沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

飯田です。
ゴールデンウイーク2日目みなさんのご予定はいかがですか?
お出かけする方は、気を付けてくださいね。

前から三国さんは名前だけは知っていました。
私よりも、もっと三国さんをご存知な方は大勢いらっしゃいますが
私は4月の経営塾で初めて三国さんとお会いさせてもらいました。
「この人が三国荘の三国さん。元気を届けたいの三国さんかぁ~~~」

私は、この元気を届けたいの意味が良くわかりませんでした。
元気を届ける?この抽象的な意味合いでわかりません
元気とは、物(品物・現存するもの)でもありませんし
元気とは・・・自分の中にあるもの気持ちであり、その気持ちが自分の中にあって
初めて自分自身、奮い立つ時・頑張ろうとする時に必要とするものであり
しかも東京にいながらなんてどうやってできるの?
自分の頭のなかでは?????のオンパレードだったのです。
・・・そんな風に三国さんを自分自身、捉らえていました。

沼津経営塾にも参加ままならぬ自分がどんなに考えても
わかるはずが有りません。なぜなら自分が経験した中で・出会った人の中に
そのような事を、掲げている方は皆無だからです。
話や、名前は存知ていても自分の中・経験に無いことが解るはずも有りません。
話を聞いてそうなんだ?と知識程度でしか自分の内に入っては来ません。
そんな人がいるんだな。当初ここ止まりでした。

しかし、良く考え直してみると、東京からわざわざ足を運んで応援のためだけに
来る人が居るのでしょうか?
 人間はある程度損得的なものがあると思います。悪い意味では無く。
仕事として考えた時に、時間・お金・自分の予定など利に見合った金額が
かかります。もし講演会を計画して講師の先生をお願いし様とすれば
何万単位の講師料(お金)がかかります。呼ぼうとしている講師の空いてる
日時も決め、予定を立ててもらわなければなりません。

しかし皆さんの知っている三国さんは元気をあげたいという気持ち
だけのために(個人的考えの為間違えはすいまません)
わざわざ足を運んでくれてます。
まだ私は1度だけ三国さんとお会いしただけです。
なので、間違った考え方で決め付けてしまっているかも知れません。
でも、4月の沼津経営塾の時にお会いして
何か、三国さんの想う事、元気をあげたいということは
なにかとてつもなく大きな事のように感じました。
度の辺が?と言われても私自身解りませんが
凄い事をされてると感じた事は確かです。




スポンサーサイト

2日目行かせてもらいます。


こんな事書いて良いのか分かりませんが余り変化球が出来ず
直球しか投げれませんのでご理解していただきたいです。

みなさんこの様なブログになりすいません
まだまだこんな調子になるかとは思いますが
宜しくお願いします。

皆さん「恋」はしていますか?
そうです「恋愛」「恋人」の恋です。
おっといきなり経営塾には関係が無い話だね!!
と思わずお付き合い願います。

 「恋」と聞き皆さんはどのような考えが浮かびますか?
恋=恋人 「好き」などという気持ちがチラリと
見え隠れするように思います。

男であるなら女の人、女であるなら男の人と異性に対し、とても気になったり
見ていたいと思ったりといわゆる「好きになる」と言う事かもしれません
いや、知れませんではなく、「好きになる」と言う事ですよね。
好きになってしまうと周りが見えなくなったり、何時も相手の事ばかり
考えてしまったりしてしまいます。
 恋は盲目・あばたもエクボなどと、昔の人は上手に表現していますね。
その相手を好きになってしまうと、落ち着いてみれば何でも無い
(表現が悪いのですが)不恰好な事でもなんでも気にならない
むしろ素敵なんていいかねないのです。
逆に自分の気持ちが相手に受けいられない・まして恋が終わったとなると
なぜあんなに悲しくなったり落ち込んだりするのでしょう?
人の気持ちって不思議ですね。

 始めに問いかけさせてもらった「恋」をしてますか?ですが
私はしています。 えぇ~~飯田さん、不倫じゃん!!
そんな声も聞こえてきそうですが(私は、3児の父親です)
そのような事ではなく、人(相手)を好きに成るという事です。
 私達は、仕事は勿論生きてく上で人と接する機会が多い事ですから
せっかく逢うのなら良い関係で行きたいと誰もが思うところです。
 相手を粗雑に思ったり浅い関係ならばどうでしょう
相手も、自分に対して良く思ったりはしないと思います。
相手の事を想い、好きに成ったりする事で
これからの自分もおのずと変わって行く事と感じます。
せっかく出合えたのだから良い関係を作って行きたいと
思いますから。


みなさん「恋」をしましょう。



これでいいのか!?

襷を受け取り引き続き飯田です。


今月中頃からごたつきまして頭の中が整理できていませんが
代打を申し入れた以上行きます。
ココの方達は「やさしい」のでダメ出しをだして来ても
飯田は受け入れる体制は出来ています。ビシバシ宜しくお願いします!!


家族の助け・応援は自分にとっても誰かれもとても大事な事だと思います。
今までの話でもとても大切だというのは解っているつもりです。
皆さんも良く使う携帯のメールで家内と連絡事項を確認
していた時に,「何でこんな事いって来るの!?」
と言うメールが家内から来ました。
その文面で私自体そんなに「カチン」と思う事が余り無くなって来たのに
腹立たしく思ってしまい計8日間、必要以外家内とロをききませんでした。
それでも、気持ちと行動は別なので皿洗いはやり続けましたが。
経営塾に参加しながらナニやってるんだ!?状態です。

このまま毎日過ごすのも嫌だしこの様な生活してていいのか?との
自分への問いかけも心の中に有ったので何故こうなったのかを
私から話出しました。

話の結果、家内の言いたかった事を自分なりの答えを出してみました
 *根本的に自分の行動は自分本位
 *自分が仕事でやっていく為の勉強をしてそれが、行動に表されていない。
 *行動がされていないのに何故勉強するのか?

全くお粗末な話です。
 その時期に彼女も仕事場に新しく入ってきた方が
自分から仕事を覚えようとせず人は増えたものの
作業は余計に大変になって精神的にも疲れていたので余計に
そのようなことを私にメールで送って来たのだと思います。
 私も言われた事に対して腹立たしく思ってしまい
その事によりこの様な事が起こってしまいました。


こんな事はこれから幸せな人生を・・・などとはとてもとても言えませんよね?
「勉強しても、行動・実行しなければ何にも成らない」
知識だけ詰めてもそれを行動しなければ何の知識なのでしょう。
せっかく勉強した知識ならば使えるものは使いましょう!
もったいないですから。
今年の飯田の目標「すぐやる」が頭の中を過ぎりました。






大事な襷の最終日

おはようございます。飯田です。
沼津経営塾のみなさんの熱いブログに後押しされながらも
大事な沼津経営塾の襷を山本さんから渡され
7区最終日最後のゴール目指して行かせてもらいます。


今週の順番ならば木村さんが行くところですが
それ所ではない(決してブログを軽視してはおりませんが)
木村さんの現状を見て(あくまでも私個人の考えですが)
沼津経営塾の皆さんが一致団結してこりゃぁ~協力せねばぁ~~!!!
と襷をつないで本日最終日まで来る事が出来ました。
協力していただいたメンバーの方々それに声掛けをしたのにもう
担当が決まってしまい担当出来なかった皆様もありがとうございました。
と、私がこの様な事を言っていいのかどうか・・・

恐縮ですがみなさんお疲れ様です。
木村さんの息子さんも早くよくなって欲しいと思います。


何時もならばこの最終日に〆の内容に入ったりしますが
襷がけのピンチヒッター&明日から担当
(塩川さんCL後期の為に代打が飯田)と言う事で
このまま流れて行く事お許し願いたいと思います。


