成19年9月4日

今日はどんな日なんだろうと思い調べてみると、1994年9月4日に関西国際空港が開港したそうな。
関空ってもう13年も経つんですね!?

人間の技術って凄いですね!海上に空港作ってしまうんですもの。
メンテナンスも大変そうですね。


さて、何のつながりも無く、CLの話に変わります。

「建設的な生き方」の森田の基本的な考え方の一つに、「コントロールできないことと闘うのは無駄な努力である。あるがままに受け入れなさい」という教えがあります。

コントロールできないこととは、「天気、景気、自分以外の人、自分の努力の結果、感情」などなど、「自分の行動」以外はコントロールできないと学びます。

以前いただいた資料に以下のようなことが書いてあったので、ご紹介しておきます。

_____________________

□コントロールの5つの領域

1.自分ではコントロールできると思っていて、実際にはコントロールできない領域。

例)・他人を変える
  ・非現実的な行為からくる幸福の追求
  ・達成不可能な領域に設定した目標
  ・感情

2.自分ではコントロールできると思っていて、実際にはコントロールしていない領域。

例)・時間管理(時間の約束・家族との時間・楽しみの時間)
  ・健康管理(ダイエット・早起きの実行・禁酒・禁煙・虫歯の治療)
  ・金銭管理(浪費・蓄財)
  ・意識管理
  ・パワーパートナーへの貢献

3.自分ではコントロールできると思っていて実際にコントロールできる領域

例)・現在コントロールしていること
   (起きる、ネル、歩く、読む、その他実生活における一切の行為

4.自分ではコントロールできないと思っていて、実際にはコントロールできる領域。

例)・未来に起こる出来事、目標達成、願望実現
  ・チャレンジ領域の目標達成(能力開発によって可能)
  ・あきらめている領域の目標(パワーパートナーの協力によって実現できる領域)
  ・売り上げの増大、コストの削減、利益の増加、収入の増大
  ・生活習慣病

5.自分ではコントロールできないと思っていて、実際にコントロールできない領域

例)・達成不可能な領域に設定した目標
  ・寿命のコントロール
  ・自然界に起きる出来事(天変地異)
  ・天気

成功のためのポイントは
①2番と4番を3番の領域に入れること。
②自分の目標を3番の領域に入れること。

コントロール出来ることと出来ないことを区分し、出来ることに全力投球すること。

______________________

賛否両論あると思いますが、参考まで。

独占販売!

平成19年9月3日

おはようございます。河田です。
昨日のブログ内で「Fの一番かからない方法」を教えていただきました。
それは、「経営者の魅力を高めること。」
具体的にはCLを勉強・実践し、研ぎ澄ますこと。

よし、CLの課題を実行しよう!

今日はこれで終わります。



オイオイ、それではまずいですね!
ヒントになるかどうか分りませんが、MGとCLを自社に応用した私の体験を紹介します。

商売での判断基準は、最近もっぱらMGにベースを置いています。
以前、中古車の販売はあまりしていませんでしたが、実はお客さんから頼まれることもしばしばありました。
ご希望の車を仕入れることができず、独占販売を何回も逃していたのに気が付きました。

「これは損だ」と両親を説得し、1年ほど前に中古車オークションに入会。
CLの「目的本位」を唱えながら、ビビりながら車を買いました。

また、今年6月から新しい入札システムがスタートし、全国のオークション会場のセリにインターネットで参加できるようになりました。
「これはチャンス!」と即入会申し込み。しかも、初期導入費無料。来年3月まで月会費無料。

静岡では希望の中古車が少ないので、MGでいう海外市場からも商品を買うことにしました。
工場にいながら数か所の入札に参加できるので、移動の必要が無く、セリに参加後すぐに次の行を使えて時間も節約できます。

「自社の独占販売とは何か?」を考えたとき、ふと思いついたことでした。
そういえば研究開発成功と、教育成功もありましたっけ?