今年初参加の4月の経営塾に出席させてもらいました。
久ぶりなので参加されている方が多く凄いなぁ~と感じられました。
「経営塾も参加されている方が多いと言う事は、
盛り上がっているんだなぁ~」と。
その後の長岡さんお誕生日会が有ったのですからなおさらだったんですね!
40代になってからもあの様な会を開催してもらえるのも
長岡さんの人柄だと思うし
今までの行いに対する皆さんの気持ちがあったからこそ
あの様な盛り上がり(勢いだけの盛り上がりではなく)だったんでしょう。
 ハンパではない、誕生日のプレゼント。
遠く関東から足をはこんでくださった三国さんや吉澤さん。
 入社2週間の新入社員さんに社長の誕生日を覚えていられ
誕生日のケーキまで持参して来てお祝いをされる
そんな社長さんは聞いた事ないし
まして新入社員さんに祝ってもらうなんて。


 そんな場面に参加できた自分はとても良かったと思いました。
月1度だけ集まり会社・人生を良くしたい
そんな思いから集まった人達だけなのに。 
何故こんなに一つに成れるんでしょう?
月1のセミナーに参加してこのような事をやってしまう様な会が
あるのでしょうか?
それにみなさん結構いいお年?ですし。

やはり「皆さんの気持ち」なんだと思います。
相手にしてあげたいという気持ちの表れだと思うのです。
そんな気持ちを持ち合わせている方々の会・・・仲間の集まりだからだと
思いました。

 私は、沼津経営塾に参加し参加されてる方々と知り合えて良かったと
感じた時間でした。
 月1の出席にも、ままならないですが出れない分こちらから
会社などにお邪魔させて頂きます。
 
お手柔らかにお願します。


 



小さな成功体験

4月26日(木)
6区の山本です。走るというより、歩くという感もありますが・・・よろしくお願いします。

お店でカレーを作る人を【ルーがけ】主にライスを盛ったり揚げ物を管理し、ルーがけをアシストする人を【ライス盛り】と呼びます。
入社したら フロア→ライス盛り→ルーがけ の順に研修していきます。
今日は、私のルーがけへの道を聞いていただこうと思います。

ルーがけは、カレーを作れればいいだけでなく、その時間帯の司令塔です。
フロア全体の動きや、お水・サイドメニューがちゃんと提供されているかなどを確認し、指示を出していきます。もちろん ”ニコ・キビ・ハキ”は鉄則です。
ルーがけの力量で、お店の雰囲気は変わってきます。

私がルーがけに入り、途中まではいいのですが、伝票の枚数が増えるにつれて気持ちが焦り、カレーを作ることに必死になって、周りが見えなくなります。
それと同時に、当たり前のことですがフロアも回らなくなります。
「オーナーお願いします」とオーナーを呼びに行き、ルーがけはオーナーにチェンジです。
始めのうちはそれでいいのですが、日が経つにつれそれは許されなくなります。
「何であきらめちゃうの!?」
「だから早くならないんだよ!?」
「どうして先の伝票が見れないの!?」
・・・などなど、たくさんの『!?』が付く言葉をいただきました。
その度ヘコんでしまいます・・・。でも『やめたい』と思うことはありませんでした。

3月18日(日)のお昼のピークでの事です。
お客様が一気にご来店。お水を出し終わらないうちに伝票が出てきます。
フロアが間に合わないので、ライス盛りもフロアに出てもらい、厨房には私1人。この状況では人数が足りない。オーナーを呼びに行かなきゃ、そう思っていたとき、オーナーが来てくれました。
「どうする?(ルーがけ)代わる?」と聞かれました。店内を見渡し、鍋にできているルーを確認し、
「すみません、フロアに行かせてください!」と言いました。
2~3枚目の伝票くらいまでルーはできていたと思います。
ライスさえ盛れればカレーはできるし、フロアさえ落ち着けばカレーはどんどん出せる。
やり続けたい気持ちもありました。
でも、フロアで核になり、指示を出しながら動けるスタッフがいませんでした。
欲しいのはフロアで核になれる人。オーナーか自分。
オーナーには、フロアに出てもらいたくありませんでした。
何故なら、フロアに行けば店内を走り回り、おじぎや様々な作業の際に腰を曲げる回数が多くなるからです。
そんなこと今のオーナーにさせたくない。そう思って自分はルーがけから退きました。

伝票も終わり、店内も落ち着き、オーナーが休憩室に下がったので、お礼を言いに行きました。
今日もたくさんの『!?』を頂戴するだろうなぁ・・・と思いながら・・・。
しかし、私が考えてもみなかった返事が返ってきました。
「ゆかちゃ~ん、悔しかったね~!!」
と、ソファーに座り、頭の後ろで手を組み、苦笑いで、本当に悔しそうに言うのです。
「悔しかったです・・・」その言葉と同時に、ブワッと目から涙が溢れました。
そして翌週の土・日に向けて、それまでの1週間はお昼のルーがけを自分にやらせて欲しいとお願いし、わがままを聞き入れてもらいました。

月曜日、オーナーにライスに入ってもらい、気合い満々で挑みました。・・が木曜日までの4日間、お客様のご来店数が少なく、拍子抜けです。金曜日、やっと普段の昼ピーがきました!!
1時頃に伝票が切れはじめ、鍋の整理やソースの補充をしていると1台のマイクロバスが!!
20名様くらいでしょうか。
「どうする?代わる?」私は迷わず答えました。「やらせてください!!」
その前の汗がひかぬ間に、次の汗が噴き出してきます。背中を汗が流れるのを感じます。アゴから汗が垂れました。お客様にその汗を見られぬように、拭いながら必死にルーがけをしました。
全てのカレーを出し終えた時、「ゆかちゃん、良く頑張ったね!!!」と、満足そうに笑うオーナーの顔が見えたとき、汗だか涙だか解からないものが頬を伝いました。

さぁ、リベンジの土・日。オーナーに代わることなく、最後までやらせてもらうことができました。
私の力だけではありません。
皆が私を厨房から出さないようにと、私を支え、応援し、頑張ってくれたおかげです。
今も周りに支えられて、ルーがけに立たせてもらっています。
オーナーはじめ、みんなに日々感謝の気持ちでいっぱいです。

オーナーの言葉と、あの1週間があったからこそ、私の成長があったと思います。
以前、杉井さんが話してくださった『小さな成功体験』をしたのだと、今になって感じています。
達成感だけでなく、周囲を見る余裕もできました。
私がどれだけ皆に支えられ、皆がどれだけ心強い存在かを知ることができました。
気づけて本当に良かったです。

入社当初、オーナーから言ってもらって、今私が後輩達に伝えている言葉があります。
『失敗した時に反省はしても、ヘコんだ気持ちで仕事しちゃダメだよ、ゆかちゃん。』

ありがとうございました。
明日は、アンカー飯田さん、よろしくお願いします!!

富士五湖100km

4月25日 水曜日  海野貴

勝間田さんからの襷を受けて、5日目担当させていただきます。

今週末29日に、富士五湖100kmマラソンに参加します。
最初は72kmコースにエントリーする予定でしたが、
申し込み直前に100kmに変えました。
もともと、6月のサロマ湖100kmが目標だったので、
4月の富士五湖では、身体が出来上がっていない状態で、
100kmを目指すと、昨年同様、怪我をしてしまいサロマ100kmを
狙えなくなってしまうと思ったからです。
しかし迷っていました。その理由は富士五湖の方が、制限時間が長く、
完走する可能性がサロマ湖よりも高いと言う事です。
そこで考えたのは、僕は100kmを走り切るのが目標であって、サロマ100kmに
こだわることは無いということです。
100km完走して何が得られるかなんて分かりませんが、
完走の先には、きっと「何か」があると思います。
その「何か」のために、1年間トレーニングを積んできました。
昨年末からは、トレーニングも計画を立て、脚の具合を見ながら、
計画を上回る量の練習ができましたし、脚もかなり良い状態になっています。
100kmにエントリーしておけば、100kmも狙えるし、途中でリタイヤすることも出来ます。
仮に怪我をしたとしても、サロマまでの2ヶ月で治ると踏んだので、
100kmにエントリーすることに決めました。
あと一週間を切った今となっては、出来る事といえば、本番に向けての調整程度で、
実力を上げることは、出来ないと思います。
ですから、本番に実力の全てを出せるような準備をしたいと思います。
本番では、痛みや疲れとの戦いになると思いますので、
メチャメチャCL的ではありませんが、“気合”“根性”が勝負の分れ目です。
そこで、ただ根性で走るのでは無く、100kmの制限時間と今までの練習の経験から、
関門までのラップタイムと実際の走行スピードを具体的に決めました。
ウルトラマラソンでは、休憩やストレッチもとても大切なので、その時間も
計算に入れておかなければなりません。
あくまでも目安ですが、この計画通りに走ることができれば、完走できます。
「100km走るぞ!」という根性ではなく、
「この計画に喰らい付いていく」という根性で走ります。
参考までに計画を発表します。
           実走スピード   ラップタイム       
第一関門50.1kmまで 1km=6分30秒  6時間00分
第二関門68.3kmまで 1km=6分40秒  8時間15分
第三関門79.7kmまで 1km=7分00秒  9時間45分
第四関門92.7kmまで 1km=8分00秒  11時間45分
ゴール  100kmまで 1km=9分00秒  13時間00分

制限時間は14時間なので1時間余裕を持たせています。
この実走スピードで走るのは、かなりキツイと思いますが、
今までの経験で、1km=20秒速くするには、
重心を前に掛けるだけで変わるということを知りましたので、
頑張らずにGPS付の時計を見ながらペースを守って走ろうと思います。
この前の50kmランニングの調子からすると、
正直なところ完走できる確率は、30%くらいだと思います。
完走は無理でも、第三関門までは何としても行きたいと思います。

練習をしてきて思ったことは、実力を付けるには、
日々の努力しか無いのですが、努力をしやすい方法を工夫することが、
大切だと思いました。
GPS付時計も、昨年は必要ないと思っていましたが、使ってみると
距離も分かりやすいし、スピードもわかるので、
ちょくちょく見ながら走ると楽しくて10kmなんてすぐ走ってしまいます。
「やりたいことは、やりやすく」ですね。
当日は、気をそらしながら走ります。

CLも半年以上も時間があったにも関わらず、
あっという間に時間が過ぎてしまいました。
いつもながら、もっと計画的にやっていれば良かったと思っています。
いつまでたっても変わらないですね~!
反省しても、もう遅いですが、この自分も受け入れて行くしかないですね。

感謝してます

おはようございます、勝間田です。
越膳さん、意地の3区ありがとうございました!
襷は確かに勝間田が受け取りました!!!
 
とは言ったものの、39度の熱を押して書ききった熱いブログの後に・・・私、何を書けばいいんでしょ!?w何を書いても薄っぺらになってしまいそうな(;´Д`)ガンバリマス


弊社はこの4月から、新しい税理士さんに経理のチェックをお願いすることにしました。3月+前期決算までは、以前の税理士さんにお願いして、平行して4月1日からTKCを導入したのですが、まだ慣れないこともあり四苦八苦しています。課税区分がわからなかったりしますが、毎日1円まで合わせるので、間違いなく明瞭会計になりました。新しい税理士さんは勉強熱心な方で、昨日も税理セミナーを開かれるとのことだったので参加させていただいたら、内容は「自社の現状分析と経営戦略を考える」と言う内容でした。

1.あなたは【何のため】に仕事をしていますか?
2.あなたの【目標】は何ですか?
3.あなたは【どのような方法】でその目標を達成しますか?
4.あなたは【いつまで】にその目標を達成しますか?
5.あなたはそれを【実行】していますか?

・・・・・うっ
どこかでも言われてる・・・・
それから、経営理念とは何か、SWOT分析とは、などを紹介してくれました。自分の中で忙しさにかまけてて、考えなきゃいけないのに考えてなかったことを思い出させてくれたと言う意味では、良い時間を与えていただけました。

そこで、ふと以前の税理士さんのことを思いました。
創業から4年間、月次訪問は契約に含まれてなかったらしいのですが、私が入社した2期目は毎月か各月で様子を見に来てくれました。3期目は税務署も入ったので、対応や対策に何度も足を運んでくれました。私が経理の右も左も分からなかったのを1から教えてくれました。おかげで今私は仕分けも出来るし、科目もわかります。毎月何千万と動くお金を管理できるようになりました。私が代表になったときは「辛い事や苦しい事いっぱいこれから起きると思うけど、頑張ろうね、応援してるよ」と言ってくれた人でした。そういう風に言ってくれた人は、その頃2人だけだったのですが、そのうちの1人でした。いくら感謝しても感謝しきれないぐらいに私は思っています。
でも、昨年度、4期目には2度足を運んでいただいたきりでした。

感謝していることと、毎日の経理は別だと思って、今回税理士さんの変更をさせてもらったのですが、今まだ残念な気持ちでいっぱいです。以前の税理士さんには、毎日の記録ができなかったら、また頼むかも(笑)といってありますが、頼むことはないでしょう。だって、毎日会計合わせするから。
こんなに感謝の気持ちいっぱいでお仕事をお断りするのは初めてです。
これは、私が内観するようになったからなのかなぁとか、いろいろ思いますが、新しい税理士さんとも、以前の税理士さんとも、今後ともよいお付き合いをさせていただきたいと、つくづく思いました。
そして、この4年間で誰かを応援する姿勢のありかたを見せていただけたなぁと思いました。縁を大切にするというか、大切にしたい!!!とつくづく思わされました。

感情中心のお話で失礼しました。
これでひとつ問題解決の足がかりになるかと期待している一歩のお話でした。お付き合いありがとうございました。

海野さん、5区よろしくお願いします!

小倉昌男氏に学ぶ

おはようございます、越膳です。
輿水さんと塾長からの沼津経営塾の大切な絆の証しである「襷」を受け取りました!

3月の沼津経営塾で杉井さんから、任せられたときポジティブになる人とネガティブになる人のお話しを頂きました。
例えば代打や投手交替を告げられたとき「よ~し、やってやる!」とか「俺に任せろ!」というポジティブな気概で臨むか「え~!?俺かよ~」とネガティブな気持ちで臨むか?
そこが一流と三流の違いなのだと・・・  私もネガティブにならぬよう気をつけます。
今回のスポット登板は輿水さんの気概と塾長の配慮に後押しされてやる気になりました。魘されてボーっとしていますが意地の3区、いかせていただきます!!


【小倉昌男氏に学ぶ】
経営者に成り立ての頃、皆さんと出会う前にはよく経営者の方が書かれた本を読んでいました。読書は苦手ですが、その頃は何の準備も無く経営者になったので少しでも多くの知識と先行事例に学ぼうと必死でした。
その中でもっとも引き込まれ、今も尊敬して已まない人の一人が、ヤマト運輸をトップ企業に育て上げた、宅急便を生み出し日本人の生活スタイルを変えた、官僚と闘う男、“故小倉昌男氏”です。  座右の銘は「真心と思いやり」だそうです。
日経新聞に「私の履歴書」というコラムが連載されていましたが、それを1冊にまとめたのが「経営はロマンだ!」という本でした。
私が一番学んだ事は考え方、いわゆる経営スタンスでした。
そして一番感化されたのは障害者就労に対する考え方でした。
宅急便の生みの親としてもヤマトを巨大にしたのも凄いことですが、私財を投じて財団を創り、障害者就労に寄与した晩年の活動も素晴らしいと思いました。
様々な財団や事業団にお金だけ出す人はたくさんいますが、自ら作って経営もし、障害者の就労場所作り、機会提供から賃金改革まで行う人はそういないと思います。
別段、ヤマトの経営者時代に障害者の方と縁があったわけでもないそうですが、社会への恩返しのような形で障害者の自立と社会参加を支援したいと思い始めたそうです。

詳しい内容は本を読んで頂ければ分かるのですが、私はこの本を読み終わったときこう思いました。「私も小倉さんのような人間でありたい」と。
人はお金がたくさんあったり、立場が高くなると、つい傲慢・横柄になりがちだと思います。
ましてまったく自分と無縁である人たちのことなど考える由も無いです。
会社も人間も図体がでかいと見下すことが多くなりがちの傾向にあるようです。
そういった意味では先日の鍵山相談役が弊社の車椅子のスタッフに目線を合わせることはとても素晴らしく見習うべき姿だと言えると思います。
私もリーマンの頃と今の肩書きでは異なってきた部分が多々あると思います。
私は単純なのでそこの善悪の幅の中を行ったり来たりしています。
なので、ボランティア活動や地域障害者団体との関わりを絶たず、関わり続ける事で自分の中のバランスを保っているのだと思いました。
またお調子者の私は、時々自省行動をとらないと気付かぬうちに誤った方向へ行きがちです。具体的な自省行動として、こうした本やこおろぎなどを読み返しています。

障害者福祉が全てではありませんが、自分がどのような立場であろうとも他人のことを思いやり、尽力できる、それをまた喜びとして生きることが出来るようでありたい!
今の私には程遠い理想像ですが、一歩ずつそこへ近づいていきたいと思います。
杉井さんをはじめ皆さんも私にとってはお手本ですので、せっかく近くにあるお手本も活かしていきたいです。


因みに故小倉夫人は蒲原町の方です。ヤマト運輸はいろんな意味で静岡とは縁があった会社のようです。
その奥様が小倉氏に、
「あなたが宅急便をつくったおかげで本当に便利になった。私から国民栄誉賞をあげたい」
と言ってくれたそうです。

ん~、言われてみたい!  でもまだ自分がウンコだから・・・!?
汚い締めでスミマセン


勝間田さん、4区宜しくお願いしますね!!