まだまだあるかもしれないので、これからまた考えます。

利益感度分析

平成19年9月2日

おはようございます。
河田です。

先々週の土日、社員と共に東京MGに参加しました。
今年に入ってから2月と6月に参加しましたが、4か月も間を開けると記憶は薄れ、思い出すのに時間がかかることを痛感します。
水泳などと同じように、体が完璧に覚えるまで何回も何回も、繰り返し、繰り返し、トレーニングする必要があると感じました。

今回はMGに参加してから3年弱、12回目の参加です。
2期から経営計画を立て、会社の体制作りに意識を払ったのですが、6月の感触が残り、「周りを見る余裕があった」というか、「周りの人が何を狙っているのか」が何となく分ります。
自己資本も過去最高で終了。

余談ですが屋形船も生まれて初めて乗って楽しかったです。
その後の懇親会の抜け方ではご指摘を頂き、「やっぱり、モッチーとコガと五反田に消えれば良かった」と反省。

ご指摘も謙虚に受け止め、好感触のまま自宅に帰って、今までのMGの成績のまとめをしました。
さらにその翌日、前前期の自社決算書の数字を使い、利益感度分析を行いました。
結果、利益アップを図るための効果的な順番は、P↑、F↓、Q↑、V→、うそうそV↓の順でした。
昨日は前期の決算の数字を使い分析すると、Q↑、P↑、F↓、V↓です。

利益感度分析の結果を見ると、今までにない安堵感、安心感を感じました。
「これでプロの経営者になれるかもしれない!」

今まで、不安からいろいろな会に顔を出しまくって「知り合い」を増やしていましたが、それらは「自分の力を分散させること」ということがやっと分りました。

MGの簡便法を自社の数字に落とした利益感度分析のおかげで「具体的に何に取り組んだら良いのか?」「何に力を注ぎ、何に力を入れないのか?」が明確になった瞬間でした。

「限られた時間とお金を何に注力するのか?」という、今までのSさんのアドバイスも「は、はー、」と理解できました。
「MGやってきて、本当に本当に良かったな~」と思います。

以前も書きましたが、MG開発者の西先生の本には

25期 経理がわかる
50期 経営がわかる
75期 戦略がわかる
100期 人間が変わる

と書いてあります。


「MGやってます」と、ある経営者に言ったら、「いい加減、やめてもいいだろう」と言われたことがあります。
が、その経営者は果たして自社に応用できているのか?
マトリクスの仕上がり速度はトップなのか?を考えると・・・・

お稽古ごとの「茶道(お茶)」を飲んだこと(かじったこと)がある人と、教えられるほどに極めた人(応用できる)との違いがここにはあると思います。
MGは「水泳やお茶などの習い事と同じ」と思う今日この頃です。
折角だから、極めたいです。

「何でもネガティブな父。資金管理の母」にはブーイングを頂きながら、これからもMG参加の日々が続きます。

MGに誘ってくれた小野さん、毎月開催の三国さん、波多野さん、コネクトの社員さん、杉井さん、西村さん、ありがとう!

利用したソフト
http://www.its-mx.co.jp/mxpro/mxpro_mq_nishiken.html

コネクト万歳!!

平成19年9月1日

おはようございます。河田です。
今週は私のブログ当番です。
よろしくお願いします。

今日は防災の日。

いやいや、三国さんのコネクトの10周年記念パーティーですね!
日ごろ、東京MGの時にご自宅へ泊めていただいたりしてお世話になっていますが、今日私は日中仕事、夜は会合があるため、「申し訳ない」と思いながら「欠席」の返事を出させていただきました。

「仕事」といってもとても曖昧な言い方ですね。
私の場合、社長とは名ばかりで、実際は、受付、引き取り納車、部品発注、整備作業員、請求書作成、保険事務処理、電話連絡、事故や故障の出張、保険会社との価格交渉や写真電送、お客様や訪問者の応対、教育者などの役目を担っています。
これらの仕事にプラスして、夫、父、息子、友人の役割があるので、「時間は貴重だ」と最近痛切に感じます。

1年ほど前までは時間のことは考えずにお酒を呑んでいました。が、お酒で酔って思考が止まり、仕事でミスをすると信用がどんどん落ちていくので、懇親会出席の回数は減らさせて頂いてます。皆さん、すみません。

実のところ、三国さんの10周年を一緒に会場でお祝いしたいです。
東京のオフィス街の涼しい場所でスーツ着て、感動する話を聞いていたい気もします。
その方が私には楽です。が、自分のやるべきことからは逃げています。

私の今日なすべきことは、お客さんの車を仕上げ速やかに納車すること。
汗をかきながら作業をするのが私の今日の役目です。

8月東京MG、屋形船後懇親会の退席の仕方について、三国さん、吉沢さん、長岡さんからご指摘を頂き、自分の行動を反省しました。
今回も事情を話しておかないと、「何だ!河田は!」と言われそうなので・・・。

今日納車予定は7台。朝5時から納車してきます。


三国さん!10周年おめでとうございます!
益々の社業発展を祈願しています。
これからも東京MG開催、よろしくお願いします。

FC2Ad