【沼津電話ファミリー】

おはようございます!!
小野@馬耳です。

 花の二区、喜んで行かせて頂きます。
昨日の皆さんの反応に、ある意味感動すら覚えました。
本当に良い仲間です。嬉しいです!
木村さん!心配ですね。早く良くなる事を、祈っています。

明日からの担当を整理しますと・・・
三区・越膳さん、四区・勝間田さん、五区・海野さん、
六区・山本さん、七区・飯田さん。でよろしいでしょうか!?
塩川さん、河田さん、せっかく声をかけてくれたのにゴメンなさい。
コメントのほうで、応援して下さい。宜しくね!

【沼津電話ファミリー】
 うちの会社は、つい最近まで、小野家4名+母、井山家4名、斉藤1名の
10名のファミリーでした。しかし、去年入社して頂いた山田は、子供さんが
4人います。そして、なんとおめでたい事に、うちの齋藤が、結婚する事になりました!
しかも、ちょっと順番がずれてしまい8月?に、お父さんになります。
いきなり山田家6名、齋藤家2名追加の18名の大家族になります。(凄い!)
その齋藤は先週入籍をし、アパートも借り、新生活を始めています。
色々な訳があって、結婚式も新婚旅行も行かないという事になりました。
私としてはこの大きな節目を大切にしてもらいたいと思うのです。
そこで、「齋藤夫婦を社員、家族で祝ってあげよう企画」を打ち立てました。
私の計画は、落合楼村上で、みんなで食事をしながらお祝いをし、
その後二人はお泊りをするという「プチ披露宴&プチ新婚旅行」です。
落合楼村上の村上社長のお力を借りて、良い日にちもとらせて頂きました。
そして大広間も、お借りできるようになりました。
最高に齋藤夫婦に喜んでもらいたいと思いますし、すばらしい節目を作って
もらいたいと思います。
 皆さん、何か良い企画があったら、教えて下さいね!
しかし、家族が増える事は、本当に嬉しいのですが、守るものが大きくなる分
プレッシャーも感じています。
もっともっと良い会社しなくてなりませんし、まだまだ齋藤だって教育をしないと
いけないと思っています。
 今だって社員さんの募集をしています。「沼津電話ファミリー」は、どんどん大きく
なっていきます。そのファミリーに恥ずかしくない
素敵な会社を目指していきたいと思います。
まずは、私が輝いていないと・・・

それでは、三区・越膳さんに襷をお渡しします。宜しくお願いします。

win-win

おはようございます、輿水です。
8日目宜しくお願いします。
先日、長岡さんから電話を頂きました。
「仕事で9月頃まで三島に出向する社員がいるんだけれど、4台分どこか月極め駐車場ない?」
出向先の会社の住所を聞いて、すぐに1件思い当たる駐車場がありました。
地元の人が出資して協同組合を作り、2件の駐車場運営をしているところです。
私の店も出資しており、今現在、父がそこの理事をさせていただいています。
出資者には特典がありまして、そこの月極め駐車料金を一般より安く貸して頂ける枠が3つ設けられています。
ただ、輿水の3つの枠は既にお客さんが使用しているので空いていません。
そして父に調べてもらった処、ご近所の出資者の駐車場枠が空いていることがわかりました。
同じ町内、同じ組の八百屋さんと魚屋さんです。
事情を話したところ、快く枠を貸して頂けることになりました。
そこの駐車場は一般の月極め駐車料金が設定されており、出資者は枠を転貸しすることにより、差益を得ることもできます。(出資者のみ転貸しOK)
八百屋さんも魚屋さんも差益を得ることも出来るのですが、原価で貸してくれるというのです。
その好意を長岡さんに伝えたところ、それじゃあ契約申込みの際にお礼兼々菓子折りを持って挨拶に行こうということになりました。
そして、昨日ですが長岡さんと小吹さんが来て、私も一緒に魚屋さんと八百屋さんに行ってきました。
長岡さんも小吹さんも誠実で且つソフトな感じて接してくれて好印象だったと思います。(コンピューターソフトだけに?)
両方のお店とも年配の気の好い人達で、温かく迎いいれてくれて、「ご丁寧に気を遣ってくれてすみません」と逆にこちらにお礼まで述べてくれました。
これはWIN-WINの関係では無いだろうかと思いました。
長岡さんの所は値頃な駐車場確保したことと、魚屋さん、八百屋さんに好印象を貰いました。
そして、輿水はご近所との信頼関係が深まったことと、長岡さん、小吹さんからも信用を得た?事です(自分で言ってスミマセン)
そして、きっと魚屋さんも八百屋さんも、長岡さん小吹さんに会って、「礼儀正しいイイ人達に借りて貰って良かった!」と思っている気がします。
あれ?WIN-WINを超えて「三方良し」ですよね!
自己満足ですけど嬉しい結果となりました。めでたし、めでたし。
昨日課題
出社6:45
ワイン勉強1h
葉書3枚
外掃除20分
店掃除15分
ジョギンク10.2キロ
読書10分

あきらめない

輿水です。
千秋楽、宜しくお願いします。
「お店が清潔でキレイにしてオシャレで、ワインの陳列が鮮やかで数も豊富にあり、何よりも会話がとっても楽しいお店」
という理想にはほど遠い我が店です。
それを目指してから月日だけが立っていく様な感じがしています。
それに近づけるには、当たり前のことですが、逆算してなすべき課題をやっていくしかありませんね。
項目としては①ワインダフル②掃除③ワインの勉強・資格等が上位に来ます。
歩みは遅いですが、確実に進んでいこうと思います。
先日の皆さんのコメントにもありましたが、私も習慣として仕事でも生活でも「やりきる」を心がけることにしました。
ただ“やりきらなかったり”“やりきれなかったり”することも実際あります。
問題はやりきれなかった時です。
やりきれなかった時は落ち込んだり、劣等感を持ったり、そんな自分を見たくないから逃げたり、隠れたりすることがあります。
私はやる気のある時に課題をたくさん作って実践し始めても内容量を欲張りすぎて、止まってしまうことがあります。
その時は一度止めて優先順位の高いものからやるか、または、量を減らして計画をやり直すことにしました。
諦めないで続ける工夫が必要だと思います。
先日もから課題のチェック表をつくり貼ってあります。やってもやらなくても記録していきます。また定期的に見直しも必要ですね。
私は先日の経営塾の話で「小さな成功体験を繰り返すことで、夢を持つ」というのがとても参考になりました。
目標を持つことはもちろん良いことですが、ついつい多過ぎや大き過ぎのことがありました。
今年は資格、ワインダフル、掃除、マラソンなど、小さな成功体験を繰り返していこうと思います。
一週間ありがとうございました。
明日から木村さん宜しくお願いします。
昨日課題
出社9:40
ワイン勉強×
葉書2枚
外掃除1h
店掃除20分
ジョギンク×゙
読書×

葉書の声

頂いた葉書を読んでいておもしろいなぁ~思うことがあります。
皆さんにも同じ体験はあるのでしょうか?
と、云うのは
戴いた葉書の文章を目で追いながら、自分の声(黙読)で読んでいるのですが、
いつの間にか聞えてくる声は自分の声(黙読)ではなく、
不思議と差出人の声(黙読)になっていることがあります。妄想の様なものかもしれませんが、とても不思議です。
でも最近になってその理由が「わかった!」と思っています。(勘違い?)
それは自分が差出人のことを思い浮かべながら読んでいるからなのですね。
(当たり前でしたか?)
人の想像力は凄いですね。差出人の声を再現するのですから。
そんな事を思うにつけ、いざ、自分が葉書を書く側になると、
『何とか自分の想いを伝えたい!』
と、文章にも力が入ります。
文字に自分の声を吹き込む気持ちで…。

抽象的ですみません、言いたいことが伝わったでしょうか?
朝5時に新宿早朝掃除に教司さんと三国さんと共に出発します。

昨日課題
出社6:35
ワイン勉強5h
葉書3枚
外掃除30分
店掃除15分
ジョギング5.5キロ
読書×

読書

おはようございます。
輿水です。
5日目宜しくお願いします。
以前から私は読書を趣味にしていました。
本を読むのは楽しいし、本屋さんや図書館に行くのも大好きでした。
しかし、ただの暇つぶしのようなもので、興味本位に本を選択していました。
タイムマネジメントでいくと、第2より第4領域の方に近かったと思います。
これからは第4領域を第2領域に移行するような行動を心がけることにします。
先日の沼津経営塾でも読書について話がありました。
静岡経営塾では読書だけで終わらせるのはではなく、感想文提出が宿題になっているということでした。
感想文という文章にするために、頭の中で整理しなければならないし、論理的思考をする訓練になるそうです。
感想文を提出するようになってから静岡経営塾の方々は文章を作成するのが格段に上手くなったそうです。
ということで、私もこれから課題本を読んだら感想文を書く事にします。
また、本の選択も趣味、好みの本とは別に、偉人伝のような理想、あこがれの人の本も選ぼうと思います。って言うか、静岡経営塾の課題本を私も読むことにします。今月は確か二宮尊徳の本でしたね。
偉人の本を読むことで、理想の人、自分もそうなりたいと憧れるイメージが湧いてくるし、常にお手本とすることで、行動基準にブレがなくなってくることも経営塾で教わりました。私も読書でそこを狙っていきます。

本日課題
8:30出社
ワイン勉強×
葉書2枚
ラン×
読書×
店掃除30分

慣れではなく馴れになってしまったこと

輿水です。4日目宜しくお願いします。
会社に月1回税理士の先生が会計監査に来ます。
前月の伝票と領収書のチェック、経費科目等を診てもらっています。
以前は父母が会計事務をやっていましたが、昨年から私が引き継ぎました。
私は前職が会計事務所で取引法人に訪問する巡回監査をやっていましたので、
張り切って伝票入力の摘要等なども丁寧に分り易くやっていたつもりです。
ところが、段々馴れてくると「数字さえ合っていればOKだな、違反している訳でもないし…」と思い始めていました。
そうすると、伝票への記入を簡略化し、領収書の貼り方も汚く、誤字脱字等々とにかく、雑な作業をやるようになってしまいました。
いわゆる「こなし」をするようになっていたのです。
会計事務にかかる作業時間は減ったのですが、努力や工夫で効率良く短縮した訳ではなく、ただ、雑な仕事の仕方で必要な事をもはぶいていたに過ぎません。
そして、店の中をよく見渡すと、他にも雑になっているモノがたくさん見えてきます。
まずは、掃除です。店内のあちこちが汚く、乱雑になっています。
値札が無かったり外れかかったり、品物にホコリがついていたり、整理整頓がなっていません。机の上には書類が積まれています。
飲食店への配達でも、品物を忘れたり、間違えたりすることがありました。
単純に倉庫から車に積み込んだ後、伝票と品物を再度確認すれば済むはずなのに、それさえも怠ったり…。
家族からのダメ出しもありません。馴れてしまっているのです。
馴れにより、丁寧さがなくなっていました。
注意されるのは嫌ですが、注意してくれる人がいないのは危険ですね。
今日から店内を掃除、整理整頓しようと思いますが一気には難しいので、
店を20区分にして、1日1箇所をやり、チェック表を作って実行したかどうか分るようにします。
店が汚いのを見て見ぬふりをしていましたが、ブログ当番のお陰で整理するきっかけになりました。ありがとうございます。
本日課題
6:40出社
ワイン勉強1h
葉書1枚
ラン×
読書×

継続

おはようございます。
輿水です。
3日目宜しくお願いします。
経営塾に入ってやってきたことの一つに葉書があります。
これが習慣になったのは「仲間と一緒にする」「結果が見える」のお陰です。
毎日地味な作業の一つかもしれませんが、繰り返しやるうちに書く時間も早くなったり、書き方も工夫するようになってきました。
今まで自分には続けてやってきたと言えるものが記憶にありませんので、約600日、よく葉書を書いてきたなぁ~と思います。また自分に郵便されてくる葉書を見ると当然嬉しいですし、「継続は力なり」という言葉の意味を初めて実感していると思います。
今回のマラソンでもその言葉を実感しました。マラソンの練習も退屈ですし、かったるいと思うことが多々ありますが、練習を積み重ねた分、結果に反映され易い項目の一つだと思います。良い結果が出るともっと早くなるための研究をしたり、練習時間を確保するための工夫をしたりします。
この「継続は力なり」を仕事に活かしていきたいと思います。
経営は訓練したとしても結果に結びつかない、結果に反映されにくい項目の一つと思っていましたが、まだまだ工夫して変えられることはたくさんあります。
普段の仕事も単純作業が結構あります。
お店のお掃除、売り場のレイアウト、伝票等事務作業の効率化、配達時間の工夫、等々やるべきことが山積みです。やっていない自分を見ると嫌になることがありますが、コツコツと工夫してやっていくしかありません。
また、継続の効能だと思うのですが、以前より少し我慢強くなったと思います。

昨日課題
6:30出社
葉書2枚
ワイン勉強40分
マラソン42.1キロ
読書×

資格

おはようございます。
輿水です。2日目宜しくお願いします。
昨年からワインスクールに通っていますが、4月から新年度に替わり、新たにステップアップしたクラスを受講しています。
そして、予定ではワインに関する資格を今年は3つ受験します。
試験は今月22日と8月末と9月末にあります。
その中で重要且つ難関なのが、8月の日本ソムリエ協会のワインアドバイザーという資格です。8月末に筆記による第1次試験があり、それに合格すると9月にテイスティングによる2次試験があります。
参考書と問題集を揃え、1次試験用の勉強を始めたのですがかなりのボリュームです。今からコツコツやっていかなければとても間に合わないことに気付いて良かったです。
もし資格を取得したとしても、直接的に何か得るという訳ではありませんが、何としても合格したいと思っています。
その理由として第1にワインに関する知識を豊富にすること。奥がとても深いので1年で身に付くものだけでは限りがありますが最低限専門家としての知識を得たいと思っています。また、資格試験合格という具体的な目標を持つことにより勉強も促進されていると思います。
第2に「やりきる」をクセをつけること。経営塾でもこの重要性を教わりました。私は昨年CLを「やりきらなかった」ことに対して忸怩たるものがあります。リベンジではありませんが、試験合格という形あるものを得ることに飢えています。時間とコストも私にとってはかなりのものです。何としてもモトを取りたいです。
第3にワインダフルを含め、新たな酒屋に進化するため基礎になると思っています。具体的には今後計画していく訳ですが、今、色々と考え可能性が拡がることにワクワクしています。
今年から受験の難易度が上がるそうですが、簡単に取得できないことにより、更に価値が上がると思いますし、ヤリガイもあります。
これだけ言っていて、落ちたらとても恥ずかしいですが、宣言することで、気合を入れて行きます。どうぞ宜しくお願いします。
昨日課題
6:30出社
ワイン勉強1時間
葉書3枚
ランニング5.5キロ
読書 未生義士伝 80ページ

環境を変える

おはようございます。輿水です。
ブログ当番一週間させていただきます。
宜しくお願いします。
さて、先日の経営塾で、静岡経営塾と沼津経営塾の違いについての話がありました。
静岡経営塾は丸二日間一緒に過ごし、投資も多く、参加や課題にある程度責任が伴なっている。そのため所属意識が強く、お互いの声掛けをしている。
一方、沼津経営塾は月に2時間、会費は安く、参加も課題も自分の自由。そのため参加がし易いです。ただ、休みたければ休めますし、課題をやらなくても済むので、自分に甘くなる可能性があります。

沼津経営塾に参加してもうじき丸三年になりますが振り返って考えてみました。経営塾でも波の話がありましたが、私も感情により行動にムラがあったなぁ~と思いますし、マンネリ、中だるみも感じています。
私の同級生の佐野公彦君が感想の時に
「沼津経営塾に来て話を聞いていると、やることをやっていない自分と向き合わざるをえないので、怒られている気がする」と言いました。
ハッとしました。
私の場合はやることをやっていない自分は見ない様にしてきたのかもしれません。
ブログも都合悪い話題については結構スルーしたり、調子だけ合わせていることがあります。
結局は無理のない程度で、楽をしていたのだと思います。
それでは進歩する筈ありませんね。
さて、そういう自分をどうやって立て直していこうか考えましたが、やっぱりブログを活用させて貰おうと思います。
既にキッチリと実行している方もいますが、私も基本に返って課題の報告をキッチリとやることにしました。
課題をやっている自分も、やっていない自分もブログに報告することで自分と向き合い易い様にしたいと思います。
そうすることで、自分への刺激にもなりますし、もし可能なら、メンバーのみんなへの刺激にもなれるようになりたいと思います。
昨日の課題報告
8:30出社
ワインの勉強×
葉書2枚
読書×
ランニング×

『素敵な仲間たち』

長岡です。
最終日、よろしくおねがいします。

きょう(4/12)は沼津経営塾でしたが、なぜか(?)いつもよりも
ずいぶんと人数が多いのです。
多少予測はしていましたが、僕の誕生日を祝うために来てくださいました。
なんとなく予感はしていましたが、でも、やっぱりうれしかったです。
こんなに祝ってもらえるなんて、完全に予測を上回りました。

私は、経営塾に入って2年ちょっと。
いままでも、みんなとは仲は悪くなかったと思いますが、
ここ半年ほどで、他の人への関わり方が、グッと変わってきた気がしました。

でも、それは自分が『そんな気がする』という、抽象的なはなしでしたが、
誕生日を祝うために、これだけの人が集まってくれるなんて、
それは具体的な形で現れたのだと思います。

自分では、なにが変わったのかはよく分かりませんが、
『何か』が変わったのだという手ごたえはあります。

また、まだ入社して2週間も経たない社員さんからも
誕生日ケーキをいただきました。
それも、なぜか新入社員さんが、私の誕生日を覚えていてくれて、
自発的に、お祝いしてくれたそうです。
それを聞いて、涙が出そうなくらいうれしかったです。

私は、これだけの仲間が得られたことが、とても幸せです。
今度は、この幸せを、社員や経営塾の仲間に分けていきたいと思います。

『営業での人間関係』

長岡です。
6日目、よろしくおねがいします。

きょう(4/11)は、小吹とお客さまのところへ、
新任あいさつに行ってきました。
他のお客さまのところへも、何ヶ所か回りましたが、
そこで、同行した小吹が言ったのが
「すごく信頼されていて、いい関係を築いているように見えました」
でした。

私としては、当たり前の関係を築いているだけのつもりでしたが、
たしかに、長くお付き合いさせてもらっている担当者とは、
よい関係が築けています。

逆に、良い関係が築けずに、ただ人を送り込んで、
お金をいただくだけのお付き合いの会社とは、
長くお付き合いしたり、業務が発展していったりしなかったです。

私は営業が下手ですから、良い関係が築けていないと、
なかなかその人とは話しがうまくできませんし、
足も遠のきます。
だからこそ、まずは担当者と良い関係を築くことを最優先にします。
そのために、知り合った直後は、回数多く訪問したり、
先方の会社のイベントに参加したり、
時には飲みにいったりしています。

営業が苦手だから、まずは関係を築くことに力を注いできたことが、
結果としてよかったのかもしれません。

これから、ワンランク上の業務をやって行こうとしたときに、
なかなかこのスタイルは守りきれないかもしれませんが、
それでも、まずは関係を築くところから始める、
そういう営業をしていこうと思います。

『キャンピングカー来たる!』

長岡です。
5日目、よろしくおねがいします。

キャンピングカー


キャンピングカー、買ってしまいました!
こんなヤツです!

http://photos.yahoo.co.jp/ph/tmmkr277/lst?.dir=/fc91

最初は、トレーラータイプにしようと思いました。
でも、せっかく、高価なものを買うんです。
自分ひとりで使うのはもったいないなと思いました。
でも、誰かに貸す時には、トレーラーは貸しにくい。
それで、自走式にしました。
社員にも使ってほしいし、経営塾の皆さんにも使ってもらえたらと思います。

乗車定員10人、就寝定員6人(ちょっと詰めればね)。
排気量7500cc ずいぶんとでかいので、運転には少し慣れが必要かもしれません。
私は、1日でなれましたが。
みんなで、乗っていって遊びに行きたいですね!

そして、私は、半田舎暮らし計画のための、週末田舎ドライブをやります。
私の夢の一つに、田舎に家を持って、そこで半自給自足の生活をする
と言うのがあります。
その夢に向けてのステップが、キャンピングカーです。
夢の田舎を探します!

『助けると言うこと』


長岡です。
4日目、よろしくおねがいします。

先日参加した、杉井さんの、とある勉強会での話です。
その人を『助ける』とは、どういうことか?

たとえば、サラ金で借金して返済できなくて苦しんでいる人を助けるとは、
どうすることなのでしょうか?
そんな話しです。

杉井さんの考えは、いまの苦しみから逃れる方法ではなく、
もう2度と、いまのような状況にならないようにすることだと言うことでした。

そして、そのポイントは『あることをあるようにする』です。
つまり、当然起こるべきことは起こさせると言うことです。
借金で苦しんでいて、返済できなければ、自己破産する。
会社のお金を横領したら、警察に通報したり、保証人に請求する。

そういう、なにかをした結果、当然起こるべくして起こることを、
不自然に避けようとさせないで、その結果を体験させてあげること。

私が経営者になって良かったなと思うことと重なります。
私ががんばっていい仕事をしたり、誠実迅速な対応をしたりして
お客さまの信頼を得れば、次のお仕事をいただいたり、良くしてもらえる。
手を抜いて、質の低い仕事をしたり、怠慢な対応をすれば、
信頼を失い、次のお仕事がいただけない。
そうやって、自分のやったことがストレートに返ってくる立場になったことで、
ごう慢だった私が、少しだけ謙虚になれたと思っています。

人から言われると、ケースによっては正しいことでも反発したりしますが、
現実(事実)から学ぶことによって、人は気付き、成長します。
何よりも、事実に反発してもなにもなりません。
事実をしっかり観察して、そこから学んで生きたいと思います。

『はがき祭り』


長岡です。
3日目、よろしくおねがいします。

きのうは、焼津マラソンと、静岡はがき祭りでした。
はがき祭りでは、体験発表をさせてもらいました。
われながら、なかなかよい発表だと思いました。
でも、これは、三国さんのおかげです。
マラソンからグランシップまでの30分で、三国さんが内容を聞いてくれて
細かくアドバイスをもらいました。
(ギャグのねたまでもらいました!)

杉井さんと鍵山さんのシンポジウムでは、
うちの新人が爆睡していました。
こういう行動を見ているほかの人たちは、
いい悪いではなく、その行動を見て、ひとりひとりを評価します。

みんなは壇上の講演者を見ているつもりでしょうけど、
講演者からは、壇上から私たちが見えています。
うちの新人たちは、それに気がついていませんでした。

2日間を通して見ていると、この2日間を通して学ぼうとしている人と
ただ参加している人といます。
また、素直に吸収・実行するには、学びのコップが上を向いていなければ、
いくら勉強会に参加しても、その内容が見につくことはありません。
心のコップを、上に向かせてあげることが大切ですね。

『静岡経営塾初日』

『静岡経営塾初日』
長岡です。
2日目よろしくおねがいします。

きょうは、静岡経営塾初日です。
営業の小吹と新人6人で静岡経営塾に来ています。

まずは、いつもの通り、トイレ掃除から始まりました。
みんな、どんな反応するのかなーって思っていましたが、
ぜんぜん抵抗もなく、拍子抜け(?)でした。

いきなり足を折って両膝を床について、大便器に手を突っ込んでる人、
楽しそうに、サンドメッシュかけている人。
みんなが一生懸命に掃除している姿を見ていて、
こんなについて来てくれている社員、なんとしてもこの若手たちを
良い社会人に育ててやりたい、育ててやらなきゃと思いました。

午後は講義では、「上司や先輩などから、どんな人が期待や応援をされるか」
というテーマで、グループディスカッションしました。
「誠実な人」「謙虚な人」「素直な人」いくつも出ましたが、多くが抽象的でし
た。

「具体的でない人は行動しない」
謙虚であろうと言うのは簡単です。
でも、どういう人が謙虚なのかが具体的にその場面としてイメージできなければ
人はぜったいに行動できません。
行動するためには具体的でないとならないのです。

謙虚な人は、他力を認める人、譲れる人、相手優先、
自分の成功も「○○さんのおかげです」といえる人。
そういうふうに具体的にしておくと、その時に謙虚な行動ができるようになりま
す。
行動を具体的にしておくことが大切ですね。

『新入社員来る』

『新入社員来る』

長岡です。
きょうから1週間よろしくおねがいします。

今週から4月が始まりました。
新年度です。
アーティスティックスにも新入社員がきました。
学校を出たばかりの6人です。
営業職も1人きました。
では、順番に1週間かけてひとりひとり紹介しますね!
これで、1週間分のネタはできた!(ウソ

さて、きょう・明日は静岡経営塾です。
木曜日にはCL・沼津経営塾もあり、今週は盛りだくさんです。
新人研修の一貫で、CL・経営塾にも出させていただきますのでよろしくおねがいします。

新人を採用するようになって8期生です。
1期生の時は、社員2人に対して3人の新人を採用したのですから
我ながら、よく支えてきたものだと思います。
それに比べれば、25人中の6人なんて、たいした人数ではありませんね。
そんな大変さよりも、この6人の成長の楽しみのほうが大きいです。

今回の6人は、荒削りでクセのある人間もいますが、本当にいい人材が集まったと思います。
しかし、社会人としてまだまだ未熟なところもあります。
今年の会社のテーマは『磨け!人間力』です。
そのテーマにのっとって、新人を1年間経営塾に参加させることにしました。

・人間関係の大切さ、縁の大切さ。
・成長していくことの充実感・手ごたえ
を、体にしみこませてほしいと思います。
ぜひ、社会人として成長していってほしいものです。
みなさん、ぜひ関わってあげてください。

【工夫】

おはようございます!!
小野@馬耳です。

 一週間、ありがとうございました。
年度末、年度初めはどうしてもバタバタとしてしまいます。
昨日は、うちの会社は給料日でした。久しぶりに社員全員集まって
何となく嬉しくなっちゃいました。
今週2度目の「最終日」宜しくお願い致します。(笑)

【工夫】
 今週は選挙ですね!全国の各会場で、開票結果を
早く報告する工夫がされているようです。
みんなが早く知りたいから、急ぐということもあるでしょうが、
全国の会場で開票を一時間、短縮をすると、11億円経費が
削減できるということもあるようです。
 投票用紙に折ってもすぐ開く紙を使ったり、テーブルクロスを黒くし
目の疲れや、投票用紙を分かりやすくするような工夫をしたり、
実際に以前使用したものを使って、練習までしている会場も
あるそうです。工夫をして、何時間も短縮した会場もあるようですよ!
早くすることで、結果を早く知ることが出来るし、経費は削減できるし
だらだらやるより、ミスも少なくなるらしいです。良い事尽くめですね!

 うちの会社では、経費を削減する工夫をしているかというと
何もしていません。(汗)そんな大きな金額にならないだろうと
思ってしまっているのだと思います。細かいところでは裏紙の使用とか
冷暖房や電気。材料などにも無駄があります。
倉庫が乱雑になっている事が物語っています。
時間もそうですね!段取りが悪いです。
それこそ、ちょっとした工夫で、大きく変るように思います。
(だったらやろうよ!)
工夫もそうですが、私は自分が狙っている時(第二領域)に、
やらなくてならない事(第一領域)が、その狙ってる私を
すごい速度で追い越していく時があります。
この追い越された時、なんともいえない脱力感?(第四領域)に包まれる
のです。そして「もう良いや!呑んじゃえ~」になっちゃうんです。
 結局、目的が明確でじゃないから、ぶれてしまうのですね。
父ちゃんや、爺ちゃんの功績?に恥じない会社作りをしなくては
いけませんね!もう一度、何のために会社をやっているのか?
どんな会社を目指しているのか?明確にしたいと思います。
まったく、だらしない自分に、悲しくなります。
ココからもう一度です。

長岡さん!
明日から宜しくお願いします。

【歴史?Ⅱ】

おはようございます!!
小野@馬耳です。

 一ヶ月前、MRI検査をしましたが、昨日は、MRA検査を
受けてきました。大事ではないとの事でした。
半年後に再度、検査をするそうです。
健康って大切ですね!皆さんも気をつけて下さいね!!
いつまでも若くありませんから…
「6日目」宜しくお願い致します。

【歴史?Ⅱ】
 昨日書かせていただいた中に、電話交換手の話がありましたが
その昔は、AさんとBさんの電話をつなぐのに、電話交換手が、
電話線を使ってつないでいました。
Aさんが電話交換台を呼び出し、交換手がBさんを呼び出し
AさんとBさんをつなぐという作業です。その電話をつなぐのには
両側にプラグの付いた線を、AさんのジャックとBさんジャック
に挿してつなぐのです。
しかし、頻繁に抜き差しするプラグ線や、ジャックは消耗し、
故障が非常に多かったそうです。

 うちの祖父は電電公社の局員で、技術職をしていました。
その祖父が、プラグやジャックを使わないスイッチ式の交換台を
開発しました。
当時、地元では「小野式交換機」と呼ばれ、現在の自動交換機の原型に
なったものです。
祖父は「ふとした時に回路が浮かんでくる。メモを手放さず、
すぐに書き取った。完成するちょっと前は興奮して眠れなかった。」
と話してくれたことを思い出します。
その後祖父は、技術職としては異例の昇進で、各所の局長にまでなるのです。
 これからは電話工事の仕事が増えるだろうということで、
うちの父に会社を興させました。そして祖父の口利きで
小さな会社でしたが、良い仕事を頂くことが出来たのだと思います。
昨日の熱海の大きなホテルもそうだったと聞いています。
今では問題になりそうですね!
 しかし、もし局員でなかったら、個人で特許をとっていたかも
知れませんし、今でしたら、青色発光ダイオードのように
なっていたかも知れません。そうしたら、今頃は…
そんな事を言っても何も始まりませんねっ!
まじめに仕事します!!(笑)

【歴史?】

おはようございます!!
小野@馬耳です。

 街は、スーツに着られた若者達が、いっぱいですね。
新入社員って、どうしてあんなに分かりやすいのでしょうか?
でも春が来た!フレッシュな感じが良いですね!!
「5日目」宜しくお願い致します。

【歴史?】
 数ヶ月前、オリジンさんの電話の設備を新しいものと交換させて
頂きました。その時に来たNTTの工事のおじさんが、
「あれ?沼津電話さんて、小野さんのところ?」って言うんです。
??ここは藤枝だぞっ!ビックリです。斉藤も驚いてました。
その方は以前、うちの父と一緒に、仕事をした事があるというのです。
「本当に良くしてもらったんだよ。お酒が好きでねぇ~」
「良く呑みにつれていってもらったよ!30年の前の事だけどねっ」
(必ず言われます!お酒が好きだったと…)
先日は、「先代の社長とは、一緒に富士山の観測所に電話を取付けに
行ったんだよ!」という方から、工事の紹介をもらいました。
私、斉藤、またまたビックリ!
「やぁ~お酒が好きでねぇ~。良く連れて行ってもらったよ!」
(ここでもだっ!)

 そして、私が小学生の頃ですから、やっぱり30年以上前になると
思いますが、熱海の大きなホテルの電話の仕事をしていました。
設置はもちろんですが、そのホテルには常駐で一人、
作業員を入れていました。今では考えられませんね!修理のため
だけにひとりですよ!
父が、そのホテルに顔を出す時は、良く連れて行ってもらいました。
交換室には、電話交換手という女性が何人もいて、機械もすごく大きくて
「すごいなぁ~」って子供ごころに思いました。
 そのホテルとは、一時縁が切れてしまいましたが、先日、経営母体が
代わり、何の縁か、またうち会社にちょっとした工事の依頼を頂きました。
作業で交換室に行きましたが、(もちろん交換手はいません。)匂いは私が
小さい時嗅いだ匂いと一緒でした。電話線のある盤を開けると、昔のままの
線を使っています。「あ~父達が引いた線が、今でも残っているんだ」と
思ったら、何かグッと来るものがありました。
何回も言いますが、私は父のことが大嫌いでした。呑んで暴れる父が。
でも、こうして色々な方、色々なところで、父のやってきた事に触れると
「ありがたいなぁ~」って気持ちが湧いてきます。
この歴史?を大切にしていきたいと思います。
私も呑みにいかないと!(笑)

【戦略ミス?】

おはようございます!!
小野@馬耳です。

昨日は午後から、伊東の伊豆高原で仕事でした。
桜のトンネルは満開で、とても綺麗でしたよ!
日本人は桜が本当に好きなんですね。
月曜日なのに、大勢の方が桜見物していました。
夜の桜が私を呼んでいます。
「4日目」宜しくお願い致します。

【戦略ミス?】
 ある方の紹介で、Aさん(女性)の自宅に電話機を設置をさせて頂いきました。
Aさんはなぜ、電話機を設置したかというと、具体的な商品は
ココでは紹介できませんが、Aさんが考えた商品(特許を取得)、
一冊1万円くらいの本のようなものを、テレビでコマーシャルをし、
その注文を、専用電話(フリーダイヤル)で受ける為というのです。
それを聞いて、私の頭の中には「?」がいっぱいつきました。

(私が勝手に思ったことですが、「商品は良いものが出来た。でもなかなか売れない。
こうなったら、テレビでコマーシャルしちゃえ!」こんな感じに受け取りました。
目的も戦略もあったもんではありません。あくまでも私の思ったことですよ!)

 確かに、商品はいいものかも知れません。特許も取れたかも知れません。
しかし、テレビコマーシャルって、いったいいくら掛かるの?(ウン百万円?)
電話はどれくらいかかってくるの?一冊売っていくら儲かるの?何冊売れるの?
コマーシャルする前の実績は?等など…
ブログなのでこの辺にしますが、もっともっといっぱい「?」がつきました。
そして、この戦略は違うんじゃないの?どう考えても弱者の戦略でしょう!
「弱者の戦略」3つ言えますか?(笑) 等と大きなお世話まで。
 こういう時に困るのは、どこまで私は入っていって良いかって事です。
どこまでが親切で、どこまでが大きなお世話か…?
今回はコマーシャルの契約も完了しているようですし、
言われるがまま、電話設備の注文を受け、設置したのですが、
沼津経営塾でちょっとでも相談してくれていたらとか、杉井さんを
先に紹介していたらとか、色々と思ってしまいます。
まあ、最終的には本人が決めることですから、私がどう思っても
仕方ありませんが…
本当に良かったのか?なにか後味が悪いのです。

【ゴミ?リサイクル?】

おはようございます!!
小野@馬耳です。

 昨日は、エイプリルフールでしたね!
「ひどいウソでも」と思ったのですが、私も大人になったようです。
「最終日」くらいにしておきました。(笑)
正直に「3日目」宜しくお願い致します。

【ゴミ?リサイクル?】
 沼津市はゴミの分別を細かくしています。有名ですね!
また、個人のゴミ袋と企業のゴミ袋も色分し、企業から出るゴミは、
ちょっと高いゴミ袋で処分して頂いています。
しかし、電話機やファックスのような企業ゴミは、
業者さんを使って処分しなくてはなりません。
うちの会社の駐車場には、ゴミの混載ボックスを置いています。
撤去した電話機、ファックス、電線など入れるように置いてありますが、
なぜか雑誌の束が入っています。この雑誌の束は私達が捨てるのではなく
近所(隣のラーメン屋さん)が捨てています。(たぶんですが、間違いないと…)
混載ボックスはもちろん料金がかかります。
「ラーメン屋さん!それはないよ!」と思いながらも、私達も迷惑かけることも
あるでしょうし、ご近所ですから、そのままにしています。

 以前は、混載ですから何でも入れて良いと思い、ダンボールや空き缶などの
リサイクル出来るものまでを入れていました。
すると、あっという間にいっぱいになってしまうんです。(当たり前ですね!)
お金ももったいないですし、資源ももったいないので、リサイクルできるものは
リサイクルするようにしました。
 そんな中、電線を無料で引き取ってくれる会社が現れました。
無料、しかもリサイクルではと、混載ボックスの横に電線を入れる袋を置き、
分けるようにしました。
混載ボックスの交換する回数が、ちょっと少なくなりました。
 そして先日、電話機やファックスなどの機器を無料で引き取るという
会社が現れたのです。
むっ無料?? どうやら、機器の中のものをリサイクルするらしいのです。
無料ならと機器もそちらに頼むことにしました。
まだ一度もお願いしていませんが、これできっと混載ボックスの交換回数は
グッと減ると思います。
これから仕事をしていく中で、このゴミ?リサイクル?の問題は重要ですね。
どれだけゴミを少なく出来るか、自分達はゴミだと思っていても、実は
立派な資源というものを多いようです。
地球号の一員として、しっかり考えなくては…

 しかし、そうすると?混載ボックスは何のために…?
そうです!隣のラーメン屋さんの雑誌のために。(笑)

【断れない】

おはようございます!!
小野@馬耳です。
常葉菊川高校、強いですね!田中投手の顔が、
テイクの竹澤さんの顔に見えてきます。
最終日、よろしくお願いします。

【断れない】
 私の会社では、他の販売店で販売した機械を、メーカーの紹介や、
販売店から直接設置だけの依頼を頂き、取付け工事に訪問することがあります。
以前、訪販会社が販売したものを、設置するということも行っていました。
訪販会社の営業は、強引に販売することが多く、一般の家庭に
ビジネス用の電話設備を売りつけたりもするのです。
(売りつける?言葉が悪いですね!)
もちろん売りつける方が悪いと思いますが、購入する方にも問題がある
ように思います。
 
 私は購入するお宅に、ある共通点を見つけました。
私なりの勝手な意見です。本気にしないで下さいね。
①決してお金持ちではない。②屋根にはソーラー温水器が付いている。
③壁は「パッとサイデリア」させている。④やさしくいい人。
⑤家は古いが異常にきれいか、異常に汚い。
すべてがそうではないですが、かなりの確立で、上記にあてはまります。
でも、一番の共通点は、「断れない」だと思います。
私たちが工事に訪問した時でも、迷っている様子が伝わってくるのですが、
「いりません!」が言えないんでしょうね。
扱っている商品は本当に良いものなのですが、訪販会社の営業ですから、
あること無いこと言って販売しているわけです。
お客様もそれに気づいているのではないかと思うのですが…
 そんな中で工事をするのは、本当につらく、心がすさみました。
今では、規制の関係などで、訪販会社は少なくなり、変な依頼の工事も
少なくなりましたし、今、その仕事の問い合わせがきたら断ると思います。
その当時は私も「断れない人」の、ひとりだったのかもしれません。

いつものことですが、バタバタの一週間。
お付き合い、ありがとうございました。

FC2Ad